ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

幸せのちから

2007-01-29 19:59:10 | 映画2007
 骨密度測定器があの値段だったら安いぞ・・・probably

 6ヶ月間無給で研修なんてやだっ!などと思いつつも、数学の才能も生かしたかったのだろうし、就職難でもあったのだろうしと、色々と考えさせられました。それにしても当時のアメリカは住みにくいところだったんですね。モーテルで暮らすのよりアパートのほうが家賃が高いし、低所得者にとっては何もかも高くて税金だって酷い取立てだ。詳細には描かれてなかったけど、多分人種差別もひどかったのでしょう・・・possibly

 何の予備知識がなくともサクセスストーリーだとわかる映画でもありますが、主人公のクリス・ガードナー(ウィル・スミス)の転落の仕方が凄まじいほどだったし、彼の実の息子の演技も自然で、父親を信じていることがとても愛らしく感じられます。クリス自身、28歳になるまで父親に会ったことがないという経験上、息子と一緒に過ごしているだけで幸せへの近道だと感じていたことも伝わってきます。キャプテン・アメリカの人形を道に落としてしまっても、屋根のある教会の部屋を確保できれば息子のためになるんだと、ハグしながら息子と一緒に悲しむ姿が忘れられないくらいでした。

 なにやら怪しげな医療機器だってタイムマシンだと思えば夢を与えられる。洗濯機よりはファンタジーを感じますもん。このおかげで「洞窟だっていいよ」といった息子の言葉に泣けてきました。また、クリスは売り物の測定器を何度も盗まれますが、盗んだ奴を捕まえても殴ったりはしません。おそらく盗んだ者だって自分と似たような境遇である思ったに違いありません。しかし、そんな優しいクリスでしたけど、タクシーの無賃乗車だけはいただけません。何とか金を後払いする方法だってあったはず・・・デ・ニーロ(『レイジング・ブル』の宣伝用)の看板をつけてるくらいだし、撃ち殺されても文句は言えない・・・

 ストーリーは主人公がどん底を何度も味わう展開となり、勝ち組万歳となるような従来のサクセスものとは一味違った感じ。エンディングにしたって、数行の説明はあるものの本当に幸せを掴んだのかどうかは定かじゃない。それでも、終盤に「明日に架ける橋」(ロバータ・フラック)の曲が成功への橋渡しとして絶妙のタイミングで流れてくる。いい選曲だなぁ・・・他にもアパートの部屋のペンキ塗りのシーンでジョージ・ベンソンの「マスカレード」が聴けたり、スティービー・ワンダーが聴けたりと、なかなかセンスがいい。ストーリーの不足分を補ってくれたと思います。

★★★★・
原題は「THE PURSUIT OF HAPPYNESS」
スペリングミスの追及?(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (47)   トラックバック (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非行少女(1963) | トップ | エコール »
最近の画像もっと見る

47 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-01-29 21:30:51
キャプテンアメリカを落としちゃうシーンがとても印象に残っています。
今では等身大のキャプテンアメリカ(そんなもんあるの?)を何体も買えるほどの大金持ちになっちゃったんでしょうが・・・。
『レイジングブル』の宣伝看板も面白かったですね〜。
あの映画は良かった!
会社の重役が5ドル返すのを忘れていたらどーしよーと心配したのですが、ちゃんと返してくれてホッとしました。
こんばんは (カヌ)
2007-01-29 21:40:58
トラバしようかと思いましたが、私の感想はボロクソ書いてるので、コメントだけにしときます(^^;
タクシーの上の、やっぱりデ・ニーロって書いてましたよね。しかも『レイジング・ブル』。
気になってたんで、ありがとうございます!
私も骨密度の機械、安い!って思いました。
でも物価も今と違うんでしょうかね。
こんばんは! (由香)
2007-01-29 22:24:57
TBさせて頂きました^^・

私は女脳なのかしら?
奥さんが可哀想だなぁ〜と思ってしまいました。
あの後どうなったのか、気になってしまって。。。
サクセスがお約束の父子よりも、リンダのホームレス姿が頭に浮かんで心配になりました(笑)
kossyさん★ (mig)
2007-01-29 23:12:26
kossyさん!

タイムマシンン、洗濯機よりはって
それ「バブルへ、、、」ですね
もうすぐ公開ですが一応ホイチョイに4年いたので
あえてお金払ってみにいこうと思ってます(笑)
どうぞおてやわらかに、、、
といってもわたしもいいたいように書きますけどね(笑)
今さらなぜ広末なんですかー?って夏に
馬場さんに聞くとオレが決めたんじゃないんだと主張してました

話がそれちゃいましたが、、、、
わたしもあの機械安いじゃん意外と。って思いました☆

レイジングブルの看板、細かいところちゃんとやってましたね
今でも骨密度の測定って (bakabros)
2007-01-30 01:07:26
あまり浸透していませんよね。誰もが計ってみたい、
と気になっているはずなのに、復旧しないのはお値段のせいなのか……!?
その頃の物価はよくわかりませんが、映画の中では相当贅沢品のように見えました。

>モーテルで暮らすのよりアパートのほうが家賃が高いし、
というのは驚きでした。それでモーテルがどんなに酷い場所かが
少しわかったような気がしました。

ホームレス状態に陥った時の、
ウィル・スミスのわな泣き顔が胸に迫り、忘れられません。
骨密度 (kossy)
2007-01-30 01:30:33
>ミチ様
いえぃ!キャプテンアメリカだ〜♪
って、どんなキャラなのか知らないんですけど、俺の頭の中ではキャプテンウルトラにすりかわっています・・・
「レイジングブル」もよかったですよね〜
でもやっぱり「タクシードライバー」が好きなもので、あの運転手がデニーロに思えてきて・・・

