ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

誰も守ってくれない

2009-01-27 01:10:30 | 映画2009
 「お茶漬けにしてやってください」「筋子が凍ってるな」

 背筋が凍る・・・なんども飛び出す勝浦刑事(佐藤浩市)と三島刑事(松田龍平)のやりとり。1月24日に放送された連動ドラマ『誰も守れない』を事前に見ておくと、“シャブ漬け”という言葉につい噴いてしまいましたが、三島の自虐的とも言える性格など彼らの性格、迷コンビぶりが楽しめる。その上、「背筋が凍る」という言葉の重みも過剰で執拗なマスコミ取材のいやらしさ、それに情報過多のネット社会の存在が被害者家族をおびやかす顛末を象徴していたかと思う。

 事件の4ヶ月前を描いたTVドラマ『誰も守れない』では被害者家族の許へ検察庁の被害者相談室の支援員が即日訪れるのですが、この映画では加害者家族を守るために区役所職員や教育委員会までが家族宅へ駆けつけてくるのだ。なぜ区役所?などと首を傾げていると、いきなり離婚届と婚姻届の判を捺させ、容疑者家族の姓を変えてしまうという荒療治を施してしまう・・・驚きだ。

 勝浦目線で追いつつも、やがて困惑しっぱなしの加害者の妹沙織(志田未来)目線へと見方も変わり、家族が犯罪を犯すことが周りに与える影響の凄まじさにのめり込んでしまうこと間違いなし。『手紙』という映画も加害者家族を扱っていましたが、同じ殺人事件であっても貧しさからくる古風な事件でした。その点、今作では直情的(状況は説明されてない)な現代的な犯行。発達した情報社会の中にあって、身につまされる内容だ。

 それにしても佐々木蔵之介(佐々木とはいえ、だいまじんではない)が演ずる新聞記者はとても怖い。自身の息子が不登校になったということもあって、犯罪を憎みすぎ。たしかに被害者遺族の気持ちを考えてみると糾弾したくなるのもわかりますが、その標的が犯人の妹というのも・・・頭がおかしいだろ!人間はなぜか弱い者を攻撃したくなることの表れなのでしょうけど、執拗なカーチェイスをやってのけるパパラッチのようなマスコミにしても、それこそ背筋が凍るぞ。

 その新聞記者が言い放った「家族は死んで償え!」という言葉にしろ、TVドラマでの「犯罪が起こらない限り捜査できない」といった印象に残る言葉も多い。3年前の事件の被害者であるペンション経営者夫婦(柳葉敏郎、石田ゆり子)の悲しさも目の当たりにし、しきりに反省する勝浦。沙織には他人の痛みをわかれば人として成長できる、これからは家族を守れと説くシーンもいい。。殺人犯人の家族という事実は一生ついてまわるのだが、彼女の人生は何度も壁を乗り越えなきゃならないんだろうなぁ。

 なんとなくダルデンヌ兄弟の映画を参考にしたんじゃないかと思えるセミ・ドキュメンタリー手法。君塚監督は『マイティ・ハート』を参考にしたと述べていたので、ウィンターボトムだったんですね。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疑惑 | トップ | リダクテッド 真実の価値 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (SHINGO。)
2009-01-27 03:18:25
試写会で観てきたんですが、中盤までは圧倒されました。
その感覚が、忘れられなくて、あと2回くらいは、
劇場で鑑賞してしまいそう(笑)

>その標的が犯人の妹というのも・・・
未成年者が、マスコミの標的にされるっていうのが
行き過ぎた演出ではないか?という意見が、
何かの誌面に載ってたんですが、
実際にも、行われていそうですよね。
とりあえず事件関係者なら、誰でも写真撮っとけ、
コメントもらっとけ、みたいな。。。
明確な結論も持てない内容でしたが、
心に刻みつけておくべき内容だったと思います。
Unknown (シネマ大好き娘)
2009-01-27 05:17:07
めさ、おもしろかったね~~
邦画も、最高~~

だいまじん (turtoone)
2009-01-27 18:01:50

>それにしても佐々木蔵之介(佐々木とはいえ、だいまじんではない)が

kossyさま、相変わらず上手い!!

