ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ロッキー・ザ・ファイナル

2007-04-21 02:52:21 | 映画2007
 ボクシング映画にはカメがつきもの・・・

 『シンデレラマン』でもカメが出ていましたが、本家は『ロッキー』(1976)だったのでしょう。そのシリーズ第1作の監督ジョン・G・アビルドセンは、脚本を読むまではボクシング映画だということで乗り気じゃなかったのに亀のシーンを読んで快諾したのだとか。そして今作にももちろん2匹の亀が登場する。とにかく1作目のロッキーとエイドリアンとの恋物語を思い出させるシーンが満載でして、数年前に彼女がガンのため亡くなったという設定だけでウルウルしてしまうのです(亀だけで泣ける人は相当なファン!)。

 『ロッキー5』ではロッキー・ジュニアとして自分の息子を登場させてしまったスタローンでしたが、実の息子も父親が有名俳優ということで学校でいじめられた経験があるのかもしれません。今回のジュニア(マイロ・ヴィンティミリア)の設定でも、父親との確執にはそんな経験も生かされていたような気がしてならないのです。そして、ストーリーはロッキーと一人息子との確執や最愛の妻を失った心の喪失感を埋めようとする気持ちと、最盛期を過ぎた人気者が残りの人生とどう立ち向かうのかというテーマを秘めたボクシングドラマとなっています。もちろん、若者が観ても充分に感動できるし、どん底にあっても這い上がって勝ち進むことができると勇気を与えてくれる映画でもあります。

 この物語の中で最もいいと思われるところは、エイドリアンの兄ポーリー(バート・ヤング)も精肉工場を解雇され、ロッキー・ジュニアも勤めていた会社を辞めたというところ。また、マリー(ジェラルデン・ヒューズ)と彼女の息子にレストランでの働き口を与えたところじゃないでしょうか。ロッキー自身が人生の目的を見出す旅をすると同時に、周りの人たちにもそれを体験してもらうことを望んでいたような気がします。

 『ロッキー』第1作を観たのが丁度30年前。感銘を受けてすぐにグレーのトレーニングウェアを買ってしまったのを思い出します。そして、今作では第1作への数々のオマージュが隠されていて、特に肉のサンドバッグ、生卵一気飲み、フィラデルフィア美術館でのガッツポーズなどには感涙もの。さすがにリトル・マリーの台詞までは覚えていませんでしたけど、映画の中でちゃんと解説してくれるので復習しておかなくても大丈夫だと思います。

 マイク・タイソンだとか、ジョー・コルテスだとか、HBOの本物の実況アナだとか、ボクシングファンも納得の1作。ロッキー・ファンならば、シリーズに毎回登場しているデューク(トニー・バートン)だとか、第1作の冒頭に出ていたスパイダー(ペドロ・ラヴェル)なんて人物も興味深いところです(思い出せないけど・・・)。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーロラ | トップ | クィーン »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
予習 (AKIRA)
2007-04-21 10:23:14
前半悲しかったぁ。。

立ち上がってゆく展開が,
やや唐突ではありますが,完結編として満足の出来でしたね。

来年の「ランボー4」にも期待!
感動したー (ゆかりん)
2007-04-21 11:33:17
こんにちは☆
フィラデルフィア美術館でのガッツポーズには泣けますね。
あのテーマ曲からして泣けます~
ファイナルらしいいい終わり方で良かったです。
泣けました (motti)
2007-04-21 13:50:38
ロッキーのキャラクターがいい。
あの愚直でパンチドランカー気味なところ。
「5」でシリーズにあきらめをつけていたんですがあれからまた十数年ですからなつかしさで感激した部分が大きいのですが...。
エンドロールがはじまると「なりきりロッキー」たちの微笑ましさがまた「30周年のお祭り」てな雰囲気でしたね。
ファイナル (kossy)
2007-04-22 23:12:31
>AKIRA様
同じく、前半から泣いていた俺・・・
一緒になって「エイドリア~ン」と叫びたくなりました。
やっぱり肉体派のスタローンですから、心理描写をそれほど描いてないのも特徴なのかも。唐突感はありました。俺も息子と一緒に「やめてくれ」と言いそうになりましたもん(笑)

