ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

Ray レイ

2005-01-30 12:51:19 | 映画2005
 鑑賞中、ジェイミー・フォックスが演じていることなどスッカリ忘れてしまっていた。途中で彼が演じているんだと気づいた時には、あまりにそっくりなので背筋がぞくぞくしたほどだった。

 レイ・チャールズ音楽との出会いは“What'd I Say”からだった。それも本人のオリジナルではなく、吉田拓郎のカバーしたライブ・レコードから・・・。自分で初めて耳コピーしてギターで弾いたのもこの曲だったけど、当時はスティーヴィー・ワンダーなら知っているけどレイは知らなかった。むしろポップな曲を愛聴し、演奏するのはハードロックという青春時代にレイを見直す機会がやってきたのは映画『ブルース・ブラザース』だった。R&Bを好きになるきっかけもこの映画だったし、彼の独特のスタイルを知ったのもこの映画だった。次にレイ・チャールズに触れたのは1985年の「USA for Africa」による“We Are The World”で、この曲はコピーもして内輪のコンサートでレイのパートを歌わせてもらったという経験もある。

 そう言えば、他のミュージシャンが数多くカバーしているため“Georgia On My Mind”が彼の歌っていたと知ったのもかなり後になってからなのだが、同時代的にレイの音楽を聴いてきたのではないことが残念でしかたがない。もし知っていたなら、映画にも登場する’79年の出来事に感動できたんだろうなぁ。

 映画を見終わったとき、時間が152分もあったことに驚いた。若干長いと感ずるが、知っている曲が流れると時間が経つのを忘れさせてくれます。曲に飽いたらジェイミーの演技を注視するなど、見所がいっぱいあったからだ。妻の目を通して麻薬を中々断ち切れない苛立たしさも伝わってくるし、複数の愛人とツアーのため家庭に戻らないことへのもどかしさまでもが伝わってくる。そして、随所に散りばめられた幼少時代のトラウマと戦うレイの心が暗闇の中で響いてきた。音楽が好きならば、どっぷりとレイの歌に浸り、ジェイミー・フォックスの演技に惚れこんでしまう、至福の時間を過ごせるはずだ。

 映画の余韻が未だ残ってはいるが、彼の恋愛、苦悩、そして人生のエッセンスが詰まっている音楽をしみじみと味わってみたくなった・・・訳詞付きで・・・

★★★★★(クインシー本人が出てくれば6点上げたくなる・・・)
レイ@映画生活 -->
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (48)   トラックバック (96)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビハインド・ザ・サン | トップ | オペラ座の怪人 »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (まさやん)
2005-01-30 14:40:47
うまくレイ・チャールズを演じていましたね。

それよりもレイの女性関係にも注目してしまいましたね。

自伝というと美しい部分ばかり見せる自伝作品もあるけど、この作品はレイの陰の部分も描いていましたね。
陰の部分 (kossy)
2005-01-30 14:47:08
早速のお返事ありがとうございます。

マイナスイメージの部分がかなりありました。

これはレイ・チャールズ本人がぜひ入れるようにと熱望したようですね。

真のレイを知るためにはぜひ必要なこと・・・ですもんね。

いいなぁ。。。 (よしさま)
2005-01-30 15:28:05
早くみたいんですが

公開は2月19日なのでまだまだ先です><



こういった実在の人物を題材にした映画だと

美化され勝ちですが

この映画に関してはレイの弱い部分、マイナスの部分がちゃんと描かれていると何かで読みました



待ちくたびれるっす><
Georgia On My Mind (nikidasu)
2005-01-30 15:28:13
もしかして読み間違えているかもしれませんが、「“Georgia On My Mind”が彼の曲だと知った」とありますが、この曲はレイ・チャールズが作曲したものではなくホギー・カーマイケルHoagy Carmichael というほかにも「スターダスト」とかも作曲した人の手によるものです。ちなみにこの人、昔々TVドラマ「ララミー牧場」にもレギュラー出演していたとか。

一応参考までに。
Georgia (kossy)
2005-01-30 18:20:33
>よしさま様

何も流行に乗らなくても大丈夫だと思います。

ただ、オスカー授賞式の前に見ておきたいですね♪



>nikidasu様

ご指摘ありがとうございます。

かなりあやふやな書き方をしてしまって反省しております。何しろ自信がなかったものですから・・・今、調べたら確かにそうです。てなことで“歌っていた”と訂正させていただきました。。。。



こんにちは。 (もえ)
2005-01-30 19:47:12
はじめまして。

TBありがとうございます。

確かに、映画は長かったですね。

でも音楽がたくさん盛り込まれていて、ノリノリになりながら最後まで観れました。



いろいろと考えさせられる映画でもあります。
TBありがとうございます! (>ツボヤキより)
2005-01-30 19:49:02
あはははは~~受けました。クインシーですね、ちょっと。。。老け過ぎか、と(苦笑)。お気持ちはわかります。

で、演じてた彼も若手有望株で良かった。クインシーって結構若い頃からキュートだった。才能があって、憎めないやつだったのも彼の出世のコツ。良かったでしょうね。

楽しかったですよね。うまく作ってありましたね。

ジェイミー・フォックスの出来は素晴らしいです!

“Georgia On My Mind”オリジナルもいいですよ。

TBありがとうございます (MonDreamWorks)
2005-01-30 22:19:03
この映画ほど観て良かったと思わせてくれた映画もめずらしいです。天が与えた才能という本物を魅せてくれた感じがしました。
クインシー (kossy)
2005-01-31 10:54:43
>もえ様

ほんと、ノリノリでしたねぇ~

俺が観た回は深夜で人も少なく、俺が一番前のほうでした。だから、他の人がノッていたのかどうか・・・

最後は拍手したくなった。



>ツボヤキ様

音楽伝記映画の特徴の一つだと思うんですよ。

カメオみたいに本物のミュージシャンがちらっと演奏するようなパターン・・・

一番好きなのは『ベニイ・グッドマン物語』のライオネル・ハンプトン。『グレン・ミラー物語』『五つの銅貨』のサッチモもいいですね。

と考えていくと、ピッタリくるのはクインシーしかいないんですよね・・・・



>MonDreamWorksさま

本物・・・だったんですよね。本物。

もう乗り移ったかのようでした。
TBありがとうございます <(_ _)> (ericla_tone)
2005-01-31 16:21:43
TBでこの映画を見たみなさんが

こうして集まって語れるっていいですよね^^



音楽が流れる場面ではほんとに拍手をして

しまいそうな勢いでした

音楽ファンなら絶対楽しめる映画ですね
TBありがとうございます (tkawamu)
2005-01-31 22:18:23
152分もあったとは、気が付きませんでした。

