ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ダーク・ウォーター

2005-11-15 01:30:09 | 映画2005
 またJ・ホラーのリメイクかいな・・・と、ナメてかかっていたら、エンディングを迎えたとき、仄かに涙が頬を伝わるのを感じた・・・もちろん黒き涙・・・(海賊盤撲滅!)

 元々はホラー映画なのにウォルター・サレス監督の手にかかると、主人公ダリア(ジェニファー・コネリー)の泣ける悲劇へとジャンルを超越した映画となった。母娘の新居を中心としたルーズベルト島の暗い映像。天気はいつも雨模様。徹底した暗さと、低所得者層の失業問題を上手く絡ませ、ずしりとくるほどのダーク映像美でした。

 それほど覚えているわけではないのですが、日本版オリジナルではエレベーターに映る幽霊を中心に観客を驚かせるホラーだったように思います。しかも恐怖感を感じない、終盤のエレベーターでの派手なCGだけが印象に残る映画。それがなぜかジェラルメール・ファンタスティック映画祭でグランプリを取ったのだから、その事実こそ一種の心霊現象を想像させるほどの恐怖を感じたものだ・・・

 この『ダーク・ウォーター』では、小賢しい恐怖映像よりはダリアの悲しき人生を見事な心理描写で映像化し、ハリウッドっぽくないほどの暗い映像を追及したものだと思います。何しろキャスティングでもアカデミー賞女優やアカデミーノミネート俳優を多用しているものの、暗い映画の得意な俳優が多い。ジェニファー・コネリーは『砂と霧の家』で暗い雰囲気を培っているし、ジョン・C・ライリーは妻を寝取られた役や離縁状を叩きつけられるのが似合った俳優だし、ヴェック役のピーター・ポスルスウェイトがノミネートされたのは暗い『父の祈りを』だし・・・キャスティングからしてダークなのだ。

 友達のいない子供が“想像上の友達”を作るという設定は、どうしてこうもホラー映画の材料になるのでしょうね。最近では『ハイド・アンド・シーク』が記憶に新しいけど、子供にはもっと楽しくなるような友達を作ってもらいたいものです。『僕のボーガス』のジェラール・ドパルデューのように・・・

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水没の前に | トップ | そして、ひと粒のひかり »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見方の誤り(泣) (たましょく)
2005-11-15 10:09:16
 TBありがとうございますm(_ _)m



 ホント、見方を誤ったとでも言った感じ

です。オリジナルもそれほどホラー色が強

いワケでもなかった作品だったのに、何故

かリメイクにもホラー色を求めてしまいま

した。



 この映画の場合は「怖さ」よりも「寂し

さ」や親子の絆の深さを感じ取るべきだっ

たかと。



 たましょく的には、久々にスクリーンで

ジェニファー・コネリーを拝めたのでそー

ゆー意味で満足してしまいましたw
TBありがとうございます! (AKIRA)
2005-11-15 10:57:45
良い映画でした。 日本版より好きです。



それにしても,よくあのマンションを探しましたね。

イメージにぴったり。

でも,住人は嫌だろうなぁ。
今夜見に行きます (石川喜左衛門)
2005-11-15 12:09:15
海賊版撲滅……笑ってしまった(笑)

水がドバーーーッと (メビウス)
2005-11-15 15:04:44
黒く淀んだ水が結構効果的に使われていて、狭いバスルームで勢い良く出てくる水には結構圧倒されてしまったんですよね。ホラーのようなジャンルには水は結構不可欠な存在でもあるように思えますからね~。



少なくとも『リング2』よりは良い感じで水を扱っていたのではないかと♪
 (kossy)
2005-11-15 15:31:22
>たましょく様

オリジナル自体、そんなに怖くありませんでしたもんね。徹底した暗い映像のおかげで、「これはホラーじゃないぞ」などと途中から見方を変えてしまいました。

ジェニファー・コネリーに感情移入しまくったら、もうやられちゃいます。結局、自分の母親と同じ過ちを犯さないぞ!というトラウマのようなものが彼女の運命を悲惨なものにしてしまったのでしょうね・・・



>AKIRA様

日本では中田監督ですもんね。

リングと同じ気持ちで作ったのでしょう。

ロケハンが良かったのかもしれません。あの暗さ。

しかし、この映画のせいで、誰も住みたがらなくなるかも(笑)



>石川喜左衛門様

どうもです!