>ゆかりん様
あのファンファーレから始まるロッキーのテーマに乗ってあのガッツポーズ!最高ですね。
「1」を見なければ、このシーンでは感動できない。映画館で観た当時のことまで思い出してしまい、ボロボロでした・・・

>motti様
スタローンのあのキャラはシリーズ最初に戻っていましたね~だから良かったんでしょうね。
俺は4も5もどうでもよくなってきていたのですが、これほどまでに初心に返ることができたら、やっぱり勇気を与えてくれます。エンドロールのなりきりロッキーに参加したかったですよね・・・
かめです。 (かめ)
2007-04-23 06:14:53
TB、コメントありがとうございました。
亀を飼っていたんですよね。
それとトレーニングで、確か鶏を追いかけていたと思います。
スターローンは、偉大な作品を、いい終わり方で締めくくってくれました。
トレーニング (kazupon)
2007-04-24 12:58:49
kossyさんグレーのトレーニングウェアは買わないにしろ^^ちょっとジョギングしたりするときに
ふと頭にあのテーマが流れたりする人すごく
多いと思います。
あの階段の上で両手挙げて写した記念写真って
世界中に何万枚もあるんでしょうね~^^
思った以上に前半は「1」のテイストがあって
気に入りました。スタローン熱いですよね。
その思いがビシバシ伝わってくる作品だったと
思います。
トレーニング (kossy)
2007-04-26 00:28:51
>かめ様
カメという単語を連発してしまいました~
ニワトリもいましたか・・・犬もいましたよね(笑)
牛は・・・肉だけか・・・
まさしくファイナル!て感じのいい終わり方。
敢えてタイトル戦にしなかったのも好感度アップでした。

>kazupon様
買いましたです。アディダスの高いやつ・・・子供だった俺には痛い出費でしたけど、大満足。
やっぱりフィアデルフィア行きたいですねぇ。
みんな撮っていても、自分も決めポーズしたい!
久しぶりに熱くなって、運動したくなるような映画でしたよね。
Unknown (Ageha)
2007-04-27 10:06:11
ご無沙汰してました~。
って、見てないのに書くひと。

おじーちゃんがムチャしとるって見に行く若者と
1作目のロッキーを知ってるひととの
温度差は否めないでしょうね。
テーマソングだけで盛り上がっちゃうひとは
きっと涙もんなんだろうな。(笑)
こんだけ肉体を作れるならランボーもダイジョブかな?

まだリングにあがるのかって言われるロッキーと
まだロッキーを撮るのか!って言われるスタローンが
なんかかぶってますね。
ロッキーの物語というよりは
スタローン本人のドキュメントみたいですやん・・・。

思い出し涙 (メビウス)
2007-04-28 15:30:17
kossyさんこんにちは♪

自分も一応全シリーズを(ビデオで)観て来たファンなので、原点回帰のような本作の色々な場面で涙してしまいましたね。

ビル・コンティの曲に乗せたお馴染みのトレーニングシーンではスクリーンの大音量も手伝い、臨場感もボルテージもマックス♪
中学校時代野球部だったんですけど、校内のランニング中、吹奏楽部の部室脇も通るため、その吹奏楽部がよく練習してた『Gonna Fly Now』を聞きながら走る『ロッキーかぶれ』だったあの頃も思い出してしまい、またまた涙が出てしまった自分ですw
おっちゃん向き? (kossy)
2007-04-30 08:29:02
>Ageha様
たしかに1作目を知ってる人と知らない人では受け止め方が全く違う映画になりそうです。
なにしろテーマソング、あのファンファーレを聞くだけで燃えてきてしまいます。

