ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

パッチギ!

2005-01-27 20:43:00 | 映画2005
 自腹で見なきゃいけないと思いつつ貯まったポイントで観てしまった。「横山ホットブラザーズはこの時期にはもう活躍していたんだなぁ」と妙なところに感心しつつも、見事な青春映画に仕上がったと感じましたよ!

 発売中止という措置を取られた「イムジン河」を二人の恋愛のメインに置いた、“ロミオとジュリエット”風に対立していた高校生の物語。単にヤクザな世界を描いてきた今までの井筒作品とは異なり、日本と朝鮮の歴史にも深く切りこんだ社会派作風にも思える。昨年観た佐々部監督の『チルソクの夏』は韓国と日本の関係を明らかにしていたが、この『パッチギ!』は南北朝鮮を同じ民族として捉えている。実際、我々日本人が朝鮮を考えるときに、北か南かなどとこだわりすぎていたのであろうか、祖国統一を願う彼らにとっては北も南も同じ民族だと考えていたのだと痛感した(今は知らないが・・・)。そのほか、通夜の席上、悲しみと怒りを露にしたおじいさんの台詞によって、生駒トンネル・淀川の強制労働など知らなかった事実を教えられました。

 全体的にはケンカや下ネタのオンパレードであるが、朝鮮アレルギーのある人じゃなければ爽やかに映る不思議な感覚になりました。一部の人たちは「左翼映画だ」とかのオバカな発言をしているようですが、単に60年代の時代を懐かしんで熱くなれる映画だと思います。ラストまで2本のストーリーが絡み合って展開するクライマックスは感動しました。
※クライマックスで思い出したのは「はしだのりひことクライマックス」。フォーククルセイダーズに関しても「帰って来たヨッパライ」やはしだのりひこしか記憶にありません。

★★★★★(主演の塩谷くんが石川県出身だということなので甘め)
パッチギ!@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (86)   トラックバック (96)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパーサイズ・ミー | トップ | レイクサイドマーダーケース »
最近の画像もっと見る

86 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
南北統一 (祐)
2005-01-27 23:51:31
NHKのように政党のチェックも入らなかったようで(笑)、今までなら表現しなかった内容もかなり表現されてました。「GO」では遠慮がちの台詞でしたが、日本の義務教育で教えないことを学ぶ機会に巡り合えました。(笑)



南北統一は日本国内では出来たんですよね。最後のシーンの決闘場所は 出町柳です。加茂川と高野川が一つになって鴨川になる合流点です。

南北統一も意図してここを決闘の場所にしたのかなぁと思いました。



他にも書きたいことがありますが、小出しに書いてゆきます。(笑)
TBありがとうございました (tora-mie)
2005-01-28 13:03:50
 現代ではともすると敬遠されがちな『熱さ』を持った作品なのに、見終わったあとには爽やかな印象が残りました。

 普段、なかなか耳にすることのない朝鮮半島の南北の歴史も語られていたのが興味深かったです♪
TBありがとうございました (gantakurin)
2005-01-28 14:01:49
TB&コメントありがとうございました。

ほんと、今回は井筒さんにやられちゃいました。

めちゃ気が早いのですが、今年の邦画No.1かも、と思ったりしています。
TBありがとうございました ()
2005-01-28 16:20:39
ものすごく深いテーマの作品ですが、浅くにしか知らなかった事がちゃんと分かった事柄もあるし、大変爽快な気分で観終わりました。

まだ観ていない人は是非観てほしい作品no.1だと思っています。

TB、理解できてなかったのですがこういう事だったのですね・・(汗
TBありがとうございました (グロリア)
2005-01-28 17:13:33
私もTB初体験でして(ポリポリ)、↑の方と同様、あーこういうふうに広めて(笑)いただける、ということなのね、と初めて納得しました。

「パッチギ!」ほんとにいい映画でした。井筒監督って自分ではもう大した作品を撮れないくせに他の監督の作品を酷評ばかりして、やなヤツ!と思っていたのに、コロッと「やっばエエ監督やんか」と思ってしまいました。大衆は勝手なもんですが、ホント一人でも多くの人にこの映画は観てもらいたい。心からそう思います。
どちらかというと (うー)
2005-01-28 19:10:30
私は『GO』のほうがあっさりと見れて好きでした。原作で読むともっといいと思いますけど。『パッチギ!』は言いたいことを詰め込みすぎて時間内に収まりきれてない感じがしました。ぶちぶちと切れてるみたいな編集も少しみづらかったですし。(試写会だけですか?)ラストまで見ればなんとか納得できるんですけど、途中までは娯楽にしたいのか訴えかける映画にしたいのか方向性がつかめず、ちょっと疲れてしまいました。井筒監督なら『ゲロッパ』のほうが好きです。
TBアリガトウゴザイマス (torayosa)
2005-01-28 21:08:57
いや、ネタばれ映画館にTBしようとしたが、どうしてもうまくいかなかったのです。

どこかで手順がちがったようで。



しかし、井筒監督がどっかのバラエティで言うていたように青春映画いや凄春映画でした。しかも在日の歴史もちゃんと抑えてあり、時代の文化もしっかり描いてある。



ここから歴史を学び考える契機になるでしょうね。私はにわか高校ラグビーのファンでもありますが、2年連続で大阪朝鮮高級学校2年連続花園に出場していました。



ワールドカップの北朝鮮(共和国朝鮮)は2月9日ですね。
こんばんは~ (sean)
2005-01-28 21:36:56
今思ったのですが、kossyさんのブログのデザイン、

私のと柄違い?(爆)でした~。

あはは♪親近感~♪

ちなみにヒューたま大好きな私であります^^;



私もゲロッパがダメダメ派でして…。

正直これも期待していなかったんですが、

今回は良かったです!

井筒節健在♪って感じがしました。

そして歴史の勉強にもなりました…。
パッチギ! (えい)
2005-01-28 21:39:27
TBありがとうございました。

この映画は、去年から強く押していたので、

世評の高まりがとても嬉しいです。

辛口のこちらでも評判がいいようでほんと幸せ。
熱いですね! (グロリア)
2005-01-28 21:53:08
あとちょこっとコメント。

私は『GO』も好き、『ゲロッパ!』は合いませんでした。皆さん感想は色々ですね、それでいいんですよね。

『パッチギ!』の編集についてはほかのページでも疑問の声が上がっていますが、あの暗転の多用はかなり意図的な演出だと私は思いました。最近あまり見かけないように思いますが、ああいうつなぎ方、私はけっこう好きです。



『ゲロッパ!』で、井筒さんこれじゃあダメじゃんと私はガッカリしてたので、本作はことに嬉しさ満開です。
エキストラ (kanohitoya)
2005-01-28 21:54:29
おじゃまします!!



実は私、この映画のエキストラやってます!!

えーい自慢しちゃえー!!





熱い! (kossy)
2005-01-29 17:04:10
>祐さま

昔のように政治的な表現の検閲があったら嫌ですねぇ~

国交が回復したのだから今後も色んな表現をした映画も出てくるかと思いますけど、これはかなり知らない事実をも教えてくれた映画でした。

何となく、この映画を観た在日の方の意見も聞いてみたくなりますよね。



>tora-mie様

そうそう、爽やかな印象が残るってところが新鮮でしたね。

ケンカの原因とかを日朝のどちらかが悪だ!と描かなかったのが良かったのでしょう。

南北の歴史は、俺も勉強になりました。



>gantakurin様

今のところは邦画No.1だと思いますよ。

そういや、去年もこの時期は『半落ち』がNo.1かと思っていたなぁ・・・



>繭さま

他の人にも観てもらいたいですね~

TBも頑張って、楽しみましょう♪



>グロリア様

そうなんですよね。

俺も井筒監督を過小評価していました。

『ゲロッパ』もたいしたことないなぁと感じていたもので・・・

甘い韓流に流されるなよ!というメッセージもあるような気がしますね。

編集については、監督は狙ってますよ・・・



>うー様

俺は『GO』がちょっと苦手でした。

窪塚が苦手だったということもあるかもしれませんけど・・・

この映画は確かに全体的にカット割が甘いような気もしますが、わざと何かを狙っているような気もします(反ハリウッドとか反韓流とか)。

ゲロッパとの比較は人それぞれですね~



>torayosa様

ワールドカップ予選も気になるところですね。

朝鮮と日本の歴史に関しては、本当に勉強になりました!

細かいところでツッコミどころはあるのでしょうけど、問題提起という点では成功していますよね。

ラグビーの件は知りませんでした・・・



>sean様

そうそう、同じヴァン・ヘルシングをつかってますね~

一旦変更すると、元に戻せなさそうですから、まだまだ使いますよん。



>えい様

去年から押していたとはすごいです!

アカデミー賞がらみで他の映画がどんどん公開されているので、埋もれてしまうような気もしてるのですが、もっともっとがんばってもらいたいですね。



>kanohitoya様

おお、すごい!

どのあたりに出ていたのですか?
Unknown (黒子)
2005-01-30 00:40:32
トラックバックさせていただきましたぁ。

はじめまして、そしてよろしくお願いいたします^^

井筒監督の解釈と歴史を知れて、僕は満足のいった作品になりました。
トラックバックありがとうございます (やまうち)
2005-01-30 01:22:30
はじめまして。やまうちと申します。

ノベライズ本読んだら

時代の背景が詳しく書かれていて、

「あ、こういうことだったんだ」って思いました。

映画はそのへんをわりとはしょってるみたいですね。
トラックバックありがとうございます (みかん)
2005-01-30 03:01:34
滅多にTBしてもらえないblogなので

とても嬉しいです (〃∇〃)



単純なのでイムジン河の着メロDLして聴いてますよ

エキストラで出演した方まで書き込みしてて

凄いですねぇ
時代背景 (kossy)
2005-01-30 13:33:12
>黒子さま

ほんとに歴史の勉強になりました。

学校時代には3学期になって歴史の時間でもはしょってしまう個所ですしね。。。

熱かったなぁ。



>やまうち様

ノベライズ本がもう出てるんか~

原作ってのはないんですよね?きっと。

公式サイトもかなり詳しかったですよ~



>みかん様

着メロか・・・俺もそろそろ機種変しないとまずいなぁ。

いまだに白黒画面の携帯はちょっと恥ずかしい・・・

確かに・・・ (しんちゃん)
2005-01-30 15:15:04
 友人が1人亡くなっちゃったけど・・・あくまでも交通事故・・・喧嘩で誰も亡くならないいい映画だったね(そんなわけはないんだけどね(^^;あの殴り方じゃ)



 青春って言うこっぱずかしい言葉がすごく似合ういい映画でした



 私ですか?ギター片手に歌を歌い、今の嫁をゲットしたようなものです(爆)

 
こんばんは~ (MISAKI)
2005-01-31 23:18:42
kossyさん こんばんは!

