ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

監督・ばんざい!

2007-06-06 22:57:07 | 映画2007
 自虐的ネタ不足作品?

 思いっきり映画を楽しむとか、監督のメッセージを理解しようとか、そうった普通の映画を楽しむ世界とは異次元に存在するかのような作品でした。同時上映の短編『素晴らしき休日』がネタとしては古くても、北野監督自身の『Kids Return』の劇中台詞を上手く利用したところが面白かった。ここで掴みはOKという気分になるものの、本編がどうしようもない。「ギャング映画はもう撮らない」と宣言したために、新たなるジャンルを模索しつつ、彼のスタイルに合わないことわかるということの繰り返し。小津風作品、恋愛映画、ホラー映画、SF映画等々・・・結局は暴力描写から抜け出せないジレンマまで感じてしまいます。

 あれこれ試行錯誤するうちにネタを思いついて、岸本加世子と鈴木杏の親子が玉の輿に乗ろうとするストーリーへと展開する。ラーメン屋で丼の中にゴキブリを入れたり、当り屋にチャレンジする母娘の小ネタまでは良かったけど、江守徹や東大泉道場の部分から徐々に面白くなくなってくる。どうしようもなくなってくると、得意のコントを取り入れて、なんとか集中力を保たたせようともしていました。こうやって、つまらなさをとことんまでアピールして、監督業や映画作りがいかに大変なのかを訴えているようにも思えます。

 そして、映画の作り、特にフィルムの編集・カットバック、それにどうでもいいようなCGを利用したりして、これからの映画人にヒントを与えているような優しさも感じられる。それでも数度登場するマトリックス風特撮はしつこく感じられるし、このパロディは本意ではないのでしょう。「こんなの簡単にできるような時代になったんだから、お前たち上手く作れよ」とでも言いたいのか、映画の後継者が欲しくなったのか、とにかく、一貫性があまり感じられない作品でもありました。

 今まで北野作品が好きにはなれない理由もわかった気がします。ギャング映画に代表されるように、各キャラクターの性格設定が典型的、画一的、個性がない(笑いのための個性はある)・・・監督の日常生活は知りませんが、周りには自分の笑いを認めてほしい人たちばかりが集まってくるのでしょう。それが色んなジャンルにチャレンジできない原因なのか、プロットや映像にこだわりすぎるの原因なのかはわかりません。でも、この映画のように自虐的に壊れてくれると、監督にはもっと頑張ってもらいたくなる・・・

★★・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そのときは彼によろしく | トップ | 女帝 エンペラー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は北野作品好きですけれどね (PGM21)
2007-06-06 23:22:20
何時もお世話になっております。

今作は前作よりは内容的には良かったんですけれど、やはり北野作品は好き嫌いの差が出易いのは否めないでしょうね。私は北野作品を映画作品としてかなり評価しているので映画をあまり観なかった時でも北野作品は劇場に足を運んだ位ですから北野武という天才に魅せられている感じです。
内容的に確り描くところは描きながらもお笑い要素を忘れないのはさすが北野監督ですね。北野作品の常連も多数出ていましたし、そこに今回は鈴木杏、内田有紀、木村佳乃らが融合したという感じです。そこにたけしの弟子を数多く登場させるのは弟子思いな面もあるでしょうね。
まあ以前井手博士からTBを頂いているので下手に筋の通らない批評は避けるようにしていますけれどね。
北野作品 (kossy)
2007-06-12 07:55:19
>PGM21様
前作よりはわかりやすいので良かったと思います。自分の作った映画が上手くいかないことで、日本映画全体が落ち目になることを憂慮しているかのような映画でした。

