f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

韓国をあざ笑う馬鹿なメディアの目くらまし 日本の賊にはだんまり 「確定申告には白紙の領収書を出しましょう!」

2016年12月10日 08時34分49秒 | Weblog
韓国の朴さんは「口利き疑惑」で弾劾、、、
日本じゃ甘利大臣なんて金もらってるのもわかってるのに無罪だと。証拠のパソコンをドリルで壊したって無罪。
政治家は白紙の領収書許されるんだってさ。犯罪ジャン。自民党に何人いる?閣僚に何人いる?


長年、安い安い電力と言いながら福島の原発事故に係る廃炉費用は22兆円だ!と今頃になって平気な顔でっそっと出す役人。政治家、東電。
誰一人責任取らないで国民にだけ負担を負わせる。
お前らみんな極刑だぞ!誰の金だ?

庶民が家を建てるとして3000万円で契約、、、いつの間にか6000万円とか1億円なんて言う話を納得できるか?
そんなバカ話を国民は毎日毎日聞かされる。そういう都合の悪いニュースを流すときには、テレビ新聞は別の話題に忙しい。
やれ芸人の薬物事件だとか、中国、韓国、北朝鮮がどうしたこうした、、、、
その挙句がたった5時間でカジノ法案を通したりするんだよ。
テレビ・新聞・政治家・財界・官僚、、、みんなぐるになってバカな国民の目をそらせるんだ。
あべの支持率60%と高らかに言うが、じゃ、何時にどこを調べてこの数字なんだ?老人世帯が昼間のワイドショーでも見ているときに固定電話で聞いた数字?

憲法無視で、憲法が悪いから変えろと息巻く集団がいて好き放題にやろうとしている。

日本は三権分立なんだから、駄目なものは駄目と言えばいいものを、最高裁に持っていけば必ず無罪。
原発でも米軍基地問題でも騒音問題でも最後は国が勝っちゃう。
最高裁っていうのは政治に首根っこを押さえられているんだもの「三権分立」など恥ずかしいから国民の前で言ってはいけない。教科書にも書かないほうがいい。

最高裁長官を弾劾裁判にって笑える話かね? 

国も国なら地方も地方。
鹿児島の知事は選挙で反原発を謳って当選した。バリバリの反原発の平良行雄氏と共同歩調し、氏を辞退させて当選したのがミタゾノだ。

三反園訓知事を弾劾裁判に!!



東京新聞

三反園知事 声なき声が泣いている

2016年12月9日


鹿児島県の三反園訓新知事は、原発に不安を覚える県民の“声なき声”を集めて選挙に勝った。するともう「原発を止める権限はない」とあっさり。再び募る不安と不信。県民はやりきれない。


 「原発に頼らない社会をめざす」-。


この言葉を信じた県民の心を踏みにじる新知事の変節だ。

運転を再開した九州電力川内原発は、火山の群れの中に立つような原発だ。地元薩摩川内市の住民も「原発が近くにあるのは恐ろしい。認めているのではなく、諦めているだけなんだ」と、つぶやいていたのを思い出す。声なき声だ。
その不安は熊本地震でさらに強まった。
地震学者は巨大噴火の恐れを指摘する。再稼働を認めた原子力規制委員会に、火山の専門家と呼べる人はいない。
自治体は、避難計画の不備を自ら訴える。屋内避難先とされる地域に土砂災害の危険があるとの指摘もある。
熊本地震の余震が続く中、フランスの原発で強度不足の疑いがある鋼材が使われていた問題が浮上した。
九電は緊急時対応拠点を免震構造にする計画を撤回し、規制委もそれを受け入れた。


 川内1号機の使用済み核燃料プールは満杯に近づいている-。


知事は「県民の不安を解消するのがトップの役割」と語っていた。その通り。県民の命が守られ、安心して暮らせるように全力を尽くすのが、知事たるものの最も大切な仕事であり、使命であるべきだ。
当選直後の三反園氏は「安全性が確保されていない原発を動かすわけにはいかない」と言い切った。熊本地震を受けて、二度、九電に一時停止と再点検を要請してはいる。だが、それだけだ。原子力問題検討委員会の設置も再稼働後になってしまった。

何より「私に稼働させるか、させないかの権限はない」という三反園氏の発言に落胆し、あきれた人は多いに違いない。
知事が不信を募らせている。

法的権限がないのは、はじめから分かっていたはずだ。しかし、県民の代表である知事の同意は事実上、原発再稼働の最終要件になっているはずなのに。
県民の不信をぬぐい去り、「トップの役割」を果たすため、これから何をなすべきか、三反園知事にはよくよく考えてもらいたい。



「私の記憶には定かでない」鹿児島知事の発言、物議 川内1号機運転再開

西日本新聞 12/9(金) 10:38配信

「私の記憶には定かでない」鹿児島知事の発言、物議 川内1号機運転再開



川内原発1号機の運転再開を前に記者団の取材に応じる三反園訓知事=8日午後4時すぎ、鹿児島県庁


 再び原発が動きだすこの日も、明確な言葉はなかった-。九州電力川内原発1号機が運転再開した8日、鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事はその是非について最後まで判断を示さなかった。7月の就任時に「県民が不安に思う原発はいったん停止すべきだ」と言い切った姿から事実上の原発運転容認。それは説明責任を尽くさぬままの「脱原発」政策の転換にも映る。知事の本心はどこにあるのか。反原発派には失望と憤りが広がる。

<川内原発視察>「常識的じゃない」市職員は鹿児島知事に同行せず

 運転再開が迫る同日夕、県庁で取材に応じた知事。「運転しようがしまいが、原発はそこにあり続ける」。2度にわたり九電に即時一時停止を要請した人物とは思えない言葉だった。
.

