ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

キャットウーマン

2004-11-04 22:24:37 | 映画2004
 ちょっとドジでセクシーで男を誘うフェロモンを放出し、しなやかに歩く・・・そして、甘く危険な香り漂うキャットウーマン。どんな匂いか?それは、甘く切ない金色ラズベリーの・・・

 去年の『チャリエン・フルスロットル』から生まれたテイストにどことなく似ている。監督のピトフは『ヴィドック』の監督なのか・・・キンキラ輝く映像からシックにゴシック調にと変化してきているのですね。綺麗で雰囲気も良かったし、『スパイダーマン』を模倣したようなカメラワークも良かった。主人公は『バットマン・リターンズ』でミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマンである。キャラ設定も問題ないのであろう。しかし、ストーリーと俳優に問題あった。。。

 どう考えても、いくつかのラジー賞候補は確実ではないでしょうか。助演女優のS・ストーンは確実。助演男優のB・ブラットも可能性あり。脚本、ワーストリメイク辺りも注目だ。他に酷い映画が出てこない限り、作品賞だって危険だ。鑑賞中、こんなことばかり考えてしまったのだが、一番気になったのは高層ビルの頂上に佇むキャットウーマンがデビルマンに見えたことかもしれない・・・

 見所は、出た!キャット空中3回転!にゃんぱらり~。と「いなかっぺ大将」思い起こしていたのは私だけであろうか。

キャットウーマン@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠し剣 鬼の爪 | トップ | 酔画仙 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そーなんだー! (chishi)
2004-11-05 11:42:45
私は普通の娯楽作品だわ~って思いました。

ハル・ベリーの身体を観られたことが一番の満足ポイントだったけど(汗)
身体・・・ (kossy)
2004-11-05 13:31:39
留置所から抜け出して、腰を振りながら歩く姿が一番よかった。

猫のしっぽはついてなかったんでしたっけ?

き、記憶が・・・しっぽがふにゃふにゃ動くと、ちょっとやらしい系になっちゃうのかなぁ・・・



シャロン・ストーンのラストのメイクがすごかった。。。ぞっとしちゃったよぉぉ

私も見ました! (wakkiy)
2004-11-07 13:06:04
はじめまして、こんにちは。



キャット空中3回転!にゃんぱらり~。と「いなかっぺ大将」

↑ ↑ ↑

私も見ながら「えーこれってもしかして~~~?」って思ったことはまさに、同じでした(笑)



ラジー賞 (atsushi_009)
2004-11-08 02:04:07
そんなにひどかったかな?
ぁぁ・・・ (kossy)
2004-11-08 10:08:28
>wakkiyさま

一旦、いなかっぺ大将を想像してしまったら、

もう頭から離れられなくなって・・・

結局、乗り切れませんでした。。。。ううう



>atsushi009様

すみません。

ひどいと感じたのは一部だけです。

ハル・ベリーは良かったです♪
トラバありがとうございました (Roy)
2004-11-09 01:34:21
こんばんわ。



特にいうことないんですが、ハル・ベリーの変身にはびっくりしました。

完全にダサくなっていってましたし。

まぁ、上映時間も手ごろな軽い映画としてはよかったかと。
Unknown (ジャス)
2004-11-10 08:59:03
こんにちは

普通に楽しめる映画でしたね。

ハル・ベリーもセクシーで良かったです。
普通・・・ (kossy)
2004-11-11 10:59:55
>Royさま、ジャスさま

軽い、普通、セクシー。

みなさんの評も同じような言葉が並びます。

すごく言い当ててるようで、不思議です。



製薬会社、化粧品会社の人が見ると

結構ちがう感想が聞けるかもしれないなぁ~
鞭を持った女王様 (tm)
2004-11-11 12:03:05
とタイトルを付け直したらいい作品かも

ハルベリ-がかわいそうになってきた映画ですね

髪型 (きゃなお)
2004-11-17 22:17:27
やはりハル・ベリーはショートのが似合いますね。

いけてない時のシーンはロングだし、猫ってショートカットなイメージありますもんね
ショート (kossy)
2004-11-17 23:55:29
ハル・ベリーはかっこよかった。

可哀想とも言えるし・・・

今後もかっこいい女性の路線でいくんでしょうかね~

手厳しいぃ~! (kaoritaly)
2004-11-20 13:57:48
どうもこんにちはっ!



