f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

「途上にて」 「ウィスキーの小瓶」 「プカプカ」

2017年03月28日 11時29分01秒 | Weblog
尊敬する岩下さんが、少しブログを休むという。
そもそも彼は100万とか1000万とかいう視聴者を相手にしていた人。ブログでどんなに吠えたところで1万人かせいぜい5万人。
彼の気持ちは解らぬけれども、私はずっと彼を信頼し、尊敬している。
ブログを書こうが書くまいが、それは彼の考え。
生きていればそれだけでいい。
死んだならそれはそれで諦めればいい。


「途上にて」 みなみらんぼう cover千夜千曲


みなみらんぼう ウィスキーの小瓶


西岡恭蔵 with 大塚まさじ プカプカ


プカプカリレー


もうこの世にはいないんだなぁ、、、










北の国から’95秘密 見てたらね、、、
宮沢りえが演じる「シュー」と「純」の初のデートで
「東京楽しかった?」
とシューが訊ねる、、、純は様々な苦い思い出がよみがえり無口になってしまう、、、

「どうかな、、、、いろいろあったよ、、、」
といい、
「卒業したんだ、東京は」
という。
シューもそれは様々な苦い思いがある中で、急激に二人は親密になっていく。
BGMに尾崎豊の「アイ・ラヴ・ユー」が流れていく、、、、。

そんな場面。

これだけは、地方出身者でないと解らないドラマだよね、、、、、、。

黒板五郎(父親)にシューを紹介した時に
「テレビもラジオも無くて情報はどうして手に入れるの?」
と尋ねるシュー。

「知る権利もあるけれども、私は情報を知らぬ権利もある」
と五郎は言う。

「サイコー!!」

と、純の恋人は父親と意気投合する、、、。

いろいろあってさ

シューがこういうんだよね

「過去を消せる消しゴムが欲しい・・・」

と。







私は、そんな東京にずっと住んでいるん、、、、、、、。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーカイヴ2016/05/05から ... | トップ | 「人は少しずつ変わる」 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「安倍晋三記念小学校」疑獄に私人の総理夫人付き政府職員の上司で首相秘書官の名前が...... (くろねこの短語)
 どうやら、「安倍晋三記念小学校」疑獄に、新たな名前が浮上したようだ。本名不詳の