ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば

2005-05-17 09:20:57 | 映画2005
  またひとつお気に入りのミュージカルが増えてしまった。
 少年ボビー・ダーリンと大人のボビー・ダーリンが自らの物語を展開するという、普通の伝記映画とはちょっと違う構成。この映画を観るまではボビー・ダーリンという人物さえ知らなかったけど、タイトル曲だけは知っていた(『ファインディング・ニモ』でも流れてましたよね)。グラミー賞のみならずアカデミー賞にノミネートされたことのあるボビー。最近、多くの伝記映画が発表されているため影が薄くなってしまったけど、エンターテイメントにかける情熱、生き様という点では最も好感が持てる人物でした。

 人気若手女優サンドラ・ディーと結婚、クラブ“コパカバーナ”での出演、オスカーノミネートといった華々しい成功物語のあたりでは、それほどでもなかったけど、義姉ニーナとチャーリーの家族愛に涙が止まらなくなってしまいました。その後の反戦フォークソングはちょっとヤケ気味で悲しくなったけど、ラスベガスのフラミンゴでの演奏は素晴らしかったです。

 どこまで真実なんだろう?と考えてもみたけど、ケヴィン・スペイシーの思想もそのまま反映されていそう。歌も踊りも無難にこなすスペイシー。手術痕をみんなに見せてから歌わないでください。ハラハラするから・・・

★★★★★
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大統領の理髪師 | トップ | プライド 栄光への絆 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吹き替えかと・・・。 (アミ)
2005-05-17 19:01:40
ケビン・スペイシー、やってくれますね~。

吹き替えかと思っちゃいました。本人の歌唱力より、ケビンの方が上手だったりして・・・。

先日、亡くなられたサンドラ・ディーも、嬉しい報告がボビーに出来るのでは~?



*はじめまして。アミです。先日、銀座で偶然にもレディス・デーにあたり、ラッキにも900円で見ることが出来ました。

いつもは、この掲示板もロム専門だったのですが、見たばかりだったので、書き込みさせていただきました。
私も、 (sean)
2005-05-17 21:40:57
レイと観比べてみて、こちらの方が好きかなぁ^^;

ショービズ界、かなりエンターテインメントしてましたよね。

レイはどちらかいうと、心理面での辛い描写が多かったから。。。

それにしても、どちらも迫真の演技でしたよね!
レイ (kossy)
2005-05-18 08:24:14
>アミ様

コメントありがとうございます!

サンドラ・ディーは亡くなったのですね。

名前しか聞いたことのない女優さんでしたけど、機会があればボビーと共演した映画も観てみたくなりました。



またたまに書き込んでくださいね。

今後ともよろしくお願いいたします。



>sean様

映画の完成度からみると『RAY』なんでしょうけど、人物を考えると、ボビーの方に肩入れしちゃいますよね。

お母さんや少年ボビーもよかったです。
サントラも最高 (FLUFFY)
2005-05-18 12:28:30
こんにちは。

私は「Ray」を観ていないので比較できませんが

この作品、とても良くできていると思います。

確かにレイ・チャールズと比べると地味だったのかもしれませんけどね。

ケビン・スペイシーの歌の上手さにはひたすら脱帽です。

ちょっと年食ってるっていうツッコミも作中で自ら入れてますしね(笑)終わり方もああいう前向きな感じでよかったなーと。

サントラも最高で、しばらくヘビロテでした。
Ray (kossy)
2005-05-18 15:35:07
>FLUFFY様

俺も思わずサントラを買おうとしたけど、売っていませんでした・・・

レイと比べても遜色ないと思います。要は音楽が好みであるかどうか・・・といったところでしょうか。

ケビン・スペイシーの歌はほんとによかったです。

あぁ・・・欲しいなぁ。
TBありがとうございます♪ (ココ)
2005-05-20 00:57:32
ケヴィン・スペイシー、いいですよね~♪

サントラ、amazonで是非!

(あ、回し者じゃないですから~)



少年ボビーを演じた少年、どこかで見たことあるのですが思い出せず・・・

でも気になる子役です。

ハリウッドとかオーストラリアの子役は幅が広くていつも感心してしまいます。

少年 (kossy)
2005-05-20 01:31:38
>ココ様

いいなぁ~

金欠じゃなければ即買い!



少年ボビーは何に出てるのかなぁ?

もしや『ネバーランド』のあの少年に似てるのかな?

と、書いてるうちに区別がつかなくなってきました・・・
再度投稿! (アミ)
2005-05-20 08:49:12
少年の話が続いてるので・・・。



彼の名は、ウイリアム・ウルリッチ。11歳。

ブロードウェイでのキャリアは4年もあるそうです。

だから、ケビンと堂々と渡り合えるダンスを披露してたのですね~。



この映画の成功はこの少年の力も大だと思いますが・・・。
Unknown (るるる@fab)
2005-05-20 13:46:29
明らかに演じているケヴィン・スペイシーが老けてるので「絶対に違和感ありありだろうなぁ」って思っていたけど、いざ始まってしまうと彼の踊りも歌も上手すぎてそんな事は忘れました。

なにやっても無難にこなすので、憎々しいくらいです(笑)
はじめまして (hiyoko)
2005-05-20 14:21:26
こんにちは!先日はTBありがとうございました。(私もさせて頂きます)

私も大好きになった作品です。良かったですよね!

世間的には何気に地味で目立たない作品で終わってしまいましたが、

こうやって色々な方のご意見をうかがえて嬉しいです(*^-^*)

またお邪魔いたしますね。よろしくお願い致します。

私の方も地味に映画感想upしてますので、またのお越しを・・・
毛ビン (kossy)
2005-05-20 14:41:09
>アミ様

おお、ブロードウェイ経験まで!

すごいですね~

やっぱり彼がいないと引き締まらなかったということですね。



>るるる@fab様

そうでしたかぁ・・・

俺はボビー・ダーリンは全く知らなかったので、

年齢なんて全く考えていませんでした・・・

むしろ、若いサンドラとうまくやりやがって~この、このっ、くらいにしか考えてなかったです。



>hiyoko様

俺も今年のベスト10入りが確実かも・・・そのくらい好きです。このくらい地味な扱いされるほうが、むしろ後に残るかもです~

こちらからも遊びに行かせていただきまぁす。
サントラ (じょーじぃ)
2005-05-22 22:25:09
残念ながら公開が終わってしまったので映画を観ることは出来ませんでしたが、サントラはゲットしました。

iPodに入れて何度も繰り返して聴いてます。

いいですよ~



ボビー・ダーリンの曲はRobbie WilliamsがSwing When Youre Winningというアルバムで何曲かカバーしています。

それも聴く価値ありですよ!
サントラ (kossy)
2005-05-23 09:04:37
>じょーじぃ様

みなさんがべた誉めのサントラ。

だんだん欲しくなってはくるのですが、

それよりもDVD購入を考えて・・・・



でもやっぱり欲しい・・・
遅ればせながら(笑) (しんちゃん)
2006-01-27 12:24:15
 10月に買ったDVDをやっと(笑)

ゴールドディスクを鏡に「あれ」を「ああする」シーンが・・・ちょっとわざとらしいけど、いいシーンでした



 15歳までの命と宣告されてた彼

20年も長生きできたって満足してたと信じたいです
DVD (kossy)
2006-01-27 20:52:12
>しんちゃん様

あれをああする・・・どんなんだっけ・・・

頭の薄さを確認する?

ち、ちがうな・・・

でも後半のスピーディーな展開はよかった。



短い人生なのに、作曲家、俳優として活躍なんて。

素晴らしいですよね。
Unknown (exp#21)
2006-03-01 15:11:10
kossyさんお久しぶりです。長らく映画を観ていませんでしたが、ようやく今年始めてのあっぷです。この映画ケビン・スペイシーの歌とエンタ能力が伝わってくる映画でしたね、遅いですが今年も宜しくお願いします。
おひさしぶりです (kossy)
2006-03-01 18:22:37
>exp#21様

今年初でこんなにいい映画をご覧に・・・いいことですね。

今年もどんどん映画を観ましょう~

また遊びにうかがいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ビヨンドtheシー (No Cinema,No Life)
正直僕はこの映画を見るまで「ボビーダーリン」という人は知りませんでした。僕が生まれる前にお亡くなりになられているので仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが・・・ (^^;) 前半はミュージカル?というほど彼の歌やダンス・ステージが満載ですが後半はド
ビヨンド the シー~夢見るように歌えば~ (CINEMA e MUSICA di FLUFFY)
夭逝したポップス歌手、ボビー・ダーリンの人生をケビン・スペイシーが歌い上げる!
「ビヨンド The シー」 (sean\'s room)
最近こういった伝記もの、多いですねぇ。 先日のアカデミー賞でも話題をさらった「Ray」に比べると 若干地味な感じのする本作でしたが、鑑賞してみて、 さすがにK・スペイシーの歌声に圧倒されましたね~。 でも私、恥ずかしながらこの人を知らなかった…(汗) 奥さんのサン
映画『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』公式サイト『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』を上映している映画館は?ストーリー7歳の少年ボビーはリウマチ熱にかかり心臓を傷めてしまい、15歳までしか生きられないと医者は言う。しかし音楽に目覚めた青年となっ
ビヨンド the シー (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「ビヨンド the シー」の感想です
ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~ (ようこそ劇場へ!)
ケヴィン・スペーシーはアカデミー賞も取った個性派俳優だが、実際はニューヨークやロンドンの舞台でも活躍しており、映画俳優で括ってしまうのは勿体無い。 欧米の舞台俳優は基礎的な素養として歌えるのは当たり前であるから、ボビー・ダーリンの伝記映画『ビヨンドtheシー
「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~ 」 ( Byond the Sea ) (俺の明日はどっちだ)
かつて小学生だった頃、当時今は亡き小島正雄氏が司会していた「9500万人のポピュラーリクエスト」や前田武彦司会の「東芝ヒットパレード」といった洋楽チャートのラジオ番組を毎週欠かさずに聞いていて、ランキング結果を手帳に書きとめていたりしたものだった。 そんな頃に
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば (利用価値のない日々の雑学)
前評判の大変高い作品で、公開前から期待していたのだが、映画館によって上映スケジュールが区々であったために、結果、最終日に滑り込み鑑賞になった。とはいうものの、筆者の周りの特に音楽関係者の間では大変評価が高く、周辺で見ていないのは自分だけという状況だった
■ビヨンド the シー 夢見るように歌えば/Beyond the Sea (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Beyond the Sea / ビヨンド・ザ・シー ~夢見るように歌えば~ ●待ちに待ったケビン・スペイシーが「ボビー・ダーリン」にスポットを当てた映画。タイトルはボビーのレパートリーだった曲名と同じ「Beyond the Sea」。 1936年、ニューヨーク生まれのボビー・ダーリ
■サンドラ・ディー★逝去 ビヨンド the シー&ボビー・ダーリン (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Sandra Dee★サンドラ・ディ逝去 ●ケイト・ボスワースがサンドラ・ディーを演じた映画「Beyond the sea」は、ケヴィン・スペイシーにより、製作された映画だが、この映画に関してはボビー・ダーリンとサンドラ・ディーの息子ドッドもひじょうに好意的で喜んでいる様
『Ray/レイ』より面白かった◆『ビヨンド the シー』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月1日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 今日は映画の日。 TOHOシネマズ木曽川で『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』が始まったのだけれど、 何と1日2回しか上映されず、レイトショーの設定がない。 安く観ようとすればサービスデーを利用するしかないので、18
「ビヨンド the シー 夢見るように歌えば」 (こだわりの館blog版)
3/21 シネスイッチ銀座にて It\'s a Kevin Spacey show time! 監督・出演:ケヴィン・スペイシー 出演:ケイト・ボスワース、ジョン・グッドマン、ボブ・ホスキンス、ブレンダ・ブレシン、他 今年はミュージシャンの映画を立て続けに鑑賞しています。 「五線譜
『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば』(2005年・25本目) (Bardus Scriptor)
 『五線譜のラブレター』,『オペラ座の怪人』,『Ray』,そして今回の『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば』と,歌が作品に大きく関わってくる作品が妙に続いていますが,『オペラ座の怪人』を抜いて,他3作品は音楽家の半生を描いたミュージカル仕立てというところが
ビヨンドtheシー★★★★ (マダム・クニコの映画解体新書)
「素晴らしい音楽、小気味のよいテンポ、目まぐるしく交差する時制・・・。観ている間はそういった要素に惑わされて、ボビー・ダーリンの人物像が掴みにくかった。しかし、生まれながらに両面価値的な分裂を抱えて生きる彼を、子供時代の彼(分身)と対話させて表現する演出
【ビヨンドtheシー】 (ココアのお部屋)
ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース ジョン・グッドマン、ボブ・ホスキンス 出演のヒューマン。 公開日2月26日 ☆ストーリー☆ リウマチ熱のため心臓を痛め、 15歳まで生きられないと診断された7歳の少年、ボビー。 ブロンクスの貧しい家庭でボビ
『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば』 (uchi-aぶろぐ@WebryBlog)
