ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

グッド・シェパード

2007-10-22 02:07:57 | 映画2007
 “グッド・シェパード”とは千昌夫の良き妻のこと・・・(うその情報です)

 CIAにはなぜ“the”をつけないんだ?と、いきなり命題を叩きつけられる予告編。“god”に“the”をつける奴なんていないからだよ!・・・ふと気になって、英和辞典で調べてみると、この映画のタイトル“THE GOOD SHEPHERD”そのものがキリスト(忠実な羊飼いだと言ったことから)の意味だと気づきました。“the”が付いてる・・・それはなぞなぞですか?と逆に質問をぶつけたくなってくるタイトルでした。ここでは日本語字幕の一部が“KGB”じゃなくて“KBG”になってたような気がしたことには触れずにおきます。

 さて、この映画、ぼんやりと観てたら『ゴッドファーザー』の世界とどこが違うのかわからなくなってきます。信頼と裏切りが交錯するマフィアの世界をCIAや対抗する組織に置き換えたような、ロバート・デ・ニーロだからこそ作り得た映画だったのかもしれません。ちなみに製作総指揮にフランシス・F・コッポラの名前もあるので、これは意図したものだったのでしょう。

 国家や組織に忠実な主人公がマット・デイモン。作戦が失敗に終わる現在(といっても1961年)の“ピッグス湾事件”で機密を漏洩したスパイ探しをする時間軸と、彼のイエール大学“スカルズ&ボーンズ”クラブ時代から第二次大戦を通して諜報活動する姿を描く軸が同時進行してゆきます。組織を優先させたがために家族が崩壊してしまう男の世界。不幸な死を遂げた父親の心と、自分の息子に対する思いの比較。史実を充分に調査検証し、リアルなアメリカの裏を描いていました。

 興味深いエピソードも多かった。特にアメリカに亡命したがっていたソ連のミロノフ(本物の方)の台詞はよかった。偽の情報を信じさせることがCIAの任務なので、ここのエピソードは信憑性があったと思う。キューバに関することも、CIAが大統領を説得したことだから、どこまでが真実なのかもさっぱりわかりませんが・・・

 裏切り者は誰だったんだ?!というミステリアスな部分も楽しめたし、『ゴッドファーザー』のような男の世界も楽しめた。しかし、とにかく長い(167分)。登場人物も多いので、これは誰だっけ?と混乱するかもしれない。そんなときは、「誰も信用するな!」という言葉を思い出して、マット・デイモンだけを信じたほうが良さそうです・・・

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘアスプレー | トップ | インベージョン »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難しかったですねぇ・・・ (kisen)
2007-10-22 09:27:08
kossyさん、おはようございます。珍しく、朝書いてます。

この映画、よほど注意して見ているつもりでも、やっぱり理解できないところがいくつかありました。
私がバカなだけかもしれませんが・・・。

ビリー・クラダップが送り込んだ「ウソ」のミロノフ(そうですよね、後から出てきてたほうが本物ですよね)、彼はなんの目的で送り込まれたのか。マットをまどわすため?もしそうだとしたら、なぜその必要が?

で、真犯人は結局わかってましたっけ?バカですみません・・・。

が?
ミロノフ (kossy)
2007-10-23 00:02:42
>kisen様
朝のコメントに夜返信・・・失礼します。

理解できないところは他にもありました。
俺が記事で触れてないだけです(汗)
まぁ、すぐ忘れるからいいっか・・・

ミロノフの亡命なんて、普通のスパイってことじゃないのでしょうか。本物が現れたのは単なる偶然のようだし。
それよりもユリシーズがわかんなかったりします。

真犯人てのも、単なる偶然の賜物。あの息子の恋人ですよね?なぜソレが撮影されたのかわかんないけど・・・
Unknown (シャイロック)
2007-10-23 22:03:35
どうも^^
この映画、今度見に行こうかと思ってますが、ロバート・デニーロ監督作品ですよね?何か心配ですね。ちゃんとできてるんでしょうか??
ありがとうございます (kisen)
2007-10-23 22:40:38
kossyさん、こんばんは。
そうでしたね、偶然聞いたのは息子でしたよね。で、その彼女と・・・。バカなこと聞いてすみませんでした。

え?ミロノフは単なるスパイ?じゃ、ビリー・クラダップも二重スパイ?だって、マットの友人だったんでしょ?

