ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ランボー 最後の戦場

2008-05-24 19:54:34 | 映画2008
 ブラックスネーク、カモン

 オープニングから生々しいミャンマー軍事政権による虐殺の爪痕を映し出す。ドキュメンタリー映画なのか?と思わせるほど・・・と、本編が始まったら、これはこれでまた残酷な殺戮。軍事政権の無差別な殺戮がリアルすぎて目を閉じてしまいたいくらいなのです。ついつい頭を下げてしまう観客もいるのかもしれません・・・

 ランボーシリーズに幕引きするためにスタローンが自ら監督をすることになってしまったようですが、愛国心いっぱいの男とか戦地にしか生きられない男というイメージはすでになく、人間らしく生きることを選択した男ジョン・ランボー。タイのジャングル奥地の村で、獲ったヘビを売ったりして静かに生活しているのだ。地下闘技場で格闘なんてのもやらない。“コブラ”にこだわりを持っていたところが愛らしく、コブラをバカにされると怒り出す可能性もあったが・・・。

 1作目は別格として、2、3作目と違っている点は、トラウトマン大佐が出てこないことと、同じ救出劇を扱っていても対象は民間人だというところ。ボランティアでミャンマー入りしたキリスト教支援団が帰国しないという知らせを受け、5人の傭兵たちと再度川を上るのだ。「危険な地域に行っちゃいけない」という戒めはランボー自身も傭兵も口にしたことであるけど、サラ(ジュリー・ベンツ)の熱意に負けたのだ。「世界を変える」と主張していた彼女の影響によって“live for nothing or die for something”という選択肢を傭兵たちに迫るところは、傍観者的に観ているわれわれにとってもグサリと胸を打つはずだ。

 ストーリーは単純そのものだけど、ミャンマーでの生々しい無差別殺戮は夢にまで出てきそうな迫力映像。サタスマの吾郎ちゃんが「ホラー映画」だと評していたのも納得。まるで『ブレインデッド』です。ゾンビと人間という違いだけのスプラッター映画なのかもしれません。しかし、そんな作風でもあるのに、いつもと違うスタローンの心意気が伝わってくるのです。エキストラにも実際のカレン族の難民や元ミャンマー兵士を起用するという徹底ぶり。単に強い男を描く映画ではない!と思う。

 2008年5月。ミャンマーはサイクロンの被害を受け、数万人の死者も出た。スタローン自身もミャンマー軍事政権の悲惨な状況を世界に訴えるための映画を作ったのだし、政府の対応の悪さにはまた怒りをぶつけています。頑張れ!スタローン!

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナルニア国物語 第2章:カス... | トップ | 靖国 YASUKUNI »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2008-05-24 23:06:02
ミャンマーでのサイクロンの被害は、
いい意味でも悪い意味でも・・・
なんともいえないタイミングでしたね。
映画のような軍事政権が蔓延ってないことを祈るだけです。

故郷に帰ったランボーには、
もう誰も訪ねてこないことを祈ってます。
Unknown (シネマ大好き娘)
2008-05-25 06:22:06
最後のスターロン?!

みにいこうかなあ~
おはようございます。 (BROOK)
2008-05-25 07:25:21
いやはや、人体破壊描写は凄まじいものがありましたね。
まさか、ここまで描いていたとは想像以上でした。

余韻を残すラストだったので、是非とも続編を作って欲しいですが、
今度の敵は米国とか?
もう内にしか敵がいませんよね・・・。
ランボー健在! (AKIRA)
2008-05-25 11:38:50
隠された圧政に目を向けさせるという点で,
意義のあるランボー帰還でしたね!

アクション過剰!
とツッコミつつも,見応えを感じさせてくれる内容に満足しました。
今回も大暴れ (せるふぉん)
2008-05-25 20:25:16
何やら続編を執筆中とか・・・

最初から続編の可能性を本人が示唆していたのに
何故「最後の戦場」なる邦題をつけてしまったのか・・・

確かにスタローンの熱い心意気が伝わってくる作品でした。
アメリカに帰国した彼が活躍する続編が是非観てみたいです。
80年代ヒーロー (ぱたた)
2008-05-26 14:15:27
「ロッキー」「ダイハード」「インディ」と
80年代ヒーローが続々復活です。
一番ワクワクしてるのは30後半以上の男子。。
妻は「ふーん」って感じなので「最後の戦場」は
少年時代に戻り私だけで鑑賞して参ります。
(スプラッタ場面はホラー映画で免疫あり)

