ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

リーピング

2007-05-21 01:21:54 | 映画2007
 あなたは奇跡を信じますかぁ?

 アカデミー賞女優のヒラリー・スワンクがB級ホラーに主演?などと驚く方も多いだろう。しかし、元々映画デビューがヴァンパイア映画だった彼女は今後もまたヴァンパイア映画に出演するのです。多分、自身もホラー好きなのだと思わせるほどのヒラリー・スワンク。彼女の熱演のおかげで、かなり奥が深い旧約聖書の“10の災い”を楽しめるし、宗教や信仰心、ひょっとすると悲しみを背負った人間の生き様に感銘を受けることもあるかもしれない。

 主人公キャサリン(スワンク)は元宣教師だったが、アフリカで布教活動していた時期に娘と夫を亡くしてしまう。そんな彼女は信仰心を捨て、“奇跡”を信じないどころか、その事象を科学的に解明する科学者となっていた。そこへアメリカ南部の小さな町“ヘイヴン”で川が血のような真っ赤な色に染まってしまったという異変の調査を依頼される。調査を開始すると、川が血で染まったのは第一の災いであり、旧約聖書の“10の災い”にそっくりな展開になっていくというプロットだ。

 宗教を捨てたキャサリンにとっては“10の災い”も全て科学で証明できるのだと、早口で相棒ベンに解説するシーンが印象的。有名な出エジプト記の10の第一の災いは、大量の藻のおかげで微生物が発生して赤潮のように水が赤くなった・・・カエル、ブヨ、アブ、家畜の疫病、と全て科学的に説明がつくのだと・・・早口すぎて覚え切れません。そういえば、カエルの大群が落ちてくるなんて『マグノリア』以来。イナゴの大群は色んな映画に出ていますけど、旧約聖書をモチーフにしていたものが多かったのかもしれませんね。ようやく理解できました。

 キャサリンが転んで頭を打ったり、寝ているときに、現実なのか夢なのかわからないほどのフラッシュ映像が挿入され、アフリカに飛んだり、町で不吉な少女とされているローレンに出会ったりと目まぐるしく移り変わります。『エクソシスト2』でも似たような映像表現がありましたが、この映画ではとにかく特殊効果が凄い。どうやって撮っているんだろう?などと一瞬でも考え込んだら頭がパニックになりかねません。感心しているとストーリーはどうでもよくなってくるほどです。ダークキャッスルも金が有り余っているのか、とにかく映像にはビックリです・・・

 陳腐な部分も多いストーリーでしたが、そのなかでもほとんど浮いていた状態のスティーヴン・レイ。ヒラリー・スワンクに危機が迫っていると連絡をくれたりするのですが、彼だけ映画の別次元に存在していたかのようで痛かったです。そんな中でも拾い物だったのが、少女ローレンを演じたアンナソフィア・ロブ。『チャーリーとチョコレート工場』にバイオレット役で出演していた娘なのです。ほとんど喋りませんが、怖い顔とやさしい顔、色んな表情で演技できる存在感のある子役でした。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺は、君のためにこそ死ににいく | トップ | ストリングス~愛と絆の旅路~ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風が吹けば、桶屋が!? (たましょく)
2007-05-21 07:41:59
 ども、たましょくです♪

 キャサリンが「十の災い」の連鎖を理詰めで
話すところは「あ~なるほど、なるほど」と思
いました。あと、あの赤い川は、セットだった
のかどーなのか妙に気になったり。

 ローレン役の娘、表情と雰囲気で見事に存在
感をアピールしてましたよね。売りになってい
た「いなご」も、短いながら迫力あったし。
売り方が失敗かも? (しんちゃん)
2007-05-21 08:05:27
 「イナゴ少女現る!」はなぁ(笑)
初子の私は大笑いしたし(爆)

 ヒラリー・スワンクの存在感・演技力がこの映画のすべてでした。
初です (豆ゆり)
2007-05-21 15:57:23
いつも読ませてもらってました(*>∀<*)
初コメです。

この作品まだ観れてないんですが
イナゴ少女が気になって仕方がない・・・
kossyさん★ (mig)
2007-05-22 08:23:37
おはよございます♪

カエル大嫌いなんですよムシもだけど。。。

マグノリアでやってたから驚かなかったけどリアルだったのでキモチわるかった
でも全部一瞬でしたよねー。
解剖シーンは怖いものみたさで目を凝らしちゃった
スティーブンレイはほとんど意味なかったですね
イナゴ (kossy)
2007-05-22 08:32:50
>たましょく様
赤い川はいきなりのミステリーでしたよね!
どうやって撮ったんだろ・・・まさか赤いインクを川に流したんじゃないだろうし・・・などと、序盤はそればかり考えてしまいまいた。巨大なセットなのでしょうかね。