しかしねぇ・・・ランボーはもういいよ。
1作目はまぁまぁ良かったけど、あとは見る気が失せてますもん・・・
まだまだやれるぞ!!!てのは、シュワちゃんが政治家になってしまったため、挑戦状をぶつけるような意味もあったのかなぁ~なんて・・・

>メビウス様
ついついサントラというか、ロッキーのベスト盤を買ってしまいましたですよ。車のなかで毎日聴いています。
男の子ならロッキーかぶれになる時代、ブルース・リーかぶれになる時代がありましたよね(笑)
最近はどうなんだろう?
こうした生身の人間のヒーローって出てこないですよね。どうしてもSFヒーローになってしまって・・・

今作のロッキー・ファンファーレも素敵ですよね。
昔を思い出して (シネマシネマ)
2007-05-03 02:46:53
昔、ロッキーの真似して生卵飲んで
気持ち悪くなった記憶があります・・・・

ロッキー公開記念で、もう一度
(臭いもの嗅ぎたさに似た感じで)
チャレンジしたくなりました。
生卵 (kossy)
2007-05-03 08:48:35
>シネマシネマ様
若いうちに生卵飲みを試してみるのは大丈夫かと思うんですけど、中年になってくるとコレステロールが心配になってきます。
俺も試したけど、1個が限界でした。
牛乳と砂糖入れてかきまぜれば美味しいのに・・・などと思ってもみました(笑)
エイドリア~ン!!! (syobayashi)
2007-05-07 12:30:28
お約束の連続で期待を裏切らないものでしたね。でもエイドリアンが死んじゃってたのでゴング後の「エイドリア~ン!!」がなかったのが残念でした。
エイドリアン (kossy)
2007-05-15 23:58:20
>syobayashi様
サントラ盤ベストを買って車で毎日聴いています♪
台詞も入ってるんですけど、「エイドリア~ン」という台詞はとても聞き取れない・・・スタローンの発音ひどすぎます(笑)
彼女が生きているという設定も考えたんでしょうかね~そしたらどんな展開になったのか・・・これも気になりますよね。
お久しぶりです (バーンズ)
2007-08-03 17:45:34
蜘蛛男に続いて今更なコメントですいません(汗)。

スタローンは「ランボー4」も自身で演出するそうですが、この作品では感情移入しやすいストーリー&演出たと思いましたよ。大して思い入れのない僕でも楽しめましたから(笑)
ただ一番の見せ場であるファイトシーンはコマ落としやら何やらエフェクト入れまくり、スタイリッシュと言えばそうだけど、「シンデレラマン」のR・ハワード監督のようにリアリズムに拘って欲しかった。

とはいえ戦う男の映画はやっぱ良い!

僕らの世代のヒーローとなると代表はネオとかスパイダーマンでしょうか、あとはジャック・スパロウか(笑)
僕はマキシマスですね。アメコミ&SFではウルヴァリン。刑事ではジョン・マクレーンより断然マーティン・リッグス派だなあ。だってリッグスの方が強そうだしメルの方が男前だし、ウィリスさんは禿げてるし・・・・・・・すいません、ちょっと言いたい放題でした(汗)
ランボー (kossy)
2007-08-31 23:55:05
>バーンズ様
俺的にはロッキーは許せてもランボーは許せなくなるかもしれません(汗)まぁ、いろいろと言うのは観てからにしますけど・・・

そういえば、ボクシング映画って最近多くなってきてますよね~スタントも効かない俳優の肉弾戦ですから、肉体を鍛えたりする努力を含め、俳優冥利につきるのかもしれませんよね。