またまた おじゃましま~す。



祐さんの強いすすめもあって「パッチギ」観て来ましたよ~



私が今までに観た事のないような系統の映画でした。(笑)

喧嘩と下ネタには思わずう~んという感じでしたが、川でギターをたたき壊すシーンでそういうものもチャラになった感じです。

いっしょに泣きたかった。

私が生まれるよりも前の話だから、親世代にはもっと感慨深いのかな?

でも、いろいろな事がわかって良かった。

「冬ソナ」にはまったけど、こうゆう事が両国間にあったという事を日本人の井筒監督が撮った意義は大きかったように思います。



それでは、また・・。
Unknown (王子)
2005-02-01 13:00:48
>こうゆう事が両国間にあったという事を日本人の井筒監督が撮った意義は大きかったように思います。



井筒監督は日本人と言っても借金問題等でシネカノンの朝鮮人プロデューサーに頭が上がらないようなので、ニュートラルな日本人感とはかけ離れてると思いますが。http://www.cine-tre.com/contents/news_topics/050104.html



また「両国間にあった」とされる事はホントに有ったことなのか史実等を調べないと、映画はフィクションだしそれをそのまま「そういうことが有ったんだ」と鵜呑みにするのは危険ですよ。
本当かどうかは知らないけど (祐)
2005-02-01 23:02:42
気になったので調べてみました。(笑)

ということでネットを調べてみたら、いろいろと書いてある。お役所のWEBサイトにも堅苦しく書いて有りました。本当に有ったんでしょうね。

生駒トンネルの近くには 慰霊碑もあるみたいです。公共ではなさそうですが、写真入のサイトもありましたので ご参考に。。。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/3836/ikoma/ikoma.htm



ギター・・・弦張ってない・・・ (kossy)
2005-02-02 00:02:45
>しんちゃん様

そ、そうですかぁ~

俺もギター抱えて口説くんだったな・・・

そろそろ弦を張って、曲を聴いてくれる女性を探さなくちゃ・・・



>MISAKIさま

良かったでしょ~♪

監督も「若い人に観てほしい」と仰ってましたから、大人が観るよりはいいと思いますよ。

彼の映画評にも重みが出てきますよね・・・ちょっと悔しいかもしれないけど(笑)



>王子さま

ま、全部を鵜呑みにしてしまったらダメかもしれませんね。

ただ、かなり調べたというようなことも仰ってましたので、ある程度は信憑性アリでしょう。



>祐さま

見てみました。

トンネルといえば幽霊話がつきものですもんね。

ちょっと怖くなりました・・・

そうかぁ、大林組を見る目も変わってきそうだなぁ。
Unknown (MISAKI)
2005-02-02 21:35:40
私のコメントにお返事頂いたようで・・・。



王子さん もちろん完全なドキュメントとは思っておりません。私の書き方に語弊があったかな。

でも、日々安穏と過ごしている私にこのような事にも目を向けさせてくれるきっかけになった作品だと思います。

自分の目で見て、心で判断したいのです。

もちろん王子さんの意見も参考にさせt

(^∧^)
Unknown (MISAKI)
2005-02-02 21:49:54
あら、失敗した~ 変な所で投稿しちゃった。

ヒートアップしてるのかな?私・・

ここは、修正できませんよね。

続き書きます。



もちろん王子さんの意見も参考にさせて頂きます。

鵜呑みにしないようにね。

アドバイスをありがとうございました。



それから、祐さん いろいろと調べて頂いてありがとうございました~。 (^∧^)



それにしてもkossyさん 週に何本観てるの~?

「ニュースの天才」私も観たかったんです。



それでは、また・・

このブログますます好きになりそうなMISAKIでした。





邦画もみなくっちゃ! (aq99)
2005-02-04 21:22:07
今年は、宣言どうり邦画を!と思い、一発目に大当たり~!ヤッター!!ラインアップを眺めても、邦画によさそうなのが、ごろごろで楽しみです~!!
TBさせて頂きます☆ ()
2005-02-07 03:37:07
この映画大好きでした(*´∇`*)
今週で終わり (kossy)
2005-02-07 08:41:26
>MISAKIさま

徐々にヒートアップ!

俺の映画鑑賞スピードもヒートアップしてきましたよ。

昨日なんか3本も観てしまった。

ふふふ。



>aq99様

去年が邦画の大躍進の年でしたからね~

今年はどうなるのか楽しみなんですけど・・・

終戦60周年記念とかで、変なのもありそうです・・・



>操さま

観ることができてよかったですね~

コチラではあまりヒットしてません・・・田舎のせいか、みんな洋画ばかり見てるからでしょう(笑)

コメント&TBどうもです。 (S,Mae2001personal☆)
2005-02-07 18:46:05
kossyさんのネタバレ映画館は

超人気blogなんで、TBするのも

人寄せ見たいな感じがして申し訳ないなぁ

って感じてました。

うちのところにも来て頂いてうれしいっす。



>我々日本人が朝鮮を考えるときに、北か南かなどとこだわりすぎていたのであろうか、祖国統一を願う彼らにとっては北も南も同じ民族だと考えていたのだと痛感した(今は知らないが・・・)。



これに関して在日の後輩に聞いてみました。

彼の国籍は“朝鮮”で、いわゆる北朝鮮ではないとかで

存在しない国扱いみたいな形だそうです。

やはり祖国は1つって考え方なんでしょうね。



ちなみにパッチギの舞台は彼の出身高校だとか・・・
祖国はひとつ (kossy)
2005-02-08 09:05:54
>S,Mae2001personal☆様

貴重な話をありがとうございました。

在日2世、3世となると考えも変わってくるでしょうし、日本人だって過去のことを忘れようとしてます・・・

おりしも今日は北朝鮮とのサッカーがありますね。

「経済制裁する」と息巻いている政治家もいることですし、乱闘騒ぎにならないことだけを願っております。

こんにちは (あれこれ。)
2005-02-11 07:46:18
難しいテーマをとりあげて爽やかな青春物にしてくれたと、

素直に感動できる映画でしたね。

よかったらTBさせて下さい。
青春映画やわぁ (kossy)
2005-02-11 19:29:16
>あれこれ。様

は、そうか、そうなんですよね。

難しいテーマを爽やかに描くという監督の上手さ。

戦争映画かと思っていたらラブストーリーだった!みたいな感じと一緒ですよね。

TBはいつでも歓迎です♪
Unknown (王子)
2005-02-11 20:03:27
>「経済制裁する」と息巻いている政治家



まあ、こういう言葉の端々に思想ってのは出てくるもんでね。ナニをか言わんやですな。。
こりゃまた (kossy)
2005-02-11 21:02:24
心外な発言ですね。

自民党内でも意見は色々あるのですよ。

それでは日本のトップである小泉さんまで否定なさるのかな?>王子さま
Unknown (王子)
2005-02-11 21:32:42
ココではこういう話題はふさわしくなかったな、と思うので、少し反省しております>kossyさん。

ただ、「経済制裁云々」と言ってる議員を支持し、小泉総理の煮え切らない態度にイライラしているのが、多数と思いますがね。

まあ、「経済制裁する」と息巻いている政治家は先走りしていて、小泉の態度が「正しい」と思ってる人と議論してもナニも生まれませんので。



とりあえずコレで最後にします。すんませんでした。
いいのか? (るる)
2005-02-17 15:42:53
すごく期待してたのに、みごとに裏切られたって感じです。歴史の問題説明もとって付けたみたいな台詞だったし、そこだけ不自然な感じかした。もっと台詞にうまくのせてほしかったし、複雑な心理描写がヘタだと思う。けんかの場面も多すぎ!そこまでやったら、双方にもっと死人が出たんじゃないの~亡くなった人はあくまで交通事故死だし。そういう場面があってもいいけど、やくざ映画じゃないんだから、そればっかりじゃあうんざりする。ラジオ局の場面まで暴力でかたずけてしまっては、?って感じ。
いいのでは? (kossy)
2005-02-17 16:37:03
>るる様

確かに暴力描写は多かったですね~。

ただ、主人公は戦争のようなケンカに参加してませんので、俺はまだ許せる範囲だったかなぁと思います。あくまでも世相とか周りの出来事として表現したんじゃないでしょうか・・・



やっぱり (こうかな)
2005-02-24 03:06:08
昨日のワイスクでもやったけど、映画「パッチギ!」のデムパな台詞。



クライマックスの葬儀シーンで

「(俺たち)国空っぽになるほど連れて来られたよぉー!国会議事堂の大

理石、どっから持ってきて、誰が積み上げたか?お前らニッポンのガキ、

なに知ってる?知らんかったらこの先もずっと知らんやろ、お前、土手の

野草食うたことがあるか?帰れ!」

http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20050131.html



(これの反証)

■国会議事堂 東京の建築遺産50選

また、建設にあたって使用された建築材料は、八幡製鉄所の鉄骨材をは

じめ、山口県黒髪島や広島県倉橋島の花崗岩、宮古島の大理石を用いる

など、すべて国産品でまかなわれた。戦工も全国から石工、左官、建具職

を招集している。外観におとらず、内部空間も見事である。とりわけ、「便殿

」と呼ばれる天皇が休息するための御殿は、日本工芸の粋を結集してつく

られている。

http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/tatemonomap/tokyo50/t06/t06.htm



国会議事堂の建設にあたっては国内産の石材を使用することをその基本

方針とし、「黄龍」と呼称される韓国産大理石を除き他の全ての石材は国産

である。(新版議事堂の石より)

http://www.uchida.env.waseda.ac.jp/kokkai.htm



朝鮮人労働者を強制的に働かせてはいない。やっつけ仕事しかできない朝

鮮人労働者を高度な技術のいる国会議事堂建設に使うわけがない。また、

「黄龍」と呼称される韓国産大理石を一部に使っているが、対価を払って購入

したもの。





騙されないように (やっぱり)
2005-02-24 03:15:27
一言言うと在日朝鮮人はネットでは

息を吐くように嘘を付くと言われている。

強制連行そのものも大嘘で実際のところは経済格差の著しかった朝鮮半島から、主に白丁と言われる最下層の人達が先進国の日本国内地に密入国してきたということ。こういた反日プロパガンダ映画が平然といまだ上映される理由を俺は知りたい。

在日朝鮮人の歴史について知りたければ

このHPでも見たほうがいい。

http://nikujiru.tripod.com/

「大日本史 番外編 朝鮮の巻」
↑騙されないように (kossy)
2005-02-24 08:54:51
>こうかな様

確かにほとんど国産の大理石を使用しているようですね~

だけど、あの台詞の核となる言葉は「誰が積み上げたか?」に集約されているものでしょうし、「どこから持ってきた」という言葉はそれほど関係ないのではないでしょうか?映画を観ていれば、前後の台詞からも、どこに重きを置いているのかがわかるはずです・・・観てないのかな?

