ネタバレ映画館

トラックバック廃止のため、
なんとかコメント入れに回ります!

アトミック・ブロンド

2017-10-20 15:03:52 | 映画2017
 ハイヒールとウォッカ

 予告編でさんざんクイーンの「キラー・クイーン」を聞かされていたのに、本編では全く聞くことができない。お詫びのように「アンダー・プレッシャー」が流れていただけである。80年代の設定ですもんね。しょうがないか。

 物語はMI6のロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)の上司であるエリック・グレイ(トビー・ジョーンズ)による尋問形式で進んでいき、極秘リスト奪還のために東西の壁崩壊直前のベルリンに飛んだ彼女の顛末を回想して交互に描くスパイ・アクション。

 氷入りのバスタブに浸かって傷を癒し、ウォッカのロックを飲み干すロレーン。傷だらけの体に右目には大きなアザが出来ている。どこでこんなに激しいアクションを演じたのかという興味を持って、彼女のベルリンでの潜入活動に見入ってしまう。冒頭ではKGBの最低の殺し屋バクティンがガスコインを殺して腕時計を奪ったことから、極秘ファイルは時計の中に仕組まれているとわかるのですが、その内容が全世界のスパイのリストが載っているというシロモノ。別に流出したところで、スパイは皆偽名を持ってるんだから平気な気もするのだが・・・

 MI6ベルリン支局のパーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と組むように命じられたロレーンは早速合流し、東西ベルリンを行ったり来たりする。途中、フランスの女スパイ、デルフィーヌ(ソフィア・ブテラ)に翻弄されながら、自分の行動が筒抜けになっていることに気付き、敵か味方が分からなくなるという状況。リストを全て暗記しているというスパイグラス(エディ・マーサン)を保護しながら西へと向うのだった。

 とにかくシャーリーズ・セロンの魅力満載映画であり、彼女に興味のない人にとっては苦痛でしかないかもしれない。接近戦、とくにハイヒールキックや裏拳を得意とするアクションが楽しめる上に、7分半もの長回しアクションは特に素晴らしい出来ばえで臨場感たっぷり。その7分の間にスパイグラスの出血量が増え、顔が青ざめるところまで変化し、ロレーンも細かい傷がどんどん増えていくおまけつき。

 “サッチェル”という二重スパイがどうとかこうとか、もはや忘れ去るというか、どうでもよくなるくらいのアクション映画でした。ただ、アクション以外の部分では東西いったりきたりでだらだらしてるため退屈になるかもしれないし、ベルリンの壁崩壊という背景がそれほどの効果をもたらしてないのも事実。終わってみると、なぜリスト争奪戦を繰り広げていたのかもわからなくなった。


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブという名の猫 幸せのハ... | トップ | ミックス。 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2017-10-21 06:07:04
スパイリストの流出は過去の作品でも結構描かれているのですが、
今作の注目はやはりシャーリーズのアクションですよね。
いやはや、凄い肉弾戦としか言いようがありませんでした♪
スパイ (kossy)
2017-10-21 07:26:10
>BROOK様
アクションに釘付けになりました!
逆に言うとアクション以外はつまらない・・
やっぱり長回しのところでのめり込んでしまいました。
銃よりも肉弾戦、殴る蹴るでシャーリーズの魅力満載でしたね~♪
監督 (ituka)
2017-10-21 08:01:51
アクションが売りと豪語する監督さんだけに
そこは本当に凄かったです!
あの長回しを撮りたいがためにストーリーを組んだというのは
チョット言い過ぎですかね~(笑)
長回し (kossy)
2017-10-21 20:42:11
>ituka様
長回しありきですかね~
練習中のシャーリーズ・セロンの映像もありましたが、
多分あのシーンですよね!
アクションだけ切り取りたい・・・
トラバありがとうございました (nobuta)
2017-10-23 21:03:40
エントリには書きませんでしたが「ユージュアル・サスペクツ」っぽくて笑えました。
>nobuta様 (kossy)
2017-10-23 21:43:01
「ユージュアル・サスペクツ」ですか~なるほど。
と、言われてもストーリーを思い出せないです。
結末は意外だとか・・・かな。
こんにちは (yukarin)
2017-10-27 13:41:45
シャーリーズ・セロンを堪能する作品ですねー
いやー素敵でした、クールでかっこいい...良かったです。
リスト争奪戦の話で単樹なはずなのに、なんかわかりにくい感じでしたが、シャーリーズ姐さんを堪能したので良しとします~
セロン (kossy)
2017-10-27 19:58:21
>yukarin様
シャーリーズ・セロンは好きなんです!
やっぱ『モンスター』からですかね~

わかりにくさの原因は、
誰がどこのスパイで・・・ってところですよね!