レイ・チャールズ本人になりきった演技に、終始圧倒されっぱなしでした。
こんばんは (カヌ)
2005-01-31 22:55:05
「コラテラル」の時から見たくて仕方なかったのですが、ジェイミーやってくれました。ライブも臨場感があって最高でしたよ。
TBありがとうございます。 (くまぷー)
2005-01-31 23:39:23
寄らせていただきました。

皆さんと同じように、ほんとにジェイミー・フォックスの演技には圧倒されました。

他の人が演技してるようには見えなかったですよね。

まさにレイの音楽とジェイミーが一体化してました。



麻薬更正後は端折られてましたが、そんなに安寧ではなかったような記憶があります。

2時間半が短く感じましたが、実際まだまだ波乱の人生だったんですよね。
映画ファンも音楽ファンも。 (kossy)
2005-02-01 09:31:11
>ericla_tone様

映画ファンが映画ごとに掲示板で語る・・・

大手のレビューサイトもありますけど、

BLOGのほうがほのぼの感があっていいですよね。

この映画だったら、音楽ファンとの交流も・・・



>tkawamu様

この長さは後になって驚くんですよね~

「ジェイミー・フォックスが演じてるんだよなぁ」と何度も途中で気づくのですが、そのうち本人が演じていると錯覚してしまう・・・不思議な感覚でした。



>カヌ様

そうそう、『コラテラル』の時点で才能を発揮しましたよね。ジェイミー自身が演奏したり歌ってるところもあったようですが、さっぱりわからりませんでしたね・・・(汗)



>くまぷー様

確かに麻薬から立ち直ったあとはスピーディでしたね。

レイ本人からダークな面を強調するような指示でもあったのでしょうか、立ち直って順風満帆な部分は描きたくなかったのかもしれませんね。



TBありがとうございます (くまぷ~)
2005-02-01 18:23:31
同じHNでコメントがあったのでびっくりです。

僕の場合は語尾が~です。

生前、レイが福岡へ来たときに、愛人が福岡にもいたという話を聞いていたので、映画をみて、妙に納得しました。



ほんとに。 (cocoa)
2005-02-01 19:13:55
映画好きも、音楽好きも、レイ・チャールズ好きも、

みんなが満足できる作品でしたね。

なんとも贅沢な感じでした。

ジェイミーがあまりに自然で、圧倒されますね~。

彼は3歳からピアノを始めて

実際にレイと共にピアノを弾いてこの役をもらったらしいですね。

すごいなぁ。ほんと。
TBありがとうございました (Aya)
2005-02-01 23:48:36
初めまして。TBありがとうございました。

ジェイミー・フォックスの演技には私も圧倒されました。

久しぶりにエンドロールが終るまで見た映画でした。
Unknown (kiki)
2005-02-02 21:12:16
毎度、トラバありがとうございます★

私も音楽をかじっている者としてこの映画を

観ないわけにはいきませんでした。

はっきり言って映画なのか、現実なのかが

わからなくなるくらいの密度の濃さは驚きました。

長い上映時間なんてほとんど気にならなかったですね。
TBありがとうございました (chiharu♂)
2005-02-03 00:02:34
初めまして。TBありがとうございました。

ジェイミー・フォックスがレイ・チャールズにそっくりだと言う、解説を見て興味をもったのも、この映画を見に行った動機のひとつです。生前のレイ・チャールズを彷彿とさせるものがありました。これからレイ・チャールズを思い出すとき、ジェイミー・フォックスを思い出さなければいいのですが(;´_`;)。
ジェイミー (kossy)
2005-02-03 00:40:53
>くまぷ~様

くまぷー様とくまぷ~様ですね!

今後注意深くHNを確認したいと思います。

福岡にも愛人・・・そんな話もあったのですね(笑)

一体何人愛人が??



>cocoa様

3歳からのピアノプレイヤー!

映画の中でも運指は完璧でしたね。

実際に弾いた音もあるんでしたっけ?

エンドロールでのperformed by というのは、歌なのかピアノなのかわからなかったし・・・



>Aya様

エンドロールもよかったですよね~

もっとじっくり見たかったです(笑)



>kiki様

現実のドキュメンタリーと俳優の演技。

ほんとに錯覚してしまう映画でした。

時間的にはまだまだOKだったので、ラストをもうちょっとゆっくり描いてほしかったですね。



>chiharu♂様

そっくりさんになるためにもかなり努力したようですね。

子供と愛人は多すぎ・・・

遺産問題とか大変そうですねぇ。
Unknown (えむ)
2005-02-04 01:34:47
トラックバックありがとうございます。

私も若干映画ながいなあ、と思いました。

でも、レイチャールズの音楽が楽しめるし、彼の生涯も知ることができて、見てよかったと思いました。

映画って、自分が知ることがないような世界を見せてくれて、おもしろいですよね☆
Unknown (wakana)
2005-02-07 18:45:51
TBありがとうございました。

映画館から帰ってきていろんな人の感想を読んではじめて長かった事を知りました。

それくらい私には楽しい映画でした。



時間 (kossy)
2005-02-08 08:58:00
>えむ様

普通に生きていたら体験できないこと。

映画はそれを疑似体験させてくれますよね。

ほんの一瞬でも人の人生を味わえると最高ですね。



>wakana様

時間を忘れさせてくれるっていいですよね。

最近長い映画が多いので、このくらいは大したことなかったですよね~♪
TBありがとうございました (こまち)
2005-02-08 17:06:17
アレキサンダーの記事にTBありがとうございました。

こまちはまだ「Ray」見てないのですが、ゴールデングローブ賞のジェイミー・フォックスに感動したので、受賞コメントを書き出してみましたよ。

映画もぜひ近いうちに見ます!

ブラック・ミュージックにあんまり詳しくないので、ちゃんとは理解できないかもしれませんけど。

受賞コメント (kossy)
2005-02-09 09:53:24
>こまち様

ええ、読ませていただきましたよ。

授賞式の映像が甦ってくるようでした。

徐々に涙目になってくるジェイミーが印象的だったなぁ・・・この感動シーンを2月28日にも味わえますように
Unknown (祐)
2005-02-13 06:19:06
Ray 見てきました。

2時間30分の演奏 楽しめました。Rayは あまり知らないのですが、ところどころで聞きなれた音楽などが有り 楽しみました。 良かったです。
確かに考えさせられる映画でした (うー)
2005-02-14 18:56:39
マイナスイメージも隠さず描いているのはすごいですね。

