ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

天然コケッコー

2007-08-21 04:02:54 | 映画2007
 天然コケッコーというタイトルは、先生オシッコーでもよかったような・・・

 ストーリーに大きな展開があるわけでもない作品なのに、どうしてここまで心に染み入るのだろう。舞台となっている島根県の田舎。山に囲まれていながら、ちょっと歩けば海にも行き着くという、自然たっぷりの地域。いつかは廃校となってしまうかもしれい、小中合わせて7人の生徒の学校。過疎、無医村、高齢化などといった社会問題も取り入れることもできたのでしょうけど、あくまでも子供達の視線から描き、観る者の胸の奥にしまってある大切な思い出を喚起させてくれるような映画でした。

 「行って帰ります」・・・方言丸出しの俳優たちがとてもよかったけど、「行ってきます」をこのように言うことが新鮮だった。また、主人公の右田そよ(夏帆)の自然な演技とともに、おしっこを漏らしてしまう小1のさっちゃん(宮澤砂耶)が上手すぎ。“等身大の演技”などという言葉よりも、ドキュメンタリー映画を観ている気にもさせてくれたと言ってもいいくらい。

 山下敦弘監督のオフビート感たっぷりの演出も健在だったし、シーンの終わりに必ずと言っていいほどの小技が冴えていました。また、『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』を手がけた脚本家の渡辺あやの功績も大きいのでしょう。今まで同年代の男子がいなかった村に転校してきたイケメン男子の出現。恋愛に憧れる少女という世界などではなく、女だらけの楽園に突如現れた男という雰囲気なのです。情報社会だとか、耳年増といったものとは無縁の少女の心情を見事に表現できていたように感じました。

 ずっと気になっていた季節感。映像よりも自然の音や小動物の鳴き声が映画の中に心を引き込んでくれたようです。そして、順撮りなのかどうなのか。中2の夏から始まって、1年半という期間。子供達が微妙に成長したかと思わせるほど、丁寧に作ってある作品でもありました。もっともっとこの世界に浸っていたい。だけどお別れがくるんですね・・・ああ、名残惜しい、チュッ。!

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怪談 | トップ | 夕凪の街 桜の国 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風情♪)
2007-08-21 12:00:22
こんにちは♪

ホントこの世界観からでたくないと思わせる
素晴らしい作品でしたよね。
小1のさっちゃんは生徒たちのなかで群を抜い
て印象が強かったです。
まぁボクはイケメンさんじゃないですがこの
学校へ転向してそよと付き合えてたらきっと
最高の青春時代だったろうと思えちゃいました♪
((((((/´З`)/チュチュチュゥウウウウ!!
ご無沙汰です。 (たいむ)
2007-08-21 17:14:14
kossyさん、こんにちは。
>行って帰ります
とても新鮮でした。というか、初めて聞きました。
やや、いくらなんでも今はもう少し・・・と思う部分もありましたが、天然娘がとっても可愛かったですね。
順取り (祐。)
2007-08-21 23:43:35
何気ない日常。
狭い田舎のたんぼ。
右田そよの素直な仕草。

まるでドキュメンタリーのように日常にありそうな等身大の展開でした。

海に向かうシーン、海から帰るシーンは、順取りなのか、まとめ取りなのか分かりませんでした。

予告編と本編では、このシークエンスのつなぎ方が違っていて、全然違う話になってしまうなぁとおもったら映画って面白い物だと改めて感じました。

リアリズムの宿でも、撮影中に雪になってしまっても、カットのつなぎで雪のシーンも自然に見ていたことを考えると、山下監督のカットはカリスマ美容師以上かも。

ただ、惜しいかな、 郵便局がお正月の準備のため門松を写す前の1カットが、季節感を台無しにしていました。 なんで、年末に 猫柳とパンジーが咲いてるの???


