ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

メゾン・ド・ヒミコ

2005-10-24 00:43:55 | 映画2005
 期待しすぎたのだろうか、頭の中に残ったのは「ピキピキピッキー」だけだった。

 これが「ポキポキポッキー」だったらお菓子のCMになっちゃうし、「コトコトコットン」だとファミレドシドレミファになってしまいます。そんなこんなでルビィ(歌澤寅右衛門)に最も親近感を抱いていたのに、途中から山崎さん(青山吉良)への想いへと変わり、最終的には中学生の少年に熱いエールを送ってしまう自分がいました。ヒミコ(田中泯)や春彦(オダギリジョー)の演技がとてもよかったのに、彼らに感情移入できず、ちょっと冷めた目で観てしまいました。

 ゲイの映画はかなり観ているような気もするのですが、海外の作品に比べると、ひたむきな愛が足りないように思えたのです。特に春彦は死期が迫ってるヒミコへの愛情を残しつつ、若き欲望のためか次の愛人を探す。ヒミコにしてもパトロンと春彦を巧みに利用する。純愛よりも性愛がベースとなっており、日本のオカマバーやニューハーフショーに代表されるファッションとしてのホモセクシャルが強く印象に残りました。

 それにしても野菜がいっぱい出てきました。スイカやトマトを投げるシーン、ナスとキュウリの性的イメージのあるところ。大学のゲイサークルの名前が“ナッツ”だったのも面白い。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (37)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドミノ | トップ | サヨナラCOLOR »
最近の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (へー太)
2005-10-24 01:16:06
「ポキポキポッキー」には笑ってしまった。



kossyさんはハマりませんでしたか・・・



色々感想を観ましたけど、この映画はハマる人とハマらない人に2分される気がしますね。



普段ならそういう余計なことばかり気が行くのに、大学のゲイサークルの名前が“ナッツ”とか全然気づかないほど、ハマってました。



何故かTBできないのでコメントだけ。
期待させすぎた?? (ミチ)
2005-10-24 06:32:23
こんにちは♪

宣伝部長として頑張ったのですがあまりにオススメしすぎたかしら?

卑弥呼と春彦の関係に関しては私もいまだ考察中です。

海外の作品のようなひたむきな愛が感じられないのは監督の狙いかなぁとも思ったり。

「SHINOBI」では散々だったオダギリ評が「メゾン」ではお褒めにあずかりうれしいです(笑)
バラ族映画 (ベータ)
2005-10-24 12:27:42
以前バッドエデュケーションを見てからバラ族映画は受け付けなくなっていたので心配しながら観ましたが、やはり身体が拒否しました。そういえば、マットデイモンのリプリーを観た時も気分が悪かったなぁ。

ファミレドシドレミファ (kossy)
2005-10-24 12:29:12
>へー太さま

そっかぁ~二分されてしまった・・・

笑えるところは素直に笑っていたのですけど、

客席に泣いてる人もいたので、

ちょっと驚いていたくらいです。

俺もあちこち感想を読ませていただこうと、

ちょっと旅に出てきます。



>ミチ様

ヒミコと春彦の関係。

一度キスをしてましたから、

それほど悪い関係ではなかった・・・

春彦だってかなり割りきっている雰囲気でしたよね。

犠牲の精神もあったくらいだし。



『SHINOBI』の彼はやばかったですよ。

やはり現代劇に向いているんでしょうね~
バラ族・・・ (kossy)
2005-10-24 12:31:59
>ベータ様

俺はそんなに気持ち悪く感じなかったです。

今までのゲイ映画で最も気持ち悪かったといえば、ディカプリオの映画かなぁ~

コメントありがとうございます! (まつさん)
2005-10-24 19:59:02
賛否あって当然の内容なので様々な意見があるとは思いますが、個人的には現実から目を背けて、答えを先送りしている点が気になってしまいました。ファンタジーとしてならともかく、興味本位な描き方ってこの内容でどうだろう?と。渡辺あやの脚本は相変わらずよかったんですけど。
何となく・・・ (はっち)
2005-10-24 22:43:11
TBさせていただきました~♪実はTBするの久しぶりなんですよ!(謎)



柴咲コウが、スッピンに近いメイクで頑張ってたと思います。彼女目に力がありますよね?今回も最初は、怒りの眼だったのですが、徐々にやわらかな眼差しになっていくのが良かったです。



大感動した作品では無いのですが、何となく心に染み込む映画でした・・・DVD買ってまで観ないでしょうが、テレビで放映してたら録画して保存版にする!そんな感じですか???



