ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

フラガール

2006-09-27 01:11:38 | 映画2006
 でかい・・・しずちゃん。

 かつて金沢にもハワイと書かれた建物があった。浅野川沿いに歩くと、子ども心に胸ときめかせてしまったものだ。あの建物は何だったんだろう。ヘルスセンターからは離れているし、キャバレーにしては街から離れている。場所は多分東山。常盤(ときわ)橋の近くだったので、ときわのハワイと呼んでいた。常磐ハワイアンセンターの名前は知っていたので、当然そこの支店だろうと思っていた・・・だけどついつい“ときわ”と読んでしまう・・・

 石炭から石油へ。時代は変化しつつあったあの頃。小学校では半分が石炭ストーブであり、石炭当番になると重い石炭をバケツに入れ教室まで運ばなければならなかった。炭鉱で過酷な労働に耐えている労働者たちの気持ちも知らず、「早く石油ストーブになればいい」などと考えていたものです。

 ハワイアンダンサー募集の掲示板を見て紀美子(蒼井優)を誘った早苗(徳永えり)は、父親が解雇されたことにより夕張炭鉱へと引っ越すことになったのですが、夕張は多数の死者を出した大爆発事故があったり、そこでも大量の解雇があったりと、将来また苦労するのだろうと想像できるだけに、あの別れのシーンではボロボロと泣いてしまいました。とにかく長期の見通しができなかった企業側に責任のある解雇問題。映画ではそれほど深くまで描写していませんでしたが、実際にはもっと苦しみ嘆いていた人が多かったのでしょう。

 それでも明るく前向きに。生活のため、ダンサーになる夢のため、それぞれの想いを胸に秘めてフラガールたちは踊り続ける。その情熱とエネルギーがスクリーンいっぱいに広がり、観客席にまで降り注いでくるかのよう。ハードな練習の成果もあって、迫力あるダンスシーンは臨場感たっぷりでした。ソロの蒼井優は『花とアリス』のバレエシーンをも彷彿させる華麗なまでのしなやかさ。それに団体の踊りが重なって見事な芸術の域にまで達するのです。

 ここまで完成度の高い映画だとは・・・なめてかかってました。元SKDダンサー(松雪泰子)の波乱万丈の人生、炭鉱労働者たちの悲哀、夢と希望に溢れるフラガール。三者のストーリーが絶妙なアンサンブルとなり、観た人に勇気を与えてくれる映画となりました。ダンス以外でも、果敢に銭湯へ乱入する松雪さんや、なまりの長台詞を覚えきった一徳さんも見事!

★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (55)   トラックバック (137)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時をかける少女 | トップ | 笑う大天使(ミカエル) »
最近の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画の監督さん (tm)
2006-09-27 01:25:54
前回の映画では、最後の怪しいげな音楽で、映画を台無しにした監督さんが撮った作品。どうも不安要素いっぱいある作品かなって思ったら、案外いい作品に仕上がっていて、いい映画でしたね。やっぱり前の映画は歌だけが悪かったとしか……

(あの映画の歌を歌った有名作家さん。私はあの歌を聞いて大嫌いになりましたよ)
ザ・王道 (ノラネコ)
2006-09-27 01:43:37
愛、友情、涙、笑、そして音楽とダンス!

これこそ娯楽映画ですよ。

久々にスカッと気持ちよく、映像のカタルシスを感じさせてくれる作品でした。

子供の頃常磐ハワイアンセンターの常連だった私には、余計に懐かしくて楽しい二時間でした。
しずちゃん (よゆぽん)
2006-09-27 02:03:02
どもどもです。



しずちゃん、やっぱデカかったですよね。

180cm超えてますからねー。

でも、おいしい役でしたね。

笑わす、泣かす、そしてサービスショットも!



早苗ちゃんが途中退場(夕張行き)になっちゃたのは、チョット残念でした。



アカデミー賞の日本代表ですよね。最優秀とってほしいなー・・・
Unknown (サマンサ)
2006-09-27 02:06:20
面白かった!

私も、この監督さん、あまり期待してません。

でも、今回は最高でした。

ちょっと消化不良なところも気になりませんでした。

素晴らしく完成度の高い映画だと思います。

歌やダンスが出てくると、映画に深みを与えます。



ところで「映画における集合写真は、別離の合図である」という言葉を思い出しました。

雑誌用に記念撮影をした後に、早苗が夕張に去っていきました。
り・さんいる (kossy)
2006-09-27 08:04:27
>tm様

前回というと、「69」と「スクラップへブン」のどちらなんでしょうか。まぁ、俺もそんなに期待していなかっただけに感動も大きかったです。

舞台セットに力を注いで、シンプルな作りに徹したのがよかったんでしょうね。



>ノラネコ様

最高の娯楽映画でしたよね~

コメディ色もほどほどに、真面目な作りにも好感が持てました。俺も常磐ハワイアンセンターに行きたかったなぁ。



>よゆぽん様

徳永さんが153センチと小柄なので、ますます身長差が目立ってしまいました。しかし役者としても充分通用しますよね。最初のサービスカットはちょいと引きましたが・・・



>サマンサ様

面白かったですよね~

序盤はテンションも低く、徐々に白熱してくる展開。全体の構成からいっても感情を揺さぶらされる仕組みにまんまとやられちゃいました。

迫力のダンスシーンは絶対に劇場で観るべき映画ですね。



「映画における集合写真は、別離の合図である」という言葉があるんですか。それにしても早苗ちゃんが可哀想で・・ううう。
わが母校は (しんちゃん)
2006-09-27 08:23:34
 石炭からいきなりガスでした(笑)

ちょうど1970年ごろの話でした。



 フラダンス・・・子どもの頃はTVでもよくやってましたが、この歳になって見てみたら。。。やっぱいいなぁ(爆)



 かあちゃんが最高でした(笑)メチャリアルだったなぁ(笑)
時代の流れの中で対立から融和への向う、様々な人々の見応えがある物語でした (たろ)
2006-09-27 09:08:00
お早うございます。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、様々な味わいを感じさせる丁寧な物語展開、松雪泰子さん、蒼井優さん、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんをはじめとした女性陣のフラダンス、脇を固める豊川悦司さんや岸部一徳さんなど、出演者の皆さんの優れた存在感、そして、これらをまとめた李相日氏の優れた手腕が光った、見事な映画でありました。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



思いの結集 (たましょく)
2006-09-27 11:58:41
 TBありがとうございますm(_ _)m



 この映画を観る前はさほど期待感もなかった

のに、観賞後は今年の映画の中でも群を抜くほ

ど内容に、通常の最高評価★5つでは足りず、

★10を付けてしまいました。



 平山まどかが登場シーンで橋桁から嘔吐する

ところで「猟奇的な彼女」を思い出したり、と

序盤のコメディ的な演出と、早苗が引っ越して

ゆくあたりからの演出、見事なバランスかと。



 この映画でまたまた蒼井優は株を上げました

よね。松雪泰子も完全に「平山まどか」とゆー

人物に成りきっていたと感じました。
見ました~ (ミチ)
2006-09-28 00:19:32
良かったですね~。

やはりダンス映画(と言ってしまっていいのかな?)はこのくらい盛り上がらなくちゃ~。

「バックダンサーズ!」の盛り上がりはこれに比べるとしょぼかったです(汗)

岸辺一徳の長ゼリフ、もう一度聞いてみたい!
素直になれる映画でした (bakabros)
2006-09-28 00:23:55
早苗役の徳永えりさん、凄く良かったです。

勿論蒼井優さん、松雪泰子さん、しずちゃんも良かったです☆

期待以上 (kino)
2006-09-28 07:58:02
おはようございます!TBありがとうございました。

いやー 前々から楽しみにしてましたが、

期待以上によかったです。

ストレートで、ベタだけど 気持ちよく泣かされてしまいました。

蒼井優ちゃん、大物の風格です。



涙・涙・涙・・・・。 (mezzotint)
2006-09-28 09:48:50
kossyさん

コメントも頂き有難うございましたいやあ~泣いてしまいましたそうなんです

岸部一徳さん、京都出身なんです。岸部四郎さんの実兄なんですよ。静ちゃんも京都?

