ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

セールスマン

2017-08-05 02:34:45 | 映画2017
 教師エマッドと妻ラナは上演間近に控えたアーサー・ミラー原作の舞台「セールスマンの死」の稽古に忙しい。壁崩壊により住む家を失った二人は、劇団仲間が紹介してくれたアパートに移り住むが、「セールスマンの死」の初日を迎えた夜に事件が起こった。ひと足早く帰宅したラナが侵入者に襲われたのだ。警察に行こうとラナを説得するが、表沙汰にしたくない彼女は頑なに拒み続ける。犯人はいかがわしい商売をしていた以前の住人だった女性と関係がある人物だと確証を掴んだエマッドは自力で探し出すことを決意する・・・

 慌てて逃げた犯人はホロ付きトラックを鍵ごと置き忘れてしまったのだから、自力でも簡単に捕まるだろうと思っていたら、かなりグズグズしていたようだ。また、ラナは頭部を何針も縫う大怪我したので、親告罪じゃなくて、普通に傷害罪として警察に届けるべきだとも思う。イランの住宅事情もちょっとわからず、崩壊しそうなアパートから引っ越ししたアパートも壁が剥がれ落ちてたようにも見えた。

 最大の疑問は、以前住んでた女性がいかがわしい商売をしていたことに関して、単なる浮気とはならず、宗教上(?)法律上(?)重大な犯罪のように扱われていたことです。これによって犯人を呼び出してからの終盤の展開が予測不可能な凄まじいものになっていきます。その娘婿に来るように言ったのに、来たのは爺さん。「娘婿に言うぞ」「やめてくれ」の繰り返し。言い争っているうちに心臓麻痺になる爺さん。トラックまで薬を取りに行き、手尺でむりやり飲ませる・・・もしこんなことで死んでしまったら・・・と、エマッドとラナは逆に窮地に追い込まれるのだ。

 色々と批評サイトも読んでみましたが、ラナがレイプされたと断定している記事が多い。ただ、復讐の度合とか、イスラム教世界での姦淫罪とか、犯人が心臓病持ちの爺さんだったこととか、2人とも血まみれになったことも考えると、未遂に終わった可能性が高い気がする。そもそも商売女を相手にしようとする男が力ずくで・・・と、まぁ、終盤の展開が面白すぎるので、どうでもいい話ですが。


★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重子のハミング | トップ | 心が叫びたがってるんだ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
セールスマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『セールスマン』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、テヘランの小劇......
セールスマン★★★・5 (パピとママ映画のblog)
">「別離」「<font color="red">ある過去の行方」のイランの名匠アスガー・ファルハディ監督によるアカデミー賞外国語映画賞受賞の心理ミステリー・サスペンス。ひと組の...
『セールスマン』 (こねたみっくす)
女は現実に向き合わない生き物。男は現実を許せない生き物。 イスラムの価値観がまだ色濃く残りながらも急速に近代化が進むイラン社会で一組の夫婦に課せられる問い。それは日本......
セールスマン (あーうぃ だにぇっと)
セールスマン@ユーロライブ