麻薬の怖さも、それに頼ってしまう弱さも完全ではないにしてもわかる。

そして自分は負けないように、と思える。

アメリカ映画は黒人白人問題がどうしても身近に感じられず、たいていの場合黒人が白人に対して自虐的なギャグを言ってたりするのに反感を覚えてしまうのですが、

この映画では正面から差別をなくすために黒人のほうから働きかけている、というところに共感できました。

ガラス瓶のイメージ映像とか古いピアノとか、美しいシーンもたくさんあって、ほんとうに長さを感じさせない映画でしたね。

サントラも聴き甲斐がありそうです。
Unknown (るるる@fab)
2005-02-14 20:10:28
実際はもっと女関係も酷かったし、関係者もバシバシ切ってたみたいだし、マイナスイメージはもっとあったのでしょうね(笑)。

ヘロイン療養などは周知の事実で、むしろ切りようがなかったのだろうなぁという気がします。

それにしても立派な母親だった、あの母あってこそ!
Unknown (プチネコ)
2005-02-16 14:06:52
はじめまして。

TBさせていただきました。

よろしくお願いいたします。



「ソウルの神様」は、人間味あふれた人物でした。だからこそ、みんなから愛されているんでしょうね。





マイナス (kossy)
2005-02-16 21:09:52
>祐さま

俺もそんなに知ってるわけじゃありません。

悪い部分なんて知らないことが多かったですからね~

『ブルース・ブラザース』は見たことありますか?

俺にとってのベスト・ムービーです。



>うー様

サントラというかデュエット集がグラミー獲得でしたっけ?真剣にはニュースを読んでないもので・・・

マイナス・イメージに関して、これが無ければ単なるサクセスストーリーですし、つまらない映画になっていたでしょうね。



>るるる@fab様

色んな悪い部分がありましたけど、罪をもみ消すってのが一番酷いと感じました。

それでも映画で告白してるのですから、すごい勇気ですよね・・・母親の演技も良かったぁ~



>プチネコ様

こちらこそよろしくです。

人間味あふれるからこそ神様となり得た。

音楽の革命児でもありましたもんね。
良くわからない (PYO)
2005-02-22 16:48:41
オープニングは最高!

サブテーマは人種差別かな?

身体的マイノリティを乗り越えて行く?

やっぱり誤魔化す人間も存在し、なるほどって感じかな・・・ストリーは何か、物足りなさが残るかな?

人種差別が全面に出てくると重苦しい感じになるので、これで良かったのかも・・・

だから受けるため、ヒットするためには仕方ないのかなぁ・・・・曲は最高、イメージが伝わる。そうか音楽映画なのか・・・ひねくれすぎなの・・・
伝記 (kossy)
2005-02-22 22:21:55
>PYO様

実話中心の伝記だと思えば、ストーリーが弱くてもしょうがないですよね。

人種差別の問題やドラッグや裏取引のダークサイドを取り入れなければ、単なるサクセス・ストーリーとなってしまいますし、つまらないですもんね。

これからも伝記映画がどんどん公開されますが、純粋な映画の楽しみを忘れない作りにしてほしい・・・
TB Thanks! (potosu)
2005-03-03 23:32:53
★ TB有難うございます。

この映画は、本当に良かったですね。

見た後は、何か充実感が有って満足・満足です。
充実感 (kossy)
2005-03-04 19:02:03
>potosu様

コメントありがとうございます。

感動させるぞ~~って映画ではないので、そこが良かったですね。

感動してやるぞ~って意気込むと、逆にダークな面を見せ付けられたりして・・・このあたりが上手いなぁ。
アッ!という間 (shimo)
2005-03-13 23:11:59
ホントにアッ!という間の152分でした。

波乱に満ちたレイの生涯。

“天才”と呼ばれる人は、良くも悪くも普通じゃないんだなぁ…と思いました(^_^;)
音楽好きなら (kossy)
2005-03-14 00:19:32
>shimo様

本当に時間を感じさせませんでしたね。

音楽好きの方は皆そうだと思います。

レイの人生はすごいとは思いましたけど、

真似したくはないですよね・・・(汗)
TBありがとうございます! (kaoru)
2005-03-19 19:30:13
旅行から帰ってきたらTBしてあったのですごい嬉しかったです(笑)

私は映画のいろんなところや、レイの音楽も好きになりましたが、特に彼のお母さんとガラスのきらきらしている映像がとても気に入ってます。



そして今度「ブルース・ブラザーズ」見たいと思いました!
ブルース・ブラザーズ (kossy)
2005-03-20 11:31:44
>kaoru様

回想シーンはすごく良かったですよね~

お母さんも子役もいい演技していたけど、

ジェイミーの好演のおかげでかすんじゃいました。

ブルース・ブラザーズはコメディです。

感動できるというものではないですけど、楽しいですよ~
Unknown (kahro)
2005-04-04 00:25:19
はじめまして。

憧れの「ネタバレ映画館」様からTBいただき、嬉しかったです。ありがとうございました。

クインシーの名前が出てきた時、「おっ!」と思った方も多いはずですよね(笑)

今後ともよろしくお願いします。

TBありがとうございました。 (アプリコ)
2005-04-04 01:17:21
時々読ませていただいてきたのですが、

こちらのTBやコメントの多さに圧倒されてしまい、

なかなか勇気がなかったです。

TBいただいてしまいまして、

ホントにありがとうございました。

アプリコはかなり遅ればせながら受賞後に観たのですが、

やっぱりジェイミー・フォックスは凄いって思いました。

やっぱりレイ本人のお墨付きだけあるなぁとしみじみしました。



TBありがとうございます (M)
2005-05-01 09:21:10
このたびはTBありがとうございました。

膨大なコメントと映画の感想の数、

これからちょくちょく読みにきますね。

TBさせてもらいます。
コメントありがとうございます。 (kossy)
2005-05-01 10:09:52
>kahro様

どうも、返信が遅れて申し訳ございません。

クインシーをはじめ、知ってるミュージシャン名が出てくると嬉しくなりますよね~♪

最初はこの映画の全体評価が高くなくて、ショックを受けていたのですが、徐々に評判よくなってきていますね~



>アプリコ様

ありがとうございます。

コメント、TBが多いと逆に楽ですよん♪

受賞後に見ると、また感激ですよね~

納得させられるシーンばかりですもんね。

これからもよろしくお願いいたします。



>M様

こちらこそコメントいただき、ありがとうございます。

一昨日、BS2でレイ・チャールズの特集番組が放映されていたので、うれしくなりました。

どうしてもジェイミー・フォックスの顔を思い浮かべてしまうところも、この映画の影響が大きかったです。
TBさせてもらいました (pretty_kitten)
2005-08-07 00:15:59
ジェイミー・フォックス凄いですねー。

アカデミー賞最優秀主演男優賞、その時は観てなかったので

ジョニー・デップでしょー。と思ってましたが、

…納得です。

幼少期のエピソードも良かったですね。

「ママ、そこにいるんでしょ?」

「なぜないているの?」って。(泣)
主演男優賞 (kossy)
2005-08-07 00:28:17
>pretty_kitten様

すごかったですよね~

まるでRAYが乗り移ったかのような雰囲気でした。

子役も意外と良かったです!

