ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

善き人のためのソナタ

2007-04-25 23:30:59 | 映画2007
 HGW(ハー・ゲー・ベー)とは誰なんだ?!もしや、あの禿兵衛のことか?

 恐るべし監視国家。旧東ドイツに存在した秘密警察“シュタージ(国家保安省)”の存在が浮き彫りにされた映画だった。共産主義国家の中でもまともなほうだというイメージがあったが、シュタージと非公式協力者によって監視されまくりの身動きが取れない状況の国だったとわかります。反体制の意見を少しでも言ったり、西側の新聞を購読しただけでマークされてしまう恐ろしい社会。しかし、この映画を観て短絡的に、日本に生まれて良かった〜などと安心もしてられない。かつては治安維持法なる法律もあったのだし、一時は廃案になった共謀罪もいつ国会で審議開始となるかわからない。日本国憲法が改正でもされようものなら、なし崩し的に悪法がうじゃうじゃ作られて、たちまち監視国家に様変わりすることだろう。現に公安警察も存在しているし、盗聴法という法律もある・・・適用枠が増えていく一方になるんだろうな。

 最近、おかしいぞと思うこと。特にネット上の記事に多いのですが、共産主義を民主主義の反意語として扱ってる文章がまかり通っている。北のオバカな国のせいで学校でそう教えられてるのか、マスコミの胡散臭いコメンテイターの影響なのかは知りませんが、その程度の知識では監視国家の犠牲者になっても文句は言えません。そんなことより、ここ数年の日本の自殺者数を調べて、問題提起したほうがよさそうです(ちなみに日本は世界12位:WHO’03.9)。

 映画はイデオロギーとか政治的メッセージが強いのかと思い込んでいたので、ちょっと遠慮がちだったのですが、観てよかった。そんなこと抜きにして、あくまでも監視国家批判。今後の日本にも起こりうるような全世界共通の不自由な社会への警鐘とでもいったところでしょうか。そんな非人間的なシュタージの役人であっても、人間らしい心はあるんだと・・・ラストのシークエンスがとても素晴らしく、涙が止まらない映画でもありました。恋人さえ密告者じゃないかと信じることができないほど殺伐とした世の中であっても、「この曲を本気で聴いた者は悪人にはなれない」と言われる「善き人のためのソナタ」で人間らしさを取り戻す。やはり音楽はいいものです。

★★★★★

寝る前に「イ・ミニョンって誰なんだ?!」の『冬のソナタ』を観ます・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンニバル・ライジング | トップ | ラブソングができるまで »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-26 08:58:48
この手の映画をシネコンでやってくれるとは思いませんでした。
あまりタイムラグも無く見ることができて嬉しかったです。
最近はシネコン乱立で「ここだけで上映」という作品が多いので、あちこち振り回されています。
御経塚から福久まで大変だぁ〜。
「ブラック・ブック」のムンツェ大尉がここでも登場していましたね〜。
誰かに似ているんだけどハッキリとは思い出せない。
あ、先日友人が「ブラックブック」に行ったのですが、チョコはもらえなかったそうです。
さすがにトータル50名は超えたのね(ホッ!)
見応えのある映画でした (kisen)
2007-04-26 22:30:38
kossyさん、こんばんは。

じぃ〜んと心に響く映画でした。

物心ついたときから東ドイツ国家体制のなかにいたから、シュタージのやり方は国家体制を守るために正しいと信じている男、ヴィスラー大尉。


その彼が、芸術家たちを監視するうち、彼らの愛情や美しい歌・本などの芸術に影響されてゆく・・・

この過程の描き方がすばらしかったですね。そして、この地味な大尉が、いざとなったらとってみせる大胆な行動。

なんら報われることがなくても、助けたくなる。そして、そのために受けた「退屈きわまりない仕事」も甘んじて受ける。ただ、黙々と人生をやりすごす。でも、やっぱり自分のしてきたことは、形として残ったのです。