私はこの作品ダメでした・・・。

作品よりも貴殿のレビューの方が面白かったです。





背筋が・・ (たいむ)
2009-01-27 18:40:27
kossyさん、こんにちは。
冗談で「背筋が凍るぜ」とか言えてるうちはまだ良かったんですけど、正に「背筋が凍るぜ」って展開はゾクッっと本当に身震いしちゃうようなものでしたね。

DVD特典は当然「誰も守れない」なのでしょうね(^^)
正義の味方 (イッセー)
2009-01-27 22:04:04
TVドラマでの佐野、志田のほんわか親子のイメージが残っていて
「パパ、なんてことを」と思ってしまいました。
コンクリ殺人の犯人(家族も)も結構晒されてます。
少年犯罪などは隠蔽される部分が多く、量刑も足らない印象が強いので
その反動としてこういうことになるのでは。
加害者家族も被害者だというチェンジが必要なのだと・・・ (PGM21)
2009-01-28 23:58:03
何時もお世話になっております。

明日は我が身という気持ちになる作品でした。

記者の梅本の言葉は世間の象徴みたいな言葉でしたが、本来犯人が責められる必要性があっても犯罪者でないその近親者まで責められるのに対して疑問視しなければならないのだと思います。
梅本みたいな考えだと犯罪者を持つ家族や肉親というだけで非難されなければならないという事になりますからね。
とはいえ肉親は変えられない訳で、芸能人でも石田純一や観月ありさなどのようにダメ息子やダメ親(同じ罪で有罪となっております)でも肉親ですからね。
だから同罪だというのも狂った考え方なのだと感じさせます。
神戸の事件もそうだったけれど加害者家族も被害者だというチェンジする認識が求められているのかもしれません。
こんばんは♪ (SOAR)
2009-01-29 01:26:18
コメントありがとうございました!
離婚させて別姓に戻してから奥さんの籍に入る形で婚姻届けを出す。
あれは仰天しましたよー。たしかに手続きを進めるだけで家族の名字が変えられますけどねぇ。
僕も背筋が凍りました。 (ミスターシネマ)
2009-01-29 23:16:48
kossykossyさん、初めまして。
ミスターシネマと申します。

僕は試写会でこの作品を見ました。しかも2回。

容疑者の家族の住所や顔写真などを掲示板に添付したり、誹謗中傷のコメントを書き込みするなど、現代のネット社会をリアルに描いている作品だったと思います。

自分がこういう立場に立たされたらどうなってしまうだろうと考えたら、映画での佐藤浩市も口癖にしていましたが、本当に背筋が凍りました(笑)

主演の佐藤浩市は今年度のアカデミー賞では優秀主演男優賞にノミネートされていますが、来年度のアカデミー賞でもこの作品でノミネートされるのではないでしょうか。
こんばんは~♪ (くろねこ)
2009-01-31 00:47:58
平凡な日常が壊れていくオープニングは思わず
息を呑みました。音楽も心にきましたね~(涙)
自分だったらと思うと苦しくなりましたよ・・。
ネット中傷やマスコミ追跡の醜さ。
この保護プログラムも非人道的に感じましたし。
この冷たさは悲しくはらただしかったです。
この作品の「警鐘」がみんなに聞こえるといいなと思います(涙)
こんばんは~♪ (くろねこ)
2009-01-31 00:48:32
平凡な日常が壊れていくオープニングは思わず
息を呑みました。音楽も心にきましたね~(涙)
自分だったらと思うと苦しくなりましたよ・・。
ネット中傷やマスコミ追跡の醜さ。
この保護プログラムも非人道的に感じましたし。
この冷たさは悲しくはらただしかったです。
この作品の「警鐘」がみんなに聞こえるといいなと思います(涙)
誰か守ってください・・・ (kossy)
2009-02-01 23:06:35
>SHINGO。様
俺もそうでした。とにかく前半の緊迫感は最近の邦画にはなかった。この調子でラストまで引っ張ってくれたら満点だと思ったくらいです。
やっぱり観客のことを考えてか、希望の持てるエンディングと優しい人間もいることに勇気づけられる内容。もっと突き放してくれたほうが俺としては納得できました・・・ちょっと偏屈かも(笑)