んもう、わけわかんなくなってきた・・・。

ユリシーズ・・・そうですよね、彼がユリシーズと呼ばれているのを知っているのなら、ビリーは他の本にするべきでしたよね。だったらマットにだってバレなかったかも。

とにかく、時間をかけてゆっくりパンフレットを読んでみます。一緒かもしれないけれど・・・。
ユリシーズ (kossy)
2007-10-24 08:03:26
>シャイロック様
ロバート・デ・ニーロ監督だから・・・というよりも、長すぎるため、見落とす部分があったりして、謎が残っちゃうんです・・・それでも雰囲気は好きでした。
デートムービーにはなりえないかも・・・

>kisen様
俺も自信がなくなってきています。
ビリー・クラダップはイギリスの人間だし、二重スパイには当らないような気もするのですが・・・というか、彼も騙されていたとも取れませんか?すでに記憶がなくなりかけてます(汗)
ユリシーズの本は、2冊あるんじゃなかったのかなぁ。マットが見つけたのはミロノフが持ってた別の本だし。ユリシーズそのものがスパイの作戦名だったとか、そのあたりが全然わかってません・・・

もう一度観て確認したいところなんですけど、3時間はつらいです。
そうですね・・・ (kisen)
2007-10-24 09:26:38
私ももう一度見る体力はありません・・・。
kossyさん、いろいろとありがとうございました。
Unknown (ひろちゃん)
2007-10-25 00:17:57
こんばんは^^
時々ですが、楽しく読ませて頂いています。
“グッド・シェパード”とは千昌夫の良き妻のこと・・・ここに笑ってしまってコメント書かせて
いただきました(笑)
すごいこと浮かびましたね^^

この映画は、長いとのことで観ようかどうしようか
迷っていたのですが、観て良かったです。
人物関係においては(スパイ、二重スパイなど)
わかりにくいところもあるのですが、また地味な
作品だとも思うのですが、じわじわきました(T^T)
私は時間の長さも感じませんでした^^

人物関係などを理解するには、何回も観なければ
ならないですよね(^_^;)
TBさせていただきます^^
偽情報 (kossy)
2007-10-25 11:05:04
>ひろちゃん様
長かったですね~お疲れ様です。
俺もわからなかった部分を確認したくてしょうがないのですが、長いということのために観に行く気になれません・・・TV放映待ちです。

グッド・シェパードの意味をずっと考えてたため、色んなことが頭に浮かんだんです。そんな俺は英文科出身・・・英単語はかなり忘れてます(汗)

色んなテーマが盛り込んであったので、飽きることもありませんでした。なかなかいい映画だったと思います。
撃沈。 (サザエ)
2007-10-25 22:41:43
私はこれを『インベージョン』とで2本だてで観たんですが、始まってすぐに眠くて眠くてなんども沈没しておりました、、。
話しがわからなくなるというより(ほとんどわかってないんですが)、次々に時が変わるし、人は死んじゃうし、、、でもついていけてなくても、映像の変化があまりないと言いますか、、、。
私も、観ながら、『これってゴッドファーザーっぽいなぁ~』って思ってました。『デ・ニーロが監督だからかな?』なんて、納得したり、、、。
WOWOWで放送されるときにちゃんと観直そうと思っております。
眠気 (kossy)
2007-10-26 08:01:09
>サザエ様
こちらを後で観たんですよね?
眠ってしまったら映画病に感染するのに~~~