今夜の感想も楽しみしています!



>メビウス様

黒い水。

アメリカには墨汁ってものがあるのかな~?などと余計なことを考えていました。インクだと体に有害そうだし・・・

『リング2』ではCGの派手さばかり目立ってましたもんね。この映画ではVFXスタッフのクレジットも少なかったし、あきらかにCGだと思わせる映像が無かったのもよかったですね~

TBありがとうございます (eggman)
2005-11-15 20:48:10
TBありがとうございました。kossykossyさんはとっても映画にお詳しいとお見受けしました。今後このブログをいろいろと参考にさせていただきます。とりあえず、ジェニファー・コネリーが好きになりましたので彼女の作品を見てみようかなと思います(・∀・)。
ありがとうございます (むーびー)
2005-11-15 21:40:22
トラックバックありがとうございました。
Unknown (むーびー)
2005-11-15 21:41:53
どうもすいません

毎度 (xina-shin)
2005-11-15 21:56:12
TBサンクスです。

いま日本版をレンタルしようとしてますが、なかなか見つからなくて・・・

ホラーというより哀しい人間ドラマでしたね。
日本版 (kossy)
2005-11-15 22:20:50
>eggman様

ありがとうございます。

だけど、俺はそんなに詳しくありません(汗)

ただ、いっぱい映画を観ていきますので、また遊びにきてください。



>むーびー様

ど、どうもです・・・



>xina-shin様

ほんと、哀しい人間ドラマでしたね~

日本版はそんなに面白くありませんでしたよ。

無理にホラーっぽくしようとして、中途半端になってしまったような、そんな印象が残ってます。
そっか (sakurai)
2005-11-16 08:35:25
夜、トイレいけなくなるのもんで(このオバサンが何を言ってる)見ないでおこうと思ったのですが、みまーーす。

黒木さんの時は確実にいけなくなりました。

黒木 (kossy)
2005-11-16 12:01:01
>sakurai様

う~む、黒木瞳バージョンでトイレに行けなくなるのなら、ちょっとやばいでしょうか・・・

ま、おおまかなストーリーはわかっていらっしゃるでしょうから大丈夫かな?

ほぇぇぇぇぇっ! (こっちゃん)
2005-11-16 14:42:15
そらまた。よかったですか?

観たいなこっちゃんも。

そして黒い涙を流したい。



ああっ!映画が盗まれて行く・・・・
私は買わない (kossy)
2005-11-16 19:04:31
>こっちゃん様

見に行くときはブラック・アイシャドウを借りていって、思いっきり黒い涙を流しませう。

でも盗んじゃだめですよ。

TBありがとう (せつら)
2005-11-16 21:21:50
初めまして、TBありがとうございました



邦画は嫌いで一年に3本見れば多い方なんですが

日本版「仄暗い水の底から」は見ました。

ハリウッドリメイクが決まったときはうれしかった

です。

あのアパートの作りほんとオリジナル版とよく似て

ましたねびっくりしました

ラストは日本版とは違うハッピーエンドな終わり方

を期待してたんですが・・・

でも良い話でした。
オリジナル (kossy)
2005-11-17 01:17:12
>せつら様

コメントありがとうございます。

俺はオリジナルをほとんど覚えてないので申し訳ありません。多分、黒木瞳の演技がだめで、面白く感じなかったのだと思います。

たしかにアパート内部は雰囲気がそっくりだったかもしれませんね。ただ、外の風景が全く違うように感じたのです。どんより暗く、いかにも人が離れていきそうな雰囲気。あの暗さに圧倒されて・・・最後まで暗かった(笑)