犯人に直接インタビューできないんだから、マスメディアの矛先も家族に向けられるしかないのかもしれません。実際のことは憶測の域を出ませんが、家族であっても妹なんてのはあまり関係ないんだし・・・と、マスコミやネット中傷者に対しても憤りを感じてしまいました。

>シネマ大好き娘様
う~む、面白いと言ってはやばいのかもしれないけど・・・邦画も頑張ってますよ~

>turtoone様
だいまじん
なんだかありがちなHNですよね。
ああ、だいまじんに中傷されるならもう負けだ・・・みたいな威圧感さえあったりしますよね(笑)

まぁ、この映画。問題作としてとらえるのが正解なのかもしれませんが・・・

>たいむ様
俺が背筋が凍る思いをしたのが、TVドラマのほうで、学校の教師が生徒に覚せい剤を世話していたこと!うわぁ~世の中こんなことになってるのかぁ~って。ドラマだということを一瞬忘れてしまいました。日頃からニュースばかり見てるもんで・・・

DVD特典・・・どうなんでしょ。それよりも続編を作ってもらいたいです~

>イッセー様
う~む、なるほど。
少年法の改正が叫ばれてから、あまり変更もなかったようですし、そのせいですかね~
それでも罪を犯した本人に向けられるのなら理解できるのですが、方向が違ってるのは何とも・・・
TVドラマは見てないのですが、志田未来の演技はもっとチェックしてみたいですね。
加害者家族 (kossy)
2009-02-01 23:28:36
>PGM21様
俺個人としては、ずっと前から加害者家族に対する思いは一緒でした。たしか、宮崎事件のあたりから。

仮釈放中だったり、再犯要素がある場合なんてのは家族の責任も問われてしかるべきなのかもしれませんが、初犯の場合は家族に責任を求められても・・・
警察が動くのは事件が起こってから。
現在のように大不況下では犯罪が増えるのもわかりきったことなのに、対策なんてさっぱり行われない世の中でもあります。

明らかに家族の責任だろ!と思わせる事件もあるし、芸能人に限ってもありましたよね。三○佳子の息子とか・・・因果関係がわからないものまで責任取らされてもねぇ・・・

>SOAR様
離婚届と婚姻届。
もうこれだけで脚本賞ものですよね(笑)どこまで現実にあることなのかは知りませんけど・・・保証人とかは刑事さんだったのでしょうか?

>ミスターシネマ様
初めまして!これからもよろしくお願い申し上げます。

家族の住所やら写真やら・・・そういや酒鬼薔薇事件だったかバスジャック事件だったか忘れましたけど、FOCUSやFRIDAYなども執拗に写真をスクープしようとしてましたよね。ネット社会はもっと早くなって、あっという間に調べる奴がいたりして・・・不思議なくらいの情報網ですもんねぇ。

佐藤浩市は今後ずっと男優賞の常連になること間違いなしです。

>くろねこ様
考えさせられること多々あり。ネット中傷やマスコミには特に憤りを感じてしまいます。
一般市民にとってはもっと重要なことがあるはずですよね。罪を犯さないためにはどうすればいいか、どうすれば住みよい世の中にできるのか・・・

