サムイズダート・ロシア

めざせロシア式菜園生活!ダーチャごっことロシア&北海道のお話あれこれ

真冬日のエゾリス

2018-02-21 | 『勝手に帯広通信』
実に久々、音更のすずらん公園へ。

あたり一面の雪。除雪された小道とクロスカントリースキーの跡以外は
歩こうにも歩けません。ズボッとはまったら足が抜けないほど。

いた、エゾリス!


こちらの子は、木のまたにちょこんと座って食事中。


もこもこの冬毛に包まれ、夏より大きく見えます。


片手を胸にあてるお得意のポーズ。


雪原にピョコピョコ動くもこもこ発見。


何か掘ってます。秋に隠したエサでしょうか。


うーん、残念ながら逆光でお顔真っ黒。


カメラを買い替えたので試し撮りがてら訪ねたものの、
なんなのだ、この寒さは!
シャッターを押す指が凍え、感覚がなくなるほど。
実はこの日の早朝、帯広は氷点下20℃を下回ってました。
風がないので9時すぎればちょっとは暖かくなるだろう、
と思っていたのが甘かったー。
町なかと違って逃げ場がなく、公園全体が大きな冷凍庫のようで、
キンキンジンジン冷えてくる。

これぞ十勝晴れ。日高山脈までくっきり望めました。

この寒さのなか、犬を散歩させる人、ウォーキングする人、
エゾリスにエサをやりにくる人…。ご苦労さまです~。

とてもじゃないが長居はできず、軟弱ながら早々に退散。
直売所で野菜を仕入れ、スーパーでトカトカのパンを買い、
バスに飛び乗って昼前には無事帰宅。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

零下20℃のマロース

2018-01-31 | 『勝手に帯広通信』
朝7時半、帯広駅。だいぶ日の出が早くなってきました。


この時期恒例の温度計チェック。

惜しい! あとちょっとで-20℃……なのではなく
-20℃下回ってたのが、日が昇って気温が上がりつつある途中。

東京では-8℃くらいで寒い寒いと大騒ぎしているようですが、
ちょうど届いたばかりの「日本とユーラシア道連ニュース」によれば
ロシア人にとって快適な気温とは-5℃から-10℃なのだそう。
ほどよく張りつめた冷気は、確かに気持ちいい。
でもさすがに-15℃を下回ると、ひたすら寒いだけ。
南極探検隊のように大げさに着こんで歩いてます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

冬の天気予報

2018-01-25 | 『勝手に帯広通信』
朝、テレビをつけると真っ先に見るのがNHKの天気予報。
まず全国放送、続いてローカル局に切り替わるのですが
同じNHKの気象情報でも、全国版と札幌発信のものとでは
かくも違うものか、と連日苦笑させられております。

渋谷NHK前からの中継では、大げさに震えながら
「今朝の東京は、最低気温氷点下4度…」とレポート。
氷点下4度は、本日の帯広の「最高」気温です(笑)。
「ご覧ください、このようにまだ積雪が!…」
と指差す先には、雪がまばらにかぶっただけの植え込みが。
うーん、それって積雪っていうのかなー。

その点、NHK札幌局からの気象情報は、ケタが違います。
本日1月25日、北海道の喜茂別という町で
なんと、-31.3度を記録したとか!
なのにアナウンサーはまったくはしゃいでいません。
「昨日、道内で今季初めて氷点下30度を下回りました」
と、実に淡々と事実を述べるのみ(笑)。

このところ、最低気温-15度くらいの日が続き、
昼間でも外を歩くと冷凍庫の中にいるかのよう。
風が吹くと体感気温はさらに下がります。
出かける時は、それを見越して装備する必要があるので、
天気と気温のみならず、風速も必ずチェックし、
体感温度を予想します。

その点、ロシアの天気予報には、
「体感温度」も示されていて便利。

ロシアの検索エンジン、ヤンデクスの天気予報画面より。
ただいまのモスクワは-13度、その下に
「-19度と感じられる」とあり。これが体感温度。

ちなみにその右は「昨日の同時刻の気温-12度」。
下の3つの数字は、左から風速、気圧、湿度。

日本人には気圧はあまり日常的に馴染みがありませんが、
ロシアのバーブシカ(おばあちゃん)は
気圧計を毎日見て、体調管理をしているそう。
たぶん血圧と関係しているのだと思われますが、
どのように数字を見て判断しているのか興味深いところ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『vesta』特集つけもの文化