スパイダーマンってのは本当にヒーローですけど、ネオとかスパロウって実社会に密着してないし・・・どうなんでしょうね。
昔はヒーローに憧れていたけど、最近はヒーローを求める人たちに感動したりして・・・俺も若くないのかもしれません(涙)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『ロッキー・ザ・ファイナル』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ロッキー・ザ・ファイナル』鑑賞レビュー! NEVER GIVE UP! 自分をあきらめない !!!! あの伝説のヒーローが リングに帰ってくる!~(。'-')。ワクワク 1976年に無名の俳優が制作した 低予算映画が世界中で大ヒット! アカデミー賞・作...
★★★★「ロッキー・ザ・ファイナル」シルベスター・スタローン... (こぶたのベイブウ映画日記)
ロッキーのテーマを聴くだけで燃えた!胸が高鳴り、熱く気分が盛り上がった!リングサイドにいるような臨場感!大迫力の試合を握りこぶしで応援した!過去の栄光や勝ち負けよりも、大切なこと知っているロッキーに感動した!年がいっても自分を信じ、頑張る姿に勇気づけら...
ロッキー ザ・ファイナル (八ちゃんの日常空間)
理屈や評価じゃない、ハートで観る映画だ!
『ロッキー・ザ・ファイナル』 (Sweet* Days)
監督・脚本:シルベスター・スタローン CAST:シルベスター・スタローン、バート・ヤング 他 STORY:ボクシング界から引退したロッキー(スタローン)は、小さなレストランを経営しながら生計を立てていた。数年前に最愛の妻、エイドリアンを亡くしたロッキーは、エ...
ロッキー・ザ・ファイナル / Rocky Balboa (我想一個人映画美的女人blog)
あの、ロッキーバルモアが帰ってきた!! (といっても 別にファンじゃないの、{/face_tehe/}) ロッキーバルモア?誰じゃそれ?ってな方も、 あの、♪チャララ~チャララ~♪(わかんないって!)の音楽なら聴いたことあるハズ☆ 分からない人はこちらで。 {/arrow_r...
『ロッキー・ザ・ファイナル』 (ラムの大通り)
(原題:Rocky Balboa) ----今度の『ロッキー』って 16年ぶりなんだって? 「うん。 前作『ロッキー5/最後のドラマ』が 監督に第1作のジョン・G・アビルドセンを迎えて作ったにもかかわらず クライマックスをストリートファイトにしたことなどで、 ファンの評価が低く...
ロッキー・ザ・ファイナル (Akira's VOICE)
ジャマイカはヨーロッパではありません。
ロッキー・ザ・ファイナル (映画鑑賞★日記・・・)
【ROCKY BALBOA 2007/04/20】04/14先行鑑賞製作国:アメリカ監督:シルヴェスター・スタローン出演:シルヴェスター・スタローン、バート・ヤング、アントニオ・ターヴァー、ジェラルディン・ヒューズボクシング界のかつてのヒーロー、ロッキー・バルボアは引退し、地元...
「 ロッキー・ザ・ファイナル/ROCKY BALBOA  (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・脚本・主演 : シルヴェスター・スタローン 出演 : バート・ヤング  / ジェ
ロッキー・ザ・ファイナル (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
すでに「5」でさえ、リングには上がらずストリートファイトに留めていただけに今作は試合などという無謀な! ぉぃぉぃ、オッサン大丈夫かよ。 好きな映画ですが、すでに5(最後のドラマw)のころは萎えてたんだけれど、第
自分もネバー・ギブ・アップ!「ロッキー・ザ・ファイナル」 (bobby's☆hiroのシネプラザ)
ロッキーが17年ぶりに帰ってきた! しかも1作目から30周年! そしてGWにお薦めの作品がこれ 「ロッキー・ザ・ファイナル」 90年に公開された 「ロッキー5・最後のドラマ」を観て やっぱりもうロッキーはだめだ!と思っていたが なんとこの作品の登場で 素晴らし...
ロッキー・ザ・ファイナル 観たっっ!!! (せるふぉん☆こだわりの日記)
とうとう観ました「ロッキー・ザ・ファイナル」!!! 自分にとっても朝から波乱な