>カヌ様
別にいいんですよ〜
色んな意見があったって当然なんだし、俺は自分自身の境遇がどん底に近いもんだから共感を・・・
レイジング・ブルも気になるところでしたよね。しっかりと読んでしまいました!
測定器を一台売ると4週間持つとか言ってたので20万くらいなのかな〜と思ってたら250ドルだって・・・ちょっと驚き。物価はどうなんでしょうね・・・

>由香さま
いやぁ〜奥さんも可哀想ですよ。
息子を引き取るかどうか、親権を争ったら定収入があるほうが勝つに決まってるんだから、あの時点ではクリスはアウトです(笑)
あの後は何も書かれてなかったけど、想像におまかせってところなんでしょうか・・・

>mig様
そうだったんですかぁ〜
ホイチョイに・・・
でも、はっきり言って「バブルで」はテーマからして面白くなさそうだし、タイムパラドクスとしても面白くなさそうな予感が・・・ううむ。

あの医療機器は安すぎますよぉ。
ネットで検索したら、250万円くらいでしたよ!
使ってもすぐ壊れる機械だったのかな・・・

>bakabros様
今の保険制度がどうなってるのか知らないんですけど、計れば保険適用されるとドンドン使ってるんだと思います。そういや最近は話題にならないですね・・・

モーテル暮らしって、素泊まりで2000円くらいだとすると月に6万!あのアパートがそんなにするとも思えなかったし・・・俺がずれてるのかな・・・
とにかく泣きそうな顔のウィル・スミスが最高!でもオスカーはどうかなっ・・・
しあわせ?? (くろねこ(Shaberiba))
2007-01-30 12:54:21
アメリカ企業シビアですね〜
落ちた人たちどうしたんでしょうか?
奥さんのゆくえも気になりました〜
職に就きこれから2人が
どう幸せになっていったのか・・
もうすこし見ていたかったです。

【スマスマ】でのウィルみました。
すっごく楽しいかたでしたわ
実力主義 (kossy)
2007-01-30 18:29:52
>くろねこ様
シビアすぎますよね〜
19人の人たちは次を探すのも大変です。
あれだけ実力主義で、上司だって人格者はいないようだし、6年後に独立したのもわかりますね(笑)

奥さんとは復縁できなかったんでしょう・・・
もしかしたら幸せではなかったのかも。

俺はめざましテレビで見ました!
面白い人ですよね〜
底力 (たいむ)
2007-01-30 19:11:27
kossyさん、こんばんは。
運があるのか、ないのか・・・最終的には実力ですよね。
実は、クリスは野心家だとずっと思いながら観ていました。ミシン(違っ)にしたって、儲かるはずだったし、未来予想図はきっちりしていたんじゃないかなーと。ちょこっと歯車が狂ったときに修正できるか否かかなーと。
奥さんとの別離が、良い意味でのカンフル剤でしたね=。あとは本気と実力ですもん。




実力 (kossy)
2007-01-30 21:13:07
>たいむ様
あの会社に採用されるまではギャンブラーでもあったと思うのですが、いかがでしょうか・・・
あんなミシンを全財産を叩いてまで仕入れるんですから、かなり博打です(笑)
そう考えてみると、資金が少ない者にとっては一流会社で働くのはみなバクチのような気がしてきました・・・
やはり… (ミマム)
2007-01-31 14:52:12
こんにちは。トラックバックさせていただきました。
あの測定器、ミシンに見えたのは私だけじゃなかったんですね(苦笑)
重そうなのに、それを持って颯爽と走るクリスが印象的でした。
タクシーの乗り逃げと事故の後遺症は大丈夫だったんでしょうか?
ミシン (kossy)
2007-01-31 18:43:37
>ミマム様
そういや、ミシンって元々はmachineからきている変な日本語なんですよね。
あれは結構思いと思うのですが、ウィル・スミスの体力がモノをいいました(笑)あんなの持って走るなんて超人並ですよ!
タクシーの乗り逃げはずっと罪悪感に苛まれそうな気もしますが、もしかすると後から調べて謝罪してる可能性もありますね。事故のことも考えると、かなり波乱万丈の人生ですなぁ・・・
彼の運動能力はすごい! (kisen)
2007-01-31 22:55:17
kossyさん、こんばんは。

ウィル・スミスが走る、走る。よくあれだけ走るなぁ、と感心してしまいました。重い(?)ものを持っててもガンガン走るし、彼はかなりの運動能力を持ってると見ましたね。だから、交通事故もへっちゃらだったんですね。

それにしても、どん底から運をも味方につけて這い上がる人生、充分楽しめた映画でした。が、よく考えると、彼はあんなに頭がいいのだから、最初から一攫千金なぞを狙わずに地道にお勤めをしていれば、人並み以上の人生を送れたのではないか、と思うのは私が日本人だからでしょうか?

アメリカではそんな考えはないのかもしれませんが。

タンディ・ニュートンの痩せぶりも目に付きました。もともと痩せてはいたと思うのですが、あんなに?


