ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

フォーガットン

2005-06-05 01:38:07 | 映画2005
 forgetの反対語rememberは三つの意味がある。覚える、覚えている、思い出すの三つだ。と学校で習ったことを思い出した。

 結末を人に言うと記憶を無くすらしいので、とても書けません。一つ言えるのは、記憶を失わせるというサスペンスの前半から大きくジャンルが急展開するというしろものということだ。途中までは、記憶を消すというテーマを扱った映画、最近のものでは『エターナル・サンシャイン』『マシニスト』『クライシス・オブ・アメリカ』『CODE46』『ペイチェック』等々と比較しようと考えていたのに、この内容だと『ドリーム・キャッチャー』や『フロム・ダスク・ティル・ドーン』もしくは『サイン』と比較した方がいいのかもしれない。察してください。『シックスセンス』には全く届かないです。

 ジュリアン・ムーア主演の映画はハズレがないというのが定説であるが、これが初めて破られたのか?いや、そうとばかりは言えない。ゲイリー・シニーズが出演しているのだから、何かやってくれるに違いないと期待もできるのです。ところが、大きな伏兵が待っていた。それは、公式サイトにも“親切な男”とクレジットされているライナス・ローチだ。見たからに『ターミネーター2』のロバート・パトリックを思い起こさせる風貌。そう思っていたら、やってくれました!車で撥ねても死ななかったのです!!その後は想像できますよね・・・狙ったキャスティングです。

 座席が揺れるほどの大きな衝撃シーンが数カ所あるし、ジャッキー・チェンのように逃走するジュリアン・ムーアも見れるし、楽しみ方も色々。秘密の多いNSA国家安全保障局の存在も告発するかのような社会派の一面もあるし、何よりも母親の子どもに対する深い絆を感じさせる映画でした。主人公がジュリアン・ムーアじゃなきゃ1点といったところです。

★★★・・
フォーガットン@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (83)   トラックバック (162)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイ・ブラザー | トップ | 電車男 »
最近の画像もっと見る

83 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おバカ映画(笑) (しんちゃん)
2005-06-05 07:57:43
 ここまでめちゃくちゃなら・・・私は大好きです(笑)

もうね・・・ちゅど〜ん!って感じで、予告編で分かっていながらも (◎_◎;) ドキッ!!っとさせられたし、都合が悪くなると、みんなあんな感じで ちゅど〜ん!させられるのがバカウケしました(笑)



 調査局の連中は・・・いったいなに?(笑)

あと・・・あんな力技(形相が変わる場面)は反則だよね(笑)



 だいたい・・・アレだけの能力をもってるのに

変なこだわりがあるのがとてもおもしろいよね(笑)



 ジュリアンのそばかすが・・・一番ホラーだったかも(禁句)

 
ちゅど〜ん! (kossy)
2005-06-05 08:43:00
>しんちゃん様

笑ってしまいました・・・このちゅどーんで(笑)

映画館でも笑いたかったんだけど、みなさん真剣に観ているようでしたので、無理でした。

でも口をぽか〜んと開けていることが想像できます。

すごい能力があるはずなのに、オバカな調査局。

子どもが壁に書いた絵も消せないなんて・・・
TBありがとうございました。 (SAGAN)
2005-06-05 10:24:05
そう、深く考えずに楽しむってのも手ですよね♪

途中、何度も強烈音で鳥肌が立ち通しでした。



「パッションフィッシュ」でいい味出していたアルフレ・ウッダードが女警察官で、あんな風な結末もねぇと思ったり・・・



でも、楽しめました。
予告編に魅かれたのに・・・ (メビウス)
2005-06-05 10:54:46
TB何時も有難うございまっす♪

予告編でイスに縛れてる安全保障局の人がドカァ〜ン!!といきなり空に舞いあがってしまう意味不明な展開に凄い魅かれて観に行ったのに・・・



でも今回はジュリアン・ムーアの下着姿がチラリと見えただけでも、個人的には収穫有り(?)な映画でした(;゚▽゚)=3ムッハー!
TBありがとうございました (kanzume)
2005-06-05 11:11:45
すごい衝撃的な映画でしたね。



僕は苦手でした。
J・ムーア・・良かったですね。 (kaorialy)
2005-06-05 11:16:40
kossyさん、こんにちは。TBどうもありがとうございます。



え〜、テリー役のムーア、良かったしアッシュのクエストも良かったけど・・シニーズはNY刑事のオバサンに食らいつくあたりで完全に怪しいモード全開になっちゃってイマイチ、いいように思えませんでした^^;

まぁ、それは彼が悪いんじゃないんですけど。



ライナス・ローチ、リディックの時の表情が浮かんだら良かったんですけど観終わってうちでHP観るまで「誰だったっけ?」でした。やってくれますね。



でも・・私はシックスセンスもサインも見ていないので比べようもなく、X-ファイルちっくだなぁ〜と思っちゃいました。。。

TBありがとうございます (ころりん)
2005-06-05 11:29:42
『ターミネーター2』

確かに似てました!どうせならぐにゃっと解けてほしかったですね。

まさか、こういう展開になる映画だとは思っていなかったので、そういう意味では衝撃的でした・・・
TBどうもです! (dai100)
2005-06-05 11:48:46
おれはこれはこれでアリだと思いますよ。楽しめました。「彼ら」による事件自体は解決していないけど、元の生活に戻れるだけでこの母親にとっては十分なのだと思いますよ。



なにより、自分が「ちゅどーん」されることを想像すると恐ろしいかと
記憶をなくしてくれぇ〜 (たましょく)
2005-06-05 12:24:56
 終わった瞬間(エンドロールが流れ)

たましょくも含めて、周りの何人かが

「え?これでおしまいなの???」と

小声で言ってましたw



 家を吹き飛ばしたり人を吹き飛ばしたり

したわりには、なんともお粗末な結果だっ

たなぁ〜と。意味深なシーンがあったわり

には、あまり衝撃的なシーンはなかったで

すねw
Unknown (かおり)
2005-06-05 12:49:02
トラバありがとうございました!

ううう、あたしのように死をも恐れない「親子愛」を感じた人は少ないですね。記憶を失くした結果ではなく、理由がメインのSF風映画というのも面白いと思ったんだけどなぁ。でもジュリアン・ムーアじゃなかったら1点という意見もすっごく理解できますが。ライナス・ローチはものすごく気になる役者ですね!
おお辛口。 (こっちゃん)
2005-06-05 13:51:14
みなさんそれぞれに「笑激」を味わったようですね。

kossyさんのスパツとした切り口の記事がいいですね〜

言われても仕方のない部分が多々あった映画でしょうね〜。

日本の宣伝にも、責任はありますよね〜。

これは。

   こっちゃん
タダひたすら「一本釣り」 ()
2005-06-05 17:44:27
こんにちわ〜♪

私もジュリアン・ムーア大好きで、なんで彼女が出演をOKしたのか・・・(^-^;

ただひたすら「かつおの一本釣り」状態の映像を、私の記憶から消して欲しいです(笑)

でもそういうものに限って、鮮明に・・・_| ̄|○
ちゅど〜ん! (kossy)
2005-06-05 18:40:22
>SAGAN様

『パッションフィッシュ』は残念ながら未見です。

調べてみると、GG賞やオスカーの候補になっているし、面白そうですね〜

チェックしときます。



>メビウス様

あの椅子ごと飛んでいくシーンはファンタジーか想像の世界を描写したものか?くらいに考えていたらビックリ仰天ですね(笑)

窓ガラスが割れるシーンだってそうだし・・・

ジュリアン・ムーアの子どもに対する愛情が素敵だったです。



>kanzume様

衝撃度はすごかった。

観客までもが浮遊感を味わえるし・・・でも、劇場でしか味わえないんですよね・・・座席が揺れるほどの衝撃は・・・



>kaoritaly様

ゲイリー・シニーズは最初から怪しいですもん(笑)

「お前が洗脳したんやろーー!」などと、ずっと考えてました。

彼の役はミスキャストだと思うんですよ。

キーポイントとなる役だけは、そんなどんでん返しに気づかないほどの無名または、全く想像させない役者じゃないとダメですよね〜

X-ファイルって未見なんです。

TVで放映してたドラマのをチラっとだけしか見てません。

『シックスセンス』は見るべきですよ・・・必ずネタに登場しますから・・・『サイン』は別にいいけど・・・



>ころりん様

さすがに彼が解けてしまったら・・・訴えられるかも(笑)

『T2』のあの人と同一人物だと書いている人もいるくらいですから、かなりですよね。

衝撃的・・・笑撃的と評する人もいるようです(笑)



>dai100様

一応、ハッピーエンド(?)ということで、よかったですね。

全米初登場1位ということでスタッフも満足しているでしょうしね。

ただ、疑問は徐々に膨れ上がってきます。

夢に出てきそう・・・・



>たましょく様

「これでおしまいなの?」という感覚・・・みなさんそうでした。

最近、エンドロール後のサービス映像が流行ってるし、絶対に何かあると期待していたのでしょう、誰も席を立とうとしませんでした。

こちらの映画が立ち見だったら、座席の揺れがなくてつまらなかったでしょうね〜



>かおり様

親子愛は感じられましたよ。

逆に、男親は愛情が弱いということも・・・

母娘連れで鑑賞している方が何組もいましたけど、

そういう宣伝の仕方をしているんでしょうね〜

ジュリアン・ムーアも親子愛を強調していたし・・・

ライナス・ローチは今後どんな役が回ってくるのでしょうか、すごく気になりますね〜



>こっちゃん様

“笑撃度”は凄まじかったです。

でも、鑑賞中は誰も笑わない。

空中に飛んでいくシーンがあと2つくらいあれば、会場の笑いも期待できたかもしれません・・・

宣伝はあまり見ないようにしているのですが、

終わってから見るとかなりやばいですね(笑)



>海さま

「一本釣り」!

笑いました。

あれは中毒になるかもしれない・・・

だって、もう一度あのシーンだけは見たいもの・・・

次に見る機会があれば、みんなで「ちゅど〜ん」と言いながら見ると楽しいかもしれませんね。
Unknown (たぶ)
2005-06-05 19:31:08
予告に引かれ見てしまった。

私の映画館で見たワースト5に入るだろね(笑)

記憶を消すのが目的なら最初から写真やビデオは消去しとけよ、毎日見てたら誰だって忘れねーと思うんだけどね。

変な形の雲が出てきてからそっちの展開だけはやめてくれ〜と祈りながら見てましたが、最後までいったときは空しさが・・・・

映画を見に来た方は親子愛を見に来たわけではないのである意味ラストは衝撃だったかも(笑)
ワースト (kossy)
2005-06-05 20:30:52
>たぶ様

お気持ちお察しします。

簡単に人の記憶を消すことができるのは・・・

最近の記憶消去モノをいっぱ見てると、違和感なく受け入れられる・・・って、だんだん毒されてきたのでしょうか、自分がこわいです(笑)

衝撃度はちゅど〜ん級でしたね。
死ぬかと思った(笑)!! (ミカエル)
2005-06-05 20:46:36
「どうして皮肉るの?」ドカアン!!

心臓止まるかと思った!!一番驚いてましたよ。客の中で(恥っ)。わっ!て声上げちゃったし(笑)。あそこが一番びびった!



え〜?何でそっち行くの〜?!と思ったけど、あちらさんがはっきり姿を現さなかっただけ『サイン』より全然ましかもです。ジュリアン・ムーア、美人なんだけど、しみとかあって逆に主婦役がリアル。この人しかいないって感じ。ゲイリー・シニーズはグリーン先生(もといアンソニー・エドワーズ)と立ってる姿見て適役だって思いました(笑)。グリーン先生、どうしても声のイメージが違うんですよね。『ER』の吹き替えのイメージが強くて(笑)。相変わらずでかいな。



突然ドカーン!ドゴーン!はやめてくれ(汗)死ぬから(笑)。とにかく、走るジュリアンかっこよかった!あんな走るのさまになる女優さんそういない!母は強し!!

