ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

西の魔女が死んだ

2008-06-28 02:11:33 | 映画2008
 木村祐一さん、指がナメクジに見えた瞬間が大好き!わいの?

 原作が135万部を超えるロングセラーだということも知らなかったため、宮崎駿作品の実写化だと思っていた。なんとなくスローライフと少女の成長物語だろうと映画の序盤でわかるし、結末もタイトルが示してるんだから・・・と、想像しながら。だけど、最後には思いっきり心揺さぶられました。これほど優しさに満ち溢れた内容だったなんて・・・

 実は南アルプスを背景にした変則三車線の道路の映像を見て、危うく大事故になりそうだったことを思い出してしまいました。なぜか最初から土地や自然に対して感情移入してしまいます。そうすると、不登校の少女まい(高橋真悠)の気持にも溶け込んで、いつしか自分のおばあちゃんの思い出もこみあげてしまい・・・涙腺、やられました。

 “扱いにくい子”とママに言われたショックはおばあちゃんとの暮らしですぐに癒されたまい。数々のハーブ、ラベンダー、野いちごのジャム作り、ケータイもテレビもパソコンもない、すべてがカントリーライフ。ストーリーそのものだってスローペースなのだ。そして、必ずまいのことを褒めてくれるおばあちゃん。実は魔女の家系だと告げられても、自然に受け入れることができる。

 児童文学なんだし、かなり少女向けかと思ったけど、おばあちゃんの言葉にはかなり重みがありました。特に飼っていた鶏が何者かに殺された後、ゲンジ(木村)が犯人だと直感するまいに説く言葉には、人と人との付き合いのマナー以上に憎しみを否定し、反戦平和を訴えていると感じられるのです。

 おばあちゃん役のサチ・パーカーはシャーリー・マクレーンの娘。日本語がぎこちないながらもペラペラなのでまさに適役。高橋真悠は大女優になる素質十分で、第二の蒼井優の雰囲気だ。父親役の大森南朋も意外とツボ。そして手嶌葵が歌うテーマ曲「虹」にもやられた。歌詞の中で“虹”という部分に差し掛かると、ちょうどエンドロールで「虹」と出てくるんです・・・狙ってたのか?

★★★★★

朝起きてから寝るまでの時間割が決められません・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡のシンフォニー | トップ | シューテム・アップ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上映は? (ぱたた)
2008-06-28 02:30:03
私も予備知識ゼロで予告とタイトルでファンタジー系だと思ってました。
サチ・パーカーは吹替えじゃないんですね?
しかし!!例によってイオン三川で公開しません。
山形県内は内陸のみのようです。。
まぁ今更7月上旬より「うた魂」を上映する位なので後ほど上映するかもしれません。。

Unknown (シネマ大好き娘)
2008-06-28 06:29:59
先着でスイートバジルの種くれたで~~~~!!
魔女 (祐。)
2008-06-28 06:48:59
魔女は自分で決めるのです。
kossyさんもパチンコ台を自分で決めるように。
kossyさんも早く 魔女 いや、 間男 いや、 魔王になって一日のスケジュールを作成してください。(笑)

高橋真悠よかったですか? ミスキャストではないけれど、私は演技にオーラが感じませんでした。 直感に囚われてはいけないんですが・・
Unknown (悠雅)
2008-06-29 08:30:14
これって、内容、登場するアイテム、キャスティングも含めて、
ほとんど全ての要素が、女性向けだろうと思ってたんですが、
kossyさんの心も揺さぶるものだったこと、
何だか自分が褒められたみたいに嬉しくなりました。

長年生きているけれど、まだまだ未熟さを感じる昨今、
わたしも、おばあちゃん修行に精進しなければならないです。
素敵♪ (たいむ)
2008-06-30 18:51:36
kossyさん、こんにちは。
私も大好きですお、こういう作品!

>手嶌葵
「ゲド」の歌も絶妙でしたが、こちらも見事なまでに世界観のまんまでしたね。
森にはトトロの森を彷彿した私です。
このような表現はもはやアニメでしか出来ないかと思っていましたが、ホンモノはやはりホンモノでした(^^)
清里~。 (Ageha)
2008-07-03 13:29:06
西の魔女のロケ地、1年ほどそのままで
一般公開されてるようですね。
「8月のクリスマス」でわざわざ富山石川へ出かけた
ワタシとしては、実物が見たいです~~
(またかよ)