建築に関しては、指揮監督する者はよほどの技術を持った専門家じゃないとできないでしょうね。だけど、日本の名工たちが重い石を持ち上げたのではないでしょうし、その弟子たち、弟子の弟子たち・・・その下の労働者に朝鮮人がいたのでしょうね。

ピラミッドを作ったのは誰か?白鷺城を建てたのは誰か?という議論と同じになったら、つまんないですよ・・・



>やっぱり様(同じ方だとは思いますが・・・)

在日朝鮮人が嘘をつく・・・ネット右翼が嘘をつく・・・同じ次元の罵倒合戦には興味ありません。

リンク先を開いてみると、完璧な右翼のHPだとわかります。

人のことを嘘つき呼ばわりする人のことなんて信じられませんって・・・・
Unknown (騙されないように)
2005-02-24 18:22:36
右翼のHPというよりも中身じゃないの?

その中に韓国民団の発刊した書物の内容があったり

京都大学の朝鮮人関係の記事のヘッドラインもあったり、色々でしょ。

どこのどの部分がそのHPの嘘なのか教えてもらえればあり難い。

強制連行で朝鮮が空になりそうだったって言うような発言がこの映画であったらしいが、実際のところは日本政府は何度も何度も渡日制限をしていて、にもかかわらず、半島からの密航者が絶えなかったということなんですが。



あのHPのどこが正しくてどこが間違ってるか指摘してくれませんか?
Unknown (Unknown)
2005-02-24 18:36:50
日本政府は朝鮮だけでなく台湾やパラオなどを統治したけど台湾やパラオでは強制連行の話も聞かず、それどころか世界有数の親日国な理由も教えてほしい。

台湾人は戦時中いっぱい日本にいて、戦後、GHQの命令に従い帰国。ではなんで多くが日本に残ったの?

そのあたりも教えてほしいんだな。

日本が大好きな台湾人は台湾に戻り、日本が嫌いな朝鮮人は日本に残る。文句言いながらもいまだ帰らない。やっぱり日本に来たくて来たのではないの?

井筒さんって拉致と「強制連行」と対比させて日本をよく非難してるけど、北朝鮮に拉致された人達って日本に帰りたくても帰れないんだよ。朝鮮に断固として帰ろうとしないどこぞの人達と比較されても不愉快なだけだんだけど。



このリンクはどう?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603841/249-8737120-5916350

在日・強制連行の神話 文春新書

鄭 大均

この人、この前東京都訴えた在日のお兄さんね。
欺瞞 (kossy)
2005-02-24 19:10:29
>騙されないように様

引用文は確かに信憑性のある内容ですよね。

それは引用文なのでウソをついていることにはならないでしょうけど、問題は管理人さんのコメントにあるんじゃないでしょうか?

まず「反日マスコミや左翼教師」「反日左翼のフィルターを通したマスコミ」という言葉、何ですかこれは?すでに読み手をミスリードさせようという手法ですよね。どこが嘘かといえば、トップのコメントこそが嘘なのではないでしょうか。

戦時中に徴用として強制連行された朝鮮人の人数は今まで知りませんでしたので大変参考になりましたよ。ありがとうございました。



重要なことですが、ここは映画に関するコメントを求めているブログなので、ぜひ『パッチギ!』をご覧になってから書きこんでいただきたいです。
こんばんは (モール777)
2005-02-24 22:48:33
 TBありがとうございました。

 といっても、未だにTBってよくわからないのですが。



 思いっきり泣きましたが、時代考証を若干無視して、岡林信康や五つの赤い風船の曲が流れれば、もっと号泣したでしょう。

ま、年寄りのたわごとですが。

年寄り? (kossy)
2005-02-24 23:01:58
>モール777様

そんなに年寄りじゃないでしょう~

69やパッチギの世代から一回り下になりますが、音楽だけは背伸びして聞いていたようなかすかな記憶があります。

今、ムービープラスでやってる『ウッドストック』を観ながら懐かしんでおります・・・
Unknown (Unknown)
2005-02-25 12:10:08
徴用って当時の朝鮮人は日本人だから当然。

それでも生粋の日本人が39年から徴用されてるのに

対して半島の人は44年9月から数ヶ月。

こういったホントのことを言える半島人って

ほとんど見かけない。

南北朝鮮銀行が破綻して日本の税金から合計3兆円がつぎ込まれた。このことに感謝する半島人にもあったことがない。

在日外国人の5分の1が生活保護受給者で日本人の税金が年間何兆円と彼らのために使われてるのに感謝する半島人に出会ったこともない。

ワールドカップを見たら彼らの民族性は理解できる。

どんな汚いことしても勝てばいい。

こういう史実に全く反した映画が上映されて日本が不当に貶められても日本人が都合よく誤解して半島人の立場がよくなればいいい。

こんなのだから今はネットで半島人批判がかなり盛んに行われている。

全て自分がまいた種。
あのね・・・ (kossy)
2005-02-25 13:07:21
だから映画を観てから発言してほしいって言ってるんだよなぁ・・・

映画の舞台は60年代だってのに、どうして現代のことに言及なさるのか理解に苦しみます。「史実に反してる」なんてのは、この映画が歴史映画ではないことをみれば一目瞭然、映画にはそんなに政治的なことは出てきてないし、あくまでも在日の人間が描かれているのですよ。強制連行されてきた人数も1万人を超えるらしいじゃないですか。その1万人の中の一人の発言・・・映画の中でも一ヵ所だけです。息子が交通事故で死んだじいちゃんが怒り狂って自分の思いをしゃべるだけです。

現在の北朝鮮という国は好きになれるはずがないけど、日本人と同じように暮らす在日の人をけなし続ける理由がわかりませんよ。ひょっとしてパチンコで大負けしたから?(笑)もし貴方が50歳超えている方で、リアルタイムに60年代当時の在日と話し合ったことがあるというのなら、俺の言うことは軽くて屁みたいなものでしょうけどね・・・



朝銀への公的資金投入は日本人として許しがたいことですが、元々は金融機関を優遇し続けるからこうなったのであって、他の大手銀行へも60兆円投入されていることに怒りを感じないのですか?



ま、こんな議論をするためにこのブログを開設したのではないため、以降映画に関係のない貴方の文は削除させていただきます。

TBありがとうございました (チャンシオ)
2005-02-25 18:05:16
トラックバックいただきまして、ありがとうございました。

実体験として、なんか近い体験をしている私には、本当にいい映画でした。
Unknown (Ray)
2005-02-26 14:31:32
kossyさん、初めまして。

『パッチギ!』の政治性を分析することは意味がありますが、この映画における政治は副次的なもので、あくまで芸術作品として見るべきですね。

放送局で上の人が「イムジン河」は朝鮮総連からも日本公安からもクレームが来るので放送したくないと言っているのに、敢えてディレクターが康介に歌わせる場面がありますが、あそこは表現に対する監督のメッセージが込められているのではないですか。
イムジン河 (kossy)
2005-02-26 19:42:13
>チャンシオ様

すごい経験ですね~

俺は全く経験ないので、実感がわかなかったけど、あったんでしょうね・・・熱い時代が。



>Ray様

熱い青春ドラマを削ぎ落としてしまったら、政治的な映画になったんでしょうね。その政治色をほとんど感じさせなくした井筒監督の手腕も見事でした。

表現の自由というテーマは一貫してましたよね。そのままこの映画にも当てはまるかのような・・・
表現の自由 (Ray)
2005-02-26 20:43:10
同感です。北朝鮮や朝鮮総連に対する風当たりの強いこの時代に、井筒監督が政治的ではない、青春ドラマを主眼にした在日朝鮮人の映画を撮ったことは、表現の自由の真っ当な行使ですね。

細部に突っ込みどころはあるのでしょうが、在日朝鮮人を客観的に描いていると思います。たとえば朝鮮高校の生徒がウリ共和国は気合いでアメリカに勝てると慷慨している場面なんか、井筒監督がその主張を信じていたり彼らを代弁したりしているのではなく、コメディの視線で描いているのです。そのように見ていくと、井筒監督はこの題材を本当にバランスを取って撮っています。
Unknown (キム)
2005-03-01 18:04:53
パッチギのDVDはでるんですかね?もう一度見たくて

DVD (kossy)
2005-03-01 20:15:46
ネットで調べた結果は、未定のようですね。

もうしばらく待ってみましょう。
何故か懐かしく、 (後輩になる在日)
2005-03-11 00:02:16
何故か懐かしく、優しい気分になれました。

でも、あの時代の朝鮮高校生と今の時代の朝鮮高校生

とは、見た暮れは似てても、中身や言葉の重さが

まるでかけ離れているような気がします。

今の高校生は、実体験をしていないので、どんなに

熱い気持ちを持たせようとも、彼らのようには決して

持つことはできないし、より複雑化した社会には最適

なことでもないんでしょうね。



でも、本当に懐かしい気持ちにさせてくれました。

とても、暖かい映画だなと思いました。

最高点をつけたいと思います。



パッチギ!100点満点!





もうひとつ別件ですが、

上記にある映画を見ないでいちゃもんといいますか

2ちゃんねるのこぴぺを編集したようなHPばかりを

信じてやまない人もいましたが、そんなものはこの映画

とは切り離して見てくれればいいのにね。

「おじいちゃん」の言った言葉を嘘よばわりするならば

そのHPだってたった1人の資料研究であって

すべて鵜呑みにするのもいかがなものかと思います。

体験談を語っているのと資料で論理武装するのと

どちらにせよどちらも完璧に信じようったって無茶なことですよね。

だから私はいちいち難しく考えないでもらいたいと思います。

2ちゃん (kossy)
2005-03-11 01:37:25
>後輩になる在日様

映画を観れば、そんな映画じゃないってわかるのにね~

『華氏911』のときもあったんですよ(笑)

ネットうよさんも必死ですね。

弁証法的というか、切り返しは得意そうなんですけど、すべてが机上の論理の方たちですから、リアリティがないんですよね。

映画にするとリアリティが出てくるから、かれらは悔しいのかもしれません・・・・
京都から (大西こと名優ケンコバ)
2005-03-11 19:03:44
映画観ました、良かったです。



実際にモデルとなった町並みには心当たりがあり、沢山心に響く場面がありましたた。そして、確か少し前にチマチョゴリが切りつけられる事件も思い出しました。



「朝鮮人になれる?」の台詞が印象的で感動してる自分とさらしてみるとすごく複雑な気分になりました。









見てきました (kouei)
2005-03-12 01:42:37
井筒さんの映画って、いまいち肌に合わなかったのですが(笑)今回のこれは素晴らしい出来でしたね

内容に触れるのは、まだ見ぬ人のために取っておくとして「当り」の映画であることは間違い無いです!



どうでも良いですけどUnknowの奈々氏さん!

不気味ですから!

井筒監督 (kossy)
2005-03-12 16:44:12
>大西こと名優ケンコバ様

チマチョゴリの切りつけ事件、そういえばありましたね。

記憶が朦朧としています・・・

俺も京都が好きなので、見たことがあるような風景も楽しめました。



>kouei様

井筒監督ということで期待してなかっただけに大当たりで満足でした。

Unknown氏のように偏見の塊のような人にぜひ見てもらいたい映画なのにね・・・
イムジン河についての感想 (後輩になる在日)
2005-03-19 23:22:53
>kossyさん



彼ら見たいな方たちには、まさに机上の空論という言葉がぴったりなのかもしれませんね。





イムジン河についての感想



イムジン河を聞いています。

パッチギのファンになったのでオリジナルサウンドトラックのCDを買ってしまいました。

いつ聞いても、いい曲とはじめは歌に聞き入っていたのですが、イムジン河がなぜこんなにも聞き入らすのだろうと思い始めたわけです。

自分が同じ民族だから、というのも確かにあると思ったのですが、それだけではないことに気づきました。



そう、この曲は、とても悲しい歌

誰かに祖国を二つに分断させられたのだから

でも、この曲には、何一つ



否定語や、特定の誰かを責める言葉がないのです。

だからこそ、悲しみがさらに滲み出してきて

曲に吸い込まれていくんだと自分なりに思いました。



パッチギは今自分のマイブームと言ったところでしょうか^^
サントラ (kossy)
2005-03-20 11:36:41
>後輩になる在日さま

いいなぁ~サントラ

同じ気分を味わってみたいです。

「否定語や責める言葉がない」ってのは素晴らしいことですね・・・身につまされるような思いになります。

この映画でもそうですけど、悲観的になる要素もないし、希望をつねに持っていれば、必ずいいことがありますよね~
映画として面白かったです。 (高橋良平)
2005-03-24 00:34:19
今日観に行きました。青春映画であり、政治映画であり、音楽映画であり、昔懐かしの映画でもありと、本当に色々な要素が詰まっていた映画でした。そのどれか一つを取り出すのは、フェアーじゃないと思います。

 まさに総合芸術(娯楽)としての映画の醍醐味を堪能した一日でした。

 少し勝手なことを言わせてもらえば、成功の秘訣は、例えば、僕はマルクス・レーニン主義者なのですが、学生運動に対する、敢えてずらした視線(最後に小出恵介扮する吉田紀男が赤ヘルを被り、竹竿を握りながら機動隊と衝突するシーンが出てきましたが、その描き方が滑稽でした、しかし同時に、京大に廃品を売りに行ったとき、三里塚に行ったと嘘をつくと、活動家が嬉しそうにお金を渡していたシーンもありました)というのが、全ての要素に対して徹底化されていたという点だと思います。在日に対しても、日本人に対しても、その危うい部分と面白い部分を同時に引き出して、良い/悪いという価値判断よりも、それぞれの可能性を、上手く引き出す井筒さんの手法は、とても公平な物の見方をしていることが伝わって良かったです。
公平さ (kossy)
2005-03-24 09:23:22
>高橋良平さま

「良い/悪いという価値判断よりも、それぞれの可能性を、上手く引き出す」という表現には同感です。

思想的に中立の立場であっても、

右翼の攻撃を受ける世の中ですもんね。

基本は、音楽を通して多民族を理解するというテーマだと理解しているのですが、一部しか見ていない人もかなりいることが残念ですね。
Unknown (Unknown)
2005-04-05 00:28:48
朝鮮人だから。

今、韓国は冬ソナブームとのこと。

竹島問題があるようですが、私は小さな問題と捉えてます。韓国は弱小国家から中堅国家へと移り変わり、これからも発展途上国ではなく、先進国の仲間入りを果たすことはほぼ間違いないでしょう。

だから、竹島問題は小さな問題です。

大きく報じるからこそ大きな問題です。

私が韓国の大統領なら、そんなもんくれてやる。といってやります。韓国は小さな問題にこだわりすぎています。

その領土の人の気持ちは関係ありません。

小さな問題に過ぎないことを政治的問題にすること自体大きな問題なのです。



話がそれました。

朝鮮人だから。

ちょうどイムジン河が日本で発売中止となった1968年のパッチギの時代です。

在日が朝鮮人だからと罵られた末に人を殺した事件がありました。

稲川会系の幹部とその舎弟を自分のライフルで射殺した「金嬉老事件」有名な事件です。

罵られて生きた背景が克明とつづられたサイトを参照下さい。

これが当時の朝鮮人が生きた時代です。



http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/kimuhiro.htm



韓国が竹島にこだわる理由はわかりません、もちろん日本が竹島にこだわる理由もわかりません。

竹島は日韓、韓日にそれほど大きな影響力があるのか。

私は、馬鹿らしくて目をそむきたくなります。

パッチギの映画のようにはいかなくとも、パッチギの映画のように大きな問題を暖かく見つめてやってはどうでしょうか。きわめて私的意見でした^^
金嬉老事件 (後輩になる在日)
2005-04-05 00:35:15
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/kimuhiro.htm



これが、丁度パッチギの時代に起きた1968年の事件です。





時代背景が、うかがえるかもしれません。

参考にどうぞ^^
Unknown (ZYZY)
2005-04-06 02:07:51
TBさせていただきました。

60年代後半の対立が激しかった時期の両側(日本学校、朝鮮学校)にいる両方の人を知っていますが、やっぱり相当だったみたいです。



この映画は評価が両極端ですね。私は良い評価をする側ですが。



お葬式でおじいさんが「帰れ!」というシーン、そしてそれを受け止めきれずにギターに当たってしまう康介、そのシーンが一番印象に残っています。
両極端 (kossy)
2005-04-06 21:54:45
>ZYZY様

映画は人それぞれ色んな感想がありますから、しょうがないことですよね。

北朝鮮の問題があるものだから、最初から受けつけない人も多いことだと思います。

おじいさんのシーンは胸にぐさりとくるものがありました。

こんばんは! (猫姫)
2005-08-08 00:42:44
いつもお世話になります、猫姫です。

コメント多すぎて、全部読んでいないのですが、

京都でちょんこーといえば、北朝鮮のことです。

大韓民国とは、区別しています。

実際に、南北統一といっているので、同一視はしていないと思いました。

ごめんなさいね。ちょっと気になったものですから、、、

またよろしくお願いしますね。
コメントありがとうございます (kossy)
2005-08-08 02:16:07
>猫姫さま

コメントがトラックバックを上回るという少数派の記事となりました。

絶賛する方、ただ朝鮮嫌いの方、色んな方の意見が参考になります(観てないのに批判するという人は問題外)。

昔朝鮮半島から連れてこられた人は南北の区別がなかった時代。故郷の場所だけで判断しなければならないなんて、寂しいことですよね・・・
私の感想 (キム由美)
2005-08-12 11:22:36
こんにちわ。

私はついこないだパッチギを借りて観た在日3世です。どんな映画なんだろ?なんかどろどろした政治的な映画はイヤだなぁ。とか思いながら観終て、、、。

感動しました☆

爽やかだったからです。

私の家は普通の在日の家庭で反日的な思想も強くはないと思っています。しかし、やはり、私の父はいじめを受けていた過去・在日としての!。と言う無意味なプライドもやはり持っていて、結婚は在日朝鮮人とではないといけない!とかって言われていて、、、。

日本に暮らし日本の会社に勤め、日本の学校を出ている私にどうやって在日と知り合って結婚をしろと??

って聞きたいのですが、結局は見合いしろ。ってことなんだと思ってますしそういう気持ちをびんびん感じて困ってます。。。

映画から離れて愚痴になってしましましたが、、。



私が一番感じたことは、そうしたココロの辛さ、もどかしさ、朝鮮人、日本人に関係せず、魅力ある人に引かれ好きになる心。

でも、2世時代の親の気持ち。。。

親って大切でその気持ちも分からないでもないから、すごく悩むときがあります。

なぜ、朝鮮人に生まれたんだろう?

在日って朝鮮人でもなく日本人でもない「在日」なんです。私の周りの日本人と私って何が違うの?血?血ってなに??

うーん。またまた自分の世界に入ってしまいましたが。。

とにかくパッチギは在日の気持ち、日本人の両方の気持ちが本当によく伝わってきました。

もやもやした感じの気持ちが伝わってきて、歴史云々よりも人の気持ちが伝わってやさしい気持ちに笑いながらなれたのが良かったです☆





RE:感想 (kossy)
2005-08-12 17:22:31
>キム由美さま

貴重な感想ありがとうございました。

爽やかな映画でほんとに良かったですね。

2世、3世と徐々にしがらみから解かれて、

差別の全くない世界になることを祈ってます。



親の気持ちもよくわかりますし、

由美さまの気持ちもよくわかります。

映画に共感して、世の中の差別を無くしていくような、住み良い日本を作る気持ち。これを皆が持てばいいんでしょうね~
Unknown (experience#21)
2005-08-24 10:50:02
どうもおひさぶりです、おぼえてらっしゃるでしょうか?いつも新作映画を見ている姿勢に感心し、またそのレビューを楽しみに見ています。最近中々映画を見る機会がなかったので久々ですが、コメントさせていただきます。とてもパワーのある作品でしたね、いつのまにか引き込まれました。暴力の中にある笑いがとても=な感じがして不思議でしたね。左翼的発言があるのですか?知りませんでした。ヨン様の新作を楽しみにしているおばはんはまずこちらを見るべきではないでしょうか?
一部の人たち (kossy)
2005-08-24 12:34:00
>experience#21様

おひさしぶりです。

3回以上コメントくださった方は忘れませんよ~(回数は微妙ですが)

左翼的だという意見は一部の右翼の方々だけです。彼らは日本民族至上主義ですから・・・在日が主役というだけで攻撃してきます(笑)



韓国スターはヨン様しか知らない方々は、他のいい映画をいっぱい見逃してるんですよね。
スゴイとらばとコメントの数! (こっちゃん)
2005-08-26 13:45:40
びっくり~!

発禁にも色々あるもんですね~。

今の時代にはよほどのことがなければ

「発禁」マークはつかないでしょうが、

こんな良い曲も当時は・・・・・。

時代ですね・・・・。

しかし、kossyさん良く「金太の大冒険」憶えてたねぇ~。



   こっちゃん赤面
金太 (kossy)
2005-08-26 16:40:04
>こっちゃん様

発禁のレコードって、発売前になるものと、しばらくしてからのものがあるんですよね・・・

「これは発禁になりそうだ!」と感じたら、すぐにレコード屋さんへ走っていって手に入れること。これが数十年後になんでも鑑定団で高値がついて・・・そうして、コミックソングばかり聞いてしまう時期がありました・・・
青春映画万歳! (boss)
2005-12-04 23:20:48
こういうタイプの作品は久々に見たような気がします。

京都の人間には背景とかを見ているだけで懐かしくなる作品でした。
いい映画 (kossy)
2005-12-05 01:55:01
>boss様

ちょっと粗さはあるものの、いい映画だと思います。

あとシモネタもやりすぎ・・・

この映画を嫌ってる人も多いので、日本アカデミー賞なんかは無理かなぁ・・・

俺も京都は大好きです♪

Unknown (pomai)
2005-12-23 18:44:14
『パッチギ!』凄いですよ。



日刊スポーツ映画大賞

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/ns_cinema/2005/ns_cinema-top.html



報知映画賞

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/event/cinema/30th/film2005top.htm



第27回ヨコハマ映画祭

http://homepage3.nifty.com/yokohama-eigasai/27-2005/27_2005_shou.html



そして・・・

第29回日本アカデミー賞

http://t.pia.co.jp/promo/cinema/j_academy.jsp





すごいですね (kossy)
2005-12-23 20:49:33
>pomai様

すごいです。パッチギの勢い。

これだけ見ると『ALWAYS』が押され気味ですねぇ~

日本アカデミー賞は多分ALWAYSでしょうけど、他ではもっと頑張るかもしれませんね。

なんだか俺が日本アカデミー賞で予想した結果が他の映画賞に現れてきてるような。う~む・・・
朴 保 (セニョール)
2006-01-14 04:13:42
朴 保(パクポー)さんという朝鮮出身の

フォークシンガーのCDに『イムジン河』

が入っていて映画より先にこの歌を知りました。心に響きます。

     ↓

http://www.dprknta.com/knowledge/cd_sale/



ザ・フォーク・クルセダーズのCDは

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000060N3V/qid=1137179237/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-9037182-5773866



Unknown (woo)
2006-02-02 01:22:48
 はじめまして。

 DVDでパッチギ見ました。やっぱり荒れてきた掲示板を管理されている管理人様には敬意を表します。1年この話題が続くってのはすごいことですね。

 私は1962年生まれですが、「ガキ帝国」&「ガキ帝国2」も見ました。とてもおもしろかった。でも井筒監督の「みゆき」はつまらんかった。「岸和田少年愚連隊」はおもしろかった。「ゲロッパ」はすこしおもしろかった。「パッチギ」は泣きましたよ、でも少しマイナス。説明的なせりふがリズムを損ねてた感じ、というところだけ。オダギリ・ジョーの酒屋の連中の世界情勢分析と、申し訳ないがお葬式で国会議事堂の石云々というところ。

 気持ちはとてもわかるが一気に啓蒙的な映画になってしまうんですよね。啓蒙そのものが良い悪いではないのですが、ケンカに明け暮れている中での日朝「交流」と時代背景ですから。また、お葬式の状況で17歳の日本人に「教育」するのはどうかと。気持ちは分かるんですよ。ここはバランスが難しかったのかな、と思います。

 結末として予定調和的なんです。これは「ゲロッパ」とよく似ています。「ガキ帝国」はもっと危うかった印象です(もうあまり覚えていない)。

 長くなりそうなのでまた書き込みさせえいただきます。

 
ガキ帝国 (kossy)
2006-02-02 02:17:21
>woo様

この『ガキ帝国』って未見なので、井筒の歴史を知るためにもぜひ見たいものです。

内容が内容だけに、色んな書きこみがありましたけど、かなり勉強させていただきました。全てが事実だとは思えないけど、在日の歴史や日本人観がよくわかったので、この映画で勉強させていただいた思いです。

葬式のシーンでは、思わず17歳になってしまったくらいです(笑)「そ、そうなのか・・・知らなかった。でも俺が悪いんじゃない・・・」と。

井筒作品で一番つまらなかったのは『ハワイに唄えば』でした。『パッチギ2』も期待していいものかどうか・・・
Unknown (woo)
2006-02-02 21:40:41
 >管理人様。コメントありがとうございます。久しぶりにじわっときた映画でしたのでその勢いで続けて書き込みさせていただきます。

 私は日本人ですが、近代の朝鮮史を学んだ事があり、京都の西陣織を冷たい鴨川で水にさらしていたのは、また大阪の平野運河を開削したのは朝鮮人労働者だったてな話を聞いた覚えがあります。当時(今も)大阪在住で、有名な大阪市生野区出身の学友から、「クラスの1/5くらいは在日だった。体育の授業でへまをすると、在日どうしで『やっぱりチョーセンはあかんのー』と言い合っていた。」というディープな話も聞きました。これらを若いときに見聞きした私は、とても貴重な体験をしたと、思っています。

 しかしnetでは日本国あるいは大日本帝国が批判されると自分が傷ついてしまう自我の弱い方が多くて閉口してしまいます。

 映画の話ですが、『ガキ帝国』もう一度みたいです。笑いはあまりありませんよ。売り出し中の紳介竜介が日本人の不良、趙方豪が在日の不良仲間で、舞台は大阪、時代は70年の大阪万博前ですからパッチギとほぼ同じ。井筒氏は今はなきタウン誌「プレイガイドジャーナル」で連載をもっており、そこで『ガキ帝国』のプランを載せ、役者を募集しました。関西芸人もたくさん出ていて、髪の黒かった上岡龍太郎のヤクザは怖かったなあ。

 (つづく)掲示板汚しですいません。
これで (woo)
2006-02-04 23:06:07
これで終わりにします。長々とすいません。

 『ガキ帝国』は不良の延長線上にヤクザがいた。銃なんかも出てきてケンカの域をこえていくヤバさがありました。チェドギは「事故」で死にますが、竜介は「抗争」の中で死にます。

 『ガキ帝国2』は趙方豪のみ主役で紳介竜介は出ず。笑えなさはもっとでした。これも何人か死人が出ます。社会問題がないとの批判があったようですが、私は映画としておもしろく見ました。もう20年以上前になるんですなあ。

 (終)
井筒 (kossy)
2006-02-05 09:07:36
>woo様

丁寧なコメントありがとうございます。

ガキ帝国への思い、在日の話など、興味深く読ませていただきました。

俺の住む金沢では、在日への差別よりも他の差別問題があったように思います。子供時代の視点では差別なんておこらなかった、というより、差別をする風潮もなかったのか皆無知だったのかよくわかりません。



インターネットが普及してからは、ほんとに在日攻撃がきつくなってきましたね~

拉致問題を中心に北朝鮮を非難するのはわかるけど、史実を捻じ曲げてまで罵倒するなんて、器の小さい人が多すぎますよね。

『パッチギ2』も作られるようですが、井筒監督は調子に乗って駄作にしてしまわないことを願うばかりです・・・
誰か知りませんか? (トール)
2006-02-09 21:50:28
 47歳の男,この映画2度見て,2度,同じくらい泣かされました。

 ところで,イムジン河と言う曲,私の記憶にあるのは,フォーククルセイダ-ズの歌ではありませんでした。

 子供の頃の記憶なので,ハッキリとはしませんが,,

たしか、こんな歌詞でした。



 イムジンガン水清く,静かに流れ,

 鳥は河を,自由に飛び交うよ。

 南のふるさとへ,何故に帰れぬ、

 イムジンの流れよ,答えておくれ。



 何方か,この歌詞で歌ったグループの名を知りませんか?
こんばんは♪ (ミチ)
2007-05-18 23:03:10
この映画が公開された頃は「映画絶ち」してたんですよ~(汗)
だから映画館で見ていないのが残念でなりません。
私が中学の頃は「イムジン河」を音楽の時間に習いました。
教科書に載っていましたよね?
オダジョーのあまり上手くない「悲しくてやりきれない」もいい味出ていたと思いませんか?
良かったですね (今は日本人)
2007-05-19 00:17:49
今日テレビでやってたので、また見てしまいました。
だいぶ前のコメントですが、私もキム由美さんの感想そのままに感じました。
私は在日3世ですが、日本人と結婚して今は日本人。
私の奥さんはどんな思いで観たのか?
映画館での公開中は、在日である事を隠し続けた子供時代のトラウマからか、題名だけでも観る気がしなかった。DVDでは何度もみましたが、ところどころで泣いてしまいます。
特に今回は日本に連れて来られた私のおばあさんが苦労ばかりの人生を閉じたばかりでしたので、ついコメントまで書いてしまいました。
映画の受け取り方は千差万別。けれども心の中に何かを残せる映画は、やはりすばらしいと思います。
在日 (kossy)
2007-05-21 03:00:05
>ミチ様
あら、オダジョーが出てるのに観れなかったのですか。
バスの横転シーンとかはスクリーンでは迫力でしたよ~
え、教科書に載ってたんですか??
ううむ、俺って勉強しなかったからなぁ・・・もし昔の教科書があるのなら調べてみたくなりました。
え、あの曲はオダジョーが歌ってたんですか??
ううう。

>今は日本人様
連れてこられたおばあさんが亡くなられたたのですね。寂しくなりますね。
俺は子供の頃から差別のあまりない環境で育ったためか、在日問題について考えるようになったのは大人になってからでした。
奥様は差別と無縁の方なんでしょうね。映画のように純粋に人を好きになるなんてとても素晴らしいことだと思います。
堂々とカミングアウトしても平気な世の中になればいいですよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