Unknown (dai100)
2005-06-05 23:14:55
ん〜。否定的な意見が多いですねぇ・・・。

こうなったら、『彼ら』に記憶を・・・(笑)
TBどうも (majira)
2005-06-05 23:16:07
はじめまして、majiraです。

TBさせて頂きます。



ちょっと無理のある内容の映画でしたね。

ちょっとびっくりしたい人にはお勧めですかね。(笑)

あの釣られて行った人は、黒幕の正体が見れたのでしょうか?

見れたのなら教えてくれ!

すっきりしたいって感じです。
TBありがとうごさいました (t-higu)
2005-06-06 01:18:31
確かに、シックス・センスには全然届いてませんでしたね〜。



予告編で屋根が吹っ飛ぶシーンを観ずにいれば、もう少し

驚きがあったかも知れないのですが、あれを観ちゃって、かつ

展開もそれ以上は特に何もなしだったというのが残念でした。



あの、「ふっ飛ばされる」シーンが一番面白かったです。

ジュリアン最強 (しん)
2005-06-06 01:23:14
ジュリアン・ムーアは強かったですね。

助けなどいらない。ただ愛さえあれば・・・どんな奴にも勝てる。

国家安全保障局をも怖がらせた敵を、一人で撃退。

アメリカでは最強ということですね。



しかしラストが近づくにつれ、頼むから夢オチにでもしてくれと半ば祈っていました。



社会派の一面・・・あったのかな?
ドカァァァ〜〜ン (kossy)
2005-06-06 02:27:02
>ミカエル様

ぶはははっ

笑ってしまいました。

確か、追突事故のシーンは予告編にもあったんでしたっけ。

その後のドカァァァン!ですよね。

何だか、映画館に新しい体感アトラクション装置がついたのかと思っちゃいました。

「あぁ、そのために、なるべく客を並ばせてるんだな・・・」と、チケット売り場の女子もなかなかやりよるわいと感じました。

映画館にも、「心臓の弱い方はご遠慮ください」の注意書きが欲しいところですね(笑)



>dai100様

記憶がなくなるなんて・・・

絶対にないかもしれませんね(笑)



>majira様

絶叫マシーンが大好きならば大丈夫です(笑)

黒幕の正体かぁ・・・今となっては、ジュリアン・ムーアと一緒に記憶を消されたのだと思うしかないかもしれません。



>t-higu様

予告編をご覧になっていたのですね。

俺は屋根が吹っ飛ぶシーンを見ていませんでした。

壁紙の下になってた娘の絵ばかりが頭にあったもんで・・・(しかし、あんな壁一面に落書きさせるというのも・・・)

吹っ飛ぶシーンも丁度いい回数でしたね〜



>しん様

もちろんアメリカでは最強の女性です(笑)

最近では、日本の民法にまで口出すくらいですから・・・

女性の人権を守る勇敢な方ですよね〜

この映画もお子さんのいる女性にぜひ観てもらいです(あとで怒られるかもしれないけど・・・)



社会派・・・ネタですので(汗)
映画館の注意書き (ミカエル)
2005-06-06 18:25:44
笑って頂けて光栄です。

いると思います、注意書き(笑)。



予告編にあっても見てるときは忘れてますね。少なくともあのときの私は忘れてました。すこーんと(笑)。



すっごい集中してたんですよ。「どうして皮肉るの?」の答えを私自身待ってたから(笑)。答えは結局聞けずじまいですが、マスコミに叩かれたり、テレビのコメンターに色々言われた経験があるからってとこですかね。・・・どうでもいいか(笑)。
どうして皮肉るの? (kossy)
2005-06-06 20:34:33
そうでしたか・・・観客に答えさせて、そのスキを狙った効果なんですね・・・すごい。

といっても、その台詞、どのシチュエーションだったかもう忘れています(汗)

忘れた頃にまた映画館で観てみたい気もしますが、観客が少ないと面白くないかもなぁ・・・

う〜ん (シュフ)
2005-06-06 20:51:59
やっぱり、なぜジュリアンが出演OKしたかわかりません。母と子の絆の強さはわかるけど・・・・。

予想通りのあまりのB級SFサスペンス?ジャンルがわかりません。

一応ハッピーエンド?なのでしょうが、子供はいいとして夫との関係はどうなるの?絶対、夫への信頼関係は戻せないでしょ?最後に疑問が残りました。
じゃあ・・・ (ミカエル)
2005-06-06 21:03:03
もう一度見られるなら言わないほうが良いですね(笑)。私も予告のほうはもう忘れてるので、そのシーンかどうか分かりません。



恐怖的演出がいまどきの日本のホラーっぽいと思ったのは私だけでしょうか(笑)。ゲイリー・シニーズのキャスティングといい、確信犯というか、意図がはっきりしてる映画だな、と思いました。雰囲気だけで最後まで持ってくぞって(笑)。
TBありがとうございました (マオ)
2005-06-08 09:43:41
はじめまして!

まさかまさかと思っていたら、案の定でした

でも、人間が飛んでいくシーンは笑えました。
ジュリアン (kossy)
2005-06-08 11:30:17
>シェフ様

インタビュー番組を見てたら、ジュリアン・ムーアは仕事を引き受けるまえに脚本を全て読んで気に入った作品だけやるそうですよ。

夫婦愛よりも親子愛を重視している彼女の思想もわかりますよね。



>ミカエル様

ジャパニーズホラーも最近は驚かす演出ばかり・・・

本当に怖がらせるという脚本ができないからでしょうか。

キャスティングは謎ばかりです。



誰かを誘って観にいきたいけど、これって友達をお化け屋敷に誘いたくなる感覚と一緒ですよね(笑)



>マオ様

俺も思いましたよ!

「え、まさかこっちの方か?!」

と色々考えているうちにチュド〜ンとやられちゃいました(笑)
呆れながらも・・・ (ももママ)
2005-06-08 15:03:02
半ば呆れながらも、ちゅど〜んとそこまでやるなら許しちゃおうかと、意外に寛容になった私です。ですから、ジュリアン・ムーア顔と胸元と二の腕のそばかすも、リアリティーを出すためのメイクということにしました。

私ってナンテよい人なんでしょう!
ちゅど〜ん! (kossy)
2005-06-08 18:45:03
>ももママ様

なんと心が広い!

そばかす論議も盛んに行われていますね〜

俺もメイクだと思ってしまったけど、

ハリウッド女優って、結構曝け出すもんだから・・・



映画の途中で呆れ顔してたら、チュドーン攻撃にあって、舌を噛んでしまう人いなかったのかな・・・
吹っ飛ばされます (ぷちてん)
2005-06-09 00:15:00
私は、思いのほか楽しかったです(笑)



「シックスセンス」のようにはいかないと、精神科医がしつこくいいつのるあたりから思いましたね〜。

「アンブレイカブル」も結構私は、ガクッと来たんですけど、それと同じくらいかな・・・でも「サイン」が浮かぶのもわかりますです。



今年は、宇宙人の年でしょうか〜♪
おお (kossy)
2005-06-09 01:11:02
>ぷちてん様

ぷちてん様のコメントをお待ちしておりました。

もうシャマランシリーズになってますね〜(笑)

宇宙人の姿がサインクラスではなかったのでホッとしましたよね・・・

『宇宙戦争』なんて全然期待してませんから・・・俺。

やっとみてきました。 (かめ)
2005-06-09 11:55:00
分かってた!アメリカで記憶障害とかわけわかんない、科学的説明のしづらいものの原因は絶対!政府か宇宙人だって!!!!

予告編でわかってたのに、、忘れてみてしまった。



ジュリアンムーアのしみには私もびっくりでした。顔はともかく体が!!普通化粧するのにぃ〜。主婦を強調?!と思ったら、一応脱ぎのシーンはあったし。。



ゲイリーがあの役をやった時点で失敗ですよね。

ゲイリーな私はうれしいですが、明らかに怪しい!!



それにしても、ほかの人の14ヶ月の記憶はどうなってるんでしょうね。
サスペンスは・・・ (kossy)
2005-06-09 13:14:56
>かめ様

『LAコンフィデンシャル』は当時無名だった俳優を上手く使ったために成功したという話を聞きました。

この人は犯人に違いないと想像させちゃダメなんですよね〜

俺もシニーズは好きなんですけど、精神科の医者という雰囲気じゃないですよね・・・



ほかの人の記憶を消すのも大変だった。

他の家族はみんな愛情が薄かったから簡単に記憶が消えたんでしょうね(笑)
何でもアリ (chishi)
2005-06-09 14:21:54
ちゅどーんには全身でビビリ、

最後は思わず『おお』と言っちまうし、

多分とてもご迷惑な客になっちゃいました(汗)



予告を散々見てなかったら

最後におおーなんて言わなかったけど(笑)
笑いました☆ (SASASAWA)
2005-06-09 16:12:58
早速のTBありがとうございました♪

そうですよね〜?

注意書きが必要ですよね?

観ながら「これは地上波で放映して大丈夫だろうか?」などと

考えてしまいました(笑



座席の揺れ (kossy)
2005-06-09 18:03:08
>chishi様

大丈夫です。

みんな驚いてましたから(笑)

3度目くらいからは、座席の揺れも少なくなって、

「また来るぞ、絶対」と身構えてしまいましたよね。

予告編もフォーガットンしてしまう凄い映画ってことです・・・



>SASASAWA様

地上波ですかぁ。

テレビでやったら、衝撃はないかも・・・

見るときには、長いすを用意して、数人で見ればいいのかもしれない・・・
(*゜Q゜*)ドキっとはしましたが! (sati)
2005-06-10 08:59:58
面白そうだと予告に引かれ観客も多かったし

期待していましたが・・黒幕も想像させるだけだし・・あれはちょっとずるいかなぁ〜(笑)

安易で少々期待はずれでした。。

★TBありがとうございました!

ドキッ (kossy)
2005-06-10 10:08:14
>sati様

サスペンス好きの人が見たら怒り出す映画です。

結局は飛んでいってしまう面白さだけかなぁ・・・これが妙に面白いんだけど(笑)

ずるさはいっぱいでしたね。
Unknown (ピヨ彦)
2005-06-10 16:49:59
割と面白い映画だと思うのですが、「彼ら」が記憶を消した理由があまりにも露骨すぎて、全く現実味がないのがすごく気になりました。「彼ら」には、もっとましな目的をもって生きてもらいたいものです。
地球征服 (kossy)
2005-06-10 18:01:24
>ピヨ彦様

そうでしたね〜

お決まりのパターンであれば「地球征服」のための予備調査のようなところ・・・この映画では単なる好奇心のために実験したがっていたのでしたっけ?

もう忘れています・・・

Unknown (ピヨ彦)
2005-06-11 10:03:30
>kossy様

「彼ら」が記憶を消した理由は確か、「親と子の絆」がどのようなものなのか解明するためとか、なんかそんなかんじのものだったと思います。

しかし、こんな事のためにわざわざ記憶を消したりするなんて、「彼ら」はよっぽどヒマなんだろうな・・・

絆かぁ・・ (kossy)
2005-06-11 17:24:04
>ピヨ彦様

お答えどうもありがとうございます。

もしかしたら、彼らの星の大学で心理学か何かを専攻しているのかもしれないですね・・・

多分、論文を書いているところで、例外を発見した喜びのため故郷へ帰っていくのかも・・・
シックス・センスは何処へ (Hitomi)
2005-06-11 20:40:19
あのキャッチコピーはどうでしょう?かなり間違ってましたね。

人が吹っ飛ばされるシーンは私も椅子から飛び上がる程ビクッとしてしまいました。

あの地球外生物の人最後にちょこっと見せたあの顔は「ムンクの叫び」にそっくりでした。
経緯 (ピヨ彦)
2005-06-12 10:55:01
宇宙人A「ヒマだなぁ。」

宇宙人B「ああ。スーパーマリオXPも、もう飽きたしな。やることねえよ。」

研究のために囚われた地球人(以下、地球人)「なあ、そんなにヒマなら、おれをここから出してくれねえか?早く息子に会いたいんだが。」

宇宙人A「そんなに息子に会いたいか?」

地球人「あたりまえだろ。親なら、子のことをとても大事に思うのは、あたりまえのことだ。てめえらにはわからんだろうが、これぞ『親子の絆』ってやつよ。」

宇宙人A「は?尾や狐の傷?何それ?お前、知ってる?」

宇宙人B「いや、知らんな。」

地球人「え?」

宇宙人A「よし、調べてみよう。」

宇宙人B「いいな、それ。ちょうどヒマだったし。いっちょ、調べてみっか。」

地球人「え?うそ?ホントに知らないの?」

宇宙人A&B「うん。」

・・・あくまで僕の推測ですが、彼らの間では、こういうやりとりがあったんじゃないですかね?