旧作、テレビ放送ありませんね。
9.11事件後「3」は放送しにくいなと思いますが。。
考えさせられる映画 (TM)
2008-05-26 22:04:13
見て、ホラー映画ぽいし、ドキュメンタリー映画とも言える映画

日本はなんて平和なんだろうなぁ

とか

ミャンマーで実際におきている事をありのまま描いたスタローン映画は素晴らしいです。

一日も早くミャンマーからビルマに戻って欲しいものです。
サイクロン被害 (kossy)
2008-05-27 08:56:12
>えふ様
本当に被災者には心からお悔やみを・・・
こんな映画を公開すべきかどうかも悩むべきところだったんじゃないでしょうか・・・まぁ、ミャンマーでは公開できない映画ではありますが。
とりあえず、支援受け入れということになりましたが、ニュース映像を見ていても一般市民はひどい扱いなんですよね。困ったものです。

続編の話題もあることから、ランボーの平穏な日々は長続きしないんでしょうなぁ・・・こちらも困ったものだ。

>シネマ大好き娘様
本当に最後になるんでしょうか?
ぜひ続編を作らないでもらいたいのですが・・・

>BROOK様
あの人体破壊映像には賛否両論なんでしょうけど、説得力はありますよね。
今回はランボーにも平和的な考えがうかがえたんですけど、救出しなければならないという使命感がある限り戦いは続くんでしょうね。彼の故郷に情報が伝わらなければいいんでしょうけど・・・

>AKIRA様
ランボー3のソ連アフガン侵攻なんてのはある程度知っている事実でしたからね~こうやって知られざる圧政を暴くってのは画期的だったかも!
ツッコミどころなんて忘れさせてくれるくらい凄かった~

>せるふぉん様
そうなんですかぁ~
あのラストシーンを見てしまうと、俺としては続編はもうやめて~休ませてあげて~!と言いたくなっちゃいます。もしかして邦題をつけた会社もそう思ったんじゃないでしょうか(笑)
調子に乗って続編を作るとなると、また駄作への道を進んでしまいそうな・・・

>ぱたた様
ヒーローが復活してますよね~
スーパーマンやバットマンも・・・

俺はランボーシリーズは映画館では観てないんです。『1』は劇場鑑賞すればよかったな~などと悔やんでるくらいですけど・・・
それにしても次は何が復活してくるんでしょうか。とにかくインディージョーンズに期待しています。もちろん先行上映で!!

>TM様
考えさせられますよね。
日本人カメラマンも巻き添え食っちゃったし、本当ならもっと注目しなければならない地域。
なかなか海外にまで悲惨な実情が伝わってこない中、スタローンが思い切って作ってくれた!それだけでも拍手喝采。
Unknown (アガサ)
2008-05-30 23:59:35
こんにちは。
胸にグサっと来る映画でしたねぇ。
私も絶対続編はやめて欲しいと思います。
ランボーがせっかく決意した帰郷が無意味になるのでは、この4作目自体の意味も無くなってしまいますし。
それにしてもスタローンって、意外と腕の立つ監督さんだったんですね~(゜ο゜)
スタローン監督 (kossy)
2008-05-31 00:32:54
>アガサ様
世間では2作目も評価されてるようですけど、俺が評価できるのは1作目とこの4作目だけかな~
せっかく帰郷したんだから、俺も続編はやめてほしいです。