愛が足りない・・・ (双葉)
2005-10-24 23:15:21
kossyさんの「ひたむきな愛が足りない」に同意見です!

オダギリ君は“欲望”に言及しているところが良かったけど、対になるような描写がなかったのが残念でした。

描写はなかったけど、西島さん(細川専務)との“食事”がソレに当たるのでしょうか?
ストーリー (kossy)
2005-10-24 23:43:26
>まつさん様

どうもありがとうございます。

答えを先送りしている・・・思い出せばまさにその通りの内容でした。演技、映像、細かな脚本には文句のつけようがないので、結局はこのストーリーのせいなんですよね。まだまだゲイに対する認識が足りない日本だからかもしれませんね。



>はっち様

TBありがとうございます。

柴咲コウの演技力が徐々によくなってきてますね~設定が24歳だったので、まだいけるでしょうか。今後も楽しみになってきました。

たしかにもう一度は見てみたい映画ではあります。不思議な魅力をもってますよね~



>双葉さま

欲望。

人間が生きていくにはそれだけじゃ足りないですよね。

専務との食事や、メモに残ったパトロンを当たるとか、見えないところに愛は動いてるはずなのに、結局は表面上だけ・・・映像にしてみると面白い部分だけを残してしまった雰囲気だったのかもしれません。誰かが「愛が欲しい!」とか叫んでみてもよかったですよね(笑)

その辺り、ちょっと残念でした・・・
はじめまして。 (後藤久代)
2005-10-25 01:18:21
いつも楽しく拝見しています。

トラックバックさせていただきました。





「家族」を目指して、でも「家族」になりきれなくて、それでもやっぱり「家族」を目指してしまう、っていうのがこの映画のメなんじゃないかなぁ、と私は勝手に思っています。

(ヒミコと柴崎コウ然り、オダジョーと柴崎コウ然り)

何かうまく言えないんですが。

私にとっては、とても泣ける映画でした。



私は結構好きでした。 (ルナ)
2005-10-25 01:30:11
どうなら、私はハマちゃった一人のようです。(笑)

春彦は、卑弥呼をすご~く愛していたので、

一人残される事が、耐えられなくて・・・

何かにすがりたかったような感じが私はしました。

「一人になってしまう・・」という春彦に

沙織が「私はずっと一人だった・・」と答えるセリフは

なかなか印象的でした。



家族 (kossy)
2005-10-25 08:25:19
>後藤久代様

tb、コメントありがとうございます。

そう考えると、「メゾン・ド・ヒミコ」そのものが擬似家族のようなものかもしれませんね。そして、原因はともあれ家族を失った者たちが理想の家族を作り上げる、なんだか美しい形ですね・・・見方を誤ってしまったかな・・・



>ルナ様

歳が離れすぎているカップルの哀しさですね。

沙織の言葉と対比させることの面白さ。このような伏線がまだまだ発見できそうな気がしてきました。

沙織自身は最後に落書きされるまで一人でもいいと諦めてたのでしょうかね・・・わからなくなってきた・・・
うーーん (sakurai)
2005-10-25 21:18:42
あたしゃ、やっぱりゲイの映画というよりは、一人で生きてきた娘の再生の物語のように思えました。

女の気持ちの方に、やけに感情移入してしまったような・・。

はっきし言って、ゲイは見たくないし、どうでもいいし、なんて言ったら起こられるかい?まあジョー君見れればいいなあ、みたいな。



いまだベルトの謎は解けません。男の人がベルトしないのって、別に普通のことなのでしょうか・・?
多分、別なことで哀しかった。 (あかん隊)
2005-10-25 23:50:25
こんばんは。「卑弥呼」の「諦め」が、哀しくて、その「諦め」に「欲望!」と叫ぶ春彦が、切なかった。

誰も彼も、とんでもなく「寂しい」くせに、「繋がりたい」と思っている…のが、案外「欲望」だったりするのかもしれないなぁ、なんて思いましたっけ。

人生、残りの方から今を考えるようになると、「…好きよ」しか言えなくなってしまうということが、すごくよく解る。>大事に生きなきゃって思いマス。
欲望 (kossy)
2005-10-26 00:31:39
>sakurai様