あ、タクシーの運転手さんは、きっと後で捜したと思います。
テストは最後の最後まで見直すこと (かのん)
2007-02-01 00:14:37
中学生くらいのときに塾の先生にさんざん言われました。時間は全部使いきりなさいって。エレベーターでクリスの言葉に血相を変えていた男の人のその後が気になって仕方ないです(笑)

クライマックス、別室に呼ばれて展開は確信出来るのにめちゃ感動しちゃいました。
運動 (kossy)
2007-02-01 01:34:40
>kisen様
走りましたね〜
今俺があれだけ走るとしたら・・・死にますね(笑)
なんたって「アリ」役をやったくらいですから、体力はすごいんでしょうね。実話の本人は知らないけど・・・

地道に働けば・・・映画では描かれてませんけど、黒人ということもあるし、最初からは無理だったのかもしれません。今の日本だって大卒ですぐにフリーターになる人が多いんだし、映画で描かれたような世界にだんだん近づいてますよ。

タンディ・ニュートン。どこかで見たことがあると思っていたら「クラッシュ」の女優さんだったんですね・・・映画ブログやってるのに何も調べなかったkossyです(汗)

>かのん様
「裏の記述問題書けた?」なんて台詞、似たようなこと言ったことあるかもなぁ・・・
やっぱり筆記試験の成績が一番だったんじゃないでしょうか。営業成績はパッとしなかったようだし・・・

今日はいいシャツ着てるね〜
良かったですよね。あの目の赤さがとってもよかった。
Unknown (かめ)
2007-02-01 12:25:31
コメントありがとうございました。
ホームレスのエキストラの件はアメリカらしいと言えば、アメリカらしいですよね。
ホームレスにとっても報酬が食事が出るのですから。

自分では、この作品は、採用の是非を言われた後のウィルの演技に参りました。
こんにちは☆ (きらら)
2007-02-01 14:39:35
ウィル親子の自然っぷりとウィルの泣きっぷりのおかげで私はもうぼろぼろでしたぁ〜
あんなかわいくて健気な子供のためだったら、
走りまくるのも当然、、、かな??

kossyさんの評価も高いですね!
タクシーなんて全然見てなかった、、、
ホームレス (kossy)
2007-02-01 20:17:01
>かめ様
このエキストラのおかげで、本格的ホームレス俳優デビューなんてことがあればいいですよね(笑)で、出演する役はみなホームレス!と考えてみたら、これも可哀想か・・・

あの目だけで演技するウィルですよね!
あれは上手かったなぁ〜

>きらら様
自分の息子を起用したのは大正解でしたよね!
どんなことがあっても父ちゃんを信用するぜ!みたいな。
身体能力もすごかったけど、事故にあって大怪我でもしたらまた悲惨なことになるんだし・・・ちょっと怖かったですよね。

タクシーの看板、目立ちすぎですよ・・・宣伝料も高いのかな・・・
こんばんは〜 (うさぎ)
2007-02-02 01:23:19
kossyさん〜

う〜ん。。。
うさぎはまったくダメでした。。。

どうしてこの作品が。。。ノミネート?

うさぎは子供がかわいそうで。
あんな生活をさせてる父親がダメでした〜
挿入曲 (メビウス)
2007-02-02 01:55:18
kossyさんこんばんわ♪

むむ〜・・ストーリーの不足分は挿入曲でっ。洋楽は邦楽以上に詳しくないので、名曲と知りえず、そのままスルーして聞いちゃう事が自分は良くあると思います。kossyさんや他の方の記事見て気付くくらいですからw
この分だと『ドリームガールズ』も心配です・・
たしかにストーリーだけでは (kossy)
2007-02-02 02:13:35
>うさぎ様
無理ですよね・・・(汗)
やっぱりどん底に落ちてみて、「わ〜〜俺よりも貧乏してるじゃん」とかいう気持ちになれると楽しいかもです(ウソ)

子供は可哀想だったけど、大人になったら良かったと思うんでしょうねぇ・・・

>メビウス様
個人的なことなんですけど、ジョージ・ベンソンの「マスカレード」は大好きなんです。これはオリジナルのレオン・ラッセルやカーペンターズなんかに比べ物にならないくらいいいのです♪

でも「ドリームガールズ」は既存曲じゃないので、誰もが同じスタートラインだと思いますよ〜♪
幸せの下ごしらえ (caho)
2007-02-02 20:56:35
kossyさん、こんばんは〜♪
私好みの映画でした。

ウィルと息子さんの自然な演技に涙腺がウルウル。kossyさんと感じるところが同じでとても嬉しく思いました。
父と子の強い愛を感じました。そして、幸せを掴むには「下ごしらえ」がどんなに必要かということも・・。ラストの充血した目を見て、心が高揚しました。結末がわかっていても感動できる・・ウィルの演技力素晴らしいですねぇ〜♪
幸せ♪ (kossy)
2007-02-02 22:08:31
>caho様
下ごしらえですか・・・俺はそれさえ出来てないのかも。
なんとか道を切り開いてはみるものの、最終的には20人中1人だけというのも現実を物語ってるんですよね。
まぁ、映画の場合はその結果よりも過程のほうが大切なんだろうし、そのための苦労があるからこそジーンときてしまうんでしょうね〜俺も頑張らなきゃ・・・
う〜ん (aq99)
2007-02-02 22:40:06
私は80年代、ノーテンキなサウンドばっかり聞いてたもんで、この映画やけに80年代ソングがかからんな〜と思ってたんですが・・・。勉強不足でした。
バス停の映画の看板がなんだったか思いだせませんでイライラしてます。
サウンド (kossy)
2007-02-03 00:20:18
>aq99様
正確にいうと、70年代後半の曲だったかもしれません。ウィル・スミスもミュージシャンしてるので、彼の好きな音楽なんだろうな〜と妙に嬉しくなりました。

バス停の看板!俺も気になってたのですが、さっぱりわかりませんでした。誰か知らないかなぁ・・・
Unknown (晃弘)
2007-02-03 15:18:56
こんにちは(^_^)
この映画を見て感動しました。
途中でストーリーの流れがうまくつかめないところがあったものの、
「幸せ」について考えるきっかけになりました。
ルービック・キューブや電話番号の暗記など、
ちょっとしたことから幸運を引き込んでいったところも、
実話というのが信じられないほど素晴らしいストーリーでした。
幸せ♪ (kossy)
2007-02-03 18:27:42
>晃弘様
実話をベースに・・・実際は脚色してあるらしいですね(詳しいことは知りませんが)。
でも、運がいい人は必ずいるわけで、運も実力のうちというか、努力する過程に感動するべき映画ですよね(自分で何を言ってるのかわかりません)。
自分の隠れた才能を最大限に生かす!俺も頑張らなくちゃ〜と考えさせられました。
残念(笑) (しんちゃん)
2007-02-03 20:30:58
 骨密度測定器をみせちゃやっぱダメだと思う(笑)