監督はするつもりなかったらしいけど、どこまでスタローンの意思だったんでしょうね~
グロいが・・・ (未来)
2008-06-01 02:29:59
苦手なスプラッター映画かといえるほど、残虐なシーンの連続でしたが、
ランボーのセリフなど感慨深く、最後までしっかり観据えました。
やはりこれが最後・・・であってほしいです。
スプラッター (kossy)
2008-06-01 08:59:57
>未来様
スプラッター映画と言ってもいいかもしれませんね。
だけど、人間はこんな残虐行為をすることができる生き物なんだと・・・決して殺人を快楽としているわけじゃないけど、麻痺してしまうのが怖かったりします。
ここまで頑張ってきたんだから、人間らしさを取り戻してもらいたいですよね。
こんばんは (ノラネコ)
2008-06-19 23:46:17
一作目からの直接の続編という感じがしました。
2、3の妙な熱はもうスタローンの中では去ってしまったのかな。
メッセージ性は強いのですが、バイオレンスの刺激があまりにも強いので、素直に伝わるかはちょっと疑問です。
ミャンマー政府軍は極悪過ぎてちょっとリアルに感じられなくなっていたかも。
現実はもっとひどいのかも知れないですけどね。
何れにしてもシリーズ完結編だとしたら、なかなかいい幕引きだったと思います。
2、3 (kossy)
2008-06-23 00:15:01
>ノラネコ様
インタビュー番組を見てたら、スタローン自身も2、3作目がダメだったとわかっているようで・・・やっぱり1作目の路線を引き継いでいるのでしょうね~
悲惨すぎてリアルに感じられなくなるってのも恐ろしいことですよね。色んな情報があるだけに、実際のミャンマーが恐ろしくなりますけど、これがどこまで平和へと貢献できるのか・・・

俺ももう続編は作ってもらいたくないです~
迫力ある映像でした (Aki)
2009-03-01 00:31:54
今作を観て、ミャンマーの歴史を調べました。

毎度のことながら、自分の海外情勢や世界史に関する無知を恥じます。

農村地域、トラクターはなくても武器はある。

機関銃、火炎放射機、地雷…異様でした。

資金があるから、激化し、長期間化する内戦…簡単な図式です。

ランボー完結作品としては、戦場でこそ、自分の存在価値があり、但し、その戦いは国のためではなく、人の命を救うためと定義づけていました。

しかし、実在するミャンマーを舞台とし、世界に配信する作品としては、この定義づけや、エンディングで故郷に帰るだけでは足りない気がしました。

また、軍事政権側は、ヘロインで資金調達をしているとしかいっていないのもどうかと思いました。

ミャンマーの歴史で、イギリス領とされていたことははずせない。

他国の干渉。
経済制裁。
個人として。
どうしたら、ミャンマーや今も内戦の続く地域から、戦いがなくなり、武器が根絶され、すべての人々が平和に暮らせるのか?