推測なので、たぶん間違いだとは思いますが、是非ともやっててほしいな、こういう会話。

面白い! (kossy)
2005-06-12 11:56:08
>Hitomi様

ええ、かなり間違ったコピーです(笑)

最近、ミスリードさせるような嘘のキャッチコピーが多すぎます!

でも、そのコピーにてっきり騙される地球人。

もしかしたら配給会社に宇宙人が潜んでいて、「地球人はコピーに騙されやすいか?」という実験をしていたのかもしれません・・・



「ムンクの叫び」にも似ていましたね。

俺はピノコの「アッチョンブリケ」にも似てると思いましたけど・・・



>ピヨ彦様

素晴らしい考察です!

捕らえられている地球人は、そのときは記憶があるのですね?

かなり凝った設定ですが、実験台になってるのだから記憶は残っているというところがリアルですなぁ。恐れ入りました。

続編というか、番外編が作られると楽しいですね♪
TB有難う御座いました。 (Hiro)
2005-06-12 15:53:05
私としては、これまでの作品でジュリアン・ムーアの印象が

薄かったので、この作品の彼女は好きです。

この作品では、子供の母親役としては、彼女しか登場して

いませんが、「”母親”なら、子供の事を忘れる事はない」という

彼女の意見を某誌で拝見し、そういう観方もあると思いました。

予告編のせいで・・・ (アリス)
2005-06-12 17:10:04
結末がどうなるのか、観たくなったんですよね。

だけど、映画の途中でわかってしまいました。

きっと、納得のいく終りが来ないことを・・・。



最後まで観たら、やはり消化不良な思いが残りました〜。

人が飛んでいくのは、誰でも驚きますよね。
これぞ陰謀 (ナギ)
2005-06-12 18:51:21
人間は悪くないんだ!

悪いのは全部、宇宙人なんだよ!



みたいな策略でもあるのでは・・・(笑)な〜んて。

この映画の前に「宇宙戦争」の予告もあって、思わずうがった見方をしてしまったのでした。



宇宙人の論文(卒論?)のためっていう推論は面白いですね。ピヨ彦様の「経緯」にも笑っちゃいました!

私の印象では、彼らは会社組織(調査会社?)かな〜と。

実験担当宇宙人が飛ばされちゃったのは、社長に処分されちゃったとか。ああ可哀想・・・(笑)
ジュリアン・ムーア (kossy)
2005-06-12 20:50:49
>Hiro様

彼女がこの役を引き受けたのも母と息子の絆がしっかりと脚本に描かれていたから・・・もしかして、ラストの方まで読まなかったのかもしれませんね・・・



>アリス様

確かに途中でわかります。

というよりも、こっちに行くな〜!と祈る気持ちで観てしまいました(笑)。

でも、チュド〜ンのおかげですっかり忘れてしまいましたです・・・



>ナギ様

おお!新たな意見!

会社組織かぁ・・・

他の社員は他の星へ調査に行ってるのか、それとも地球上で他の研究をしているのか、もし後者だとしたら、まだ残っているんですね・・・何を調べるんだ!コノヤローってな感じですね(笑)

そのうちリストラにあった宇宙人が地球のハローワークで職探ししているかもしれませんね。

○○以来の! (onox)
2005-06-13 00:05:06
とかって,大抵どうしようもないくらいにしょぼいのが多いですよね.

稀に良作が見つかるときありますけど,そういうのに限って,

またしょぼいんだろ?って思ってあまり観られないんですよねぇ.
トラバありがとうございます。 (かめきち)
2005-06-13 00:33:02
チュド〜ン。ですか、あはは。

私はポケモンの「ロケット団」を思い出しました。

クエストの社長の家に着いたときはまだ日が高かったのに

中に踏み込んだら、夜になってたのが突っ込みたかったです。
ターミネータ+サイン+… (らか)
2005-06-13 01:15:30
TBありがとうございました。



ここまでやってくれると、製作側も配給側もはじめから全てねらっていたんじゃんないかって思えてきます。

そうだとしたら、失笑する私たちも、はめられたことになってしまいます。

一応、記憶いじられる話だし。

皆さんのコメントにあるように、いろいろ推測できて、ある意味面白い映画ですね。
やられた・・・ (kossy)
2005-06-13 09:29:14
>onox様

○○にはほとんど『シックス・センス』『セブン』が入る傾向がありますね。

最近はブログを書いているので、笑いとるつもりで観ています。

映画の楽しみ方が変わってしまいました・・・



>かめきち様

ポケモンにもありましたかぁ・・・

何だか色々出てきて楽しいです♪

クエストの社長宅・・・ガラスが割れる廊下のところでしたっけ?

多分、あれは宇宙空間だったのかも・・・(無理か・・・)



>らか様

多分、狙ってます(笑)

ジュリアン・ムーアも多分、人を驚かせるのが好きな女優さんなのでしょう。

もしかしたら、舞台裏から観客のリアクションを見て喜んでいたかもしれません(←言い過ぎ?)。インタビュー番組を見ると、真顔で親子の絆について語ってるし・・・やられたとしか言いようがありませんよね(笑)
あっちの話でしたか。 (ごち)
2005-06-13 22:17:32
予告編につられて観ました。過去が消されているのはどんな理由があってのことかと思っていましたが。

なんか反則技をくらったような。

参りました。
反則です (kossy)
2005-06-14 01:53:36
>ごち様

その反則を許せるかどうか・・・これが評価の分かれ目ですね。

俺は笑って許してしまいました(笑)

記事にある『ドリームキャッチャー』や『フロム・ダスク・ティル・ドーン』だって許したんですから・・・
経緯2 (ピヨ彦)
2005-06-14 17:04:38
(『経緯』の続きです)

宇宙人A「さて、どうやって調べようか。」

宇宙人B「とりあえず、こいつのDNA採ろうぜ。」

宇宙人A「そうするか。」

地球人「え!?DNAってことは、血ィ採んの?」

宇宙人A「何を言ってる?毛を1本抜くだけだぞ。」

地球人「なんだ、毛かぁ・・・って、おい!!ちょっ、ちょっと待・・・」

ブチィィィィィィィィィィィ!!!!(毛が抜けた音)

地球人「いってぇぇぇぇ!な、何でよりによって鼻毛抜くんだよ!」

宇宙人A「よし、これをDNA鑑定にかけてくれ。」

地球人「おい!俺の話を聞け!」

宇宙人A「うるさいな。頭の毛が割と少ないから、割と多い鼻の毛を抜いたんじゃないか!」

地球人「こ・・・この野郎ォォォ!人が気にしていることいってんじゃねえよ!!このタコ介が!!」

宇宙人A「タコ介だと!?ほぅ・・・この私を火星人扱いする気か!?」

地球人「え!?」

宇宙人B「おーい、鑑定結果がでたぞ・・・ってお前、何キレてんの!?」

宇宙人A「はじめてですよ・・・この私をここまでコケにした、お馬鹿さん達は・・・」

宇宙人B「ちょっ・・・お馬鹿さん“達”ってことは、俺も数に入ってんの?」

宇宙人A「ゆ・・・許さん・・」

宇宙人B「無視かよ!!」

宇宙人A「絶対に許さんぞ、ムシケラ共ォ!!じわじわと嬲り殺してくれる!!!1匹たりとも逃がしはせんぞ、覚悟しろォォォォ!!!!」

・・・こうして地球人に恨みをもった宇宙人A(フリー○)は、地球上の親から子供の記憶を消しまくる旅に出かけたのだった。

・・・以上、僕の推測でした。



ホントだ〜 (sean)
2005-06-14 20:46:39
素晴らしい効果音と形容詞の数々…(爆)

ある意味、

これだけ語り甲斐のある作品っていうのも…^^;

きっと忘れ去れない作品ですね(汗)
バーホーベン的 (kossy)
2005-06-14 23:57:11
>ピヨ彦さま

今回もまたすごい展開(笑)

バーホーベン監督が作るとこんな雰囲気になるかもしれませんね。

ツッコミ役の宇宙人Bの存在がいい!

同じ宇宙人でも色んな性格が・・・



>sean様

フォーガットンの感想記事は楽しいですよね〜

俺も忘れないうちにあちこち調査しなくちゃ(笑)

飛べましたね (しまりす)
2005-06-15 16:04:31
最近ではまれにみるくらい

椅子から浮いた作品でありました。

あー、びっくりした。
アトラクション (kossy)
2005-06-15 19:33:17
>しまりす様

俺も飛びあがりました(笑)

地震がきたのかとも思ったくらい椅子が揺れましたね〜

Unknown (るるる@fab)
2005-06-15 20:17:38
あっちにも書きましたが(笑)テリーは最後まで記憶は消されていないと思います。

ここから得られるこの映画の教訓?は「母親ならそうである(子供の記憶を忘れるはずがない)」というだめ押しでしょうね。
あぁ (kossy)
2005-06-16 00:23:08
>るるる@fab様

あ〜〜そうそう!思い出しました。

鑑賞中はそう思ったのでした!

やはりラストのことをすっかり忘れ去ってました(笑)

というよりも、夢落ちという言葉に納得して頭が混乱してたのかもしれない・・・



こんな事件があったら、俺は真っ先に記憶を消されるな・・・きっと。
フォーガットン (ニャ)
2005-06-23 18:20:27
はじめましてー僕はメチャメチャすきだよー

ラストせっかく子供に遭えたのに目を離すのはちょっと・・・まぁやっぱり映画だなぁって感じがするけど。でもすごい感動したよー

感動 (kossy)
2005-06-23 20:35:25
>ニャ様

俺もこの映画はちょっと好き。

でも感動はしなかった・・・

「やられた〜〜」という心地よさでしょうか。

ま、爽快感だけでも楽しめればいいかな、って感じです。
期待してたのにぃ (ちゅどーん)
2005-06-24 00:15:42
 今日、新宿は歌舞伎町の片隅の超ぼろっちい映画館で観てきました。半年前にテレビ東京の「ショウビズ・カウントダウン」で特集されてるのを見て以来、ずっと待ち続けてきました。

 感想からいうと「そんだけなの??」って感じでした。

サスペンス風に引っ張っておいて、結局、何故か米国政府とだけ秘密取引してる「あの方々」のせいにしてしまうのは、ちょっと...。

 ただ前半のはらはらする展開は、楽しめました。J.ムーアもG.シニーズも良かった。それだけに安易な結び付けが痛い。でも近頃ああいう前半だけ引けばいいや、みたいな映画多くありませんか?