それいしても、7人全員が自然であり、ナレーションまでもが石見弁のアクセントでかなり楽しめました。
おかえりなさい。 (シャーロット)
2007-08-22 01:38:15
こんばんは☆
さっちゃんも、そよちゃんみたいな少女になっていくのかな。
健気ですよね、とっても。
この作品って素直さとかピュアさ加減が心地よいです。
そして相手に対しての気遣いが優しい目線で嬉しくなりました。
そうそう、行って帰ります・・・いい言葉ですよね。
さっちゃん (nikidasu)
2007-08-22 02:37:43
さっちゃんが病気になって、そよがお見舞いにいったとき、
声をかけようとした時点で、
さっちゃんがすかさずそよに抱きついてきたとき、
思わず少しだけウルウルしてしまいました。

とにかく心に染み入る作品でした。
おかえりなさい (ともや)
2007-08-23 04:26:36
こんばんは、kossyさん♪
復活されたみたいですね。
長い間音沙汰がなかったんで、いろいろ心配いたしましたよ。
またモリモリ面白い映画評楽しみにしておりますよ。

さて、この映画、特に何が起こるというわけではないのですが、いいですね。
時間の流れというか、優しい雰囲気というか。
ふらっと石見に行きたくなるような作品ですわん。
ただいま帰りました! (kossy)
2007-09-01 01:21:09
>風情♪様
ずっと映画の世界に浸りたくなりましたよね~
田舎に住んでみたいとも思いたく・・・ネットができればですけど・・・

さっちゃんの演技もよかったし、やっぱりそよちゃんが自然すぎた!
転校して素晴らしい中学生活ってのもいいのですが、なんせあの学校は女の子ばかりだったからな~下手すると男ばかりのパターンだって・・・(笑)

>たいむ様
「もしかして脚本間違いか、言い間違い?」などと感じてしまった「行って帰ります」
田舎だけど、テレビや雑誌によって都会の文化は入り込んでいますから、今までの田舎映画とはちょっと違いますよね。
携帯は使えない地域だったりして・・・

>祐。様
やっぱり繋ぎ方が絶妙だったんですね?
観終わってから、どんな順番だったんだろう?って気になってしょうがない。
大きな事件もなかったことだし、もう一度切り貼りして、もう一本の映画も作れるのかもしれませんよね。

編集技術の特集番組を見てわかったのですが、編集って本当に映画を変えてしまうものなんですよね。単純な撮り方のようで、すごく計算づくめだったりする山下監督。おそろしいほどの才能なのかも。

お正月のところ・・・チェック鋭すぎますよ!(笑)
俺も違和感感じました。

>シャーロット様
さっちゃんの将来も気になりますよね(笑)
でも、彼女より年下の子がいない村なんです。
お姉さんという性格がない、甘ったれた性格のままだったりして・・・

素直さ、いいですよね。
誰も悪い人間がいないような・・・
この映画と『腑抜けども・・』を比べると、田舎でも違いがあったりするのが面白いですよね。

>nikidasu様
小さい子は何をやっても許されますよね~~まぁ、人に迷惑かけてないからですけど。
そのシーンと被ってしまうのが、『冬のソナタ』でチェ・ジウの妹がペ・ヨンジュンに抱きつくところ。冬ソナにもはまっているkossyでした。

島根県自体が都会に出るのが不便なところなのに、さらにその田舎。
でも住んでみたくなるほど、気持ちのいい映画でした。

>ともや様
ただいまです。
復活したのはいいけど、面白い文章が書けなくなりました。
もうちょっと時間をかけて笑える記事を書けるように頑張りますので、また長い目で見てやってください。
何も起こらない映画ってのは今までも多くありましたけど、それなのに感動してしまう映画なんて珍しいですよね。俺も旅行に行きたくなりました。
なにもおこらない (Aki)
2007-12-24 17:50:12
転校生・男の子と初めてのツーショット・キス・夏祭り・父の不倫疑惑・修学旅行・バレンタインデー・高校受験・卒業。

どれもこれも、あの年頃には、大事件・大イベント。

なにもおこらない日常どころか、起こりまくり、と感じたのは、私だけでしょうか。



田舎の美しい景色・ゆったりとした時間。

あの環境で育った子供は、のびのび、元気で、明るく、優しく、思い遣りがある。



アレが子供の『天然』。

なら、都会の子供達は。



モノが豊かで、便利で、受験、進学、就職に有利な都会。

厳しい社会で苦労しないようにと考える親心・育児。



子供は『加工』しすぎず、育ててほしいな~と思いました。
日常 (kossy)
2007-12-24 18:57:56
>Aki様
そうなんですよね・・・彼女に感情移入しまくれば、絶対に自分の中学生時代を思い出せるはず。
その大事件をあっさり描くからこそ味が出てくる作品だったのではないでしょうか。これを大事件だよ~と主張する映画だと、それがどうした!と突っ込みたくもなったり・・・