ベルトはどうなんでしょう。

色々検索したものの、いい記事が見当たりません。

一応俺もベルト穴のないスラックスをはくときにはベルトはしませんけど(当たり前か)



>あかん隊さま

俺も人生は半分過ぎたのかな・・・好きだと素直に言えるように努力しなきゃなぁ。

寂しいと思っても好きな相手じゃないと繋がりたくないのは、俺が古い考えなのでしょうか・・・
キレイすぎないところ (chishi)
2005-10-26 00:59:14
三島由紀夫も、

ゲイの恋愛感を恋人を大事にしつつ男女間のそれよりも相手を奔放に求める姿を描いていた気がするので、自分のイメージどおりでした。

かといって、おばあちゃんだらけの老人ホームを描いた作品を、感動しながら観られたか自分にはちょっと不安なので、男性にはやはり不向きなのかも?と思う今日この頃です(笑)
少年・・・ (RIN)
2005-10-26 10:37:20
に感情移入感想は、初めて目にしました。

>好きな相手じゃないと繋がりたくない・・・

ご性格ゆえでしょうか?

映画の中で、オダギリくんに、一番真摯で熱い視線

を投げかけていたのは少年ですね(苦笑)

「ひたむきな愛」は、敢て避けたのかなあ???

と私も「う~~~ん・・・」と未だによくわかりません。

ちなみに、誰にも感情移入できませんでした
ゲイ・・・ (kossy)
2005-10-26 12:41:46
>chishi様

ゲイの三島由紀夫ですかぁ。

読んだことがないものでなんとも言えませんけど、そんな雰囲気だったのですか・・・

おばあちゃんばかりの『ラヴェンダーの咲く庭で』に5点をつけてしまった俺。もしかすると男女の温度差もあるのかもしれませんね。



>RIN様

少年に関しては、自分の少年時代をだぶらせてしまうような。ちょっと怖い世界だけど覗いてみたいような(笑)

誰にも感情移入できないのは、ある意味正解なのかもしれませんね。

ゲイの思い出 (Mar)
2005-10-26 20:58:00
どうもMarです。



僕はゲイではないですが、なんか縁がありました。結構いい人たちでしたよ。



レイザーラモンHGはゲイじゃないらしいので、あのキャラクター結構辛いでしょね。



では、また
ゲイの友達 (kossy)
2005-10-26 23:36:13
>Mar様

俺もネット上ではありますが、知り合いがいました。

単に女装趣味の男だったと思っていたのですが、

色々聞いているうちに、かなりすごかった・・・

と、びっくりするような話まで聞かされました(笑)
差別がいや・・・ (はる)
2005-10-27 19:36:23
沙織ちゃんが見ていて気持ちよかったです。



でも、まだまだゲイに対する差別はなくなりませんね。

「気持ち悪い」とか、思うのは自由だけれど、それを

言葉にしてしまったときに傷つく人がいるってことを

この映画で知ってもらいたいと思います。



>ふぁしょんとしてのホモセクシュアル

そうですねー。

私が一番気になったのも、その点でした。



日本はまだまだ (kossy)
2005-10-28 00:09:10
>はる様

アメリカではホモセクシャルな人たちのデモ行進があるくらいですし、やはり違いますよね。

有名人でもカミングアウトするし、エルトン・ジョンなんて男同士で結婚までしちゃうし・・・

日本は遅れてるというか、違う方向に行っちゃったのでしょうか。ジェンダーの問題と同様に真剣に考えなきゃいけませんよね。
彼を疑いました・・・ (Yuri)
2005-11-07 23:43:49
初めまして!