 ちゅどーん!でしたが、予告で出るタイミングわかってたので5分くらい前から予想して身構えてました。

 ちゅどーん。
また書き込みます (ちゅどーん)
2005-06-24 00:40:46
 この映画の公式サイトもかなり凝った作りです。

 ところで、僕は予告編半年前に見たときから、G.シニーズが怪しいと踏んでました。

 かつてM.ギブソン主演の「身代金」の予告編で、誘拐犯が謎めいた存在っぽく描かれてたのに、本編ではあっさりシニーズ氏が犯人ということがわかり、かなり拍子抜けした覚えがありますが。
今見てきたところです。 (FIGOの青髭(22歳学生))
2005-06-24 01:55:28
いろんなブログを見てますと、多くの皆さん損した気分になってるようで(笑)

お金を出して映画を見て、そんなに面白くないときに金額の割りに損だ思う人がいるのもわかります。でも、金(≒時間)という基準でしか考えられないというのもアレですよ。(しかし、映画の質が低いというのは忌々しい事かもしれないのでそういう意味では文句を言うこともいいんでしょうけど)



とどのつまり、キャッチコピーに負けたんだよ と。自分も負けました。記憶系のテーマはピクッと反応しちゃいますなぁ〜。



にしても宇宙人は仕事が雑というか、突っ込みどころ満載というか、それに母と子の愛情を理解したところで宇宙人にはなんの意味もないでしょ。最初から証拠をなくしておけば・・・というのもありますが、それは宇宙人のとった作戦だということでしょう。時間が経つ中であやふやになる記憶があって、母と子の愛情が単純な他の記憶とどう違うのかってことですからね。たぶん。



いろいろ考えてると、宇宙人とNASAの関係がどうなってるのか気になってきます。仮に実験中だったとしても、モルモットでいいから生かして欲しい(笑)



しかし、宇宙人も変な研究してんだな〜って思うと人間も自然界に対してほとんど同じことやってんだよね(記憶に関する研究をしていると言っている訳ではない)。要するに自分達の生きている環境を知り尽くさないまでは気が済まないんでしょうね、人間も宇宙人も。



あーあ、科学が全てを解明できる世紀に生まれて来たかった。ちょっと早かったな〜。
好奇心 (kossy)
2005-06-24 08:55:26
>ちゅど〜ん様

前半と後半の落差だけを考えると、商業ベースに乗せただけの映画と言えるのかもしれませんね。

また、ムーア、シニーズの2人によるサプライズ・ムービーとか・・・この手の落差が大きい映画は多くなってますよね。ビックリさせるのが好きというか、展開を読ませないテクニックなのか、どちらにしても心臓に悪いかも(笑)

俺はどちらかというと肯定派ですけど、ゲイリー・シニーズのキャスティングだけは失敗だと思います。キャスティングの意外性も必要ですよね。



>FIGOの青髭(22歳学生)様

宇宙人という必殺技を出してしまったら「なんでもやっていい」という考えにはついていけませんよね。雑な仕事というのが納得いかないところです。でも、逆に考えると全てを納得させるために説明調になっても困るし・・・むずかしいところなんでしょうね。

賛否両論になることくらいはスタッフ側でわかっていたでしょうから、無理矢理母と子の愛情をテーマにしてしまったというところじゃないですかね。



人間の欲望は尽きないもので、科学が解明されてもさらにその上を求めるのかもしれませんよね。だんだん退化していくという考えも面白いですけど、どうなるんでしょ・・・
Unknown (FIGOの青髭)
2005-06-24 11:17:07
>好奇心様

他のブログ(まつさんの映画伝道師)見てたら、映画全体が妄想だっていう説が出てて、自分も今はそういう解釈をしてます。

この映画は普通に考えるとおかしいところが多すぎるし、テーマが親子のことだけではない気がします。自分は安全保障局の人が言っていたセリフの「子供の事は関係ない」っていうをヒントではないかと。予告編があそこまでやっちゃってたって事は、本編ではもう一段階あるってことだろう と。

予告編 (ちゅどーん)
2005-06-28 00:31:46
 ハリウッドにおいては、映画製作会社と予告編製作会社は別らしいですが、だからといって予告編で全く別のシーンを編集して、虚構のストーリーを作ってしまうのはどうかと思います。

 わかりにくいのでこの映画を例にとりますと、J.ムーアが慌てた様子で、公園で遊ぶ子供達に「サムを知らない?」と尋ねたり、もう一人の記憶を消された男(名前知りません)に自己紹介するシーンが、さもストーリーの前半にあるように編集されてますが、実際はラスト3分。

 同様のことが「スターウォーズ・エピソード供廚任發△蝓△い気気がっかりしました。

 こういうことって皆さんもあるのでは?
(笑) (kossy)
2005-06-28 19:23:41
>ちゅどーん様

ある!ある!

予告編のシーンはいつ出てくるんだ?!

と期待していたら、とんでもないところで出くわす。

予告編製作会社はすごいですね。



ここ1、2年のうちで一番良かった予告編は『バイオハザード2』でした。

「なんだよ!アンブレラ社って!」と妙にワクワクしたものです。もっとこの予告編を観たいと思っていたら、違うトレーラーに変わってしまいましたけどね・・・

フォーガットン (へんぐ)
2005-11-14 23:38:04
TBありがとうございます

ネタバレ映画館さんは時間があるときよく見に来させていただいているので大変うれしいです。とはいっても、先にこちらからTB下のですが・・・

確かにジュリアン・ムーアじゃなきゃ公開も危う買ったかもしれませんね。

最後の最初のジュリアン・ムーアの憔悴した顔と最後の安堵の表情がまったく別人のようで、この映画はすばらしいものにしていると感じました。
TB (Niyaso)
2005-12-14 02:05:27
させていただきます。

よかったですねー、このコメディー映画w
ありがとうございます (kossy)
2005-12-14 02:24:27
>へんぐ様

いつもご訪問ありがとうございます。

ジュリアン・ムーアということで、まさかこんな映画ではなかろうと安心しきっているところへ・・・ですからね。

ジュリアン・ムーアの安堵の表情ってのは、観客をだましてやったぞ!という満足感だったのかもしれませんね。



>Niyaso様

はい、コメディでした(笑)

もう一度飛ばされるという体感ムービーを味わいたかったのですが、もう無理です・・・
酷評通り・・・ (ANNE)
2005-12-27 02:26:43
あんまり良い評価聞かない作品だったので、期待せずに見たらその通りでした。

最初は良い感じだったのに・・・。
インパクト (kossy)
2005-12-27 09:02:40
>ANNE様

すごい反響です(笑)

これだけヒットして酷評を受けまくると、製作者側も大満足なのでしょう。今後も年に1本くらいはこの手の映画がありそうです(笑)
思い出していただけました? (swallow tail)
2006-03-01 02:35:33
kossyさん、こんばんは。

映画自体は公開直後に観に行ったのですが、

先ほどこの記事を書きました。

しかし、なかなか中身を思い出せない。

「そうだ!『ネタバレ映画館』なら!!」と思ってやってまいりました。

おおぅ・・・

結末を言ってはいけないのですね。



もう、公開と書くつもりがつい後悔になってしまう作品でした。

『ER』のアンソニー・エドワーズが出演していたことだけ鮮明に覚えています。
公開直後に後悔 (kossy)
2006-03-01 08:35:04
>swallow_tail様

きっと中身は忘れるために作られているのです(笑)

宇宙人の仕業だとわかった途端に、この映画の記憶を消そうとする力が働きました。だから終盤の展開はなかなか思い出せないままです。

人の記憶を消すことくらい、宇宙人なら簡単ですもんね。



さすがに地上波で放映されるようになれば、ネタバレしてもいいのかもしれないですね♪
いろんな方がいるもんですね・・ (とらねこ)
2006-07-12 11:30:21
kossyさんが、いろんな方に様々な言い方をしていらっしゃるコメント欄を、じっくり最初から最後まで読ませていただきました。

kossyさんて、優しいな〜。

ほんと、いろんな方がいるんですね。

まじめすぎる人もいるし・・・

私は、「すごいくだらなかったよ〜」と言われて、とても見る気がしなかったんですが、仲良くしているブロガーの方が、「あれは見た方がいい」とオススメしやがりました(爆)

ぶっちぎりワーストSF (とらねこ)
2006-07-12 11:37:20
言い忘れました。

私の中で、ぶっちぎりのワースト1位に輝きました「サイン」を超えるものが出てくるとは。kossyさんのおっしゃる、「ドリームキャッチャー」もかなりのもんですね私、原作読みましたが、かなり良かったですよ〜。「フロム・ダスク・ティル・ドーン」は大好きです(笑

ワースト (kossy)
2006-07-12 13:06:37
>とらねこ様

丁度昨年の今ごろでした。

ワーストだ、ワーストだと映画ブロガーたちの間でさんざんコケにされてきたこの映画も異常な盛り上がりを見せていました。

すごいんです!

こんなにまで話題をふりまく映画だなんて(笑)

その議論だけで満足できるほどだったんですよ。

俺の中では2005年度話題賞1位です。

ちなみに2004年度話題賞1位は「デビルマン」です(爆)
Unknown (いまのまい)
2006-09-11 00:31:23
都合が悪くなるとすぐ『ちゅど〜ん』笑

他の方のコメント見てたら納得。



やっぱりあの急展開はちょっと・・・反則ですよね^^; でも、正直いってそれがわかってからのほうが話もスピーディで緊迫感はあったと思います。

とにかく、前半の嘆きのテリーのときはだるかった〜(汗
Unknown (UGG ブーツ格安)
2011-12-02 16:07:26
その実際に私に喜びの多くを提供します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