2018-01-23 | ダーチャ本関連
食文化誌『vesta』第109号
「特集つけもの文化」


日本や世界各地の漬物について、その文化的背景も含めて多角的に紹介。
手前味噌ながら、ダーチャで育まれるロシアの漬物について
一文を書かせていただきました。
知ってるようで知らない漬物の奥深さ、地方食の豊かさに
改めて気づかされる一冊です。

発行・味の素食の文化センター
販売・農山漁村文化協会

ここ北海道でも、漬物文化は健在です。
有名なのはニシン漬けですが、十勝は内陸部なので
農家さんや家庭菜園主がつくるのは、もっぱら野菜類の漬物。
昔のように樽に大量に漬けるわけではなく、
ポリ袋に小分けして、親類知人に配ったり
冷凍庫で保存したりしている方が多いもよう。
夏はいちどきに大量に野菜がとれる反面、
冬になると野菜がまったくなくなってしまうので
漬物づくりが盛んなのも頷けます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジャム三昧

2018-01-22 | 食とレシピ
過日、友人から変わりジャムの詰め合わせが届く。

右の黒いのは梨と柚子のジャム、その左は柿バニラジャム、
後ろは渋皮入りのピーナッツバター。
どれもおいしくいただきました。Thanks!
特に梨と柚子のジャムは、香りよく上品な風味で
パンにつけてあっというまに完食~。

こちらは自家製ジャムの一部。

左から、あんずジャム、柚子ジャム、トマトジャム。
あんずは安売りで大量購入したもの、柚子はいただきもの、
トマトは家庭菜園で収穫したものを、てんさい糖で煮詰めただけ。

あんずは皮をむいてジャムにすると、もっと黄色っぽくなります。
皮つきのまま煮詰めると、写真のようにきれいな薄桃色に。
甘酸っぱくて料理にも使えるのでおススメです。

ただいま猛烈に興味があるのは、オブレピーハのジャムですが、
これについてはまた後日…。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

帯広神社のどんど焼き

2018-01-19 | 『勝手に帯広通信』
1月15日は帯広神社の恒例行事どんど焼き。
昨年は出遅れてしまったので
今年は前日のうちにお飾りやお札を持っていくと…。

すでにうず高く山ができていました。
入口で「分別チェック」を受け、燃えるものと燃えないものを分け、
燃えるものだけ納めます。係の方々が実にてきぱきと誘導。
毎年のことゆえ、手慣れてます。
持参した紙袋やお供えのみかんは持ち帰るように、
などとアナウンスが流れ、思わず苦笑。
そりゃあ何でもかんでも置いていったら、ゴミの山ですよね。

当日午後、ついでがあって神社に寄ると…。

すでに大方燃えていました。氷点下ゆえ暖をとりつつ合掌。

神社まで来たら、裏手の帯広川に集う白鳥に挨拶をば。


あ、カモが雪上にあがってる。

ということは、誰かにエサをもらっているということ。
昨年は鳥インフルエンザが発生したためエサやり禁止でしたが
今年は晴れて解禁となったもよう。


なんかちょうだい!


エサに群がり奪い合う白鳥VSカモ。
小回りのきくカモが圧倒的優勢。


カモは足元まで寄ってくる。
これでは白鳥に勝ち目はないなー。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年2018

2018-01-01 | 『勝手に帯広通信』
あけましておめでとうございます。

今年は元日から雪。初日の出は見られずじまいでしたが、
一日中雪が降り続け、清々しい一年の幕開け。

そして今年もまた帯広川に白鳥たちがやってきました。

黒っぽいのは幼鳥。
人の姿を見ると、わらわらと寄って来るのは
えさをもらっているせい?
手ぶらでごめんよー。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

函館のなかのロシア

2017-12-29 | ロシアコラム


「函館に行くなら、ココとココとココは必ず行きなさい!」と
ロシア女性S先生に命じられるまでもなく、行ってきました函館ロシア巡り。
まずは市電・バスの共通乗車券を購入し、函館駅前から市電に乗って
一気に終点「函館どつく前駅」へ。「どつく」って何を? 
どん突きのこと?と思っていたら「ドック(埠頭)」のことでした。