まぁ、不条理の世界ですからね~

ダ-クウォ-タ- (tm)
2005-11-17 08:49:08
日本版とハリウッド版の違いがでていますね

最後の最後全く違う展開で・・・・・・

この監督さんはモ-タ-・・・・・・名前度忘れしちゃった!の監督さんなので、いい作品に仕上っているかと思いましたら、本当に日本版よりしっかりとした作品に仕上がっていたので、本当に良かったと思います!
Unknown (starblogger)
2005-11-17 11:51:33
こんにちは。

海賊版撲滅の黒き涙のほうに反応してしまいました。

映画を観るたびに見せられるあの映像、正直うんざりしています。

あの広告を撲滅してほしい。

幽霊 (kossy)
2005-11-17 14:04:43
>tm様

ども、おひさしぶりです。

そんなに違っていましたっけ?(汗)

日本版を見た時には、何を訴えたい映画なのかさっぱりわからないほど駄作だと感じたのですが、このハリウッド版はしっかりしてましたね~



>starblogger様

あの公告もね・・・

映画をいっぱい観てる人にはうんざりなんだけど、世の中の大多数の人って、年に数本らしいから、しょうがないのかもしれません。

次回作に期待!
コメントありがとです。 (ALICE)
2005-11-17 14:06:09
初めの海賊版撲滅に笑わせられました。



この映画は本当に悲しい映画ですが、良かったですね。ホラー的なとこは全く無かったように思いますが所々ぞくぞくしました。

天井にあんなしみがあったら・・・ブルッ

「仄暗い・・・」も好きです~ (aq99)
2005-11-17 18:31:21
どうやら、私は「仄暗い水の底から」の方がが好きな、稀有な人間のようです。

黒い涙は、ムスメが怖がってしかたありません!どうやらハリウッドの何社かの映画には強制的に流さないといけないみたいですね。「マジレンジャー」見に行った時やってなかったのは、家族向けだからと思ってたけど、「ロボッツ」見たときは、やってました。
海賊版 (kossy)
2005-11-17 21:55:39
>ALICE様

笑っていただけたようで、ありがとうございます。

俺はオリジナルの『仄暗い水の底から』も全く怖くなかったので、そんなもんだろうと思ってました。しかし、完全にホラーじゃなかったですね・・・そこが高評価の要因となったわけですが・・・



>aq99様

いつもありがとうございます。

そうでしたか・・・俺はどうも中田作品とは相性が悪いようなんです。幼少の頃、怖い映画やTVを観過ぎたためかもしれません。

黒い涙のCMは、最初ブエナビスタだけかと思っていたら、UIPなんかもそうでしたね~初めて見たときには衝撃的だったのですが、そろそろ飽きてきました。
どっちが良いですか? (GO)
2005-11-22 02:13:22
拙宅に感想書く前にこっちに書いちゃいました。個人的にジェニファー・コネリーが好きで観たようなもんです。彼女のちょっとヨーロッパ的な雰囲気が好きだったりします。内容的には結構良かったと思ってます。拙宅では★4つはつけようと思ってます。「仄暗い水の底から」は観てないんですが、観た方が良いですかね?おっしゃってる通り全くホラーでは無かったですよね。「シックス・センス」みたいに。。
仄暗い (kossy)
2005-11-22 08:39:17
>GO様

ジェニファー・コネリーって暗い映画が似合います。

もう暗い映画、悲しいヒロイン、とくれば、ジェニファーしか考えられません・・・(笑)



今週の金曜日に『仄暗い水の底から』がテレビで放映されますね~~俺も観ようっと・・・
遅ればせながら・・・ (れいん)
2005-12-03 01:59:31
こんばんは。

なんだか哀しかったです。ホラーを求めて行ったわけではないし、オリジナルを全く知らずに観たのでとても心動かされました。ジェニファー・コネリーは好きな女優です

海賊盤撲滅!は私も妙に気にさわる・・。この上映には流れませんでしたよ。
悲しいです (kossy)
2005-12-03 07:37:29
>れいん様

先週、オリジナルが放映されました。

あらためて、リメイクの方がすごいと思った次第でございます。

海賊版撲滅のCMもだんだん飽きてきましたけど、このダークウォーターで流してくれたら面白かったですよね(笑)
初めまして! (オカピー)
2007-03-22 03:39:37
最近私のご贔屓ブログが次々と休業状態になっておりまして、新しいご贔屓を探しておりましたが、素晴らしいブログと思いまして、初めてお便り致します。