ブログランキングを見て覗いてみることにしました。



私は、彼と一緒に見ました。

すっごい見たい映画があると言われて・・・。

彼はもしかして、両方なの・・・?とかって、

本気で考えてしまいました。

だって、「1回でいいからおしりの穴に入れさせて」ってよく言うから。

すごく興味を持っていたときに、映画を見ようと言われたから、見てる最中、そのことばっかりが気になって・・・。

すべて、見終わった後の感想は、あまり後味がよくありませんでした。

そうそう、彼はおそらく、大丈夫です!(笑)



また遊びにきまーす!!
Unknown (さばきち)
2005-11-08 20:45:00
海外の映画ってよくゲイが出てきますよね。

逆にゲイを扱った邦画は、私はこれがはじめてです。向こうではそれだけゲイであることを隠さずオープンにしてる人が多いということなんでしょうか。

この映画には、実際にゲイである人達も出演しているそうです。個人的には、「ナッツ」の方々がそうなんじゃないかとにらんでます。
ゲイ映画 (kossy)
2005-11-09 01:27:37
>Yuri様

ご来訪どうもありがとうございます。

生々しい情報まで書いていただいて、

ちょっとびっくりしております(笑)

やばいと感じたらお尻に栓でもしておいてくださいね。

一線を越えたら、ゲイの道も開通しやすくなるかもしれません(よくわかりません)。



>さばきち様

日本では海外とは違ったゲイ文化が発展したんじゃないかと思っています。おかまバーとかニューハーフといった・・・でも、日本映画だけで考えたら、かなり問題提起がありましたね~

ナッツの人たちはどうなんだろうなぁ~そこまで観察していませんでした(笑)。
Unknown (るるる@fab)
2005-11-25 19:07:20
愛と欲を綺麗サッパリ切り離すのも結構難しいかなぁって私なんかは思ってしまいますけどねぇ。

春彦は卑弥呼を愛してる事を自覚するのも怖かったんじゃないかしら、自覚すると彼がいなくなった後1人になるのが辛いですもの。

だからそういう気持ちを紛らわすために他の男を誘ったりしちゃう、そういう迷いがまだ若さなのかなぁという気がしましたよ(笑)卑弥呼の方が上手なんでしょう、人生の達人っぽいもん。
春彦 (kossy)
2005-11-25 23:20:36
>るるる@fab様

そっか。

春彦にはそういう苦悩もあったのですね。納得です。

もっと春彦の心理状態を観察するべきでした。

どうも違う方向に行ってしまって・・・(汗)

単純に資金繰りのために男と寝たんだと、文字通りのとらえ方しかできなかった自分を責めています・・・

Unknown (aq99)
2006-02-17 22:39:19
中坊に感情移入、同じです。

突如アニメが大画面で入るとこはダンスシーンより印象的でした。ルビィの孫のコスプレ少女のリアルさも。
一緒です (aq99)
2006-02-17 22:44:26
私も中坊に感情移入しました派です。

突如大画面に入るアニメシーンは、ダンスシーンよりも印象的でした。ルビィの孫娘のコスプレもリアルでした。あんなんしたがる娘にかぎって・・・。
ピキピキ (kossy)
2006-02-18 01:39:27
>aq99様

ピキピキピッキーのコスプレでしたっけ?

どんなのだったか覚えがないのですが、セーラー服系だったのでしょうか・・・わからん・・・

あのアニメ。実際にあるものかと思ってしまいました。しばらくテレビ見てないからなぁ・・・
ベクトルの違うハジけ方 (たましょく)
2006-03-07 11:36:17
 ども、たましょくです♪



 静かな映画でしたが、柴咲コウがいつもと

見せる演技とは、違うベクトルでハジけてい

たよーな印象(コスプレやダンスシーン)



 やっぱ「ピキピキピッキー」は、頭に残り

ますよね。あのシーンでは、柴咲さんノリノ

リでポーズしてたしw



 パトロンが横領で捕まった時、春彦は「ち、

寝損かよ」と思ったことでしょーw
パトロン (kossy)
2006-03-07 13:36:32
>たましょく様

パトロンが横領ってところのストーリーはよくありますよね~。日本人好みなの悲恋なのかもしれない。

ピキピキピッキーのアニメ部分をもう一度観たいのですが、テレビ放映待ちですかなぁ♪
落書き・・・。 (Ageha)
2006-03-07 16:24:15
最初は腹をたて、

消してもらうように頼むんですが、

最後はそれをつかって沙織を呼び寄せる口実をつくる。

いや~ラストはほのぼのでした。



やっぱピキピキピッキーは

インパクト強かったですね。



ルビーは平和に余生を暮らしてほしいと

切に願いながら見てました。

ホントに魔法の呪文でもって

家族にうけいれられたらいいなと。
落書き (kossy)
2006-03-07 22:24:33
>Ageha様

あの少年たちが暴走族になったら、落書きをもっとハデにしちゃうんでしょうね~

田舎での落書きは大変です。消し方もみんな知らないでしょうしね。



じいちゃんになったら、さすがにゲイだと非難することもできないでしょう・・・あらら、おじいちゃんったらまた「さぶ」なんて読んで・・・とか、笑ってすませることでしょう。