96 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
パッチギ! (gantakurin\'s シネまだん(シネマテーブル改め))
監:井筒和幸 出:塩谷瞬 沢尻エリカ 9点  すばらしいです。2時間あっという間でした。ほんでもって、クライマックスは号泣でした。井筒さん、でかい口たたくだけのことあるやないの。朝鮮高校を舞台にした作品は、李相日監督の自主制作「青 chong」が記憶にある
パッチギ!(1/26 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『どんな時代に生まれていても懐かしさを感じさせる若い力の結晶』  井筒監督の最新作をみてきました。  ちなみに私は過去作品は未見。「こちとら自腹じゃ」は、たまに見てますが、私の好きな映画は辛口コメントばっかりです(笑)でも、スカイパーフェクTVガイドのコー
パッチギ! (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:井筒和幸 キャスト:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木
「パッチギ!」 (こだわりの館blog版)
1/25 ユナイテッドシネマとしまえんにて 好きだなあ、こういう映画。 登場人物たちが1968年をガムシャラに一生懸命生きている… その姿に無条件で胸が熱くなります。 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、他 60年代・70年
『パッチギ!』 (京の昼寝~♪)
■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた。  誰かが線を引いたなら、俺が線を消してやる。  歌いたい歌を、歌うんじゃ。  今こそ、愛だせっ。
『パッチギ!』再び (ラムの大通り)
-----あれっ、『カナリア』は行かなかったの? 「うん。急にインタビューの仕事が入って もう一度「パッチギ!」を観ておいた方が いいだろうということになったんだ。 この映画は一回紹介してるので、 改めて喋るのは止めるけど、 こんどはディテールまでじっくり観た。 す
『パッチギ!』(えいwithフォーン) (ラムの大通り)
--------『パッチギ!』とはまた不思議なタイトルだにゃ。 これは井筒監督の映画だよね。 「うん、もうこれは彼の最高傑作。 68年に生きた若者の青春を 現代にまで影を落としている朝鮮問題と絡めて描き、 娯楽性と社会性がみごとなまでに融和。 <これぞ映画>って感じだね
「パッチギ!」 (sean\'s room)
某深夜番組にて、自腹で映画を鑑賞し、 あーだこーだと仰っている、井筒監督作品(爆) 実は前回の「ゲロッパ!」が個人的にまったくダメ、 なので今回も期待はしていませんでした。 その某番組にて、今の韓流ブームを大批判し、 ぼくがえーもん作ったるわい!と豪語していた監
パッチギ! ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
京の昼寝~♪さんが書いてらして興味を持った映画、「パッチギ!」を見てきました。 そもそも、今日は、車庫証明を取りに警察署に行かなければならず、ついでに商工会議所に寄って、簿記検定の合格証をもらいに行こうと思い、ならばついでに、すぐ近くの映画館に、6本見て
パッチギ! (日々徒然ゆ~だけ)
 わしさぁ,恥ずかしながら,TVのコメンテーター程度でしか井筒和幸って人を知らないんだよね。作品はホーントに知らない。  “垢抜けないおっさんが居酒屋でうだうだ若者にする,自己満足的浪花節伝説話”の臭いがどうしてもあるんで,行く気が起きなかった訳。
パッチギ! (電信柱監視隊)
■だてに他人の映画をボロクソに言うだけじゃないんだよ、井筒監督は。ほんと、すばらしい映画をどうもありがとうございましたと言いたい。ポスターに書いてある「世界は愛で変えられる」というキャッチフレーズを読むと、観るのをやめようかと思ったが、中味はエンターテ...
パッチギ (Enjoy Cinema)
のめりこんで観てしまいましたね~。 1968年、日本と朝鮮の暗い過去を知るには少し幼かった世代が繰り広げる青春映画。 京都の日本人高校生と朝鮮高校の生徒たちとのぶつかり合いと恋愛を通してのつながり。 同じことをするにしても、「過去のいきさつを知っている」っ
パッチギ! (any\'s cinediary)
辛口映画批評でおなじみ井筒監督の最新作。 ストーリー グループ・サウンズ全盛の
「パッチギ!」 (俺の明日はどっちだ)
今や山本晋也カントクより名前と顔が一致する映画監督となってしまった井筒和幸の「ガキ帝国」「岸和田少年愚連隊」に続く関西を舞台とした青春群像劇であるこの「パッチギ!」は、いろんな意味で味わい深い作品だ。 まずもって、当時社会現象化したオックスの失神コンサー
僕が観た映画その56 (黒子童話集)
  パッチギ!  監督:井筒和幸  脚本:羽原大介/井筒和幸  原案:松山猛    音楽:加藤和彦  撮影:山本英夫  照明:高村智  美術:金田克美  録音:白取貢    編集:冨田伸子出演:塩谷瞬   高岡蒼佑   沢尻エリカ   楊原京子   尾上
映画:パッチギ!を見てきた (SATELLiTE)
パッチギといえば…日本でもパチキというように使うが※あんま…つかわねぇだろ 頭突きの映画では無い 南北を分断する川…イムジン河に朝鮮半島の統一を願う歌 イムジン河 をバックに繰り広げられる60年代の京都が舞台で 在日朝鮮人高校生と日本人の高校生の青春
映画『パッチギ!』&舞台挨拶、見てきました★★★★★ (三日坊主ふたたび)
ずーっとずーっと楽しみにしていた映画『パッチギ!』を見てきました。 場所は有楽町シネカノン。いつものアミューズCQNではありません。 舞台挨拶を見たかったので。生まれてはじめて!! いま私は、有楽町西武にあるネットカフェにいます。 この感動を書かずにいられるか。
『パッチギ』 (loveminus0の“コーヒーをもう1杯”)
 井筒監督の映画『パッチギ』見たわん。京都の高校生が朝鮮高校に通う女の子に一目惚れしちゃっていろいろある話なんだけど、物語のカギとなってるのがフォーククルセイダーズの「イムジン河」。1960年代末っていう時代設定で、オックスの失神コンサート、「イムジン河」放
パッチギ! (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
試写会で見てまいりました。井筒和幸監督の作品。 自腹で映画見て辛口トークしてるだけのおっさんと違いましたわ(^^;井筒監督に泣かされるとは思わなかった(笑) 1968年の京都が舞台。京都出身の私には、「こんなとこで撮ったのか~」とか思いながら見てました。 府立
気持ちぃー!超気持ちぃー! (Hamamatsu People Blog)
観てきました!恥ずかしながら井筒映画初鑑賞。率直に感想を言うと、単純に楽しんで泣ける青春映画。ストーリー的にも超単純だけれども、所々で笑えるし、結構胸にジーンとくるシーンも多かった。  映画全体の中には、様々な井筒メッセージも込められている。映画の主軸
パッチギ! (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「お見事! 文句なし! 全ての人に観て感じてほしい。井筒監督、アンタは偉いよ。寒い冬の心に温かい風を運んでくれる感動作。」 今日2本目は「パッチギ!」です。っていうか、「パッチギ」って何ですか?(笑) まあ、観ればわかりますかね。「プレミア日本版」の評価も
Cは静岡!Σ(゜Д゜ υ) (3階の休憩室)
『パッチギ!』を観てきました 泊まり勤務の拘束時間を終えて、担当の月次業務をちょっとだけ進めて残業したら 映画が観たくってしょうがなくなり、一度帰ってから新宿へ… 『ネバーランド』はもう時間的に終わってました 『TAXI』も『オペラ座』も『オーシャンズ12』
パッチギ! ( FOR BRILLIANT FUTURE)
最近の潮流なのか、韓流ブームのせいなのか、日本映画の中で朝鮮半島の関係者の話題をテーマにする映画が増えてきた感じがする。近隣の国なので当たり前と言えば当たり前ですが…。 この映画を見るまで知らなかったんですが、あの「イムジン河」の歌は放送停止、発行停止だ
パッチギ! (きまぐれ日記帳)
会社の推定50才・独身・経理のおばちゃんが、昨日 「パッチギ!」を見たそうで、かなりおもしろかった!!!と、昼間に言っていた。 そういえば、今日は「映画の日」 ってことで、珍しく夫を誘い、早速見に行ってきました 21:00~「川崎チネチッタ」(ネット予約)
パッチギ ☆☆☆☆☆ (復活!映画VSお笑い)
久々に文句なしの5つ☆!! 去年も何本か5つ☆出したけど正直ちょっとお情けで出したくらいだった。 ところが今回は文句なしの5つ☆。 井筒監督やるなあ! あれだけでかい口を叩いていたのも許せるわ。 舞台は1968年京都。 いろんな文化が入り乱れて熱い時代。 この
パッチギ! (M.S. Melody ~ 妄想メロディー ~)
 井筒和幸監督最新作『パッチギ!』を観てきました。危うくマジ泣きするところでしたね。見ていて思わず「うわっ」と声が出てしまいましたよ。前作の『ゲロッパ!』も面白そうだったんですが、結局観に行かなかったので、井筒監督の作品を観たのは今回が初めてでしたがやら
映画「パッチギ」。ネタバレあり。 (ある在日コリアンの位牌)
 今日、新宿・歌舞伎町で井筒和幸監督の「パッチギ」を見てきました。パッチギといのは日本語で「頭突き」という意味です。1968年の京都を舞台に、朝鮮学校に通う朝鮮人高校生と日本の高校生たちの青春を描いた作品です。    朝鮮学校・学生を舞台した映画と言えば
「パッチギ!」 チマチョゴリに萌えるはずが・・・ (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
イムジン河って、シュリが泳いでるところですよね~? 【ネタバレ 大いにあり】 今年は、邦画を見る!の宣言どうり、見た人の評判がすこぶる良い、「パッチギ!」見てきました。 映画の日だったので、満員で入れず、慌てて、別の映画館へ! 朝高生が暴れ牛のごと
「パッチギ」 (Rabiovsky計画)
「パッチギ」公式サイト 「パッチギ」サウンドトラック 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高倉蒼佑、沢尻エリカ 「こちトラ自腹じゃ!」で最近、いろんな意味で注目を浴びている 井筒和幸監督の最新作です。 私は素直な人間ではないのですが、素直にいうと泣いち
映画『パッチギ!』 (EVERSMILE(エバースマイル))
パッチギ !監督:井筒和幸脚本:羽原大介、井筒和幸音楽:加藤和彦出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之製作:2004年、日本DVD情報をAmazonで! by G-Tools『パッチギ!』公式サイト『パッチギ!』を上映している映画館は?ストーリー時代はいまから37年前
パッチギ! (LM * The Letters about a MOVIE.)
前略、元気ですか? 今日は、パッチギ!という映画を見てきました。 この映画、良い
