ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

三度目の殺人

2017-09-12 09:42:55 | 映画2017
 タコ、ニモ、カナリア、ウサギ、ゾウと会話に動物は出てくるが、映像はない・・・

 全てが是枝裕和監督によるトリックなのではないかと思うほど、観客をミスリードし、スッキリさせない手法に恐れ入ってしまう。有罪か無罪かという法廷モノ作品にありがちな展開ではなく、真実かどうかは問題じゃないと豪語する重盛弁護士(福山雅治)が被疑者三隅(役所広司)に翻弄されるという法廷サスペンスに仕上がっているのです。

 解雇された食品工場の社長を殺害した上に火をつけたという三隅は、30年前にも殺人を犯した過去があるため死刑は確実とみられていた。死刑を無期懲役に持ち込もうと渋々ながらも弁護を引き受けた重盛。単なる物取りではなく怨恨であれば“強盗殺人”が“殺人と窃盗”となり、死刑を免れ裁判にも勝てるハズだったが、いざ接見を始めると、肝心の三隅の証言がコロコロと変わり、ガソリンや盗んだ財布の件や動機について真実が見えないままだった。そこへ被害者の妻(斉藤由貴)から殺人を依頼されたという話まで飛び出してきたので、法廷戦術も変更を余儀なくされる・・・

 鑑賞中、ずっと気になっていたのが『三度目の殺人』というタイトルそのもの。一度目は30年前北海道で起こした事件。二度目は現在の工場社長を殺した事件。すると三度目というのは何のことだ?と、考えながら物語に引きずり込まれるのです。三隅の『羅生門』的な二転三転する供述によって、観客も翻弄され混乱しているので、核心にたどり着かないのだと思います。

 伏線が解決されないままというのもスッキリしない要因の一つ。それは謎の十字架であったり、カナリアが死んだのは5羽だったり、被害者の娘咲江(広瀬すず)がなぜ北海道大学を目指していたのかとか、あるいは重盛の見る夢、妄想であったりとか。考えさせるだけ考えさせて答えを用意しないという是枝監督の術中にハマってしまいます。

 公判中、咲江を証人に呼ぶ前に彼女から新たな証言を引き出します。それは被害者である父親から受けていた性的虐待のこと。父親のことを「死んで当然の人間」だと聞き出し、咲江からの殺人依頼、または咲江を忖度して殺人を犯したんじゃないかと三隅にぶつけると、一転して「俺は殺していない」と無罪を主張するようになります。おかげで法廷戦術もガラリと変え、犯人性を問う方向になってしまう。おかげで咲江が虐待のことを証言することはなくなり、法廷での辱しめを受けることはなくなりました。

 序盤で、重盛の娘が嘘の涙を流すシーンがありますが、これが「法廷は真実を究明する場ではない」という言葉にうまく繋がっていて、真実は犯人のみぞ知ることを象徴しています。「三度目」というタイトルの謎についても、真実は藪の中に隠され、正解は観客に委ねられるということではないでしょうか。1つの意見としては、無期懲役を勝ち取ることができるかもしれない状況下で、咲江を庇い、一転して無罪を主張したために死刑を言い渡されたこと。つまり三隅自身が自分を殺してしまったと解釈できることです。これもまた真実を究明すべきじゃないのかもしれませんが。


★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンケルク | トップ | 散歩する侵略者 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2017-09-12 10:47:36
真相を究明する作品ではなかったのにちょっと驚きました。
この驚きは監督の意図するところなのでしょうね…。

飽きさせない展開だったのは三隅を演じた役所さんの演技…いやはや、サイコっぽこくてとても印象的でした。
サイコ (kossy)
2017-09-12 11:16:19
>BROOK様
いつもありがとうございます。
真相を究明するものじゃないというのも珍しいですよね。
重盛が先に裁判では真実は二の次と言ったことに対して、
三隅がそれを実践してしまったような。

被疑者のつかみどころがないところなんて、
『羊たちの沈黙』みたいですよね~
Unknown (yutarou)
2017-09-12 11:38:03
コメントありがとうございます。
是枝監督の術中にはまってしまいモヤモヤですね。
この作品は何回見ても答えが変わりそうです。
こちらにも (yukarin)
2017-09-12 13:37:35
そういえば会話にたくさん動物が出てきましたね。
私は.....観客に委ねる系はちょっと苦手なのでいまひとつとなってしまいました^^;
が、役所さんの演技はさすがだーと。
Unknown (しんちゃん)
2017-09-12 18:42:05
 私は三隅は北海道でも自分のためではなく、誰かのために殺人を犯したんじゃ?って思いました。
それを橋詰功演じる裁判官もそういう何かしらを感じたので死刑宣告できなかったのではないかと思います。おそらく広瀬すずの発言が真実なのでしょうが、役所も広瀬も福山も暗黙のうちに真実を述べるべきではないという結論に達したのでしょう。

