f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

大磯海岸に飛来するアオバト   アーカイヴ 2009・1・20 「直行挺身」 2008・11・29 「能く偲ぶ」

2017年02月13日 13時26分12秒 | Weblog
Pau Casals - El cant dels ocells (at the White House)




 この写真はつい最近知りました「比企の丘」様のブログ
http://blog.goo.ne.jp/musshu-yuu/e/a3fad469741182c06d74744729a24d35
から拝借しています。
素晴らしいブログです。写真がまた素晴らしい。
自由に使っていいということで、今日ここにお借りして載せます。

この場所は私が大好きな道沿いにあり、小田原の猫の家に行くときに必ず通ります。晴れた日の西湘バイパスはそれは気持ちのいい道で、冬でも車の屋根を外して潮風を浴びながら走るのです。打ち寄せる波の音を聞きながら、遠くにぽつぽつと浮かぶ漁船やサーファーを眺めながらのドライブはそりゃ最高の気分なんです。日本で一番好きな道路・・・私の愛するベルマーレの試合に行く時にも必ずここを通っていきます。

ただし、、、、海水浴のシーズンはだらだら渋滞、、休日も混みますね、、、、。





 大磯町照ヶ崎海岸の岩礁には,春から秋にかけてアオバトが海水を飲むために集団で飛来し,野鳥の会の重要な観察場所にもなっている.ここは相模湾の長い海岸線の中で,アオバトの繁殖地である丹沢山地に近い唯一の岩礁であるために,その生活にとって重要性が非常に高いと考えられる.ところが,現地は大磯漁港に隣接した場所に位置するために,港の拡張,ヨットハーバーの新設などの計画が立てられたことがある.その計画は,立ち消えにはなっているが,もし再燃することがあれば,岩礁の将来が危ぶまれる状況である.そこで,神奈川支部では,岩礁を県の天然記念物に指定してもらうことによって万全な保護対策をとることを考え,1990年から交渉を進めてきた.その結果,1996年2月13日にようやく,指定をみることができた.
この活動は日本野鳥の会神奈川支部が行ったものです。詳しくは以下のページをご覧ください。
http://www.mmjp.or.jp/wbsj-k/public_html/hogo/hogo95.htm#aobbato






さて、今日の本題。
むかしむかしのブログ記事から、、、
私はその時期というか離婚してから、10年間躁鬱気配で波が激しかった。いつも陽気であり、いつも暗かったとも言える。
鬱期は眠れず、眠った時には必ず同じ夢を見てウナサレテ起きるような毎日だった。
心の中で「私は生きている価値のない人間だ」といつも叫んでいた時期です。
そんな私のデタラメなブログを仲間は読んでくれ、励ましてくれもした。
この頃の私は、ブログ仲間にずいぶん助けられて、ようやく生きていました。

実に個性的な面々でコメントも面白かった。
暇な方は当時の記事に飛んで行って、コメントを読み返してもらえればその時の様子がわかるでしょう


アーカイヴ 2009・1・20 「直行挺身」

 「直行挺身」

昔、開高さんの本を読んでいて、この言葉を知った。

仕事先の工場には中国人留学生が何人か働いているのだが、久しぶりに思い出したこの言葉の意味を聞いてみた。

二十歳そこそこの彼は首をひねって考えておりました。
日中友好に熱心な私はそこで、彼にヒントを書いて渡したのだね。

「NORMALCY」・・・彼は日本語は上手なのですけど。

また彼は首をひねりながら、瞬間「頬を赤らめて」
「解かりました。これは・・・・・」といったのですね。

そこでようやく、友好ムードに火がついて私はかねてからの疑問を彼に問いました。

あ~私は向学心の塊。

「ABNORMALCY」「BACK]
彼はやはり顔を赤らめながら下記のように紙に書いたのですね。

「后插」

私は感激しましたです。ハイ。

さすが中国4000年の歴史。漢字には意味があるネェ。
東太皇后だろうが、西太皇后だろうが閨房ごとはあるわけだ。しかしながら天下の后が下になってまっすぐ足を伸ばして(身分の上の者が下に横たわる)というのが出来ない。だからアレをやるときにはキット、立ったまま、あるいは手をつきながら、後ろからやらせたに違いない。(キットそうだ。ゼッタイそうだ???)
それで、このようなスタイルを
「后挿・・・日本の漢字にすると挿入の挿」
というのに違いない。

ウ~~~ン。我ながら感心感心。いたく感激して手と手を握り合って、日中友好に努めたわけだね。

デモね、この解析には弱点があってさ、もし后が横たわった男の上に乗ってだね、
「直行挺身」
する場合もあるだろうから、必ずしも上の解釈が成り立たないのでは・・・と考えながら、ハタと気がついたのだよ。

「女性上位」という言葉は中国語でもあるはずだと。

え~っと英語ではなんと書くのかナァ、早速明日、楊君に聞いてみなくっちゃ・・・・。

友好友好!

