ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

マンチェスター・バイ・ザ・シー

2017-08-01 15:53:39 | 映画2017
 主演のリー・チャンドラー役のケイシー・アフレックが素晴らしかった。普段はアパート4棟を担当する便利屋さんで、客の対応は良かったり悪かったり、ちょっとでも高圧的な言葉を聞こうものならすぐキレてしまうキャラ。そんなその日暮らし的な生活の中、突然の兄の訃報を受け取り、病院へ駆けつける。

 兄ジョー(カイル・チャンドラー)は数年前に心臓病により余命5~10年という宣告を受けていたことから、驚きや悲しみよりも葬儀やら後処理の対応策に追われてしまう。ジョーの妻は離婚していて、遺族となったのは息子パトリック(ルーカス・ヘッジズ)だけ。そのパトリックを連れまわすかのように、死後処理を行うのだが、遺言にはパトリックの後見人にリーが指名されていた。

 パトリックには自分と一緒にボストンまで来るよう説得するものの、パトリックは友人や恋人がいるため断られてしまう。それなら逆に故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに引っ越してこいなどと言われるが、リーにはその場所での辛い過去があったのだ。それは自分が原因で引き起こした火災により幼き子3人を亡くしたこと。喪失感と罪悪感から警察署内で自殺を図ろうとする姿には胸が詰まりそうになるくらい重くなってきました。

 サスペンスならば周りの人間が次々といなくなるのはよくありますが、こうした真面目な作品での喪失感は堪えがたい。孤独に打ちひしがれて他人にも当たり、何とか目的を持って生きていくために甥っ子と共に暮そうと努力する。痛いほど伝わってくるものの・・・

 ジョーもリーも妻とは別れている点とか、経緯は想像はできるものの物足りなさを感じてしまいました。長い尺ということもあり、主人公リーの内的再生だけでエンディングまで引っ張るのは辛いものがある。もう一つ終盤に波乱か、意外な回想録とかを映し出してくれれば・・・


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京喰種 トーキョーグール | トップ | イップ・マン 継承 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2017-08-04 13:29:13
こんにちは。
この作品は「重たい」ですが、いつまでも心に残る作品でした。
私もケイシー・アフレックが素晴らしかったことに、同意です!
アフレック (kossy)
2017-08-04 23:05:19
>ここなつ様
重たかったですよね。
見終わってから日が経ってもじわじわときます。
しばらくしてから感想を書いた方がよかったかも・・・(汗)

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マンチェスター・バイ・ザ・シー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ジェシー・ジェームズの暗殺」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のケイシー・アフレックが心に深い傷を抱えた主人公を好演し、アカデミー主演男優賞をはじめ主要映画賞を総なめする......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 濃厚なスパイス料理が続くとお茶漬けが恋しくなる気持ち。
マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016) (銅版画制作の日々)
 癒えない傷も、忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。 京都シネマにて鑑賞。アカデミー賞で主演男優賞をゲットしたケイシー・アフレックの作品。多分間違いないと思い......
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ここなつ映画レビュー)
ありきたりな表現が許されるなら、傑作である。ただただ、傑作である。ネタバレ含みますので未見の方はご注意下さい。マンチェスター・バイ・ザ・シーの穏やかな海の風景。ヨット......
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (或る日の出来事)
叔父と甥の会話(言い合い)が、なかなか笑える。ユーモアがあっていい。