この映画の評価は・・実は私も似た様なものですが、そういう見方をするのをやめて純粋に、楽しんでみようと思いました。すると、好きじゃなかったブラッドもいい人に見えるし、ストーンの捨て身の演技は迫力あるし、ハルベリーも楽しんでると言う風に見えました。



でもねー・・確かに私もデビルマンに見えちゃいました^^;

デビルマン (kossy)
2004-11-20 15:58:37
こんにちわ。

ちょっとウケを狙ったつもりで文章を書きました。

本音としては、普通に楽しめる映画だと思いますよ。

ただ、4点、5点には絶対にならないだけで・・・



ラジー賞に関しても、ハル・ベリー以外の彼らは受賞(候補)してるわけでして、ちょっとしたシャレのつもりだったのですが・・・失敗しました・・・失礼。
Unknown (らら)
2004-11-23 14:13:22
ハルベリーの体を観れただけでも、良かった映画です。いい体・・
Unknown (かな)
2004-11-28 13:19:19
期待せず、何も考えずにみてたら・・・

すんげえおもしろかった!笑

ハルベリーはやっぱり素敵☆

てか、サウンドトラックがほしいっす。
Unknown (猫姫)
2005-04-20 12:34:50
いつも、申し訳ないです。

あたしは DVD しか見ないので、時期遅れのTB、、、

ありがとうございま~す!!
スピードキング (しいなきっぺい)
2008-04-11 19:20:01
角川エンタテインメント,アスミック・エースエンタテインメント,SBBM株式会社
株式会社リョーマ,株式会社テイチクエンタテインメント,JVCエンタテインメント株式会社
ビクター・ミュージックパブリッシング,合資会社櫻井音楽工房,アキュフェーズ株式会社
株式会社エフエム東京,ベルリーナ・グラモフォン,アルファレコード,有限会社ハタケヤマ
JSBC2株式会社,インテル (Intel),カーライル・グループ,バイアウト・ファンド
ブラックストーン,テキサス・パシフィック・グループ(TPG),コムキャスト
リーマン・ブラザーズ,琉球放送株式会社,株式会社国際メディア・コーポレーション
アットネットホーム株式会社,関西マルチメディアサービス,日本デジタル配信
good article (online shopping)
2011-12-29 15:21:22
为您的网站认购好主意,因为你的文章和信息其所有成员的完美。
shoppingadda123@yahoo.com (Display Messebau)
2012-06-27 16:08:13
私は別のブログサイトを作成するuにしたいme.Soを助けることができることはたくさんあるあなたのpost.Iがthat.Thereのような別のポストにしたい見て非常に嬉しく思います。ありがとうございました。
Awesome article (Seje Far)
2012-08-11 16:38:03
너무 흥미와 유용 훌륭한 기사를 게시 주셔서 감사합니다.
Slim Tea (Great)
2012-08-16 21:22:39
ムキャスト
Great (Slim Tea)
2012-08-16 21:28:02
でも、良かった映画です。い