ジブリを彷彿とさせる映画でもありましたが
本屋にいる自分としては、
サチ・パーカーさんが
先日お亡くなりになったターシャテューダーさんと
かぶりまくりました。

自然と共に生きるってやりたくてもなかなか・・。
未来を予測する能力より
今ここにある喜びをみつけること。
ある意味届きそうで届かない理想の世界でした。
TBさせて頂きました。 (小米花)
2008-07-03 21:52:05
シャーリー・マクレーンのファンとしては、絶対見てみたい映画だと思いました。
本当に優しさに溢れた作品でした。
おばあちゃんの言葉一つ一つが、心をふんわり包んでくれてちょっとウルウル・・・。

邦画はほとんど見ない私ですが、これは本当に見て良かった~♪と思える映画でした。
トトロの魔女 (kossy)
2008-07-04 08:41:20
>ぱたた様
あれ?公開されてないんですかぁ・・・イオンはこちらでもそうなんですけど、2番館的になってるんだったりして・・・料金変わらずで・・・
でも、会員になるとレイトが1000円だったり、嬉しくなってくるkossyです。

>シネマ大好き娘様
え~~そんなのがもらえたんですか、いいなぁ。
それって食べれるんですか?

>祐。様
このままいけば、第二の蒼井優!と勝手に決め付けちゃいました(汗)
もうパチンコはやめた~~
と毎日心に誓うんですけど、どうしても暇なときは足が向いてしまうようです。勝てないなぁ・・・

>悠雅様
え~~、女性向けだったんですか~?!(汗)
でもでも、おばあちゃんに対する愛は男女の差はないはず。別れるシーンでは息が詰まるほど胸が苦しくなっちゃいましたよ。

俺もそろそろおじいちゃん修行を・・・って、子供もいないのに無理か・・・

>たいむ様
あの丘の上の1本の木。
トトロの森だったのかなぁ。
どこにあるのかも知らないので、なんとなく想像してしまいました。
やっぱり皆さんがジブリ作品を思い出してたことにホッとしています。手嶌葵も相乗効果でしたね~

>Ageha様
ううむ、近場にいるのに「8月のクリスマス」の高岡へは行かなかった俺・・・
でも野イチゴ畑には行きたいな。
この監督って、ロケ地への愛情が感じられる映画作りをしているのかもしれませんね。

自然と共に生きる。
原油高騰、食品も値上げ。エコライフがもてはやされて、そのうちカントリーライフがまたブームになっちゃうかもしれませんよね。
でも映画を観る機会も少なくなるなんて・・・無理かもしれません~

>小米花様
シャーリー・マクレーンの若いころって、とってもキュートですよね~その娘がもうおばあちゃんだなんて・・・
優しい言葉ひとつひとつが、そのまま女の子の人生に影響を与えるような・・・それも優しい。しつけとは違う言葉がよかったですよね。
こんばんは~! (くろねこ)
2008-07-08 00:25:12
おばぁちゃんの言葉と自然の美しさがみごとに
優しい世界を創りだしてましたね~♪
じ~んとさせられました
でも子どもってやっぱり残酷よね(涙)
まいが去った後のおばぁちゃんを思うと
なんだか哀しくなりますよ~。
彼女だけでなく、いなくならないときずかないこと
って多いんでしょうね~(涙)
子どもとばあちゃん (kossy)
2008-07-10 08:53:00
>くろねこ様
子どもの残酷さ・・・わかります、わかります。なんだか自分にもそんな経験があったというか、あのときもっとおばあちゃんと一緒にいてあげればよかったなどと反省したり・・・まぁ、俺は外孫だったのでしょうがないんだけど。
おばあちゃんの言葉って、どうしてこうも優しく響いてくるんだろ・・・やっぱり愛ですよね~
素晴らしい魔法でした (Aki)
2008-12-02 00:56:22
自然をフル活用した肉体・五感・魂の教育=愛情=素晴らしい魔法でした。
規則正しい生活。丁寧な言葉遣いで話す。じっくり聞く。約束を守る。自分で決める決断力・自主性・計画性、やりとおす実行力を信じ、一緒に行い、見つめ、出来たことは一つ一つ誉める。信じるている・愛していると繰り返し伝える。修行中・未熟で、出来ないこと・限界・許容範囲・ケースバイケース・柔軟性を持たせる。言葉は大人も子供も相手も自分も傷付けると教える。古くない完璧です(涙)。ただ・・イチゴ狩りの約束と・・まいを迎えに来たリョウサンが、母と二人で話しているのに、オバアチャンと呼ぶセリフだけ気になりました。
早っ (kossy)
2008-12-03 08:33:18
>Aki様
もうDVD化されたのですね。
優しい映画でしたよね~もしかすると今の家庭教育に欠けているものを教えてくれるような内容だったかもしれませんね。
Personsøk (Personsøk)
2011-08-28 14:49:46
投稿が優れていると私は私の友人の多くにそれを言及している。私は、あなたが行っていることが仕事のために名誉。どうも有難う
good article (php hosting)
2011-12-29 15:26:58
为您 认购 a good motive 网站, Kor 员的 growth factor 为你 ownership of sentence Kazunobu 其 breath.