俺も心配してたんですよ。長いことはわかってたし、結構静かな展開だったしね。一番の問題は登場人物が多かったことでしょうか・・・
10年間構想を温めたといいますから、やはり『ゴッドファーザー』の影響は大きいのかな。
俺もWOWOWでしっかりチェックしたいと思ってます。
今年の中でも最高かも (シャイロック)
2007-10-29 20:34:59
「グッド・シェパード」母親も見たいと言っていたので、一緒に見に行きました。いつもは一人で見に行くんですけど^^
いやあ、面白かったというより、良かったです。
雰囲気も出てて、結構集中して見れ、あっという間に時間
が過ぎました^^でもずっと集中して見てたので、目が疲れました^^;
この映画で家族というものは何なのかというのを学べた気がします。
すべては家族を守るため。そして、良き夫になれなかったと言って、手紙を燃やすシーンはちょっと切なかったですね。
国家と家族 (kossy)
2007-10-31 07:52:37
>シャイロック様
国家を守るということは、本来ならば家族や大事な人を守ることから派生していることですもんね。
結局は家族を蔑ろにしたような形になって、矛盾を感じてしまうような内容だったかと思います。
CIAという得体の知れない組織を肯定していないところも映画の完成度を増してたんじゃないでしょうか。
家族 (mugi)
2007-10-31 22:23:49
男性でも、特に優秀だと仕事と家庭の両立は難しいと感じさせられました。
もし、エドワードが学生時代の控え目な恋人と結婚していたら、どうだったでしょうね。あのジョリー/クローバー妻では、なるべくしてなったような印象でした。出世株と見て、クローバーが誘惑したのは、女の作戦勝ち。

それにしても、マット・デイモン、迫力の女装!あのシーンだけは笑えました。
国と家族 (kossy)
2007-11-01 23:56:53
>mugi様
仕事と家庭の両立、難しい。
国と家族という捉え方よりは、そのほうがわかりやすいです。
控えめな恋人と結婚しても、時代が時代なだけに仕事に対しては同じだったと思うけど、たまに帰ってきても安らぎを与えてくれたでしょう。

女装シーンなら、『スターダスト』のロバート・デ・ニーロはもっと凄いことになっています!!
TBさせて頂きました。 (小米花)
2007-11-10 22:51:54
しばらくブログをお休みしていました。
再開しましたので、また足繁く通わせて頂きます!

う~ん、kossyさんの読みはいつもながら深いですね~。
私などさらりと見てしまいましたよ。
TV放映で復習しようと思います。それまで内容を覚えていられるかな~~。

デイモンは良かったです!
ボーン (kossy)
2007-11-11 06:38:59
>小米花さま
『ボーン・アルティメイタム』も鑑賞されますか?
どちらもCIAで静かな演技と激しいアクションという差はありますけど、基本的には“裏切り”の世界を描いています。
俺も内容は覚えてられないかもしれないけど、じっくりリピートしたいですね。
何本かまとめてTBさせていただきます (KGR)
2007-11-21 00:25:43
私の見た映画がほとんど掲載されてますので、
まとめてTBさせていただきます。

さて、
>あの息子の恋人ですよね?
>なぜソレが撮影されたのかわかんないけど・・・
の部分ですが、

あの黒人女性はKGBの協力者で、
色仕掛けでエドワードJrをたらし込み、
情報を得るためKGBがカメラを設置していた。
そしてピロートークから「コチーノス湾」の
情報を得て作戦を失敗させる。
KGBの大物スパイ、シヤンコ(=ユリシーズ)は、
エドワードに息子が情報源だと悟らせるため、
テープと写真を送り、秘密を守る代わりに
情報提供者として協力するよう持ちかける。
(これはエドワードに断られる)
黒人女性はKGBを見限って、エドワードJrと
結婚しようとしたため、抹殺される。
ではなかったでしょうか。


 (kossy)
2007-11-29 11:17:08
>KGR様
なるほど、ある程度納得できました!
撮影したものを送りつけるという意図がはっきりわからなかったのですが、筋を思い出すとそれが最もわかりやすい説明ですね。
ただ、結局は映った人物を探さねばならなかったという点で、CIAに捜査させる目的だったのか、簡単にわかるだろうと踏んだのか、時系列が複雑だったので難しいですよね。

スパイすることと脅迫の一石二鳥。一般人には思いつかないような大胆なことをするものなんですね~
渋い (Aki)
2008-06-15 15:12:49
監督ロバート・デニーロ。総指揮フランシス・F・コッポラ。脚本『フォレストガンプ』エリック・ロス。数々あるCIA作品。『ボーン』マット・デイモン起用。9年構想し、なぜ今?話題性?ハードルが高いよ?と、色んな意味で楽しみにしていました。
今作ではマット・デイモンのアクションなしのサスペンス【静】のCIA職員。
愛国心・移民・他国への干渉・敵を作り上げ・軍を拡大・戦争を起こしている等、CIA=アメリカの活動・存在を問題提起。誰も信じられない孤独・信念・苦悩・悲哀を表現。静かで怖い渋い。脇役も豪華。
しかし、結局、肯定?否定?と問いたくなる。『ダラスの熱い日』『JFK』の様に、事件や実写を入れ、フィクションにすればよかったのに。。
肯定か否定か (kossy)
2008-06-17 01:29:13
>Aki様
様々なCIAの陰謀とか、ありがちなハリウッド映画にしたくなかったから実写を入れなかったのかもしれませんね~
基本的にCIA万歳!みたいな映画なんて少ないと思いますし、全面的に肯定なんてしないのが普通でしょうね。ま、どちらでもとれる描き方なのが憎いほど上手いんですが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画 【グッド・シェパード】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グッド・シェパード」 ロバート・デ・ニーロが監督・製作・出演の三役をこなす重厚なCIA誕生物語。 おはなし:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮...
グッド・シェパード (映画鑑賞★日記・・・)
【THE GOOD SHEPHERD】2007/10/20公開(10/20鑑賞) CIA誕生のお話ときたら、スパイ映画好きはやっぱり気になる。でも・・・家庭は夫婦がスパイ同士ならうまくいくのかな。(おいっ)
グッド・シェパード (Diarydiary!)
《グッド・シェパード》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE GOO
グッド・シェパード (メルブロ)
グッド・シェパード 182本目 上映時間 2時間47分 監督 ロバート・デ・ニーロ 出演 マット・デイモン アンジェリーナ・ジョリー アレック・ボールドウィン タミー・ブランチャード ビリー・クラダップ ロバート・デ・ニーロ 評価 5点(10点満点) 会場 イ...
映画 『グッド・シェパード』 (Death & Live)
善き羊飼い。 Jesus Christの喩え。 賛美歌 二〇〇。 『グッド・シェパード』 2006年 原題 : the good shepherd 監督 : Robert De Niro デ・ニーロファンとしては、 初日に行っておきたいところでしたが、 本日行くことに...
「グッド・シェパード」■戦後アメリカ裏面史 (映画と出会う・世界が変わる)
コッポラが製作に関わり、しかもロバート・デ・ニーロが監督しているからであろうか、「ゴッド・ファーザー」に非常によく似たタッチの作品である。「ゴッド・ファーザー」がマフィアに関わった家族の物語であり、この「グッド・シェパード」はCIAに関わったある家族の...
グッド・シェパード (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にC...
The Good Shepherd  「グッド・シェパード」 (表参道 high&low)
歳をとらないMatt Damon(マットデイモン)のお陰で画像がいつの時代なのか理解に時間がかかったスパイ映画がThe Good Shepherd(グッド・シェパード)。 CIAが誕生する時代の1人のスパイの半生を描く重い作品。Robert DeNiro(ロバートデニーロ)が作りたかった映画...
「グッド・シェパード」 (かいコ。の気ままに生活)
ロバート・デ・ニーロ監督、CIA誕生秘話と一人の男の苦悩。「グッド・シェパード」公式サイトあらすじ:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(....
グッド・シェパード (eclipse的な独り言)
 やはり、この二人では夫婦には見えません。
グッド・シェパード(2006年) (勝手に映画評)
1961年、ピッグス湾侵攻作戦が失敗。失敗の原因が、CIA内部からの情報漏れにあると睨まれた。情報漏れの元を探るため、ベテランエージェントのエドワード・ウィルソン(マット・デイモン)に送られた情報を下に様々な調査が行われるが・・・。と、こんな感じだと、スパイ...