すばらしいラストシーン、ただただ、涙でしたね。

しかし、パンフレットによると、実際この大尉を演じた俳優さんも奥さんに密告されつづけていた、というのですから、ビビってしまいます。

本当の歴史が持つ、その重さよ・・・。
大尉 (kossy)
2007-04-27 07:22:40
>ミチ様
金沢地区のシネコン乱立・・・もう一軒できちゃいますからね〜
おかげでミニシアター向けの映画もどんどん獲得するんでしょうけど、今度はシネモンドが可哀想なことに・・・
俺はそのうえに富山まで行ってしまって、かなり疲れましたよ・・・・

コッホさん、なかなかいい俳優ですよね。
顔の長さはセガールにも見えたんですけど、日本人と比べたら草刈正雄くらい?違うか・・・(笑)

>kisen様
ヴィスラーの表情って変化が乏しい割に、肝心な時になると心理変化が読み取れるというか、顔だけで演技できてるんですから凄いです。
脚本も緻密だったせいか、ヴィスラーの次にとる行動を見ていてハラハラもさせてくれるし、「やっぱり・・・」などと思わせてくれるところ。いい展開でした。

一番印象に残るのが、盗聴していてピアノ曲を聴いたときの表情!音楽の人に与える影響って素晴らしいですよね。

俺もパンフを買ってきたので、じっくり読ませていただきます。
ほんと、良かったです。 (微妙)
2007-04-28 17:08:19
本当にステキな映画だったと思いました。
社会的だけど、政治的じゃなくて。
怖いですよね・・・反体制じゃないか?と、いうことになったら、その周りの”協力者”から落とすんですから。
そして、その中で生まれ育った人のマジメな気持ちを自然と描いていて。
芸術って必要だよね・・・と、思わせてくれます。
ラストはもう何が良かったんだかなんだかよくわからず、猛烈に泣きそうでした(ダメじゃん)
反体制派 (kossy)
2007-04-30 08:12:25
>微妙さま
俺なんて、このネタバレ映画館で感想を書いてるだけで要注意人物にされてしまうかもしれません。
政治的な映画ではないのに政治に絡めた記事も書いていることだし・・・(汗)

そこに生まれ育った人なんて、外の世界を知ることになってようやく自分達の社会がわかる。知れば知るほど反体制になるかもしれないです。
生きていく上で一番大切なのは人の心。その心を豊かにするのは芸術や文化ですからね〜やっぱり音楽は素晴らしいものがあります。映画も・・・
俺も恥ずかしながら涙でラストがかすんで見えてしまいました!
素敵なラストでした。 (kaoritaly)
2007-05-05 05:38:38
この映画は見た後、かなりいろんな人に薦めました。
よかったですねぇ。

で、いまTB貼るのに自分のを読んだら・・しょぼい感想です・・トホホ。

時間が無くって手抜きがバレバレ、本当に良かったと思ってるンかいな〜って感じです。

監視国家、日本でもありえそうな世の中で怖いっす。
観てよかった (カオリ)
2007-05-08 13:58:25
と思える映画でした。
そして、今の日本もそんな安全な国じゃないんだぞって。
自由な発想を言うことも活動することも許されなくなる、戦前に逆戻りなものを着々と築いていってますよね・・・教育基本法、次は憲法。うーん・・・

ところで、この監督(脚本)、これがデヴュー作なんだそうですね。すごいなあ。

ラストに号泣です。 (たいむ)
2007-05-11 20:28:54
kossyさん、こんばんは。
作品は文句なしで拍手喝采です。

殺されるのではなく、自殺という部分が実に興味深く、”タイプ4”の対応にも驚きでいっぱいでした。
誰もがヴィースラーのような心の持ち主になれるのならば、戦争もやがてなくなるのでしょうが・・・大臣はちっとも減りませんね。
今年の最高峰? (kossy)
2007-05-15 23:28:34
>kaoritaly様
うんうん、俺も色んな人に薦めたくなったです。
最近のドイツ映画はいい映画がいっぱい!どんどん輸入してもらいたいものです。

俺の記事もたいしたことないので問題ないです。
いい映画にめぐり合えると、逆にいい文章が書きづらかったりしますもんね〜

>カオリ様
ついに国民投票法が可決されましたもんね。
国民全員が憲法の意識をしっかり持てば問題ないんでしょうけど、普段の選挙の投票率を見る限りでは恐ろしい結果になりそうです。