都会の子は都会の子なりにローティーン生活を満喫してる。受験とか就職とか、そんなに悩まないですむ環境が欲しいですよね。俺なんて悩まなかったせいで、いまだに道が定まってないし・・・
都会のローティーン (Aki)
2007-12-25 03:44:08
東京からの転校生大沢君にしても、父が逃げ、母が喘息、母の実家へ引っ越し、転校なんて、大事件。

皆しっているけど、変に騒ぎたてない。

大沢君が地元の高校を選んだも、そよがいたからだけではなく、田舎の良さを分かってきたからだと思います。



地元や学校への愛着。

地域、皆が家族のような土地。

全て筒抜けで煩わしいこともあるでしょうが、そんな地域の地元民は犯罪はおこしずらく、羽目をはずせないことも確か。

つながりって大切ですよね。

モノや情報が豊富な都会で、幼くして、スレたり疲れている子供達を見ると、都会を反映した殺伐としたモノを感じます。

アーバンライフ (kossy)
2007-12-25 09:09:16
>Aki様
田舎へのあこがれよりも、田舎の人が都会に憧れるほうが多いはずですよね。
映画では田舎の良さをアピールする作品のほうが多いけど、田舎から都会へ向かうという逆パターンでは主人公が必ず挫折してしまう。

それでも都会生活にはあこがれてしまうけど、金がかかりすぎるのが難かもなぁ・・・
物価も高いですが・・ (Aki)
2008-01-06 16:49:36
都会から田舎・田舎から都会。

どちらでも、『目的』がはっきりしていないと『挫折』します。

目的にもよりますが、『生活する』ことは、どちらでも、大変なご時世。

生活基盤・人間関係をそのままスライド可能な人は少数で、多くは0か1から構築。

期間限定の出稼ぎでも大変なのに、憧れ・ないものねだり・生半可な気持では、やってゆけません。



『思い出ぽろぽろ』では、OLが、田舎生活(農業)に憧れ、気軽に体験しに行き、『北の国から』ではジュンクンが都会でボロボロになって帰省・・。



『挫折予防』には、現状を把握し、己を過信せず、努力することが大切だと思います。

物価 (kossy)
2008-01-07 12:16:38
>Aki様
なるほど・・・中途半端な気持ちではダメなんですね。都会に憧れて挫折する人のほうが圧倒的に多いんでしょうけど、田舎生活だって不便なところがいっぱいですもんね。
邦画にはどちらのパターンもありますよね~

以前、知ってた人が南国ライフへと向かいましたが、どうしてるのかなぁ~
ネット環境さえあればやっていけるような気もしましたが・・・さすがにケータイが使えないとやばいですよね。
南の国 (Aki)
2008-01-08 07:40:00
老後を物価の安い国で過ごす方は増えているようですね。

ネット環境さえ整っていれば、どこでも仕事できる方もいますね。

しかし、一般庶民には、経済基盤だけではなく・人間関係・生活環境、全てを、イチから構築することは、並大抵のことではない。

一度きりの人生。

失敗を恐れ、臆病になる必要はないと思いますが、失敗しないためには、計画性や覚悟は必要だし、失敗や挫折しても、再生する生命力と学習能力が必要です・・って、なんだか、『あしたの私のつくりかた』みたい

だ。。



挫折とか、憧れとかは、貧乏人・庶民・一般ピープル・の話でしかないと今気付きました。





人間関係 (kossy)
2008-01-09 00:49:40
>Aki様
家庭菜園を作れるのなら何とかやってけるのかな~
動物性たんぱくが欠乏するような気もしますが・・・
ある程度経済生活が成り立ってる場所じゃないと一般人には無理かもしれませんね。
それでもお年寄りに厳しい日本の環境からみると、過ごしやすいのかもしれないけど・・・あとは医者かな。
お邪魔します (マーク・レスター)
2008-12-28 14:11:23
こんにちは、お邪魔します。

