f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

あれほどバラマキと批判していた自民党・あんたらはほんとに嘘つきだね。

2017年05月05日 11時04分16秒 | Weblog


国会議員であり、総理大臣である、公僕である安倍総理が「みっともない憲法」と口癖のように語っていましたね。
憲法順守義務というものがあります。
「みっともない憲法」と公言してきたアベサンは「憲法ヲ尊重擁護スル義務ヲ負フ」という91条に違反しているね。
公僕の犯罪ですね。

憲法とは公僕が守らねばならぬものです。
ちなみに国民に憲法順守義務はありません。
日本国憲法



WIKIから
日本語[編集]
第九十一条
皇帝皇位ニ即キタルトキ並ニ摂政、国務大臣、国会議員、司法府員及其ノ他ノ一切ノ公務員其ノ官職ニ就キタルトキハ、此ノ憲法ヲ尊重擁護スル義務ヲ負フ
此ノ憲法ノ効力発生スル時ニ於テ官職ニ在ル一切ノ公務員ハ右ト同様ノ義務ヲ負フヘク其ノ後任者ノ選挙又ハ任命セラルルマテ官職ニ止マルヘシ
英語[編集]
Article XCI.
The Emperor, upon succeeding to the Throne, and the Regent, Ministers of State, Members of the Diet, Members of the Judiciary and all other public officers upon assuming office, shall be bound to uphold and protect this Constitution.
All public officials duly holding office when this Constitution takes effect shall likewise be so bound and shall remain in office until their successors are elected or appointed.
憲法改正草案要綱[編集]
「憲法改正草案要綱」、国立国会図書館「日本国憲法の誕生」。
第九十四
此ノ憲法ノ日本国民ニ保障スル基本的人権ハ人類ノ多年ニ亙ル自由獲得ノ努力ノ成果ニシテ、此等ノ権利ハ過去幾多ノ試錬ニ堪へ現在及将来ノ国民ニ対シ永劫不磨ノモノトシテ賦与セラレタルモノトスルコト
天皇又ハ摂政及国務大臣、両議院ノ議員、裁判官其ノ他ノ公務員ハ此ノ憲法ヲ尊重擁護スルノ義務ヲ負フコト
憲法改正草案[編集]
「憲法改正草案」、国立国会図書館「日本国憲法の誕生」。
第九十五条
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
解説[編集]
天皇・摂政、公務員全てが、日本国憲法に遵い、守り、擁護しなければならないと定めている。政治に携わる者達に、憲法を守り、さらに「憲法違反行為を予防し、これに抵抗」[2]する義務を課したものとしている。この規定は「内閣が、憲法を批判し、憲法を検討して、そして憲法を変えるような提案をすることを禁止している」とする見解がある[3][4][5]。一方で、西修のように、公務員は職務を遂行するにあたり、憲法に問題点があると認識した場合にその問題点を広く国民に問いかけることを禁止していないとする見解もある[6]。
法律[7]では裁判官及び一部の公務員[8]について、「日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者」を欠格条項とする規定が存在し、また公務員は就任の際に服務の宣誓中で憲法に遵い守ると宣言することが法令等[9]で規定されているが、これは本条文が根拠となっている。
なお、ドイツの憲法である基本法では国民に憲法擁護義務を課している(戦う民主主義)が、日本国憲法第99条の憲法尊重擁護義務に一般の日本国民は含まれていない。








日本には平和憲法があるが、どうにもこれが気に食わない方たちがいる。
思いは人それぞれ、、、考え方はいろいろあるでしょう。ただし、そういった場にビデオ出演ではあっても現職総理が出演し、国会で決まったことでもないのに「改憲します!」という。
そもそもこの国の公僕のトップである総理大臣が憲法そのものに従う気がないのです。憲法違反なのですよ。
時が時ならば逮捕ものです。だって公僕としての犯罪ですもの。一国民として、、、とかの言い訳はきかないんだよね。

酔っ払い顔で、日の丸の前でいついつまでに憲法を変えますとのたまわったんだからご立派です。

北の脅威を煽り、ロケットが飛んでくると煽り続けて、自分たちはお花見と海外遊説。帰国したらゴルフ三昧。
大臣の半分が国を空ける愚かさ。国民は煽られて、地下鉄は運転を止めた。その時大臣たちは何処にいたのかな?
地下鉄止めるなら新幹線も、原発も止めなきゃ話にならんでしょが?

それを地下鉄止めたのが褒められるっていうんだから、、止めなかった原発や新幹線は始末書出せっていうのと同じでしょ?
だれが責任取ったの?
そもそも北からロケット飛んでくる恐怖よりも、稼働中の原発の暴走や火山の爆発、大地震の恐怖の方がはるかに高いよ。
笑っちゃうんだが、安倍総理が困ったちゃんになるとよく北がロケット飛ばすゼツミョーなタイミングは認めざるを得ないけれども。



第一、森友問題どうなったの?
寿司友のマスメディア使って「憲法改正」を着々と進めるズミントー。
ネット操作で国民意識調査が捻じ曲げられていないって言える?
電通はオリンピックと憲法改正国民投票で(それのコマーシャルで)ぼろ儲けすると言われています。国民投票ともなれば金は使い放題で国民洗脳のために自民党はテレビラジオをジャックするはずですから、電通がぼろ儲けという話はまんざら嘘ではないかな?