デビュー作だったんですかぁ。逸材というのは埋もれているものなんですね〜

>たいむ様
自殺に追い込まれる人々。今の日本にも多いんです。
自分には関係のないこと!などと平和に過ごせるうちはいいのですけど、これだけ悪法がまかり通るとその数も増えてくるはず。
音楽によって平和な心を養うこと。実現できればいいんですけどね〜
初めて投稿します。 (Aki)
2007-09-25 04:40:17
皆さん、スクリーンでご覧になった方ばかりで『今更観』はありますが、感想を。

人は、生まれ、いつ、なぜ、善き人と悪しき人に分かれるのか?

人は、いつ、なぜ、自殺しするのか?

考えさせられる作品です。

未熟な学生・無知な子供ですら、非人道的・悪いと感じるコトを、地位・権力のある人・国が、やれ!と言えば、従ってしまう。

壁は崩壊したけれど、もし、終焉が見えなければ?

永遠に感じられる時の中で、希望の光を見失い、疲れ果て、力尽きてしまう人は多い。

古今東西、大小、あらゆるコミュニティで、何度も、繰り返されている、悪しき事実。

なくしたいですね。
性善説 (kossy)
2007-09-26 02:24:24
>Aki様
はじめまして。
俺は別に性善説を唱えるわけじゃないけど、悪いと思われる国の人と、良いと思われる国の人の違いのような・・・良いも悪いも先入観があってこそ生まれるものかもしれません。
自分が“善行”だと思ってすることであっても誰かを傷つけているかもしれない。善き人と悪しき人と区別するのさえ難しいものです。

それでも他人のために行動すること。
これを常に考えていれば、どんなに悪い社会の中にいてもいい結果はでるはず・・・一人の力は弱いけど、多くの人がそうやって行動すれば・・・やっぱり難しいか・・・
幸福論とは・・ (Aki)
2007-09-26 21:14:38
作品中、芸術家達は、自由な自己表現のため、行動しました。