パッチギ! (Groovy Groovers)
原題: パッチギ! 監督: 井筒和幸 脚本: 羽原大介、井筒和幸 出演: 塩谷...
パッチギ (happy-go-lucky)
   パッチギ=「突き破る、乗り越える」「頭突き」 さすが井筒監督ヤンキー映画を撮らせたら上手過ぎるヽ(=´▽`=)ノ 若手俳優からベテラン俳優までとてもいい演技をしていた{/kirakira/} 『イムジン河』 という曲がこの映画のキーワード 2002年有線でずっとヒットチャー
パッチギ! (週間ダイジェスト+)
オススメ度 ☆☆☆☆(4.0) ミドコロ 電話するところ。(ケータイが無かった頃は俺もこうやって好きな子に電話したなぁ~なんて) うちの研究室に在日の後輩がいて彼からも「ぜひ、見ろ」って薦められ、渋々見た映画です。井筒監督の映画って面白くないって聞いてたもので…で
「パッチギ!」 (るるる的雑記帳)
「パッチギ!」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)もちろん私も自腹じゃぁ! 世界を愛だけで変えることなど出来るはずもありません。 ノンポリの主人公・康介は頭も多分そんなに良くないし、体力もそんなになさそうだし、確実に出
「パッチギ!」 (prisoner\'s BLOG)
空手部の連中が鉄ゲタをはいているのは、喧嘩の道具なのとともに、韓国側から日本人のことを言うチョッパリ(ゲタをはくと指が広がるところから豚のヒズメになぞらえて)にたとえているのだろう。 妊娠・出産するのが「虎の門」の京子ちゃんだとは気付かなかった。ちゃんと役
「パッチギ!」 (心に映りゆく。)
TOPページへ        映画の検索へ 2005年 119分 監督:井筒和幸 脚本: 羽原大介 、井筒和幸 音楽: 加藤和彦 出演: 塩谷瞬 、高岡蒼佑 、沢尻エリカ 、楊原京子 、尾上寛之 1968年の京都。高校生2年の松山公園では、康介(塩谷瞬)は朝鮮高
パッチギ!/井筒和幸 (シネマ・ザ・ワールド)
ここ最近の日本映画の中ではかなり良いです。 実は、井筒和幸監督の作品をまともに観たことがなかった。映画監督というよりも、TVのバラエティー番組で「アホ」「ボケ」を連発する関西人のオッサンのイメージの方が強いし、自分の好きな映画の範囲が極端に狭いような感
パッチギ! (日記の邪道)
試写会に行ってきました。22日からシネカノン有楽町他で公開中。 いい映画だと思う。 舞台は1968年の京都。「イムジン河」という曲とであった日本人の青年と在日朝鮮人の少女との恋物語。 随所に入るフォークルの音楽が、60年代という舞台を形成するのに大きな役割を果たし
なんとなくパッチギ (デジタライフ研究所)
喧嘩のシーンは見ていて痛々しかったけど、本筋の流れはとっても大好きな流れで気持ちよく観賞できた。ただ単に面白いだけではなく、日韓問題とかの社会性のあるテーマに触れる部分もあり、これを観てから色々と思いを巡らせてしまった。観て「はい、終わり」という映画より
パッチギ! (パウダースプレー)
『パッチギ!』仲良うしたいだけやねん。生まれた場所より生きてる場所やろ。河があるなら橋を架けよう。今こそ愛だぜっ!歌いたい歌を歌うんじゃ。誰かが引いた線なら俺らが消してやる。というコピーに引きづられて『パッチギ!』見てまいりました。率直。美川憲一が泣いた
パッチギ! (secret*cafe)
「カンフーハッスル」に引き続き、『パッチギ!』を初日に見てきました。 って気付ばもう1週間も前の話。。。 気にしない気にしない。 この映画については、前に一度書いたのですが、 そんな薄っぺらなイメージを遥かに超えて良かったです。 担任の先生から、友人に
パッチギ! (部屋の掃除をしなければ)
とてもよかった。 何がよかったって具体的に言葉にするのは難しいんだけど 映画を通して、心に熱いものが走りました。 井筒監督はすごい! 初めて映画館で泣きました…。 やられた~。 パッチギの舞台挨拶に行って、出演者のテンションとか 会話にちょっとサブイな…なんて思
パッチギ! を見た。 (負け犬だけど気持ちは王様)
パッチギ!を見た。<ネタバレあり> “笑って泣ける”というコピーがピッタリのすばらしい映画だった。 ここ何年かで見た映画の中でピカイチだろう。 『本当に面白くって感動するから見ろ!』と友人や他の人に勧めたい映画だ。 で、どこが良かったのかを自分なり
パッチギ! (a story)
主演塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子 監督・共同脚本井筒和幸 脚本羽原大介 原案松山猛 製作2004年 こんな時代があった 1960代後半の京都を舞台に、日本人の高校生と朝鮮高校の若者たちの喧嘩と友情と恋愛を描いた作品。ストーリーは.
パッチギ!に涙 (叫喚記者倶楽部)
久々に映画鑑賞。井筒監督の「パッチギ!」。 今「イムジン河」コピーしてます。 これはどこがどうと言うよりも皆さんに勧めまくる他ございません。 大阪では今週一杯までの上映ですが皆さんも是非見に行ってください。 無理やったらDVD買ってください。 こんな
パッチギ! (月影の舞)
「パッチギ!」   2005/日本/監督:井筒和幸 ものすごく深いテーマを笑いに包み込んで さわやかにして、おもろしい青春映画にしたねって感じ。 ロミオとジュリエットというふうに悲恋を押し出してないとこがいい。 恋物語よりも友情の方がいい感じになっている。
パッチギ! (モノづくりっていいね!)
いつも一緒に番組をやっている女優さんが出演している と言うこともあって、井筒監督の「パッチギ!」を見てきた。 公開してすぐ見に行くつもりだったのだが、 なかなかスケジュール調整がうまくいかずに、 先日ようやく見に行くことが出来た。 ものすっごく面白か.
「パッチギ!」 (the borderland)
1968年。京都府立東高校の松山康介(塩谷瞬)は対立する朝鮮高校へ親善サッカーの申込みに行った時、吹奏楽部で演奏をしているキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れ。キョンジャは番長・アンソン(高岡蒼佑)の妹であることがわかっても、親しくなりたい一心で、ギターを練習
パッチギ!観ました。 (choga(草家)girls!)
こんにちは!草家ガールズ・桂子です!!! 井筒監督の最新作、『パッチギ!』観てきました。 1968年の、京都が舞台。 公園で…、キョンジャの焼き肉屋で… 飲んでいるのは、マッコリ! 兄弟の杯…の席で、主人公の康介も一緒に飲んでるのは、……マッコリ!! 絶
【パッチギ!】の回 (Shin1sanの【マイフェイバリット】な日々♪)
僕の心の師匠【宮藤官九郎】も絶賛。 やはり、僕の映画選別眼に狂いは無かった。 なんの話かというと、井筒和幸監督の映画【パッチギ!】のことであります。(公式HP) 約35年前の京都を舞台に、 生徒同士が対立する学校に通う、 日本人の男子高校生と、在日朝鮮人の
「凄いや!パッチギ!」編を追加 (I N T R O + UptoDate)
CFディレクターで、映画「MASKDE41」の監督でもある 村本天志の日常を綴った 新\"舌先三寸\"日記に「凄いや!パッチギ!」編を追加。 井筒監督入魂の「パッチギ」を鑑賞されたようです。 大絶賛ですね。 パッチギ! 2004年 日本 監督:井筒和幸 脚本:羽原大介 井筒和幸 出演:
イゴ パッチギヤ!(これが『パッチギ』じゃ!) (ジブロ)
さて、水曜日ですね。水曜日は韓青ではウリマル(韓国語)教室というのをやってます。参加・見学希望の方はこちらへどうぞ。で、水曜日は(今のところ)映画です。「おいおい毎週映画紹介するほどのネタあるんかい?持って3ヶ月くらいだろ」との疑惑もありますが、ネタはある
『パッチギ!』 (INOの映画日記)
2005.01.24『パッチギ!』(邦画)119分  監督  :井筒和幸  キャスト:塩谷瞬/高岡蒼佑/沢尻エリカ(あらすじ)時は1968年。まだパソコンもゲームも携帯も無かった時代。京都の府立東高校の生徒は朝鮮高校の生徒とのケンカに明け暮れていた。軟派な高校生康...
井筒監督の最高傑作だと思います。音楽もとっても良い。 (テレビ局員の独り言・・・)
パッチギ ! スタンダード・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る
パッチギ! (いつか深夜特急に乗って)
「パッチギ!」★★★★★(盛岡フォーラム2) 2004年日本
ちすん/金智順/Chisun : パッチギ (zig zag road)
先日、渋谷のアミューズCQNで、井筒和幸監督の映画「パッチギ!」を見た。 「在日朝鮮人」という、撮り方によっては重くなり
パッチギ!/塩谷瞬、沢尻エリカ、高岡蒼佑、オダギリジョー (カノンな日々)
そのうち発売されるであろうDVDで観ればいいかなと思っていたのだけど、ちょくちょく行く映画館での公開が始まったので遅ればせながら観に行ってきました。井筒監督の作風は個人的な好みとしてはビミョーなとこに位置にあって、1つの映画の中で好きと思えるとこと拒絶したく
個人的に 超オススメ DVDが発売されます! (ソフマップ 町田店ブログ)
ご存知ですか? 「パッチギ」を!
パッチギ ! (tosiブロ 物欲優等生)
漁師料理だね。 捕った魚や野菜なんかをぶつ切りにしてそのまんまでっかい鍋に入れて煮る。味付けなんて味噌と素材から出る塩だけ。 ゴツゴツしてザラザラして雑多で見てくれも悪い。 けど最高だよ。
「パッチギ!」(2004年) (◆Ahaha堂本舗◆)
あ~、楽しかった! おいしかった! と、帰ってきたのが、夜10時30分頃。 途中、ビデオショップで、「パッチギ!」を借りました(^^v ハピネット・ピクチャーズ パッチギ ! スタンダード・エディション 「パッチギ! 」がいいと聞いて(記事はココ
パッチギ! 今年の166本目 その2 (猫姫じゃ)
パッチギ!   年代としては、1968年。 ま、うちとは、ちょっと年代は違うケド、時代考証、完璧ちゃうん?? 最初、「音楽 加藤和彦」て出てきて、???やったんやケド、 すぐにわかったわ。これなんやね。 うち、カラオケで、たまに歌います、フォークル。
#020 パッチギ! (ブログ映画スタジオ)
パッチギ=突き破る、乗り越える(ハングル語) 井筒監督すみません。なめてました。おもしろかったですパッチギ! 舞台は1968年の京都。日本とコリアが露骨に対峙する時代がリアルに表現されていました。特に学生同士の対立が中心でした。やはり
「パッチギ」 (ひらりん的映画ブログ)
映画館で観ようと思ってて、見逃した作品をDVDで。 井筒監督が自ら、テレビで宣伝してたよね。 2004年製作の青春ドラマ、119分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード) 60年代の京都。 高校二年の康介はグループサウンズに影響を受けたりしてる普通の
パッチギ! (Akira\'s VOICE)
フォークに目覚めた康介と,朝鮮学校に通うキョンジャ。 二人の京都青春恋愛物語。
パッチギ! (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