アンナソフィア・ロブちゃん。すごい存在感でした。でもオチを考えると前半が不思議な演出だったような(笑)

>しんちゃん様
俺も長男だし、やっぱりなぁ・・・深く考えませんでしたけど。
予備知識が全くなく、ポスターなども観終ってから見たので、キャッチコピーにびっくりしました(笑)

>mig様
マグノリアではショッキングでしたよね。
俺もでかいカエルは嫌いです。
小学校のとき、カエルの解剖を経験しなかったので、ますますカエルに拒否反応が・・・

スティーヴン・レイの意味のなさ。あれはあれでギャグなのかも(笑)
よくわからないけど (しんちゃん)
2007-05-22 10:30:08
水の部分だけCGで色をかえるとか

できるかどうかは知らないけど(笑)



あとから気がついたんだけど…「あいつ」は「氷の微笑2」の「あいつ」だったのね?(^O^)ワハハ
CG (kossy)
2007-05-22 23:04:31
>しんちゃん様
それもありかな~なんて思って凝視していたのですが、撥ねた水も赤色だったし、結構難しいのかもしれません。人間がつかる部分だけ本当の赤色だったかもしれないです。

氷の微笑2かぁ~もう忘れちゃいました(汗)
Unknown (えふ)
2007-05-23 21:11:37
わたしの場合、

アナタハ カミヲ シンジマッスカ?

でした!(爆)
似てる・・・ (kossy)
2007-05-24 00:27:59
>えふ様
あやうく同じ冒頭文になるところでした(汗)
まぁ、神を信じてないと奇跡も信じられないのですが・・
こんにちは♪ (ミチ)
2007-05-24 09:11:02
「イナゴ少女」というキャッチコピーすら知らずに、ヒラリー・スワンク主演というだけで見に行っちゃいました。
彼女、こういうのに出たかったんでしょうかねぇ?
オスカー俳優さんたちも時々よくわかんない作品に出演しますよね?
アンナソフィアちゃんも今後が楽しみです。
U-15はアンナソフィアちゃんとかダコタちゃん姉妹とかジョデルちゃん(ローズ・イン・タイドランド)とか、いい子が揃ってるな~って思います。
イナゴ少女 (kossy)
2007-05-27 08:40:33
>ミチ様
俺もその程度の知識でした。
予告編なんかも一度も観ませんでしたからねぇ。
日本もそうですけど、U15の女優は去年と今年は抱負ですね。みんな成長が楽しみです・・・もう彼女たちのお父さんの年齢になっている自分もなんだか・・・
ヒラリー・スワンク (Aki)
2008-02-13 02:40:26
エアロスミスのスティーブン・タイラーの娘は、リブ・タイラーではなく、ヒラリースワンクではないかと思ってしまうのは・・私だけですよね。



『ボーイズ・ドント・クライ』『ミリオンダラー・ベイビー』『フリーダム・ライダース』性同一性障害・ボクサー・高校教師・大学講師とくると、知的なイメージも植え付けようとしているのかな?と考えてしまうのも・・私だけですよね。



余計なことが浮かぶのは、聖書モノは、キリスト教を知らないため、面白さが半減するから。



もう少し旧約聖書を説明してほしかった。



楽しめたのは、特殊効果と、ラストでした。



パート2は、子供をオロせず産んだが、完璧な子供の頭には999・・ハイ、私だけです(汗)

エアロスミス (kossy)
2008-02-13 18:56:18
>Aki様
もしかしたら隠し子なのかもしれませんよ~~(笑)
知らない人に写真を見せて、どちらが親子?などと聞いてみるのも面白いかもしれません。賞に絡んでくるのがまじめ系の映画だったりするので、B級映画に出演ってのは驚きますよね。まぁ、B級も好きな俺ですので、単に嬉しいのですが・・・