なんせ吉本ですから、関西系ですよね。

皆さん福島弁上手かった
よかったです (あさこ)
2006-09-28 16:23:04
kossyさん、こんにちは。

紀美子と早苗の別れのシーン、私も号泣しました。

「夕張はやめとけー。」とスクリーンに向かって

叫びそうになりました。せつなかったです。

「うえっうえっ」って声上げて泣いてしまって

周りの人に注目されてしまい、一人で見てたのでかなり

恥ずかしかったです。
見事な出来でした (更紗)
2006-09-28 18:42:25
男湯乱入には大笑いでした。

もうお見事!!としか言いようがなかったです(笑)

トヨエツの台詞じゃないけれど

「女ってつええーーー」な映画でしたわ
涙涙 (kossy)
2006-09-28 19:37:41
>しんちゃん様

おお!ガスストーブですかぁ~

俺は昔からガスストーブに縁がないなぁ。

やっぱ1970年頃ですよね・・・大きく変わったのが。



幼少期に生でフラダンスを見ていたら世界観が変わっていたかもしれません。なんにせよ、生のダンスってあんまり観た事がなかったです・・・



>たろ様

女性陣それぞれの存在感には圧倒されましたね~まさしくガールズムービーなんでしょうかね。男たちもよかったんですけど、女性の影響がかなり強かったし・・・

李相日監督って、だんだん良くなってきてますよね。今後も期待できるかもです。



>たましょく様

5点満点なのに10点!

★の多さにビックリしてしまいましたよ~

たしかに群を抜いていたような気もしますが、勝負は下駄を履くまでわからない・・・もっともっといい日本映画が出て来ることを期待しています。



嘔吐シーンもありましたね~まぁ、男の頭の上にかけなくてホッとしました(笑)

やっぱり色んな事情を抱えて女性たちの描写がバランスよかった。脚本、監督の手腕でしたね。



蒼井優はやっぱり若手NO1でしょうか。それでも日本アカデミー賞なんかでは助演女優賞として候補にあがるんだろうな・・・



>ミチ様

バックダンサーズ!

今、4点をつけたことに後悔しはじめました。

あれはあれで、泣いてた女の子が多かったんです。

まわりに影響されてしまうkossyでした・・・



>bakabros様

徳永えりちゃんがよかったですね~

もしかして新人賞候補になるかな。

今後も期待ですね♪



>kino様

俺も期待以上!

泣かせるシーンがラストだけではなく、何箇所もあったのが好印象。やっぱりベタな映画っていいですよね。泣くぞ、泣くぞって準備できますもん。



>mezzotint様

京都出身の一徳さん!

彼の素晴らしい演技。去年の読書映画以来でしょうか。

岸部四郎の借金も彼の活躍で帳消しにできるのかも!

おらぁ、福島弁わからんかった・・・



>あさこ様

夕張と聞いただけで、やばいと思いました。

あれから15年後くらいになるのでしょうか、彼女も多分炭鉱の男と結婚して、その彼が事故に巻き込まれるような・・・そこまで想像してしまいました。

ここで泣いたら、涙腺はゆるみっぱなしですよね・・・



>更紗さま

男湯に乱入!

う~む、びっくりどっきり。

一瞬、早苗の父親を見つけることができるのかな・・と心配してしまいましたが、そこは映画。安心して笑わせていただきました。
こんばんは☆ (きらら)
2006-09-28 19:53:37
TBありがとうございました♪



わー

高評価ですねー☆(満点カナ?)

私も見終わったときの満足感で当然5つです♪



ここまで笑って泣ける映画だと思っていなかったから

いい収穫でした☆
高評価 (kossy)
2006-09-28 23:43:42
>きらら様

満足しました。

女性が活躍する映画が増えてきましたけど、

俺はどれも高い評価。

時代は男を求めていません!

頑張らなくては・・・・
徳永えり (t-higu)
2006-09-29 00:45:32
こんばんは。



もともと涙もろい方ではありますが、映画館でハンカチが

必要になるほど涙を流したのは初めてに近いです。

そのくらい良かったです。



自分のブログでは触れませんでしたが、彼女はよかったですね。

あの別れのシーンあたりが、自分の涙腺の決壊の始まり

だったかも知れません。

「一山一家」 (ハンター)
2006-09-29 09:29:15
私も、笑いあり、涙ありと楽しましてもらいました。「一山一家」、日本人らしいい、標語ですね!最近は隣に住んでる人間がわからないという人も少なくない時代になりました。やはり去年の「オールウェーズ三丁目の夕日」もそうですが、一昔前の日本がよく見える、映画でした!あと「松雪泰子」もイヤな女から、いい女になっていくので、よかったです。
なめてかかってました・・・。 (Ageha)
2006-09-29 13:18:42
しずちゃんもいるし、青春ドタバタもんに

なるんだと軽い気持ちで見に行って

その分ガツーンとやられました。



コレは見といたほうがええよっていう映画を

今までイロメガネでいくつ見落としてきたか

反省しきり。(笑)



女性の強さ、男の弱さはリアルジブリ映画。(え)



生活かかってて、夢もたくしてて、

でも良くも悪くも運命共同体みたいな「一山一家」は

簡単に方向転換できないけど

まとまるとすごいことができるのですね。

ただ、フラを極めるんじゃなくって

その必死の分だけとても感動しました。



ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-09-29 20:11:42
こんにちは、jamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

jamsession123goもこの映画はとても気に入ってます。

今年観た邦画では、シムソンズに次いで印象に残った映画かもしれませんね。

どの出演者もみん生きてましたね。

みんな大好き (かのん)
2006-09-29 22:23:02
登場する人々が端役まで含めて誰もがみんな愛おしく思えてきちゃんですよね、寺島さんの借金取り以外(笑) これほど誰もに感情移入出来る作品も珍しい気がしてます。特に松雪泰子さんは大アタリ役になりましたね。女優魂を見せつけられた感じです。
ハイな一徳 (メビウス)
2006-09-30 00:10:12
kossyさんこんばんわ♪TB有難うございました♪



一徳さんの居酒屋での訛りギレは松雪さん同様唖然・・(・□・;)普段見る一徳さんって、ちょっと穏やかで大きな声を出すシーンをあまり見ない印象を受けるんですけど、本作では妙にハイでしたね♪アロハシャツも微妙に似合ってましたし(笑



他の皆さんも絶賛してるように、今年の邦画の中では間違いなく上位に入る作品。

『明日の記憶』が今年の邦画の中で一番だと思っていたのですが・・・・邦画トップ10を決める時にまた悩みそうです。
徳永えりと岸部一徳 (kossy)
2006-09-30 00:54:52
>t-higu様

徳永えりちゃん、よかったです。

映画のクレジットでも上のほうじゃなかったので、途中からいなくなるんだろうなぁ~とは思ってましたが、あれだけ泣かせる別れだとは・・・

俺の涙腺決壊もあのあたりから。

なんだか泣けるシーンが多くので、もう一度見て泣けるシーンベスト5を作ってみたくなりました。



>ハンター様

一山一家・・・あの額が傾いたときに大量解雇を仄めかしていたのですね。一徳さんの説明も会社側の一方的なものではなく、会社と労働者の間に立たされた中間管理職の悲哀も感じてしまいました。

今でもリストラ問題はあるのですから、この映画から元気をもらえれば・・・よくなるのかな・・・日本。



>Ageha様

しずちゃんの名前にだまされましたね。

ラブコンのイメージを期待してしまって、予想外に泣かされてしまいました。

「一山一家」の言葉は多分会社側の意向なのでしょう。それが虚構だとわかったときにどう対処すればいいのか、考えさせられます。まぁ、解雇の数も半端じゃないので、結束する側も心強いってところでしょうか。



クリスティーナが生き残ったところもグッジョブ!



>jamsession123go様

『シムソンズ』もよかったし、今の邦画の王道といったところなんでしょうね~

あぁ、でも俺はオリンピックの印象がだんだん薄くなってきました。今年のベスト10選考も難しいです。



>かのん様

寺島進はどうなっちゃったんでしょう。

嫌な役が少ない分、彼も苦労したことでしょう。といってもたけしの映画ではヤクザもんばっかりだったから平気か。

松雪さんも女優賞をいっぱい取っちゃうんでしょうか、それとも候補になるだけか・・・楽しみです。



>メビウス様

あの訛りのまくし立ては凄かった。

字幕を入れてくれよ~~と思ったのですが、あの場面では松雪さんと同じ気持ちになればよかったのでしょうね(笑)

『いつか読書をする日』でも感情を剥き出しにするシーンがあったりして、彼はなかなかよかったですよ。



俺も間違いなく上位に食い込みそうですが。なんだかもうワクワクしてきています。
キラキラな女優達 (honu)
2006-09-30 08:49:02
Kossyさん

こんにちは~!

アカデミー賞はともかく、今年公開された作品の中でもかなり際立った1作であることは、間違いない(^^♪



松雪さんが慣れないバラエティ番組等に出演して、宣伝している姿がまた、なんとも痛々しくて、余計応援したくなりました~!

良かったです! (カオリン)
2006-09-30 11:29:10
私もノーマークだった作品でしたが、見て得した気分になりました。

一徳さんの長台詞、笑えました。

それにしても、出演者すべてが甲乙付けがたい熱演で、配役もぴったりは待ってたのが、作品を引き立たせたようです。
女優たち (kossy)
2006-09-30 12:33:28
>honu様

今年の邦画の中でもかなり上位にきますよね。



バラエティ番組での宣伝というのも大変ですね~そんなに宣伝しなくてもクチコミ力でヒットしないかなぁ。

俺も回りに宣伝しよっと・・・



>カオリン様

俺的には蒼井優が出るというだけで期待してたのですが、そんなミーハー的な感情がすっとんでしまいました。

女優さんたちが皆熱演。

それぞれに泣かされましたね・・・
Unknown (ななな)
2006-10-01 19:41:01
kossyさん、こんばんわ。

この映画、こんな良いとは全然思ってなくってホント良い映画観た~ってすごく嬉しくなりました♪



しずちゃんでかいですよね・・・

一番最初に出てきたときあまりのでかさにびっくりしました。

でもちゃんと女優さんでしたよね~!
しずちゃん (kossy)
2006-10-01 22:04:07
>ななな様

いやぁ~よかった。

俺もこんなにいい出来だとは・・・



しずちゃんもちゃんとした芸名でしたよね。

映画では、もう南海・・・と名乗らないのもちょっと寂しかったりして(笑)
泣きましたねぇ!! (よしえさん)
2006-10-02 01:01:33
こんばんわ^^ディープは残念でした(←今観てたので・・・笑)



やはり皆さん期待してなかった分の反動?!なのでしょうかね??フラガール!!

このあたしもそうでした(笑)

今週は母親が観に行ったんですけど立ち見だそうです!!

岸辺さんの台詞のシーンは館内大爆笑でしたよ



涙あり笑いあり、いい映画でした!!
ディープ (kossy)
2006-10-02 23:02:32
>よしえさん様

誰もが勝ったと思った瞬間、伏兵が後方から・・・

う~む、3位か。

フラガールも3位発進でしたっけ?

同じように人々に感動を与えるところなんて共通項があるのかもしれませんね。



立ち見の回もあり、大爆笑もあり・・・劇場で観客が一体感を味わえるなんて最高ですよね。

1位になればいいのになぁ~
お邪魔虫です・・。 (サナダ)
2006-10-03 00:54:44
期待以上の素晴らしい作品でした!

蒼井優のソロダンスは圧巻でしたし!

フラダンス、踊りたくなっちゃいましたよね!(ん?)
フラダンス (kossy)
2006-10-03 20:24:25
>サナダ様

お尻を振らダンス。

などと小学生のときはオヤジギャグをかましていたものですけど、やっぱりいい!

男も踊れるのかなぁ・・・レイをかけられてキスされるのがいいなぁ・・・
温泉リゾート (kazupon)
2006-10-03 21:08:52
kossyさん、金沢近郊というと結構温泉地

が沢山ありますよね、。

映画の中でフラダンス以外の温泉施設なんかの

エピソードが全く無かったのが残念。。というか

描いてると収集つかなくなるんだろうなぁと

思って観ておりました;;どれくらい

炭鉱からあっちに雇用できたのかなぁなんて・・。

加賀屋の話なんて映画になりそうな気がするんで

すけど・どうでしょうか?(笑)TBさせて

いただきました!
ダンスシーンだけでも・・ (スナッチャー)
2006-10-05 12:12:56
kossyさん、こんにちは。



いや~~面白かったです。

特にラストのダンスシーンだけでも

観る価値がありました~~



あとは、苦手だったしずちゃんの芸風

今回だけは、和ませてもらったかも・・。



TB置いていきます
Unknown (キュウ)
2006-10-05 20:31:11
フラダンスをやっている友人からのお勧めで「うーん?」と思いながら行ってきましたが、見てよかったです。



お話としてはお約束の展開なのですが、丁寧に作られていて何度も泣いてしまいました。

手話が基本になっているというフラダンスの振り付け。手話は国ごとに違いますが、フラダンスなら万国共通ですよね。

「あなたを、愛しています」とか踊られたら、グッときちゃいそうです。



元になった手話はハワイ語なのでしょうか? ちょっと調べたくなりました。

ハワイ (kossy)
2006-10-05 21:25:30
>kazupon様

福島県の温泉もよさそうですよね。会津なら行ったことはあるのですが、社員旅行でずっと酔っ払っていたためよく覚えていません・・・

金沢というか、石川県は温泉が有名ですよね。だけど加賀屋へは行ったことがありません・・・高いし。あそこは従業員の教育がいいんですよ。見習わなければ・・・と思っていながらも実際に行ったことがないので無理です。

雇用問題は深刻ですが、どうなったんでしょうねぇ~



>スナッチャー様

こんにちは。

ほんとに最後のダンスシーンは何度も観たくなりますよね。『スウィングガールズ』もはまりましたが、このダンスシーンもはまりそうです。

俺もしずちゃんはそれほど好きじゃなかったのに、ちょっと見方が変わりました。



>キュウ様

そう言われてみると、手話の言語が気になりますね。

日本の手話もわかんないもんだから、さっぱりわかりません。

アメリカの手話といえば、カリフォルニア州の知事といったところでしょうか・・・すみませんオヤジギャグで。
ほんと、感動しました! (an)
2006-10-05 21:47:41
こんばんは!

評判どうり、ほんとに良かった。

心底感動しました。

邦画もいい映画が増えましたね。

TBもさせていただきました。

an
ふらふら (kossy)
2006-10-06 00:06:49
>an様

よかったですよね~

邦画が勢いつけてきていますが、製作サイドはこれに甘んじないようにもっともっといい映画を作り続けてほしいところです。

もう一度観たくなりますよね。
Unknown ()
2006-10-14 20:00:25
めったに劇場鑑賞できない私ですが

これは娘達と一緒に観にいきました!



良かったです~~♪

いろんな思いが重なって流れるストーリー、純粋な炭鉱娘達の努力と先生の心が通い合うところ、どれをとっても涙がでました!
いい選択 (kossy)
2006-10-14 20:26:20
>D様

こんにちは。

今やってる映画でオススメは?と聞かれたら、迷わず「フラガール」をオススメしているkossyです。



登場人物のそれぞれの思いがとてもよく伝わってきましたよね。欲を言えば、職を失った人たちの悲哀をもっと描いてほしかったのですが、そんなことさえ忘れるほど・・・

彼女たちの努力とその結果が清々しく感じられました。目もウルウル・・・
Unknown (Unknown)
2006-10-18 00:19:19
いやあ、面白かったですね~。



予\定調和のベタベタの展開なのに、しっかり泣かされました。



それは、多分、厳しい現実もきちんと描写されてるからですね。



ベタベタな展開だけどシラジラシサがない。

意外とシブイ!



特に、小包を渡しに行った母親と娘のダンスをとおしての無言の対話!!



もう、背筋がゾクゾクしましたね~



だからこそ、その厳しい現実を“ぶっ飛ばす”ような勢いのある画面がとっても気持ちいい。



もちろん、“ぶっとばしてやる!”と、男湯に殴り込みのシーンは最高!(場内爆笑!)



感動して泣ける、というよりも、『人間って、棄てたもんじゃないよな~』と嬉しくなって泣ける映画でした。

フラダンス! (NAO)
2006-10-19 14:27:53
kossyさん、こんにちは~ちょいとご無沙汰です。

「フラガール」私も舐めて見てましたが、見事にガツンとやられた映画でした。



出演者全員素晴らしかったのですが、松雪さんの迫力、蒼井優ちゃんの化けっぷり、富司さんの貫禄には参りました。



蒼井さん、可憐な顔とフラダンスの色っぽさのギャップにノックアウトしてしまいました。

これは是非、賞をとってほしいですね!





>なまりの長台詞を覚えきった一徳さんも見事!



同感です!男湯に怒鳴り込んだ松雪さんも。(^m^)

泣いたり笑ったり、見ているほうも表情変わりっぱなしでしたね。
男風呂 (kossy)
2006-10-19 21:31:07
>unknown様

観てきたばかりな雰囲気が文面からにじみ出てますね~

臨場感あります!

俺も小包を渡すシーンでは、緊張感が張り詰めて息を止めてしまったくらいでした。

この「静」と「動」のコントラストも全体的に生かされてましたね。



>NAO様

タイトルからしてね・・・スウィングガールズの真似だろう!などと甘くみてました。

松雪、蒼井、しずちゃん・・・この性格の違う3人がほんとに光ってた。

今年の映画賞も楽しみの一つとなりましたが、配給がシネカノンというところがどう出るか・・・これだけ世間の評判が高いと無視することはできませんね~
努力の賜物 (でんでん)
2006-10-23 18:45:26
kossyさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>その情熱とエネルギーがスクリーンいっぱいに広がり、観客席にまで降り注いでくるかのよう。



まさに努力の賜物ですね。冒頭の松雪さんのダンスで一気に惹き込まれてしまいました(^^ゞ
松雪さん (kossy)
2006-10-24 00:07:16
>でんでん様

冒頭の松雪さん。

いやはやアレは感動しました。

俺も若い頃に覗いていたらダンスに夢中になっていたかもしれません(無理かな・・・)

努力すれば報われる、そんな勇気を与えてくれる映画でした。
でかい!! (猫姫少佐現品限り)
2006-10-24 01:25:04
このあたしより、遙かにデカイなんて、、、

しかし良かった!

あたしも満点映画でした。
胸騒ぎの腰つき (オヤジダンサー)
2006-10-31 21:32:21
珍しく井筒監督が絶賛してましたが、ようやく観てきました。
蒼井優がおぼこい、可愛い、綺麗、神々しい。
化粧栄えのする女優ですね。
松雪さん、富司さん、しずちゃん(パンチラ除く)も良かった。
きれいな涙が流せますね。
パンチラ (kossy)
2006-10-31 22:44:30
>猫姫少佐現品限り様
猫姫さまもでかいんですか?
だけど、パンチラなら負けないでしょう~
俺も猫姫さまのパンチラに満点・・・

>オヤジダンサー様
あの井筒監督が!!
たしか、誰かの情報によると、井筒のおっさんが撮る話もあったとかで・・・
もう女優賞候補のオールキャスト。
見事な演技ばかりでうっとりしてしまいそう(パンチラ除く)
夕張ー;; (JEFF)
2006-11-25 10:04:08
あの爆発があり、そして今、最も揺れる夕張。

最近、テレビで「市民切り捨て」と叫んでいるあのおばさんはもしやハワイアンダンサー候補????

悲惨過ぎて目にワイパーが欲しい。
夕張 (kossy)
2006-11-26 08:56:27
>JEFF様
夕張問題、大変です。
なんとかならんのかなぁ・・・メロンだけじゃ無理ぽいだろうし。
この映画で夕張に行った子があらためて気になりはじめますね。
夕張 (kimion20002000)
2006-11-29 00:38:47
TBありがとう。
夕張の関係者達は、この映画に拍手を送りながら、自分の町の今後を考え、暗澹たる気持ちにもなるんでしょうね、残念だけど。
RE:夕張 (kossy)
2006-11-29 07:45:51
>kimion20002000様
夕張の人たち、ほんとに心配ですよね。
フラガールの場合は当時としては珍しいことだったんでしょうし、今の時代には通用しないのかもしれません。だけど、最近のニュースでやってる千葉の鉄道会社の「ぬれ煎餅」なんかを見ると、こうした努力はやっぱり必要なのかもしれませんね。
Unknown (ケント)
2007-04-07 22:25:40
kossyさん、こんばんはTBお邪魔します
当初予告編を観て、ダサイ映画とバカにしていましたが、これが見事に大ハズレで、とても素晴らしい映画でした。最近の邦画の好調さを代表するような見事な出来ですね。
出演者も皆良かったと思います。
仰る通り、僕も完成度の高い映画だと思いました。
DVD (kossy)
2007-04-08 00:17:05
>ケント様
俺はついにDVDを買ってしまいました。ちなみに2週間経つというのに封を開いてません・・・
観る前までは俺もそれほどんは期待してなかった。期待してたのは蒼井優だけだったりして・・・

さて、買ったDVDをどこに置いたのか・・・探さなくては。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

137 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
フラガール・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のた ...
フラガール / HULA GIRL (きょうのあしあと)
「人生には降りられない舞台がある」 監督:李相日 脚本:李相日、羽原大介 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実 公式HP:http://www.hula-girl.jp 鑑賞:TOHO Cinemas ...
「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス (オールマイティにコメンテート)
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想 ...
フラガール (2006) 120分 (極私的映画論+α)
 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。そして、目玉となるフラダ ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、藤純子、岸部一徳 ...
試写会鑑賞 なかのZEROホールにて ~ 李 相日 「 フラガール Hula Girl 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り、時々雨の水曜日です。 今日は、先週の金曜日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、李相日氏監督、松雪泰子さん主演の新作映画について。 『 フラガール 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 李 ...
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあ ...
フラガール (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日は邦画お得意の”ちょっといい話”シリーズの新作、「フラガール」を観てきましたよ~。  昭和40年、炭鉱が下火になった福島県いわき市が舞台。  石炭から石油へと燃料の需要が変わり炭鉱が次第に縮小されつつある炭鉱町。  そこで市は街の再生のた ...
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
フラガール (吾輩はナマケモノである。)
一度は名前を耳にした事がある“常磐ハワイアンセンター”の誕生物語です。 “常磐・・・・”は福島県にあることを本作で知りました。 平山まどか(松雪泰子)と言い争う吉本紀夫(岸部一徳)の福島弁?・・・字幕が必要でしたよ。館内に不思議な空気の漂った後 ...
フラガール (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を映画化! 去年の夏休みに福島に旅行に行って2日目に家族でスパリゾートハワイアンズ行きましたが、そのときはこんな映画を作るとは知りませんでした。 ただ、既に
「フラガール」観てきました! (Feel The Moon ~ミン友だより~)
仕事を終えて相方と次女を連れ出し、途中でデート中の長女をかっさらい映画を観に行きました。 「フラガール」http://www.hula-girl.jp/index2.html 「探偵!ナイトスクープ」録画ついでに「フラガール」のメイキング番組を録画してしまったのがいけなかった ...
涙と感動!フラガール♪ (銅版画制作の日々)
  涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショー誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教え ...
フラガール (何を書くんだろー)
「フラガール」 評価 ★★★★★★★★★★ (絶対的賞賛作品) 『あらすじ』  昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へ とエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗 ...
「フラガール」 (しんのすけの イッツマイライフ)
いや~~ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のた ...
フラガール (エリ好み★)
奇蹟の町おこし&女性たちの成長を描いたサクセスムービー!
フラガール (UkiUkiれいんぼーデイ)
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 と ...
『フラガール』 (初鑑賞91本目・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 9月23日(土) 109シネマズHAT神戸シアター7にて 13:30の回を鑑賞♪
37 フラガール (毎週水曜日にMOVIE!)
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそう ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
フラガール (そーれりぽーと)
南海キャンディーズのしずちゃんが出演しているという情報だけで、『ウォーターボーイズ』や『SWING GIRLS』のような軽いノリの映画かと決め付けて期待をしていた『フラガール』を観てきました。 ★★★★ 想像していた内容とは全く違い、昭和四十年の閉山の危機 ...
試写会『フラガール』 ★★★★ (時流を聴く)
『フラガール』の試写会で有楽町のよみうりホールへ。 -人生には降りられない舞台がある 出演:松雪泰子、蒼井優、徳永えり、岸部一徳、富司純子、豊川悦司、山崎静代 常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾー
映画「フラガール」 (興味的雑記帳)
えー、かなり久々の更新です。 休んでいる間にコメントやTBして頂いたみなさま、ありがとうございます。 さて、早速ですが「フラガール」を観て来ました。 ご存知「常磐ハワイアンセンター」ができるまでの炭鉱の町のお話。 笑えて泣けて、リズムに心を躍らせ ...
フラガール (☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★)
「フラガール」を鑑賞。
『フラガール』 (試写会帰りに)
『フラガール』試写で鑑賞。真っ直ぐな作りに初めは「ちょっとクサイかな?」と思いましたが、その後何度か泣かされました(T_T) 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話。シンプルだけど、実話なだけあって素直な ...
映画「フラガール」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭 ...
フラガール 評価額・1190円 (Blog・キネマ文化論)
●フラガールを鑑賞。 昭和40年、閉山のピンチに陥った福島県の炭鉱町。そこで、炭
感想/フラガール(試写&劇場) (APRIL FOOLS)
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール 昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。 ...
『フラガール』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『フラガール』を観てきました。 今年何本かあったどうしても観たい作品のうちの一つです。 上映館も少ないので初日に観ちゃいました。レイトショーにもかかわらず満席でした。 ストーリーは、日本は高度成長期。エネルギーの需要は黒いダイヤ石炭から石油へ ...
「フラガール」 涙・涙・・・ (目の中のリンゴ)
楽しみにしていた映画でした! 公開初日、早速観てきました。 「フラガール」 (2006年・日本) 福島県の常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生秘話とも言える物語。 昭和40年、衰退する炭鉱の街をなんとか甦らせようとする 一大プロ ...
「 フラガール 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 李相日出演 : 松雪泰子 / 豊川悦司 / 蒼井優脚本 : 羽原大介 (パッチギ)公式HP:http://www.hula-girl.jp/index2.html予想外に感動的な良い作品でした☆ボロボロ泣いちゃった・・・思わずフラダンスを習いに走りたくなります(笑)・・・ 原 ...
「フラガール」 (俺の明日はどっちだ)
仲良くさせてもらっているブロガーの人たちもほとんどが諸手を挙げて賞賛に次ぐ賞賛の話題作。 そして他でもここで号泣したとか、涙なくしては見られなかったとか、泣か、き、く、くる、くれ、けよの「か行変格活用」の雨嵐。 そりゃあご贔屓の岸部一徳は見事だっ ...
フラガール (三度の飯より映画好き)
公開より一足お先に試写会で鑑賞してきました。最近の邦画って制作費、宣伝費に大金を投じた大作よりも中堅どころの作品に圧倒的に当たりが多いように感じます。この映画も自分にとっては大当たりでした。 時代が変わり需要の少なくなった石炭…その恩恵を受 ...
フラガール (とっさの絵日記)
エンドロールで流れるジェイク・シマブクロのウクレレの音色が優しくて優しくて心に
フラガール (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 フラガールジェイク・シマブクロ サントラ ナレオ ソニーミュージックエンタテインメント 2006-08-23売り上げランキング : 95おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出演/松雪泰子 蒼井優 あらすじ/昭和40年、 ...
映画~フラガール (きららのきらきら生活)
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設 ...
フラガール (欧風)
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、道の駅巡りまくったりしてて、休み中朝から晩まで車で走り回っていて観に行く暇が無かったという ...
『フラガール』情熱に拍手! (ミックスランチ2号)
ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックの 爽快なサウンドで贈る、ダンスムービー 『フラガール』を観てきました。もうねぇ、こんなに感動と興奮したのっていつ以来だろう?
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛く ...
『フラガール』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながらここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、 早苗は紀美子を誘う。今や石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、閉山が相次いでいる。この危機を救うために炭鉱会社が構想 ...
映画「フラガール」 (いもロックフェスティバル)
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
【MOVIE 】フラガール (思いつくままに)
■観賞日:2006年9月25日 ■観賞場所:川崎チネチッタ ■感想など 実話を元にした作品 常磐ハワイアンセンター(今は、スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる、 地元の炭鉱で働く人たちとハワイアンセンターで踊るフラガールたちの感動のお話 最近、涙もろく ...
きっちり作った再生物語 「フラガール」 (平気の平左)
評価:85点 フラガール 言いたいこともあるにはあるけど、これだけ泣かせてもらえれば十分でしょう。 いや、泣けた泣けた。 見終わった後鏡を見たら、ウサギか私か、というくらいに目が赤かったです。 田舎娘もいい味を出してましたし、ダンスもきっちりし ...
☆ 映画 『フラガール』 ☆ 今年72本目 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。 でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!! なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。 撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあ ...
フラガール (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