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
その次が『キャットウーマン』 (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
朝から立て続けに泣いているため、顔がいつもにもまして酷いことに…。 いいのかこんなことでっ!素顔で乗り切れる歳はとうに過ぎているというのにぃ。 激しく自問自答しながら次は娯楽作品をチョイス。 気分を変えたいもんね(笑) この映画の私の目当てはハッキリ言ってハ
キャット・ウーマン 試写会 ★★★ (cinema village別館)
監督/ピトフ  出演/ハル・ベリー ベンジャミン・ブラット ランバート・ウィルソン    フランセス・コンロイ シャロン・ストーン あらすじ/化粧品会社でグラフィック・デザイナーとして働くペイシェンス・フィリップスは、会社の恐るべき 秘密を知ったため命を奪.
第11回:キャットウーマン (映画がワタシをダメにする)
これはもう、絶対に観ようと決めていました。 同じ女といえども、ハル・ベリーの色香には惑わされますからね。 『SAW(ソウ)』を観て、へんな風に沸騰していた我が血液を、その夜のうちに鎮めて参りました。 ネタばれ度:★★★☆☆
「キャットウーマン」良かったー! (わっきーのおしゃべり)
昨日は、映画「キャットウーマン」を見ました。 正直言うと、全然期待してませんでし
Cat Woman (叫ぶ)
Cat Womanを早速見ました 感想の前にCat Womanの知識を 知識1:Cat WomanはBat Manのサブキャラである 知識2:初めて見たにはBat Man Returns 知識3:Bat Man Returnsはあまり覚えてなくて、どうしてCat Womanになったかまったく覚えていない 知識4:唯一覚えているのは”衣装を
映画: キャットウーマン (Pocket Warmer)
邦題:キャットウーマン 原題:CAT WOMAN 監督:ピトフ 出演:ハル・ベリ
キャット・ウーマン (「月の風」シネマ日記)
ハル・ベリー主演 都会的で、洗練された映像が印象的だった。 いわゆるアクション映画だが、主人公の心理描写も分かり易く描かれていて、良かった。 この映画のイメージを簡単に言うと、女性版スパイダーマンと言ったところだろう。 アクション映画ではあるのだが、最
キャットウーマン (青白い顔)
キャットウーマンAmazonで詳しく見る 原題 CATWOMAN 【監督】 ピトフ…『ヴィドック』 【製作】 デニーズ・ディ・ノヴィ エドワード・マクドネル 【製作総指揮】 アリソン・グリーンスパン ベンジャミン・メルニカー マイケル・E・ウスラン 【原案・脚本】 ジョン・
キャットウーマンと勘違い (マキの日記)
キャットウーマンという映画があることを最近知りました!! [バットマン]を知っているのでキャットウーマンのキャラクター自体は知っていました。 でも、[バットマン]のキャットウーマンだということに気付くのにだいぶ時間がかかりました。 少しビックリ。劇団四季の[キャ
キャットウーマン 4 (今日のエンドロール)
世の中の女性はそんなに抑圧されてるんかなぁ? 映画を見にいく目的のひとつに「自分が憧れてるのに実現は不可能そうな世界を疑似体験する」というものがある。あんな自由気ままな生活は不可能だから寅さんを見に行き、男前との劇的な出会いは普通ありえないからラブロマン
映画生感想『キャットウーマン』 (Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life)
2004年11月5日、会社帰りお友達さんと、 ワーナーみなとみらいにて、21時10分の回を観賞しました。 感想を一言で言うと、 深みのないコミックみたいに薄い内容で、 なにも後に残らないものの、 観賞中、退屈せずに楽しめるお手軽映画でした。 笑いとアクションとが上手く配
キャットウーマン (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「キャットウーマン」の感想です
キャットウーマン観てきました。 (Seventh Heaven)
金曜にキャットウーマン観てきました。 キャットウーマンを観に行ったというよりも ハルベリーを観に行ったというのが本音なので 思わず友達に 「ハルベリーチケ買ってきて」 と言ってしまいましたよ。 Σ(゜Д゜)ガーン 友達もウッカリ「ハルベリー三枚」と言い