第一町ニャン発見。

このあとも雪のなかを歩く猫さんに遭遇。函館は猫多し。

ここはもう漁港の近く。坂をのぼれば海を見下ろす高台に
ロシア人墓地を含む外国人墓地があるはずなのだが、
朝から吹雪いているので、墓地をうろつくのは断念し、
一路、旧ロシア領事館を目指す。

このあたりにはお寺も多い。そのひとつ、実行寺。

日露修好条約に基づき、安政5年(1858年)、
ロシアからゴシュケーヴィチ一行が来日し、
最初に領事館を置いたのがこのお寺。
ロシア正教を日本に最初に広めたニコライ神父は、
一時ここで日本語を学んでいたという(S先生談)。

そのすぐ先、幸坂の途中にあるのが旧ロシア領事館。

レンガ造り2階建て。設計はドイツ人建築家R.ゼ―ル。
現在は内部見学不可。外からしか伺い知れないが、趣ある佇まい。


函館はとにかく火事の多い街だそうで、ロシア領事館も
一度は現在のハリストス正教会敷地内に建てられたものの、
隣にあった英国領事館の火災によって被災。
明治36年(1903年)に現在地に建設が始まるが、
日露戦争によって中断し、明治39年にやっと完成。
…と思えばまたまた火事に遭い、現在の姿になったのは
明治41年(1908年)のことだそう。

その後、ロシア革命が起こり、大正14年(1925年)から
昭和19年(1944年)までは、ソ連領事館として、
昭和39年(1964年)から平成8年(1996年)までは、
函館市の研修宿泊施設「青年の家」として、
長きにわたって使用されてきたが、現在は史跡として残るだけ。
再利用も検討されているようだが、中心地から離れているので
ちょっと難しいだろうなー。

雪道を踏みしめてさらに先に進むと、八幡坂の上に…。

ロシア極東連邦総合大学函館校。
日本で唯一のロシアの大学の分校で、本校はウラジオストク。
2年制のロシア語科と4年制のロシア地域学科があるのだそう。

八幡坂を振り返れば、海が広がるナイスビュー。

懐かしのチャーミーグリーン夫婦のCMロケ地がここだそう。

この日は日曜。目指す教会群のミサが終わるのを待つ間、
北方民族資料館を訪ねたところ…。

アイヌ民族同様に、熊送りの風習をもつ少数民族の分布図。
シベリア、極東地方、カムチャッカ、カラフトなど…。

北方ユーラシアの民族衣装も展示。
 

そして午後、いよいよ函館教会群のひとつ、函館ハリストス正教会へ。

万延元年(1860年)、ゴシュケーヴィチは領事館と共に聖堂を建設。
翌年の文久元年、領事館付き司祭として来日したのが、
前述のニコライ神父である。
東京神田のニコライ堂を築いたのは、もちろんこの方。

教会見学のあたりから、空に晴れ間が見え始める。

現在の聖堂は、大正5年(1916年)建立の二代目。
ロシア風ビザンチン様式の建物は、国の重要文化財指定。
高らかに鳴り響く鐘の音ゆえに、昔から「ガンガン寺」と呼ばれ、
現在は「日本の音風景百選」にも選ばれているそう。

ニコライ堂のような荘厳壮麗な雰囲気をイメージしていたが、
想像していたより小ぢんまりとして可愛らしい聖堂。
この小さな教会を拠点にして、ニコライがたったひとりで、
日本各地にロシア正教を広めていったかと思うと感慨深い。
残念ながら、山下りんのイコン画が飾られた内部は撮影禁止。

ついでながら、このお隣は、英国聖公会の聖ヨハネ教会。
さらにお向かいには、カトリック元町教会がある。
聖公会、カトリック、ロシア正教ともに
個人的に縁のある三宗派なので、等しく参拝。
   
左からカトリック教会、聖公会の建物外観、その内部。

開国と共に、日本布教に乗り出したキリスト教の各宗派。
ニコライは、日本を知るためにまず語学や文化を学び、
聖公会の司祭とも度々日本情報を交わし合っていたのだとか。
ライバル会社の駐在員と連携をとりつつ、海外市場を開拓した
かつての炎熱商人たちの姿ともダブるものあり。

あ、また猫発見!