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
試写会 「西の魔女が死んだ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
この原作の本は大好きで何度も読んだ(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。) 映画になって映像で観るのは楽しみだったけど、今日は試写会。 しかも自宅で...
西の魔女が死んだ (Memoirs_of_dai)
登校拒否が魔女見習 【Story】 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む...
「西の魔女が死んだ」拒否反応を克服して知った生きる術と魔女の答え (オールマイティにコメンテート)
「西の魔女が死んだ」は梨木香歩原作の小説「西の魔女が死んだ」を映画化した作品で、登校拒否になった少女が1ヶ月間田舎の住む祖母の家で暮らす1ヶ月間で自分を見つめ直していく姿を描いたストーリーである。登校拒否が色々問題視されるが、その根本的な問題を正面から...
『西の魔女が死んだ』 (ラムの大通り)
----これって鈴木香歩原作、 100万部を超えるベストセラーの 映画化だよね。 シャーリー・マクレーンの娘が出ているんでしょ。 「うん。サチ・パーカーね。 2歳から12歳まで日本に住んでいたというだけあって、 その言葉は流暢。 でも、それも含めて感心したのは、 この映...
西の魔女が死んだ (悠雅的生活)
 おばあちゃん、大好き!
「 西の魔女が死んだ(2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【 西の魔女が死んだ】2008年6月21日(土)公開 監督 : 長崎俊一 ...
【西の魔女が死んだ】 (日々のつぶやき)
監督:長崎俊一 出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大友南朋、高橋克実、木村祐一 「魔女が倒れた。 おばあちゃん、ママのママと二年前私は一緒に過ごした時期があった。学校にいることが苦しくて学校を辞めると言い出した時、学校をお休みしておばあちゃん
西の魔女が死んだ/魂の行方  (マダム・クニコの映画解体新書)
魔女役のサチ・パーカーははまり役だ。品の良さと少ない言葉で、温かくて大らかな 祖母を、これ以上ふさわしい俳優はいないだろうと思わせるほど巧みに演じている 。 魔女とは、英語の「ウィッチ」の訳で、「妖術使い」のこと。ウィッチの語源は、古イギリス語の「賢...
「西の魔女が死んだ」みた。 (たいむのひとりごと)
西の魔女はなんて素敵な人なんだろう。自然を愛し、人を愛し、慎ましやかにひとり山奥で暮らす”本物の魔女”に、私も会いたい。タイトルから、最後は最初からわかっていたけれど、いざその時が来るとやっぱり涙が溢
【映画】西の魔女が死んだ (新!やさぐれ日記)
■動機 りょう ■感想 「魔女」が支配する緩やかに流れる優しい時間 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年...
[映画]西の魔女が死んだ (落とし穴には気をつけろ!)
試写会に行ってきました 簡単に言うと、登校拒否の都会の少女まい(高橋真悠)と田舎に住むおばあちゃん(サチ・パーカー)との心の触れ合いのお話です。おばあちゃんの家は、森の中の一軒家で、敷地の中には深い森や野イチゴの原もあったりして、ステキなんです。おばあ...
西の魔女が死んだ (夫婦でシネマ)
ほんのりと泣けるとても素敵な映画でした。児童文学が原作だということですが、大人が見ても充分に共感できて、楽しめる映画になっています。
西の魔女が死んだ(映画館) (ひるめし。)
人はみんな 幸せになれるように できているんですよ
アイ・ノウ。~「西の魔女が死んだ」~ (ペパーミントの魔術師)
サチ・パーカーさんのせりふじゃないですが。 来ましたね。 西の魔女が死んだ (新潮文庫)梨木 香歩新潮社 2001-07売り上げランキング : 14おすすめ平均 著者の最高傑作!ポイントは想像力!?読後感がスゴイ☆Amazonで詳しく見る by G-Tools やっとですよ~。映画化決...
西の魔女が死んだ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  長野の山奥に住む外人のおばあちゃんと、神経過敏症で登校拒否を続ける孫娘の共同生活が始まった。最初チラシを見たとき、てっきり洋画なのだと勘違いしていたが、純然たる邦画なのである。 優しく冷静で淡々としているが、大らかで芯が強く、1人山奥で時給...
西の魔女が死んだ (こんな映画見ました~)