『キャットウーマン』 (京の昼寝~♪)
■監督 ピトフ(『ヴィドック』) ■主演 ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラッド、シャロン・ストーン 大手化粧品会社のデザイナー、ペイシェンス(ハル・ベリー)は、会社でもプライベートでも自分に自信が持てない女性。ある夜ペイシェンスは、発売直前の新作クリームに
キャットウーマン観ちゃった☆ (半蔀(はじとみ)の徒然なる日々)
レディースデーなので、キャットウーマンを観てきた☆ キャットウーマンというと、’92に公開されたバットマンリターンズで、ミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマンが、鮮烈な記憶としてある。 あの頃一人暮らしで働いていた私にとって、都会での孤独なOLの悲
キャットウーマン★3 (おすぎ\'s diary)
ハルベリー主演の映画「キャットウーマン」 ヒロインの化粧品会社広告デザイナー(ハル・ベリー)は、芸術的才能があるくせに仕事でそれを生かせない、引っ込み思案の地味な女性。ある日、偶然にも社内の重大機密を知ってしまった彼女は、口封じのため殺されてしまう。と
≪映画≫キャットウーマン★★★S・ストーンは強いなぁ~ (kaoritalyたる所以)
会社を出たのは21時に近い15分前・・上映が22時からだったので吉野家で豚キムチ丼を食べて映画館に向かいました。H・ベリーがスタイルいいしキレイなのはボンドガールで証明済みだし、チョコレートでオスカーも獲っていますが・・迫力はS・ストーンに負けてるような気が...
ラジー賞のノミネート作品 (日本全国・見たいもんはみたいぞの会)
ラジー賞のノミネート発表 ■最低主演男優賞  ジョージ・W・ブッシュ『華氏911
キャットウーマン 今年の67本目 (猫姫じゃ)
キャットウーマン     邦題 猫姫じゃ   バットマンに出てくる、アンチ・ヒーロー、キャットウーマン。 自由・奔放・独立心旺盛・超自信家・セクシー・気まぐれ、、、 正義のヒロインじゃないんだケド、完全な悪役でもない。   まるで、あたし.
キャットウーマン (ムツ兄の、てげてげ人生日記)
今朝、『キャットウーマン』のDVDを観ました。主演のハル・ベリーが逆アカデミー賞のラジー賞を受賞した作品です。どれだけ酷い作品なのだと興味本位で借りて観たのですが、なかなかどうして、そこそこ楽しめましたね。 ストーリーは、化粧品社に勤めるさえないデザイナー
キャットウーマン (等身大の私~My Life-Size~)
CATWOMAN2004年 アメリカ-すべての女には野生の猫が棲む-【キャスト】■ペイシェンス・フィリップス:ハリー・ベリー■ローレル:シャロン・ストーン■トム・ローン:ベンジャミン・ブラット■ジョージ・ヘデア:ランベール・ウィルソン■オフィーリア・パワーズ:フラン
キャットウーマン ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
キャットウーマンという響きから、筆者は当然の様に、イコール「セリーナ・カイル」だと思っていたが、そうか、あれは「バットマン・リターンズ」のキャラとしてであって、所謂、「キャットウーマン」というのは猫女であって、本作品ではその「猫女」のストーリーであった。
キャットウーマン (女ざかり映画日記)
キャットウーマン!★★★ハル・ベリーと年があまり変わらぬ事にショックをうけましたが・・映画は面白い!!
キャットウーマン (女ざかり映画日記)
キャットウーマン!★★★ハル・ベリーと年があまり変わらぬ事にショックをうけましたが・・映画は面白い!!
キャットウーマン (Dazzling M)
キャットウーマンです。結構、良かった。 アクションも小物も全て凝ってる 何にしても【ハル ベリー】が格好良過ぎ。 ホルタートップのコスチュームも凄い 後姿がもう、背中の筋肉や背骨、体のライン! アクションでのカポエラキックも、キマってて あいた口が塞がら
キャットウーマン (Aloha Days)
昨年公開、見事ゴールデンラズベリー賞で作品&主演女優賞を獲得してしまった「キャットウーマン」 どんなにラジーだったのか楽しみでもありました でも・・・でも・・・・・でも~! なんでラジーだったの?これでラジーなの?え~~~~!? 確かにCGはちゃちぃし、スト
キャット・ウ-マン (kae-ruのBlog)
