サムイズダート・ロシア

めざせロシア式菜園生活!ダーチャごっことロシア&北海道のお話あれこれ

そば粉のブリヌィ

2016-10-13 | 食とレシピ
久々にブリヌィづくり。

初めてそば粉でつくってみました。
北海道は国内最大のそば産地ですが、
そば粉やそばの実は意外と売っていないもの。
今回使ったのは十勝豊頃産の石臼挽きそば粉。
だいぶ前に野鳥観察ツアーの途中で立ち寄った
豊頃の直売所にて500g入りを400円で購入。

ブリヌィはロシア風クレープのこと。
好きな具をはさんでくるくる巻いていただきます。
 
いつもはヨーグルトを使うS先生直伝のレシピでつくるのですが、
気温が下がって自家製ヨーグルトの出来がよろしくないので
荻野恭子先生のレシピを参考に、牛乳を使用。
甘さ控えめで香ばしく焼き上がりました。

ただし久々なのでトップ写真のように大きさが揃わず。
後日再チャレンジしたのが右上の写真。
小麦粉のブリヌィと違って重ねてもくっつかないので
バターをいちいち塗る必要がなく、カロリーも安心。
ここには写ってませんが、個人的なヒットは
いただきものの木イチゴのジャム添え。
そば粉に負けない野性的な酸味が相性ばっちり!
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬間近のゴーヤ | TOP | 中札内美術村 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かな猫)
2016-10-15 06:50:29
すっかり冬に近くなりましたね。
ブリヌイ美味しそうです。
スメタナを入れるのもいいかもですね。

そういえばどうして日本では
スメタナが売ってないのでしょうかね?
結構美味しいと思うのですが・・・。
ビーツの収穫をすると
ボルシチが作りたくなります。
そうなるとやはりスメタナ!
あの味わいが大好きです。
スメタナ (kot)
2016-10-15 12:33:59
かな猫さん、お久しぶりです。
サワークリームは売っていても、
本場のスメタナとはやっぱり違いますね。
特に帯広でよく見かける某メーカーのものは、
固くてなかなかボルシチに溶けません!

知り合いのロシア人の方のお話だと
森永の「トロイカ」というサワークリームが
スメタナの味に近いそうです。
あまり売っていないし、量が多いので
まだ試したことはありませんが。

ところでビーツを栽培なさったんですね!
うっかり今年、つくり忘れました。
来年こそは…・。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL