ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

クローズ ZERO

2007-11-03 21:45:58 | 映画2007
 名前が源治なんだから、赤組と白組に分けてくれれば解りやすかったのに・・・

 クライマックスではさすが三池監督、ストレートな暴力アクションでした。不良たちの巣窟となっている鈴蘭高校でありましたが、頂点を目指すためには力だけではダメ。生徒の心までも掌握しなければ上に立つことはできないのだと、暴力映画にしては戦国時代を思わせるような内容でした。

 3年の中でも各クラスごとにトップがいて、そいつと手を組まなければならない。最大派閥の芹沢多摩雄(山田孝之)率いる“芹沢軍団”でさえ、C組とD組がなつかないので制覇するまでには至らない状態だ。群雄割拠とした高校をまとめるために、鈴蘭高校OBで早秋一家矢崎組のチンピラ片桐(やべきょうすけ)と友人になり、ときにはタイマン、ときには女を使ってと、転校してきた滝谷源治(小栗旬)は真剣に取り組むのだった。で、彼は何組に転入してきたんだろ?

 暴力だらけの映画ではあるけど、リアリティの無さや、これが実際の世の中の戦争としてとらえれば、なかなか面白い。原作はもちろん未見ですが、主人公がヤクザの息子だというのが面白くない。なんとなく権力の後ろ盾があるような気がしてならないのです。これがヤクザの抗争というサイドストーリーがあるので許せるとは言っても・・・。

 ストーリーやアクションも申し分ないところでしたが、冒頭にやべきょうすけが射殺されるシーンを持ってきたのはどうなのだろう。最近の映画はとにかくこの「ああ、彼は死んじゃうんだ」と思わせておいてどんでん返しを持ってくるパターンが多いこと。三池監督のスタイルには似合わないような気がします。そしてせっかくのクライマックスに黒木メイサの歌をカットインさせたことにも興ざめ・・・。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インランド・エンパイア | トップ | バイオハザードIII »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
断罪した手前一石を投じる内容となりました (PGM21)
2007-11-03 23:38:49
何時もお世話になっております。

本来なら星1作品は受け取ったTB以外はTBしない方針なのですが、一石を投じるという観点とご理解頂けそうな方に送るようにします。

個人的には最近の朝青龍、沢尻エリカ、亀田家は一体何だったんねん!と言いたいですね。これが今週の興行1位というのが面白ければいいみたい風潮で観てしまった作品でした。
当Blogでは過去ダルビッシュ、加護ちゃん、某サッカー選手、某アーティストを断罪した手前はいそうですかと賞賛する訳にいかないので筋を通すため一石を投じる内容となりました。
殴り合いならボクシングで壮絶な打ち合いの方がまだ良いでしょう。スキヤキの時は戦国時代という設定と現代でないから良いのであって同じ三池作品でも今回は作品を選び間違ってしまったと感じております。
1位 (kossy)
2007-11-04 08:41:37
>PGM21様
興行成績も気になるところでしたが、まさか1位になってるとは思いませんでしたね。
夕方くらいにシネコンに行くと、高校生が異様なくらい多かったです。
この映画は三池監督じゃなければ観るハズもないものでしたが、監督名と異様な人気のために行っちゃいました。

俺もこうした暴力だけの映画なんて好みじゃないけど、まるで世界の戦争の縮図なんだと思って観れば、それなりに面白かったです。決して暴力を推奨しているわけじゃないんだろうけど、実際に高校生たちが喜んでるところを見ると、ちょっと怖いものがありますね・・・
なんかこう (なつか)
2007-11-04 10:41:29
映画を見るのに屁理屈考えながら見るなら見なきゃいいのにと思うんですよね。

高校生が喜んでるけどそれでいいのか?とかね。



PTAなら仕方ないですが(苦笑)



昔ねヤクザ映画やビーバップや盗みで生計たてるパッチギ!とか面白いですよね?

