ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

僕は妹に恋をする

2007-01-31 23:55:25 | 映画2007
 主人公家族は「より、いく、さき」だ。

 近親相姦はいけないことだとハッキリ言えない世代なのだろうか。それとも彼らはかつての皇族崇拝でもしていたのだろうか。法律で禁止されているのは婚姻だけだから、ハッキリ言えないだけなのだろうか・・・少なくとも楠友華(小松彩夏)だけはなんとなくイケナイことだと思っていたのだろうけど、彼女にしても矢野(平岡裕太)にしても横恋慕という形でしか行動できない悲しさ・・・そんな状況だったら「横溝正史の小説でも読みなさい」と言って『悪魔が来りて笛を吹く』あたりをそっと差し出すのも手かもしれません。

 最初からナメてかかってしまいましたけど、映像的にはかなり満足のいく部分がありました。特に序盤の二段ベッドの下でキスするまでの長回し。そしてラスト近くのジャンケンおんぶの長回しです。台詞も少なめで松本潤と榮倉奈々の心理描写が見事でした。惜しいのは、楠が理科室でのキスシーンを目撃した後の「付き合って」と迫るところ。主人公側のたじろぐ心理は伝わってくるものの、楠の奥に潜む心理・・・たとえば、目撃したことによって脅迫するかのような心・・・があっさり描かれてしまいました。頼(松本潤)にしても、「秘密にしておきたい」「バレたらやばい」「俺たちゃサルか?」などといった心理部分が弱かったのではないでしょうか。なにしろその直後に矢野に告白したようだったし・・・

 そんなドロドロした葛藤よりも双子の兄妹の純愛だけでいいんだという意図があったのかもしれませんけど、後半はだらだらと進みすぎました。「兄妹という禁断の恋であっても、愛し合ってるんだからいいじゃない」と思える方なら存分に共感して二人の世界に浸れるのでしょうけど、ストーリーそのものを楽しみたい人には退屈かもしれません。

 アイドル俳優ばかりなのに、みんな良かった。特に平岡裕太なんて今までの映画で一番良かったかもしれません。ちなみに、原作者は青木琴美とおっしゃる方なのですが、ずっとAV女優だと勘違いしていました・・・

★★・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日へのチケット | トップ | 幸福な食卓 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
価値観と人生観による作品かもしれません (PGM21)
2007-02-01 01:39:37
何時もお世話になっております。
この映画私には結ばれない2人の切なさを強く感じた映画でした。
PG-12指定でしたが、点数的には90点つけたので、私自身がどうかしているのかもしれませんが、近親相姦という事を色々考えると完全否定はできないというのが今の私の結論です。
やはり価値観と人生観によってこの作品の良し悪しが割れそうですね。
少なくても憎しみあう兄妹よりは健全だと感じます。
多分 (kossy)
2007-02-01 01:56:33
>PGM21様
いつも的確なご意見ありがとうございます。
近親相姦に対する考えも千差万別なんでしょうけど、映画の終盤にもなると兄妹でさえあることを忘れてしまうほどでした。
俺も別に完全否定するつもりじゃないのですが、ただ突っ走ってるだけというストーリーにあまり惹かれなかったのです。
やっぱり葛藤する場面や、敵対者が現れないと物語としては単調に感じてしまいます・・・
近親相姦がなぜいけない? (ふる)
2007-02-01 17:19:18
近親交配が進むと人間だと血友病になりやすいといった面があるようですが、
なぜモラルとしていけないかは難しいですね。

ただ進化論の本なんか読んでると、
同じ種族(部族)(親戚)よりも違う血族と混じった方が優秀な遺伝子を持った子が生まれるらしく、
それを本能的に悟った人と社会がいけないことと
していった・・・
の「かも」知れません。

駄文にて失礼致します。
モラル (kossy)
2007-02-01 20:31:21
>ふる様
もし子供にそれを教えるとしたら・・・難しい問題です。やっぱり人間は社会的動物であるという点とか、もっと他の人との交流によって高められるといったことを論ずればいいのかな。

医学的にも優性遺伝子と劣性遺伝子の問題があって、近親交配が続くと劣性が強くなるとか・・・それと人間は理性があるんだから、理性を育てるためにも重要なんじゃないでしょうか。

言ってみれば、頼と郁は動物の本能によって行動してるだけなんですよね・・・
守れない約束をした後悔 (祐。)
2007-02-01 20:35:47
★2つには 同感でもあるし、ちょっと低いかなとも思う微妙な一線。

「じゃんけんおんぶ」のなが回しは好きでした。
この映画のキーワードは、世の娘がよく語る「大きくなったら、パパのお嫁さんになるー」が「大きくなったらお兄ちゃんのお嫁さんになるー」でした。
どちらも守れない約束だし、いつの間にか、出来ない約束事と知る。切ないラブストーリーになり損ねていますが、ラストはちょい良い感じの終わり方だったのが良かったです。
やきり、守れない約束は、しないことがいいですね。
パパのお嫁さん (kossy)
2007-02-01 21:43:22
>祐。さま
「大きくなったら、パパのお嫁さんになるー」と言った娘が、大きくなってお父さんと関係を持つ・・・『僕妹』を肯定してしまったらこの関係をも肯定しなくちゃならなくなるような(笑)
出来ない約束をしたといっても、無邪気な子供時代のことですから、無人島にでも住んでない限りこんなことは起こり得ないことかもしれません。