でかすぎる話ですが、映画だからこそ、もっと、もっと問題提起すべきだと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ランボー 最後の戦場 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 原題:RAMBO 監督:シルベスター・スタローン 出演:シルベスター・スタローン    ジュリー・ベンツ    ポール・シュルツ    マシュー・マースデン    グレアム・マクダビッシュ    ケン・ハワー...
ランボー最後の戦場 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
20年ぶり、ランボー復活!!__怒りに満ちた人生を見届けろ!! かつて母国アメリカの仕打ちにいらだち、立ち向かっていった男は、いつしか義のために戦い、民衆を救うヒーローへと変貌を遂げた。 しかし、あらゆるものに対する怒りは、今なお消えることはない。...
劇場鑑賞「ランボー最後の戦場」 (日々“是”精進!)
「ランボー最後の戦場」を鑑賞してきました「ロッキー・ザ・ファイナル」で世界を沸かせたスタローンが、もうひとつの代表作「ランボー」の最新作も製作!物語のベースは、実際に60年間続いているミャンマーの内戦。自ら監督も務めたスタローンは、「この現実を世界に見...
「ランボー 最後の戦場」 怒りの大魔神 (はらやんの映画徒然草)
やや語弊があるかもしれないのですが、痛快な映画と言ってもいいかもしれません。 戦
ランボー 最後の戦場~No Country For Old Rambo (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。シルベスター・スタローン監督・主演、ジュリー・ベンツ、マシュー・マースデ、グレアム・マクタビッシュ、レイ・ガイエゴス、ティム・カン、ジェイク・ラ・ボッツ。「無駄に生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ」は「ノーカントリー」のシガーのコイ...
ランボー 最後の戦場 (ダイターンクラッシュ!!)
5月24日(土) 20:40~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『ランボー 最後の戦場』公式サイト 60歳のスタ公、奮闘。 実は、前3作は見ていないんだが・・・ ストーリー無し。ミャンマーに支援に行ったはいいが、軍隊に...
Rambo (ランボー/最後の戦場) ネタばれあり (うだるありぞな)
今日は、20年振りに帰ってきた「Rabmo」 ランキングに参加してます。   人里離れたタイの片田舎で、オンボロボートでの漁や、コブラを捕まえ見世物小屋に売って、ひっそりと暮らしているジョン・ランボー。 ある日、彼にアメリカの教会から来た、戦争や内乱の被...
『ランボー 最後の戦場』 (ラムの大通り)
(原題:John Rambo) ----この映画ってRー15指定になったんだよね。 「うん。ここまでやっちゃえば、それも仕方ないかなあ」 ----そんなに激しいの? 「ここまでの大量血飛沫は “ブラッド・バレエ”と言われた『ワイルドバンチ』以来じゃないかな。 あちらは、まだ銃撃...
ランボー/最後の戦場 (Akira's VOICE)
暴れすぎてメッセージが霧散。  
ランボー 最後の戦場 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1982年、アメリカ―――――自らの尊厳のため 1985年、ベトナム―――――幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン――唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー――――すべてに決着をつけるため 最後の戦場は、男に何を与え、何を奪うのか?』  ●関連作品レ...
ランボー最後の戦場☆観たっ!! (せるふぉん☆こだわりの日記)
昨日、5月24日(土)公開初日に「ランボー 最後の戦場」を観てきました。 昨日は
ランボー 最後の戦場(2008年) (勝手に映画評)
ランボー、20年ぶりの復活。 復活の地は、軍事政権より統治されているミャンマー。先ごろ、強烈なハリケーンに見舞われたにもかかわらず、国際社会からの援助を拒否し、世界中から非難を浴びているのは周知の通りですが、映画の公開の時期に対して、余りにもタイミングが...
ランボー 最後の戦場 (映画鑑賞★日記・・・)
【RAMBO】R-152008/05/24公開製作国:アメリカ監督:シルヴェスター・スタローン出演:シルヴェスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、ポール・シュルツ、マシュー・マースデン、グレアム・マクタヴィッシュ “ムダに生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ。”
[映画『ランボー・最後の戦場』を観た(前篇)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆桑田圭祐は凄い。 サザンを結成してから30周年が経つが、いつも変わらずに、いい楽曲を提供し続けてくれている。 変わらないということは、時代に合わせて、常に変わり続けているということだ。 趣きは違うが、私は、スタローンにも、同じ思いを感じる。 やはり3...
★「ランボー 最後の戦場」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは・・・ 「ナルニア~」の第二話を観ようと思ったけど、遅くなっちゃうので、 さっさと観れた本作を鑑賞。 戦闘アクションものはあまり得意じゃないんだけど・・・ ランボー作るのも最後らしいし・・・。
「ランボー 最後の戦場」観てきました(´Д`) (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ランボー 最後の戦場」 監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、ポール・シュルツ、マシュー・マースデン、グレアム・マクタヴィッシュ、レイ・ガイエゴス、ティム・カン、ジェイク・ラ・ボッツ、マウン・マウン・キ...
ランボー 最後の戦場 (5125年映画の旅)
孤高の戦士ランボー。戦いに疲れた彼は、タイに身を潜めて暮らしていた。そんな彼に、アメリカの慈善団体が軍事政権下のミャンマーへのガイドを依頼してくる。渋々了承したランボーはいざこざがありながらも彼らを無事に送り届ける。だが彼らは訪問先の村で襲撃を受け、...
ランボー 最後の戦場 【称号:佳作】 (映画細胞~CinemaCell)
ベトナム戦争やその後のさまざまな戦いをくぐり抜け、孤独に生き続けていたランボー。
