ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

雪に願うこと

2006-06-15 21:00:15 | 映画2006
 こいつぁ~ヘモだな。痛いだろうから屁もこけない・・・

 「ばんえい競馬」なんて知らなかった。馬だってでかい!決着は鼻じゃなくてソリの最後尾だとか、興味深いウンチクもいっぱいあった。そんな馬たちの調教シーンでは、朝もやたちこめる中で馬の白い鼻息や地面から立ち上る湯気が幻想的で、生命の息吹さえ感じることができた。失意のどん底であったはずの矢崎学(伊勢谷友介)も生きることの喜び感じ取ったに違いありません。

 会社が倒産。借金で首が回らなくなったキャシャーンに唯一残された武器は捨て身技「生命保険」だったのですが、自己破産申告書をつきつけた偉大なる指揮者の息子だって、一緒にいい思いも経験したこともあって、最後には情けをかけてくれたように思います。地道に生きていけば、いいことは必ずやってくる・・・世の中、捨てたもんじゃないよと訴えかけてきたような気がしたのも、厳しい冬の大地だからだったのでしょう。

 やはり一番いい演技だったのは佐藤浩市。弟に対しては暴力も振るうが、自分の力で厩舎を守ってきたという自尊心と、馬にだけは手荒なことはしないという信念があった。「勝たなきゃダメなんだ」と女性騎手牧恵(吹石一恵)に激を飛ばすシーンでも弟への愛が感じられるのです。男はやっぱり長男がいい。こんないい男のところへ嫁に来てやってくださいよ(自分のことではない)とキョンキョンに言いたくなってきます。

 さすがに伊勢谷の演技はだめでしたが、小学校校歌を歌ってばかりいた山本浩司が良かったですね。山下敦弘監督作品以外では初めていい演技を見たような気がします。その他、気になる登場人物が何人もいたのですが、なぜか中途半端でした。どうせならそうした人物描写は切り取ってしまったほうが良かったのでしょう・・・ストーリーは素晴らしいのに、いい俳優を使いすぎたためちょっと惜しい作品になったかも。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きだ、 | トップ | トリック劇場版2 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2006-06-15 21:45:42
大きな声では言えませんが、やはり伊勢谷君が残念だったような気がしました。

佐藤浩市もキョンキョンも厩務員さんもみんな良かった!

お馬さんたちもみんな良かった!

北海道の雪を見ているとわが地元の雪なんて赤ちゃん級だと思いました。
赤ちゃん級 (kossy)
2006-06-15 22:20:51
>ミチ様

試験になかなか受からないのはチンでしたっけ?

彼から見れば、みな赤ちゃん級・・・

といったシモネタは置いといて、

伊勢谷くんがねぇ・・・残念。

「キャシャーン」の演技のほうが良かったです(苦笑)

労働馬 (butler)
2006-06-15 23:08:57
kossyさん、こんばんは。



「馬車馬のように働く」ってよく言いますが、あまり報われない行為のようで、良いイメージはありませんよね。

これからは、「輓馬のように」をモットーに・・・と思いましたが、アソコまではなかなか頑張れません(笑)。



金沢では『かもめ食堂』はまだですか?

kossyさんの評価楽しみにしています。



そうでしたか (nikidasu)
2006-06-16 00:04:18
今晩は。

個人的には久々日本映画の良さを充分引き出してくれた心熱くする作品でした。

具体的にこことここがというのではなく、作品総体が醸し出しているものに対して、つい思いが募ってしまったのですが・・・・。
こんばんは! (charlotte)
2006-06-16 00:28:38
キャシャーン、例によって未見です。

伊勢谷君最近あちこちに出てるようですが、どーも、この作品では嫌な奴に見えちゃいました。

動物の撮影は大変でしょうね。ウンリュウのたてがみ、三つ編で可愛らしかったです。

そうそう、豪華俳優陣が揃ってましたけどやはり中途半端な気がしました。

最近邦画も頑張って見てますのよ♪
輓えい競馬の映画という事で (bakabros)
2006-06-16 03:12:05
馬の姿を見るのを楽しみにしていたのでちょっと残念。もう少しお馬さん達のアップや躍動感を観たかったです。
ウンリュウ (kossy)
2006-06-16 08:20:03
>nikidasu様