私はオリジナルの母親の愛情にほだされた口です。リメイクはややアメリカ的な理詰めな展開になっていて、日本的な情の細やかさが出ず、その変わりシングルマザーの孤独が感じられる作品になっていますね。評価としては同じくらいになりましたが、思わず涙したのはオリジナルのほうです。

今後とも宜しくお願い致します。
愛のホラー (kossy)
2007-03-22 08:08:00
>オカピー様
はじめまして!
ごひいきのブログが次々と休業ですかぁ~映画ブログを続けることってそれだけ大変だということですよね。

オリジナルにしろリメイクにしろ、母と子の愛をテーマにしたホラーでしたけど、都会の片隅にこうした寂しい人たちがいることを切々と語っていたような気がしました。
ホラー映画にも色々ありますけど、違ったテーマや伏線を含んだ映画は素敵ですよね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ダーク・ウォーター」やっと公開!でも謎だらけ!! (新作映画ピンポイント情報)
 「ダーク・ウォーター」(東宝東和)は、ジャパニーズ・ホラー「仄暗い水の底から」(02)のリメイク作品!日本版での黒木瞳
映画感想「ダーク・ウォーター」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「ダーク・ウォーター」 【評価】★★★ 【家族愛】★★★ 【心理】★★★ 【恐怖】★ 【エロ】 ひさしぶりに試写会が当たりました。 「ブラザーズ・グリム」 以来ですよ。 で、この「ダーク・ウォーター」。 まあまあですよ。そこそこおもしろかった。 チ
ホラームービーだけど、テーマは「母の強い愛情」 (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「ダーク・ウォーター」  19才の時に実家を出てから、かれこれ20年以上。その間に住んだ部屋は7カ所に及びます。家の方角や間取りなどこだわる人もいますが、いつも
ダーク・ウォーター 試写会(よみうりホール) (MIHOのたわごと)
ジェニファー・コネリー主演の「ダーク・ウォーター」試写会に行ってきました。 日本の「仄暗い水の底から」は、テレビで放送された時に観ただけなんですが 確か ゾワゾワと怖かったです。 じわじわと来て、ぐわっと来て、「そうか~うーん」で終わるって感じかな。 あらす
ダーク・ウォーター (何を書くんだろー)
「ダーク・ウォーター」 評価 ★★☆☆☆ 『あらすじ』  幼い日、雨の降る中で母親の迎えを待つ、5歳のダリア(ジェニファー・コネリー)。しかし、迎えに 来た母親は、ダリアに辛く当たる。母親との思い出が辛い思い出として、ダリアの心に残る。 ...
ダーク・ウォーター DARK WATER (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド主演 鈴木光司の仄暗い水の底からのリメイク ホラーと言うより心理スリラーの色が強い映画です ダリア(ジェニファー・コネリー)は離婚調停中で 娘セィシアの親権をめぐり父親と闘っている 夫は娘の住む所の環境が悪くなるとダ
ダーク・ウォーター (Akira\'s VOICE)
悲しい愛のドラマに泣いてしまいました・・・
『ダーク・ウォーター』 を観る (takin\' it easy)
ホラーじゃない ホラー 映画って別にジャンル分けする必要も ないけど、 一応テイストを伝えるという意味で こういった枠をつけさせてもらいました (っていっても意味不明だけど。。。) 以前、韓国映画 『箪笥』 を観た時にも似た感覚があったけど
映画「ダーク・ウォーター」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
公開当日劇場で観ました。中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」をハリウッドでリメイクした作品。「仄暗い水の底から」は観ていないで内容は知らないですが、監督がウォルター・サレスで、ジェニファー・コネリーが出演しているので観ました。公開当日なのに客数が全員で11名.
ダークウォーター(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ウォルター・サレス 【出演】ジェニファー・コネリー/ジョン・C・ライリー/ティム・ロス/ピート・ポスルスウェイト/ダクレイ・スコット/アリエル・ゲイド 【公開日】200
ダーク・ウォーター (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
親子の愛に重点をおいたストーリーは良かった。声をあげて驚くような怖さはないけど精神的にくるものはあります。ラスト15分の展開はとにかく切なかったです。
ダーク ウォーター (映画バカ ~エンターテイメントバカ~)