162 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
フォーガットン (arudenteな米)
なんだかなー 苦笑いしかでない フォーガットン(The Forgotten) http://www.forgotten.jp/ (キャッチコピー) 「シックス・センス」以来、最も衝撃的なスリラー! …だそうですが片鱗もないです そんなんの。  B級以下のシナリオをA級未満の役者が演じた微妙に金
『フォーガットン』 (ぺぺのつぶやき)
2004年 アメリカ 92分 監督 ジョセフ・ルーベン 脚本 ジェラルド・ディペゴ 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 ジュリアン・ムーア 、ドミニク・ウェスト 、ゲイリー・シニーズ 、アルフレ・ウッダード 、ライナス・ローチ 「フォーガットン」公...
『フォーガットン』を観た († Aquial 言葉 †)
記憶の欠如か改ざんか・・・ 大切な想い出、その全てが無かったものにされてしまったら・・・。 待ちに待った映画です。 予告編を見た時からずっとワクワクしていたし、映画の導入部分もかなりイイ感じで始まっていました。 これはホントに記憶の欠如なのか、もし
フォーガットン (2004) THE FORGOTTEN (極私的映画論+α)
11人の死亡が確認された悲惨な飛行機事故で9歳になる一人息子サムを亡くした母親テリー。それから14ヵ月たったいまでもテリーは立ち直れずに、サムの思い出に浸るだけの毎日を送っていた。そんなある日、テリーは夫と息子と3人で撮った記念写真からサムだけが消えている
フォーガットン (そーれりぽーと)
随分前から面白そうな予告編を何度も目にして期待していた「フォーガットン」が公開されたので観て来ました。 ★★ 予告編がマトモだったら★3個 序盤からクライマックスの途中までの見せ場が全て予告編に含まれていて、「この次の展開は予告編のあの場面か」と思えばその通
前フリは一流だがオチは・・・ 「フォーガットン」 (平気の平左 Blogの巻)
フォーガットン 評価:15点(注:うちは100点満点で評価してます) すごい賛否両論っぽい映画です。 私はこういう映画は全然ダメです。 えー、少しわかりにくいかもしれませんが、この映画を例えて言うと、 「面白い話があるんだー」と言って話し始めた、関西人の
フォーガットン−THE FORGOTTEN− (shimoの音楽&映画鑑賞日記)
監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア    ドミニク・ウェスト    ゲイリー・シニーズ    アンソニー・エドワーズ    アルフレ・ウッダード    ライナス・ローチ    ロバート・ウ
フォーガットン (でっていう。)
あなたの大切な人生が、ひとつ残らず消えていったら―― 原題 : THE FORGOTTEN 監督 : ジョセフ・ルーベン 音楽 : ジェームズ・ホーナー 脚本 : ジェラルド・ディペゴ 出演 : ジ
フォーガットン (ヲイラのだいあり?)
  ■ フォーガットン 原題:THE FORGOTTEN       あなたの大切な人生が、       ひとつ残らず消えていったら――         最愛の息子を亡くし、立ち直れずにいる一人の女性に降りかかる想像を
フォーガットン(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョセフ・ルーベン【出演】ジュリアン・ムーア/ドミニク・ウェスト/ゲイリー・シニーズ/アルフレ・ウッダード/アンソニー・エドワーズ【公開日】2005/6.4【製作】アメリカ【ストーリー】9歳の一人息子であるサムを飛行機事故で失ってから14ヶ月。テリー(
フォーガットン THE FORGOTTEN (archive9.com)
去年に予告編を見て以来、待ちわびていた作品THE FORGOTTEN。ソニーピク...
フォーガットン (みかんのかんづめ)
想定外の衝撃。期待も好奇心も打ち砕かれる。 〜 ストーリー 〜 9歳のひとり息子サムを飛行機事故で失ってから14ヶ月。 テリーは未だに愛する息子の死から立ち直れずにいた。 そんな彼女の周りで異変は静かに始まった。 家族3人で撮った大切な記念写
フォーガットン (Lovely Cinema)
前置きひと言。いや、ふた言。 これ、予告がとっても上手い![:拍手:]&[:汗:]  真実は、本編を見ればそこにある! 2004/アメリカ 監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア    ドミニク・ウェスト
フォーガットン★★★椅子が揺れるほどビックリするシーンが! (kaoritalyたる所以)
記憶の欠如か改ざんか・・という感じで予告を見て気になっていた映画、フォーガットンの試写会に行ってきました。主演はジュリアン・ムーア=最近のアカデミーの常連女優です。まずは文句から。最近の予告はあまりに誤訳と、映像と台詞が実は重なってなくて違和感を感じる...
フォーガットン (ころりんぶろぐ)
★☆ [劇場] 公開初日に映画を観るなんて、人生初の体験。 公式HPの“『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラー!”という宣伝文句に若干不安を抱きながらも、予告編が結構おもしろそうだったので、楽しみにしていました・・・。 ・・・確かに衝撃的でしたよ。 そん.
フォーガットン (CINEMA正直れびゅ)
こういうスリラーには目がない。事前情報をシャットアウトするため、劇場でかかる予告編も、あまり観ないようにしたつもり。公開初日、レイトで観てきた。
フォーガットン (何を書くんだろー)
「フォーガットン」 評価 ★★☆☆☆  ジュリアン・ムーア主演のサイコスリラー???前評判はそこそこだったし「シックセ・センス」 を凌ぐとか凌がないとか言われてたので。  愛する子供を飛行機事故で亡くしたテリーは、未だに無くなったサムの思い出...
フォーガットン (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
さあ、今日も映画を楽しみますよ。 本日1本目は「フォーガットン」です。   「『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラー」   映画館にて何十回と予告を見て、「結構面白そうだなー」って思い楽しみにしていた一作です。 「シックス・センス」はかなり
「フォーガットン」 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
監督 : ジョセフ・ルーベン 出演 : ジュリアン・ムーア      ドミニク・ウェスト      ゲイリー・シニーズ      アルフレ・ウッダード      ライナス・ローチ  *ストーリー* 一人息子を飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、その
「フォーガットン」@サイエンスホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は多少ネタバレしないほうがいい映画なので気をつけて書いたつもりなんだけど、読まなきゃよかった・・・と思いそうな人は読まないでね☆でも、今年の試写会の中ではナンバーワン!!!だよ。2?と聞かれると「ザ・インタープリター」かな? {/hiyo_en1/}とっても見た
フォーガットン (ミーハーの映画評)
ストーリー 悲惨な飛行機事故で9歳になる一人息子サムを亡くした母親テリー。 それから14ヵ月たったいまでもテリーはサムの思い出に浸るだけの毎日を送っていた。 ある日、テリーは夫と息子と3人で撮った記念写真からサムだけが消えているのを見つけ困惑する
フォーガットン (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
テレビ局主催の試写会で観てまいりましたっ!(^o^)/ジュリアン・ムーアの最新作でありマスっ! 11人の死亡が確認された悲惨な飛行機事故で、9歳になる一人息子サムを亡くした母親テリー(ジュリアン・ムーア)。それから14ヵ月たったいまでもテリーは立ち直れずに、サ
フォーガットン@劇場 (CoffeeRoom)
一時間前にチケットを購入したが、前から3列目になっちゃった。 思っていたより前評...
フォーガットン(ネタバレあります) (そらとびらび)
公式サイト http://www.forgotten.jp/ 観て来ました。ネタバレ含んでますので、これから観る予定の方はご注意を。 いやぁ、前評判の噂通り、ドッキリコメディーでございました(笑) ストーリー的にはかなりツッコミ所満載ですが、 それもま、いいか。と思えるぶっ飛びぶり
「フォーガットン」 (merci館**)
このテの映画は絶対、人より先に観たいんで、公開初日に張り切って行ってきましたよ。1人息子サムを飛行機事故で亡くして14ヶ月、テリーは未だにそのショックから立ち直れずにいた。しかし夫や精神科医から、始めから息子は存在しておらず、全てテリーの妄想だと聞かされる。
#26:フォーガットン (::あしたはアタシの風が吹く::)
機内にて・・・。ラストを明かすと記憶を失う」これってなかなかある意味的を得た表現で◎ ビミョーに面白かったのですが、、、カツオの一本釣り状態に引き笑い(笑) またしてもこれ、配給会社のコピーにやられてる作品です(^-^; 正直、ジュリアン・ムーアやゲイリー・シニ
機動戦士Zガンダム、最高!&フォーガットン、ぶっ殺す!! (エンタメ情報 メッタ斬りぎり)
「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」 総監督・原作・脚本・絵コンテ:富野由悠季 声の出演:池田秀一、飛田展男、鈴置洋孝、岡本麻弥、勝生真沙子 やっと観れたよ、Zガンダム♪ 先週観に行った時は、3時間以上前から列が出来てて挫折したんだけど、今日は休日に
『フォーガットン』 (『世の中みじん斬りblog』)
『フォーガットン』を観ました。   解説: 『マネートレイン』のジョセフ・ルーベン監督が描く衝撃のスリラー。主演はジュリアン・ムーア。音楽は映画音楽界の巨星ジェームズ・ホーナーが担当している。親と子の強い絆からある真実が明らかになるまでを、ダイナミッ
チープさの理由。。(辛口) (新規事業立ち上げに魅了された社会人のブログ)
昨日のお酒も抜けきれないまま、 今日も行ってきました新作映画。 今日観た映画は、『フォーガットン』 予告編の印象では、 非常に面白そうな意味深な映画だな。と思い、 期待に胸を高鳴らせて映画館にいったのですが、 率直な感想は・・・、 またもや
スニークプレビュー5 (自称・美人デザイナーのひとりごと)
ジュリアン・ムーア主演の 「フォーガットン」の試写会へ。 ↑「シックス・センス」以来、 もっとも衝撃的なスリラー このコピーに釣られたんだけど・・・ 司会のおねいさんも 「中盤からえ?エ?・・と意外な展開にハラハラドキドキとします。」 と説明され...
フォーガットン (うぞきあ の場)
「シックス・センス」以来、最も衝撃的なスリラー! とかいうコピーと、あの予告編を観て、観てしまった。 最初、どんなミステリーだか、 単に記憶がなくなっていくだけなのか、 人為的に記憶が失われていくのか、 はたまたドラえもんの最終回がごとく、 実は記憶喪失中の出
『フォーガットン』 (復活!majira's room)
今週も先週に引き続き映画を観てきました。 今週のタイトルは、『フォーガットン』。 先週、『炎のメモリアル』の予告で、『シックス・センス』以来、 最も衝撃的なスリラーなんていうコピーにだまされ動かされ、 観てきました。 アメリカ映画ではめずらしく
『フォーガットン』・・・やっちゃった・・・かな。 (ねずみのぶろぐ)
何でしょう・・・予告にかなり期待させられたが、後半に向けてやっちゃった感が・・・。 個人的な意見だが、「謎」「どんでん返し」を期待して観てはいけない!! 観るのなら小学生くらいの子供がいる親の気持ちで!! 以下、短いが多少ネタバレが入っているため、これから.
【MOVIE】フォーガットン (思いつくままに)
今週末も興味のある作品が一気に何本か公開されましたね。 どれを観ようか悩めるなんて幸せだと思いながら映画館へ。 今日は「フォーガットン」を観てきました。 ずいぶん前から劇場では予告編が流れてたんですけど、 最初に見たときからずっと気になってた作品です。 感想
映画: フォーガットン (Pocket Warmer)
邦題:フォーガットン 原題:The Forgoten 監督:ジョセフ・ルーベン
フォーガットン [一体何だったんだろ。この映画・・・] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
貴方の心にはどんな台詞が印象に残ったでしょう。 私は・・・ (以下の台詞はすべてうろ覚えです) 「人間じゃない何かの仕業よ」  たとえば映画とかね 「お前たちの頭では決して理解できない」  ええ、おっしゃるとおり全く理解できませんでした。 「忘れろぉぉぉぉ!!!」
フォーガットン (まつさんの映画伝道師)
第115回 ★★★☆(劇場) (核心に触れているので、ご注意あそばせ)  身内の死を悲しむ。  しかし、ある時を境に「悲しみ」が癒えてくる。その「悲しむ」感覚は徐々に麻痺してゆき、身内が同じ屋根の下で暮らしていたことさえ考えなくなってしまう。
フォーガットン (angle cafe*)
映画だからこのストーリーで出来るのだと思う 「ありえない!」って声も沢山聞こえてくるけど、「ありえない!」って事やってみたいというのが映画ってもんだろうと、考える事にしました 子供を飛行機事故で失ったジュリアン・ムーア演じる母親は、ある日写真やア
フォーガットン The Forgotten ★★★ (おのぺりの映画鑑賞会★)