「社会問題も取り入れることもできたのでしょうけど、あくまでも子供達の視線から描き、観る者の胸の奥にしまってある大切な思い出を喚起させてくれるような映画でした。」

まさしくそうでしたね。同意いたします。

ボクも今作のレビューを書いておりますので、トラックバックをさせてくさいませ。よろしくお願いいたします。

ストーリー (kossy)
2008-12-29 01:29:57
>マーク・レスター様
拙ブログにTB、コメントをわざわざいただきまして有り難うございます。
ストーリー自体は可愛らしいものなのに、心に沁み入るものでしたよね。ネタバレ映画館というブログタイトルなのに全くネタバレしていないのですが、こんなブログでよければまたお越しくださいませ。
Unknown (UGG ブーツ)
2011-12-02 16:25:13
黒板を爪でひっかかれたような感覚になっちゃいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
天然コケッコー (八ちゃんの日常空間)
今年の夏の邦画では、ひそかに一番期待して待っていたのがコレなのです
天然コケッコー (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  青春&ドラマ&ロマンス  監督:山下敦弘  出演:夏帆      岡田将生      夏川結衣      藤村聖子 【物語】 山と田んぼが広がる木村町。中学2年の右田そよは、小中学生合わせても 全校生徒たった6人という小さな分校に通っていた。...
「天然コケッコー」みた。 (たいむのひとりごと)
テンネン、結構!コケコッコ~!!(ずっと「天然コケコッコー」だと思っていた)原作が”くらもちふさこ”の同タイトルの漫画とのこと。私の記憶にある”くらもちふさこ”といえば、『いつもポケットにショパン』
「天然コケッコー」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう 田舎の分校・生徒6人の学校に東京からの転校生がやってきた田舎を舞台にした映画。 大事件が起こるわけでも、大展開にぶっとぶわけでもない。 豊かな自然と行事を軸に淡々と進む12...
【2007-116】天然コケッコー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全校生徒たった6人の分校 ど田舎の学校に 東京から転校生がやってきた もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう ゆったりと時が流れる
『天然コケッコー』 (ラムの大通り)
----あれっ。この映画、 絶対にえいが好きそうだと思ったのに、 どうしたの? 「いやあ。もう聞いてよ。 今日はとても楽しみにして映画館に行ったのに、 始まって10分ぐらい経った頃、 そう、そよが早知子(宮澤砂耶)の下着を洗っているあたりから、 少し年配の女性集団...
天然コケッコー (シャーロットの涙)
「行って帰ります!」
「天然コケッコー」 (俺の明日はどっちだ)
ブラックテイストたっぷりだった山下敦弘監督の前作「松ケ根乱射事件」とは打って変わって、どこまでも清清しく、観ていてすこぶる気持ち和ませてくれたとびっきりキュートな少年少女映画。 「行って帰ります」、「帰りました」、 そんなきれいな言葉使いとともに、大き...
天然コケッコー(映画館) (ひるめし。)
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やぁ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう
天然コケッコー (星のカケラ)
ん、先週だったかな!? 『天然コケッコー』をキャナルで観る。 原作はくらもちふさこの同名の作品。 小・中あわせて6人しかいない田舎の分校に東京から転校生大沢(岡田将生)がやってきて、右田そよ(夏帆)にはじめての同級生ができる。 はじめはとっつきにくかったもの...
天然コケッコー (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=くらもちふさこ。脚本=渡辺あや。監督=山下敦弘。撮影=近藤龍人。音楽=レイ・ハラカミ。主題歌=くるり「言葉はさんかく こころは四角」。子供たちが喋る出雲地方の方言にほっこりする。朝、学校へ出かける際の「行って帰ります(行ってきます)」も新鮮。☆☆...
「天然コケッコー」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
ゆったりした時の流れと窮屈なムラ社会に、異物混入。舞台は、島根県と思しき海の近くの集落。地方都市から更に小一時間列車に揺られてたどり着く場所に、小学生3人、中学生3人が同じ校舎で学ぶ小さな学校がありました。子どものころというのは常に学校と家との往復、そ...
天然コケッコー (ダイターンクラッシュ!!)
9月17日(月) 21:10~ CINEAMUSE EAST 料金:1300円(シネカノン会員料金) パンフ:600円 『天然コケッコー』公式サイト Powered by FlipClip 漫画が原作。 他愛のない話が、たんたんと積み上げれているだけの、ゆるい映画。だから心地いい。 田舎暮らしに...