「ロッキー・ザ・ファイナル」:船の科学館駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}船の科学館て、青函連絡船も保存されているのね。 {/kaeru_en4/}1965年に就航し、1988年青函トンネルの完成とともに役目を終えた2代目羊蹄丸だ。 {/hiyo_en2/}長い間、ご苦労様。 {/kaeru_en4/}ご苦労様といえば、ロッキーこそご苦労様だよな。 {/h...
ロッキー・ザ・ファイナル (Kinetic Vision)
ロッキー(シルベスター・スタローン)には、フィラデルフィアのあの貧しい下町がよく似合う。色あせた看板、電球の切れかかった街灯、古い建物、人々の服装・・・。エイドリアン(タリア・シャイア)を思い出しながら街を
ロッキー・ザ・ファイナル(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ロッキーファンよ、王者復活に集え!!  
ロッキー・ザ・ファイナル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
シルヴェスター・スタローンの代表的な作品ロッキーなぜか、・・・ちゃんと観たことがございません^^;;;よくTVでパロディになっていたりしましたから「エイドリア~~~~~ン!!」って叫びとかリングのシーンは覚えているのですが、あえて、ちゃんと最初から終わ...
『ロッキー・ザ・ファイナル』を観ました。 (0120 Blog)
ロッキーの行動、思考、言葉・・・ 何気ない仕草や喋り方、お決まりの帽子等、どれを取っても 「あぁ、ロッキーだ・・・」 と懐かしく感じてしまいました。 “ロッキー・バルボア”という人間を描ききる、良い作品だと思います。 ▼
ロッキー・ザ・ファイナル (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:シルベスター・スタローン 出演:シルベスター・スタローン(ロッキー)    バート・ヤング(ポーリー)    アントニオ・ターヴァー(ディクソン)    ジェラルディン・ヒューズ(マリー)    マイロ・ヴィンティミリア(ロバー...
「ロッキー・ザ・ファイナル」 (てんびんthe LIFE)
「ロッキー・ザ・ファイナル」東商ホールで鑑賞 ファイナルって騒ぐのでどこか違いがあるのかと期待したけど何も期待に応えるものはなく私には残念な作品としかいえません。あー、ロッキーを心から愛する方、スタローンファンの方本当にごめんなさい。ネタばれしちゃう...
ロッキー・ザ・ファイナル / Rocky Balboa (我想一個人映画美的女人blog)
あの、ロッキーバルモアが帰ってきた!! (といっても 別にファンじゃないの、{/face_tehe/}) ロッキーバルモア?誰じゃそれ?ってな方も、 あの、♪チャララ~チャララ~♪(わかんないって!)の音楽なら聴いたことあるハズ☆ 分からない人はこちらで。 {/arrow_r...
ロッキー・ザ・ファイナル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
何百万もの人々に希望と勇気を与えた、“ネバー・ギブ・アップ”の精神!、その闘いは、彼の夢を信じてくれたあらゆる人のために、・・・あのロッキー・バルボアが17年ぶりに帰ってきた! ボクシング界から身を退いたロッキーは、今は小さなイタリアン・レストラン...
ROCKY BALBOA (And This Is Not Elf Land)
映画「ロッキー・ザ・ファイナル」 もう、何も言うことありません! Never Give Up!
Rocky Balboa (ロッキー・ザ・ファイナル) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2007年1月3日鑑賞Tagline:  It ain't over 'til it's over. ストーリーボクシング界から退いたロッキーは、今は小さなイタリアン・レストランを経営している。 愛妻エイドリアンはすでに他界し、息子Jr.も有名
「ロッキー・ザ・ファイナル」 (KASHIWA一市民)
17年ぶりにロッキー復活!! 前作公開時は、オレは小6だったよ。 愛する妻エイドリアンを亡くし、 レストランを経営して暮らすロッキー。 かつての英雄として、 町の人々に温かく迎え入れられているが、 ロッキーに残されてるのは過去だけだった・・・ 正直、6作目の...
【2007-54】ロッキー・ザ・ファイナル(ROCKY BALBOA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
どんなに打ちのめされても・・・ 前に進み続ける 決して あきらめずに 何のために闘うの? 誰のために闘うのか? 今 最後のゴングが鳴る NEVER GIVE UP 自分をあきらめない