Tとレイト。私はミリオン・・が観たかったけど、きっといつまでも上映しているだろうから、早く終わりそうなこちらにする。 予告通り、記憶がそしてそれに伴う現実が消えていってしまうという話。最初はそれをなぞるような形でストーリーが展開して行った。母親ゆえの喪失へ
フォーガットン 結果よりも過程を楽しんで★3 (おえかき上達への道)
期待度・・★★★★☆ 満足度・・★★★☆☆(シニーズ出演で★1個追加) まずは良かったところを。 女の子の父親が娘を思い出した瞬間は感動。 ゲイリー・シニーズが出ていたので嬉しかった。→担当医。 凄い驚くシーン有!めっちゃびっくりして文字通り飛び上がりました.
#20:フォーガットン ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価    先週の土曜、6月4日から始まったこの映画、 実は、2月にNYに行った時、機内で見てましたが感想を書くのを躊躇してました とにかく、不思議な映画でした。 頭から?マークが出るような感じ?の映画です。 はじめは、心理サスペン...
フォーガットン (ITニュース、ほか何でもあり。)
ジュリアン・ムーア主演。予告編を見て相当期待してましたが、完全にやられました。 いったい、キャッチコピーはどなたが考えるんでしょうか。 「シックス・センス」以来、最も衝撃的なスリラー! だそうです。(でもSEATTLE POSTからの引用らしいからな) いい加減シック
フォーガットン (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
 ふらふらと漂うような空撮で始まるオープニングは、そんなに激しさはなく地味な動きですがツボを刺激するのか、目が回ります!もう少し長かったら吐いてたかも・・・って私だけ!?( ̄▽ ̄;) そしてこのオープニングもちょっとした伏線だったとは露知らず・・・ 記憶にま
映画「フォーガットン」 (ちょっとひとことええでっかぁ〜)
2004年アメリカ映画 監督:ジョセフ・ルーペン 主演:ジュリアン・ムーアー、ドミニク・ウエスト、アンソニー・エドワーズ劇場予告編やTVCMでネタバレなんだけどなぁ〜。「シックス・センス」以来、最も笑劇的衝撃的なスリラー!『※注意!ストーリーは絶対に話さ
フォーガットン (impression)
飛行機事故による息子サムの死から立ち直れないテリー。 そんな彼女の周りで異変は静かに始まった。 愛車のボルボが見当たらない…、コーヒーを飲んでいたはずなのに…、そして家族の写真からサムの姿が消えている。 動揺する彼女に精神科医は告げる。「息子など最初から
フォーガットン (Cat Tail * cinema)
監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アンソニー・エドワーズ、アルフレ・ウッダード 他 公式HP 2004年*アメリカ*92分 レビュー 9歳の一人息子サムを飛行機事故で失ってから14ヶ月。 テリー(ジュリ
フォーガットン (映画短歌・せんかいへき blog)
 邪魔者は逆バンジーで大空へ 彼らが考案した罰ゲーム? ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2004 アメリカ 監督:ジョセフ・ルーベン 一本釣りという説もあります。(笑) あと、バシルーラとか。
フォーガットン(2004/米) (エンタメ系のススメ)
フォーガットン(2004/米)(映画)フォーガットン(2004/米)こういう映画ほどレビューの書き応えがある人気blogランキング参加中記憶は消されても思いでは消えない、ましてや10月10日(とつきとうか)お腹を痛めたわが子を忘れるはずもない・・・ネタバレ含みますのでご注意を...
『フォーガットン』を観て来ました!#83 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
原題:THE FORGOTTEN あなたの記憶がすべてニセモノだとしたら! 全米No.1のサスペンス・ホラー 製作国 アメリカ 公開日 2005/6/4 公開劇場:日劇3ほか 日本配給:UIP ★解説★ 9歳のひとり息子、サムを飛行機事故で 失ってから14ヶ月。テリーは未だに愛
フォーガットン (森羅万象)
けっこう前に見た映画ですけど… この映画、私には何がしたいのかよく分からなかった。いきなり、ガラスが割れて人がどっかへ吹っ飛んでいったり。。 「え?何で飛んだ??背中に何かついてたっけ?」みたいな。 全体的にはビックリさせられる場面(静かな場面でいきなり大
フォーガットン (ももママの心のblog)
ジュリアン・ムーがリアリティーのある演技で物語りに引き込んでいく。3回以上はドキッとすること請け合い。{/face_ase2/} 2005年 アメリカ 心理サスペンス サプライズ 2005年6月8日 川崎チネチッタ 監督 ジョゼフ・ルーベン 出演 ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェ
フォーガットン (an idealist)
レディースデーだけど最後まで【電車男】にするかこの映画にするか迷った 結局、2ちゃんねるのスレッドを読んでだいたいのストーリーを知ってしまった【電車男】は却下した ただし今日のコンディションは最悪〜 生理2日目で眠気と腰痛との戦い・・・今から思うと映画を...
(劇場)『フォーガットン』感想 ((映画)新作DVD発売日情報)
6/4〜公開『フォーガットン』主演:ジュリアン・ムーア  消えていく――愛するものが、信じていたことが...9歳のひとり息子、サムを飛行機事故で失ってから14ヶ月。テリーは未だに愛する息子の死から立ち直れずにいた。そんな彼女の周りで異変は静かに始まった。家族...
フォーガットン (たにぐちまさひろWEBLOG)
テリーは14ヶ月前に飛行機事故で最愛の息子サムを亡くした。悲しみにくれながら、毎日サムが元気だった頃に撮ったビデオや写真を眺めるうちに徐々に心が病んでいく。 ある日、突然、ビデオやアルバムからサムの姿が忽然と消える。夫ジムを問い詰めると、ジムは「息子など
フォーガットン ★★★☆☆ (♪こういう曲調すき〜♪)
電車男に続き、本日2本目。 で?で?結局なんなわけ??? 状態・・・・ ほんっとにわけわかんない。 スリラーってそもそもこんなものなんだろうが・・・・。 でもジュリアンムーア?の芝居はよかった。 めちゃくちゃ現実味帯びてて。 全然怖くはないのよ。 ただ、 あ
★「フォーガットン」 (ひらりん的映画ブログ)
この作品の予告は以前からよく見かけてたので観てみようかと・・・ 主演はアカデミー賞によくノミネートされてるジュリアン・ムーア。 2004年製作のサスペンス・スリラー、96分もの。 あらすじ 9歳の息子・サムを飛行機事故で亡くし、なかなか立ち直れないでいる母親
フォーガットン (まったりでいこう〜)
テリー(ジュリアン・ムーア)がよく走ってましたねえ(笑)前宣伝に惹かれて観る気になったのですが、こ、こ、これはあんまりだ〜〜。そんなオチでいいのかよ〜〜。なんかもうすべてにおいてガックリとくる内容でした...。 よくよく考えてみれば始まった最初からヤバイかも
フォーガットン(ネタバレありあり) (日々徒然ゆ〜だけ)
 息子を飛行機事故で亡くした失意の母親に,次々起こるな複雑怪奇な出来事。多分,感のイイ映画観さん,シネフィルさんはこう予想しただろう。  所謂「シャマランオチ」。
『THE FORGOTTEN』 (ぽとり映画)
以前死んだはずの子供のことを、自分以外の人が忘れてしまう・・・・・・そんな理不尽かつ謎の展開が待ち受けていると云う今作。ミステリとサスペンスが混じった感じなのかなと思い、結構期待して見てきたのですが・・・・・・う、うぅぅん??思っていたのと違う展開でした
フォーガットン (ぷち てんてん)
このレヴュー、書きずらいよね(笑)☆フォーガットン☆(2004)ジョセフ・ルーベン監督ジュリアン・ムーア・・・・・テリードミニク・アッシュ・・・・・アッシュゲイリー・シーニーズ・・・・マンス医師ライナス・ローチ・・・・・・謎の男アンソニー・エドワーズ・・・テリ...
フォーガットン (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日はバイトが休みなので「フォーガットン」を観て来ましたよ!  テリー(ジュリアン・ムーア)は14ヶ月前に飛行機事故で一人息子のサムを亡くし、その心の傷がまだ癒えずにいた。  しかしそんなある日、彼女は家から息子の写真が一つ残らず消えていることに気づき、
フォーガットン (えいがの感想文)
ネタバレしてるので、観てないひとは読まないで! さて、どんなどんでん返しがあるのだろう?と期待しながら観ました。 ジュリアン・ムーア主演「フォーガットン」 「シックス・センス」「ヴィレッジ」なんかに、とっても衝撃を受けたもので、 今度は、幽霊じゃな
☆★★ 『フォーガットン』観ました ★★☆(画像あり) (★SASASAWAのよくばり日記★★☆)
   1ヶ月ぶりのヒルズの映画館です。   観た映画はジュリアン・ムーア主演の『フォーガットン』。   心臓が弱い人は観ちゃだめだと思います。   すごい衝撃に頭が痛くなりました。   詳しい感想(ちょっとネタバレあり)は→『ホラー&etc・・・』のペ...
フォーガットン (2004) (かこぶろ。)
Xファイル好きにはウケる映画。 予告の、ERシリーズのアンソニー・エドワーズ(マーク・グリーン役)が出てるってことと、カツオの一本釣り状態にヒュ〜〜〜ン!と飛んでいく様がとても気になっていました。 秋のNY風景も楽しめます。 見方によって好き嫌いが分かれるか
フォーガットン (No Cinema No Life)
ちょっとヤバイ作品だった気がします。予告編を見てなんとなく気になって見てきましたが、そうきますか!?って展開で。 この後どういう展開になるの!?というサスペンスを期待してると肩透かしを食らいます。なんといっても宇宙人が出てきますから!! (@_@)えっ!
The Forgotten (Aloha Days)
強化月間の名にふさわしく、レディス・デー3本連続鑑賞してきました! 疲れたっ!肩こったー!おしり痛ーい! なぜそこまでして映画を観るのだ?と自問自答してみたけど、観たいものは観たいんだからショウガナイや〜ね♪ ストレス解消になるし♪(たまにストレス溜まる映画
フォーガットン (Imagination From The Other Side)
自分の記憶にしか存在しない息子。 その真相を究明すべく奔走する主人公の姿を描いたサスペンス。 主演は「エデンより彼方へ」「めぐりあう時間たち」のジュリアン・ムーア。 共演に、「アポロ13」「ミッション・トゥ・マーズ」のゲイリー・シニーズ、「真夏の夜の夢」...
フォーガットン (映画のしっぽ)
9歳の一人息子サムを飛行機事故で失ってから14ヶ月テリー(ジュリアン・ムーア)
フォーガットン (かなり週刊:にっき)
「フォーガットン」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 感じとしては、「
フォーガットン (Diarydiary!)
《フォーガットン》 2004年 アメリカ映画 − 原題 − THE FORGO
フォーガットン (Saturday In The Park)
監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア     ドミニク・ウェスト     ゲイリー・シニーズ     ライナス・ローチ おいおい・・・・いい加減にしてくれよな・・・。 まぁ親が子を思う気持ちは計り知れないってぇのはよ〜く解ったんだけどさぁ〜
飛 〜「フォーガットン」〜 (サナダ虫 〜解体中〜)
ジョセフ・ルーベン監督作品、ジュリアン・ムーア主演の、 映画 「フォーガットン」を観た。 息子を飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、 ある日、写真やアルバムから息子の姿が消えているのに気付く。 夫や精神科医から「息子など最初から存在しなか
フォーガットン (物・モノ・mono)
ヴァージンシネマ六本木 スクリーン6で鑑賞 飛行機事故で死んだはずの子供が、 自分以外の周りの人々の記憶から消えていく…。 そして、夫からも妻の記憶が消えていく。 予告では、けっこう面白そうな内容で 冒頭では、国家の陰謀か?はたまたと思わせぶりな感じでした。
フォーガットン(THE FORGOTTEN)」 (基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内)
☆前半での語りの巧さが光る、母子の絆の物語☆
『フォーガットン』 (cinema days 『映画な日々』)
 人間業とは考えられない記憶の抹消。 「親と子の絆」が試される。 個人評価 ★★★☆  『 映画雑感 』
フォーガットン鑑賞 (Cafeアリス)
土曜日のレイトショウで、フォーガットン鑑賞しました。 レディスディには、無理そうだったので、レイトショウ1300円。 映画館の予告CMや、TVのCMで観た限りで、結末が知りたかった からなんですね〜。 自分の子供との記憶が、写真やアルバムやら、ビデオテープ...
フォーガットン (世界は映画でまわってる。)
「なんじゃそりゃ〜!」というオチらしい。 ほほう、それは是非とも観てみなければ!!<自爆スキー 前半戦は、記憶物サスペンスって感じ。<何そのジャンル 記憶って、確かなものだと思いがちですが(知識は別として) 自分以外の誰にも証明することができない、不確
フォーガットン (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「これは全く予想外の展開。だけど、展開云々は書けないなあ。オレの好みのところなので、なかなか楽しめた。でもこれ、普通は驚くどころか、開いた口が閉まらないって(^_^;)」 ダメ男2連発(^^)の後は、楽しみにしていたサスペンス・スリラー行ってみましょうかね。今日3本目