あれはやっぱ「マクガフィン」じゃなくっちゃ(笑)

マクガフィン (kossy)
2007-02-04 00:35:45
>しんちゃん様
なるほど!でございます。
たしかに最後までわからないのも手ですね〜
そうなると、盗んだ人たちの存在もスッキリする(笑)
こんにちは〜! (アイマック)
2007-02-05 12:48:20
>洗濯機よりはファンタジーを感じますもん。

二人のやりとりが、とても微笑ましくて良かったです!
親子で勝ち取った幸せでもありますね。

ホント無賃乗車はいけませんよね。。
車にはねられてもそのまんまとか、もともと生命力の強い人なのかも^^;
音楽の題名まで気がまわりませんでした。。。
ラスト (更紗)
2007-02-05 18:26:14
最後に採用が決まった際の喜びのリアクションが
とても心の底からに感じて心に染みましたわ。
本当にどん底からの這い上がりだと、飛び上がって喜ぶのとは違うかなー
スーパーマン (kossy)
2007-02-05 23:44:27
>アイマックさま
そういえば、車にはねられても何ともないスーパーマンのような父親でした。
そんな強い父親だったからこそ、息子もじわじわと彼を尊敬し始めたのかなぁ〜貧乏だからといって、あの年齢の子供のうちは親を恨まないものですよね・・・

>更紗さま
採用が決まった瞬間。
判決を受ける被告人のような心境だったのでしょうか。まさか受かるとは思っていなかった彼の表情が良かったです。
声に出さずに喜びをかみしめるシーンてのもハリウッドぽくないけど、感動的でした。
TBさせていただきました。 (taka0096)
2007-02-06 00:50:40
今日観てきました。
最初は痛々しすぎてどうなることかと思ったんですけど、うまいことまとめましたね。株関連のシーンも多すぎず少なすぎずの絶妙なバランス。佳作。
まあ息子の可愛さだけでもお釣りがきますが。
息子 (kossy)
2007-02-06 01:15:29
>taka0096様
そうですよね〜あれで息子が実の息子じゃなかったらどうなってたんだろ・・・
父親を信頼する表情なんて、実際の信頼関係があってこそのものだろうし、そこがいじらしいんですよね。
俺も株について深く掘り下げなかったのは良かったと思います。ライバルの進行具合がわからなかったのもいいですよね・・・心配になっちゃったし(笑)
長い足でしたねぇ〜。 (サザエ)
2007-02-07 23:58:53
よく走ってましたよね、ウィル・スミス。
足は長いし、速そうだし、カッコイィ〜〜。

あれだけの境遇で、息子とちゃんと接することができるのは、尊敬です。
子育てって、本当にイライラするし、大変なんですけど、できたお父さんですよね。。。

私はもっとわがままな母です。。。

いい映画でした。
インデペンデンス・デイ (kossy)
2007-02-08 01:01:29
>サザエ様
結構走ることが好きなウィル・スミス。
UFO映画ではどれけ走ってたのかなぁ〜とか、ボクシング映画ではどうだったかな〜などと記憶力がなくなっている自分が悲しいです。

そうかぁ〜サザエ様は子育ての視点で捉えたのですね!それも納得。普通、家庭裁判所で争ったら、あの父親じゃ絶対に負けですもんね。

児童虐待とかのニュースが多い日本ですが、こういう映画によって救われるのかなぁ・・・
エンディングテーマ (まるちん)
2007-02-11 14:59:11
 もし知っていたら教えていただけませんか?
この映画のラストに流れたエンディングは誰が歌っているのでしょうか?
ラストに「ブライアン・アダムス」という文字を見たような気がするのですが、
これは挿入曲の一人???

初めて聴く声で聴き惚れてしまったのですが、
探しても探しても分からなくて…。
分かればぜひ教えてください!
すみません (kossy)
2007-02-11 19:38:24
>まるちん様
ググってみたのですが、わかりませんでした。
申し訳ない・・・
サントラ買うしかないのかなぁ・・・
骨密度測定器 (turtoone)
2007-02-11 19:42:19
1台売ると240ドル貰ってましたね。最初に投資をしているから、実際はどの程度の儲けなんでしょうか。全部売りつくしても奥さまと家を失っているのだから、要するに悪質な詐欺の片棒だったのではないかとも思われます。
でも、世の中なにが幸いするかわかりません、だから日本語タイトルは何が「チカラ」だったのか?
原題のハピネスに引っ掛けて、カタカナで「チカラ」とか「しやわせ」にしたら面白かった??
1台の値段 (kossy)
2007-02-12 05:52:33
>turtoone様
最初に投資しているんだし、売れれば全て利益になるってところはわかりやすかったですよね。まぁ、詐欺っぽいシロモノなので利益は半分くらいなんでしょうけど、そのためにあれだけの苦労だなんて・・・