監督=李相日。撮影=山本英夫。美術=種田陽平。音楽=ジェイク・シマブクロ。 本年度・アカデミー外国語映画賞候補の日本からの選出作品。 福島県の常磐ハワイアンセンター誕生の実話映画化。☆☆☆☆★
『 フラガール 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 フラガール 』 [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年9月23日公開】[上映劇場 ] 監 督:李相日 脚 本:李相日 羽原大介 [ キャスト ]  松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳 ...
オンナは強いよな~。~「フラガール」~ (ペパーミントの魔術師)
試写会、26日そごう会館にて。 最初はそないに期待してなかったんですけど けっこう泣いちゃいましたね~。 話が進むにつれてぐいぐい引き込まれました。 ・・・大阪ならではのパロディポスター。 シネリーブル梅田にお越しの際は現物見れます。 ・・・こういう ...
映画:フラガール 試写会 (駒吉の日記)
フラガール 試写会@九段会館 「てれすけー」 西日本、しかも海を隔てているのもあり、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)ってこちら(関東)に来るまで知りませんでした。こちらの人にとっては「伊東に行くならハ・ト・ヤ~♪」くら ...
フラガール (まぁず、なにやってんだか)
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子 ...
【劇場映画】 フラガール (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンス ...
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 (カノンな日々)
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。い ...
フラガール (Kinetic Vision)
紀美子(蒼井優)は母(富司純子)に逆らい、縁側で正座させられる。早苗(徳永えり)は会社を解雇された父(高橋克実)にボコボコに殴られ顔中あざだらけになり、押し入れの中に閉じこもる。小百合(山崎静代・しずちゃん)は大き
凝り固まった心が解きほぐされていく。『フラガール』 (水曜日のシネマ日記)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
「フラガール」:ほっとプラザはるみ入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あの煙突は何だ? {/hiyo_en2/}ほっとプラザはるみ。清掃工場の余熱を利用した温浴施設よ。 {/kaeru_en4/}何があるんだ? {/hiyo_en2/}いろんなお風呂やジャグジーやレストランがあるらしいわ。 {/kaeru_en4/}そのわりに、あまり知られてないんじゃ ...
フラガール (ぷち てんてん)
フラガール見てきちゃいました。見てきたというよりも、泣いてきたというのが正しいのかも(笑)泣かせるのがうまいんだもの^^)☆フラガール☆(2006)李相日監督松雪泰子・・・・・・・平山まどか豊川悦司・・・・・・・谷川洋二朗蒼井優・・・・・・・・谷川 ...
フラガール(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】李相日 【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永えり/岸部一徳/富司純子/他 【公開日】2006/9.23 【製作】日本 【ストーリー】 昭和40年。エネルギー革命により需要は石炭から石油へと移り
フラガール (spoon::blog)
ふらがーる 実話である。昭和40年代に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる話である。この映画の主人公は松雪泰子演じるまどかである。
フラガール (すれっからし塾講師のシネマライフ)
久々に書きます。 本業の仕事があまりに忙しすぎ、なかなか感想を書けません。 備忘録として始めたのに本末転倒 とりあえず、水曜日に無理矢理二本立てで観てきました。 シュガー&スパイスとフラガール どちらもインパクトがあったんだけど、 久々に ...
フラのメロディの乗って♪東北の奇跡の実話/『フラガール』李 相日監督 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●フラガール● ●監督;李 相日 ●脚本:李 相日,羽原 大介 ●美術;種田 陽平 ●音楽;ジェイク・シマブクロ ●舞踊振付・フラダンス指導;カレイナニ早川 ●企画・プロデュース:石原 仁美 ●製作;李 鳳宇 出演;松雪 泰子/豊川 悦司/蒼井 優/山 ...
『フラガール』 (**Sweet Days**)
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計 ...
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを ...
フラガール (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が 相次ぎ町は先細りの一途をたどっていた。そこで起死回生のプロジェク ...
フラガール(映画館) (ひるめし。)
未来をあきらめない 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:李相日 出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分 [感想] フラガールたちのひたむきさに泣けた。 久しぶりに映画みて泣けた。 全然期待せずにいったらヤラれた!!っ ...
フラガール (skywave blog)
人の本音の部分は、生まれ育った地域の言葉で思考する。お国言葉・方言の’チカラ’を、感じました。 昭和40年、炭鉱の町いわき。石炭から石油の時代の波に飲み込まれようとし
フラガール (映画を観たよ)
すんごくステキな映画! いつも通りの展開だと思ってたんですよね。 最初は色々あるけどみんなで解り合って頑張って最後には大成功!っていう展開だと思ってたら違った! いや、展開はいつも通りなんだけどフラにかける思いが違う! だって生活と未来が懸かってい ...
映画鑑賞記「フラガール」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.10.01 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  常磐ハワイアンセンター(現在は、スパリゾートハワイアンズ)の誕生物語。そこには、日本の産業を支えてきた炭鉱の落日を前に、炭鉱の町を「常夏の楽園」に変えようと奮闘する炭鉱娘たちのドラ ...
「時をかけるフラガール」 -2作ハシゴで私、フラフラ- (■財務アナリストの雑感■)
ウケ狙いのタイトルを付けたいがためにこの2作品を選んだワケではないのですが・・・・・。
フラガール (とんとん亭)
「フラガール」 2006年 日 ★★★★★ めちゃめちゃ感動します! 昭和40年福島県いわき市。炭鉱の町だったが、時代が炭鉱を 必要としなくなり、閉鎖の危機にあった。会社は破格な金を投じて 東北の片田舎に レジャー設備“常磐ハワイアンセ ...
フラガール (本日のレンタルASIA)
{/hikari_blue/}2006年 邦画{/hikari_blue/} こちら公式HP{/arrow_r/}フラガール 今月はじめに試写会で観ました!! いよいよ明日公開ですね!! とにかく感動の雨あられ?!(笑) いや~なんかね、ハワイアンセンターの宣伝映画なのかと思ってたわけよ( ...
52-フラガール (徒然日誌)
ここんとこ邦画を観にいく気力が落ちていて、何本か見送ってしまった。 これもだいぶ気分的には落ちてたんだけど、松雪さんだし、評判も上々らしいし、行っとこうかというわけで、観にいってきた。 物語は常磐炭鉱のある町の炭鉱の大幅な人員削減問題の解決に常磐 ...
勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目) (ON THE ROAD)
うっ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらないよ~ 観たい映画が数本あった。 なんとなく心に刺激がほしくて感動大作か仕掛けが大掛かりな映画を 観ようかなと具体的には決めずにシネコンに向う。 しかし候補に挙げていた映画は全部上映 ...
フラガール (八ちゃんの日常空間)
一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパーマン・リターンズを抜いて今年ナンバーワン!
腰 ~「フラガール」~ (サナダ虫 ~解体中~)
李相日監督作品、松雪泰子主演の、 映画 「フラガール」を観た。 米アカデミー賞外国語映画部門、日本代表出品作品。 昭和40年代。 福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、 フラダンスショーを成功させるために奮闘する人 ...
フラガール (知心庵別館)
生まれて初めてのレイトショーで観たこの作品。 いい観客と一緒に観ると映画の楽しさは倍増するということを再確認した作品となりました。 ではいつものネタバレ感想行ってみます!  
「フラガール」■転換期に何を選ぶか? (映画と出会う・世界が変わる)
この作品の概要を読んだときには、「プロジェクトX」か「スウィング・ガールズ」のような内容を予想したのであるが、実は違った。時代が変わるとき、環境が変わるとき、それも自分の人生や生活の中心にあったものが消えようとしているときに、人々はどのような選 ...
フラガール (キューピーヘアーのたらたら日記)
ミチさんの星5つは、これ観なきゃ絶交よっていうサイン、 ってな訳ではないけれど、観たい気持ちを抑えきれず、 行ってきました、映画館へ。 だって、評判いいんだもん。 東北の炭鉱町でハワイアンセンター? 奇抜な発想ってこともないんだよね~。 若い女 ...
フラガール (It's a Wonderful Life)
炭鉱が出てくる映画にはいい映画が多いんです! 以前、めちゃめちゃ好きな作品 リトルダンサー」の感想を書いたときに、 「フル・モンティ」「遠い空の向こうに」「ブラス」を勝手に 「炭鉱4部作」って書きましたけど(笑) この映画も内容聞いてもし ...
「フラガール」 (徒然雑草)
2006/08/03 東京九段下「九段会館」で「フラガール」の試写を観た。昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。『求む、ハワイアンダンサー』掲示板に貼られたポスターを見た早苗(徳永えり)は紀美子(蒼井優)にこう…
フラガール (こころいろ)
人には降りられない舞台がある まちのため、家族のため、友のため そして自分の人生のために、少女たちはダンスに挑む・・・ (フラガール公式HPより) 映画の舞台となっている「常磐ハワイアンセンター」(現・スパリ
フラガール  (シュフのきまぐれシネマ)
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンタ ...
フラガール (映画通の部屋)
「フラガール」 製作:2006年、日本 120分 監督、脚本:李相日 出演:松雪
★「フラガール」 (スナフキン・レポート♪)
映画「フラガール」 ・・・公式ページは、こちら ある程度の年齢以上の人なら、『伊東と言えば、“ハトヤ”・・・常磐といえば、“ハワイヤンセンター”』 と言うくらい・・名前だけは知っていた「常磐ハワイアンセンター!」 (今はスパリゾートハワイアンズと名 ...
フラガール♪ (piano lesson)
この前は先に「涙そうそう」を観たので、どうしても見たかった「フラガール」を観て来
映画「フラガール」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
フラダンサーで眼鏡をかけた子持ちの母役の人、どっかで見たことある~??? 絵本みたいなハードカバーの可愛いパンフレットを購入したら判りました。 彼女は先日の昼ドラ「我輩は主婦である」に出演していた隣のヤンキー役
フラガール (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「フラガール」の感想です
『フラガール』 (Antique)
しづちゃん・優ちゃん・池津さん。 見てきましたw 良かった{/ee_1/} 期待していたより良い映画でしたよ~{/face_naki/} 何度もうるうるさせられました。 内容がしっかりしている映画で、演出もキャストもバランスが良かったです。 いつの間にかどんどん引き込 ...
フラガール (独身anの30後半ってこんな?)
『フラガール』  ・・・評判どうりです! 久々にHちゃんと見に行きました。ネタ、
フラガール (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/李相日 ダンスものの映画って好き。目覚めたのは「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだった。(ふる~)バレエって、軽やかなお嬢様なの踊りだと思っていた私は、彼のダンスを観て頭をカナヅチで殴られたくらいショックを受け感動し ...