そうですよね~

映画に対する熱意も十分に伝わってくるし、ストーリーや映像やいい点がいっぱいありました。

ただ、どうしても伊勢谷くんのダメ演技が引っかかってしまい、他の部分まで影響を与えてしまったような・・・って、そんな感じになってしまいました。



>charlotte様

最初は嫌な奴に見えたので、前半はすごく引き締まったストーリー展開でした。冒頭、携帯を車から投げ捨てるシーンからぐいぐい引き込まれていったのです。

彼は嫌な奴を演じるほうが上手いんですよね・・・

ウンリュウが彼になつくところなんて、撮影も大変だったかも~



>bakabros様

重いソリをためを利かせてグイっと引っ張るショットでは筋肉の動きが欲しかったかなぁ・・・思わず力が入ってしまうような。

最初はなんで止まってるんだろ・・・て思っちゃったし。
 (kossy)
2006-06-16 08:24:06
>buttler様

俺は「馬に食わすほど」という形容詞を聞くとつい笑ってしまうのですが、いったいどれだけの量を食わすのでしょうか。

ためて、瞬発力勝負するところなんていい形容詞が生まれそうな気もしますよね。



「かもめ食堂」は6月24日からなのですが、記事の書き出しが「ガッチャマン」になりそうで怖いです・・・
こんにちは (キャスト)
2006-06-18 10:03:20
コメントありがとうございました。

ばんえい競馬は一度生で見たいですね。馬券売り場の雰囲気は、金沢競馬に似ているような。

伊勢谷は、う~ん、何なんでしょう。彼自身も問題ありですが、誰が聞いても違和感を覚えるあの発声をよしとする監督もどうかしてるような・・・。
伊勢谷 (kossy)
2006-06-18 13:00:49
>キャスト様

金沢競馬ですかぁ~

馬券売り場は行ったことがないのでわかりませんけど、

地方の哀愁漂う雰囲気がいいですよね~

伊勢谷くん、日本にラジー賞があれば候補になっちゃうぞ!てなくらいに、台詞がだめでしたねぇ・・・

ベテラン監督だけに、その辺りの指導を徹底してほしかったです。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-02-16 01:17:29
 佐藤さん、よかったですよねー。
 上手さもきわだっていました(笑)