しやわせのチカラですかぁ〜
なんだか力も湧いてこなくなるような・・・(笑)
エンディング (まるちん)
2007-02-12 17:13:30
>kossyさま
どうもありがとうございます。(;_;)
そうなんです。見つからないんです。
映画のHPも、誰かのブログも、探したけれど、どこにも載ってないんです。
映画について全然詳しく知らないのですが、
エンディングまでは誰も語らないものなのでしょうか。
残念です。。
kossyさん、どうもありがとうございました。
サントラ (kossy)
2007-02-13 07:14:37
>まるちん様
お力に添えなくても申し訳なく思ってます。
音楽はいつもチェックしてるのですが、自分の知ってるミュージシャンを優先させてしまうという悪い癖が・・・
Unknown (バーンズ)
2007-03-23 11:38:07
だいぶ経ちましたが、これもヒットしましたね。
父親の奮闘記なら「シンデレラマン」の方が好きでしたが、まあ良かったですよ。ただどうしても納得いかなかったのが結局奥さんどうなったの?てこと。
そういえば「どろろ」でも百鬼丸の母親が醍醐に斬られたっきりで(息子は生き返ったのにね)、変なところでダブってしまって(笑)。
料金をふんだくられた運ちゃんが地下鉄まで追いかけてくるのには笑った。
ルービックキューブのとこでは何故か「ビューティフルマインド」を連想しました。

主題歌といえば「どろろ」のミスチルってのはいかにもアピールって感じでした(結構イイ歌でしたけど)
特撮モノの主題歌って、もうちょっとこう濃いっていうか熱い方が良いと思うけど、アニソンみたいに。その点、「ガメラ」(伊原剛志さんのやつね)で爆風スランプが歌った「神話」は良かった。マイナーだと思いますが、僕にとっては名曲です。

主題歌と言えばウィルスミスも歌ってましたねえ、「MIB」「WWW」。それにしても「ハッピーフィート」の最初の予告でかかっていた曲は「WWW」にソックリだと思うのは僕だけ?
父親 (kossy)
2007-03-23 22:03:04
>バーンズさま
奥さんとは結局別れちゃったんでしょね〜
最近のハリウッド映画は「まず離婚ありき」ですから、それほど驚くほどでもないかな〜なんて(笑)
夫婦の絆よりも父と子の絆!
最近の映画の定番でもあります。
日本以上にアメリカは児童虐待とかに敏感そうだし、この傾向はずっと続きそうですね。

いつの頃からか、日本の映画では「ついでに主題歌もヒットさせちゃえ!」みたいなノリで作られてますもんね。しかも映画には全く関係ないような・・・
エンディング (まるちん)
2007-06-17 15:44:19
 以前エンディングテーマについてお聞きした、まるちんです。
先ほど「そういえば、“幸せのちから”のエンディングは誰の曲だったのかなー…と探してみたら、
なんとまぁ、ゴールデングローブ賞の「オリジナルソング賞」を受賞していたんですね!
ソウルミュージックで有名(なのだそうだ、)
SEALの「A Father's way」でした。
一人で気になってただけなのですが、
今更ながら解決したため、参考までにご報告です(^_^ゞ
放映された頃はどこのサイトに行ってもエンドロールについては何もコメントがなかったのに、
ゴールデングローブ賞で受賞したら沢山情報が出てくるもんなんですね。
すっきり!
全く知らなかった歌手「SEAL」ですが、今夜帰りに探してみます♪

…さりげないご報告でした☆
訂正 (まるちん)
2007-06-17 15:50:17
ノミネート、だったかな?
とりあえずノミネートまでいけるくらい、素敵な曲ってことですよね♪
満足満足♪♪♪
SEAL (kossy)
2007-06-21 12:47:02
>まるちん様
ご報告どうもありがとうございます。感謝します。
A Father's wayはGG賞ノミネートのようですね。受賞したのはハッピーフィートの曲のようです。
今更ながら、俺も聴いてみたくなりました。
ちょいと探してみようかな。

やっぱり映画の中で気に入った曲はすぐにでも調べたくなりますよね。知ってる曲が多ければいいんだけど、オリジナル曲となれば話は別。エンドクレジットはほぼ順番通りに流れるんですけど、見落としがちですしね〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

