f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

学会員はインターネット見たら仏罰が下りますよー

2017年06月18日 05時22分31秒 | Weblog


https://twitter.com/uenishi_sayuri

うえにし小百合(上西小百合)‏認証済みアカウント
@uenishi_sayuri
Shame on you!

創価学会員、恥を知って下さいね。自民党にくっついて共謀罪を成立させた(しますから数の論理とかいうやつで)功労者が貴方たち創価学会員だという事を忘れないで下さい。少なくとも平和という言葉を使う資格は貴方たちにはありません。特に婦人部は。 #共謀罪


2,283
リツイート

1,595
いいね




健康になるためのブログ http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/31063

”本当に”健康になるための情報をお届けしています!

【Shame on you!】上西小百合議員「創価学会員は恥を知れ!共謀罪を成立させたのは貴方たちだ!平和という言葉を使う資格はない!特に婦人部は。」


【魂を売った女】公明党・佐々木さやか議員「金田大臣は誠実かつ真摯な答弁を行うなど国民のために尽くしてきた」←田原総一朗氏「皮肉じゃなかったらバカだよ」(報ステ)
















公明党と創価学会からインターネットを見てはいけない!との指令が出たそうです。
きっと仏罰が襲い掛かってくるからでしょう?
考えぬことです。
信じることです。
ただただ祈ることです。
たとえ公明党がこの国を地獄に落とす共謀罪成立に加担したとわかっても、知らぬふりをすることです。
共謀罪で捕まえねばならぬのが、まず自民、公明だとわかっていても知らぬふりをすることです。

恥を知れと言われても、恥って何ですか?わたし日本語わかりませんーと逃げましょう。
そうです、あなた方学会員は日本などどうでもいいのですから、日本人から恥を知れと言われても気にすることは無いのです。

な~む~。。。。。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベの「岩盤規制に穴をあけ... | トップ | 「ツイン・ピークス」25年ぶ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (ケンスケ)
2017-06-18 08:57:21
良い事を発信なさってますね
嬉しいです
俺は文章能力ないので書けてません
読者登録ボタンがないので出来ませんでした
ケンスケ様どうも~ (Kappa)
2017-06-18 13:27:30
私、読者が何人いるかとか、数字を増やしたいとか全く興味が無いので、そういったの無いんです。どうせ不良中年オヤジの一人語りですのでね。
ただ、、たま~にこうやって見知らぬ方が飛び込んで来られるのは、実はうれしい。

人間は勝手なもんです。
しかしながら、
個人の自由な時間に勝手に生きることは誰にも批判されるものではありませんが、政治家、国を動かす与党、俗にいう権力者たちが勝手なことをやるのはいただけませんというか、、それは犯罪です。
現在の政権が裁かれないのは日本国の民度かもしれません。ずっと昔のアフリカ諸国程度の民度です。今や日本は、世界でも独裁政権度はトップレベルでして、北の将軍様か日本会議の日本のアベサマ!!
どっちが一番か私は決めかねています。
それを支える「平和の党・公明党」という、仏の教えを全く解しないゴロツキどもが、キーマンとなって暗躍しております。下駄の雪ですが、実は相当腹黒い、一筋縄ではいかない団体です。

この日本から「日本会議」と「創価学会」が消えれば、そりゃアベの言う「美しい国」も可能でしょうが、なんたってウンコのアベの周りを銀バエがうようよと飛び回る今のニッポン。

金と時間に余裕があるならば逃げ出すことをお勧めいたします。私は貧乏なのでそれが出来ないのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
愚民信仰(同穴)の契り (晴耕・雨読・曇勤・雪見の玉手箱)
 田植えは終了したが、捕植がまだである。とにかく、田畑の農作業に忙しい。今年は降