虎物語!!

愛犬と楽しむ日々を綴ります

コタコタ 白鳥の湖  遊覧船

2017-06-13 23:28:28 | 虎太郎のこと

     寝ぼけ頭で耳を澄ましてみた。

うん?止んでる?飛び起きた 晴れてるやーーーん!!

「コタコタ カチカチ山 昔話」の続きで~す。

朝運動。

 

連泊した「バイロン」さんで最後のお食事を頂いた。

自家製のママレードが美味しく、

朝からパンをついつい食べ過ぎてしまった。

お泊り客 のわんさん 柴犬のららちゃん。)

元気が出たところで、出発だぁ!

始めてコタは船に乗った。

誰かのお家に おじゃましま~すってかんじで すんなり乗った。

出発時のエンジン音に少し怯えた。

でも、車みたいなもんって思ったのか、

2~3分で動く景色を見れるようになった。

コタの目線で景色を見てみた

残念ながら富士山は雲の中。

風がピューピューで目が覚めるぅーーー。

中型犬以上はデッキでってことだったのでしばしの辛抱だ。

あるごちゃん、プードルのふわふわヘアー耳ごと風に吹かれてキャワいいのだ

スワンちゃんの、太くたくましい

お首でも見てるのかな?

約30分の楽しい遊覧だったのだ。料金は大人一人¥1000だったっけかな?

山中湖には旭日桟橋と、山中桟橋があり、どちらからでも、乗り降りできるようだ。

降りた友は、

生息している、鴨やアヒルにおやつ(販売あり)をあげて、楽しそう

一番感動したのは、なんといっても、めるちゃん(ブリタニ―&セッターのミックス)。

頭が輝いたのだ

 

 

我々は、御殿場インターから、高速に乗り

浜松方面、浜名湖に移動した。

浜松市の中央にある、「浜松城」を見学してみた。

思ったよりも小さなお城だ。

資料館に入れなかったので、歴史がよくわからんかったが、

今川家の家臣が牛耳っていたのを、徳川家康が攻め落としたらしい。

ホニョホニョ。

今年のNHK大河ドラマ「井伊直虎」のゆかりの地として有名になったのか

はは!(*^_^*)コタのお家が、お土産屋さんになってるわぁ。

回りは公園になっており、春は桜がきれいで、日本庭園などもある。

 

 

浜松城から約50分

江戸時代の 東海道の関所 「新居関所」を見学。

わん連れは 中に入れず、時間も5時までだった。

着いたのが遅く、タイムアウトだ

たぶんお役人さんが 旅人 の吟味をこの庭でやったんだろうかな?

最近 時代劇は見ないけど、ドラマでよく見るシーンが想像できる。

夕陽が暑い。

「あと引きせんべい」屋さんよってみた。

パリポリ 生姜味・胡麻味のさっぱりした おせんべい試食も頂き、自分ようにも買った。

お腹が空いていたから、ほんまー後引くわぁーーー。笑笑

このお店の裏近くはもう湖だ。

江戸時代は、近くに船着き場があって、人と荷物で賑わってたんだろうな~。

さあ!宿泊地にレッツgo

 

今宵のお宿は「ペロ 浜名湖」

早速 夕食。

とろろの中にお刺身がつけてあるのと、すき焼き がついてて

おかずも盛りだくさん!。

ボリュームのある晩御飯だ。お腹がはち切れちゃうよーーーー

 

わんちゃん用ってのを頼んでみた。ハート♡が海苔で巻いてあった。

夕食後・・・

湖畔を散歩してみた。

 

三日目グッナイ!

 

 

この続きは、「コタコタ パルパル船 と お花庭」で~す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コタコタ かちかち山 昔話 | トップ | コタコタ パルパル船 と ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。