84 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「幸せのちから」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幸せのちから」 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの実話に基づく映画。 実話に基づく・・・ということは、最初から答えはわかっているし、途中の苦難も報われる日が来ると思って見ているので、どんなにお涙頂戴のサクセススト...
「幸せのちから」 The pursuit of Happyness  (俺の明日はどっちだ)
無一文のホームレスから株式仲介人になり、やがて独立起業して億万長者になった男の実話を描いた映画というと、いかにもアメリカンドリーム! サクセスストーリー! といった感じで、しかも舞台は80年代、何をいまさらという気がしないでもなかったのだけど、これが思っ...
【劇場映画】 幸せのちから (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成...
幸せのちから (★YUKAの気ままな有閑日記★)
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック〜【story】サンフラン...
幸せのちから / The pursuit of Happyness (我想一個人映画美的女人blog)
"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 地味〜なタイトルが、あんまり「観たい!...
『 幸せのちから 』 (My Style)
土曜日は 『 幸せのちから 』 を観た。 ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた 実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。  骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てる クリス(ウィル・スミス)は、大儲け...
『幸せのちから』 (試写会帰りに)
とにかく、リアル! 実話がベースという事もありますが、観ていて痛々しいとかではなくて、クリスの貧乏、挫折や度重なるアクシデントが、まるで自分の事のように胸に刺さってきて、 身につまされてしまいます。 クリスのような貧乏生活に、いつか自分がそうなるかもしれ...
幸せのちから (八ちゃんの日常空間)
父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。
The Pursuit of Happyness (幸せのちから) (アリゾナ映画ログ − 砂漠から...)
2006年12月31日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。実の父を知らずに育ったク
幸せのちから (Akira's VOICE)
夢を支えるのは身近な存在!
幸せのちから (C note)
なかなか名前を覚えられない、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスくんに胸
「幸せのちから」みた。 (たいむのひとりごと)
「ルービックキューブ」 は、3面クリアがやっとで投げ出した(^^;) 今も”オセロゲーム”や”百人一首”とともに実家の押入れの中でバラバラなまま眠っていることだろう。壁の”マジック・ジョンソン”のポスターには思わず目が釘付け!ああ、懐かしい
幸せのちから (Diarydiary!)
《幸せのちから》 2006年 アメリカ映画 − 原題 − THE PURSUI
ポジティブ思考の成功例。『幸せのちから』 (水曜日のシネマ日記)
実話をベースにした、ひとりの男性のサクセスストーリーです。
「幸せのちから」 (塩ひとつまみ)
久しぶりに映画の感想です。 ホームレスから億万長者になった クリス・ガードナーの実話を元にしたサクセス・ストーリー。
幸せのちから(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
最近の劇場予告ってすっごくよくできてるよね。 コレも予告観てゼッタイ観ようと思った映画なんだけど、な〜んだかアレ? ってな声があちらこちらから・・・。 おし! 自分の目で確かめよう! ってことで「幸せのちから」観てきたよ。 ( → 公式HP  ) ...
幸せのちから (UkiUkiれいんぼーデイ)
逆境をバネに再起した男! ウィル・スミスなのに、ジ〜ン。。。 主人公クリス・ガードナーってほんとに不運というか、間の悪い人間っていうか、なんかねぇ観てて「あらら」とか「おいおい」って感じることばかり。 まず、売れると思った骨密度を測る医療機器...
幸せのちから (悠雅的生活)
 君がいるから。君と生きていきたいから。
幸せのちから (とんとん亭)
「幸せのちから」 2007年 米 ★★★★★ 文句なしにいいです。 私、こういうお話大好き。 あのヒョーキンなイメージが強いウィル・スミスが何処までやってくれる んだろうか? あらすじも大方わかってしまっている(予告でね^^)期待と不安が入り 混じ...
幸せのちから/ウィル・スミス (カノンな日々)
予告編からして感動系って雰囲気だし、その感動作を大プッシュしての大量の宣伝にかえって引き気味になってしまうというか、そんな易々と感動なんかしないもんねとアマノジャッキーな気持ちも出て来そうだったんだけど、やっぱりいいお話はイイ! 手堅いと言えば手堅いん...
貧乏っぷりは丁寧だが・・・ 「幸せのちから」 (平気の平左)
評価:65点
「幸せのちから」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
趣味の一つが映画鑑賞で、これ迄に数多くの作品を観て来た。読書傾向が濫読派ならば、映画に関しても”濫観派”と言って良く、ホラー物以外は食指が動くままにジャンルを問わず観まくっている感じだ。そして困った事に、所謂”B級作品”や”ニッチ作品”と称される物も結...
映画『幸せのちから』 (翠の独り言)
ウィル・スミスが実の息子と共演している映画『幸せのちから』を観てきました! この作品はホームレス状態から億万長者になったクリス・ガードナーの実話を基に映画化されました。しかし、サクセスストーリーというよりは、父子の絆を描いた作品だという前評判を聞いてい...
映画〜幸せのちから (きららのきらきら生活)
 「幸せのちから」公式サイトキャッチコピーからも分かるように"ザ・感動系"映画ですが、、、これがすっごく良かった!おススメの1本です全財産21ドルから立ち上がった、父子の、実話に基づいた感動作−。骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるク...
幸せのちから (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「暖かいベットも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。」幼かった僕と父は、まだ見ぬ“幸せ”を求めて走り出した。悲劇は突然やってきた。81年、サンフランシスコで医療機器のセールスをしていた僕の父。努力家で知能指数が高いうえに、誰からも好かれる性格で...
幸せのちから@試写会 (sweetな日常)
最近、試写会がよく当たるねん。あんだけ当たらないってぼやいてたんやけど。 月一くらいで行けてるような気がするなあ。 今回当たったのは「幸せのちから」という映画です。 「全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。」とあるとおり、 この...
親子愛「幸せのちから」 (ロハスな一人暮らし@楽天活用生活)
先日、「細木数子のズバリ言うわよ!」の番組にウィルスミスが出ていましたね。なんと六星占術で有名な細木数子の両頬にチューしてましたね。27日公開の「幸せの力」という映画知っていますか?あれ絶対感動すると思います。ウィルスミスが実の子供と共演して...
幸せのちから (ちわわぱらだいす)
ウィル・スミス演じるクリス・ガードナーのホームレスから億万長者になった実話。。。 ごめんなさい。うさぎの中では最低の映画です。 子供と号泣するよ~って♪ルン o(^-^o)(o^-^)o ルン♪で見に行きました。 しかし。。。