俺は元々ギャング映画が苦手なので、最初から北野作品には溶け込めませんでした。でも半分以上は見てます(笑)
使いやすい俳優とか相性のいい俳優がいるんでしょうね。常連では大杉漣が好きですね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「監督・ばんざい!」北野ワールドの真骨頂をみた世界の北野監督万歳ストーリー (オールマイティにコメンテート)
2日公開の映画「監督・ばんざい!」を鑑賞した。この映画は北野武監督2年振りの新作で、北野監督が映画制作に当たり色々苦悩する様と作品の面白い描き方を描いた北野ワールド全開の映画である。作品としては色々なシーンが多数登場し、お笑い要素あり、ジーンとくる要素...
『監督・ばんざい!』舞台挨拶@キタノ・タイムズスクエア (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今月は気になる映画&舞台挨拶目白押し被ってるのもあるし、完成披露試写会が当選すればいいけど、うまくやりくりして何本行けるやら・・・今日は「そのときは彼によろしく」「大日本人」も同時公開だが、長澤まさみの同じような演技にも飽きたし、坊主頭の人の映画には全...
映画「監督・ばんざい!」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
赤トンボの羽を取ったらアブラ虫、ギャング映画を封印したらギャグ映画、あのコマネチは見せなかったけど、これはもう十分、北野武の本領発揮だよね・・ 前半は、自分でボケて自分でツッコミいれるという、あきれてしまうようなパターンで、少々忍耐が必...
監督・ばんざい! (シュフのきまぐれシネマ)
監督・ばんざい!  6/2(土)@シネセゾン渋谷 ? 監督、脚本:北野武 出演:ビートたけし/江守徹/岸本加世子/鈴木杏/吉行和子 配給:東京テアトル/オフィス北野 ? 公開日に観ておかないと、来週になったら見る気無くなるかも?! と思ったのでパイレーツ展
監督・ばんざい! (Akira's VOICE)
自身の作品と,今の邦画界を冷静に見つめて, 蹴りを入れるバラエティムービー。
監督・ばんざい! (そーれりぽーと)
北野武監督の映画って、どれ一つとして最後まで観た事が無いんですよね。 肌に合わないというか、つまらんというか、面白くないというか。 彼の映画のどこに対してカンヌが評価しているのかさっぱり理解できなくて。 とりあえず話題作の場合は興味も出てくるので、DVDを借...
北野武監督「監督・ばんざい!」公開初日に映画館に行きました。 (Kashiroman's BLOG "ブログの王子様")
北野武監督の「監督・ばんざい!」を公開初日で見に行ってきました。
監督・ばんざい! 評価額・620円 (Blog・キネマ文化論)
●監督・ばんざい!を鑑賞。 映画監督のキタノが、得意ジャンルのバイオレンスを封印
The Great Dictator / 「独裁者」のチャップリンの演説完全版! (英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ])
Speaking of Chaplin, I remember Mr. Nagaharu Yodogawa. Yodogawa loved Chaplin so much. I was also impressed by "Limelight" and "City Lights". But my best of Chaplin was “The Great Dictator”. I was impressed by a speech for six minutes of the last in ...
監督・ばんざい!(6/2公開) (第八芸術鑑賞日記)
 6/1、キタノ・タイムズスクエアにて鑑賞。5.5点。  はじめに自分の立ち位置を述べておくと、俺は北野映画が好きだ。どのくらい好きかというと、たとえば「映画史上の偉大な監督を十人挙げよ」と問われたら、メリエス、グリフィス、エイゼンシュテイン、チャップリン、...
監督・ばんざい!(映画館) (ひるめし。)
映画を愛する全人類に捧ぐ
監督・ばんざい! 完成披露プレミア試写会 (メルブロ)
監督・ばんざい! 上映時間 1時間44分 監督 北野武 出演 ビートたけし 江守徹 岸本加世子 鈴木杏 吉行和子 内田有紀 評価 4点(10点満点) 会場 お台場シネマメディアージュ スクリーン1(試写会)  舞台挨拶の動画  「TAKESHIS’」の時もプレ...
監督・ばんざい! (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Glory to the Film-maker”監督・脚本・編集=北野武。音楽=池辺晋一郎。撮影=柳島克己。美術=磯田典宏。☆☆☆