今年もゲイ映画がいっぱいの予感・・・
レビューの数が凄ーい! (Ren)
2006-03-07 23:20:40
はじめましてです。ランキングから来ました。



感情移入の順番が私と同じで笑ってしまいました。

でも私の場合は、最初の方ブランチ(だったかな?)のシーンから山崎氏が気になって気になって(笑)、ダンスホールのシーンでは泣いちまいました。

(えっ!)





最後の方では、春彦と沙織が人間としてかわいくって、なんだか愛おしくなりました。自分に年齢が近いからかもしれません。(あの中では)



レビューの数が半端なくすごいですね。また拝読させていただきます!
順番 (kossy)
2006-03-08 01:18:51
>Ren様

どうも、はじめまして。

感情移入を誰にするかによって、この映画のとらえ方は人それぞれなんですよね~

同じってことは、最終的に中学生ですか(笑)

やっぱり普通は年齢が近いキャラですよね~



こまめに映画を観ておりますので、またぜひ遊びにきてくださいな♪
モンクレールダウン (モンクレールダウン)
2011-12-21 21:48:05
モンクレールダウン http://www.burberrymore.com/17-downjacket
モンクレールダウンレディース http://www.burberrymore.com/20--
モンクレールダウンメンズ http://www.burberrymore.com/19--
バーバリー ネクタイ http://www.burberrymore.com/18-ties
バーバリー コート,激安バーバリー 財布/バッグ /マフラー /時計/ ベルト/靴 /サングラス, バーバリー バッグ 新作

