ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ポビーとディンガン

2006-03-07 01:43:57 | 映画2006
 ティナ・ターナーではなくてティナ・アリーナ。母親がやってたクロスワードパズルは完成したのかどうか気になるところです。

 オパール鉱山という珍しい舞台設定。乾いた空気、埃っぽい岩地に青い空。この独特な雰囲気の町そのものがファンタジーを感じさせてくれます。この手の映画では空想上の人物自体がファンタジーとなりがちですが、かなり現実世界を重視しつつ「信じることの大切さ」を謳っている内容でした。

 空想上の人物、ポビーとディンガンが突如いなくなってしまったと心配になる妹ケリーアン。存在を信じているわけでもない家族も懸命に捜索するのですが、他人の鉱山を荒らしたとして父親が訴えられる。オパールを盗ったという事実がなければ不法侵入の罪だけのような気もしたのですが、大多数の町の人々は住人となって間もない家族をいじめ抜く。もしかすると、ポビーとディンガンが実在の人物として現れてこれを解決するのでは?と、ありきたりな展開を想像していると、意外な展開を見せてくれて、心が和んでしまいました。

 妹を真剣に思い遣る幼い兄ちゃんもいいキャラでしたが、イジメや報復といった問題もさらりと味付けして、空想に浸る9歳の少女に優しく現実へと目を向けさせる方法がもっと良かった。まるでカウンセラーの教則本のような最適の選択でした。裁判が行なわれたのは田舎町の簡易裁判所なのでしょうか、扇風機がカラカラと回り、暑そうな室内で住民たちも熱くなり、窃盗や不法侵入といった争点がいつのまにか「少女ケリーアンがポビーとディンガンの存在を信じているかどうか」という争点に変化していきます。映画史上、最も和む法廷モノ映画と言えるのかもしれません。

 それにしても子役が素晴らしかった。スーパーの店長夫妻も良かったし、突然弁護士になったオパール加工のおっさんが素敵でした。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第78回アカデミー賞 | トップ | 真救世主伝説 北斗の拳 ラ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分は (zooquie)
2006-03-07 08:13:40
葬式のシーンで泣けてきました。

荒れた暮らしの中でささくれ立った人々の心も、何かきっかけさえあれば、優しく暖かな心に戻れるのだな、と。
葬式 (kossy)
2006-03-07 08:21:31
>zooquie様

あのシーンは俺も泣いた・・・

信じることの大切さをここでも表現していましたよね。来る、きっと来る・・・

心が洗われる映画でした。
こんにちは (M.)
2006-03-07 11:44:48
お葬式も泣けたけど、昔の恋人を思い出してるママに

アシュモルくんが「今のパパでよかった」って

なぐさめる場面には なんてエエ子やーとホロリ。

きっと人徳者になりますよね、あの子。

パパ (kossy)
2006-03-07 15:21:38
>M.様

父ちゃん、良かった。

今の父ちゃんで正解!

妹、父、母、それぞれに深い愛情を持って接するなんて、簡単にできることじゃありませんよね。

見習おうっと・・・
こんにちは♪ (ミチ)
2006-03-07 19:07:37
こんな片田舎の法廷シーンでさえハズレなしだなぁと感心しました。

あのあたりから加速をつけて良くなっていったと思います。

あのお兄ちゃんにはオパール採掘じゃなくて違うことをやってもらいたいなと思いつつ・・・。
法廷 (kossy)
2006-03-07 22:34:45
>ミチ様

あの法廷って現実もそんなものなのかなぁ・・・機能的には満足できそうですけど、自治体の予算が無さ過ぎですね。ということは税収もあまりない町。ってことはオパールも全然採れてないんじゃ・・・(笑)

やはり夢の町だったんですね。

Unknown (キャスト)
2006-03-08 10:55:09
あの法廷シーンのホノボノさは良かったですね。

なんか自分でも出来るんじゃないか?という気になりましたw

エンディングの空想の友達の絵、「ゆでたまご先生に送る、ぼくの考えた超人」みたいのも混じってて可笑しかったです。
法廷 (kossy)
2006-03-08 12:57:36
>キャスト様