アカデミー賞に子役賞なんてものがあれば、確実に彼に栄冠が与えられたことでしょう。

サントラ買えばよかったなぁ・・・聞きたいです。
恐縮(汗) (RIN)
2005-09-03 10:11:12
恐縮ながら、こちらも「無礼講」でブチ込んだ

一本です。でも、映画館で観ましたし、観たのは

6月です。(滋賀は遅いのです・・・)

「僕の彼女・・・」よりかは、もう少しきちんと

書いています(汗)

でも、これは、リアルタイムで、レイを体験された

方と体験してない世代では、ずいぶん温度差が

出たんじゃないかと思います。でも、リアル体験

してない世代でも、サントラ買いたくなりました。
リアル (kossy)
2005-09-03 11:08:16
>RIN様

リアル体験といっても、

俺はそれほど好きじゃなかった方でして・・・(汗)

どちらかというとS・ワンダー派。

でも、この映画によってレイもいいな~♪という音楽嗜好に変わってきましたです。



レイを体験。

一文字変えたら・・・ちょっとびびった。
レイも観ました! (MISAKI)
2006-02-10 18:09:31
kossyさん

「レイ」もやっと観ました。

「オーラの泉」という番組で江原さんが和田あきこさんにレイチャールズ氏が日本での後継者と言っていると聞いてそうだ!まだ観てなかったと思い出しました。(笑)

横にそれてスミマセン。

レイ・チャールズは正直あまり知らなかったけれど、面白かったです。

「ジョージア」の曲もきいた事はあったけれどこんないきさつがあった事も知りませんでした。

プレイボーイだったんですね。そして麻薬にもおぼれて・・・。

人生の様々な事、酸いも甘いも偏見や幼い頃のトラウマや、いろいろな事を経験したから魂が打ち震えるような歌ソウルが歌えるんでしょうね。



本当にいい作品でした。

本人 (kossy)
2006-02-10 18:38:26
>MISAKI様

麻薬にしろ女好きにしろ、自分の恥ずべき事までも映画にしちゃいましたからね~かなりすごい映画だと思いますよ。去年の『ドミノ』にしろ、伝記の本人が亡くなってしまうというのは、生前に伝記映画を撮るな!という戒めなのでしょうか。不思議なものです。

俺もレイ・チャールズの曲をあまり知らなかったことを思い知らされましたよ(汗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