俺もキリスト教など、宗教絡みの作品は的をはずしてしまう可能性があるので詳しく書けません。ただ、映画によって色んなことがわかるので、知識も増えてきますよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リーピング (何書☆ねくすと)
評価:◎  佃煮度:70% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  世界中で「奇跡」と呼ばれている現象を徹底的に調
リーピング (2007) THE REAPING 100分 (極私的映画論+α)
 パンフによると・・・ 「リーピング」って 1.刈り取り 2.(善悪の)報いを受けること 3.世界の終末における最後の審判 って意味があるそうです。
「リーピング(THE REAPING)」映画 感想 (Wilderlandwandar)
「イナゴ少女現る」という、よく判らないコピーで宣伝中のホラー映画「リーピング」(
ハンニバル・ライジング/リーピング (まじめにふまじめ★)
今回もレポ2本立て。(^^ゞ 最近ちょっと手を抜き過ぎかな? まぁ、道楽でやって
リーピング (そーれりぽーと)
バッタの群れが人に襲い掛かる予告編に胸を躍らせて『リーピング』を観てきました。 ★★★ 昆虫の出てくるホラーっぽい映画という事で、『フェノミナ』を想像していたら全く違う。 10の災厄が題材のオカルト映画。 バッタのイメージが先行していたので、ヒラリー・ス...
『リーピング』 (すきなものだけでいいです)
で、ヘビはどうなったんですか? ディカプリオ主演の『ブラッド・ダイアモンド』が不入りで上映切り上げの為、間に合わせで急遽公開決定となった(らしい)オカルト映画、『リーピング』を観て参りました。 で、こ
リーピング /The Reaping (我想一個人映画美的女人blog)
こんなの観ちゃった。 「見所はアナゴの大群!!」って言ったら笑われた{/ase/} 間違えた、イナゴの大群!! 最近ボケがたまにひどい(最近始まったことじゃないかも。。。) 深夜CM大量O.A中で見た人も多いだろうけど、 「この少女の秘密は劇場で!」みたいに言われた...
リーピング (UkiUkiれいんぼーデイ)
どんだけぇぇぇ~!!! も、どんだけぇ~、ありえないイナゴの大群の数ぅ!!! 虫嫌いの私にはサブイボ(鳥肌)ものでした! 全くノーマークだったこの映画。 映画館のチラシをチラ見しただけでしたが、ヒラリー・スワンク出演だったので鑑賞してきました。 イ...
リーピング (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク(キャサリン)    デイビッド・モリッシー(ダグ)    アイドリス・エルバ(ベン)    アナソフィア・ロブ(ローレン)     今日はCSI:マイアミのDVDをもらうためにシネプ...
映画「リーピング」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「リーピング」に関するトラックバックを募集しています。
映画「リーピング」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年38本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス監督作品。オカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の悲劇的な死が原因で信仰心をなくした元宣教師のヒロインが、小...
映画 【リーピング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リーピング」 キャサリン(ヒラリー・スワンク)は元・宣教師。アフリカで布教活動していた時期にある事件で娘と夫を亡くしてしまう。そこから彼女は信仰心を捨て、方向を180度転換し、奇跡と呼ばれる事象を科学的に解明する科学者となっていた。そして依頼...
リーピング・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
いわずと知れたオスカー女優、ヒラリー・スワンク主演のオカルトホラー映画。 これ、予告編がかなり面白そうで、期待していたのである。 「リーピング」とは「刈り取り」とか「受け取る」という意味で、タイトル自体が
映画「リーピング」 (映画観ないとあかんてぇ~)
かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解...
リーピング(映画館) (ひるめし。)
イナゴ少女、現る。
映画:リーピング (駒吉の日記)
リーピング(シネマイクスピアリ) 「10の災い」 『イナゴ少女、現る』・・・!!!って、うめ○かずお先生ノリ?!と恐い映画は通常スルーするのですが、観てしまいました。 全体に気持ち悪いけど意外と恐くはなかったです。ストーリーはホラー映画としてはよく...
リーピング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
史上最恐の少女が、生まれてしまった。武器は、1000,000,000匹のイナゴ!!。 アフリカのスーダン在住のコスティガン牧師(スティーヴン・レイ)の元で宣教活動に赴いたキャサリン・ウィンター(ヒラリー・スワンク)は、ある事件が契機となり現在はルイ...
リーピング (The Reaping) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・ホプキンス 主演 ヒラリー・スワンク 2007年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★★★ 全くもって似合わないのだが、中・高・大とミッション系の学校に通っていた私。しかも、英語の次に得意だった科目が聖書学という更に似合わない過去をも持ってた...
リーピング (描きたいアレコレ・やや甘口)
『リーピング』タイトルだけでも、何の映画かよく分からない。 『イナゴ少女、現る』『あなたのクラスにも、いませんか』(←コレもよく分からない) このキャッチコピーのせいか、中高生の女の子同士もチラホラ。 あ
