f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

Chuck Berry - Johnny B. Goode

2017年03月19日 18時22分20秒 | Weblog
Chuck Berry - Johnny B. Goode [HQ]


ロックに興味のない私でもさすがに知っている。
チャック・ベリー大往生。
ご冥福をお祈り申し上げます。

「Johnny B. Goode」に関していえば、私の年代、個人の趣味ですが、こっちの方がなじみが深い。「バック・ツー・ザ・フューチャー」
Johnny B. Goode - Back to the Future (9/10) Movie CLIP (1985) HD


昨日のニュースから

水中で毎時1.5シーベルト=1号機格納容器底1メートル―ロボット投入・福島原発

時事通信

 東京電力は19日、福島第1原発で溶け落ちた核燃料(デブリ)がたまっているとみられる1号機格納容器底部の水中で、毎時1.5シーベルトの放射線量を測定したと発表した。水中で比較的高い線量が確認されたが、東電はデブリの有無について「今回のデータでは明らかになっていない」と説明している。
 東電によると、毎時1.5シーベルトの放射線量は18日に投入したロボットが作業用足場からつり下げた線量計によって測定。測定場所は格納容器底部から1メートルの高さの水中で、同じ線量を人間が浴び続ければ、5時間弱で死亡するほどの値だった。水は放射線を遮る性質があり、近くに高い線量を出す物が存在している可能性もあるが、原因は分かっていない。
 東電が公表した写真では、水中にポンプのバルブとみられる物も写っていた。格納容器底部に堆積物があるかどうかは不明で、今後周辺の放射線量などを測定し、デブリの有無を調べる。

フクシマ原発爆発事故は、何一つ進展していないともいえる。少なくとも、国民の多くは忘れたい事故で、もう終わった話と信じたいでしょうが
現在進行中の、人類が起こした史上最悪の大災害である。

Back To The Future - The Power Of Love
 
 ふざけた妄想と叱られるかもしれないが、本当にこんなことが出来るならば、大地震の前の福島原発に飛んで行って、非常用電源を確保せよ!大津波に備えよ!と警告に行きたい。
でも、それが可能だったとしても東京電力は聞く耳を持たなかっただろう。世の中は「原発は安全で安価な発電」と疑わなかった。勿論その危険性を指摘した専門家の警告を政治家も経済人も、そしてほとんどの国民も聞く耳を持たなかったわけだから。
「バブルへGO!」だっけ?バブル崩壊後、この国は悲劇に襲われる。そのような急激な変化を「失われた10年(20年?)をやめさせよう」と、タイムマシーンに乗って急激なバブル終焉を止めさせようと、時間を遡って警告したにも拘らず、むしろそれを喜んでやめなかった。連中はそれを知りながらやったんだ!!という映画を思い出す。
2008年頃のCM 広末涼子 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式


 原発の危険性を実際に知っていたのは、むしろ専門家たちです。政治家たちも官僚たちも経済人たちも知っていたんです。国民の多くは、漫然と「原発は安全で安価」と騙されていたが、その危険性をむしろ見ないように聞かないように逃げていたのです。そして東北で作られた電気を湯水のように使っていたその事実も忘れてはいけない。

反省はサルでもできるなどといわれるが、日本人はその後も原発を再稼働させようと躍起になっている。
反省も出来なければ、現実を直視しようともしない。子供たちの未来も考えない。愚かという他ない。



吉井英勝議員「海外(スウェーデン)では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか」
安倍首相「海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない」

吉井議員「冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか」
安倍首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員「冷却に失敗し各燃料棒が焼損した(溶け落ちた)場合の想定をしているのか」
安倍首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員「原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測を教えて欲しい」
安倍首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員「総ての発電設備について、データ偽造が行われた期間と虚偽報告の経過を教えて欲しい」
安倍首相「調査、整理等の作業が膨大なものになることから答えることは困難」

吉井議員「これだけデータ偽造が繰り返されているのに、なぜ国はそうしたことを長期にわたって見逃してきたのか」
安倍首相「質問の意図が分からないので答えることが困難。とにかくそうならないよう万全の態勢を整えている」



http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/column15.html


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 告知・『松元ヒロ ひとり立... | トップ | 共謀罪作るなら、まず適用第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。