グッド・シェパード The Good Shepherd (映画!That' s Entertainment)
●「グッド・シェパード The Good Shepherd」 2006 アメリカ Universal Pictures,Morgan Creek Productions 167min. 監督:ロバート・デ・ニーロ  製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ他 脚本:エリック・ロス 出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・...
『グッド・シェパード』 (ラムの大通り)
(原題:THE GOOD SHEPARD) ----ロバート・デ・ニーロ13年ぶりの監督って、 この映画に彼は出ていないの? 「いやいや、スゴい大物役で登場。 主人公のエドワード(マット・デイモン)をOSSとCIAにリクルートする軍人 ビル・サリヴァン将軍役だ」 ----0SSってニャに?CIA...
グッド・シェパード (Good job M)
公開日 2007/10/20監督:ロバート・デ・ニーロ出演:マット・デイモン/アンジェリーナ・ジョリー/アレック・ボールドウィン 他【あらすじ】エドワードはイエール大学に在学中軍にスカウトされ、第二次世界大戦中の戦略事務局(OSS)で諜報任務に従事。終戦後、OSSの延長...
グッド・シェパード (UkiUkiれいんぼーデイ)
諜報員になるためには・・・・ まず、喋りと声のデカイ人間は、お呼びでないね!m(u_u)m うわぁコレ、どぉ~なんかなぁ? 予告入れると3時間もあった長尺の映画なんですが。 その割には、メチャクチャ退屈ということもなかったけれど・・・・・と言い...
「グッド・シェパード」:渋谷駅東口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}渋谷駅東口といえば、忠犬ハチ公よね。 {/kaeru_en4/}ハチ公の像があるのは、”東口”じゃなくて、”西口”だぞ。 {/hiyo_en2/}東でも西でもいいじゃない、どっちにしても渋谷駅なんだから。 {/kaeru_en4/}いいや、東と西では大違いだ。とくに、冷戦の時代だ...
グッド・シェパード (まぁず、なにやってんだか)
先日、舞台挨拶のマット・デイモンを見たことで、すっかりマットびいきになっている私。やっぱり新作は抑えておかなくちゃね、と今日は「グッド・シェパード」を観て来ました。 いやぁ、ノーテンキに観にいったのに、なんて難解な映画なの!? なぜ、エドワード(マッ...
★グッドシェパード<2007>★ (CinemaCollection)
THEGOODSHEPHERDCIA誕生にすべてを捧げた男の物語。いくつ愛を亡くせばこの国を守れるのか。上映時間167分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2007/10/20ジャンルドラマ/サスペンス【解説】「ブロンクス物語/愛につつまれた街」以来13年ぶりにメガホ...
「グッドシェパード」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
平板の3時間はとても長い。この作品の最大の欠点は、主人公に説得力がないこと。M.デイモンの見かけがどうのという話は置いておくとしても、どうみても彼がCIAの中枢として活躍をしたように思えません。できちゃった婚に至ってしまったり、国の最重要機密を簡単に漏らし....
グッド・シェパード /THE GOOD SHEPHERD (我想一個人映画美的女人blog)
タイトルの『グッド・シェパード』とは新約聖書で"よい羊飼い" ヨハネによる福音書には"わたし=イエスは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。"とある。 内容は全く気にかけずに、デニーロが『レイジング・ブル』以来 13年ぶりの監督作っていう興味だ...
グッド・シェパード THE GOOD SHEPHERD (俺の明日はどっちだ)
仕事と家族の狭間で揺れる主人公の葛藤を軸にCIA誕生秘話を壮大なスケールで描く製作総指揮にフランシス・フォード・コッポラを迎えたロバート・デ・ニーロ監督作品。 あえて例えるならば、まるでジョン・ル・カレあたりの分厚い上下巻に分かれたハードカヴァーミステ...
グッド・シェパード(映画館) (ひるめし。)
いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。
グッド・シェパード 【称号:凡作】 (映画細胞~CinemaCell)
第二次世界大戦中、軍の諜報部隊に所属したエドワードは、終戦後に創設されたCIA
愛国心の代償は、人の心を失う事●グット・シェパード (Prism Viewpoints)
いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。 CIA誕生にすべてを捧げた男の物語。 『The Good Shepherd』 グッド・シェパード - goo 映画 1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだ、 ピッグス湾侵攻作戦がCIA内部
グッド・シェパード■主人公の内面を描いたいたのだろうか? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画は自分の家族と勤務するCIAとの間で矛盾の中で自己を見失っていく男の物語である。しかし、映画を見ながら、この主人公エドワードが本来、どのように生きたかったのかがきちんと描けていないと思う。諜報活動に手を染めるにも、結婚するにも彼の明瞭な意思は感...
グッド・シェパード (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ロバート・デ・ニーロ  出演:マット・デイモン      アンジェリーナ・ジョリー      アレック・ボールドウィン      ロバート・デ・ニーロ 【物語】 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエ...
グッド・シェパード (★Shaberiba ★)
「いくつ愛を失くせば この国は守れるのか・」 彼の愛は・・届くことがあるのだろうか・・。 CIAの誕生に関わった1人の男の壮大な人間ドラマである。
映画「グッド・シェパード」 (<花>の本と映画の感想)
監督? ロバート・デ・ニーロ? 出演 マット・デイモン 、アンジェリーナ・ジョリー 、アレック・ボールドウィン 、タミー・ブランチャード 、ビリー・クラダップ 、ロバート・デ・ニーロ 、ケア・デュリア 、マイケル・ガンボン 、マルティナ・ゲデック 、ウィリアム・...
グッド・シェパード (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となっていたサスペンス・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  製作総...
【2007-151】グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。
グッド・シェパード (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
マット・デイモンの女装w
グッド・シェパード 06/米 ロバート・デ・ニーロ監督 (トーキング・マイノリティ)
 以前、私はスパイ小説が好きで結構読んでいた。この映画もスパイの世界を描いた作品だが、007のようなアクション活劇と正反対の人間ドラマであり、知られざるCIA要員の苦悩や内幕を描いている。 映画はピックス湾事件から始まる。1961年4月17日、キューバのカストロ政 ...
真・映画日記『グッド・シェパード』 (          )
10月25日(木)◆604日目◆ いやあ、デ・ニーロも重くて手応えがある映画を作ったねぇ~~~。 FFコッポラ、スコセッシの後継者はデ・ニーロかも。 『グッド・シェパード』はCIAの創設から携わった諜報員の「仕事(任務)」と犠牲となる「家族」を濃厚に描いた作...
「グッド・シェパード」(2006) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
全国ロードショー中です。"THEGOODSHEPHERD"監督・・・ロバート・デ・ニーロ出演・・・マット・デイモンエドワード・ウィルソンアンジェリーナ・ジョリークローバーアレック・ボールドウィンサム・ミュラッハタミー・ブランチャードローラビリー・クラダップアーチ・カミ....
The Good Shepherd (星のカケラ)
先月公開されてすぐ『グッド・シェパード』をキャナルで観た。 「自分の信じべきものは何かを考えさせる」とても長~い作品。 やるせない気分になった。 CIAという組織に属する1人の男が、家族とCIAの狭間で翻弄されていく様を描いたヒューマンドラマ。(シネマトゥデイ...
グッド・シェパード (Kinetic Vision)
キューバ危機の時代である現在と、第二次世界大戦前夜の過去が交互に語られ、過去は徐々に現在に近づいていく。一人の男がスパイとして生きてきた半生、スパイを父に持った息子、スパイを夫に持った妻の物語が過去のパートで語られ
映画鑑賞記「グッド・シュパード」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.11.2 鑑賞場所:シネマイクスピアリ CIA最大の汚点と言われた「ビッグス湾事件」。 その失敗の原因を追求していくうちに、エドワードは国を守るか家族を守るかの究極の選択を突きつけられることに…。 ひとりの諜報員の波乱に満ちた人生を追いな...
