虎物語!!

愛犬と楽しむ日々を綴ります

コタコタ かちかち山 昔話

2017-06-13 10:19:25 | 虎太郎のこと

     なんとかお天気がもってくれてありがたい~。

「コタコタ 富士山2 大地讃頌」の続きで~す。

富士山から走ること約30分

確かこんなんやったかな~?

いつも狸にいたずら攻撃をうけていた お婆さんがいた。

かわいそうに思ったウサギが狸に仕返しをする話やったかな

湖畔の駅には、葡萄や桃の 販売があり、中にはレストランもあるようだ。

駅の階段を上がるとチケットの自販機があった。

確か、往復¥800とわんのクレート代金¥200を購入。

ぷっぷくぷー(*^_^*)コタしゃん 飛び出す絵本になったぁーーー

わんは絶対クレート。

もし、お乗りになる、わんさんがいたなら、ウエットティッシュをお忘れなく。

外にクレートが在中してあったので、中がかなり埃まみれです。

乗ること、わずか3分。

頂上に到着!

さほど広くない展望台。

茶店屋さんや、ウサギ神社 なるもんがあったが 改装中だった。

ここから 三ツ峠の登山ルート(約3時間)に入って行けるようだ。

ほら!見て ウサギがね、かちかちやってるよ!

「嫌だぁ!ぼくは こんな人形が気色悪いーーー

近づきたくないよーーー!」ってコタが言ったもんだから、

しかたなく、抱っこして、友に撮ってもらった一枚。

人間の偽善を問う作品「走れメロス」や「人間失格」なのでよくしられている文学者太宰治。

河口湖付近に、 療養中だった時の体験をもとに、小説「お伽草紙」(かちかち山)

が、書かれたらしい。

おーーーかわいい~

下りはウサギちゃん号だ。

富士急ハイランドのジェットコースターが走っとりますな。

Cちゃん(次女)が見たら乗りたいって言うかな~と思ってたら着いた。

 

近くの、「かつやま」道の駅 寄ってみた。

お店の前は、

風がサァー――と吹き緑が美しく、気持ちの良いこと。

ロングリードが足に絡まり、キャイン♪って鳴いて(泣く)

いまいち気分なコタしゃん。

うかぬ顔もキュー―としたくなるぐらい可愛いのだ。

ブルーベリーが順調に育ってるかんじ。

湖畔沿いは自然がいっぱいだ。

 

山中湖のペンション「バイロン」さんに帰る途中。

「西湖」から見えた富士山。

なぜか青色。

 

 

ペンション近く 夕方散策してたら

ポツポツと・・・

 

夕食。

ペンションのオーナーさんが、ママたち お餅好き という話を

聞いて、わざわざ作ってくれた

「白玉団子の中に、ウナギを入れて包んであり、茶碗蒸し風なお汁」

上品なお味で、ウマウマ~

美味しいご飯に、今日も疲れが吹っ飛んだよ~。

二日目 グッナイ!

 

この続きは「コタコタ 白鳥の湖 遊覧船」で~す。

 

 おまけ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コタコタ 富士山2 大地讃頌 | トップ | コタコタ 白鳥の湖  遊覧船 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。