映画[ 天然コケッコー ]思いやりが連鎖する開放的な世界 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 天然コケッコー ]を渋谷シネアミューズで鑑賞。 山下敦弘監督は、[ 松ヶ根乱射事件 ]に続き、今年で2作目。 精力的に作品を手掛けてますね。 本作は、くらもちふさこ原作の[ 天然コケッコー ]。 くらもちさんが描く、子供たちのみずみずしい感性が 画と...
「天然コケッコー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・アスミック・エース/監督:山下 敦弘) なんともトボけたタイトルである。コミックが原作というから、てっきりコメディだと思っていた。 しかし、監督が「リンダ、リンダ、
天然コケッコー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、 ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう』  コチラの「天然コケッコー」は、7/28公開のくらもちふさこさんの同名コミックの映画化で、とてもキラキラとした瑞々しい青春の1ページをゆったりとした風景と一緒に切...
ニワトリと犬 (Akira's VOICE)
「サイドカーに犬」 「天然コケッコー」
【映画】天然コケッコー (新!やさぐれ日記)
■状況 ユナイテッド・シネマ前橋にてサービスデー価格で観賞 ■動機 夏帆と田舎と方言と、予告とくるりと山下監督 ■感想 本当にいい映画。こういう映画が多く増えて欲しいと願う。 ■あらすじ そよ(夏帆)の通う田舎の学校は生徒児童6名しかいない。ある夏の...
天然コケッコー (ねたばれ映画どっとこむ)
素朴な少女が田舎で見せる恋 点数58点 あらすじ(ネタバレなし)   舞台は見渡す限りが山である田舎の木村町。小学、中学の全校生徒...
天然コケッコー (C'est Joli)
天然コケッコー’07:日本 ◆監督:山下敦弘「リンダ リンダ リンダ」「松ヶ根乱射事件」◆出演:夏帆、 岡田将生、 夏川結衣、 佐藤浩市、 柳英里沙 ◆STORY◆山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり、全校生徒はたったの6人!右田そ...
 天然のコケッコー DVD (★Shaberiba ★)
のどかな田舎の情景の中で、子供達の日常がさわやかに輝く秀作!! 「くらもちふさこ」の名作コミックの映画化!!  とっても忠実に再現されてます!!原作ファンにとっても必見の作品です♪
『天然コケッコー』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり全校生徒はたったの6人!右田そよは唯一の中学二年生。初夏のある日、東京から転校生・大沢広海がやってきた。期待に胸を膨らませるそよだったが・・・。感想コンビニねぇ!美容院ねぇ!全校生徒は、小中合わせて...
天然コケッコー [監督:山下敦弘] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■■□ (最高:■■■■■■、最低:■□□□□□) 遅まきながら、やっと観ました。劇場で。 昨年の多くの映画賞で第二位に選ばれた、「2007年度・2番目の作品」 朝日ベストテン映画祭 1位 キネマ旬報ベストテン2位 キネマ旬報読者ベストテン2位 ヨコハ...
天然コケッコー ~ 過ぎ行く日常のささやかな幸せを感じる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 過ぎ行く日常のささやかな幸せを感じる ~ くらもちふさこ原作の人気コミックを実写映画化したこの作品『天然コケッコー』(2007年/日本/ ドラマ)。原作が漫画でありつつも、この作品の主人公は中学生が感じるその時代特有の悩みや、ちょっとした感情の変化を上...
「天然コケッコー」 移り変わることを大切に感じたい (はらやんの映画徒然草)
ほんわりして、いい気分になれる映画でした。 先週、仕事で訪れた方のところで麦茶を
天然コケッコー(7/28公開) (第八芸術鑑賞日記)
 08/1/30、目黒シネマにて鑑賞。7.0点。  一度はスルーしていたがあまりの高評価に名画座で落穂拾い。  確かに観ないなら観ないで済ませてしまえるが、さりげなさを装いつつ驚異的な映画のセンスを見せつける山下敦弘という監督の手腕には、ひたすら惚れ惚れさせられる...
『天然コケッコー』 (『映画な日々』 cinema-days)
天然コケッコー くらもちふさこの同名漫画を映画化 生徒が小・中合わせて6名の学校に 東京から転校生がやって来る。 個人評価 ★★☆ (...
映画評「天然コケッコー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・山下敦弘 ネタバレあり
完成! 「天然コケッコー」 (ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー)
  今作を鑑賞して           【 終わりがある 儚さ 】           【 終わりがある 愛おしさ 】    ...
No.161 マイ・ブルーベリー・ナイツ (気ままな映画生活)
ポスターのキスシーンが印象的で、それだけで この作品を見たいという衝動に駆られました。 本編のラストでも同様のシーンがあるのですが、 映像美は女性ならうっとりするでしょう。きっと。 相手がジュード・ロウだしね。