96 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
Ray レイ・チャールズの自伝 (まさにぃの勝手気侭な独り言)
僕は学生の頃から映画好きであったと同時に音楽キチガイでした。特にブラックミュージックには本当に没頭しました。当時はスティービィーワンダー・ジャクソン5・マービンゲイをはじめとするモータウンサウンドの全盛期でした。レイ・チャールズはその延長で聴いていまし...
レイ ((ほとんど)シネマ日記)
レイ・チャールズの伝記映画。僕はレイ・チャールズがヒットを連発している時代に少年時代を送ったし、今でもCDも持っているのだけれど、レイの人生について殆ど何も知らなかったことを思い知らされました。初期の時代にレイの歌がゴスペルを冒涜しているという非難を受け
映画「レイ/RAY」 (RAKUGAKI)
映画の中のレイ・チャーズルはいつも楽しそうに音楽や女性のとの関係や、そして薬漬け
Ray~レイ・チャールズ~ (元crewもえのエアライン日記)
NYで、「Ray」を観ました。 昨年6月11日に亡くなられた、ソウルミュージックの天才 レイ・チャールズ氏の人生を描いた映画です。 日本では1/29に公開予定です。 私は、音楽にうといので レイ・チャールズが亡くなられたニュースは知っていましたが どう
■Ray/レイ レイ・チャールズ&ジェイミー・フォックス! (ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY)
すっかり遅くなってしまいました。 最近、書き込みの量が多過ぎッ! なんでコイツ削れないのか、バカ~って声が 聞えてきそーで困った困った、デス。 映画『Ray』は、そーいう意味でも 頭抱え込んじまったデス。 要するに、R&B好きなんですワ。 アトランティ
「 Ray / レイ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : テイラー・ハックフォード主演 : ジェイミー・フォックス /ケリー・ワシントン /       / レジーナ・キング /公式HP:http://www.ray-movie.jp/index.php 昨年6月10日にこの世を去った“盲目のソウルの神様”レイ・チャールズの人生を描いた作品...
『レイ』試写会 (loveminus0の“コーヒーをもう1杯”)
 昨年他界したアメリカ音楽界の巨人レイ・チャールズの伝記映画『レイ』見たよん。ドキュメンタリーじゃなくて、レイやその他の人々を俳優が演じているんだけど、ジェイミー・フォックス演じるレイがそっくり。特に体の動きなんか相当研究したと見えるんだわさ。ジェイミー
「レイ」 (俺の明日はどっちだ)
「レイの前に音楽があり、レイの後ろに音楽がありました」 by ボニー・レイット ご存知レイ・チャールズの人生を描いたその名もズバリの映画「レイ」は良くも悪しくもとても真面目な作品だった。 映画の中で初めてアトランティックレコードのスタジオでレコーディングする
Ray / レイ (Pocket Warmer)
邦題:レイ 原題:Ray 監督:テイラー・ハックフォード 出演:ジェイミー・フォ
「Ray」 (ひらりん的映画ブログ)
ソウルの神様、レイ・チャールズの伝記的映画。 公開初日のナイト・ショウで見てきました。 ネット予約しておいたので、またまたど真ん中鑑賞。 定員350名くらいのスクリーンで観客10人くらい。 なのに左隣の席に他人が二人座ったっっ。 3人並んで着席???? もっと
レイ (Groovy Groovers)
原題: RAY 監督: テイラー・ハックフォード 製作: ハワード・ボールドウィ...
Ray/レイ (nao3 blog)
「ソウルの神様」レイ・チャールズ。サングラス姿で身をのけぞらせ、満面の笑みを浮かべて歌うそのスタイル。彼のジャンルはと言われれば、ジャズ、リズム&ブルース、ロックンロール、ゴスペル、カントリー&ウエス...
「Ray/レイ」 ☆☆☆ (とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ)
 ソウルの神様と呼ばれるレイ・チャールズの半生を描いた伝記的な映画「Ray/レイ」を観てきました。 私はレイ・チャールズという人をまったく知らず、その音楽も聴いたことがありません。それなので先入観がまったくない状態でみたのですが、レイ・チャールズは結構ひどい
[012]RAY (M-junkie)
『RAY』を観ました。 オオーっ!怒涛のRAYミュージック攻撃です! この映画はレイ・チャールズの一生を描いた映画ですが、彼の作った曲が次から次へ、これでもか!という感じで飛び出して来るのは圧巻でした。 私はレイ・チャールズの声が好きです。 声はその人そのも
Ray レイ (ムービープレス)
盲目の天才ミュージシャン、レイ・チャールズの人生には、いつも音楽があった レイ・チャールズ・ロビンソンは、弟の溺死によりトラウマを背負い、9ヵ月後、視力を失うが、母は幼い彼を決して甘やかさなかった。1948年、17才でシアトルに出たレイは、「盲目の天才」と評判
Ray レイ ( FOR BRILLIANT FUTURE)
この作品は今やアカデミー賞有力候補として、かなり注目されている。先日のゴールデン・グローブ賞の「ミュージカル・コメディ部門」で主演男優賞でジェイミー・フォックスが受賞 している。 それ以前にも、偉大な音楽業界の大御所として、そして、盲目の天才ミュージシャ
「RAY レイ」 (the borderland)
この映画はジェイミー・フォックスを起用した時点で、成功したと言って良いほど、レイ・チャールズになりきっていた。レイ本人はテレビで見たことがあるぐらいだが、これがレイなんだという説得力を持った演技だったと思う。本当にそれがどれぐらい似てるかは、細かい部分は
「Ray」を見てきた (くまぷーのMurmur)
レイ・チャールズの生涯を描いた映画「Ray」を見てきた。 監督=テイラー・ハックフォード、って他は何を撮った監督だっけ?と思ったら、メグ・ライアン とラッセル・クロウの「プルーフ・オブ・ライフ」。{/face_keibetsu/} なるほど・・・・ で、誰が撮ってもうまくいく
レイ Ray (シカゴ発 映画の精神医学)
 盲目の天才シンガー、レイ・チャールズの人生を描いた伝記映画である。レイは、今年六月に亡くなった。映画の公開は、グッドタイミングだが、製作はそれ以前から進められていたのだろう。  私の感想は、「これぞ、映画だ」。    音楽映画というと、どうしても「音
Ray/レイ (Marさんは○○好き)
贅沢な悩みというか、出来すぎちゃってませんか。 完成度も高く、ストーリーもしっか
映画:Ray/レイ (+(プラス)私考)
28日日比谷みゆき座で行われたRespect for Ray Charies前
Ray(レイ) ★★★★★ (目指せ!映画批評家)
 ここのところ、更新を怠っていたことをまずお詫び申し上げます。試験期間中だったものでこちらまで手が回りませんでした。と、言い訳は抜きにして・・・。新作映画を観てきたので記事を書かせていただきます。  誰が何と言おうと私はこの映画に満点を付けたいと思うので
Ray レイ (1/30 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『ジェイミーフォックスのすさまじいまでのなりきりが神様の真実を伝えてくれる…』  「ソウルの神様」レイ・チャールズ。  もちろん、彼の名前を知ってはいますが、彼の歌に親しんだかといわれると首を横にふらざるを得ません。でも、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞
Ray(レイ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
映画サービスdayの1000円日ということで、「Ray(レイ)」に行きやした。 いつものシネコンではやってなく、普通の映画館での鑑賞。 映画館と呼べるようなものではなかったなー。以前、仕事で行ったことがある某大手企業の役員会議室のほうが広いぞぉ。 フラットな場所に