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

アトミック・ブロンド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) 大した捻りのない淡々としたストーリーだが体を張った壮絶アクションは
劇場鑑賞「アトミック・ブロンド」 (日々“是”精進! ver.F)
全てを欺く… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710200000/ 【輸入盤】Atomic Blonde - Original Soundtrack (Digi) [ アトミック ブロンド ]
アトミック・ブロンド (ただの映画好き日記)
イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートンに、新たな指令が下される。
アトミック・ブロンド★★★★ (パピとママ映画のblog)
「モンスター」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが美しき最強女スパイを演じるサスペンス・アクション。冷戦体制崩壊直前のベルリンを舞台に、極......
アトミック・ブロンド (だらだら無気力ブログ!)
アクション見応えあり。
アトミック・ブロンド  監督/デヴィッド・リーチ (西京極 紫の館)
【出演】  シャーリーズ・セロン  ジェームズ・マカヴォイ  ジョン・グッドマン  ソフィア・ブテラ 【ストーリー】 イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をと......
『アトミック・ブロンド』 (こねたみっくす)
シャーリーズ・セロンはいつ歳を取るの? 1975年生まれの現在42歳。それでこの美しさは何たることか!肌のシミやたるみはこの女優の辞書には載っていないのか。 そう思えるほど、'...
アトミック・ブロンド (♪HAVE A NICE DAY♪)
シャーリーズ・セロンが綺麗でかっこいい あのシャキーンとした目も素敵すぎる いや~~~痺れたわ(笑) 最初から面白そうな感じが漂ってるし 音楽が大好きな80年代の洋楽 そ......
「アトミック・ブロンド」、シャーリーズセロンのスパイアクション!本気です。 (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞) R15+ シャーリーズセロン主演。 「ジョンウィッグ」のデビッドリーチ監督。 かなりハードな特訓を受けて、シャーリーズセロンは、さらに上を......
[映画『アトミック・ブロンド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・美しきシャーリーズ・セロン、プロデュースも兼ねた入魂のアクション作! ベルリンの壁崩壊前後の冷戦終末期を暗躍するスパイたちの物語。 私は、「マトリックス」のよ......
「アトミック・ブロンド」Atomic Blonde (2017 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
最初っから最後までシャーリーズ・セロン印のあんこがたっぷり入った作品。このお姉さんはとにかく作品に対する気合いが違う。アクションのトレーニングのために歯を折り、そこ......
アトミック・ブロンド 感想 (源之助の日記)
こないだの日曜日(そういえば台風だった)に劇場観賞してきたアトミック・ブロンド、、、 スパイ映画と言うことで話が二転三転したりしますが、 取り敢えずシャーリーズ・セロ......
映画「アトミック・ブロンド」@ユナイテッドシネマ豊洲 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/10/27、ユナイテッドシネマ豊洲。 3番スクリーン、E列を選択。高さ的にはちょうど。 * シャーリーズ・セロン、ソフィア・プテラ、ジェームズ・マカボイ、ジョン......
17-308「アトミック・ブロンド」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
警察が来ると判っていれば、違う服を着ていったのに  冷戦末期の1989年。英国秘密情報部“MI6”の凄腕エージェント、ローレン・ブロートンは、何者かに奪われた極秘リストの奪......
『アトミック・ブロンド』 (You got a movie)
原作コミックの映画化権を買い取り、自分で製作総指揮をして完成させたシャーリーズ・セロン渾身の全てを注ぎ込んだ女性スパイ・アクション映画。アクションシーンの98%をシ......
『アトミック・ブロンド』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
東西冷戦末期のベルリン、MI6の諜報員ガスコインがKGBの暗殺者バクティンに殺害され、世界各地で暗躍するスパイの名前を記したリストを奪われてしまう。バクティンはKGB......
アトミック・ブロンド (セレンディピティ ダイアリー)
冷戦末期のベルリンを舞台に、シャーリーズ・セロンがMI6のスパイを演じるアクションスリラー。グラフィックノベルの「The Coldest City」をデヴィッド・リーチ監督が映画化。 アトミ......
70『アトミック・ブロンド』ピンヒールで蹴って下さい。くく (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シャーリーズ・セロン姐さん最新作は、女ジョン・ウィックmeetsワイルド! 『アトミック・ブロンド』 ~あらすじ~ イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名を......
「アトミック・ブロンド」 (ここなつ映画レビュー)
シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに......
「アトミック・ブロンド」 (或る日の出来事)
シャーリーズの美しさとタフなアクションを見る映画。
「アトミック・ブロンド」 (prisoner's BLOG)
予告編その他からスカッとするアクション映画かと思ったら、東西冷戦時代の誰も信用できない陰にこもったエスピオナージもののカラーが割と強くてなんだかモヤモヤした。 冒頭、......