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「メゾン・ド・ヒミコ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「メゾン・ド・ヒミコ」 ★★★★☆ 京都で2度鑑賞。 頭の中を「母が教え給いし歌」が流れ、自分の心の整理が付かず、感想がまとまらない状態。 「メゾン・ド・ヒミコ」はゲイのための老人ホーム。 そこでは時間がゆったりと流れ、静かで、時に騒々しく、独特
メゾン・ド・ヒミコ (in my pocket)
 ボロ泣きしました・・・。{/hiyo_cry1/}一人で観に行ってよかったあ・・・。監督・脚本が「ジョゼ~」のコンビだから、気に入るのは分かってたんだけどね。『死に花』同様、「老い」が一つのテーマになってます。あとは、「愛と欲望」かなあ。なんとなくだけど、分かる気が
メゾン・ド・ヒミコ (まつさんの映画伝道師)
第221回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  数年前、仕事上で知り合った方が転居されることになった。  転居先を聞くと、こんなことを言っていた。 「岡山の山間部にね、夜の商売を引退した人たちで作った住宅地があるの」
メゾン・ド・ヒミコ (オタクの魂forビギナーズ)
主演オダギリジョー・柴咲コウなんですけど、8月9月10月とオダギリジョー主演の映画が連続公開。 「忍~SHINOBI」と「スクラップヘブン」‥‥すごいな、オダギリジョー。 今年は“抱かれたい男”1位になるのか‥‥‥‥今回は“ゲイ”の役ですけど。 「ボク、女に
メゾン・ド・ヒミコ(映画館)   (ひるめし。)
涙はきっと暖かい CAST:オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯 他 この映画ぢつは密かに観たかったんです。まさかチネチッタで公開するとは思ってもみてなかったから嬉しかった(涙) 今までオダギリジョーと柴咲コウってなんでかあまり好きじゃなかったのよね・・・。 でもね
名作。「メゾン・ド・ヒミコ」 (旅する鯉、睡眠中。)
★★★★★ なんとも焦点の定まらない映画。 言いようのない感じで、星4つにしてもいいけど、 満天にしたい。 とにかくこの映画、全部つまってる。 笑いあり、グッとくるシーンあり、わくわくするシーンあり。 そして、登場人物全員が輝いている。というか生きている。
メゾン・ド・ヒミコ (観たよ~ん~)
「メゾン・ド・ヒミコ」を観に行きました~♪しがない事務員の沙織(柴咲コウ)の元に父の愛人である岸本(オダギリ・ジョー)が訪ねてくる。父は、幼い頃母と沙織を棄てて、ゲイバーのママへと転身したのだった。岸本は父が癌に侵されていて、余命いくばくもない事を告げ、
メゾン・ド・ヒミコ (バカ水溶液)
(※※『メゾン・ド・ヒミコ 前哨戦』の続き……) その後、千葉中央に移動して、「メゾン・ド・ヒミコ」を鑑賞。 ↓↓ざっくり粗筋を説明↓↓ 家族と仕事を捨て、突然ゲイの道(芸じゃないよ)に走ってしまった、 という父親を持つ柴崎コウの前に、 今の父親の彼氏の
メゾン・ド・ヒミコ (ルナのシネマ缶)
なんとなく不思議な世界なんだけど、 悪くない! 映像もきれいだったし、 思っていたより楽しめました。 ストーリーは、ゲイの老後って テーマだから、結構つらいトコも 汚い年寄りのゲイも出て来るんだけどね~。 なんかね、全体を通して美しい映画だったような気が
変ではない…!? (ハナレてん\'s Happy !? SE Life)
きょうはスッキリとたねぇそして、気持ちいい涼しい秋風が吹いてたねぇさぁ、とっとと週末に観た映画を全部書かないとっで、日曜日に観た映画2本目は『メゾン・ド・ヒミコ』ちなみに、同じ日に公開された『タッチ』と同じ監督なんだけどねミニシアターの方が多いのだよ、犬
メゾン・ド・ヒミコ (迷宮映画館)
塗装会社に勤めるサオリのところに、しつこく訪ねてくる男がいた。(オダギリジョー君に訪ねてこられたら、オバサンは有無を言わずに付いていきますが・・・、そんなことはどうでもよくて)それは父の恋人。一世を風靡したゲイバーのおかみ、ヒミコがサオリの父親。母を捨て
【映画】 メゾン・ド・ヒミコ ★★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: わけあって借金を抱えてしまい、 昼はしがない会社の事務員、 夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織は、 いっそ風俗ででも働こうかと思い悩んでいる。 身近に気になる男性もいるが、ままならず。 そんなある雨の日、彼女のもとに若くて美しい男が訪ねてく
映画『メゾン・ド・ヒミコ』貴方は何点?(№077) (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦
うーん・・・メゾン・ド・ヒミコ (凛大姐&小姐的極楽日記!)
うーん・・・。期待が大きすぎたんでしょうか??? 比べるべきじゃないと思いつつも、「ジョゼと虎と魚たち」と比べてしまいます・・・。 「ジョゼ・・・」が、最初からグイグイ惹き込まれていったのに対し、今回、 最後の最後まで、なんか波は感じるんだけど、その波に上手