ロッキー・ザ・ファイナル (週末映画!)
期待値: 89%  ご存知「ロッキー」シリーズ最終作。 シルヴェスター・スタローン,バート・ヤング,
「ロッキー・ザ・ファイナル」ってすごいらしい! (映画を10倍好きになる!)
今週末に 「ロッキー・ザ・ファイナル」 が公開です。 この話を始めて聞いたとき  「おじいちゃん!何をいまさら!」 と耳を疑いました。 だってスタローンは60歳を超えてるんですよ! 赤いちゃんちゃんこ着て、隠居生活する年齢。 それがプロボクシングの映...
ロッキー・ザ・ファイナル (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                          評価:★7点(満点10点) 2006年 103min 監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン 、バート・ヤング 、アン...
ロッキー・ザ・ファイナル (It's a Wonderful Life)
「ラブソングができるまで」の腰フリ・ヒュー・グラントよりも タイトルが出るや劇場で笑いが起こった予告編がコレでした。 「おいおい!まだやるんかよ」って雰囲気(笑) いやいや、笑ってすいませんでした。ロッキーにはそんなに 思い入れないものの、結構感動...
『ロッキー ザ ファイナル』 (お気に召すまま)
[製作年] 2006年 アメリカ [英 題] ROCKY BALBOA [監督・
ロッキー・ザ・ファイナル (小部屋日記)
Rocky Balboa(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン/バート・ヤング/アントニオ・ターヴァー/ジェラルディン・ヒューズ/マイロ・ヴィンティミリア/トニー・バートン シルヴェスター・スタローンの...
ロッキー6 映画「ロッキー・ザ・ファイナル」 ロッキー・バルボア 2007年4月21日! (話題のナレッジベース)
ロッキー6 映画「ロッキー・ザ・ファイナル」ロッキー・バルボアが復活します。俳優シルベスター・スタローン(59)主演、脚本による人気ボクサー映画「ロッキー」のシリーズ第6作「ロッキー6」とも「ロッキー・バルボア」とされた、タイトルは「ロッキー・ザ・ファイナル...
「今更」ではなく「これから」。『ロッキー・ザ・ファイナル』 (水曜日のシネマ日記)
『ロッキー』のシリーズの第6弾。第1作目から30年の時を経てのシリーズ完結編です。
ロッキー・ザ・ファイナル (現実逃避ING)
妻・エイドリアンを癌で亡くし、息子のロバートは社会人として自立して生活している。ロッキーは小さなイタリアンレストランのオーナーをしながら一人寂しく暮らしていた。 妻の命日に墓参りをし、義兄のポーリーと共に思い出の場所を巡るドライブをする。妻のいない寂し...
映画「ロッキー・ザ・ファイナル」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年28本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ロッキー4/炎の友情」のシルヴェスター・スタローン監督作品。「ロッキー」シリーズの6作目。スタローン自ら脚本と監督もこなし、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアン....
映画「ロッキー・ザ・ファイナル」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ロッキー・ザ・ファイナル」に関するトラックバックを募集しています。
ロッキー・ザ・ファイナル (Rocky Balboa) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 シルヴェスター・スタローン 主演 シルヴェスター・スタローン 2006年 アメリカ映画 103分 ドラマ 採点★★★★ 永遠の13歳のつもりでいても歳は確実に取っていってるわけで、昔から自信の全くない体力こそ然程変化しないものの、若い世代に対する苛立ちやじれっ...
ロッキー・ザ・ファイナル(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】シルヴェスター・スタローン 【出演】シルヴェスター・スタローン/バート・ヤング/アントニオ・ターヴァー/ジェラルディン・ヒューズ/マイロ・ヴィンティミリア/トニー・バートン 【公開日】2007/4.20
