おばさんの日常生活

「おばさんの大学生生活」の
その後です
抜歯後神経障害性疼痛・非定型顔面疼痛と診断されました





2017-07-12 22:08:03 | 猫 ペット
プリザーブドフラワー 新マリーアントワネット コルクドーム型 ピンクレッド バラ3輪
みどりの時間
みどりの時間
光でキレイな空気を作る!光触媒胡蝶蘭(ピンク)
eiko co.,ltd
eiko co.,ltd
かわいい まあるい 光触媒 インテリア グリーン ユーカリ
ケーアイジャパン
ケーアイジャパン







麻酔が覚めた時間だからモコちゃん(猫)を迎えに行こうと獣医さんに電話をしましたら、獣医さんから脚の切断の話がでました。

青天の霹靂でした。
はっきりいわないのでよくわからないのですが、モコちゃんの脚は悪性腫瘍の可能性が高いのでいずれ切断が必要になるかもしれないといいます。

この話だけなら切断すれば治るのだと思ってしまいます。
でも現実は違いました。
経営者の獣医さんから電話がきて
「切断といっても指二本切るだけで根治を目指してする手術ではありません。猫の場合は完治を望む手術は少ないです」。
と言われました。

爪の付近は細胞が活発なので腫瘍なら進み方が早いと言われました。
この文章はわかりにくいと思いますが詳しくかこうとすると色々な思いがわいてきてかけません。

生検をしで病理にだしてありますからその診断をまって今後の、ことを決めようと思います。

命はひとつしかないですね。涙
モコちゃんは今日もう一晩お泊まりして明日帰ってきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モコちゃん生検 | トップ | モコちゃんはいなくなるのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。