自分のためですら、行動せず、現状維持を選択する人が多い。

まして、他人のため、自己犠牲を伴い、行動することは難しく・・善き人・・偉人です。



この作品には、色々な人が登場します。

私利私欲をむさぼる人・・他人を犠牲にする人・能動的・受動的・直接的・間接的な悪しき人々。



同じ対象者を盗聴をした、二人の反応が異なるように、感性の違いが、行動の違いに反映するのだと思います。



映画鑑賞方法は様々ですが、この作品を観て感性に触れる人が多ければいいな・・と思いました。
多くの人に (kossy)
2007-09-26 22:27:27
>Aki様
そうですよね。
この映画を観た人で、悪しき人になる人なんていないでしょうから、ぜひ多くの人に観てもらいたいですね〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
#34.善き人のためのソナタ (レザボアCATs)
素晴らしい傑作!アカデミー賞受賞の一日前に、見に行って、「これ、(外国語映画賞)取れるといいね〜♪」なんて言ってたのですが、そうですか、やはり、取りましたか!納得です。私、アカデミー外国語賞はいつも気になってしまうんですが、この作品も、本当に傑作と自信...
『善き人のためのソナタ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
芸術は偉大。心にソナタが鳴り響く。 気高さと重厚さと深みを持ち合わせた名品。 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられ...
映画 【善き人のためのソナタ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「善き人のためのソナタ」 アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。 『グッバイ、レーニン!』も東ベルリンを舞台にした作品だったけれど、この作品は綿密なリサーチに基づきシュタージの内幕を表した、サスペンス性に富んだ美しいヒューマンドラマとなっている。 ...
「善き人のためのソナタ」映画感想 (Wilderlandwandar)
「囚人番号227番取り調べ室へ入れ」「ボクはやっていない」「正直に話せ」「ボクは
善き人のためのソナタ/Das Leben Der Anderen (我想一個人映画美的女人blog)
今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ映画{/kirakira/} 先月から日本公開されていて、ずっと観たいと思ってたけどやっと観てきた♪ ほとんど前知識なく観たんだけど 評判通り、良い作品でした{/hikari_pink/} 時は1989年のベルリンの壁崩壊少し以前。 共...
善き人のためのソナタ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1984年、東西冷戦下の東ベルリン。壁が崩壊する5年前。DDR(東ドイツ国家)国民の統制と監視のシステムを強化しようとしていた。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラー(ウィリッヒ・ミューエ)は劇作家のゲオルク・ドライマン(セバスチャン・コッホ)と舞台女...
善き人のためのソナタ(映画館) (ひるめし。)
この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない
「善き人のためのソナタ」 (映画鑑賞検定3級blog)
アカデミー外国語映画賞に選ばれていたこの映画。邦題に弱い私には猛烈に来るものがあり、チネチッタでの上映もあることだし友人と行って来ました。大きなスクリーンだったのでビックリ。そんなに人は入ってなかったけど・・・。
「善き人のためのソナタ」国民を監視する国 (再出発日記)
『善き人のためのソナタ』という映画がはねたあと、近くの公園に弁当を食べに行った。GWの始まりの昼下がり、後楽園をぐるりと囲む旭川はゆたりと流れ、岡山城がかむなび山(聖なる山)の操山を借景として黒くそびえていた。満足して弁当を捨てるゴミ箱を探す。数年前には...
映画 『善き人のためのソナタ』 (Death & Live)
すっごい久々に映画観ました。 『善き人のためのソナタ』  2006年 原題 : Das Leben Der Anderen 監督 : Florian Henckel von Donnersmarck ラストの台詞が良いのですよ。 「ギフト包装しますか?」 「いや、わたしのための本だ」 人間...
真・映画日記『善き人のためのソナタ』 (          )
2月19日(月) 日中は特になし。 少し忙しく、午後6時半に終業。 虎ノ門から銀座線に乗り渋谷へ。 7時15分頃「シネマライズ」に到着。 ドイツ映画の『善き人のソナタ』を見る。 監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。 この作品が長編初監督...
善き人のためのソナタ (caramelの映画日記)
【鑑賞】シネマライズ 【日本公開日】2007年2月10日 【製作年/製作国】2006/ドイツ 【監督】フロリアン・ヘンケル・ドナースマルク 【出演】ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャン・コッホ/ウルリッヒ・トゥクール 【原題】“Das Leben Der A...
『善き人のためのソナタ』 (千の天使がバスケットボールする)
監視社会がはじまっている。 私の勤務先について言えば、メールは管理職は見ることができるし、社外とのメールは件数をカウントされている。街を歩けば、テロ対策防止用の監視カメラにぎょっとすることもある。しかし自分の知らないうちに最もプライベートな、個人の尊厳...
「善き人のためのソナタ」■これはどこの国のことか? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見た後では、「東ドイツという国はとんでもない国だったのだね。」「北朝鮮も同じような国なのではないかな。」という感想が出てくるのは自然なことであろう。しかし、この日本が向かっている先は、まさにそのような国ではなかろうか?
善き人のためのソナタ★★★★☆劇場31本目・シュタージって!? (kaoritalyたる所以)
2/18は映画2本立てでした。まず1本目がこの、『善き人のためのソナタ』です。いい映画だろうと思ってましたが、観終わった後は想像以上に、静かな深い感動がありましたね〜。あまり時間がないのでまた解説はコピペ。解説:ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強...
「善き人のためのソナタ」みた。 (たいむのひとりごと)