 映画は登場人物の発言による回顧シーンなど以外のシーンは我々に見せる映像が真実というルールがあって、それを破ったのがヒッチコックの「舞台恐怖症」でした。この映画も冒頭のシーンを我々に見せているわけで、あれを信じる以外にはありません。役所が「やってない!」などと発言したときにヒッチコックの映画を思い出し「まさかあの展開に?」と危惧しました。

 役所の娘や福山の嫁も出てこないのも面白いと思いましたね。
三度目 (kossy)
2017-09-12 22:54:55
>yutarou様
モヤモヤしてしまいますよね~
さすがに二度目の鑑賞はすぐにはできないくらい重たい作品でしたので、
DVD発売される頃になりそうですが・・・
感想はコロコロ変わりそうですよね。

>yukarin様
最初は冒頭の文を「タコをばかにするなよ!」と書こうと思ったのですが、
見ているうちに動物がいっぱい出てくるなぁ~と(笑)
役所広司の演技はさすがでした。
今年度の日アカもエントリー間違いなしですね!

>しんちゃん
父親橋爪功の裁判官も謎が残りますよね。
弁護士同士で話し合ってるときに、
(犯人の生活環境とかの外的要因で)「昔は違ったんだよ」とか、
正確には忘れちゃいましたがありましたよね。
多分それじゃないかと・・・

広瀬すずも謎が残りましたよね。
足が悪いのは生まれつきなのか屋根から落ちたせいなのか。
これによって真実がどうでもよくなったんじゃないかと・・・

すいません。
『舞台恐怖症』は未見なのでわかりません・・・
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-09-13 00:35:58
「三度目」に関しては色々な解釈が出来ますよね。
自分自身を死刑にしたことを「三度目」と考えたり、見て見ぬふりをすることで生きている意味を為さなくなってことを死ぬことになぞらえたりと。

ただ事件に関してはもう少し描いてくれても良かったかと。
観客が考えるにはちょっと情報が足りんのですよね。
三度目 (kossy)
2017-09-13 17:19:10
>にゃむばなな様
三度目の解釈は色々あるみたいですね。
人それぞれでいいと思うのですが、
こういう余韻をタイトルがもたらしてくれるのも珍しいかも(笑)

事件にかんしてはわからないですよね。
それも観客に委ねてるとは思うのですが、
まぁ、三隅の単独犯で間違いないのでしょう。
真実はわかりませんが・・・
タイトルは… (mori2)
2017-09-15 21:18:01
色々と考えさせられますね。鑑賞からだいぶ経ちましたが、未だに腑に落ちない点が多々…。でもだからと言ってもう一度見たところで、余計に謎が深まるような気がするんですよ。
そういう意味では、是枝監督恐るべし!ですね。
コメントありがとうございました! (ノルウェーまだ~む)
2017-09-15 22:00:47
kossyさん☆
法廷は真実を究明する場所ではないと同時に、この映画も真実を究明するのが目的ではなかったですね。
しかも真実を述べる人が誰も居ないという…
ある意味監督のみぞ知るのかもしれません(笑)