レイ (「月の風」シネマ日記)
ジェイミー・フォックス主演 エンターテイナー、レイ・チャールズの半生を描いた映画。 弟を自分の目の前で事故で亡くしたり、緑内障のため7歳で失明してしまったことが、人生の中で大きなトラウマになっていることは間違いない。 ヘロインに溺れたりもしている。 し
Ray/レイ (日々徒然ゆ~だけ)
 これねぇ,予告観た時から既に鳥肌モン。何だか密着ドキュメントを観ているような,そんな錯覚を覚えるくらいジェイミ-・フォックス,激似~!!  サクセスストーリーは,アメリカンドリーム的ではあるんだけど,あくまで人間・レイ・チャールズの姿を描いている。
第47号 「レイ」の本当のトラウマは? 「マシニスト」紹介 (「映画の精神医学」資料室)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                                         シカゴ発 映画の精神医学   ●第47号●   2005年2月3日発行                  発行.
Ray (Black Pepper\'s Blog)
レイ・チャールズの伝記映画「Ray」の公開が始まりましたね。 こちらでも何人かの
「Ray/レイ」 ★★★★ (シネログノユクエ)
本年度アカデミー賞6部門ノミネートの話題作。 とはいってもやっぱり一番の注目はレイ・チャールズを演じたジェイミー・フォックスの演技。すでに巷ではアカデミー賞受賞確実なんて騒がれているけれど、その噂は現実のものとなりそうだ。 まあともかく、よくもあそこま
暗闇の孤独が生み出した輝く歌声 (soramove)
「Ray レイ」★★★★☆傑作! ジェイミー・フォックス主演 伝説の人物の映画化はそれだけで興味深い。 それに完璧な演技が加われば、作品は輝く。 1940年代から現代までの,アメリカの黒人の 一代記として見ても完璧な作品となっている。 本人も生前に承諾し...
映画「Ray」に心熱く (Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-)
レイ・チャールズの自伝的映画「Ray」を観た。熱くなった。
☆Ray/レイ☆ ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
ジェイミー・フォックス、評判どおりの素晴らしい熱演・・ というよりも、魂そっくりそのまま‘レイ’になりきっていました。 2時間半という上映時間に、随分と長いんだな~と思って見始めましたが、 終わってみればあっという間。 それどころか、2時間半でも短かったと思
Ray/レイ (映画短歌・せんかいへき blog)
 頬伝う涙の音色が聴きたくて 瞼を閉じて心を澄ます ★★★★ 2004 アメリカ 彼の歩んできた人生が、数々の名曲となり、作り続けなければならない圧迫が、彼を苦しめる。 偉人の伝記としては、あまりにも多くのマイナス要素を含み、だからこそ生々しく人間的。 ジェイ
Ray/レイ (利用価値のない日々の雑学)
ここまで、ゴールデン・グローブ賞のコメディ部門・主演男優賞獲得を初め、全米批評家協会賞・放送映画批評家協会賞の主演男優賞等、賞レースでジェイミー・フォックスの演技は高い評価を受けている。しかしながら、一方で作品賞に関しては、受賞は愚かノミネートすらされて
レイ/Ray (It\'s a Wonderful Life)
この映画のライヴのシーンは、リアリティがあって、 ライヴの演奏する側からの感覚が良く出ていて、映画中のバンドを 映像化したものの中でも秀逸な出来栄え。 でも僕はこの映画に「ノレ」ませんでした。 本質的に音楽の素晴らしさを描いた映画では無かったから。...
レイ (シネマの実)
【好感度】 73% 音楽,恋,そして人生.彼は,生きること全てにおいて天才だった
レイ (シネマの実)
【好感度】 73% 音楽,恋,そして人生.彼は,生きること全てにおいて天才だった
ジェイミー・フォックスが演じるレイ・チャールズ RAY (Audio-Visual Trivia for Movie & Music)
「レイ」 今年、2004年6月10日に73歳で亡くなった盲目の歌手、Ray Ch...
Ray レイ (any\'s cinediary)
“ソウルの神様”と呼ばれ、昨年6月に惜しまれながらもこの世を去ったレイ・チャー
Ray レイ (KINOKANAL)
監督 :テイラー・ハックフォード 出演 :ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、シャロン・ウォレン、レジーナ・キング、アーンジャニュー・エリス、クリフトン・パウエル レイ・チャールズ・ロビンソンは、弟の溺死によりトラウマを背負い、9ヵ月後、視力を
★★★「レイ Ray」観てきました★★★ (★★かずくんままのマネー日記+α(ブログとサーバーに嫌われる日々。。。)★★)
週末はまたサーバーダウンのようで更新できず(涙) しばらく不安定が続くと言われたのですがいつになったらよくなるのやら… 土曜日に「Ray レイ」を観てきました。 今回は自腹です。 優待や懸賞当選品で観ることが多いのですがたまに自腹もあります(笑) ネタバ
Ray (僕の中の世界)
 『Ray』を観た。  この映画は偉大なるミュージシャン、レイ・チャールズの一生を追った映画である。全編を通して歌を歌うシーンやピアノを弾くシーンが多く、音楽が好きな人、特にレイ・チャールズが好きな人にはたまらない映画だと思う。  内容は、盲目の天...
「Ray」  (三食昼寝 映画付)
「レイ・チャールズは音楽界でたった一人の天才だ」     フランク・シナトラ 「Ray」 踊りだしたくなるようなステキな映画 ジェイミー・フォックスがすごい もうレイ・チャールズにしか見えなくなってくる コレ見れるかなぁ レイがジェイミーに決めた瞬間ってヤツ
ジェイミー・フォックス受賞コメント (映画っ娘マチの新作旧作めった斬り!)
ゴールデングローブ賞の授賞式、やっと全部見終わりました! やっぱりアカデミー賞の主演男優賞は、ジェイミー・フォックス(Ray/レイ)とレオナルド・ディカプリオ(アビエイター)の一騎打ちになりそうだなぁ。 ゴールデングローブは、ミュージカル・コメディ部門とドラ
Ray   ☆☆★★★ (復活!映画VSお笑い)
ようやく今年のアカデミー賞関連の作品を見た。 主演男優賞候補のジェイミーフォックス。 アカデミー賞がやはり好きそうな感じやった。 賞獲るかもしれないっすね。 ジェイミーフォックスは『エニイギブンサンデー』や『ALI』で ちょっと認められ、『コラテラル』で何故かか
Ray レイ (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「Ray レイ」の感想です
愛すべき<天才>ミュージシャン-レイ・チャールズ  映画「Ray(レイ)」 (Vickie & Marvin の Music Train)
先日、映画「Ray」を見てきました。200人以上は収容可能な映画館に数十名しか入っておらず少々寂しい感じがしましたが、まあ、映画鑑賞にはこのような状態が最高と思いながら鑑賞。 映画自体は2時間40分という最近少ない長時間の映画ながら長いとは一度も思いませんでした。
「Ray/レイ」DVD大ヒットに見る米映画ビジネスの実情 (シネログノユクエ)
◆◆ News ◆◆ 今月1日に米国で発売されたジェイミー・フォックス主演「Ray / レイ」(\"Ray\")のDVDとVHSの売上は、1週間で8000万ドルに達し、米国内劇場興収の7400万ドルを越えたらしい。また、レンタルビデオでは、清水崇監督「The Juon / 呪怨」(\"The Grudge\")が1週間
Ray/レイ (映画を観たよ)
私はレイ・チャールズという人をほとんど知りません。 知ってることは「天才」と言われていたこと。 和田アキコが尊敬してたことくらいです。 歌ってる姿はこの間テレビで見たのが初めてでした。 もちろん彼の歩んできた人生なんて少しも知りませんでした。 すごい人生だな
「Rey」 (Zionの丘)