ヴィースラーが小田和正に見えた。。。というのはともかくとして、ラス前からラストにかけて号泣。ぐっと込み上げてきたものに堪え切れなかった。ベルリンの壁の崩壊直前のお話。壁が崩壊してからカナリ経つというのに、まだまだ明かされていない闇は多そう
『善き人のためのソナタ』 (たーくん'sシネマカフェ)
評判が良いため、せっかく都心し来たので鑑賞することに。この「善き人のためのソナタ」は旧東ドイツの冷戦時代の出来事を描いたもの。監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ...
mini review 07075「善き人のためのソナタ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品...
善き人のためのソナタ (エリ好み★)
邦題にもなっているソナタは、1回しか出てこないんですね…{%sweat%}
『善き人のためのソナタ』'06・独 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじシュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼ら...
『善き人のためのソナタ』 (Sweet*Days**)
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(2007/08/03)ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他商品詳細を見る監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  C...
善き人のためのソナタ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命...
映画評「善き人のためのソナタ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2006年ドイツ映画 監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク ネタバレあり
善き人のためのソナタ 〜新作DVD〜 (利用価値のない日々の雑学)
この作品も今年の早々に鑑賞したのだが、やはりきちんと細部を確認したかった作品。今年はなぜかこのパターンが多く、だすからどうしてもレビューが遅れてしまっている。この傾向が暫く続くんのではないかと思う。 東西ドイツ時代というのは、同じ第2次世界大戦敗戦国...
善き人のためのソナタ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1984年、壁崩壊直前の東ベルリン。 盗聴器から聞こえてきたのは、 自由な思想、愛の言葉、そして美しいソナタ・・・。 それを聴いたとき彼は、生きる歓びにうち震えた――。』  コチラの「善き人のためのソナタ」は、2/10公開になったアカデミー外国語映画賞ノ...
善き人のためのソナタ (ルナのシネマ缶)
映画館で観たかったのですが、 単館上映だったので、 どうしても時間があわず 観れなかった作品です。 1989年のベルリンの壁崩壊の 少し前まで東ドイツでは こんな状態だったんだなぁ〜と 監視社会の恐ろしさを 感じました。 1984年、東西冷戦下の東ベルリンで...
善き人のためのソナタ (cocowacoco)
映画DVD 「善き人のためのソナタ」Das Leben der Anderen          フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督・脚本 2006年 ドイツ              人間って人間って、なんて生き物なんだ・・・。 自分たちで作り出した社会構造。そ...
「善き人のためのソナタ」 (シネマ・ワンダーランド)
旧東ドイツの監視社会を描いた映画「善き人のためのソナタ」(原題:他者の人生、2006年、独、138分)。2006年のアカデミー外国語映画賞やNY批評家協会賞などを受賞。監督は弱冠33歳の新鋭フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。本作では、ファシ...
善き人のためのソナタ (ひめの映画おぼえがき)
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ、マル...
善き人のためのソナタ 〜 “監視する”から“見守る”への変化 〜 (Prototypeシネマレビュー)
〜 “監視する”から“見守る”への変化 〜 第79回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したこの作品『善き人のためのソナタ』(原題:Das Leben der Anderen、英題:The Lives of Others)。ベルリンの壁崩壊前の東ドイツの監視社会を克明に描いたことでも話題になった作...
「善き人のためのソナタ」 (クマの巣)
「善き人のためのソナタ」、DVDで観ました。 正直あまりにアカデミー外国語映画賞を取った作品で好きなのがないのですが観ました。……まあまあでした。 崩壊前の東ドイツの政府が反逆者を見つけようとすることで起
善き人のためのソナタ (映画鑑賞★日記・・・)
【DAS LEBEN DER ANDEREN/THE LIVES OF OTHERS】2007/02/10年公開製作国:ドイツ 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ、ウルッヒ・トゥクールとにかくすばらしい作品で...
善き人のためのソナタ (映画鑑賞★日記・・・)
【DAS LEBEN DER ANDEREN/THE LIVES OF OTHERS】2007/02/10年公開製作国:ドイツ 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ、ウルッヒ・トゥクールとにかくすばらしい作品で...
『善き人のためのソナタ』 (・*・ etoile ・*・)
これも見たかった。以前WOWOWで放送していたのを録画していたので見る。 「1984年旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の大尉ヴィースラーはヘムプフ大臣の依頼を受け、劇作家ドライマンの監視をするが、彼を通して芸術を知り・・・」という話。これは、しっとりとした良...
善き人のためのソナタ (Yuhiの読書日記+α)
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、...
No.193 善き人のためのソナタ (気ままな映画生活)
冷戦状態となっている東ドイツの内幕、国家独裁政治 なんだか、ヒトラーの時代かな… ベルリンの壁崩壊の裏側には、こんな事があったのかと ドキュメンタリーではないけど、そんな風に感じました。