そうそう、この憲法改正とくっつけて、国民の目先を誤魔化すために「高校授業料無償化」を言い出しましたね。民主党政権時代に「どこにそんな財源がある!バラマキの人気取りだ!!」とさんざん騒ぎまくっていた自民党の皆様、TPPでウソツキまくって勝った選挙と同様、嘘つきは国会議員はじまりじゃなかった、国会議員はドロボーのはじまりじゃなかった、嘘つきはドロボーのはじまり!!!ってか。



自民党があれほど反対していた「高校無償化」
これ、2012年の自民党のサイトから、、、

「高校無償化」自民党ならこうする!!

検証すべき7つの論点

三党実務者協議に臨む下村博文SC文部科学大臣と馳浩衆院議員(左2人目、3人目)
 民主党が進める「高校授業料無償化」に対する問題点・疑問点は7点。いずれの観点からも検証が不十分で、早急な再検証が必要です。
果たしてこの政策によって教育上の成果(学力や教育内容の向上など)が得られているのか。
高校を義務教育化するのか等、わが国教育制度における位置付けをどうするのか。政府や民主党はこれについての考え方を全く示しておらず、ただのバラマキをしているだけです。
所得の多い家庭の子供の授業料まで国が支援する必要があるのか。
公立と私立との格差や自治体間の就学支援策の格差が広がっているのをどうするか。
海外の日本人が支給対象になっていないことは適当か。
逆に、朝鮮高校が対象に入っていることは適当か。しかも、政府の対応が一貫していないため、北朝鮮に誤ったメッセージを送りかねない事態になっていることも看過できません。
定時制や通信制の場合、もともと安い授業料が無償化されても、特定扶養控除廃止により負担の方が大きくなっているケースがあります。これにどう対応すべきか。
自民党なら「所得制限を設け、その財源で、より優先度の高い新たな奨学金制度や私立高校の負担軽減を進めます」
 私たち自民党の基本的な考え方は、「自助」を基本として、「共助」「公助」の組み合わせに拠っています。つまり、本当に支援が必要な家庭に対しさらに手厚く支援することです。私たちの試算によれば、所得制限で削減できる2,000億円の財源で、効果の高い他の政策が実行できます。
所得制限を設けます。その対象を世帯年収700万円以下に絞っても高校生の5割をカバーすることができます。しかも、約2,000億円の財源が確保できます。
私立高校生の負担を軽減するため低所得者世帯を中心に公私の授業料の差額分をさらに支給します。
低所得家庭対策として、返済義務のない新たな奨学金制度を創設します。
トップレベルの学力と人材の育成を目指します。
 資源のないわが国にとって、次代の人材を育成する教育は極めて重要です。自民党が目指すのは世界トップレベルの学力と規範意識を養成し、日本文化を理解し、継承・発展させることができる人材を育成することです。そのためには、限られた財源を有効に使うことが不可欠です。
※注
前回の総選挙で有権者の方々が示した判断は尊重すべきであり、恒久法として制度が成立している事からも、現在、自由民主党は高校授業料無償化を廃止すべきという考え方には立っていません。
政権公約で「高校授業料無償化については、所得制限を設け、真に『公助』が必要な方々のための政策に転換します」としてありますが、本コラムにおける所得制限の額700万円は、当時の3党協議の場で、議論の材料として示した試算です。平成25年度は、高校授業料無償化法の附則に基づき必要な見直しが行われますので、所得制限については、景気の動向や世帯年収に対する在学費用の割合などを考慮のうえ、高校生に対する就学支援という目的に即して、妥当な水準を設けたいと考えています。
なお、私学に通う低所得世帯に対する就学支援金の増額については、現行制度を維持し、できる限り拡充を図りたいと考えています。(2012年12月18日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありゃ?作りものか、、、、 | トップ | 晴れある「ブラック企業大賞... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さやこ)
2017-05-06 13:20:28
ウオーキングシューズを新しくしたのはいいのだけれど、ちょっとサイズに失敗。
なので連休中は中敷き取ったり土踏まずのみスポンジおいたりしつつ、ためし履きに費やしてしまった。トホホ。

で、高齢者の地域医療に携わるお医者さんの本を読んでいたら、こんな記述が…。
ガンと認知症の終末期のオジイに付き添っていたオバアが、
「最近のオジイは政治家みたいだよォ」と。
どういうことかと聞いたら、
大声あげたり、とにかく偉そうにしている。そのうえ約束は守らないし、言うことはコロコロ変わる」って。
医者は「絶妙なたとえだ」と感心したそうです。

それにしても現憲法で選出され、一番憲法を守らなければならない立場の総理大臣が「みっともない憲法だから変える」って。
これ、重大な違反、国民を欺いたとんでもない犯罪じゃないの?
法律的なことはわからないけど、本当になんとかならないんだろうか。
あの臭そうな顔見ると反吐がでるよ。
サヤコちゃんは元気だなぁ (kappa)
2017-05-06 13:31:15
オラはもう反吐も出ません。
出るのはあくびと屁ばかり、、、。

認知症は怖いなぁ。
そういや政治家は皆、認知症の末期患者だとみていれば気がまぎれるというものか、、。

でもあいつら、銭勘定の時だけは、正気ですぜ、、、、。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」(安倍晋三)。改憲発議の権限な...... (くろねこの短語)
 2020年、新憲法施行・・・だそうだ。改憲したくてしようがない日本会議関連の会