映画鑑賞記「監督・ばんざい」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.06.08 鑑賞場所:シネマイクスピアリ  映画を愛する全人類に捧ぐ・・・ 北野武監督が今までのキャリアを吹っ飛ばし、ヒットする映画を作ろうとしたが・・・。 <ストーリー> (公式HPより)  映画監督のキタノ(ビートたけし)は悩んでい...
監督・ばんざい! (週末映画!)
期待値: 53%  北野武監督のギャングじゃない映画。 ビートたけし、江守徹、岸本加世子、鈴木杏 出
真・映画日記(2)『監督・ばんざい!』 (          )
(1からのつづき) 「シネマサンシャイン」を出て西口の「シネマロサ」へ移動。 北野武最新作『監督・ばんざい!』を見る。 思ってたほど壊れてない。 致命的な所でさえ確信的に見える。 要はやる気がない映画だ。 監督キタノタケシ(ビートたけし)は 「ギャ...
【2007-78】監督・ばんざい!(GLORY TO THE FILMMAKER!) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
映画を愛する全人類に捧ぐ ウルトラ・バラエティ・ムービー
監督・ばんざい! (瞼のスクリーン)
オススメ度 ★★★☆☆(2・5) 支離滅裂、と言うと褒め言葉になるのだろうか、監督・ばんざい!このタイトルとポスターは好きです、北野武監督の座頭市も好きです。しかしこの監督・ばんざい!という映画はどうでしょう?バラエティ豊かなオムニバス・コメディなん...
監督・ばんざい! 面白そうです^^& Yuki出演DVDも紹介だ〜 (NATURAL & NEUTRAL Designer & Mistress Yuki)
カンヌやべネチアなどの映画祭を制した“世界のキタノ”こと北野武監督。強烈な作家性と唯一無二の美意識に彩られた多くの傑作を生み出し、前人未到の境地をひた走る彼の13作目の監督作が到着した。全世界が注目する最新作とはーーなんと、すべてのエンターテインメント...
★「監督・ばんざい!」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日鑑賞はたけしVS松本の芸人監督対決。 これは「109シネマズ川崎」に移動して観た2本目。 こちらは監督・脚本が北野武、主演はビートたけし・・・という事になってるのね。
映画「監督・ばんざい!」 (FREE TIME)
北野武監督制作の映画「監督・ばんざい!」を鑑賞した。
「監督・ばんざい!」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・オフィス北野/監督:北野 武) 北野武の監督作品は、衝撃的なデビュー作「その男、凶暴につき」以来、すべてリアルタイムで観ているし、大好きな作家である。 個人的には、
『監督・ばんざい!』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} →『監督・ばんざい!』(本館) 【監督】北野武 【脚本】北野武 【時間】104分 【出演】 ビートたけし/江守徹/...
「監督・ばんざい!」 感じるのは北野監督の苛立ち (はらやんの映画徒然草)
この映画を観終わって、映画を見た時に感じたことを反芻してみて、出てきた言葉は「苛
監督・ばんざい! (日々徒然ゆ~だけ)
 「ギャング映画は二度と」じゃなく「しばらく映画は」撮らないにして,少し休めばよいのである。この人の場合は,意欲やネタが沸いてこないのなら,撮る必然性はないのである。
『監督・ばんざい!』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ十八番のバイオレンス映画を二度と撮らないと封印宣言してしまった映画監督(ビートたけし)が、ヒットを目指してさまざまなジャンルの作品に挑むことを決意する。昭和の名匠・小津安二郎風の作品や不得手な恋愛映画SF映画などに挑戦しては壁にぶつかって試行錯誤...
映画評「監督・ばんざい!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・北野武 ネタバレあり
「監督ばんざい!」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「監督ばんざい!」 ん~~~たけちゃん・・・(T_T)/~~~。 この映画をどう紹介しろというのだ(笑)!! ギャング映画は二度と撮らないと宣言してしまったこの監督(ビートたけし)。 拳銃もやくざも出てこな...