いいですよね~村の寄り合いみたいな雰囲気で。

あんな法廷なら緊張しないですみそうです。



友達の絵は楽しかったです。

俺も小学生の頃、超人図鑑みたいなノートを作ってました。あぁ懐かしい・・・
信じる心 (かのん)
2006-03-09 11:07:42
嘘はいけないというけれど、誰かの心を救ったり幸せにできる嘘は嘘とは言わないのかもしれないとこの作品から教わりました。サンタさんを信じたって別に人に迷惑かけるわけじゃないですしね。法廷シーンから心揺さぶられはじめ保守的な人々の気持ちを突き動かしていく様子にはひたすら感動しちゃいました。
ディンガンのイラストもお願い^^ (COO)
2006-03-09 13:17:03
法廷シーン、判事さんが愛ある審判を下してくれて本当によかったと胸をなでおろしましたよ。。



それと、棺おけの中が気になりました。

蝿が辺りを飛んでるのが妙にリアルで(笑)
信じます (kossy)
2006-03-09 22:59:34
>かのん様

サンタを信じることに喩えるなんてさすがです。この映画では大人もその信じる心に乗っかってるのですが、オパールを追い求めていることと同じだと気づいたんでしょうね~

あの判事さんが一番人の心をわかってたのかもしれませんね。



>COO様

判事さん、ちょっと心配してましたけど、観客と同じ心でいてくれました。俺もホッとしました。

中には何を入れたのかなぁ・・・あの義足らしきものだけかな。ハエはキャンティーにたかってたのかもしれませんね。

ディンガンのイラストは難しい・・・三つ編みの髪とか、男の子には不得意ですもん(笑)
ですねー (更紗♪)
2006-03-10 20:30:43
>映画史上、最も和む法廷モノ映画と言えるのかもしれません。



そうですね。すっかり子供の気持ちを理解する法廷になっていました。

しかしこの裁判長は名裁きでした



私はお兄ちゃんの妹への思いがとてもほほえましかったですわー
法廷 (kossy)
2006-03-10 23:01:04
>更紗♪さま

判事さんは大岡越前クラス?

判決出すタイミングも素早かったですもんね~

誰にも文句を言わせないぞ!ってな感じで。



妹への思い・・・ほんと、素敵でした。
チュッパチャプス (kino)
2006-03-12 01:05:48
前売り券を買ったら、オマケにチュッパチャプス2本

付いてたんです。

その時は意味不明だったけど、映画観終わったら

すごく特別なものに思えました。

お兄ちゃんがポビーとディンガンを探しに行くシーンで

ドキドキしました・・・いい映画です。
RE:チュッパチャプス (kossy)
2006-03-12 09:34:21
>kino様

いいですね~チュパチュパ

ブルーベリー味だと最高です。

映画を観ながら舐めてると目がよくなるような気がします。

妹思いのお兄ちゃんはほんとに良かったですね~
お邪魔します! (ミーナ☆)
2006-03-17 00:45:46
初めまして!tu y mi-na☆のミーナ☆です。

TB有難うございました。



そして、初めまして!と書いたのですが正しくは「初めまして」ではないんです!!

kossyさんのこの【ネタバレ映画館】には以前からお邪魔させて頂いてたんですが、

なかなかコメント・TBすることが出来ず・・・

なので、この機会にkossyさんからTBをして頂いて本当に嬉しい余りです♪

なんとも中途半端な私のブログですが、今後ともよろしくお願いします。
今後とも (kossy)
2006-03-17 00:57:04
>ミーナ☆様

はじめまして。

結構映画を観てるじゃないですか~

これからもどんどんTBしてくださいな♪

単純に喜ぶkossyですので、お気軽にどうぞ。
放火は罪にならないのでしょうか? (Aki)
2009-03-08 15:44:51
精神的なものだから病院では治せないとか、今のお父さんでよかったとか、弁護士を用意したり、鼠の死骸を自転車にひっかけられてもへこまなかったり、お葬式を実行したり、夜中の採掘場に探しにいったり、本当に優しくて、強い、最高のお兄ちゃんでした。
また判決もよかった。

夢を追う父ちゃんを筆頭に、夢想癖の娘、実はオパールが夢という息子。
お母ちゃんのスーパーでの収入だけで生計をたてるのは大変でしょう。
落盤事故や肺癌に注意して、はやく一山あててほしいと思います。