あっという間に夕刻。なにせ冬の北海道は午後4時半には真っ暗。
かの有名な函館山からの夜景がこちら。


教会群もライトアップされて美しい。


函館山へのロープウェイは、中国や韓国からの観光客でぎゅう詰め。
人々はピストン輸送で麓から運ばれてきては展望台に放たれ、
スマホで夜景を撮り終えるや、寒さに震えて土産物屋に退散していく。

土産物屋をパスして直行したのが、この夜最後の訪問地。


洋食の老舗「五島軒」。明治12年創業。

正確にはレストラン部門の名は「雪河亭」というようですが、
あまりこの名は浸透しておらず、五島軒で十分通じる。

昼間の五島軒はこんな雰囲気。先の猫さんはこの前で遭遇。


なぜ五島軒が「函館のなかのロシア」かと言えば、
初代料理人の五島英吉が、ロシア料理を伝えたため。
五島列島出身の英吉は、長崎奉行所の通訳を務めていたが、
旧幕府軍に加わって函館に渡り、五稜郭で敗戦。
追われる身となった彼をかくまったのが、先のニコライだった。
ハリストス正教会に隠れ住みながら、ニコライから
ロシア料理のレシピを学んだ英吉は、その後、
函館でパン屋を営む若山惣太郎と出会い、
「ロシア料理とパンの店、五島軒」が誕生したという。

今もロシア料理のメニューがあるが、カレーのほうが有名に。
オーダーしたのはそのどちらでもない、今月のおすすめセット。
  
ほっとする上品な味。落ち着いた雰囲気。さすがS先生絶賛のお店。
レストランの隣には、ショップや展示コーナーもあり。

明治の洋風建築が残る函館の市街地。

小樽同様、坂の街ウラジオストクとちょっぴり似てる。

そしてロシア情緒をさらにかきたてるのが路面電車。

ロシアのトランバイより小ぶりで可愛い。
数分おきに運行しているので、とても便利。
乗っては降り、乗っては降りして市内を巡ること12時間。
雪の函館を存分に堪能したのであった。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

函館のクリスマス

2017-12-25 | 『勝手に帯広通信』
Wish You a Merry Christmas !


過日、函館の赤レンガ倉庫前にて
クリスマスツリーの点灯式を見てきました。
レーザーショーのあとは、いよいよイルミネーション点灯。

   

このあと海上に花火も打ち上げられ
明治文化が色濃く残る函館の雰囲気にマッチして
幻想的できれいでした。が、寒かったー。


「はこだてクリスマスファンタジー」は本日12月25日(月)まで。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

登別クマ牧場は雨だった

2017-12-13 | 『勝手に帯広通信』
早くも2カ月近くたってしまいましたが、秋のクマ牧場報告をば。


あいにくの雨の中、ロープーウェーを登りきると…


そこは、のぼりべつクマ牧場であった。

のしのし、こんにちは。子グマのコテツとダイチのお出迎え。


えへっ。


こんなこともできるよ。


かわいいねー。

これがおとなになると……すっかりおっさん。

第一牧場の男の子クマさんたち。

いよっ!


ちょうだいちょうだいのポーズ。


来園者はクマのエサを購入してエサやり体験ができるのだが、
エサを投げようとする人を見て、ふわりと飛んできた一羽のカラスあり。
てっきりクマの食べ残しを狙っているのかと思ったら、さにあらず。
投げた!…と思った瞬間、宙を舞うエサをかっさらっていく。

素晴らしい!さすがハシブトカラス、どこまで賢いのだ。
エサが人の手から離れるタイミングとエサまでの距離を瞬時に判断し、
見事な動体視力と確かな飛行技術を駆使して、
目当てのものを正確にキャッチしてみせるとは!