【映画】 フォーガットン ★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 9歳の一人息子を飛行機事故で亡くして14ヶ月、 テリーは愛する息子の死から立ち直れずにいた。 息子のタンスを開け、中を整理して過ごす毎日。 夫はテリーに精神科医の通院を勧めた。 ある日、自宅に戻るとリビングに飾られた親子3人の写真から息子が消えてい
『フォーガットン』(2005年・56本目) (Bardus Scriptor)
 今年,ある意味で最も面白い作品でした.まぁ,なんというか開いた口が塞がらないというか,どうにでもなれやぁ,ってくらいにぶっ飛んだ作品だったな,という印象です.ぶっ飛び具合で言えば,『ローレライ』超えてるな,って気がします.ま,この作品に萌えは出てはきま
映画「フォーガットン」を観て (てんぱっていきまっしょい。)
こんばんは、{/kame/} でございます。 今、レイトショーで 「フォーガットン」を観てきました。 いやいや、心理サスペンスだと思ったら 困った時のX-ファイル作戦 ですか・・・。 「巨人の星の謎」を思い出しちゃった。by {/kame/}
フォーガットン(ネタバレあり) (飴玉映画館)
これ、3月に飛行機の中でみました。もう公開だからここにもメモっておきます。かつて事故で息子を亡くしたテリー。ある日家族写真から息子の姿が消えていた。そして、次第に周囲の人間が「息子なんていないよ」と口にする…。自分が壊れているのか?周囲が異常なのか?一体何
フォーガットン (きまぐれ Live☆Like☆This)
予告編でけっこう興味をそそられてたものの、直前になってすこし悪い予感がした ・・・そしてその予感は見事にあたる 物語の前半はよかった ☆ ふつうの街のふつうの風景、しかしどこか不気味でうすら寒い 死んだ息子の遺品をながめては回想にひたる 主人公・テリー
■フォーガットン (*Hello Nico World)
  ←おまけのホワイト・ボード 『フォーガットン』(2004)アメリカ 息子サム
「フォーガットン」 (尋常ならぬ娘のオタクな映画日記)
   「フォーガットン」 この映画、一言で言うならば、 “見掛け倒しの映画” といえるだろう。 私がこの映画の存在を知ったのは、 テレビ東京系で日曜深夜0:00〜放送されている「SHOWBIZ COUNTDOWN」である。 この番組で紹介されている時は、
ジュリアン・ムーアが映画にリアリティを与える (soramove)
「フォーガットン」★★★ ジュリアン・ムーア主演 自分以外の周囲の 人々の記憶が 消えてしまった。 誰もが自分の話に 耳をかさず、ついには 国家安全保障局が動き出す。 謎が少ずつ解明され 暗躍する国家の影が 興味を引かせ、次の展開が気になる。 ...
フォーガットン (えろぶろ at Excite)
巷ではかなり評判悪いようですね、本作。 「ショウビズ・カウントダウン」で見た時にこれは日本には来ないだろう とタカをくくってたのでいきなり公開されてびっくりしました。何か他の 作品とグロスで買わされたんでしょうか。宣伝部もさぞや悩んだ事でしょう。 そん
「フォーガットン」 (るるる的雑記帳)
「フォーガットン」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 どーしよ、結構面白かった気がしてしまった私はやはりアホなんでしょうか(笑)「シックスセンス以来の・・・」云々ってキャッチは確かに思わせぶりだし間違ってるけど、こん
「フォーガットン」 (sean\'s room)
あははははは。。。。。どうしよう、この感想。 なんていったら良いのか…この作品^^; ネタバレもいけないだろうし、 でもなぁーそれしか語るところがないし…(爆) 私、むかーしこういうニュースを観た記憶ありますね。 よくやってましたよ。昔。特にアメリカ方面で^^; そう
[フォーガットン][劇場] (一年で365本ひたすら映画を観まくる日記)
■ストーリー 『一人息子のサムを飛行機事故で亡くして14ヶ月、テリー(ジュリアン・ムーア)は愛する息子の死から立ち直れずにいた。息子のタンスを開け、中を整理して過ごす毎日。夫はそんなテリーに精神科医の通院を勧めた。しかしある日、自宅に戻るとリビングに飾られて
「フォーガットン」観て来ました。 (しまりすのひとりごと)
観て来ましたよ、観て来ましたよ。 もおおお、これは予告をみた瞬間からずーっと 観たくて観たくて仕方が無くて、 なんと前売り券まで買って待っていた、という作品でした。 土壇場でいろいろ忙しくなってしまって 観にいくのが遅れてしまったのですが、やっとこ、 先週の土
「フォーガットン」 (the borderland)
この作品に関しては見る前も後も、誰の感想も読んでません。 「シックスセンス」を超えたとかいう怪しげなコピーながら、つかみはOKの予告編にこれは見なければと思ってました。ただ観た友人のコメント聞く限りは「とんでも映画」の匂いがプンプンしたので、逆にどれくら
FORGOTTEN」 意外と哲学 (映画侍、ぶった斬り!!!)
記憶がなくなるということはどのようなことだろう?脳の一部に記憶に対応する物質があるのだろうか?記憶を人為で消すことが出来るのだろうか? もしも記憶を消すビジネスがあったら、という発想ひとつで、切ないラブストーリィを見せてくれた、映画「エターナルサン
The Forgotten★★☆☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:フォーガットン 『9歳の息子を飛行機事故で亡くしたテリーは、ある日写真やアルバムから息子の姿が消えていることに気がつくが、誰も子供が存在したことなど覚えてなく、次第に周りの人間は彼女の存在さえ忘れていく。絶望的な状況の中で彼女は息子を取り戻そうと...
「フォーガットン」 (まるまるコロロ)
ラストがあっさりしていてちょっと拍子抜け。 記憶に関する映画ってほんと多いですよね。 この映画の場合途中から記憶をテーマにしているのかわからないような展開になっていくんですけど。 最近では「エターナルサンシャイン」とかもみましたけど、なんだか、「記憶...
2005/06/17 (m\'s box)
先週、『フォーガットン』を観に行った。 始めは面白かったし、ERのグリーン先生がもっと何かするんじゃないかと楽しみだったのに、、、。 「なんやこれ」という感想しかなかった。 何度もびっくりさせられただけだったなぁ。
フォーガットン (Ajamin\'s Cafe)
Forgotten 製作年:2004年製作国:アメリカ配給:UIP映画監督:ジョ
フォーガットン(映画館)  (ひるめし。)
あなたの大切な人生が、もし一つ残らず消えていったら・・・ フォーガットン(映画館)  なんだこりゃありえねーーー!!!の一言です。 ネタバレしちゃうと記憶を無くすらしいけどネタバレしたいんで、これから観に行く人は読まずに観た後読んで下さい。
子どもは関係なしだ。 (luv2)
6/17 「フォーガットン」鑑賞。  友だちとレイトショーに行きました。  前から気になっていた「フォーガットン」。ずっとメンタル的な面を追求したサスペンスものだと思っていたのに、序盤から雲行きが怪しくなり、いい意味でも悪い意味でも裏切られました。  思っ
フォーガットン 映画 (明けましておやすみなさい)
<p >カラカラに晴れた中行って参りました、「フォーガットン」。</p>
フォーガットン (万有引力)
金曜日に1000円で見てきました。 色々な方のブログを見ると賛否両論ですが、私的には前半は面白く、後半は・・つまらない。とまでは言いませんが、え?こんだけ?・・って感じでした。 今思うと予告編が一番面白かったかな。 かなりネタばれでオチまで書いてます(その割.
フォーガットン (俺とJ)
ジュリアン・ムーア主演のサスペンス映画 『フォーガットン』ですが、2回観てしまいました。 そこそこ面白かったですが、別に2回観たいって 程じゃなかったんだけど。。 実はこの前友達のコを映画に誘ったのですが、 「『炎のメモリアル』観よーぜ!」 「つまらなそうだ
フォーガットン (Happyboyの★インジョイムービー★)
フォーガットン… (ブログで、何ができるのか・・・)
CMを見る限りでは、面白そうに感じたのだけど(^_^;) ハッキリ分かることは、?? 意味が分からない(^_^;) 最後まで謎解きが… 何故、記憶が消えるのか? 犯人は? 何も説明が無いのは? もう散々(T_T) 久しぶりに映画館で見た映画なのに… よほど心が広い人以外は、オスス.
忘れちゃったのね (ハタチカラ)
一日で4??ヤセました。ええ昨日からの腹下しで。いま現在で40時間以上何も食べてません。飲み物はアクエリとアクティブダイエットのみ。なんかねお腹が空かないんですよ。食べ物屋の前とか通っても美味しそうだと思わない。ノドも別に渇かないんだけど脱水症とかになったらヤ
フォーガットン (spoon::blog)
9歳の息子を飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、ある日写真やアル...
「フォーガットン」を観た★★★☆☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
細かく言うと、5点中3.5点くらいですかね〜。(相方の方は、2点と申しておりました)自分的にはあまり期待していなかった分、返って面白く感じちゃったんですよ。ラストはちとウルっときたりも。(多分、お子さんがいらっしゃる方なんかはこの部分は泣かされると思うので...
★★「フォーガットン」観て来ました★★ (★★かずくんままのマネー&映画日記 名古屋ポケパーク行ってきました★★)
懸賞で当たったチケットがあったので「フォーガットン」観て来ました。 全国共通のチケットだとシネコンでも利用が出来てやっぱり便利です♪♪ 主演はジュリアン・ムーアです。 この手の映画は最近見ていないのでちょっと新鮮だったかな。 ネタバレありますので
[映画]The Forgotten (Boro 宿屋 -2nd edition-)
ジュリアン・ムーア Julianne Mooreが好きだったし、CMではサスペンス的な要素が誇張されてて期待して観たものの…ちょっとトホホでした。 最初は、「え?何?妄想なの?」で信じまくってたけど アッシュが頭の片隅から記憶を取り戻してから、「やっぱ現実にいたんだ」っ
映画「フォーガットン」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
映画「フォーガットン」開映21:00@錦糸町シネマ8楽天地 「フォーガットン」THE FORGOTTEN 2004年 アメリカ 配給:UIP 監督:ジョセフ・ルーベン 脚本:ジェラルド・ディペゴ  出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、    
フォーガットン (部屋の掃除をしなければ)
CMや予告編で気になっていたこの映画。 なんか知的サスペンス風?とか思って、 久しぶりに期待して見に行く。 飛行機事故で愛する一人息子サムを失ったテリー。 事故から14ヵ月が経過した今も 彼女は息子の死から立ち直れずにいた。 そんなある日、彼女は家族写真の中から
フォーガットン (It\'s a Wonderful Life)
この映画なんとなくスルーするつもりでいましたが、 なんでも聴こえてくる評判は面白い!とかトンデモ!とか いまいち実態がつかめなかったので、こりゃやっぱり 観て見よう!と劇場へ。 失踪した飛行機に乗った息子の事が忘れられないテリー (ジュリアン・ム...
フォーガットン (利用価値のない日々の雑学)
なんでもありっていうのは、この作品に相応しい言葉? 実は、当初余り見る予定もなかったし、観たとしてもレビューにする積りは全くなかったのだが、結構プロガーの皆々様がご覧になっているようだし、実際に筆者も観にいって、いやいやこの作品って何度観ても多分、絶対理解
映画を見たで−フォーガットン− (デコデコマンの書き殴り部屋)
監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アルフレ・ウッダード、ライナス・ローチ 評価:89点(100点満点) 「アンバランスさの勝利」とでも言えばいいのだろうか。 私はこの映画結構好きだな。 9歳の一人息
映画を見たで−フォーガットン− (デコデコマンの書き殴り部屋)
監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アルフレ・ウッダード、ライナス・ローチ 評価:89点(100点満点) 「アンバランスさの勝利」とでも言えばいいのだろうか。 私はこの映画結構好きだな。 9歳の一人息
フォーガットン (まきまきにっき)
友人たちと見に行く約束をしていたものの、その日は都合が悪くて一緒に行けなかった「フォーガットン」。 まだ上映していることに気づいて見に行ってみた。 今年39本目の映画。 9歳の一人息子を飛行機事故で亡くして14ヶ月、テリー(ジュリアン・ムーア)は愛する息...
■フォーガットン (電脳乱波)
■フォーガットン...★...2005年公開中  クソだ〜〜〜っっ!!ジュリアン・ムーアが主演だし、公式サイトでのPRぶりが良さげだったので期待して行ったのに!!!!!ファーストディで1000円だったからまぁ良しとするか、と自分を納得させなければならん程くそ映画でした。 ...
『フォーガットン』 忘れたくないもの (*モナミ*)
飛行機事故で幼い息子を亡くし、 ショックから立ち直れないでいるテリー(ジュリアン・ムーア)。 毎日、息子の写真や、ビデオを眺めては、 元気に遊んでいた息子の姿を思い浮かべていた。 だがある日、毎日眺めていた写真から、突然息子の姿だけが消失。 夫や、通院し
フォーガットン (映画の休日。)
“「シックス・センス」以来、最も衝撃的なスリラー!”との宣伝文句に、「シックス・センス」好きとしては、期待と不安が入り混じっていましたが、「シックス・センス」と並べるに値しない作品でしょう!というのが見終わった後の感想です。