メゾン・ド・ヒミコ (ようこそ劇場へ!)
ハンディキャップを持つ者への一時の共感と愛に挫折して、相手の女性をを捨てたのが犬童一心監督の前作『ジョゼと虎と魚たち』の主人公だった。 本作のヒロイン・沙織(柴咲コウ)は、ゲイというある種、社会的または精神的ハンディを背負った男達への共感と愛が試されること
メゾン・ド・ヒミコ (Marさんは○○好き)
優しさを表現するということは難しい。 日本では、アメリカと比べるとあまり市民権を
『メゾン・ド・ヒミコ』を観てきました (図書館と音楽と映画の日々)
『メゾン・ド・ヒミコ』を観てきました。 ダンスホールのシーンで、はからずも、涙。 “なんでこんなところで泣くんだ、私!?” 「あやまれよっ!!」 って、沙織ちゃんが叫んで、叫んで。 でも酔っ払いの中年男はちっとも悪びれていなくて。 春彦は冷静で。
「メゾン・ド・ヒミコ」やっとみた。 (たいむのひとりごと)
「サオリに会いたい、ピキピキピッキー!」 ”チクショー!やられたぁ~”そんな感
62-メゾン・ド・ヒミコ (徒然日誌)
「メゾン・ド・ヒミコ」を観にいった。なんだか終わっちゃいそうだったので、結構焦りながら。最近、ホント、上映期間みじかいよねー。 矢場町のセンチュリー・シネマ。カフェで食事しながら待っていたら、前の回の人たちが出てきた。同じ会社のKさんを発見し、手を振る。意
メゾン・ド・ヒミコ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気blogランキングに参加してます! 読み終えたら、ここを一度クリックしてください。 あなたの清き一票カにて、ご協力お願い致します。 母が私にこの歌を 教えてくれた 昔の日 母は涙を浮かべていたる 私を迎えに来たのは、 若くして美しい男。 彼.
メゾン・ド・ヒミコ (sigh.)
「メゾン・ド・ヒミコ」を見てきました。 「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督作品 主演は オダギリ・ジョー 柴崎コウ 田中泯 といった面々。 お話は、ある事情で借金を抱えてしまい 会社勤めとコンビニのバイトをしながら いっそ風俗でも…等と思い悩む沙織のもと
「メゾン・ド・ヒミコ」 (こだわりの館blog版)
特集【日本映画を語ろう!】 【劇場公開作品より】2本目は傑作「ジョゼと虎と魚たち」 のゴールデンコンビ 監督:犬童一心、脚本:渡辺あやが再び放った話題作「メゾン・ド・ヒミコ」。 前作ほどの深い感銘は受けませんでしたが、今回もなかなかです。 【劇場公
メゾン・ド・ヒミコ (ひとりごと)
塗装店で事務員として働く冴えない沙織の前に、若く美しい男が現れる。岸本と名乗るその男は、かつて自分と母親を捨てたゲイの父親・卑弥呼の恋人だった。岸本は、卑弥呼が癌に侵され死期が近いことを告げる。そして、父が営むゲイのための老人ホームで働かないか、と沙織を
【劇場映画】 メゾン・ド・ヒミコ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ わけあって借金を抱えてしまい、昼はしがない会社の事務員、夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織は、いっそ風俗ででも働こうかと思い悩んでいる。身近に気になる男性もいるが、ままならず。そんなある雨の日、彼女のもとに若くて美しい男が訪ねてくる
「メゾン・ド・ヒミコ」 (るるる的雑記帳)
「メゾン・ド・ヒミコ」を観ました。 沙織は昼は事務員、夜はコンビニで働きガンで亡くなった母のためにした借金を返す毎日。彼女の父親は娘である沙織と妻を捨てゲイとして生きる道を選び、ゲイバー「卑弥呼」のママとして成功、今はゲイ達が終の棲家として暮らすホー.
メゾン・ド・ヒミコ(感想) (Don\'t worry. Be happy!)
まるでピリピリと のどを刺激する炭酸水のよう。 映画「メゾンドヒミコ」をたとえるなら こんな感じ。 みている間、なんだか心にピリピリと 来るものがありました。 それは、老人ホームだからとかゲイの話だからとか いう同情.
メゾン・ド・ヒミコ (CinemA*s Cafe)
http://himiko-movie.com/main.html なかなかによかったこのお話。時間ぎりぎりで行ったら満席に近く4人並んでは座れなかった人気も理解できる。 柴崎こうはあまり好きな顔ではないのだけど、お化粧もせずに生活感ばりばりだしての演技はなかなかに良かったと思う。
「メゾン・ド・ヒミコ」 「小学五年生」三月号の表紙はHG (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
実際にゲイのための老人ホームがある(フィリピンで)ことより、大学にゲイのサークルがあることに大いに驚かされました。 私が大学生の時にも、私が知らないだけで、あったのかな~と思いながら、 帰りに立ち寄った本屋で学年誌「小学五年生」の今月号表紙がHGであること
「メゾン・ド・ヒミコ」 「小学五年生」三月号の表紙はHG (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