 「ばんえい競馬」、ナマで見たくなりました。
ばんえい (kossy)
2007-02-16 07:11:10
>miyukichi様
「ばんえい」などと聞くと、坂東英二の略か?などといつも頭をよぎります。
やっぱり佐藤浩市がいいですよね~
彼の演技がなければ、この映画も成り立たないような。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
雪に願うこと (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=鳴海章『輓馬』。脚色=加藤正人。監督=根岸吉太郎。 【ばんえい競馬とは?】=騎手は馬に乗らずに500キロにも及ぶ重量のソリに乗って、元は農耕馬だった(ばんば)がそのソリを曳く。輓馬はサラブレッドの2倍の馬体があり、1トンを越える馬もいる。スピ ...
映画「雪に願うこと」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「雪に願うこと」 北海道特有の障害物レース“ばんえい競馬”を舞台に、人生に挫折した青年の再生や兄弟の絆を描く。 東京で事業に失敗した学(伊勢谷友介)が向かった先は捨てたはずの故郷。“ばんえい競馬”の調教師をしている兄(佐藤浩市)の元で ...
「雪に願うこと」 (俺の明日はどっちだ)
一旗揚げようと東京で会社を興すものの失敗し故郷に戻ってきた弟(伊勢谷友介)と戸惑いながらそんな彼を迎え入れる兄(佐藤浩市)。 そんな二人を中心に障害物レース“ばんえい競馬”が舞台となって繰り広げられる人間ドラマには素直に心動かされてしまった。 も ...
雪に願うこと (シャーロットの涙)
東京国際映画祭でグランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞の四冠を受賞・・・ もとは農耕馬だったという輓馬(ばんば)たちが数百キロ以上もあるソリを曳きながら障害を越える、北海道の開拓精神が生んだレース“ばんえい競馬” 息が白く立ち上るその映像から ...
『雪に願うこと』 (試写会帰りに)
『雪に願うこと』試写。 ばんえい競馬、輓馬という言葉はなんとなく聞いたことがある位でしたが、ばんえい競馬場を舞台にした映画という事で、北海道の大自然と馬が観られるのを楽しみにしていました。 まだ真っ暗な朝靄の中、煙のような白い息を吐き、体からモウ ...
勝負は勝ち負けだけだと思う 「雪に願うこと」 (平気の平左)
評価:65点 雪に願うこと 東京国際映画祭4冠ということで、正直、期待しすぎた感じがありますね。 いい作品だとは思うんですが、綺麗過ぎると言うか、なんと言うか・・・ 佐藤浩市の演技はさすがで、男優賞もうなずけます。 田舎の不器用なおっちゃんを上 ...
雪に願うこと (映画をささえに生きる)
5点/10点満点 東京で一度は成功を手にしたものの、経営していた貿易会社が倒産、妻にも友人たちにも去られてしまった矢崎学。彼はやむを得ず、兄・威夫を頼って故郷の北海道帯広へと戻ってきた。そして、威夫が運営する“ばんえい競馬”の厩舎で見習いとして働 ...
東京国際映画祭グランプリ 「雪に願うこと」 (VIVA!ちどりあし)
北海道特有の障害物レース「ばんえい競馬」を舞台にした 鳴海章の小説「輓馬」の映画化。 東京国際映画祭で、グランプリを含む4冠を獲得したそうだが あたしを映画館へ向かわせたのはそんなニュースじゃない。 何故なら主演が伊勢谷友介だから!! それ ...
雪に願うこと (まつさんの映画伝道師)
第477回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  ある地方競馬場がゆくゆくは閉鎖される運命にあったある地での話。  競馬場の前で食堂を営んでいるおばさんは、競馬場が閉鎖されたら食堂も閉めなければならないかも知 ...
尻 ~「雪に願うこと」~ (サナダ虫 ~解体中~)
根岸吉太郎監督作品、伊勢谷友介主演の、 映画 「雪に願うこと」を観た。 北海道の“ばんえい競馬”を舞台に、 人生に挫折した青年の再生と家族のきずなを描いた人間ドラマ。 第18回東京国際映画祭4部門受賞作品。 来月から全国上映予定。 感想。 ① ...
『雪に願うこと』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        5/20公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 迫力度[:スペード:][:スペード:][:スペード:] 自然美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】根岸吉太郎 【脚本】加藤正人 ...
【劇場鑑賞56】雪に願うこと (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
傷ついた心を抱いて、帰ってきた故郷 輓馬(ばんば)の厩舎を営む兄 13年の空白の中で、見失った大切なもの 傷ついた心 北海道の大地の上、 人のぬくもりに触れ、 また、歩き出す・・・。
雪に願うこと [監督:根岸吉太郎] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
「シービスケット」のミニチュア版という印象の映画。迫力も感動の度合いもミニチュア化されているような・・・ しかし、そもそも「シービスケット」をさほど評価していない私にとっては、これくらい素朴な作りの方が、伝えたいことがきちんと伝わっていいんでない ...
雪に願うこと (マチのチマチマ教員日記)
こんばんは。日焼けをすると痒くなるタイプのマチです。最近は日差しが強くて、ちょっと外に出ただけでも後から痒くて困ります。 さて、先日、「雪に願うこと」を観ました。 で、感想は。 やっぱりいいわ! 佐藤浩市!! です。 東京でイロイロやって ...
雪に願うこと (CinemA*s Cafe)
http://www.yukinega.com/ 東京でIT企業を起こしていたらしい弟が、挫折し、傷心でふるさとの北海道へと戻ってきたところから始まるこのお話。 13年間連絡をとっていなかった兄との再会。どんな風の吹き回しだと
家族と再生の物語 (藻、たくさんの日々。)
昨日は、映画を観に池袋へ。 池袋まで足をのばすときは、だいたい新文芸座にて二本立てです。 はじめに観たのは、「雪に願うこと」。 東京国際映画祭でグランプリを獲得した作品です。 前に来たときに予告でみて、ぜひ観たいと思っていました。 北海 ...
雪に願うこと (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
2005年の東京国際映画祭で史上初の4冠を獲得したそうですが...。 まぁ普通ですw 雪に願うこと プレミアム・エディションposted with amazlet on 07.01.18ジェネオン エンタテインメント (2006/11/10)売り上げランキング:
雪に願うこと (八ちゃんの日常空間)
YUKI NI NEGAU KOTO [TOHOシネマズ六本木ヒルズ/ART SC/TOHOシネマズ セレクト2006年 邦画傑作選] 公式サイト 『傷ついた心 北海道の大地の上、人のぬくもりに触れ、また、歩き出す――。』 映画が終わってびっくり。ベビーカーを押したヤンママの数の多さ。ロビー...
雪に願うこと [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「雪に願うこと」         (根岸吉太郎:監督)    事業に失敗し、故郷である北海道・帯広に帰ってきた学(伊勢谷友介)は、  「ばんえい競馬」の馬を世話している兄(佐藤浩市)のもとで、  ともに馬の世話をすることになり――。  いやー...
雪に願うこと(DVD) (ひるめし。)
傷ついた心 北海道の大地の上、人のぬくもりに触れ、また、歩き出す――。
『雪に願うこと』 (Sweet* Days)
雪に願うこと プレミアム・エディション 監督:根岸吉太郎 CAST:伊勢谷友介、佐藤浩一 他 STORY:東京で事業に失敗した学(伊勢谷友介)は、兄や母親のいる故郷の北海道、帯広に帰ってきた。そこでは兄、威夫(佐藤浩一)がばんえい競馬の馬の世話をしていた・...
『雪に願うこと』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ東京での成功を夢見て故郷と家族を捨てた矢崎学(伊勢谷友介)だが、事業に失敗し全てを失ってしまう。行き場を失った学は、故郷の帯広で“ばんえい競馬”の厩舎を営む兄・威夫(佐藤浩市)の元へ13年ぶりに戻るが・・・。感想伊勢谷友介強化月間第3弾!今月3...