リーピング (週末映画!)
期待値: 53%  「イナゴ少女、現る」のホラー・オカルト映画。 ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モ
リーピング◆斬新さに欠ける聖書的謎解き (好きな映画だけ見ていたい)
   「リーピング」 (2006年・アメリカ)  監督:スティーブン・ホプキンス  出演:ヒラリー・スワンク/デビッド・モリッシー/イドリス・エルバ お久しぶりです。 ここひと月ほど趣味の詩作に凝りすぎて、いつのまにか更新のペースが落ちてしまいました。 訪問して...
「リーピング」 (大吉。)
<木曜日> 深夜に渡って映画を観て参りました。 アメリカのとある田舎町、1人の少年の不審な死と共に、川が真っ赤に染まった。それはまぎれもなく人間の血。旧約聖書にある「十の災い」と同じ怪奇現象が次々と現実になる中、村人は少年の妹12歳のローレンに疑惑の目を...
リーピング 07125 (猫姫じゃ)
リーピング The Reaping 2007年   スティーブン・ホプキンス 監督ヒラリー・スワンクス デイビッド・モーリシー イドリエス・エルバ アナソフィア・ロブ スティーブン・レイ これがキリスト教圏の、オカルトホラーよね。 Jホラーの陰湿さはハリウッドで...
映画『リーピング』を観て (KINTYRE’SDIARY)
41.リーピング■原題:TheReaping■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:100分■鑑賞日:5月27日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:スティーヴン・ホプキンス□製作:ジョエル・シルヴァー、ロバート・ゼメキス、スーザ....
映画【リーピング】 (Chateau de perle)
【リーピング】 公式サイト 監督 スティーヴン・ホプキンス 出演 ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリセイ、イドリス・エルバ、アンナソフィア・ロブ、ウィリアム・ラグズデール、他 “奇跡”と言われる現象の真相を 科学的調査で暴いてきた大学教授キャサリン...
リーピング (映画鑑賞★日記・・・)
【THE REAPING】2007/05/19公開製作国:アメリカ監督:スティーヴン・ホプキンス原案:ブライアン・ルーソ出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、イドリス・エルバ、アンナソフィア・ロブ、ウィリアム・ラグズデール、スティーヴン・レイかつてキリスト教の...
DVD鑑賞「リーピング」 (日々“是”精進!)
リーピング 特別版オスカー女優、ヒラリー・スワンクが主演したオカルト・スリラー。ストーリーは・・・神の奇跡やアクマの所業と呼ばれる謎の現象を科学的に解明してきた大学教授のキャサリンは、ある日、元上司の神父から「あなたの身に危険が迫っている」という連絡を...
リーピング (八ちゃんの日常空間)
ハムナプトラにも出てきた、「出エジプト記」の10の災いを題材にしています。つまり、イナゴの大群に人々が襲われるとかのパニック・ホラーとかではなく、かなり宗教概念の強いお話です。
リーピング (小部屋日記)
The Reaping(2007/アメリカ)【DVD】 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク/デイビッド・モリセイ/イドリス・エルバ/アナ・ソフィア・ロブ イナゴ少女現る 前々から気になってたことと、「テラビシア」にでてるアナソフィア・ロブちゃん出演...
リーピング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】“奇跡”と言われる現象の真相を科学的調査で暴く大学教授キャサリン(ヒラリー・スワンク)は、不可解な出来事が起こる小さな町ヘイブンへと向かう。そこでは、ひとりの子どもが死んだ後、川の水が血の色に変わっていた。町の人々は、謎めいた...
『リーピング』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
 リーピング 特別版/ヒラリー・スワンクヒラリー・スワンク主演のオカルトスリラー。劇場公開時にめちゃくちゃ気になってた作品だったんだけど、あっという間に縮小上映になっちゃったので見逃してた作品。こういう聖書とか宗教をモチーフにしたオカルトスリラーが大好....
リーピング (mama)
THE REAPING 2007年:アメリカ 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク、スティーヴン・レイ、デヴィッド・モリッシー、ウィリアム・ラグズデール、アンナソフィア・ロブ、イドリス・エルバ 大学教授のキャサリンは、かつてはキリスト教の宣教...
『リーピング』 (『映画な日々』 cinema-days)
リーピング オスカー女優、ヒラリー・スワンクが、 「神の奇跡」を解明する科学者を演じるオカルト・スリラー 個人評価 ★★☆ (自宅鑑...
映画評「リーピング」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督スティーヴン・ホプキンズ ネタバレあり
リーピング(The Reaping)/無神論者は心を入れ替えるべきという考え方 (映画感想 * FRAGILE)
リーピングThe Reaping/2006年/アメリカ悪魔を崇拝していると死にますが、無神論者は洗脳されます。 神や奇跡を信じず、だいたいそういったものは科学的に説明ができると主張するキャサリン(ヒラリー・スワンク)は、ある田舎町で起こった謎の現象の調査へ向かう...
リーピング(The Reaping)/無神論者は心を入れ替えるべきという考え方 (映画感想 * FRAGILE)
リーピングThe Reaping/2006年/アメリカ悪魔を崇拝していると死にますが、無神論者は洗脳されます。 神や奇跡を信じず、だいたいそういったものは科学的に説明ができると主張するキャサリン(ヒラリー・スワンク)は、ある田舎町で起こった謎の現象の調査へ向かう...