「Rey Charles Robinson」 彼の名は「レイ・チャールズ」 R&B COUNTRY シンガーである。 あまりにも有名な曲「Georgia on my mind」や「I Can\'t S...
Ray/レイ ( Tomorrow is another day.~明日は明日の風が吹く~)
R&Bの大御所レイ・チャールズが成功を収めるまでを描いた作品。 女性の私にはショックな部分もありましたが{/kaeru_shock1/}タイミングを掴み、流れにのって成功したのではなく、成功の影には努力と葛藤の日々があるんだというあたり前のコトを気づかされた。 この映画を
レイ(2005) (萌映画)
こりゃ、映画が凄いんじゃなくて、レイ・チャールズという人そのものが凄い! 前半はもろ伝記。なんか「リンカーン」とか「ナイチンゲール」を読んでいる気分になってくる。 とにかくおかーちゃんのアレサ(シャロン・ウォーレン)が天晴れである。まっすぐで厳しく深い。あ
『Ray/レイ』 (京の昼寝~♪)
■監督 テイラー・ハックフォード ■キャスト ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、レジーナ・キング、アーンジャニュー・エリス、シャロン・ウォレン、クリフトン・パウエル、ハリー・レニックス、リチャード・シフ、カーティス・アームストロング レイ・チャー
「Ray/レイ」 (るるる的雑記帳)
「Ray/レイ」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います) 時々ギョッとするぐらいにジェイミー・フォックスがレイ・チャールズに似ていた、本当に。ステージ上で歌い終わった後で立ち上がり、胸の前に手を交差させて天を仰ぎながら観客の歓
Ray/レイ (素直な時間)
あらすじ レイはジョージア州で生まれ、弟のジョージと共に母アリサに女手一つで育て
映画 Ray / レイ (デジタライフ研究所)
この映画はレイの生い立ちとその人生を描いた映画でした。生き方・時代背景、そこから彼の楽曲がこうして生まれた。これを感じ取ることでさらにこの時代の音楽が好きになりました。 この映画には、必ず一度は聞いたことがある音楽が出てくるでしょう。それを期待しつつ予備
Ray (m_review)
私は元々ノンフィクション映画が苦手なので、始め辺りはすごく期待しない感じでのんびりと観ていたのですが、しかし、途中、気付いたら完全にレイの人生に呑み込まれました。 気が付いたら、映画館の肘置きを握り締めて、身体中を強張らせているんですね。 レイの渋
Ray / レイ (我楽多人生)
自分のBlog開くと『呪怨』のポスターが気持ち悪いので、続く13日に見た『Ray / レイ』のレヴューをば。前置きになりますが、僕が最初にレイ・チャールズを知ったのは11才くらいです。子供の頃から映画好きだった僕は『ブルース・ブラザーズ』の中で彼と出会いました。『ブル
Ray。今月のHanaの音楽 (00aa恵比寿美容室 hair Hanaブログ)
映画「Ray」。 先頃亡くなった伝説の盲目アーティスト。マイケルやスティービーなどのモータウンサウンドより前にソウルやR&Bの先駆けとして多くの人のハートを掴んだ偉大な歌手。 ゴスペル(黒人霊歌)を流行のサウンドにしたり、女性コーラスとのデュオなど常に新しい
♪映画「Ray/レイ」 (小仙の徒然日記)
「Ray/レイ」 \"Ray\" (IMDb) 2004 米 パチパチパチ♪ いや~、今年はいい映画ばかり観てます。音楽映画としてだけでなく、人間ドラマとしても楽しめる作品でした。レイ・チャールズはまだ昨年亡くなったばかり。グラミー賞をまた受賞したし、まだまだ話題のヒト。最
大人の映画、『Ray/レイ』 (映画の見方“くるる流”)
昨日、隣のまさやんさんに「『火火』を観てきます!」と宣言した私ですが、気がついたら昨日は土曜日だった。女性の日は金曜日なんです。(涙そこで、『Ray/レイ』を観ることに。予告編を観て、「良さそうだなぁ」とは思っていたけど、「レイ・チャールズの事や、ゴス...
Ray (Teralinの覚え書き)
奇しくもつい先日グラミー賞を受賞したばかりのレイチャールズの自伝的映画。 物語は盲目のレイ(17歳)が一人シアトル行きのバスに乗るところからはじまります。そこから、苦悩しながらも成功への階段を上がっていくさまと、少年時代7歳で失明するまでの映像が交
Ray/レイ (Word Life !)
昨晩、メディアージュで「Ray/レイ」を観てきました。 とにかく、素晴らしかった。 ソウルの神様、レイ・チャールズの人生を綴ったこの作品。 企画・製作には生前のレイ自身も参加し、構想に15年。 いわゆる自伝映画というものは美化されることが多いですが、この作品
RAY/レイ (読む映画)
2004年 アメリカ映画立川シネマシティにて鑑賞~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2004年に惜しまれながら亡くなったレイ・チャールズの伝記映画。盲目の天才ピアニストであり、ソウルの神様と呼ばれたレイの素顔を垣間見ることができて、興味深い作品だった。 純粋に作品の質だけを見
「Ray/レイ」を観た★★★★★ (FindingMovie映画っていいね♪)
もうっ、ジェイミー・フォックスは凄いっっっ!!!本当にレイ・チャールズそのものだった。何の疑いもなく、スッとジェイミーの\"レイ\"の世界に入っていけた。見た目が似てるとか物まねが上手いとかそんなレベルじゃなく、もうスクリーンに映し出される彼の動きや表情、そし..
レイ (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「あんな形で弟を亡くして母親を悲しませて視力を失い、自分だったら逃げ出してたに違いない。最後までそんな想いを引きずらされた。そんな彼が暗闇の中を力強く歩き生きた物語。そこには確かにレイ・チャールズがいた。」 今日4本目は「レイ」です。アカデミー賞ノミネート
Ray (a story)
主演ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、レジーナ・キング、アーンジャニュー・エリス、シャロン・ウォレン 監督・脚本テイラー・ハックフォード 製作2004年、アメリカ 巨人の生涯 黒人音楽をベースに多様な音楽ジャンルを統一してポップスを創り上げた巨人.
Ray/レイ (遠い世界に♪)
この映画はまたしてもロンドンの帰りの機内で観たものです。 やはり全日空にしてよかった! まず、いないと思います。 「Ray/レイ」のオープンニングで流れた 「ホワッド・アイ・セイ」を聴いて吉田拓郎を引っ張り出す人は。 他のブログをチョット見たらキャッ!訂
今日の映画は”Ray/レイ” (わっきぃブログ)
今日の映画鑑賞は、 本年度アカデミー賞主演男優賞受賞ジェイミー・フォックス主演の ”Ray/レイ”です。 タイトル通り、レイ・チャールズ・ロビンソンの壮絶な半生を 全身全霊込めてまさにレイになりきったジェイミー・フォックスが演じます。 子供の頃、視力を失った
--Ray-- (きまぐれ日記帳)
レディースデーなので仕事ちょっと早く切りあげて、映画に。 ずっと見たかった『Ray』 先日アカデミーでもジェイミーフォックスが最優秀主演男優賞受賞したりと話題作!(それより前から見たかったんですけど) その効果か30分以上前に行ったのに、既に「立ち見」。 びっ
Ray / レイ (shimoの音楽&映画鑑賞日記)
 監督:テイラー・ハックフォード   出演:ジェイミー・フォックス     ケリー・ワシントン     シャロン・ウォレン     レジーナ・キング     アーンジャニュー・エリス  \'04年に他界した盲目のミュージシャン、レイ・チャールズ。幼少時の
●Ray /レイ (まぁ、なんつーか。)
監督:テイラー・ハックフォード 出演:ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、シャロン・ウォレン 2004/アメリカ 【こんな話】レイ・チャールズの一生を描いた伝記映画。 【コメント】アカデミー主演男優賞に輝いた理由がよくわかりました。どこから見ても