エ~トここで問題
シンシア君答えなさい。
「直行挺身とは日本語でなんと言うのですか」
「后挿とは日本語でなんと言うのですか」・・・H20麻布中学入試問題?

今度やろうね「直行挺身」・・・・・イヒヒヒヒ!

ところでシンシアはどっちが好き??




 2008・11・29 「能く偲ぶ」

 「能忍」・・・能く忍ぶ 

宮本輝が芥川賞をもらってすぐの頃、肺結核で入院し、失意の最中に先輩作家から送られたはがきに書いてあった言葉。


ー長き将来にあっては、今はご静養が、即ち偉大なる作品の源泉になりゆくであろうと私は思っています。
う~ん・・・・・・・・・・・・。

「手術するとき、お医者さんに頼んでほしいんやけど・・・・」
「取ったあとに、ビー玉を二ついれといてもらわれへんやろか・・・」

氏の奥様が愛犬の虚勢手術を悩んでいた際の言葉。
う~ん・・・・・・・。

「優しい気持ちでないと、駄目なんだよな」

友人の真似をして野鳥と会話しようとしても、鳥が寄り付かなかった。そのとき氏が友人に鋭く突き放された言葉。
う~ん・・・・・・。

「私は、息子と嫁がケンカをしたら、たとえ息子のほうが正しい場合でも、お嫁さんの味方をする。家庭を崩壊させるほどの過ちを犯すような女を、お前さんが奥さんに選んだりはしないだろう。だから、どうせケンカといっても、それほどたいした原因のものではない。だから、私はいつも嫁の肩を持つからね」
「お嫁さんが、暗い哀しい顔をしている家がさかえたためしはない」
宮本輝氏のおかぁさんの言葉
う~ん・・・・。

「えっ!そら、あかんがな」
「はい、あかんのです」
「なんでやねん、その冷たい言い方」
「でも、ゴルフをしてる最中には、言ってはいけないと・・・」
「・・・うん、ありがとう」
締め切りが迫ってるときに、書生とゴルフをしながらところで仕事は大丈夫だったかなぁ・・・と急に思い出したときの二人の会話。
う~ん・・・・・・。

「量のない質というものを信じない」

「田辺聖子さん?ああ、、うちの裏に住んではるで」
「テルちゃんの家?、ああ、あれはうちの裏よ」
一升瓶を持参しチョクチョク飲みに出かけ
「一升持って来て、二升飲んで帰りはった」とおせいドン・・・。カモカのおっちゃんは??
う~ん・・・・・。

「流転の海」第一部を書き終えて、どこかのサイン会での話
「第一部のあとがきで、完成まで十年はかかるとお書きになってましたが、何とか三年くらいで、書けませんか・・・」
「はぁ・・、十年ともうすこしかかりそうなんです」
「そうですか。じゃあ、私は最後を読まずにしぬことになります。とにかく八十二歳ですから」
う~ん・・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ロシアより愛をこめて」じ... | トップ | 2月16日(木)東京MXテ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (比企の村びと)
2017-02-13 15:15:52
拙ブログのリンクありがとうございました。大磯海岸照ヶ崎岩礁、貴重な自然遺産です。関東沿岸ではあそこしか見られない風景です。
まもなく3月10日東京大空襲、3月11日東日本大震災のメモリアルです。
比企様どうも (kappa)
2017-02-13 16:04:47
私にとってもこの両日はというか、3月は思うところの多い月です。
家の近くに、これは関東大震災の慰霊碑ですが霊園があり、また自転車で数分のところに東京大空襲を記録展示した民間の建物があります。大勢の方がこの日に集まります。

東日本大震災では私のふるさと岩手もはズタズタになりました。それから間もなく母が亡くなったのですが、街の火葬場は当時の石油不足と大量に運ばれてくるご遺体の焼却に追われへとへとになっていた時期でした。随分断ったんだよ、おかぁさんは無事焼くことが出来てよかった、、、、と。

基本私は東北の生まれですから、入学や卒業などという時期に桜は咲かないので、この花に何ら愛着は持たなかったのですが、さすがに3.11直後に最多桜を見た時には涙が流れました。
こんな時でも咲いてくれたんだと。

何かとりとめのない話になってしまい申し訳ございません。

コメントありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2017-02-13 16:06:50
咲いたですね、、、、。
すみません、よくやるミスです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。