音がすごい これはDVDとかなんかと比べたら天と地の差 水の滴る音が違うね もう真後ろでポタポタいっちゃってて 本当に滴ってるのかと思っちゃった ただ、ストーリーはいまい
「ダーク・ウォーター」 (てんびんthe LIFE)
「ダーク・ウォーター」 草月ホールで鑑賞 試写会では初草月ホールです。通いなれたこの場所。1週間に3回ぐらい通るんだなこの道。246じゃないですよ、脇道。だってねえ、ハッシーのおうちから150mくらいしか離れてない。あまり関係ないか。どうやら今週はホラ
ダーク・ウォーター (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → ダーク・ウォーター離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺伐としたルーズベルト島の、古びたアパートへ引っ越した。暗く不気味な建物に違和感を覚えつつ、新生活を始めたダリ
映画館「ダーク・ウォーター」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。 これは、ホラーになると思うのですが全然怖くは無かったで...
ダーク・ウォーター (lip)
原作となった日本映画「仄暗い水の底から」のハリウッドリ・メイク版。 ホラー映画というとどうしても「怖がらせる」とか「驚かせる」系が多いんだけれども、これはちょっとセンチにお涙頂戴系。怖いシーンはほとんどなくて(なくはない)、どちらかというとそれにまつわる
映画 ダーク・ウオーター (つらつら日暮らし)
ダーク・ウォーター 解説: 『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督がハリウッド進出第1作目に選んだのは、日本のホラー『仄暗い水の底から』のリメイク。徐々に恐怖のドン底に追い込まれて行くシングルマザーをオスカー女優、ジェニファー・コネリー
「ダーク・ウォーター」レビュー (映画レビューTBセンター)
「ダーク・ウォーター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感想
『ダークウォーター』 主演:ジェニファー・コネリー (La.La.La)
黒木瞳主演で映画化された鈴木光司原作の「仄暗い水の底から」 のハリウッドリメイク作品です。 主演はジェニファー・コネリーで黒木瞳さんのファンの方には申し訳な いけどめちゃくちゃ綺麗でした。 演技もすばらしく夫との親権争いにつかれアパートの不可思議な現 象振り回
「ダーク・ウォーター」(2004) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
11/12(土)より全国ロードショーです。\"DARKWATER\"監督・・・ウォルター・サレス原作・・・鈴木光司『仄暗い水の底から』(角川書店刊)出演・・・ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス、シェリー・デュヴァル、パーラ・ヘ..
ダーク・ウォーター (Alice in Wonderland)
本日は鈴木光司原作、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』のニューヨーク版のリメイクを見に行くことにしました。原作も日本版も知らないのですが・・・ 離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺...
「ダーク・ウォーター」 スゴイぞ!ハローキティ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
リメイク元となった「仄暗い水の底から」は、子供は愛しているけど諸事情で育児に疲れた母親を黒木瞳が好演、加えて昭和の住宅事情とその周辺、ムスメを理解できないいらだちを実体験から丹念に描きこんだ鈴木光司の原作、情に訴えかける和ホラー&おかっぱ最恐の中田秀夫監
ダーク・ウォーター 評価額・950円 (Blog・キネマ文化論)
●ダーク・ウォーターをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 離婚後、新たな人生を踏み出す
ダ-ク・ウォ-タ- (映画感想格納庫)
●ダーク・ウォーター(DARK WATER)/105分 監督:ウォルター・サレス 出演:ジェニファー・コネリー/アリエル・ゲイド/ ティム・ロス/ピート・ポスルスウェイト/ ジョン・C・ライリー/ダグレイ・スコット/ パーラ・ヘイニー=ジャーディン 2005年アメリカ映画でござる。邦画『仄.
ダーク・ウォーター (まつさんの映画伝道師)
第273回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「人間」が他の動物と違う点。そのひとつは「弔い」という考え方ではないだろうか。  死者を「弔う」という行為は太古から人間社会でなされてきた。日本の歴史の授業でも豪族が「古墳.