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「三度目の殺人」 (日々“是”精進! ver.F)
裁かれる人… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709100000/ 三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫) [ 是枝裕和 ]
『三度目の殺人』 2017年9月9日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『三度目の殺人』 を鑑賞しました。 是枝監督にしては今までと変わってサスペンス風でした。 【ストーリー】  勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の......
『三度目の殺人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「三度目の殺人」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子■鑑賞日 9月10日(日)■劇 場......
何が彼らを変えたのか。『三度目の殺人』 (水曜日のシネマ日記)
死刑が確実視されている殺人犯と彼の弁護を引き受けた弁護士の物語です。
「三度目の殺人」これはヘビーだ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[三度目の殺人] ブログ村キーワード 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三......
三度目の殺人 (2017) 125分 (極私的映画論+α)
 このシーン・・・二人の間にガラスあり?なし?(笑)
「三度目の殺人」(2017 東宝=GAGA) (事務職員へのこの1冊)
「幻の光」「ワンダフルライフ」「誰も知らない」「歩いても 歩いても」「空気人形」「奇跡」「海よりもまだ深く」……是枝裕和作品の特徴は、過剰なまでの自然さにあった...
三度目の殺人 (勝手に映画評)
殺人の前科のある男・三隅による殺人。弁護士・重盛にとってはありふれた事件のはずであったが、事件を調べていくうちに、事件の持つ闇に深まり、次第に重盛は自信を失っていく。......
三度目の殺人★★★★ (パピとママ映画のblog)
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人......
『三度目の殺人』 (こねたみっくす)
他人の命を奪う。自分に嘘をつく。そして見て見ぬふりをする。どれも「人」を殺めること。 家族ドラマでお馴染みの是枝裕和監督がオリジナル脚本で挑んだ法廷サスペンス。しかし......
ショートレビュー「三度目の殺人・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“真実”の正体とは。 
てっきり原作ものだと思っていたら、オリジナルだとは。 二度目の強盗殺人で逮捕され、すぐに自供するもコロコロと供述を変える容疑者・三隅と、彼に振......
「三度目の殺人」☆眼で語り、涙腺で演じる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは事件の真相を暴く推理ものでもなく、法廷劇でもない。 そのほとんどが接見室で繰り広げられる心理劇。 勝った負けたの先にある弁護士・重盛の「弁護士から人間へ」変化し......
三度目の殺人  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【出演】  福山 雅治  役所 広司  広瀬 すず 【ストーリー】 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長......
三度目の殺人 (ただの映画好き日記)
勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を渋々引き受ける。
「三度目の殺人」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2017年・日本/フジテレビ=アミューズ=ギャガ配給:東宝、ギャガ 監督:是枝裕和 原案:是枝裕和 脚本:是枝裕和 撮影:瀧本幹也 製作:小川晋一、原田知明、依田巽 殺人犯の弁護を引......
三度目の殺人 (かこぶろ。)
映画「三度目の殺人」を鑑賞しました。 ・公式サイト「三度目の殺人」 <!-- 三度目の殺人 --> [あらすじ] 勝ちにこだわるエリート弁護士の重盛は、同僚がサジを投げた依頼人・三隅...
三度目の殺人(2017) (銅版画制作の日々)
 犯人は捕まった。真実は逃げつづけた。 弁護士、殺人犯、被害者の娘。ある殺人が、彼らをつないだ。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。かなり期待度マックスで鑑賞したのだが・・・......
「三度目の殺人」 (ここなつ映画レビュー)
推測される真実はあるけれど、真相は闇の中。闇の中、というより、もがきながらその場所で生き続ける人の心の中。是枝裕和監督作品。扱っている題材は決してマイルドなものではな......
三度目の殺人 (かこぶろ。)
映画「三度目の殺人」を鑑賞しました。 ・公式サイト「三度目の殺人」 <!-- 三度目の殺人 --> [あらすじ] 勝ちにこだわるエリート弁護士の重盛は、同僚がサジを投げた依頼人・三隅...
三度目の殺人 (映画と本の『たんぽぽ館』)
「三度目」の意味 * * * * * * * * * * 殺人の前科がある男、三隅(役所広司)の弁護を引き受けた重盛(福山雅治)。 三隅は、解雇された工場の社長を殺害......
三度目の殺人 2017年 日本 (映画三昧)
監督:是枝裕和 出演:福山雅治 役所広司 広瀬すず 満島真之介 吉田鋼太郎    市川実日子 松岡依都美 斉藤由貴 蒔田彩珠 橋爪功 ストーリー 勝ちにこだわるエリート弁......
映画・三度目の殺人 (読書と映画とガーデニング)
2017年 弁護士・重盛(福山雅治)が仲間の弁護士・摂津(吉田鋼太郎)が弁護を頼まれたのは殺人の前科があり、解雇された勤務先の社長を殺害し火をつけた容疑で起訴された......
「三度目の殺人」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
********************************* 勝つ事を第一目標に掲げる弁護士の重盛朋章(福山雅治氏)は、殺人の前科が在る三隅高司(役所広司氏)の......
三度目の殺人 (Rain Rain Drops)
凄い映画を観たと思う。けっきょく事件の真相はわからないまま終わる映画。誰が殺したのかも、殺した理由もはっきりとわからない。藪の中。どういうふうにもとれるのです。でも、......
三度目の殺人 (映画的・絵画的・音楽的)
 『三度目の殺人』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)是枝監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜間、二人の男が河原を歩いています。 ......
80『三度目の殺人』真実の真理 (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
新境地だけども、是枝ワールド。 『三度目の殺人』 ~あらすじ~ 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋......
「三度目の殺人」 (prisoner's BLOG)
役所広司の殺人犯が福山雅治の弁護士との接見のたびに言うことがころころ変わる、その様子が単なる追及逃れや虚言癖といった程度ではなく、言葉自体の意味や論理をいわば脱臼させ......
三度目の殺人 (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 日本  サスペンス  監督:是枝裕和  出演:福山雅治      役所広司