幸せのちから(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ガブリエレ・ムッチーノ 【出演】ウィル・スミス/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/タンディ・ニュートン/ブライアン・ホウ/ジェームズ・カレン 【公開日】2007/1.27 【製作】アメリカ 【
幸せのちから (Alice in Wonderland)
今日は1日の映画の日、いつもはがらがらの劇場も多くのお客さんが入っていていつもの指定席である丁度真ん中の席に座る事は出来ませんでしたが、ウィル・スミスと息子の熱演に観ている私も力が入りました。  81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何よ....
『幸せのちから』 (となりのケイコさん)
ウィル・スミスが実の息子と共演! 幸せのちから クリスは骨密度を測る医療機器のセールスマン。 しかし思うように売れず、家賃も滞納している日々。 ある日通りかかった証券会社から出てくる人達の幸せな顔を羨み、 証券マンに成功の秘訣を聞く。 「大切なのは数字と...
幸せのちから (こころいろ)
名前・・クリス・ガードナー 本当の父親を知らずに育つ 学歴・・クラスで一番。しかし最終学歴は高卒 家族構成・・・妻と5歳の息子クリストファー。医療機器を売るセールスマンとして毎日一生懸命働くが、売り上げは上がらない
「幸せのちから」 スミス主人 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
結局、株かよ! 「この子には、父親が必要なんだ〜!」とウィル・スミス親父が力説しますけど、母親も必要なんとちゃうんか〜〜!! このお母ン、虐待母でもないし、家事放棄母でもないし、むしろ稼ぎの悪い父親のため過労の被害にあってるやん! 支払いをきちんとしてと...
『幸せのちから』in梅田 (☆えみたんの日記帳☆)
お友達と映画観て来たぁ~~秊 てか、映画館行ったらどこもめちゃ混んでてさぁ~~嶺 なんでこんなに混んでるんだよぉ~~~~( ; ゚Д゚)嶺嶺 って思ったら・・・・・ チケット買ったら二人で2000円って言われて、そこで気付いたw そ...
幸せのちから (2006) THE PURSUIT OF HAPPYNESS 117分 (極私的映画論+α)
実話ゆえに・・・オチもわかるしなぁ(^^;
幸せのちから THE PURSUIT OF HAPPYNESS (いいかげん社長の日記)
木曜日は、映画サービスデーだったので、ちょっと行ってきました。 観たい映画が多くて、週末だけではこなせそうになかったので。 選んだ映画は、「幸せのちから 」。 「UCとしまえん 」は、平日の午前中で、人は少ない。 「幸せのちから 」も大きめのスクリー...
【映画】幸せのちから (KOHの青赤な日々)
こないだ公開されたばかりの映画「幸せのちから」を見ました。 アメリカの人気俳優ウ
幸せのちから(映画館) (ひるめし。)
この手は、離さない―――
【MOVIE】幸せのちから (思いつくままに)
■感想など あれは、タイムマシンというより、最初ミシンに見えた...。 全財産21ドルという状況から、決してあきらめずに這い上がった父子の、実話に基づいた作品。 クリス(ウィル・スミス)は、あきらめないというのもそうですが、なりふり構わないという 印象のほう...
幸せのちから (It's a Wonderful Life)
映画とは全然関係ありませんが、先日出たばかりの Windows Vistaを試しにPCに入れてみて、新環境で書いてます・・ いや思ったより快適かも?・・・・いややっぱり重い・・。 この映画観てるとウッカリすると80年代という時代背景忘れてしまい そうになるんです....
幸せのちから 〜 不器用な子連れ狼のガムシャラな生き様 〜 (Prototypeシネマレビュー)
〜 不器用な子連れ狼のガムシャラな生き様 〜 シカゴなどに会社を構える実在の人物の話を元に作られたこの作品。 主演のウィル・スミスは、『メン・イン・ブラック』や『アイ、ロボット』など、アクションやコメディ中心に演じてきましたが、今作では、貧困に苦しみな...
幸せのちから (古谷千秋の食い倒れ日記)
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。
幸せのちから (小部屋日記)
the PURSUIT of HAPPYNESS (2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督 :ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/タンディ・ニュートン/ブライアン・ホウ/ジェームズ・カレン/カート・フラー 父と息子のサバイバ...
「幸せのちから」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ホームレスから億万長者へとアメリカン・ドリームを体現した男、クリス・ガードナーの実話の映画化「幸せのちから」物語・セールスマンのクリス(ウィル・スミス)は仕事が思うようにいかず、妻に出ていかれアパート
幸せのちから (cinema village)
コメント無きTBは承認致しません。 『幸せのちから』OST ★★★★ ぶち更紗評/ちと忙しいので簡単に・・・ ウィル・スミス話題の親子競演 息子も可愛かったし、スネた感じの表情もよかったわ。 まさにどん底から這い上がった人生ですけど 途中で機械を何度も盗ま...
幸せのちから (はあどぼいるど・えっぐ)
「幸せのちから」監督:ガブリエレ・ムッチーノ 原題はThe pursuit of happyness。アメリカ独立宣言に基づく言葉。スペルの間違いは、作中に登場する託児所の落書きに由来している。正しく訳すなら「幸福の追求」となるが、堅苦しさを避けるためこのような邦題になった。...
★「幸せのちから」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日二本立て鑑賞の2本目。 1本目は「愛の流刑地」。
幸せのちから 2007-04 (観たよ〜ん〜)
「幸せのちから」を観てきました〜♪ サンフランシスコに住むクリス(ウィル・スミス)、全財産を投資して買った骨密度測定器を病院にセールスする仕事をしていた。大ヒットすると思った商品だったが、売れ行きはさっぱり、日々の暮らしにも困っていた。ある日、株の仲...
『幸せのちから』頑張るお父さんにエール♪ (銅版画制作の日々)
これは主人公クリス・ガードナーのサクセスストーリーではないクリスが子どもとともに全財産21ドルから立ち上がった、実話に基づいた作品である。。幸運の女神から見離され、すべてを失ったガードナーが唯一愛する息子を手離すことは出来なかった。サンフランシスコの片隅...
幸せのちから (せるふぉん☆こだわりの日記)
先日、「どろろ」と同じ日に観た「幸せのちから」 すみません、ちょっとココログフ
幸せのちから (<花>の本と映画の感想)
幸せのちから 監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス  ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス  タンディ・ニュートン  ブライアン・ホウ  ジェームズ・カレン   カート・フラー 2006年 ?骨密度測定器を売り歩く仕事をし...
幸せのちから (利用価値のない日々の雑学)
「人間万事塞翁が馬」という故事成語がある(ちなみに「人間」は「じんかん」と読み、人間のことでなく世間一般のことを指す)が、このサクセス・ストーリーはそもそも骨密度測定器を購入するという大馬鹿なことを起こさなければ、成功には繋がらなかったとと、逆に買わなか...
幸せのちから (ケントのたそがれ劇場)
★★★  妻に愛想をつかされた黒人男性が、幼い息子と二人で貧困を乗り越えてたくましく生きてゆく姿を描いたお話である。そして実在の証券王クリス・ガートナーのサクセス・ストーリーでもあるのだ。 主演のウィル・スミスがアカデミー主演男優賞にノミネートされているた
幸せのちから♪ (piano lesson)
連休のお休みに「幸せのちから」を観て来ましたがとっても良かったです★★★ 全財産
幸せのちから (頑張る!独身女!!)
思ったより