町の人が集まるエンディングは『ペイフォワード』を連想しました。
子供を大切にする文化は、心が温まります。
オーストラリアの真夏のクリスマスは、当たり前なのですが、視覚的に不思議な感覚でした。しかし、蝿の多さは以外でかなり不快。
オパールがでないことや、貧乏より、蝿にギブアップするかも…と思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ポビーとディンガン」 (試写会帰りに)
ポビーとディンガン 読売ホール「ポビーとディンガン」試写会。 原作、脚本ベン・ライス。 フル・モンティ、ラッキー・ブレイクのピーター・カッタネオ監督。 あなたの子供の頃、目に見えない友達、想像上の友人、“イマジナリー・フレンド”はいましたか? 私はとても現実.
ポビーとディンガン (毎週水曜日にMOVIE!)
最初に断っておくと、ボビー じゃなくてポビー (POBBYね)です。ずっと間違えてたので・・ 珍しく前売りを買っていたので、早く行かなきゃと思って今年中に行ってきました。 アシュモル(クリスチャン・ベイヤース)とケリーアン(サファイア・ボイス)の兄妹は、オパ
「ポビーとディンガン」 OPAL DREAM (俺の明日はどっちだ)
舞台はオパールの採掘地として有名なオーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。そこにイギリスからやってきたオパールで一攫千金を夢見る父と、しっかり者の母、そして幼い兄妹の一家。そんな家族の中で兄のアシュモルには、悩みがあった。それは妹ケリーアンが、架空の友
夢を信じて 「ポビーとディンガン」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} ポビーとディンガン 妹の空想の友だち2人を兄が探す物語。 ということしか知らなかったのですが、思ったよりも厳しい現実の中で起こった物語でした。 今回はちょっとネタバレがあります オパールを発掘する地域に、いいオパールを発掘するこ
『ポビーとディンガン』 (flicks review blog II)
 ベン・ライスの同名ベストセラー小説の映画化作品。  オパール採掘で一山当てようとやってきたパパを頭に採掘場の町に越してきたアシュモルとケリーアンの兄妹。ケリーアンには
「ポビーとディンガン」@よみうりホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
今日は秀君がお休みなので2人で一緒に試写会に行って来ました。当初は2人で「七人のマッハ!!!!!!!」に行く予定だったのですが、恵比寿ガーデンシネマで上映される映画は試写会の回数が少なく、絶対に見たかった映画なのでマッハは中止。 {/kaeru_en4/}STORY日
映画「ポビーとディンガン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ポビーとディンガン」★★★★ 『フルモンティ』のピーター・カッタネオ監督がベストセラー小説を映画化。目に見えないものを信じる幼い兄妹をハートフルに描く。 オパールで一攫千金を夢見るパパ、それを支えるママ、お兄ちゃんのアシュモル、空想癖のある妹
「ポビーとディンガン」 (eiga★eiga館)
子供の頃誰もが持っていた純粋な心を、ほんの少しだけでも取り戻せるかしら?妹のケリーアンの為に一生懸命自分に出来ることをしてあげる優しいお兄ちゃんのアシュモル。子役がとてもかわいい。
『ポビーとディンガン』 (ラムの大通り)
-----このチラシに 「この物語は、21世紀の\"星の王子さま\"だ。」って書いてあるね」 「うん。それはシドニー・タイムズ誌のレビューだね。 『星の王子さま』ではキツネが 『いちばん大切なものは目に見えない』と言うけど、 この映画では妹ケリーアンが\"目に見えない友だ
ポビーとディンガン (映画をささえに生きる)
文字通り”心暖まる”ハートウォーミング・ストーリー。アシュモル少年役のリスチャン・ベイヤースが素晴らしい。
「ポビーとディンガン」 (るるる的雑記帳)
「ポビーとディンガン」を観ました。 オパールの採掘地である田舎町で暮らす一家4人。11才の長男・アシュモルはパパと共にでっかいオパールを掘ることを夢見る。9才の妹・ケリーアンは空想の中の友達・ポビーとディンガンと遊ぶことに夢中で家族みんなで心配している。.
ポビーとディンガン/クリスチャン・ベイヤース、サファイア・ボイス、ヴィンス・コロシモ (カノンな日々)
劇場へ行ってチケット買うまで、今日が映画の日だったことをすっかり忘れてました。 劇場予告編を観る機会は一度しかなかったんだけど、子供が主人公で、さらに「目には見えない友達のポビーとディンガン」なんてフレーズがちょっとファンタジーがかってる感じがして私の.
ポビーとディンガン (遠い海から来た・・)
原題Opal Dream 公式サイトはこちら オーストラリア・ライトニングリッ
