ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

散歩する侵略者

2017-09-13 17:05:30 | 映画2017
 GPS装置を渡すなんて卑怯ですね。卑怯だろ~?

 もしかすると、筋肉ムキムキの笹野高史が飛び出してくるんじゃないかと妄想してしまうが、それよりも厚生労働省って肩書がいかにも卑怯だろ~って思ってしまう。どうして厚生労働省なのか、どうして謎のパンデミックが起こっていたのか、宇宙人による侵略がメインテーマであるハズなのに、一方では自衛隊も出動していて、戦争が今にも始まろうとしているという展開に納得がいかない。

 本作は黒沢清監督のオリジナル脚本ではなく、前川知大という原作者がいて、元は舞台劇であるのだという。前川原作の『太陽(2015)』でも独特のSF世界観を発揮していたのですが、どちらも舞台劇ぽい狭い範囲での設定です。黒沢清の映画なのだから、誰かが幽霊なんだろう!と勝手な先入観で見ていると裏切られてしまいます。

 基本的には人間の体を乗っ取った3人の宇宙人が中心。加瀬鳴海(長澤まさみ)の元に戻ってきた夫・真治(松田龍平)。青年・天野(高杉真宙)、女子高生あきら(恒松祐里)だ。宇宙人は人間の概念を奪い、知識を蓄えていく。れは「家族」であったり「仕事」であったり、抽象的な概念なのだ。概念を奪われた人間はその部分が欠落して痴呆化してしまうようだ。医者から若年性アルツハイマーの疑いを持たれるほど知識不足だった真治たち宇宙人は徐々に人間を理解していくのです。

 真治のガイドとして運命を共にする鳴海、天野のガイドとして行動するジャーナリストの桜井(長谷川博己)は概念を奪われないという設定。やがて3人の宇宙人は仲間に通信機で交信し、地球を侵略し始めようとしている。命が惜しくなった桜井はわずかな生き残りの“サンプル”になることを希望し、彼らに協力してしまう。一方、鳴海は真治と一緒にいたいと切望する・・・

 結局は「愛が人類を救う」という壮大なテーマではあったものの、戦争が始まるとは何のことだったのか、笹野高史は何だったのかと、大きな謎も残したままエンディングを迎えます。「人類すげーな」とか「人類をなめんなよ」とか、やたらと“人類”を強調していたこともクスッと笑えてしまう作品でした。


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三度目の殺人 | トップ | ビニー/信じる男 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちらし&ポスター (ituka)
2017-09-13 21:01:10
ちらしの二人が海の向こうをボーっと眺めてる雰囲気が気になって
自分の中でいろいろな妄想を抱いてしまいましたが
まさかこういう映画だったとは思いませんでした。
叶うならこの原作でいいのでドゥニ・ビルヌーブ氏に映像化させてもらいたいです(笑)
Unknown (しんちゃん)
2017-09-13 21:53:46
「マン」「セブン」世代にとってはタイトルに一番萌えました(笑)
 もう少しサスペンス性が欲しかったかなぁ。。。
タイトル (kossy)
2017-09-14 08:04:39
>ituka様
海の向こうを見ている姿、いいですね~
「侵略」というのがどこまで侵略するのかもわからず、
普通に侵略戦争を始める方向に持っていくのも無理がある気がします。
ハリウッドでリメイク権買っちゃう可能性もありかな?

>しんちゃん
ウルトラセブンにありそうなタイトルですよね!
あのタイトルすべて映画化されないかな~
「狙われた街」とか出来そうな気もするし・・・

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
散歩する侵略者 (2017) 129分 (極私的映画論+α)
 タイトルが素晴らしい(笑)
散歩する侵略者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) こういう映画は決してアクションシーンを見せてはならない。
散歩する侵略者 (2017) 129分 (極私的映画論+α)
 タイトルが素晴らしい(笑)
散歩する侵略者  監督/黒沢 清 (西京極 紫の館)
【出演】  長澤 まさみ  松田 龍平  長谷川 博己  高杉 真宙  恒松 祐里 【ストーリー】 鳴海の夫・真治が、数日間行方をくらまし、別人のようになって帰ってくる。これまでの......
「散歩する侵略者」もしあなたの夫が侵略者だったら…? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[散歩する侵略者] ブログ村キーワード 黒沢 清 監督最新作。「散歩する侵略者」(松竹/日活)。タイトルだけ聞いても、なかなかにこわ~い感じがしますが、実際相当にこわ~いです。......
[映画『散歩する侵略者』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 ☆・・・手触りが映画っぽくないなぁ、と思っていたら、もともとは舞台劇だったそうだ。 舞台の脚本と言うのは、言......
散歩する侵略者★★★★ (パピとママ映画のblog)
気鋭の劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの同名舞台劇を「岸辺の旅」「クリーピー 偽りの隣人」の黒沢清監督が映画化した異色SFドラマ。人々から“概念”を奪っていく謎の侵......
『散歩する侵略者』 (beatitude)
不仲だった夫・加瀬真治(松田龍平)が数日間の行方不明の後、まるで別人のように穏やかで優しくなって帰ってきたことに、妻・加瀬鳴海(長澤まさみ)は戸惑う。一方の真治は、何事も......
散歩する侵略者 (だらだら無気力ブログ!)
結構面白いSFだった。
「それ、もらうよ」『散歩する侵略者(BEFORE WE VANISH)』黒沢清監督、長澤まさみ、松田龍平...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『散歩する侵略者』BEFORE WE VANISH 監督 : 黒沢清原作 : 前川知大 出演 : 長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之
散歩する侵略者 (花ごよみ)
監督は黒沢清。 長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己らが出演。 長澤まさみと松田龍平が夫婦役で共演。 取材を進めるジャーナリストの桜井を 長谷川博己が演じます。 「地球を侵......
「散歩する侵略者」(2017 松竹=日活) (事務職員へのこの1冊)
タイトルから想像できるように、これは“静かな侵略”というジャンルの作品。そんなジャンル聞いたことがないって?いまわたしが勝手につくったのですから無理はありません...
散歩する侵略者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『散歩する侵略者』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)黒沢清監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、金魚が沢山泳いでいます。その金魚が......
散歩する侵略者 (映画と本の『たんぽぽ館』)
愛の概念とは * * * * * * * * * * 数日行方がわからなくなった夫・真治(松田龍平)が、 別人のようにぼんやりして戻って来て、何もせず、 けれども毎日散......
17-290「散歩する侵略者」(日本) (CINECHANが観た映画について)
これで全面戦争か  日本海に面した小さな港町。ここに暮らす加瀬鳴海のもとに、数日間行方不明となっていた夫・真治が帰ってくる。鳴海は夫の浮気を疑うが、性格が一変してしま......