【グッド・シェパード】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE GOOD SHEPHERD】 監督 ロバート・デ・ニーロ  製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ   脚本 エリック・ロス  製作年度 2006年  日本公開  2007年10月20日   上映時間 2時間47分  製作国 ア
グッド・シェパード (Yuhiの読書日記+α)
「グッド・シェパード」を鑑賞してきました。以前からCIAやスパイものには興味があったし、キャストもマット・デイモンが主演、他にはアンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、ウィリアム・ハート、ロバート・デ・ニーロなどが出演していて、かなり豪華な...
グッド・シェパード (こんな映画見ました~)
『グッド・シェパード』 ---THE GOOD SHEPHERD--- 2006年(アメリカ) 監督:ロバート・デ・ニーロ 出演: マット・デイモン 、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、タミー・ブランチャード、ロバート・デ・ニーロ、ウィリアム・ハート、ティモシー・ハ...
「グッド・シェパード」難しい・・・長い・・・~1500円~ (いりりんの育児映画人生)
デニーロの骨太な演出に拍手!これぞハリウッド! ・・・とおすぎが言ったとか。 すみません、理解できなくて。 要するにCIAの成り立ち映画なのですが、 そもそもキューバ危機を理解してない私にとっては 最初の作戦失敗の重要性が分からない~~・・・。 そんなわけ...
グッド・シェパード (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
マット・デーモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ。 CIAにまつわるサスペンス。 映画は時系列には進行しない。 時間(年月日)が頻繁に前後するので、 字幕に出る日付をよく確認しておくこと。 *** 物語を読み解くのに知っておくといいのが「...
★「グッド・シェパード」 (ひらりん的映画ブログ)
マット・デイモン主演のCIAもの。 といっても、第二次大戦の戦中・戦後のCIA創成期のお話。 監督は名優ロバート・デ・ニーロ。
寝不足で見てはいけません。(笑)~「グッド・シェパード」~ (ペパーミントの魔術師)
すいません、 多分招待券がなかったら、 自分からはセレクトしない類の作品です。(コラ) あかん、睡眠時間4時間くらいで行ったもんで 時間軸がぴょんぴょん行きつ戻りつするのに ついていけんかった~~~。(泣) 時たまフッと意識が・・・あわわ。 でも、途中から引き込...
グッド・シェパード (銅版画制作の日々)
    この男がいたからCIAは生まれた。   創設当初はわずか17、8人でスタートし、いまや2万9千人を擁するまでに成長した、世界最高の諜報機関であるCIA   正確な時代考証に基づき、CIA誕生秘話と冷戦時代のスパイ活動にまつわる興味深い史実を...
グッド・シェパード (playt* cinema* art* )
原題 THEGOODSHEPHERD HP製作 2006年時間 167分監督 ロバート・デ・ニーロ出演 マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ビリー・クラダップ、ロバート・デ・ニーロstory1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより....
【映画】グッド・シェパード…分かりやすいけどピンときていません (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるようになって結構経ちますが、今まで全然気がつかなかったらしいです{/face_ase1/} 他にも同じ高校の...
<グッド・シェパード>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 167分 原題 The Good Shepherd 監督 ロバート・デ・ニーロ 脚本 エリック・ロス 撮影 ロバート・リチャードソン 音楽 ブルース・フォウラー  マーセロ・ザーヴォス 出演 マット・デイモン  アンジェリーナ・ジョリー  アレッ...
『グッド・シェパード』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗しCIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く・・・。感想....