しかし、あまりに一瞬のことだったので、
エサが落ちてくると思って待ち構えていたクマは「あれ??」
エサを投げた人も、「あれ??エサはどこ?」とキョロキョロしてる。
その傍らで、カラスは悠々とエサをついばんでいたのであった。

園内にはクマ紹介も。

雨がひどくなってきたので、1頭1頭チェックできなかったのが残念。

しばし「人のおり」で雨宿り。

人がおりの中からクマを見物する趣向。

ここならカラスに狙われずにエサやりができる。

奥の穴にエサを詰め、バーを押すと向こう側のクマに届くしくみ。

階段を上るクマ。この上はヒグマ博物館。


博物館にはクマ関連の展示がいろいろ。

トレチャコフ美術館のシーシキンの絵に似ているが、
ロシア製ではないもよう。

晴れていれば、こんなこともできたのだが…。


お立ち台に座るクマの向こうに太平洋。

見てみたかった!

こちら今年の「神セブン」。

神セブンとは、人気投票上位の女の子クマさんたちのこと。
毎年AKBならぬNKB総選挙なるものが行われているもよう。
各クマさんのプロフィールは公式サイトに詳しい。

おみやげには「ヒトのえさチョコクッキー」。

クマのエサと同じ形状。ステッカーつき。

横殴りの雨と寒さのため、早々に退去してしまったが、
ほかにも見どころはいろいろあるようなので、
機会があればもっとゆっくり見学したいもの。

訪問の際には、ユーモアのセンスたっぷりの
公式サイトに目を通しておくことをおススメ。
園内で配布されている、のぼりべつクマ牧場通信
『飼育員は見たべあ!』も、ほのぼのとしていて楽しめます。

のぼりべつクマ牧場
http://bearpark.jp
登別温泉街からロープウェイで約7分
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

松の実とギンナンとキウイ

2017-12-02 | ダーチャごっこ
夜な夜な松の実割り。


今年は早めにチョウセンゴヨウの松ぼっくりを
たくさん拾いすぎて、しばし放置してましたが
重い腰をあげて松カサから実を取り出す作業までは完了。
しかし、ここからが長い!

「松の実のとり出し方」は、こちらをご参照ください。
なぜかこの記事、今も閲覧数が多いので、ちょっと補足すると…。

松ぼっくり解体作業に使う「使い捨て手袋」は、厚手のものをおススメ。
安くて薄いものだと、作業中知らぬまに破れてしまい
気づけば指が松ヤニでベタベタに!
こうなるとなかなか落ちないのです。

一方、ギンナンは一気に処理して天日干し中。


ギンナン処理は10年以上経験があるので、ハナ歌まじりで楽勝。
燃えるゴミの日の朝、丹念にむいた皮をゴミ袋に詰めて即捨て、
むき終わった実は水を張った洗面器に投入。
殻をしごくようにゴリゴリ洗い、何度も水を替えては洗います。
ここでしっかり皮のカスを洗い落しておかないと、あとがクサイ。
ここまでの作業は終始、使い捨て手袋着用のこと。

で、新聞紙の上で完全に乾かします。
乾きが足りないとカビが生える原因になるので、
ギンナン臭がしなくなるくらいまでしっかりと。

さて、こちらは追熟中のキウイ。


本州から友達が段ボール1箱分送ってくれた自家栽培ものなので、
かっちんかっちんに固い状態でやってきました。
昨年は自然熟成させましたが、今年はいろいろお試し中。

よく聞くのは、リンゴを一緒に入れると早く追熟する、というもの。
エチレンガスを発生し、熟成を促してくれるのだそう。
ただしフジはダメで、ジョナゴールド、玉林、津軽はOKだとか。
ご近所で安売りしているのはフジ系ばかりなので、
同じ効果があるというバナナを一緒に入れてみたのが上の写真。

あと、キウイに1個だけ傷をつけておくと追熟しやすい、
との情報もあったので、それも試しておりますが、
今のところ、バナナバージョンも傷バージョンも、
はたまた何もしないバージョンも、劇的な差はないままに
ちょっとずつ柔らかくなってきているような…。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

最後の収穫

2017-11-27 | ダーチャごっこ
今年度最後の収穫はダイコン。

雪が積もってしまったので、先週のうちにあわてて掘り起こして回収。
小ぶりの品種ですが、歯ごたえしゃっきり。
葉っぱも立派で、炒め物に重宝しております。

畑にはまだ葉物やイタリアンパセリが残っているのですが、
昨日降った2度目の雪に覆われて、もはや救出不可能。
おそらくこのまま根雪になってしまうでしょう。
悔やまれるのは、コリアンダーの種をとり忘れたこと!
ああ、もったいない。