ハル・ベレ-主演の、「キャット・ウ-マン」のDVDを観ました。 ペイシェンス・フィリップス(ハル・ベリー)は、自己主張のできない内気な広告デザイナー。高慢な社長とイメージモデルも務める社長夫人ローレル・ヘデア(シャロン・ストーン)が実権を握る巨大化粧品会.
Catwoman (Riko\'s Blog)
今日TSUTAYAで、Green Dayを借りようか迷ってる人がいたから、どうな人なのかと思って見てみたら… イ、イケメン(死語!?笑)…横顔が!!(爆) てか単に横顔しか見なかったんだけどね いやぁ~久々に美しいものを直視した気分です爆 でもさぁ、よくよく考えたら、...
「キャットウーマン」(アメリカ・ピトフ監督) (サーカスな日々)
栄光あるラジー賞を独占しちゃいましたね。 「ワースト作品」「ワースト主演女優」「ワースト監督」「ワースト脚本」を独占ですからね。立派なものです。授賞式にハル・ベリーは出席して、ヤンヤの喝采を浴びて、素敵なことです。 歴代のキャットウーマンとついつい比較しち
キャット・ウーマン(DVD) (lunatic\'s 映画評)
公式ページ:http://wwws.warnerbros.co.jp/movies/catwoman/ 自分に自信が持てない主人公ペイシェンス・フィリップスは、自分の務める化粧品会社の新製品の秘密を知ってしまい、命を失い(?)キャット・ウーマンとしての命を与えられる。キャット・ウーマンとなった事に戸
キャットウーマン (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
●れんたの満足度・・・★★★★★☆☆☆☆☆5点内容的にほとんど『スパイダーマン』の猫版なのですが、スパイダーマンの蜘蛛の糸のような、見て「おー!」という特殊な能力もないし、なんかハル・ベリーがする猫の動きが、「池乃めだか」師匠を連想してしまいました。(笑)
「キャット・ウーマン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
アメコミだ好きの私は、当然「バットマン」シリーズはすべて鑑賞済み。この映画は「バットマン」の中の悪役キャラクターキャットウーマンを映画化したものです。ハル・ベリーのキャットウーマンはとってもカッコよくてセクシーで良かったのですが「バットマン リターンズ...
キャットウーマン  (ケントのたそがれ劇場)
★★★  バットマンシリーズに顔を出していた「キャットウーマン」のサイドストーリー作品である。そういう意味では『デアデビル』に出ていた『エレクトラ』みたいなものかな・・・。 なんといっても、どうして猫人間が誕生したのか?というくだりが一番楽しみだったのに。
キャットウーマン (真っ赤なメガネの言うことには)
キャットウーマン 2004年 どこかで聞いたハリウッドの法則で 「オスカーを獲った女優は次の作品でハジケた映画に出演する」 というのがあるけど、まさにその通り。「17歳のカルテ」で助演獲ったアンジーは、その後「トゥーム・レイダー」、今ちょうど公開して...
「キャット・ウーマン」 (不良中年・天国と地獄)
シャーリーズ・セロンのコスプレ映画を見たので、もうひとりのオスカー女優、ハル・ベリーの「キャット・ウーマン」をDVDで再鑑賞しました。2004年11月に公開されたとき、劇場で見ています。まずそのときのレビューを再録しましょう。化粧品会社に勤める広告デザ...
『キャット・ウーマン』(2004) (【徒然なるままに・・・】)
『バットマン』からのスピンオフ企画で、最初は『バットマン・リターンズ』のミシェル・ファイファーそのまんまスライド、という話だったけれども、寝かして続けているうちに軌道修正。結局『バットマン』シリーズとは何の関係もない作品になりました。立ち上げか ...
キャットウーマン (mama)
CATWOMAN 2004年:アメリカ 監督:ピトフ 出演:ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラッド、ランベール・ウィルソン、フランシス・コンロイ、シャロン・ストーン 巨大な化粧品会社ヘデア社で広告デザイナーとして働くペイシェンス・フィリップスは、内気な性格からそ...
「キャットウーマン」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ハル・ベリーの美しいボディを堪能出来ましたです^^