映画 『ポビーとディンガン』 (Death & Live)
『ポビーとディンガン』 2005年 Peter Cattaneo監督  去年の12月に観た。  子供を夢想の世界から引っ張り出そうとする大人と、真剣に夢想の世界の友人を大事にする子供の話。  最後の最後に、その夢想の世界の中にこそ、人々にとってホントに大切なものがある、と分か
ポビーとディンガン (映画日記)
【鑑賞】劇場 2005年11月26日日本公開 2005/イギリス 【監督】ピーター・カッタネオ 【出演】クリスチャン・ベイヤース/サファイア・ボイス/ヴィンス・コロシモ/ジャクリーン・マッケンジー 【原題】“Opal Dream” 【原作】ベン・ライス「ポビーとディンガン」...
『ポビーとディンガン』 (tu y mi-na☆)
Buenos norches. Como esta 『ポビーとディンガン』          内容 宝石のオパール採掘で有名なオーストラリアのライトニングリッジに両親と 9歳の妹ケリーアンと暮らす11歳の少年アシュモル。  ある日、ケリーアンが彼女の空想上の友達 “ポビー...
ポビーとディンガン (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 ポビーとディンガンベン ライス Ben Rice 雨海 弘美 アーティストハウス 2000-12売り上げランキング : 116,743おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools あらすじ/ウィリアムソン家では、家族の分だけでなく妹ケリーアンの友
「ポビーとディンガン」 キラキラ輝くもの (目の中のリンゴ)
子供の頃、アナタには”空想のお友達”がいましたか? この映画は、行方不明になってしまった空想のお友達を探すお話。 オーストラリアのなーんにもない風景にキラキラと輝くものは・・・
ポビーとディンガン (ひとりごと)
9歳の女の子、ケリーアンの唯一の友達は、空想の中にいる「ポビー」と「ディンガン」の二人だけ。実在しない彼らの存在を、ケリーアンだけは頑なに信じていた。 ある日、ケリーアンが「ポビー」と「ディンガン」がいなくなったと騒ぎ出す。その時から、家族に次々と災難が降
『ポビーとディンガン』 (tu y mi-na☆)
Buenos norches. Como esta 『ポビーとディンガン』          内容 宝石のオパール採掘で有名なオーストラリアのライトニングリッジに両親と 9歳の妹ケリーアンと暮らす11歳の少年アシュモル。  ある日、ケリーアンが彼女の空想上の友達 “ポビー...
ポビーとディンガン (とんとん亭)
「ポビーとディンガン」 2006年 豪/英 ★★★ 世界的なオパールの採掘地として知られる、オーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。引っ越してきて1年のウィリアムソン一家は、パパのレックス(ヴィンス・コロシモ) と、ママのアニー(ジャクリ ...
ポビーとディンガン (cinema note+)
ポビーとディンガンOpal Dream 2005年 イギリス/オーストラリア  予告で見るよりさらに良かったです。思わず泣いてしまいました。  最初は空想上の友達の存在を押し通す妹ケリーアンにイライラした。あそこ
ポビーとディンガン(DVD) (ひるめし。)
目に見えない、たからもの
『ポビーとディンガン』 (Sweet* Days)
ポビーとディンガン CAST:クリスチャン・ベイヤース、サファイア・ボイス 他 STORY:オーストラリア、オパールの採掘を夢見るアシュモル(クリスチャン・ベイヤース)の妹、ケリーアン(サファイア・ボス)は、空想上の親友、ポビーとディンガンといつも遊ん...
ポビーとディンガン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
オパール...ていうか、ケリーアン役の子役少女はサファイヤちゃんというらしいw ポビーとディンガンposted with amazlet on 07.04.12日活 (2006/09/08)売り上げランキング: 27606おすすめ度の平均: 人間っていいな。 ★
ポビーとディンガン (Blossom Blog)
ポビーとディンガン OPAL DREAM 監督 ピーター・カッタネオ 出演 クリスチャン・バイヤーズ サファイア・ボイス     ヴィンス・コロシモ ジャクリーン・マッケンジー オーストラリア イギリス 2005
『ポビーとディンガン』'05・豪・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ僕はオーストラリアの田舎町に住む男の子アシュモル。僕にはケリーアンという妹がいる。ケリーアンにはポビーとディンガンという大好きな友達がいるんだけど、僕はそれが妹の作り上げた架空の友達だって知っている。ある日、妹はポビーとディンガンがいなくなった...