「私の記憶には定かでない」と言い放ち、物議

 判断を語らない最大の理由は、安全性などを検証する専門家組織「原子力問題検討委員会」が未設置であること。「専門家に安全かどうか検証してもらい、私が判断したい。早くつくりたいが、県議会の承認が必要だ」という理屈だ。

 その検討委も、当初から運転再開に間に合わせる意思があったのか。今月1日の県議会では「検討委は、運転再開どうのこうので設置するわけではない」と答弁。その後、反原発派の識者を入れるという反原発団体との約束について「私の記憶には定かでない」と言い放ち、物議を醸す。
.

「無責任としか言いようがない」

 この日、記者団から「本当に記憶に定かでないのか」と問われた知事は、こう説明した。「時代は流れているから。賛成反対ではなく公平公正という基準で選ぶことにした」

 検討委設置で政策合意し知事選出馬を取りやめた反原発団体代表の平良行雄氏ら約30人はこの日、川内原発前で運転再開への抗議集会を開いた。自らの言葉で再開の是非を語らない知事に平良氏は嘆く。「言い訳ばかりで判断から逃げたいだけじゃないか。無責任としか言いようがない」

=2016/12/09付 西日本新聞朝刊=
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何も考えないで、クソッタレ... | トップ | FRYING DUTCHMAN "humanERROR" »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さやこ)
2016-12-10 21:01:24
正義が通らない世の中って息苦しい。

一国の総理の「こたつでミカン」なんて人を食った発言に同調して笑い声を立てる自民党議員。
お追従しかできないんですね。情けない。

マスコミが不利な光景を隠すから、ネットをしない友人たちはなあんも疑問を持たない。
カナダの議会をみたけど、市議会だったけどみんな普通の仕事を持った人たちでしたよ。議員で食っている人はいなかった。

会議場は市役所一階の入り口の隣りでガラスばり。その上、会議の模様はすべて各家庭に映像を流すんです。全部丸見え。

べったりした顔にヘラヘラ目とつべこべ口のアベなんぞの顔、ネットでも見ないようにしています。気分悪いから。
それから三反園みたいに公約違反したら罪になる法律、ないんですかねえ。
しばらく (農婦)
2016-12-11 04:18:12
ネットができないでいました。その間、高校時代の友人から本を借りて読んでました。鎌田慧さんと交際がある友人、「反骨鈴木東民の生涯」鎌田慧著、アテルイについて書かれた本とか、幸徳秋水の妻達を描いた新刊本、「飾らず、偽らず、欺かず」田中伸尚著。勉強になりました。後藤新平が岩手県出身だったとははじめて知りました。伊藤野枝が新平にあてた書簡が、奥州市立後藤新平記念館にあるそうです。私の住まいは岩手県と隣接しているのでいってきてみたいです。藤沢も近いです。
鈴木東民 (農婦)
2016-12-11 04:24:02
が、吉野作造の愛弟子だった事もはじめて知りました。吉野作造は我が故郷、宮城県古川出身です。
かまど神 (さやこ)
2016-12-11 18:05:22
連投、お許しください。

本日、県立美術館へ行きましたら、かまど神が展示してありました。「かまど面」となっていました。
大きな大きなギョロメの面でした。

これは静岡市出身の染色家の芹沢銈介という方の収集品です。詳細が不明ですので、芹沢銈介美術館に問い合わせ中です。
何かわかりましたらお知らせします。
Unknown (農婦さま)
2016-12-12 03:44:54
ネットから離れる時間も必要ですね。
岩手にはずいぶん帰っていません。これからしばらくは冬タイヤが必要でますます疎遠になってしまいます。
水沢の新渡戸稲造記念館は大きくて素晴らしいのですが、後藤新平のそれにはまだ行ったことがありません。
私は昔は結構本を読んだのですが今は目が疲れるのでからっきしです。反省です。

しかし、、、古川から見たら藤沢なんぞは相当な山奥ですよね、、、そんな在をご存知ということにほんとに愕いております。
岩下御大のところのコメで知りましたが、佐藤、、、さまでしたっけ?どうやら苗字も同じようですね。
Unknown (KAPPA)
2016-12-12 03:48:47
さや子ちゃんどうもお久しぶりです。

私、この国の政治というか何から何まで嫌になってしまったので、もう考えないようにしてるんですが、なかなか悟れませんです。

田舎にもずいぶん帰っておりませんで、かまど神に関しても全くさっぱりです。姉に行こうと誘われるのですが、運転手としてこき使われるのがわかっておりますので遠慮しております。

かまど神に関してのご連絡、楽しみにしております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。