ダーク・ウォーター (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ ルーズベルト島:ニューヨークのイースト・リバーにある約3.5kmの細長い島。コンクリート打ちはなしの似たような建物が立ち並ぶ殺風景さで、雨の中車を走らせ
ダーク・ウォーター・・・・・ジェニファー・コネリー (ぷち てんてん)
今週は毎日映画館に通ってます(笑)今日は、ダーク・ウォーターを上映している映画館がレディースディ。いざいくぞ!!ところがね、今度こそ、私一人でした!ホラーを一人で見るって恐いですよね~?^^;)☆ダーク・ウォーター☆(2005)ウォルター・サレス監督ジェニ...
○ダーク・ウォーター/母と子 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
NYのルーズベルト島、ダリア(ジェニファー・コネリー)は、夫と離婚調停中、娘のセシリア(アリエル・ゲイド)を連れこの場所に引っ越してきたーー、2人の新たな生活は順調のはずだったーー。 NYとは思えないほど暗くじめじめした街、最初から最後まで雨ばかり降っていま
ダーク・ウォーター (toe@cinematiclife)
『セントラル・ステーション』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を監督したブラジル人、ウォルター・サレスが、日本のホラー映画、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』をリメイクした作品。 この『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見逃して大後悔してんだよね(ーー;
「ダーク・ウォーター」観賞 (Cafeアリス)
今日は、火曜日がレディスディのシアターで、会社帰りに、 ダーク・ウォーター観賞しました。 最近は、ホラーとか観ていなかったのですが、リング、リング2とか 同じような作品かと思ってましたら、違いましたね。 ホラーですが、実際に怖いものは、ほとんど出ません...
FUN×3 1/2 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「仄暗い水の底には…切ない涙」
ダーク・ウォーター (映画をささえに生きる)
『ダーク・ウォーター』。日本の『仄暗い水の底から』のリメイクですが、その違いはどこら辺にあるのか、なーんてことを考えてみましたよ。
ダーク・ウォーター (Remember Tomorrow)
全くもってもはや日記ではないのだ。観た日が11/20(日)で記事を書いてるいるのが11/23(水)。もうちょっと何とかせねばなぁ。。 怖さの感じないホラーは駄作であろうか。元々観る人を怖がらせる為に作られるものなのだから、きっとそうなんだろう。怖くないお化け...
『Dark Water』と『The Ring』と『The Ring Two』 (フィルム・アカデミア)
修論で消息を絶って以来、ほぼ3ヵ月半ぶりの投稿となりますCorinです。えっ、誰??と思う方は、Profilesをご覧ください…。すみません…。 さてさて、つい先日『Dark Water』を見てきました。『Harry Potter and the Goblet of Fire』も同じ日に見たのですが、それはまた
ダーク・ウォーター (Cinema Galleria)
哀しかったなあ。ラストシーン、泣きました。これはホラーというよりヒューマンドラマとしてくくりたい、そんな作品でした。 怖さを期待して行ったのではなくて、(邦画が苦手の私
『仄暗い水の底から』の米国版リメイク『ダーク・ウォーター』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
やっとウチの幼い娘の調子が良くなったと思ったら、 今度は下の娘が目を真っ赤に充血させている……! なかなか二人揃って万全の体調にならない。 子供の不調は、それだけで親の精神状態に影響を与える。 でも一つだけ、安心できる材料もできた。 「食べたらすぐ吐く
映画『ダーク・ウォーター』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
人気blogランキングへ原題:DarkWater公式HP上映時間:105分監督:ウォルター・サレス出演:ジェニファー・コネリー(ダリア)、アリエル・ゲイド(セシリア)、ジョン・C・ライリー(マレー)、ティム・ロス(プラッツァー)、ピート・ポスルスウエイト(ヴィーク)、ダグ...
映画:「ダーク・ウォーター」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。そのタイトルが表す様に、画面には常に水が沁みついていたかの映像