実際にゲイのための老人ホームがある(フィリピンで)ことより、大学にゲイのサークルがあることに大いに驚かされました。 私が大学生の時にも、私が知らないだけで、あったのかな~と思いながら、 帰りに立ち寄った本屋で学年誌「小学五年生」の今月号表紙がHGであること
メゾン・ド・ヒミコ (何を書くんだろー)
「メゾン・ド・ヒミコ」 評価 ★★★☆☆ 『あらすじ』  塗装会社で事務職を勤める吉田沙織(柴咲コウ)。借金による生活苦から事務職だけでは生活 出来ずに、夜はバイトをするも生活は楽にならず。仕事の合間に風俗情報誌を眺め、いっそそっ ち方面で...
ピキピキピッキー!~「メゾン・ド・ヒミコ」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~~。 正直言うていいですか。 子供のいる前でDVD見るんじゃなかった。(笑) メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)オダギリジョー 犬童一心 柴咲コウ 角川エンタテインメント 2006-03-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools ヒミコに.
メゾン・ド・ヒミコ(愛する事に性別は越えられるのか?) (オールマイティにコメンテート)
「メゾン・ド・ヒミコ」は借金で昼夜働く女性が、小さい時に離婚して別れた父親が余命わずかという事を恋人という”男性”が告げに来て側で手伝いをする事になり、父親の最期を見届けるストーリーである。同性愛というものを理解しなければこの映画を観るのは苦しいだけに、.
メゾン・ド・ヒミコ(愛する事に性別は越えられるのか?) (オールマイティにコメンテート)
「メゾン・ド・ヒミコ」は借金で昼夜働く女性が、小さい時に離婚して別れた父親が余命わずかという事を恋人という”男性”が告げに来て側で手伝いをする事になり、父親の最期を見届けるストーリーである。同性愛というものを理解しなければこの映画を観るのは苦しいだけに、.
『メゾン・ド・ヒミコ』 オダギリジョー、男の色香。 (キマグレなヒトリゴト)
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産) サブタイトルが古臭いですが。(最近『摩利と新吾』 読んでるからかな。笑) 美しすぎるオダギリジョーにやられました(苦笑) もう絶対計算しつくしてるよね、というその衣装。 シンプルなだけにちょっとしたレェス(笑)が美し.
「メゾン・ド・ヒミコ」 (NUMB)
  メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産) 「メゾン・ド・ヒミコ」 ★★★★ Maison de Himiko(2005年日本) 監督:犬童一心 脚本:渡辺あや 音楽:細野晴臣 エンディングテーマ:母の教え給ひし歌 キャス
メゾン・ド・ヒミコ (とんとん亭)
「メゾン・ド・ヒミコ」2005年 日本 ★★★ これもまた ゲイ関係の映画でした^^ 全く知らずに借りて さぁ、びっくり。 ホモ物が 続いている~~~ 銀座の老舗のゲイ・バー「卑弥呼」の2代目ママが 突如引退。 千葉県の海が見える土地に 「 ...
メゾン・ド・ヒミコ (cinema note+)
メゾン・ド・ヒミコ 通常版 2005年 日本 「ジョゼ虎」が良かったので期待”大”で観た。 出来はいいと思うのだけど、なにぶんテーマがテーマだけに異次元ファンタジーな感じ。 ゲイの人がキャピキャピ騒いで
メゾン・ド・ヒミコ (キューピーヘアーのたらたら日記)
若かった頃、会社の同僚たちと、銀座じゃなく、 新宿2丁目のおかまバーによく行った。 その店は風俗の女の子たちが、仕事帰りに遊びに来ていて、 僕たちの目当ては、それもあった。 親しくなって風俗店での名刺をもらったりした。 「来てね。」と言うから行 ...
映画『メゾン・ド・ヒミコ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
オダギリジョーと柴咲コウが共演、ベッドでなが~いキスのあと、胸に持っていった彼の手が止まって沈黙、「触りたいとこ、ないんでしょ」と彼女の言葉・・ ゲイバー"卑弥呼"をたたんで、ゲイのための老人ホームを経営する照雄(田中泯)はガンの ...
DVD『メゾン・ド・ヒミコ』 (みかんのReading Diary♪)
メゾン・ド・ヒミコ 通常版(2006/日本) 美青年・春彦に誘われ、ゲイが集う老人ホームで働き始めた沙織。その施設の館長はかつて沙織を捨てた父親で、春彦は父親の愛人だった。やがてホームを嫌悪していた沙織の心に、微妙な変化が生じていく。(goo映画よ ...
「メゾン・ド・ヒミコ」 (青いblog)
「メゾン・ド・ヒミコ」 公式サイト http://himiko-movie.com/ 監督: 犬童一心 出演: オダギリジョー, 柴咲コウ 犬童監督はヒット作「黄泉がえ
アクセル・ホテルは「メゾン・ド・ヒミコ」なのか (豆酢館)
とりあえず追記終了。 いい映画でした。
【DVD】メゾン・ド・ヒミコ (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 これが面白かったら↓を見ようかなっと ▼感想 遥かなり「ブローバック・マウンテン」 ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(...