「重厚・『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』。」について さて昨日は、ようやく、 『ビヨンド the シー』 を見に行きました。 構想10年という、ケビン・スペイシー渾身の作品。 ケビン・スペイシー好きの私からしたら、 公開前から「これは行かなくてはぁ」って感じ
Beyond the Sea (Aloha Days)
久しぶりにレディスデーに映画を見てきました♪ ケヴィン・スペイシー製作、監督、脚本、主演の「ビヨンド・ザ・シー」 50年代後半から60年代に大人気歌手だったボビー・ダーリンの生涯を描いた作品です。 ボビー・ダーリンと言うと、スタンダード歌手というイメージ
「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」 (るるる的雑記帳)
「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。
Beyond the Sea (ひよこのなんてことない日々)
[[attached(1,center)]] 5月7日は、'''Beyond the Sea''' を観てきました。 (邦題:'''ビヨンド the シー''' っていうか、何で「ザ」だけ英語なんですか!) 37歳で早逝した、伝説の歌手{{{ボビー・ダーリン}}}の
ブログの宣伝ならアクセスアップ!トラックバックセンター (アクセスアップ!トラックバックセンター)
良い内容、目を引くブログ様にトラックバックを送らせて頂きました。 ご迷惑でしたら...
「ビヨンド the シー~夢見るように歌えば~」 (イキテルッテスバラシイ)
幼い頃、15歳までしか生きられないと宣告されたが、音楽に目覚め、フランクシナトラを 越えるエンターテイナーになろうとショービジネスへ足を踏み入れる。 37歳という若さで生涯を閉じた実在するボビー・ダーリンを描いてるこの作品。 ボビー・ダーリンを愛し、監...
映画感想>ビヨンド the シー 夢見るように歌えば (2004) ★★★☆☆ (Cut the Kids in Half)
Beyond the Sea 監督:ケビン・スペイシー 出演:ケビン・スペイシー    ケート・ボスワース    ジョン・グッドマン    ボブ・ホスキンス    ブレンダ・ブレッセン タグライン: In the era of cool, he was the soundtrack. あらすじ: 心
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば (befounddead)
BEYOND THE SEA (2004年 アメリカ/ドイツ/イギリス) 2005/7/8@早稲田松竹 50~60年代にかけて活躍した天才エンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を映画化したミュージカル・ドラマ。最初に感想を言ってしまうと、結構おもしろかったです。 ケヴィン・ス
ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば (CinemA*s Cafe)
http://www.gaga.ne.jp/beyondthesea/ 歌って踊っての映画もフランス映画ほどやられてしまうと引いちゃうのだけど、この映画に関しては全然OK!でございました。 今年最初にみた五線譜のラブレターに匹敵するほど良かった~(^^)と思う。 主演のケビン・スペイシーが
ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~ (まつさんの映画伝道師)
第218回 ★★☆(劇場)  メル・ギブソン主演の「テキーラ・サンライズ」(1988)。  この映画はボビー・ダーリンの「ビヨンド・ザ・シー」で幕が開ける。 「ビヨンド・ザ・シー」はフランスのチャールズ・トレント作詞・作曲の名曲「La Mer」が.
ビヨンドtheシー/夢見るように歌えば(ネタバレ) (ColobaMilkBar)
 ビヨンドtheシー/夢見るように歌えば「アメリカン・ビューティー」で彼の「アメリカン・ウーマン♪」を聞いてから彼の声フェチです。あ、あと最後の「youwillsomeday」の声もたまりません(汗)この映画はケヴィン・スペイシーワンマンショー!ですね(笑)題名の「ビ...
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば (My Favorite Cinema & Book)
ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~これぞエンターテイメント!昔夢中で見た50年代のハリウッドミュージカル映画を彷彿させるステージシーンは、映画を楽しむ事を思い出させてくれた。ケビン・スペイシー、さすがの名演技。吹き替え無しで挑んだ歌声はこの人が俳優なの.
ビヨンド the シー (いつか深夜特急に乗って)
「ビヨンド the シー~夢見るように歌えば~」 ★★★★★
ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~BEYOND THE SEA 2004 118分 (極私的映画論+α)
 ブロンクスの貧しい家庭に生まれ、病気で心臓を悪くして、15歳までしか生きられないと診断された少年ボビー。むかし歌手だった母ポリーの導きで音楽との運命的な出会いを遂げ、生きる力を得る。青年となったボビーは本格的にプロの道を目指し、瞬く間にトップスターの仲間
CINEMA●STARR 「ビヨンドtheシー」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 ケビン・スペイシー 出演 ケビン・スペイシー、ケイト・ボスワース、他  ケビン・スペイシーが、ショービジネス界で活躍した、ボビー・ダーリンの生涯を自ら主演し、描く。    ダーリンの生涯を描いているが、一番気持ちよさそうなのは間違いなくスペイシ
「ビヨンド・the・シー ~夢見るように歌えば~」 (ひらりん的映画ブログ)
ケヴィン・スペイシーが自ら製作・脚本・監督・主演。 天才エンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を描いた伝記ミュージカル。
ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~ (Blossom Blog)
ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~ BEYOND THE SEA 監督 ケヴィン・スペイシー 出演 ケヴィン・スペンシー ケイト・ボスワース     ジョン・グッドマン ボブ・ホスキンス アメリカ ドイツ イギリス
映画「ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Beyond the Sea 思い出はまるで月光のように・・時間を縮めたりミュージカルにしたりファンタジーにしたり、けれどそこに宣伝目的は一切ない・・エンタテイナー37歳の生涯 ボビー・ダーリン(ケヴィン・スペイシー)は、ニューヨーク・ブロンンクスの貧...