ロッキー・ザ・ファイナル(2006年) (勝手に映画評)
1990年の『ロッキー5』から17年。ロッキーが帰ってきました。ただ今回の戦いは、これまでのようなチャンピオンシップに関しての戦いではなく、自分自身との戦いとなっています。 やっぱりあのトランペットの”タータタタータタタータッター”と言うファンファーレを聴く...
真・映画日記『ロッキー・ザ・ファイナル』 (          )
4月25日(水)◆422日目◆ 終業後、今日も六本木ヒルズ。 グッズ売り場にあるアメリカンなチョコやドライフルーツを食べながら、 『ロッキー・ザ・ファイナル』を見る。 まあ、ええんでないですか? 煮えきらねぇ人たちのための『ロッキー・アゲイン』。 ...
ロッキー・ザ・ファイナル    ROCKY BALBOA (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
NEVER GIVE UP 自分をあきらめない第一作の公開から30周年、六作目にして「ロッキー」シリーズ最終作の本作品。本シリーズは無名の俳優であったシルベスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げ、また「愛と友情」「努力すること」「苦難に立ち向かうことの尊さ」...
【ロッキー・ザ・ファイナル】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題:ROCKY BALBOA】 監督・脚本 ≪ シルベスター・スタローン 製作総指揮≪ アーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ 製作年度 ≪ 2006年 日本公開 ≪ 2007年4月20日 上映時間 ≪ 1時間43分 製作国   ≪ アメ
ロッキー・ザ・ファイナル (O塚政晴と愉快な仲間達)
誠に勝手ながら、ゴールデンウィークは映画週間とします。 で、第1弾は「ロッキー・ザ・ファイナル」。 たしか今までのシリーズは観てきたハズ。 正直しつこい。 これで完結ということなら観てもいいかな・・・。 ロッキー・ザ・ファイナル ★★☆...
「ロッキーザファイナル」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
年月を経たロッキーと現代のスポーツ界を融合させた巧みな脚本。ぼくがロッキーシリーズをはじめに観たのは、やはり小学生の時分で、これまた「Mr.Boo!」シリーズと同様第2作からでした。「1」(1976年)で忘れてきた対アポロ戦勝利と王座取得を果たした「2」(1979年....
ロッキー・ザ・ファイナル (エリ好み★)
人生ほど重いパンチはない。どんなに打ちのめされても、あきらめず前に進み続けろ。胎教度マックス{%exmark2%}
「ロッキー・ザ・ファイナル」 原点回帰、やや食い足りない (はらやんの映画徒然草)
あのロッキーが帰ってきた! 「ロッキー」が劇場公開したのは1976年、もう30年
『ロッキー・ザ・ファイナル』 (すきなものだけでいいです)
でもやっぱり、リングサイドにはエイドリアンが居て欲しい・・・。 いつもご覧下さっている皆さん、改めましてこんばんは、アガサです。 先日、心温まるコメントを下さった方から、『すきなものだけでいいです』
ロッキー・ザ・ファイナル (to Heart)
原題 ROCKY BALBOA 製作年度 2006年 アメリカ 監督・脚本 シルヴェスター・スタローン 音楽 ビル・コンティ 出演 シルヴェスター・スタローン/バート・ヤング/アントニオ・ターヴァー/ジェラルディン・ヒューズ/マイロ・ヴィンティミリア かつての栄光は今や遠い過去...
★「ロッキー・ザ・ファイナル」 (ひらりん的映画ブログ)
最近、シリーズものが多くなってきた洋画ですが・・・ 監督・脚本・主演のシルベスター・スタローン渾身のラスト作・・・になってるはず。 ラジー賞にも、ノミネートされないくらいイイ出来・・・と評判になってたからね。
ロッキー・ザ・ファイナル [監督:殴られても前に進み続けるシルヴェスター] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
【個人的評価 ■■■■□□】(■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高) 理論でも直感でもなくまず筋肉を動かす孤高のクリエイター・シルヴェスターの新作。 小さいながらも自慢のイタリア料理屋で、自分の昔話を客に語って聞かせているだけだった元ボクサーが、あの有名...
