f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

晴れある「ブラック企業大賞」受賞おめでとう!!!「電通」  

2017年05月06日 12時34分40秒 | Weblog

良くも悪くもという言葉があるが、私はちっともよくない企業だと思っている電通。
ここ、日本のメディアを牛耳っています。
言葉が悪ければ言い換えますが、民間放送で電通に逆らって放送を続けることは実質不可能です。
「民間放送は広告費が命なんです。」
だって視聴率1%が100万人。スポンサー様はこんな素晴らしい媒体は無いと広告費をせっせとつぎ込みますが、
その間に控えるのが「電通」。
電通のラテ局参与は、そりゃすごい力を持っていますねぇ~。ラジオ局、テレビ局ビビりますねぇ~。

超巨大企業「電通」様を使えば、国民の意識調査なんてなんでも変えられますね~。右10左50なんていうのが、いつの間にか右70左5なんていう風に変わるなんてオチャノコサイサイ???
この電通様の大株主が時事通信様とか??その時事通信の大株主様が読売様とか????

政治にかかわるなんて馬鹿らしいことはしませんよ~ってスタイルらしいですが、なんせテレビ局はここに逆らえませんのでね~どうなんでしょうねぇ??

ここは、おいしい巨大イヴェントの権利も握ること多いですねぇ、、、オリンピックなんて、NHKと電通の利益はどのくらいあるのでしょうか?
昨日も書きましたが、アベちゃんが憲法改正の国民投票するとなれば、何百億円?いやそれ以上か???改憲したいお金持ちの自民党様の金庫からも官房機密費からも?いくらでも広告費が湧いて出てくるという寸法でうれしくって仕方ないんじゃないかと、、、、羨ましい限りなわけなんですね~。
国民投票なんて、国民洗脳できるメディア次第ですからね。

そんな、天下の電通様も国家権力には逆らえませんです。
異常な労働時間と苛め体質。何人社員が死にましたかねぇ?ここが今突かれている。
ということはだ、巨大な力を持つところに、監督官庁がようやくメスを入れたという話。

でもねぇ、、、、タイミングがいいよなぁ、、、、。

アベちゃん批判、アキヱ夫人の奇行?大阪の幼稚園、加計学園、自民党の閣僚たちの馬鹿発言が続く中、テレビ局なんて怖くてそれを正面から叩けないんだよね。もちろん自民党やアベがテレビ局を恐喝しているなんて言いませんよ、、、、。テレビ局が恐れるのは電通ですから、、、、。
どんなに「寿司友」のデタラメメディア人がいたってね、テレビ局にだって「報道の自由」「メディアの正義」を考える人間はいるのです。そういった正義のメディア人が、、、、、電通様に潰されるわけなんですね~間接的に。

だからね、
世界中の笑いものになってでも
「北のロケットが怖い」
と日本中を扇動し、地下鉄も止まるんです。どうやって防空壕に逃げるか???そんなことをテレビで流し続けるんです。
その時に総理大臣はお花見ですよ。海外で遊んでいる?大臣何人いました?政府の要人たちは暢気に過ごしていたでしょう?

電通様は儲かって仕方ないけれども、過酷な労働ということでブラック企業大賞受賞しましたが、それと同じくらいにコワ~~~イ裏があるのだと、皆様気を付けてみてくださいねぇ~。



以下の記事は田中龍作ちゃんのブログからです

・・・・・
マスコミを差配する電通がノミネートされていたことから、記者会見場には重苦しく殺伐とした雰囲気が垂れ込めていた。
 記者会見に出席した社は ちらほら 。テレビ局は一社たりとも来ていなかった

「2016年ブラック企業」にノミネートされた10社は以下 ―
1.株式会社エイジス
2.株式会社 電通
3.株式会社 ドン・キホーテ
4.株式会社プリントパック
5.関西電力株式会社
6.佐川急便株式会社
7.サトレストランシステムズ株式会社
8.宗教法人 仁和寺
9.ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
10.日本郵便株式会社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あれほどバラマキと批判して... | トップ | CARMEN MCRAE - My foolish h... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。