f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

共謀罪作るなら、まず適用第一号は「日本会議」?「自民党」?「大阪維新の会」?からどうぞ~。なんたって国家の財産を出鱈目に使ってるんだから~国家反逆罪の恐れもあるでしょう?

2017年03月22日 19時30分55秒 | Weblog
岩下さんのところのコメント一部
、、、
2. AMADEUS 2017年03月15日 08:58
とんだ「道義国家」ですね。

3. kappa 2017年03月15日 09:54
これがアベの目指す「美しい国」です。
日本会議内閣のなれのはてです。
日本会議の目指す国家においては、嘘も美徳のうちでしょう。
アベの切れ方を見ていると「非国民どもは黙っておれ!」ということなんだと思います。
明日からまた安部はヨーロッパに出かけるそうです。
オランダやフランスの極右と連携でもするんですかね?

4. クロ子 2017年03月15日 17:25
私の友人のコンゴ人のカトリック神父が、<日本会議>をよく知ってましたよ。<閣僚の殆どが、このメンバーなんだってね>って。<コンゴの汚職がコレラなら、日本の汚職はペストだ>って
欧州に来るんですか。たまらんなぁ。




日本会議の牛耳るこの国で、よく話題に出されるのが教育勅語。
明治維新という言葉で美化される、その実態は薩摩長州による・天皇の名を借りた(正確には慶応維新である)国家の転覆です。現実には薩長は孝明天皇を毒殺しているし、京都に火をかけ、その命を危うくもしたのです。明治のご一新という美名で、その後の自分たちに都合よくこの国を動かすために使った天皇。長州閥が天皇をお飾りにおいて好き放題この国を操る際に使われたのがこの教育勅語である。

 この教育勅語による国民の洗脳はやがて戦争に悪用される。天皇のために死ぬことを強要されたのだ。
戦後、この反省から教育勅語は封印された。それなのに、、、、今、安部に代表される日本会議の極右たちはその悪夢を再現させようと企てている。
自分らの好き放題をやるために天皇の名を借りるわけだ。国賊という言葉が浮かぶのは私だけだろうか?

 国際法学者の蜷川新氏の名著「維新正観」によれば、
(p41 政治は日に日に新たなるべし・・・から抜粋)
米国の独立宣言、仏国の人権宣言、或いはロシアの労働宣言は、読むものをして、まことその大理想に驚嘆の声をはっせしめる。日本の五か条の誓文を読んだところで、それほどの感激は生じはしない。憲法発布の詔や、教育勅語を読んだ時には、それは専制者がその権力を人民に押し付けた文句であり、且つ国の歴史とあわないとの感を、深らしめるのみである。日本人が二千年来、常に天皇の忠臣であった史実は、全くない。「億兆心を一にして、世々その美をなせる」歴史は、日本には断じてない。非科学的な神代史や、信ずべからざる神話などを持ち出し、それをもととして、天皇の神格化と永遠性とを人民にしいた明治以後の詔勅に至っては、人間として、到底信ずべからざることを無理に信じさせようとした策謀であって、時の政治家の利己的謀略として、それを排斥軽蔑せざるをえないのである。


さてね、こんな教育勅語を復活させて子供たちに強要している連中はどんな連中なんだろね?
狂っているとしか思えないけれども、彼らなりにその理由はあるのでしょう。それは戦前回帰。天皇の名を借りてこの国を好き放題に操りたいということですね。時計の針を戻すのでしょう。
理屈でいえば、こういったことを企てる連中がまず「共謀罪」適用第一号となるんだよなぁ。
もっとも、それを捕まえる連中が仲間で、特高警察のようなものまで復活させるということでしょうから日本は暗黒社会に再び戻ることになるのかなぁ。
こんな連中を国会に送り込んだのは国民の皆さまですよ。
こんな国会議員に牛耳られていることすら気が付かないから、「特定機密保護法」とか「共謀罪」のような悪魔の法案がすんなり通ってしまうのです。
日本国民は自ら進んで「爬虫類」「トカゲ」「日本会議」「アベ」を選んだ、その罰が当たるわけです。
誰の責任でもありません。一億総白雉化を推し進めた結果が大成功だったということでしょう。

今回の「森友事件」はトカゲのしっぽ「カゴイケ」と、トカゲの頭「アベ」を切って逃げるんじゃないかという話もあります。
トカゲは生き延びて、ぶくぶく太り、また頭が生えてくるという寸法ですかね。そのアベという頭すら切られないんじゃないかという危惧もあり。
いずれもアメリカちゃんの思惑次第という話なのでしょう。


蜷川先生の言葉を繰り返します。
日本人が二千年来、常に天皇の忠臣であった史実は、全くない。「億兆心を一にして、世々その美をなせる」歴史は、日本には断じてない。非科学的な神代史や、信ずべからざる神話などを持ち出し、それをもととして、天皇の神格化と永遠性とを人民にしいた明治以後の詔勅に至っては、人間として、到底信ずべからざることを無理に信じさせようとした策謀であって、時の政治家の利己的謀略として、それを排斥軽蔑せざるをえないのである。












なにやら、宗純先生風に言わせれば、巨悪日本会議や大阪維新の会は「トカゲのしっぽ斬り」じゃなくって「トカゲの頭斬り」・安部一人斬りで終わらせようという気配もありとか無しとか、、、、?????

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Chuck Berry - Johnny B. Goode  | トップ | バチカンの「クロノバイザー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
暴対法指定暴力団だって厳しい構成要件が定められているのに、なんの定義もない「組織...... (くろねこの短語)
 お約束通りに、ペテン総理が海外逃避中に共謀罪を閣議決定。ちょっと留守するけど適