ダーク・ウォーター(2004/米)大都会の光と影、そして水 (エンタメ系のススメ)
ダーク・ウォーター(2004/米)大都会の光と影、そして水・・・仄暗い水の底からあふれ出す黒い水人気blogランキング参加しています!!ダーク・ウォーター(2004/米)DarkWater製作総指揮アシュリー・クレイマー製作ダグ・デイヴィソン/ロイ・リー/ビル・メカニック監督ウォル...
ダーク・ウォーター (いつか深夜特急に乗って)
「ダーク・ウォーター」★★★★★(中劇3) 2004年アメリ
ダーク・ウォーター (カラスのBlog)
機内で見た映画の一つ。 この映画が「リング」で有名な鈴木光司の小説を映画化した「仄暗い水の底から」のリメイク版だということは、後で知りました。 たしかに全編を漂う重苦しい感じ、暗い感じは、ある種の日本映画を思わせるところがあります。 でも、おどろおどろしい感
ダーク・ウォーター (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 『仄暗い水の底から』のハリウッド・リメイク版です。 最近ではすっかり邦画を観なくなったワタクシはもちろんオリジナル未見。 なので予備知識一切なし。 知っているのはホラーって事ぐらいでした ...
ダーク・ウォーター (Dark Water) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウォルター・サレス 主演 ジェニファー・コネリー 2004年 アメリカ映画 105分 ホラー 採点★★★ またリメイクです。ハリウッド映画がリメイクばかりなのは今に始まった事ではないのですが、ことホラーに関してのリメイク数は尋常じゃない状態に。僅かな権利 ...
ダーク・ウォーター 06年125本目 (猫姫じゃ)
ダーク・ウォーター 2005年  ウォルター・サレス 監督ジェニファー・コネリー , ジョン・C・ライリー , ティム・ロス , ピート・ポスルスウェイト 途中で見るのやめようかと思った、、、 http://limelight.tea-nifty.com/movies/2005/11/post_fc67.html ...
ダーク・ウォーター (cinema note+)
ダーク・ウォーターDark Water 2005年 アメリカ 「仄暗い水の底から」のリメイクってことで、ラストはわかってるのに、わかってるのに感動。 途中、単調なストーリーと日本版に輪をかけたような暗さにウンザリし
ダーク・ウォーター (シェイクで乾杯!)
「仄暗い水の底から」のハリウッド版リメイク。 全体的に暗く、無機質でイヤな感じがオリジナルに忠実でした。
ダーク・ウォーター (ココのきまぐれブログ)
ダーク・ウォーター プレミアム・エディション (初回限定生産) あらすじ・・・鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」を、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス監督、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー主 ...
【洋画】ダーク・ウォーター (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽2/美術4/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36) 『評論』 鈴木
ダークウォーター (獅子の手帳)
ダーク・ウォーター 監督:ウォルター・サレス 出演: ジェニファー・コネリー, ジョン・C・ライリー, ティム・ロス, ピート・ポスルスウェイト, ダグレイ・スコット 内容:中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』をリメイクしたハリウッド版。離婚から母と娘が選ん ...
映画評「ダーク・ウォーター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ウォルター・サレス ネタバレあり
「ダーク・ウォーター」 (ひらりん的映画ブログ)
そろそろディカプリオの新作「ブラッド・ダイヤモンド」が公開に・・・ そこに出ているジェニファー・コネリー繋がりで見てみることに。
ダーク・ウォーター (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ映画。 全米初登場4位、興行成績$25,473,352。 『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督、ハリウッド進出第1作目は、日本のホラー『仄暗い水の底から』のリメイク。離婚調停中のダリアは、6歳の娘と共に薄暗いアパートに引っ越...