なんだかんだと批判しても、映像がいいんですよね〜
普通の恋愛ものだったらどんなに良かったことか・・・
ラストシーン (かのん)
2007-02-01 22:23:28
私もみんなまだ高校生なのにあまりに物わかりが良すぎるんで不思議に思ったんですけど、とりあえずこの監督の作風は好きだったので空気感に酔いしれながら楽しんでみました。

ラストシーンは私も好きなんですけど、榮倉奈々さんの体格がいいせいか松本くんより安定感があるような気がしてなりません(笑)。
空気 (kossy)
2007-02-01 22:49:00
>かのん様
空気感という表現いいですね。
そう、伝わりました。あの水族館でほわーんとした気分にさせられたし、最後のおんぶでも・・・

榮倉奈々の背が高いところはどうかな〜と感じたのですが、結構背の高さを感じさせないような工夫もあったように思います。
安定感もありましたね(笑)
私は必死に見てしまいました (kisen)
2007-02-02 22:49:16
kossyさん、こんばんは。

個人的なことで申し訳ないのですが、私自身が歳の離れた姉であって、幼い弟達を世話して大きくなったものですから、この「妹に恋を・・」というフレーズに恋をして見に行きました。

「お兄ちゃん」っていう響きに憧れます。しかもこの映画の場合はお勉強もできて、妹のこともしっかり気遣える素敵なお兄ちゃんです。憧れ!憧れ!
私もしっかり妹に感情移入して目をハートにして見入ってしまいました。

平岡君演ずる高校生がませすぎとは思いましたが、実年齢は松本君より一歳若いみたいですね。

お兄ちゃんを好きになる女の子もそうですが、出てくる生徒が美男美女すぎる。でも、それも少女コミックの世界だから許せるのかな。

欲をいえば、妹がもう少しちっちゃいほうがよりかわいかったかも・・・。

じゃんけんのシーンは長いと思いましたが、この際、なんでも許します。だって素敵なお兄ちゃんだもの。

私は、「これからこの二人はどこへ行くんだろう」って思いました。場所だけではなくて、この先、ね。

でも、このままでは生きてはいけないのかな、とも思いました。
兄妹 (kossy)
2007-02-03 00:27:18
>kisen様
俺には妹が・・・6つ離れてるんですけどね。
この年の差が互いの思春期に顔さえあわせない状況を作りました(笑)
年の差がないと、やっぱりあんな気持ちになる可能性があるのかもしれませんね。う^む・・・

あまりに可愛い妹を持つとお兄ちゃんは可哀想。誰かに取られるくらいなら!という気持ちにもなるのかもしれません。

二人はどこへ行くんでしょうね。
多分駆け落ちなんだろうけど・・・
異性の兄弟 (ともや)
2007-02-03 13:38:08
こんにちは、kossyさま♪
>異性の兄弟がいるか否かで感想が違う
これは面白い傾向かもしれないですね。
この物語が気持ち悪くて仕方がなかったともやには、姉がいます。
血縁者に異性がいると…っていう人間の幻想なんですかねぇ。

ちなみにおんぶのシーンですが、榮倉奈々って大きいから重いだろうなぁ…。
松本君が華奢だから余計そう感じたのかもしれませんが。
そんなことをずっと考えてました。

妹は150cm台じゃないと。
↑ともやの幻想ですわ。オホホ。
いないからこそ (kossy)
2007-02-03 18:18:26
>ともや様
いないからこそ欲しくなる。
そうした感情に訴えてくるものがありますよね〜
俺も気持ち悪かったことは確かなんですけど、観ているうちに「どうせ役者同士は他人なんだ」という気持ちもあったので慣れてしまいました・・・