フラガール (ルナのシネマ缶)
常磐ハワイアンセンターと いう名前は知っていましたが、 行った事はないので、 私の中では、1種の温泉センターの イメージだったのですが・・・ こんなドラマチックなトコ だったんですね~。(~_~;) 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 時代は石炭か ...
「フラガール」 (the borderland )
あなたは、しずちゃん(南海キャンディーズ)で泣けますか? 最初はお笑い担当だと。いかにもな設定やなぁと思ってましたが、思わずホロリとなってしまいましたよ。 福島県いわき市で脱炭鉱のために作られることになった常磐ハワイアンセンターの誕生をめぐる ...
フラガール (まじめにふまじめ★)
まず、この映画会社に一言言いたい・・・。 パンフレットの出来が       とっ
「フラガール」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・シネカノン/監督:李 相日) いきなり断言する。これは大傑作である。必見である。 本作を観るまでは、本年度のベストワンは、西
フラガール (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和40年、福島県いわき市にある炭鉱の町は、時代の波に飲まれようとしていた。  エネルギー革命で、次第に鉄鉱のニーズは減り・・・石油へとエネルギーが変わろうとしていた時代。  町にある炭鉱は閉山が相次ぎ、危機的状況に直面 ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
「フラガール」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は盟友N氏とシネマサンシャイン沼津で「フラガール」を観てきた。N氏が注目し
フラガール (BLACK&WHITE)
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを
フラガール [監督:李相日] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
知ってか知らずか、私の思い込みか、これまで見てきた様々な映画が頭をよぎる ストーリーの基本ラインは「フルモンティ」と「リトルダンサー」足したような感じ(ってことは「ウォーター・ボーイズ」にも似てるんだ)。女の子たちが何かに挑むってところで「スウィン ...
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/李相日 ダンスものの映画って好き。目覚めたのは「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだった。(ふる~)バレエって、軽やかなお嬢様なの踊りだと思っていた私は、彼のダンスを観て頭をカナヅチで殴られたくらいショックを受け感動し ...
フラガール (いろいろと)
全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を
フラガール (遠い海から来た・・)
改めて……。 人間としての成長物語『フラガール』 スパリゾート・ハワイアンズ 誕
フラガール (映画を観よう)
日本 2006年 松雪泰子、蒼井優、山崎静代、岸辺一徳、富司純子、豊川悦司、高橋克実、志賀勝 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 【ストーリー】 時は昭和40年。かつて黒いダイヤモンドと呼ばれていた石炭。日本の炭鉱は貴重なエネルギー源として ...
「フラガール 」 (★しゃべりば ★)
皆さんのブログや友人の評価に誘われて大好きサスペンスを後日にまわして・・遅らばせながら鑑賞だぁ~ 私の生まれた頃なんで感慨深かったです。ウチには洗濯機(手動)はあった気がするから彼女達よりはちょっぴり都会?だったかもしれませんけど(笑)「常磐 ...
フラガール (ガブ飲み生活♪)
面白い{/onpu/}という噂を聞いていた「フラガール」 ホントに面白かった{/usagi/} 石炭時代→石油時代の変化の中での人々の様子{/ase/}、フラガールを目指して頑張る女の子達{/kaeru_en1/}笑いと感動のバランスがいい感じで、最近の中ではかなり見ごたえのある映 ...
106.フラガール (レザボアCATs)
シェアブログ1567に投稿 もう、この作品、まず第一に舞台設定が最高だ!!常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアン)と聞いて、なんだか知らないがアツイものがこみあげてくる自分がいるんですよ。
フラガール (Blossom Blog)
フラガール 監督 李相日 出演 松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 日本 2006
「フラガール」 (NAOのピアノレッスン日記)
むしゃくしゃした気分を一掃しようと、思い立って行ってきました。「躍らせてくんちぇ~♪」  この言葉に全てがこもってました!2006年 日本映画 シネカノン配給監督:李相日脚本:羽原大介・李相日音楽:ジェイク・シマブクロ出演:松雪泰子(平山まどか役 ...
フラガール (日々徒然ゆ~だけ)
 松雪さんや蒼井優の頑張りや,サプライズ・しずちゃんの意外な個性派女優っぷりに目を奪われるんだが。  ホントは素直に感動したいのに,なんでこんなに雑でおざなりなんだ。
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島 ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
「フラガール」 涙は心の汗だけではない、楽しいだけの笑顔もない (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
いやぁ、これはもう我が子の運動会か発表会を見てる親の心境やね! ついこないだ、初めて幼稚園児の運動会に参加して、こんな世界があったのか!親になってよかったよ!!と特権的に思ったところだったのに、映画で追体験できるなんて。 で、誰の目線で見てるの? ...
映画【フラガール】 (Chateau de perle)
【フラガール】 公式サイト 監督 李相日 出演 松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代(南海キャンディーズ)、岸部一徳、富司純子、他 実はこの作品、 当初は全くノーチェックでした。 でも 方々からの評判の良さを聞いている内に、 どーしても観たくな ...
フラガール(9/23公開) (第八芸術鑑賞日記)
 11/1、アミューズCQNにて鑑賞。8.5点。  これは傑作。ベタな展開ながらも、必要なシーンを丁寧に描ききることで名作に仕上げている。  昭和四十年、福島県いわき市。廃れゆく炭鉱の町という舞台がもう反則だ。それだけでお涙が頂戴できる。さて、そんな町に村 ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
映画『フラガール』に涙する♪♪ (ラスタ・パスタのレレ日記)
『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の20 ...
フラガール at アミューズCQN (備忘録)
今年度のアメリカ、アカデミー賞の日本代表作品は実際にあったことを題材にした笑って泣けるドラマ。 「フラガール」 2006年日本  監督:李相日 出演:松雪泰子    豊川悦司    蒼井優    富司純子 公式
フラガール (CinemA*s Cafe)
公式サイト アカデミー賞出品作品だとか・・・ 是非とも賞を受賞していただきたいこの映画。 なんかけっこう(かなり?)泣いてしまったのですねぇ~。 親子や姉弟や友達や兄弟や仲間や、その間に発生する愛が
「フラガール」(2006) (TMDiary)
監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代、池津祥子、徳永えり、 岸部一徳、富司純子 他 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトと ...
映画レビュー#39「フラガール」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「フラガール」(2006、日本) 監督:李相日(69、スクラップ・ヘブン、青~chong~) 脚本:李相日、羽原大介(ゲロッパ、パッチギ) 製作:李鳳宇 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山川静代、岸部一徳、富司純子 日本アカデミー...
フラガール (Extremelife)
炭坑の閉山で活気を失った町の再生を期して計画されたレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる感動秘話を映画化したハートフル・ストーリー。施設の目玉となるフラダンスを教えるため東京から呼び寄せられたダンス教師と地...
【 フラガール 】 (+++ Candy Cinema +++)
◆監 督   ・・・ 李相日 ◆脚 本   ・・・ 李相日/羽原大介 ◆音 楽   ・・・ ジェイク・シマブクロ ◆CAST   ・・・ 松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/岸辺一徳/富司純子/山崎静代/            池津祥子/
『フラガール』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某インターネットポータルサイトで当選した 『フラガール』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入
フラガール (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。ところ...
フラガール (シェイクで乾杯!)
フラガール メモリアルBOX2006年度・日・120分 ■監督/脚本:李相日 ■音楽:ジェイク・シマブクロ ■出演:松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/山崎静代(南海キャンディーズ)/富司純子/岸部一徳/高橋克美 しずちゃん、、、 まさかアナタに泣かされるとは思ってもみなか...
フラガール (2006年) (シネマテーク)
Huragirl.jpg" src="http://lounge.cafe.co...
フラガール ~ それぞれの道で生きるプロの生き様 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ それぞれの道で生きるプロの生き様 ~ 昨年の日本アカデミー賞で作品賞に選ばれたのでも有名なこの作品。現存する福島県のレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の誕生秘話を元に作られたサクセスストーリーです。 勝気なダンス講師を松雪泰子、母の反対を受け...
フラガール <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでもって、レジャーセンターを作る計画が出るんやけど何でま...
映画評「フラガール」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・李相日 ネタバレあり
フラガール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのシ...
フラガール (Yuhiの読書日記+α)
まわりの評判が良かったので、ずーっと見たいなと思っていた作品でした。見てみると、評判通りなかなかグッド{/star/} かなーりベタな展開なんだけど、じーんと心に響くものがありました。(泣けるとまではいかなかったですが)それにシリアスさとコミカルさが丁度いい感...
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...
DVD『フラガール』 (みかんのReading Diary♪)
フラガールスタンダード・エディション (2006/日本) オススメ♪ 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の寒村を“常夏の楽園”に変えようと立ち上がった。村の少女たちは腰みのをつけ、肌...
フラガール (ひめの映画おぼえがき)
フラガール メモリアルBOX 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩、菅原大吉、山田明郷、高橋克実、...
フラガール (mama)
2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もな...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...