こんなにいい映画が出来ても犯罪は減ることはないのでしょうけど、せめて身近の人に犯罪者が出ないようにすることはできるのかも・・・
ドモッ(ёдё)ノ" (あんぱんち)
2009-02-03 06:32:47
大魔神も冬彦さんも贅沢な使い方でしたね。
2人のお父さんに囲まれた志田ちゃんの演技は、やはり申し分なく目力が冴え渡っていました。
佐藤浩市も主演賞候補に入ってくるかな?
題材・脚本・演技は、良かった映画ですw
志田ちゃん (kossy)
2009-02-11 17:10:23
>あんぱんち様
年明けそうそうの邦画って年末になると忘れちゃいそうなんですけど、演技力だけはずっと残りますもんね~
台詞まわしなんかよりも目力!これにはまいりました。キッとにらむところなんて最高でした。
初めまして (香佑)
2009-10-05 19:12:42
私も見たのですが
何か、序盤が山場だった感じが…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
誰も守ってくれない (LOVE Cinemas 調布)
主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで...
映画「誰も守ってくれない」試写会。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
12月3日、映画「誰も守ってくれない」試写会、行って参りました。 このところ、楽しみにしてた映画・舞台を鑑賞しても、 睡魔には勝てなかったという、疲れ果ててる僕ですが(笑)、 今回はまったく睡魔も訪れず、ラストまで食い入るように、 スクリーンに集中できまし...
「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気 (オールマイティにコメンテート)
「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、...
誰も守ってくれない (Akira's VOICE)
声を聞こう。人の声を。  
誰も守ってくれない (利用価値のない日々の雑学)
邦画が今よりもずっときちんと主張をし、一般に問題提起をしていた時代に映画鑑賞に時間を沢山割けたという点で筆者はとても幸せだったのだと思う。所謂、「社会派」というジャンルには、当時、普通に暮らしている日本人にとっては同じ国、同じ国民の中にもこういう考え...
「誰も守ってくれない」みた。 (たいむのひとりごと)
おそらく、TVスペシャル『誰も守れない』をじっくり見てから、映画本編を見た方が理解度が高まるだろうと公開初日を見送ったが、多分正解だったように思う。勝浦刑事のエピソードゼロ的『誰も守れない』であり、娘
『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望 (SOARのパストラーレ♪)
事件の被害者ではなく加害者側、すなわち容疑者の家族を警察が守る場合があるという。警察は公に認めていないそうだが、その是非はともかくとしてこういう対応はあって当然な気がする。
映画「誰も守ってくれない」 (FREE TIME)
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。
誰も守ってくれない (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は佐藤浩市主演の社会派ドラマ「誰も守ってくれない」を観てきましたよっ!  刑事の勝浦(佐藤浩市)はとある殺人事件の容疑者家族の保護を依頼されます。  犯人の高校生の妹・沙織(志田未来)。  執拗に追ってくるマスコミやネットから逃げる途中、二人はそ...
映画 【誰も守ってくれない】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「誰も守ってくれない」 『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本と監督を兼ねる問題作。 おはなし:船村家は平凡な4人家族。ある日、18歳の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護...
ドラマ「誰も守れない」 (ミチの雑記帳)
ドラマ「誰も守れない」 1/24公開の映画『誰も守ってくれない』との連動ドラマです。 映画は“加害者家族の保護”がテーマでしたが、このドラマは映画の4ヶ月前の事件を扱っており、“被害者家族の保護”がテーマとなっています。 ある傷害事件が発生。被害者は企業の...
「誰も守ってくれない」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・東宝/監督:君塚 良一) 「踊る大捜査線」シリーズの脚本を手掛けてきた君塚良一が、監督も手掛けた社会派サスペンス・エンタティンメントの力作。モントリオール世界映画祭最
誰も守ってくれない (ドラ☆カフェ)
脚本 君塚良一、鈴木智 音楽 村松嵩継 監督 君塚良一 公開年 2009年 人は静かに強くなる
【誰も守ってくれない】 (映画@見取り八段)
誰も守ってくれない 監督: 君塚良一 出演:  佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、柳葉敏郎 公開: 2009年1月 第32回モントリ...
『誰も守ってくれない』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一    □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cy...
「誰も守ってくれない」 (★ Shaberiba ★)
加害者家族を襲うマスコミとネットの恐怖に背筋が凍った~!!
「誰も守ってくれない」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