畑が終わっても、やることはまだあります。

じゃじゃーん。今年もまた拾ってしまったオニグルミ。
今回は空煎りもせず、最初からクルミ割り器でバチンバチン割りまくり、
形が崩れるのもお構いなしに、「ほじくるみん」でほじりまくり。
小さいタッパー3個分くらいとれました。

でも、あああ…、まだ次が控えてる。
恒例の松ぼっくりとギンナンの処理をしなければ!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

あっというまの秋とクマ

2017-11-19 | 『勝手に帯広通信』
あっ!…というまに冬本番。昨日朝は雪景色。
短かった秋を駆け足で振り返ると…。

10月某日、帯広市内の真鍋庭園、カエデの紅葉。


こんなやつもいました。おひょっ。


某日は白老(しらおい)のアイヌ民族博物館へ。


これは可愛い。シベリア少数民族の民族衣装。


アイヌの歌と踊りを鑑賞。




北海道犬コーナーには、ソフトバンクのカイくんの娘もいます。


さて白老から登別駅へ。駅の階段にクマ牧場の看板。


もちろん行ってきました、クマ牧場!

なかなかに楽しめたので、詳しいレポートはまた改めて。

そして登別といえば地獄谷。

紅葉たけなわ、アジアからの観光客で大混雑してました。

登別では第一滝本館に宿泊。
 
バイキングを堪能~。
束の間の秋の休日。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本日、ネルセシアン帯広公演

2017-10-19 | ロシアなお知らせ
いよいよ本日です!
パーヴェル・ネルセシアン帯広公演
日時:2017年10月19日(木)18時30分開場、19時開演
場所:とかちプラザ レインボーホール
入場料:大人4000円、大学生以下2000円(当日券あり)

帯広で4000円は高いんじゃないのぉ??
という声もありますが、パーヴェル・ネルセシアンは
英語版ウィキペディアにも紹介されている世界的ピアニスト。
クラシックの本場の演奏を聴ける機会は
こちらではなかなかないので、今から楽しみです。

チラシの写真はうつむき加減でわかりにくいので
画像を探したところ、ネルセシアン公式サイト
メディア用素材がたんとありました。

    


ピアノと一緒に写ってたのはこれだけ。若き日の氏。

ネルセシアンは、過去の帯広公演の際に、
「帯広はホールもオーディエンスも素晴らしい」
と絶賛されていたとのこと。
聴く側も身が引き締まりますねー。

予定される演目はこちら:
C.P.E.バッハ ロンドト長調作品57-3/ソナタヘ短調作品63-6
L.v.ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「情熱」
N.カプースチン 古典様式による組曲 作品28
S.プロコフィエフ バレエ「ロメオとジュリエット」からの10の小品

問い合わせ:日本ユーラシア協会帯広支部
      0155-24-2633

*本公演は好評のうちに終了いたしました!(10月20日付記)

*ちなみに、ほかの公演は……
10月13日所沢(終了)、14日高崎(終了)、15日福島(終了)、
17日(火) 苫小牧市文化会館(終了)
18日(水) 札幌コンサートホールKitara(終了)
21日(土) 大阪倶楽部
22日(日) 愛知・宗次ホール
23日(月) 東京文化会館
24日(火) 金沢市アートホール
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアの保存食

2017-10-08 | 食とレシピ


家庭菜園のトマトもあと残りわずか。
ロシア風のマリネ漬けトマトをつくってみました。
瓶詰めは場所をとるのであまりつくらないのですが、
ただいま冷蔵庫に空きがあるので一念発起。
マリネ液のベースは、塩、砂糖、酢。
自家産のイタリアンパセリとニンニクを
風味づけに加えてます。

右端は、キャベツとニンジンの塩漬け。
こちらは塩だけを使って乳酸発酵させるレシピで
少量お試しでつくってみました。
千切りキャベツを塩もみして水分を出し、
水分ごと保存容器へ。上から重しをします。
ここでは、水を入れた小ビンを重しにして、
キャベツを押さえつけているのがわかるでしょうか。



このように、重しでキャベツを沈めて
完璧に漬け汁に浸るようにするのがポイントだそう。
このまま常温で3日おき、時々かき回します。
これで完成。けっこうシャキシャキしてます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加