Ray/レイ (アプリコのシネマ日記)
ソラリアシネマでの上映は終わってしまっていて慌てたけれど、 KBCシネマでの上映が始まっていてホッとして。 そんな調子で、KBCシネマでも上映は一日に2回だけなので、 かなり焦り気味の中、やっと『Ray/レイ』を観ました。 ジェイミー・フォックスの神懸かったあの
Ray~レイ~ (なんで映画っておもしろいんですか?)
レイ・チャールズの伝記映画DVD発売予定日・2005・6・10コラテラルに助演をしていたジェイミー・フォックス主演の映画。私久々に演技というものにソウルを感じました。コラテラルでもこの人はきっと賞をとるだろう。とおもっていたら主演男優賞おめっとう。ぱちぱち。
Ray/レイ (シネマ座椅子)
ジェイミー・フォックス、オスカー受賞作品ってことで話題のコレ。確かにこれはスゴい。アビエイターのレオ様も良かったけれど、これじゃあレオ様受賞逸脱も仕方ないかな。 演技がスゴいのはそうなんだけど、やはり音楽。レイ・チャールズが売れてなくて、盲目なことをいい
Ray/レイ (いつか深夜特急に乗って)
「Ray/レイ」★★★★★(盛岡フォーラム3) 2004年ア
Ray (Extremelife)
「ソウルの神様」レイ・チャールズの波乱の生涯を綴ったヒューマン・ドラマ。盲目のハンデを乗り越え、ソウル・ミュージック界の頂点に登りつめた天才ミュージシャンの実像を描く。主演は「コラテラル」のジェイミー・フォックス。監督のテイラー・ハックフォードと15年前...
『Ray・レイ』 (の~んびり親父のある一日)
TBさせて頂きます!映画館で見たかった!!
Ray/レイ 今年の115本目 (猫姫じゃ)
Ray/レイ   レイ・チャールズ の伝記映画。 ジェイミー・フォックス 、よかったです! アカデミー賞だもんねぇ。 って、レイ本人の事は、よく知らないのですが、、、 さすがのあたしも、スティービー・ワンダーですわ、、、   でもこれって、本.
映画「Ray」(ネタバレ有り) (テレビ局員の独り言・・・)
先般、「Ray」という昨年亡くなったレイ・チャールズの一生を描いた映画を見てきました。僕は、「音楽」には詳しく無く、もっと詳しければ、感動もひとしおだったのでしょうが、演出のテンポの良さ、「コラルテル」の黒人タクシー運転手役をやっていた俳優がレイをやって
Ray (女子大生のかってに広告)
  6/10(Fri)DVD発売開始 <作品紹介> <ソウルの神>と呼ばれたレイチャールズ。 彼の奏でる音楽は、その感性から生まれる サウンドで、ジャンルという壁を越え、 世界のミュージックシーンを導く閃光となった。 しかし、そんな彼のソウル
Ray/レイ (Akira\'s VOICE)
レイ・チャールズにしか見えないジェイミー・フォックスの神懸かり熱演が見事!
ジェイミー・フォックスがレイの魂を伝えた「Ray/レイ」 (映画好き集れ!!)
□■■□□■■□ジェイミー・フォックスがレイの魂を伝えたいやー、ジェイミー・フォックスがアカデミー賞主演男優賞に輝いた理由がやっと分かりました。レイ・チャールズを単に真似ただけではない、彼のもっているカリスマ性、音楽にかけるほとばしる情熱、音楽を追求す...
Ray (リンリン映画倶楽部)
タイトル:Ray 製作  :2004 米 監督  :Taylor Hackford 出演  :Jamie Foxx、Kerry Washington、Regina King、Clifton Powell 盲目の天才音楽家レイチャールズの物語。 偉大な音楽家の苦悩を描いている作品で、 レイはホントいろん.
Ray/レイ (ケイティの映画的生活)
RAY [監督]テイラー・ハックフォード [出演]ケリー・ワシントン     クリフトン・パウエル       あらすじ…   “ソウルの神様”レイ・チャールズの    波乱の生涯を綴ったヒューマン・ドラマ。 感想…  レイ・チャールズの名前はなんとな
Ray (えいがの感想文)
言わずと知れたレイ・チャールズの物語「Ray」 曲と顔は知ってましたが、レイの人生についてはこの作品で知りました。 最初のうちは、「あの時代の黒人」「盲目」という背負っている運命の暗さを感じなかった。 けど、やっぱり根底にはとても黒く暗いものが潜んでいて
無礼講!~映画徒然草~ (凛大姐&小姐的極楽日記!)
ハイ、昨晩、gooさん、またもややってくれました。 サーバートラブル{/hiyoko_thunder/} ということで、今夜は無礼講でごじゃります。{/kaeru_fine/} いえ、ネタ切れではありません。{/ase/} 「チャーリーとチョコレート工場」記念にジョニデ特集を組もうかとも 思っており
『RAYレイ』 レイチャールズin FUSSA福生 (限りなくアメリカに近い福生)
映画レイ観た人いますか?? 盲目の天才レイチャールズの半生を描いたこの作品。 涙流す場面もあれば自分への教訓になる考え方などもあり、 とっても勉強になったこの映画。 アカデミー賞主演男優賞を獲得したジェイミーフォックス の演技がヤバイです。まんま本人で
Ray/レイ (maimai\'s cinema land)
誰もが聞いたことのある名前、「レイ・チャールズ」の半生を描いた映画。私はジャズやR&Bに詳しくないので、レイ・チャールズ自体をただ「すごい人」だっていう印象しかなくて、この映画を見て初めて知ったことが多かった。彼は映画の完成直前に亡くなってしまった。 レ
映画『RAY/レイ』 (BRASILの独り言)
久々に映画の話など。原題:RAY製作年:2004製作国:アメリカ監督:テイラー・ハックフォード出演:ジェイミー・フォックス<内容>ゴスペルとR&Bを融合させ、新しい音楽のジャンルを生み出した、大御所レイ・チャールズの半生を描いた映画。貧しい田舎町で 弟とと...
Ray/レイ (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点さすがにアカデミー賞主演男優賞を受賞しただけあって、レイ・チャールズの半生を迫真の演技で描いています。 作調的には先日観た『アリ』に近いと思います。 レイ・チャールズといえば、盲目でサングラス掛けてて、
WOWOW「Ray/レイ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
レイ・チャールズの生涯をつづった作品。 ご本人の名前と有名な歌くらいしか知らないので、この作品を観て「こういう人だったんだなぁ~」って思いました。 レイ・チャールズも、他の成功者と同じく売れるまでの苦労、売れてからは女と麻薬に溺れる日々がやっぱりあっ...
お腹一杯。得した気分:「Ray/レイ」 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
面白い&#63913; 素晴らしい&#63913; もう賞賛しか出てきません。 何度も見てしまう。 レイ・チャールズの自伝映画なのだが、 音楽のDVDを見ているよう。 ジェイミー・フォックスの演技も最高&#63913; 演技を見ている気がしなかった。 オリ ...
映画vol.89 『レイ』*録画 (Cold in Summer)
 『レイ』*録画 監督:ジャン・ピエール・ジュネ 出演:ジェイミー・フォックス  HP 録画して観る機会がなく・・。 風邪引いてて、観るのに丁度いいテンションだし観てみます。 ◇あらすじ 「アメリ」()。 ...
レイ (カラスのBlog)
レイ・チャールズの伝記映画。 デキは悪くない。映像も綺麗で、オープニングのサングラスに映る鍵盤のシーンとか、なかなかカッコイイ。丁寧に真面目に作ってあって、一度見ておいても損はない映画だとは思うが… レイ
Ray/レイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「Ray/レイ」は、「路上のソリスト」でも実在のミュージシャンを演じたジェイミー・フォックスが、”ソウルの神様”レイ・チャールズを演じ、見事アカデミー賞主演男優賞を受賞した音楽バイオグラフィー映画です。  やっぱりオスカーを受賞しただけのこと...