敢えて露骨な商魂に乗ってみるのも悪くない。どうやら結構近所に住んでいるらしい志田未来ちゃん。一度くらいビナウォークで見かけてもおかしくないと思うのだが、いたらいたで好奇の目で見てしまうのは間違いなく、想像するだけで罰の悪い思いがする。TVドラマで数々の災...
誰も守ってくれない (Diarydiary!)
《誰も守ってくれない》 2008年 日本映画 - 英題 - NOBODY TO
『誰も守ってくれない』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一    □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cy...
誰も守ってくれない(映画館) (ひるめし。)
俺に、人を守れるのか。あなただけは、信じてる。
『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世...
試写会「誰も守ってくれない」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな切り口で問い直す力作社会派エンタテインメン...
誰も守ってくれない (だらだら無気力ブログ)
ある日当然、兄が殺人犯となったことで自身が殺人犯の妹となってしまった 少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会特有の動きを描いた 社会派ドラマ。 両親と兄とで何不自由なく暮らしていた15歳の沙織は、ある日兄が小学生姉妹 殺人事件の容疑者として逮捕...
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!(2009-3) (馬球1964)
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!2009年の第3作目です。
誰も守ってくれない (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  重苦しいテーマの映画である。だが観終わったあとに後味の悪さは残らず、むしろすがすがしい風が通り抜けてゆく気分だった。 いきなり未成年の青年が、殺人容疑で逮捕されるシーンから始まる。青年は中流のサラリーマンの家庭で育ったどこにでもいるような高...
『誰も守ってくれない』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡...
何か物足りない。『誰も守ってくれない』 (水曜日のシネマ日記)
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。
「誰も守ってくれない」 守ること、守られること (はらやんの映画徒然草)
皆があたかもそう言っているかのように一方的に書くメディア。 他人の中傷ばかりをす
誰も守ってくれない (佐藤浩市さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆佐藤浩市さん(のつもり) 佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【映画】誰も守ってくれない (新!やさぐれ日記)
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を...
誰も守ってくれない (エリ好み★)
犯罪に“巻き込まれた”少女と、心に傷をもつ男の逃避行。なんだか『ユリイカ』を思い出しますが…
誰も守ってくれない (Thanksgiving Day)
映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! 映画館で予告編を観てから、なかなか興味深い題材だなあと思って、公開されたら絶対に観に行こうと心に決めてたんですよ。 第32回モントリオール映画祭で最優秀脚本賞を受賞したという作品で、こんな内容です。 『幼...
誰も守ってくれない (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <有楽座> 監督:君塚良一 脚本:君塚良一 鈴木智 小学生姉妹殺人事件の容疑者が逮捕された。刑事の勝浦は、同僚の三島と共に、容疑者家族の保護という任務を命じられる。未成年の長男が逮捕された船村家では、両親と15歳の妹・沙織が、無神経なマスコ...
映画 「誰も守ってくれない」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
映画の公開初日にテレビで特別番組するなんて反則やわぁ~(´・ω・`)ショボーン 取り合えず番組は録画予約をしてレイトョーを観に行きまし...
誰も守ってくれない <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかというのがよくみえた被害者の家族を保護しないといけないのは...
表裏“同”体●誰も守れない & 誰も守ってくれない (Prism Viewpoints)
俺に、人を守れるのか。 あなただけは、信じている。   (公式キャッチコピー) 『誰も守ってくれない』 誰も守ってくれない - goo 映...
君塚良一監督 「誰も守ってくれない」 (映画と読書とタバコの日々)
メディア芸術祭の後、そのまま帰るのも勿体無いと思い映画を観ることに… 昨日は水曜日で劇場はレディスデー ひぇ~~~メチャ混んでる(>。<) ん、でも殆どのお客さんの目的は公開したばかりの「20世紀少年・第2章」みたい… 「誰も守ってくれない」の方は...
mini review 09395「誰も守ってくれない」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上げた。兄の逮捕で世間...
誰も守ってくれない (単館系)
容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 冒頭から離婚届だのってあまりにも現実過ぎ...