おばさんの日常生活

「おばさんの大学生生活」の
その後です
抜歯後神経障害性疼痛・非定型顔面疼痛と診断されました





私の子供の頃

2016-11-12 05:33:17 | 日常
今朝もアクセス解析をみたのですか多分初めての検索ワードがありました。

「昭和30年代の農家のおばちゃん」です。
私は昭和30年代は、まだおばちゃんではなく農家ではないので不思議です。

昭和30年代は覚えています。
子供だった私は遊びといえば近所の子供達とゴム跳び、缶蹴り、かけっこ、ままごと、をしていました。
あの頃は移動の手段はバス、汽車です。
気軽に旅行などできませんでした。

遊びではありませんが夏休みになると小学校生だけ集まり午前中勉強していました。
場所は各自の自宅です。

家庭教師など考えれない環境でしたのでとてもよい慣習でした。
私の集落だけの慣習でした。
大人になって理由を考えてみると近所に学校の、元校長先生がおらレ、教育熱心で田舎にしては両親も教育に、関心があったのでしょう。

希望でいっぱいの、昭和でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非定型歯痛に対応してくれる病院 | トップ | 大学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。