サムイズダート・ロシア

めざせロシア式菜園生活!ダーチャごっことロシア&北海道のお話あれこれ

白鳥受難の年

2017-01-04 | 『勝手に帯広通信』

今年も帯広川に白鳥たちがやってきた。
ただ例年と違うのは、餌やり自粛を促す看板があること。



昨年末、十勝管内でも鳥インフルエンザが発症し、
20万羽を越える鶏たちが「処分」されるという深刻な事態に。
以来こちらでは、ウイルス拡散防止のため、
不用意に野鳥と接触しないようにとのお達しが出され、
白鳥飛来地の十勝川温泉でも、今年は餌やり自粛だそう。

やむを得ない措置ではあるけれど…。
白鳥たちは人の姿を見かけると、コーコー鳴いて寄ってくる。
ということは、餌をあてにして毎年ここに来ているということだ。
ごはんがもらえる年もあれば、もらえない年もある、
というのでは、白鳥たちも困ってしまうんじゃないだろか。
野鳥や野生動物は本来自力で生きられるはずなのだから
餌やり禁止の原則を徹底すべきとも思うが、
北海道では野生が観光資源でもあるので悩ましいところ。


この日はオオハクチョウ35羽を確認。
路面がツルツルのうえ、連日氷点下なので
10年選手のコンパクトカメラしか持ち歩けず、
ピンの甘いこと甘いこと~。
次回はちゃんとしたカメラを担いでいこう。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謹賀新年 | TOP | まだましな寒さ? »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 『勝手に帯広通信』

Trackback

Trackback  Ping-URL