フォーガットン (Drinking Again)
映画が終わった瞬間、あちこちで嘆声があがりました。 いや、へんな言い方だけど、予想以上に予想外の展開の映画で、これは見て得したなあ。 主人公のジュリアン・ムーアは「ハンニバル」でクラリス捜査官を演じてましたが、この役は「羊たちの沈黙」のジュディ・フォスター
フォーガットン (いいな〜これ!)
★★★ これはドキッ!とするね〜。 きっとこの監督さん、観客をドキッ!とさせるのが好きな人のか、どこまで観客をドキッ!とさせることができるのかをテーマにしている人なのか、いやはや。 きっと原作を読んでもこんなドキッ感は無いと思う。 3、4回、身体がこわばっ.
2005-20:フォーガットン (七転八倒映画館)
「シックスセンス以来、最も衝撃的なスリラー」と言うのが売り文句の「フォーガットン」。この手の作品はかなり一か八か的な所がある(サインとかビレッジとかは大ハズレだった)のだが、もしかして傑作だったら悔しいので見る事にしている。以下ネタバレになるので見る予...
フォーガットン (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
邦画と韓国映画が好きなんですが、 たまには洋画も観ますよ!ということで 予告で気になった、この作品を 劇場でチェックー! って、この作品、「FLY,DADDY,FLY」よりも前に観てたんですけどね。 色々あって、上げるの遅くなりました(;・∀・) 「フォー...
フォーガットン  宣伝も予告もフォーゲットして見ましょう (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:フォーガットン(原題:The forgatten)/レボルーション・UIP ジャンル:落ちがわかるので詳しくかけない/2004年/92分 映画館:MOVIX京都2(180席) 鑑賞日時:2005年7月17日(日),18:50〜 35人 私の満足度:70%  オススメ度:60% フォーゲット、フォーガット、フォ
フォーガットン (よっしーの脳内世界)
だいぶ前の話ですが、映画「フォーガットン」を見てきました。予告編を見てとても面白...
フォーガットン (プチおたく日記 vol.2)
愛する息子サムを飛行機事故で失ったテリーは、写真やビデオテー
フォーガットン / THE FORGOTTEN (魔王の館 −旧雑貨屋−)
フォーガットン [ストーリー] 飛行機事故で息子を亡くしたテリーは、悲しみから逃れられない。そんな彼女を夫や精神科医は見守るが、やがて不思議な現象が起こる。止めてあったはずの車がない。飲んでいたはずのコーヒーがない。そして人は「車はここになかった」「コーヒー
フォーガットン (アキラの映画評論)
期待外れな映画。 フォーガットン、ついにDVDがでましたね。 思い返せば、予告編...
フォーガットン (レンタルだけど映画好き morey’s room(別館))
サスペンス/ミステリー 2004年 アメリカ 監督 ジョセフ・ルーベン 出演 ジュリアン・ムーア/ドミニク・ウェスト/ゲイリー・シニーズ/アルフレ・ウッダード/ライナス・ローチ/ロバート・ウィズダム/ジェシカ・ヘクト/アンソニー・エドワーズ あなたの大切な人生が、ひ
フォーガットン (Rohi-ta_site.com)
DVDで、ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アンソニー・エドワーズ 出演の「フォーガットン」を観ました。 ●ストーリー 悲惨な飛行機事故で9歳になる一人息子サムを亡くした母親テリー(ジュリアン・ムーア)は、1年以上経った今でも、息
フォーガットン (がちゃのダンジョン)
『フォーガットン』 (2004)THEFORGOTTEN上映時間92分 製作国アメリカジャンルサスペンス/SF/ミステリー公式サイト/eiga.com 飛行機事故で最愛の息子を亡くし、何ヵ月経っても立ち直れずにいた一人の女性に降りかかる想像を絶する出来事を驚愕の展開で描くサスペン...
「フォーガットン」DVDで観ました。 (GOODNEWS)
先日リリースされたばかりの「フォーガットン」をレンタルで観ました。6月の劇場公開時には映画館で予告編だけ観ていましたが、その予告編を見る限りは面白そうに思えました。でも何か映画全体の雰囲気がイマイチだったのでパスしました。それでもDVDレンタルを心待ち...
フォーガットン。 (透明な音。。。)
久々にレンタルしてきました♪ 新作に
【シネマ】『フォーガットン』 (夜ふかしサラリーマンのひとりごと)
フォーガットン The Forgotten :VIDEO
私は身ごもっている。私はサムを忘れない! (ものづくる)
『フォーガットン』 監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア/ドミニク・ウェスト/ゲイリー・シニーズ/アルフレ・ウッダー 公式サイト:http://www.forgotten.jp/index02.html 息子サムを失ってから14か月と6日。一日たりともサムを忘れたことはない。
『フォーガットン』もうひとつのエンディング(ネタバレ注意) (ふうの突発的更新ブログ)
前置き:映画館で鑑賞した際の感想 「……(沈黙)」. ピューっと人が飛ぶシーンで思わず「ビクッ」. 映画鑑賞中にビクウッとしたのは,映画館で『らせん』(あれ?『リング』だったかな?二本立てで観たんですがずっと以前なので記憶があやふや)を観たとき以来です{/fa
フォーガットン (ブログ的雪かき)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント フォーガットン  つれづれなるまま85本目。フォーガットン。  結構話題作みたいなので借りてみた。「シックス・センス以来最も衝撃的なスリラー」とパッケージには書いてある。ほほう。個人的にはシックスセンス
フォーガットン (色即是空日記+α)
( ´Д`) <はぁー・・・ ため息しかでないね。。。 愛する息子を失ったテリーは、写真やビデオテープから息子の姿が消えてしまうという怪奇現象に直面する。 予告で見た感じではおもしろそうだったのに。最近はやりの記憶系映画かと思ったのに。私の一番キライなパター
■フォーガットン (ルーピーQの活動日記)
9歳の一人息子を飛行機事故で亡くして14ヶ月、テリー(ジュリアン・ムーア)は愛する息子の死から立ち直れずにいた。息子のタンスを開け、中を整理して過ごす毎日。夫はテリーに精神科医の通院を勧めた。ある日、自宅に戻るとリビングに飾られた親子3人の写真から息子
映画「フォーガットン」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■感想: 劇場で観ました。話はテンポよく進んでいきます。前半と後半で話しの展開が急に変わります。前半は一人息子サムを亡くした母親に、周囲の人達が「息子など最初から存在しなかった」と言われ、さらに国家安全保障局が介入するというサスペンス風に話が進んでいき、.
フォーガットン (いつか深夜特急に乗って)
「フォーガットン」★★★(盛岡フォーラム2) 2004年アメ
フォーガットン (ベルの映画レビューの部屋)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント フォーガットン (UMD Video) (2004) 出演 ジュリアン・ムーア (テリー・パレッタ)     ドミニク・ウェスト (アッシュ)     ゲイリー・シニーズ (マンス医師)     アルフレ・ウッダード (
フォーガットン (和日和)
満足度★★★ 母は強し・・・ そしてパッケージどおりジュリアンムーア走ってばっかだ。 あらすじ テリーは14ヶ月前に愛息サムを飛行機事故で亡くした哀しみから立ち直れずにい
フォーガットン (cinema note+)
THE FORGOTTEN 2004年 アメリカ もぅーーーーーーー!って言っちゃいました。今年最大のブーイングです。真面目に見て損した。 特にどぴゅーんって飛ばされる女捜査官には目が点
フォーガットン (Niyaso blog)
出ましたね。今年No.1映画。もちろんワーストのほう。 DVDパッケージに書かれている文字が、「シックスセンス」を超える衝撃。 「サイン」を超える衝撃が正しいです。下回るって意
フォーガットン (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラーって・・・ 嘘つき〜〜! どこをどーとったら『シックス・センス』になるのやら・・・ どっちかって言うと笑撃的だった『サイン』と同じ種類でしょ。 こーゆー
フォーガットン・・・・ (サクっと)
フォーガットン ミステリーサスペンス?みたいな 「フォーガットン」 ジュリアン・ムーアとゆーとハンニバルみたいなサスペンスを想像しちゃうけど どうなんでしょう 
フォーガットン (等身大の私〜My Life-Size〜)
THE FORGOTTEN 2004年 アメリカ ―あなたの大切な人生が、ひとつ残らず消えていったら― 【キャスト】 ■テリー・パレッタ:ジュリアン・ムーア ■アッシュ:ドミニク・ウェスト ■マ
今日の映画「フォーガットン」 (Pepinの言い訳)
先々日から風邪気味な私は、浜名湖オフにも参加せずに 熱と戦ってますよっと(笑) 風邪引いてるときの私の定番は、レンタルしてきたDVDを 布団被ってひたすら飲み食いしながら見てます。 そんなわけで休日の今日は「フォーガットン」。 うたい文句は 「『シッ
フォーガットン (ミュージックファクトリーの音楽・映画情報)
当ブログをごらんの皆さん こんばんわ、舞斗です。 いやーブログ書くの超ひさしぶりっす ここのところ、僕の代わりに優が書いてくれて、いつもとは違ったブログを楽しんでいただけたかと思います。 そんな中、昨日の夜中、この映画を見ました タイトル:フォーガッ
フォーガットン(The Forgotten) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・ルーベン 主演 ジュリアン・ムーア 2004年 アメリカ映画 92分 サスペンス 採点★★★ もうみんな既に観たって前提で書くよ。いいね?いいよね? 一人息子のサムを亡くした母親テリー。ある日を境に、周囲の人間がサムのことを忘れ始め、存在した痕跡までも.
「フォーガットン」 (雑板屋)
自分の顔付きがムンクの叫び系のごとく、嘆き顔になったシーンは言うまでもない。 人間さま(?)が・・ぶっ飛んで・・・逝ってしまわれた。。。(アーメン) そんなわけで、SF映画やSF小説嫌いな私が、今作を真面目に感想を述べるのももはや・・あふぉらしいと思うので、何
フォーガットン (スワロが映画を見た)
フォーガットン 原題:FORGGOTTEN 製作国:アメリカ 製作年度:2004年度 公開:2005年6月4日 DVD:2005年11月2日 監督:ジョセフ・ルーベン 脚本:ジェラルド・ディベコ 音楽:ジェームズ・ホーナー 出演:ジュリアン・ム...
フォーガットン…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
雨ですなぁ{/kaeru_rain/}(北部九州は)… え〜、今日はヨメ様(医療従事者)が夜勤とのことで、スーパーでお惣菜を買ってきて家族の夕食としたのですが、時間が遅いこともあり、各商品は半額のシールつき。 安かったので調子に乗ったこともあり、カンがわから ...
フォーガットン 06年116本目 (猫姫じゃ)
フォーガットン THE FORGOTTEN まずね、これは邦題の失敗ね。 だってこの題名見て、ゼンゼン見る気しなかった映画。 なによこれ、フォーガットン?フォーゴッテン? バカみたい。 Forgotten でいいじゃない。 発音は、各自にお任せで、、、 ジョ ...
56.フォーガットン (レザボアCATs)
はぁぁぁ〜!? なっ、なっ、なんじゃこりゃぁぁぁぁ  
フォーガットン (グレート・タカの徒然なるままに…)
ジュリアン・ムーア主演のサスペンス。 前半はなかなかいい感じのサスペンスが展開されていって、結構引き込まれて面白かったんだが、そこまでだった。 こんなオチになるなんて… 結局こういう展開にしてしまえば、なんでもありだからなぁ。 サスペンスで ...
『フォーガットン』 (NOW☆MAY☆room〜まいのシネマノート)
【story】 愛する息子を失って1年以上が経っても、テリー(J.ムーア)の傷心はいまだに癒えず、彼女は今もなお、精神科医の治療を受けていた。そんなある日、テリーは、大切にしていた写真やビデオテープから、息子の姿だけがどんどん消えていくことに気づく。慌 ...
フォーガットン (spoon::blog)
ふぉーがっとん 昨今、食傷気味だった「主人公妄想もの」とは180度違って、本作は主人公だけが知っている(気づいている)もの、であった。ストーリーの軸となる設定は20年前から世界(特にアメリカ)で噂されたネタなので、ある程度理解しやすいのではないか。
わが子が突然いなくなったら? (◆名著・名画・名ゲーム?◆)
もしある日突然わが子がいなくなったら そして君には子供なんていなかったんだといわれたら あなたはどうしますか? もちろん必死になってお探しになるでしょう。 そこには迷う余地はないかもしれません。
フォーガットン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「フォーガットン」は、「愛がこわれるとき」のジョセフ・ルーベン監督のとても不評なサスペンス・スリラーです。  14ヶ月前の飛行機事故で最愛の息子を亡くし、悲しみに暮れていたテリー(ジュリアン・ムーア)は、それでも夫のジム(アンソニー・エドワー...
映画評「フォーガットン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年アメリカ映画 監督ジョゼフ・ルーベン ネタバレあり