『西の魔女が死んだ』 2008年(日本) 監督:長崎俊一 出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋、高橋克実、木村祐一 梨木香歩の同名ロングセラー児童書を映画化したハートフル・ストーリー。 登校拒否になり田舎に暮らす英国人の祖母のもとに預けられた中学...
「西の魔女が死んだ」 (大吉!)
<木曜日> 試写会に行って来ました。 客層はほとんど女性・・開場の6時半に行ったらもう8割方席が埋っていて、驚きました。 まだ30分以上あるのに、みんな早い!! ”魔女が倒れた、もう駄目みたい・・” 危篤の知らせを受けて、母と共に祖母の家へ向かう”まい...
「西の魔女が死んだ」 あるがままを認める (はらやんの映画徒然草)
世の中が複雑になっているのでしょうか。 それとも人が複雑に考えるようになってしま
西の魔女が死んだ (エリ好み★)
清流のような気持ちいい映画。
「西の魔女が死んだ」を観る (紫@試写会マニア)
今回試写した「西の魔女が死んだ」の主演のサチ・パーカーが、かのシャーリー・マクレーン(「奥様は魔女」ママ!)のお嬢さんで、まさかまさか日本語がペラペラとは・・・。 しかもしかも、この映画の原作が100万部を超えるベストセラーでロングセラーなお話だったと...
『西の魔女が死んだ』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
ほぼ原作どおりの映画化で、よい作品に出来上がっていました。原作を読んだ時は、それほどおもしろいと思わなかったのですが、こうして映画でもう一度じっくり見ると、あらためていい作品なのだなあと、思いました。日常の現実の女の子の学校生活の大変さ。友達がたくさん...
西の魔女が死んだ (ルナのシネマ缶)
原作は100万部の ロングセラーらしいのですが、 未読だったので、 内容はまったく知らずに観ました。 とてもとても素敵なお話で すごく良かったです。 子供の頃の思いと、これからの生き方を 改めて考えさせられました。 中学生になったばかりのまい(高橋真悠...
【2008-150】西の魔女が死んだ The Witch of The West is Dead (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 魔女が倒れた。 もうだめみたい 人はみんな 幸せになれるように できているんですよ
西の魔女が死んだ (映画) (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
 梨木果歩の原作が好きだったので、見たいと思っていた作品。  とはいえ、原作の内容はすっかり忘れており、こんな展開だったっけ…といった感じだったのだけれど…。  期待しすぎて見に行ってしまったせいか、そこまですごい感動~!ってほどではなかったのが残...
西の魔女が死んだ (利用価値のない日々の雑学)
この原作が100万部を越えるベストセラーだということを、シネコンで見終わった後立ち寄った書店で知ったが、如何に原作に忠実だったのか、それとも原作を越えられたのかは別として、なんて色々な要素を詰め込みすぎた作品なんだろうかと思った。対比が都会の喧騒(と...
西の魔女が死んだ (★Shaberiba ★)
登校拒否になってしまった少女の魔女修行。それはおばぁちゃんの愛を学ぶことなのでした・・。
『西の魔女が死んだ』 ★★★★・ (じゃがバタ~ 映画メモ)
冒頭から即泣き りょうさんと一緒に涙は頬をつたうのでした、、、風邪が抜けぬので汚鼻もチーン この原作大好きなワタクシ いつもは原作を読んだ後は、映像化にがーっかりなパターンなのですが 今回は、映像化してくれてありがとう サチ・パーカーさんありがとう...
『西の魔女が死んだ』 2008-No45 (映画館で観ましょ♪)
魔女の生活は先日亡くなった ターシャ・テューダー さんの様で。 お庭のレタス・裏山のワイルドストロベリー・ニワトリさんから頂くタマゴ...
【映画】西の魔女が死んだ…映画の評価高。ストーリーの評価は微妙。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この週末は夜勤明け以外では久しぶりの二連休で割とゆったりと過ごせております{/face_nika/} 昨日{/kaeru_fine/}はちょっとした買い物に行った後、昼寝{/kaeru_night/} でインターネット{/pc2/}と実に有意義({/eq_1/})な{/face_ase2/}…いや最近こういうゆったり感に欠...
『西の魔女が死んだ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「魔女が倒れた。もうダメみたい」中学3年生になった少女・まい(高橋真悠)に突然の知らせが届く。魔女とはイギリス人の祖母のこと。まいはママ(りょう)の運転する車で、おばあちゃん(サチ・パーカー)の家へ向かう。2年ほど前、学校に行くのが苦痛になって...