うまうま放浪記

食べ歩き&自然歩き(埼玉北部中心)

熊谷市樋春 「イタリア厨房Basil」のスペシャルチーズリゾット

2017-06-18 13:52:33 | グルメ



熊谷市樋春(旧江南町)にある
イタリア厨房Basilにディナーで訪れました。
久々のバジルのイタリアン、楽しみです!






5年ぶり、いやもっとかな…店内の雰囲気も忘れちゃっていたけど、木の温もり溢れるログハウス風の店内でしたね。じわじわ思い出してきた。
のんびりと食事が出来るアットホームな雰囲気です。







〈メニュー〉

1番人気は↑の色々チョイスできる
chefおすすめセットとあります。










パスタやピッツァの種類もたくさん!
カモ肉やウニを使ったパスタなんて珍しいね。
他にドリア、リゾット、前菜系も揃っていて
プラス料金で選べるセットが付けられます。







パスタはプラス180円で↑
上の四種の生パスタに変更も可能。
プラス110円で大盛り、プラス450円で特盛も出来るようです。
特盛ってすごい!









久々で、メニュー決めにちょいと手こずり
店員さんに変な質問しちゃった。^^;
あ〜はずかし。笑








本日のディナーはこちら!

エビと大葉のさっぱりオイルパスタ
(サラダ・スープ・ドリンクセット)
麺をバジルパスタに変更しました。




まずはサラダとスープ。





この日のスープはじゃがいもの冷製スープ。
ビシソワーズ大好きです。
サラサラっと飲めるタイプだったので、後半はスプーン使わずにグイグイ飲んじゃったね。
暑い体をクールダウン!
野菜は自家農園で作っているものらしく、レタスもスープも美味しいです。






メインの海老と大葉のさっぱりパスタ
鮮やかなバジルグリーンのパスタ!
大ぶりのぷりっぷりの海老がいっぱい入っているのも嬉しいです。








バジルが練りこまれた爽やかなグリーンの麺は
香りが湯気と共にふわり
そこに大葉の香りも加わり、ハーブや香草が好きな人にはたまらないですよ。
シンプルなオイルパスタなので、ダイレクトに香りを感じられるし、パスタの塩味も美味しい♪
欲をいえばオリーブオイルを、もっとなみなみ欲しかったくらい。
美味しかったので…大盛りにすればよかった。
^ ^









店内に大きなチーズが置いてあって




リゾットを頼むと
こうやってチーズの器の上で仕上げてくれます。
このパフォーマンスは面白い!







テーブルにリゾットを運んできてくれて
店員さんが目の前でまたチーズを削ってくれます。
有難いことにストップと言うまで削ってくれましたので、チーズのふわふわのお布団ができました。^ ^








スペシャルチーズリゾット




トッピングはお洒落に別盛り。
(トマト・バジル・にんにくチップ・柚子胡椒?)





スペシャルなリゾット
まずはトッピングなしでこのまま食べてみる。
濃厚!!お米とチーズが濃厚に絡んでいる。
酸味も感じるので、これは大人のリゾットですね。
ワイン飲める人は絶対ワインいきたくなるだろうなぁ。
そして米粒が普通のより長細く大きい、リゾット用なんでしょうか。






トッピング全部のせ。
トッピングをのせると、美味しさ抜群です!









シメは珈琲で余韻に浸る。





久々だった、basilのイタリアン♪
次回はピッツァとデザートも食べたいです。

お店の定休日は月曜日
(祝日の場合は翌火曜日)











この後、江南のホタルを見に行って来ました!
(この時期ピピアの近くの川沿いで天然ホタルが見られます。)
想像していたより遥かに沢山の蛍が見られました^ ^

幻想的で綺麗だった〜
もう感動もの!



蛍の舞を見れる贅沢な時間。
暗くなった夜7時半〜8時頃がホタルのゴールデンタイムのようです。



来年も綺麗なホタルを見られるように
ホタル募金をチャリ〜ンと♪
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 能護寺の紫陽花2017 | トップ | 「ベーカリーズキッチンオハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。