ロッキー・ザ・ファイナル (とんとん亭)
「ロッキー・ザ・ファイナル」 2007年 米 ★★★☆☆ 『ロッキー』から早30年・・・・。 シルベスター・スタローンは、うちの父親と同年代なのですっかり老けて しまったな(全然同年代には見えないけど)          ・・・とはいえ、「老...
「ロッキー・ザ・ファイナル」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・20世紀FOX/監督:シルベスター・スタローン) 1976年に作られ、翌年我が国でも公開された「ロッキー」1作目には感動した。貧しいイタリア移民のロッキー(スタロー
映画『ロッキー・ザ・ファイナル』を観て (KINTYRE’SDIARY)
38.ロッキー・ザ・ファイナル■原題:RockyBalboa■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:103分■鑑賞日:5月6日、新宿ジョイシネマ2(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本:シルベスター・スタローン□製作:チャールズ・ウィンクラ...
ROCKY BALBOA (2006) (epiphany)
【邦題】ローッキー・ザ・ファイナル 【あらすじ】クシング界のかつてのヒーロー、ロッキー・バルボアも今では引退し、地元フィラデルフィアで小さなイタリアン・レストラン“エイドリアンズ”を経営していた。妻エイド
「ロッキー・ザ・ファイナル」 (シネマ・ワンダーランド)
「ロッキー」の日本初公開から30年が経過した。シリーズ6作目となる「ロッキー・ザ・ファイナル」(2006年、米)。30年前に大阪・梅田の映画館で第1作を鑑賞したが、ファイナルは第1作を彷彿とさせて非常に懐かしい気分にさせてくれる。本作は第1作同様に、「...
ロッキー・ザ・ファイナル@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介するのは、シルベスター・スタローンが監督・脚本・主演をつとめた作品で、個人的に大好きなシリーズの『ロッキー・ザ・ファイナル』です。 「GyaO」ギャオで無料で映画を観よう!! まずは映画のストーリーから・・・ 30年前に世界ヘビー級王者アポロ・ク...
ロッキー・ザ・ファイナル (mama)
2006年:アメリカ 監督:シルベスター・スタローン 出演:シルベスター・スタローン、バート・ヤング、アントニオ・ターヴァー、ジェラルディン・ヒューズ、マイロ・ヴィンティミリア、トニー・バートン、ジェームズ・フランシス・ケリー三世 30年前に世界ヘビー級...
ロッキー・ザ・ファイナル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『NEVER GIVE UP 自分をあきらめない』  コチラの「ロッキー・ザ・ファイナル」は、「ロッキー」から30年を経て、今度こそシリーズ最終章となる?6作目で、4/20公開、4/14~15先行上映されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  これまでのシリーズと似...
『ロッキー・ザ・ファイナル』 (『映画な日々』 cinema-days)
ロッキー・ザ・ファイナル 16年振りのシリーズ第6作 ロッキー・バルモアのラストファイト 個人評価 ★★☆ (自宅鑑賞)
映画評「ロッキー・ザ・ファイナル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督シルヴェスター・スタローン ネタバレあり
『ロッキー・ザ・ファイナル』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじかつてボクシング界の栄光の階段を昇りつめた男・ロッキー。しかし今では愛する妻に先立たれ、息子は家を飛び出し孤独とともに日々を過ごしていた。そんな中、かつての馴染みのバーに立ち寄ったロッキーはマリーというシングルマザーと出会う。その後、彼は心の喪...
No.66 ロッキー・ザ・ファイナル (気ままな映画生活)
なぜ、今更ロッキーなのか・・・ 前作、ロッキー5があまりにも駄作であったため 最初はそんな印象であった。最終章のこの作品の 何故、また戦うのかと呼応しているかのようだった。 そんな不安は吹き飛ぶほど、 1作目と同様の感動を味わえました。