ヒロインとしては大きいんですよね。
長澤まさみの比ではありません。
和田アキ子クラスの身長ですもん。

う〜む、まぁ165cm以下ということで妥協します(笑)
こんばんは (はらやん)
2007-02-03 22:02:52
kossyさん、こんばんは。

自分が好きだからいいというだけではすまないことも多いので、この自分の気持ちに素直がいいっていうところだけ共感されても、まずいですよね。
この映画、若い人はどう思うのかな。
若い人 (kossy)
2007-02-04 00:41:50
>はらやん様
若い人たちでも賛否両論でしょうかね。
やっぱり異性の兄弟がいるかいないかで分かれてしまうような気もします。
若い人は特に共感なんてしないでもらいたいですよね!映画でもそれを考えさせるような台詞が欲しかった。
免疫 (こーいち)
2007-02-07 00:08:13
こちらにもお邪魔します。
たまたま映画の前に原作を読めたので免疫ができていて
映画では意外と禁断の部分が気になりませんでした。
2人が兄妹に見えないっていうのもありましたけど。
最近は恋愛に障害やタブーがなくなってきて近親相姦などじゃないと
ドキドキできなくなってきたのかな?という気がします。
自由自由でなんでもありになる時代の流れはちょっと怖いですね。
禁断 (kossy)
2007-02-07 00:48:17
>こーいち様
映画は原作とかなり違うと聞いてましたけど、まず「近親相姦」を大前提としていますもんね。
「いきなりかよ〜」という意見も納得です(笑)
タブーがなくなって・・・そうした風潮もあるのかもしれませんけど、やっぱり教育なのかなぁ〜学校でいけないことだと随分と聞かされたような気がする俺はかなりおじさん?(汗)
まぁ、家に閉じこもって他人と接することが少なくなってきてるのもあるのかな・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「僕は妹に恋をする」憎しみあう兄妹もいる中で愛しあう兄妹を描いた切なすぎるラブストーリー (オールマイティにコメンテート)
「僕は妹に恋をする」(PG-12指定)は青木琴美原作の漫画「僕は妹に恋をする」を映画化した作品で双子の兄妹との禁断の愛を描いたラブストーリーである。色々な愛の形はあるけれど、こういう愛の形を肯定するか否定するかはそれぞれの価値観や人生観により差が出る映画か...
僕は妹に恋をする/松本潤、榮倉奈々 (カノンな日々)
昨日「マリー・アントワネット」を観に行ってたくさんのフルーツケーキに魅了されてしまったんですが、映画館と同じ建物の1Fにあるスィーツショップで苺、野イチゴ、ブルーベリーを詰め合わせたベリーカップというのを発見。野イチゴがすごく食べたかった私は思わず購入し...
【2007-15】僕は妹に恋をする (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
初めて、本当に人を好きになった。 けれどそれは、完全に叶うことのない想い。 僕は妹に恋をする・・・ その時、世界は残酷なほど美しく見えた。
僕は妹に恋をする (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(★★☆☆☆) 青木琴美原作の大ヒットコミックを実写映画化したラブストーリー。 双子の兄妹の禁断の恋を描いている。 双子の兄妹の頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は、同じ学校に通う高校三年生。幼い頃から郁は頼に淡い想いを抱き続けて...
「僕は妹に恋をする」 たぶん若い子たちは共感できるんですよね・・・ (はらやんの映画徒然草)
昨日の映画「それでも僕はやってない」から「ボク」つながりでこの映画を観てきました
僕は妹に恋をする(映画館) (ひるめし。)
その時、世界は残酷なほど美しく見えた。
僕は妹に恋をする (八ちゃんの日常空間)
BOKUHA IMOUTONI KOIWO SURU [シネマイクスピアリ/SC14/ポイント観賞で] 公式サイト 『その時、世界は残酷なほど美しく見えた。』 イクスピアリでの観賞は虹の女神以来久しぶりです。この時でスタンプが6個たまったので、どうせなら、モンスター・ハウス REAL-Dと...
「僕は妹に恋をする」俺、嘘ついちゃったな。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
青木琴美・原作の同名コミック「僕は妹に恋をする」(禁じられた恋に身をやつす双子の兄弟の障害を乗り越えてをも純粋な思いを貫こうとする恋心を描いたストーリー)を「blue」の安藤尋監督が映画化。主人公・頼
『僕は妹に恋をする』 (京の昼寝〜♪)
その時、世界は残酷なほど美しく見えた。   ■監督 安藤尋■脚本 安藤尋、祢寝彩木■原作 青木琴美■キャスト 松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏、浅野ゆう子、岡本奈月□オフィシャルサイト  『僕は妹に恋をする』  双子の兄妹、頼(松本潤)と郁(榮...
僕は妹に恋をする (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2007年1月20日 配給:東芝エンタテインメント 監督:安藤尋 出演:松本潤,榮倉奈々,平岡祐太 鑑賞日:2007年1月20日 MOVIX三郷 シアター2(座席数141) 【ストーリー】 高校3年生の双子の兄妹、頼と郁は幼い頃、結婚...
僕は妹に恋をする (頑張る!独身女!!)
この作品を“純粋と言えば純粋なのかなぁ?でも不純と言えば不純”のような気がする。
僕は妹に恋をする (映画鑑賞★日記・・・)
2007/01/20公開 PG-12製作国:日本監督:安藤尋原作:青木琴美 『僕は妹に恋をする』(小学館刊)出演:松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏双子の兄妹、頼(より)と郁(いく)は同じ学校に通う高校3年生。幼い頃は結婚を約束するほどの仲良しだった。しかし最近...
意外と深い。『僕は妹に恋をする』 (水曜日のシネマ日記)
2007年1月に劇場公開された映画。 大ヒットコミックを実写版映画化した作品です。
『僕は妹に恋をする』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高校3年生の双子の兄妹、頼と郁は幼い頃結婚の約束をするほど仲よしだった。しかし最近、頼が郁に冷たい。ある夜、ベッドで眠る郁に頼がキスをした。驚く郁に頼は、思いを打ち明けるのだった・・・。感想この映画の率直な感想は高三ならもっと勉強しろこの作品は...