幸せのちから (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年1月27日 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス,ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス,タンディ・ニュートン 鑑賞日:2007年1月27日 MOVIX三郷...
映画 『幸せのちから』 (Death & Live)
コピーだけで泣けます。 「この手は、離さない ―― 」 「暖かいベッドも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。」 『幸せのちから』  2006年 原題 : the PURSUIT of HAPPYNESS 監督 : Gabriele Muccino 自分には...
ガブリエレ・ムッチーノ監督「幸せのちから」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス  おもしろい(といっても、楽しいという意味ではない)シーンが1つある。語りはじめるなら、このシーンから語りたいというだけのことである。  主人公は売れない医療機器を販売している。その機器をヒッピーが「...
幸せのちから (Black Pepper's Blog)
ウィル・スミスの親子共演ヒューマン・ドラマ「幸せのちから」を観て来ました。 幸せ
「幸せのちから」 (Cinema Chips)
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品
幸せのちから(06・米) (no movie no life)
ただのサクセスストーリーとはとらなかった。 サンフランシスコで医療機器のセールスをやっていたクリス(ウィル・スミス)だが、機器が売れず、働けど働けど貧乏な生活。ある日、家賃が払えないためにとうとうアパートを追い出され、妻も出て行った。そこから、クリス...
幸せのちから(2006年) (勝手に映画評)
ウィル・スミスの最新作。幼い子供がいるのに妻が出て行き、家もお金も失い、ホームレス生活から億万長者になったと言う実話を下に描かれた映画。初めて親子共演も果たしています。 ウィル・スミスが日本にプロモーションに来たときに「これまでは、エイリアン(MIBやイ...
【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
幸せのちから (eclipse的な独り言)
 この作品、本当は見る予定ありませんでした。でも土曜日のレイトショーで見る予定
 (日常浮遊)
幸せのちから/THE PURSUIT OF HAPPYNESS 米 2006 監督: ガブリエレ・ムッチーノ 製作: トッド・ブラック     ジェイソン・ブルメンタル     ウィル・スミス 製作総指揮: ルイス・デスポジート 音楽: アンドレア・グ...
幸せのちから (いろいろと)
実在の人物、栗栖・ガードナーの半生を描いた感動作 出演 ウイル・スミス ほか 妻
ウィル・スミスの実の親子主演 『幸せのちから』 ネタバレ!? (ヒビショウジンナリ【物欲道】)
先日、ウィル・スミス主演の、『幸せのちから』 を友達と観てきました! 以下、ネタバレ注意です!!! 人気blogランキング
幸せのちから (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
最後をやや端折りすぎた気もしましたが、それでも、実話に基づいているというストーリーには説得力がありました。 モデルとなっているのは、証券王、クリス・ガードナー。 売れると思って無理をして買い込んだ医療機器が売れず、家賃の支払いや日々の生活にも困るク...
幸せのちから (エリ好み★)
プレパパの彼に観せたかった映画です。
為 〜「幸せのちから」〜 (サナダ虫 〜解体中〜)
ガブリエレ・ムッチーノ監督作品、ウィル・スミス主演の、 映画 「幸せのちから」を観た。 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの半生を描いた感動作。 感想。 ^み残したの、戻してるー! 機械、いつの間にか売れてるー! B子...
幸せのちから (Neville’s notebook・・・ “Full of movies.”)
2月23日(金)鑑賞の映画レビューです。
Just the Two of Us (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
ここのところいろいろと話題の映画が目白押しのようで。  「硫黄島の手紙」は重かっ
幸せのちから (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 凄いですね。 この映画も実話ベースだそーですが、これまたすっごいお話でしたよ。 よくぞ・・・って感じですかねぇ。 でも・・・ 感動作と謳ってるわりには、実際それほど感動的でもなかったんですよ...
幸せのちから (映画鑑賞★日記・・・)
【THE PURSUIT OF HAPPYNESS:2007/01/27公開】製作国:アメリカ監督:ガブリエレ・ムッチーノ出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器...
幸せのちから (Screen saver☆)
基本的に一生懸命系に弱いのと 最近、子供ネタにも弱いということもあって かなり覚悟して観たのですが。。。 最後、号泣しました(*T^T)ズルズル いやぁ〜お恥ずかしい。ほんと一人で観てよかった(笑) もおぉ〜この貧乏のやるせないジブンへの悔しさと憤り感...
『幸せのちから』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られた彼は証券会社の正...
「幸せのちから」★★★★☆ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'06年製作、主演ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ他 医療機器のセールスマン、クリス・ガードナーの生活は苦しい。妻と共に毎日働いているが、借金は膨らむばかりだ。自分のふがいなさにイラ...
幸せのちから:映画 (ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介)
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし...
幸せのちから (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃ...
映画評「幸せのちから」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督ガブリエレ・ムッチーノ ネタバレあり
幸せのちから (Blossom Blog)
幸せのちから THE PURSUIT OF HAPPYNESS 監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス アメ...
幸せのちから (Yuhiの読書日記+α)
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。監督はガブリエレ・ムッチーノ、主演はウィル・スミス。実の息子のジェイデン・スミスとの親子共演でも話題になった作品。その他のキャストは、タ...
幸せのちから (mama)
THE PURSUIT OF HAPPYNESS 2006年:アメリカ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ブライアン・ホウ、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン 1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていた高級医療...
「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness) (シネマ・ワンダーランド)
ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、117分、コロンビア映画配給)。この映画は格差社会の米国...