『ランボー 最後の戦場』」2008・5・25に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ランボー 最後の戦場』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ベトナム戦争の英雄ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、帰還兵を冷遇する祖国離れ、タイ北部のジャングル地帯でひっそりと暮らしていた。隣国ミャンマーでの長年の内戦で窮地...
5/27 ランボー 最後の戦場 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
●本日、新宿にて鑑賞。 毒ギョーザ事件から聖火に地震と、外国といえば中国一色の状況で、ビルマという舞台設定は正直ピンとこないとこもあるが(ピンとこないのは私だけか?)、もう何年も前から少数民族への弾圧(それと国民による反政府活動)が行われているのは紛れも...
【2008-125】ランボー 最後の戦場 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 1982年、アメリカ───自らの尊厳のため 1985年、ベトナム───幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン──唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー───すべてに決着をつけるため ムダに生きるか、何かのために死ぬか──...
ランボー 最後の戦場 (future world)
今までのランボーシリーズとはちょっと違いますな・・・ 全作品観てる人やランボーファンにとっては感慨深いというか、かなり満足できる作品だと思います。 戦場では強靭な肉体・冷静な判断力・この上なく最強の戦闘マシーンとなる‘哀しきヒーロー’ランボー・・・...
「ランボー 最後の戦場」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ミレニアム・フィルムズ/監督:シルベスター・スタローン) S・スタローンのヒット・シリーズ「ランボー」の20年ぶりの続編。スタローンもう1本の人気シリーズの(今のとこ
ランボー 最後の戦場 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
殺戮スペクタクルのグロ度アップ...。
ランボー 最後の戦場 (AL+ViのわんわんLIFE)
映画の日の今日、ランボー 最後の戦場を観に行きました。 さすが映画の日だけあって、満席です。 ランボーはタイの奥地でひとり暮らしていた。そこに、アメリカから内戦中のミャンマーに薬と医療を届けたいという団体がやってきて、ランボーに船でミャンマーまで送...
「ランボー 最後の戦場」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
自分が何者であるか、そんな事は何も言わなくても、ツワモノの傭兵に「只者ではない」と思わせてしまうのが、ランボー。ここで「彼は、実は・・」みたいに説明を入れない所がスタローンの上手さ。大味とか盛り上がりに欠けるとか、エラそうに言う人は一杯いるけれど・・こ...
【映画】ランボー 最後の戦場 (新!やさぐれ日記)
■動機 「ロッキー・ザ・ファイナル」が面白かったので ■感想 ランボーってこんなにかっこよかったっけ? ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 見世物小屋の下働きとして働くランボー(シルヴェスター・スタローン)はアメリカのNGOからミャンマー行き...
「ランボー 最後の戦場」 ちょっとだけFirst Blood? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
残虐シーンをリアルに描く事で見事な反戦映画に仕立て上げたのは『プライベート・ライアン』やったけど、“9・11”以降明確な悪者を描きにくい今の世の中、やっぱりランボーが登場しても昔見たような爽快感は全く得られませんでしたわ。 ジョージ・クルーニーがダルフール...
ランボー 最後の戦場 [監督:シルベスタローン・・シルベスタスタス・・・妄想紙芝居] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)】 完璧にネタバレ詳細にもほどがある作品解説(ランボー知らない人目線での) 「残酷描写」と「敵を集合意識体としてのみ描き人間性を描かない」・・・...
映画 「ランボー 最後の戦場」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
我が家はビルマには遊びに行ったことがあるけど、 それはミャンマーのことだけど、劇中ではミャンマーとは言ってない! ミャンマーって日本...
『ランボー 最後の戦場』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ランボー 最後の戦場」□監督・脚本: シルベスター・スタローン □脚本: アート・モンテラステリ □キャスト シルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、ポール・シュルツ、ジュリー・ベンツ、ジェームズ・ブローリン、グレアム・...
映画『ランボー最後の戦場』を観て (KINTYRE’SDIARY)
53.ランボー最後の戦場■原題:JohnRambo■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月30日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:シルヴェスター・スタローン□製作:アヴィ・ラーナ...
ランボー 最後の戦場 (カラスのBlog)
戦闘シーンの過激描写が話題になっているようです。 これは明らかに、ゲームの影響ですねえ。 ここ数年のゲームはかなりリアルで、相手を...
ランボー 最後の戦場 (アートの片隅で)
「ランボー 最後の戦場」の試写会に行って来ました。 なんと20年振りのシリーズ新作だそうです。 確かシリーズは全部観ていた筈だけど、あまり記憶に残ってない、、、(>▽▽▽コチラをどうぞ♪♪
ランボー 最後の戦場 (Rambo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 シルヴェスター・スタローン 主演 シルヴェスター・スタローン 2008年 アメリカ/ドイツ映画 90分 アクション 採点★★★ ずぼらで大雑把な性格が災いしてか、何事に対してもスロースターターな私。動かざること、山の如し。まぁ、ただボヘーっとしているわけでもな...
ランボー4 最後の戦場 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はなんと前作から20年ぶりの続編!「ランボー4」を観てみましたよ!  今回の舞台はミャンマーの小さな村。  軍事政権によって非道な弾圧を受けているカレン族にアメリカの支援団体が医療物資を届けようとするのですが、その先導に隣国でたまたま船頭をしてい...
「ランボー 最後の戦場」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
凄いリアルな描写にうわぁ~・・・でした