f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

劉暁波氏と劉霞さんに捧げます。

2017年07月16日 07時57分34秒 | Weblog
劉暁波氏に捧げます

久石讓武道館音樂會 - 天空の城 ラピュタ-君をのせて (HD)













朝日新聞から
「中国政府に重い責任」 劉暁波氏の死去、各国から反応
2017年7月14日10時01分

劉暁波氏死去のニュースが流れると、香港にある中国政府の出先機関前に民主派の人たちが集まり、「哀悼 暁波」などと書かれたパネルを持って黙禱(もくとう)をした=13日、香港、益満雄一郎撮影

 ノーベル平和賞受賞者の中国の著名人権活動家、劉暁波氏(61)が出国の願いがかなえられぬまま死去した。当局に拘束されながらノーベル平和賞を受けた人が自由を奪われたまま死去するのは、ナチス・ドイツに立ち向かい1938年に死亡したドイツの平和運動家、カール・オシエツキー氏以来。その悲劇的な死に、世界各国から反応が相次いだ。

特集:ノーベル平和賞受賞者・劉暁波(リウシアオポー)さん
 2010年に平和賞を選考したノルウェー・ノーベル委員会のライスアンデシェン委員長は13日、「遺憾の意と大いなる悲しみをもって訃報(ふほう)を受けた」と声明を発表。「中国政府は彼の早すぎる死に重い責任を負う」と強く非難した。

 また、劉氏が重い病を患ったという知らせに対し、世界には「沈黙や遅れ、ちゅうちょがあった」と指摘。米国やドイツ、フランスなどを名指しして「民主主義や人権を尊重する自由世界の旗手たちが、他者の権利のために立ち上がろうとする意欲が低かったことは、悲しく気がかりな事実だ」と厳しく指摘した。

 出国を希望する劉氏夫妻を受け入れる姿勢を示し、中国当局との交渉に入っていたドイツ。メルケル首相は13日、「市民の権利と表現の自由のための勇気ある闘士だった劉暁波氏の死を悼む」とコメントした。ガブリエル外相は「もっと早く重いがんを発見できなかったのか。この問いについて、信頼できる透明な方法で調べる義務がある」と中国政府の対応を批判した。










素敵なカップルですね。
信頼、愛情、絆、、、二人の心の中までは、中国政府も割って入ることは出来ない。
劉氏は死んでもその思いは世界中に伝わり、忘れられることは無いでしょう。



ただ、、、悲しいかな、自由な民主主義国家と言われる日本は、政府として中国に抗議すらできないまま、、、、。大国中国の顔色をうかがう卑怯な狡賢い小狐、、、。安部よ、いい加減にしろ!!極右と名乗る狡賢い狐アベにたいして、右翼思想の団体はなぜ抗議に行かないんだ?散々中国叩きで支持率あげてきたんだろ?どうでもいいがそんなことばっかりやって国民を煽ってきたあの傲慢な態度と真反対じゃないか!
なぜ他の先進国と同じようにこの件で抗議声明を出さないんだ?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウンコ政権のどさくさに紛れ... | トップ | アベの周りの「銀バエ」達 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「愛媛県にとっては12年間加計ありき」と国会で熱弁ふるった加戸前愛媛県知事は、日...... (くろねこの短語)
 外出禁止なんてことまで囁かれるほどの猛暑だってのに、今年もまた夏の甲子園の予選