辛口評論の井筒カントクの作品だと意識しながら観ました。バッサバッサ!と他の映画を斬りまくるあのお方の映画がどれほどのものかと。結果は・・・・・観てよかったぁ~♪素直に感動!今日はこの作品の感想です。2004年日本映画です  グループ・サウンズ全盛の1968年。京
映画を見たで(今年102本目)-パッチギ- (デコ親父は減量中)
監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー、加瀬亮、キムラ緑子、余貴美子、大友康平、前田吟、光石研 評価:98点(100点満点) 1968年の京都が舞台。 在日朝鮮人部
『パッチギ!』 感想。 (つるつる独楽)
 あたしらの学生時代にはヤンキー・暴走族などといったひとたちが、後にはチーマーといったひとたちが暴力的な青春を送っていて、好んで喧嘩をするカツアゲをする器物を損壊するなどしていたけれど、あたしはそういう青春については場外から横目でいやあねーなんて言って眺
パッチギ。 (まいかのあーだこーだ )
めずらしく映画の話。あんまり暇だったのでDVDでも借りようと思って、「なに借りようかな~」って考えてたんですけど、映画サイトで『パッチギ』っていうのがみんなに褒められてたので、それを借りてきて、観ました。よくテレビにも出てくる、井筒和幸ってオッサンの映...
『パッチギ!』、観ました。 (肯定的映画評論室・新館)
パッチギ ! スタンダード・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る  『パッチギ!』、観ました。 1968年、京都。高校2年生の康介は、担任からの指示で親友の紀男と敵対する 朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行く。そこで康介は音楽室で フル
パッチギ!・・・・・ (サクっと)
パッチギ ! スタンダード・エディション 虎ノ門でおなじみ?井筒監督作品 「パッチギ!」 世間での評価の高い作品なので、かなり期待
パッチギ! [熱いなあ・・・] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
蓼科高原映画祭で鑑賞。東京での公開が1月か2月だったと記憶してるので、10ヶ月近く遅れて、それでも長野の地でこの傑作を見ることができて、映画祭に感謝であります。ゲストで来場していた井筒監督が上映後に司会のアナウンサーと対談をしまして、それもテレビ通りな感じで
『パッチギ!』 (巫女の好き好き)
DVD。めちゃくちゃいいからということで。井筒監督と京都、オダギリジョーさん。…ときたら見るしかないでしょ。井筒監督の、あのいつも怒っているような、ちょっと抜けているような顔がたまらない。帰って早速見た。冒頭は哲学の道と銀閣寺の参道。おおー、懐かしい。舞...
パッチギ! (琴線~心のメロディ)
【2005年1月22日劇場公開】 【ジャンル:青春ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} すごくいい映画でしたー!{/usagi/} 邦
60年代の青春「パッチギ!」 (土佐高知の雑記帳)
大晦日。 午前中に地域の広報くばりがあり、 家でDVD「パッチギ!」をみながら、セット作業をした。 いい!! バックに流れるフォークルやオックスの歌、そして京都の街。
パッチギ (温 故 知 新)
頭突きという意味のタイトルの通り、ボクが生まれた1968年 当時の京都を舞台に喧嘩に明け暮れる在日朝鮮人と日本の高校生 たちを中心にしたドラマ。 当時生まれたかどうかというボクにあの時代のことなどわかるは ずもないのだけれど、ボクが物心ついてから思春期
パッチギの栄冠と昨今のエンターテイメント事情 (Blowin\' In The Wind -Brog for music lovers, entertainment fans, all challengers, and dreamers-)
 毎日映画コンクールの日本映画大賞に、井筒和幸監督の『パッチギ』が選ばれた。  このブログでも既に一度書いたが、本当に素晴らしい映画なので、もう一度取りあげておきたいと思う。  内容については以前に書いたので、今回はこの栄冠からエンターテイメント全体を考.
DVD『パッチギ!』  (みかんのReading Diary♪)
パッチギ!(2005/日本) 1968年の京都。東高校2年の松山康介はある日、担任の布川先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行くハメになった。そして、親友の紀男と共に恐る恐る朝鮮高を訪れた康介は、音楽室でフルートを吹
「パッチギ!」 (雑板屋)
井筒監督作は個人的にも当たり外れがあるけれど、この青春ケンカ映画はそこそこ楽しめた。 勉強よりも何よりもけんかに明け暮れてるような熱い青春の時代なんて、あっという間に過ぎるわけだし、多少の無茶や無理も許してもらえるこの時期は成長の過程でとても大切だと思.
「パッチギ!」 (独りつぶやき日記 (CineMy Memories))
パッチギ ! スタンダード・エディションずばり、良かったです。とても好きなタイプの映画でした。こんな感じの、良かった!面白かった!深かった!映画に出会ったのも、久しぶりかなぁ~~という感じです。京都が舞台ですけどね。若者同士の派手な喧嘩。下ネタ満載です。ブフ
パッチギ! (2004) (碧色の小世界-プログ)
パッチギ! (2004) 「ゲロッパ!」、「岸和田少年愚連隊」の井筒和幸監督が\'60年代の京都を舞台に、日本と在日朝鮮の高校生たちの恋や友情を描いた青春群像ドラマ。 タイトルのパッチギとは、ハングル語で“突き破る、乗り越える”という意味。また“頭突き”の意味も..
映画のご紹介(104) パッチギ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(104) パッチギ-イムジン河は 38度線だけにある訳じゃない。 goo映画より グループ・サウンズ全盛の1968年。京都府立東高校の空手部と、朝鮮高校の番長・アンソン(高岡蒼佑)一
映画のご紹介(104) パッチギ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(104) パッチギ-イムジン河は 38度線だけにある訳じゃない。 goo映画より グループ・サウンズ全盛の1968年。京都府立東高校の空手部と、朝鮮高校の番長・アンソン(高岡蒼佑)一
パッチギ! (平成エンタメ研究所)
 人と人とがぶつかり合う、理解し合うという作品は心を揺さぶる。  彼らはパッチギ(頭突き)をし合って、ぶつかり合う。  舞台は1968年の京都。  京都府立高校と朝鮮高校は、毎日のように乱闘騒ぎを起こしている。  相手を血祭りに上げれば、次は自分た ...
井筒和幸 (自身を語る)
 20日はお仕事がお休みだったので家でビデオを見ようと思い「TSUTAYA」へ行き「のど自慢」と「パッチギ」を借りてきました。  「のど自慢」を先に見たんですが、かなりいい作品です。ほのぼのとして、優しい気持ちで笑える。室井滋扮する演歌歌手「赤 ...
パッチギ…邦画マイブーム第5弾 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
外は凄い雨{/kaeru_rain/}{/kaeru_rain/}{/ase/}降っております。 やっと、ちゃんとした梅雨{/kaeru_rain/}がやってきました。 昨日6/21水曜日、「トリビアの泉」の影ナレが「うる星やつら{/star/}」のラム{/kaminari/}ちゃんだっただっちゃ{/kaminari/}のです ...
「パッチギ!」92点。 (mountain77 D.Reverse side)
パッチギ!監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬 , 沢尻エリカ , 高岡蒼佑 , オダギリジョーStory『ゲロッパ!』の井筒和幸監督による青春恋物語。敵対している朝鮮高校へサッカーの親善試合を申し込みに行った康介は、そこで在日朝鮮人の美 ...
『パッチギ』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
パッチギ! プレミアム・エディション 結構話題になっていたはずの映画。 在日の高校と日本の高校がいがみ合っていて、 在日の番町の妹に恋をする話...というのは 何となく知っていましたが、 こういう展開だとは思っていませんでした。 恋をした主人公が番町の ...
◆DVD・パッチギ! (映画大好き☆)
パッチギ! 監督 : 井筒和幸 出演 : 塩谷瞬 , 沢尻エリカ , 高岡蒼佑 , オダギリジョー 脚本 : 羽原大介 , 井筒和幸 音楽 : 加藤和彦 収録時間 : 119分 【story】 『ゲロッパ!』の井筒和幸監督による青春恋物語。 敵対している朝鮮 ...
DVD 「 パッチギ! 」 (お勧め映画&DVD情報)
       パッチギ!                  お勧め度 : ★★★★☆? 『根性と気合やーー!!』 熱いねぇ~!さすが井筒監督(^_^;) かなりたくさんの強いメッセージ性を含んだ作品なのに、非常に良くまとまっていて、初めて井筒監 ...
パッチギ! (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★8点(満点10点) 2004年 119min   監督:井筒和幸 主演:塩谷瞬 高岡蒼佑 沢尻エリカ 楊原京子 【あらすじ】1968年、京都。高校2年生の康介(塩谷瞬)は、担任の先生の指示で親友の紀男(小出恵介)と敵対する朝鮮高校に ...
パッチギ! (39☆SMASH)
『パッチギ!』 あらすじ 『1960年代後半。京都東高校空手部と朝鮮高校のアンソン一派が激しく対立するなか、東高校に通う康介は、アンソンの妹キョンジャに惚れてしまう。やがてキョンジャが得意のフルートで奏でている曲が、 「イムジン河」 とい ...
DVD 【パッチギ!】 (ミチの雑記帳)
DVDにて「パッチギ!」 今週末公開の『パッチギ!LOVE&PEACE』に備えて久しぶりに鑑賞。 言わずと知れた井筒監督の作品で、1968年の京都を舞台にした青春物。 北朝鮮、韓国、在日が絡んでくるととかくややこしいコメントが入ることがありビクビクものなのだけど、私はこ...
パッチギ! (ひめの映画おぼえがき)
パッチギ! (特別価格版) 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、光石研、小出恵介、オダギリジョー... 「世界は、愛で変えられる。」 【ストーリー】 1968年の京都。東高校2
真・映画日記『パッチギ!』 (          )
5月18日(金)◆445日目◆ あちゃー。やってもうたがなあー。 前の日に「ひとこと塾」ように提出した課題文ね。 下ネタをフルスロットで書いたら…… 添削放棄されちゃた(笑)。 ま、狙いすましたデッドボールだからしゃあないか。 講義終了後、...
パッチギ! (Yuhiの読書日記+α)
 タイトルだけは知っていたので、以前から見てみたいなーと思っていたところ、ちょうどテレビで放送されていたので、録画して見ました。  物語は1968年の京都。東高校の康介(塩谷瞬)は、ひょんなことから近くにある朝鮮高校にサッカーの親善試合を申し込みに行く...