みんな映画と理解してるから面白い。



そういうものでしょう。
大人目線 (kossy)
2007-11-04 17:02:29
>なつか様
俺は映画を観てるときにはそんなことは考えないようにしています。高校生が多く見ているなんてことは映画を観なくてもわかるわけでして・・・
ただ、批判するならするで、実際に映画を見なくてはいけないのです。

レイティングがつくということは、それなりに子供に与える影響を考慮しての結果なので、それについて自分なりの判断を下してもよいのではないでしょうか?
こんばんは♪ (くろねこ)
2007-11-04 19:08:43
感想は人それぞれ、私も批判も鑑賞の結果なら、
ありだと思っています。
私はカレラの世界観や生き様は到底賛同出来ない
思いですが。この作品は心躍ってしましまいました(笑)私みたいなやつもいるってことで(爆)

はじめまして (ice)
2007-11-04 19:27:14
はじめまして 私も感想は色々だと思います~。
ただ最近 ≪いじめ≫≪早熟物≫のを題材したものが多くってそれもどんなもんかな~と思っています。 
そう思うと こんな単純な映画 相手を倒すだけでなく認め合ってるとこが スッキリするんですよね~
あしたのジョーなんかを思い出してしまいました(古い^^;) 
はじめまして (ice)
2007-11-04 19:29:13
はじめまして 私も感想は色々だと思います~。
ただ最近 ≪いじめ≫≪早熟物≫のを題材したものが多くってそれもどんなもんかな~と思っています。 
そう思うと こんな単純な映画 相手を倒すだけでなく認め合ってるとこが スッキリするんですよね~
あしたのジョーなんかを思い出してしまいました(古い^^;)TBありがとうございました。 
こんばんは♪ (ミチ)
2007-11-04 23:17:40
黒木メイサが歌いだした途端に「アチャー」って感じでした。
男ばっかりの世界でも良かったのになぁ。
源治とラブラブにならないところがせめてもの救いでした。
メイサ (kossy)
2007-11-05 07:49:14
>くろねこ様
どうもありがとうございます。
うかつに批判もできないようになると自由が奪われてしまいますよね(汗)
リアルすぎるとやばい映画でしたけど、これだけぶっ飛んだものだと逆に楽しめちゃいますよね。俺もクライマックスに向けて徐々にアドレナリンが放出されたような・・・

>ice様
はじめまして。
社会問題を取り上げるのなら、エンタメ系じゃないところじゃないといけませんよね。まぁ、本筋じゃなければ大丈夫だと思いますが・・・
力だけでは覇権を制することはできないといった、面白い部分はこの手の映画にはなかったし、結構斬新でした。
あしたのジョーにも似てますね~

>ミチ様
黒木メイサの歌がなければ・・・渋い劇中歌も台無しにしてしまうような演出でした。

男ばかりの世界が好きなんですか?
でもイケメンに限るんですよね・・・(汗)
スポーツみたいなケンカ (にら)
2007-11-05 15:15:06
人それぞれのスタンスはあるのでしょうが、個人的には、スポーツみたいなケンカをする映画のほうが、ケンカみたいなスポーツをしちゃった某一家の動向を伝える報道よりも、断然面白いと思います。

クラスが不明なのは、偏差値の低い源治くんなので、転入したつもりが手続き不備だったのかも。
鈴蘭の生徒じゃなかったので、その後の物語である原作マンガは、源治について描いてないのです、たぶん(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
エンタメ (かのん)
2007-11-05 23:46:44
私もこの作品はエンタメとして楽しんできました。演出もカメラワークもあまり惨たらしくならないような撮り方で一応配慮してるようにも感じましたしね。映画の影響を受けちゃうのはいつの時代にあるんじゃないでしょうか。「続・三丁目の夕日」の裕次郎映画もそんな雰囲気が興味深かったです。

触れてる方がいらっしゃらないんですけど、黒木メイサさんの役って「ストリート・オブ・ファイヤー」のダイアン・レインをオマージュしてるように思いました。シンガー、誘拐、バイクの集団、ラストのライブシーンと要素も似てる気がするんですよね。「ストリート・オブ・ファイヤー」が私の大好きな映画なのでたんなる思いこみかもだけど(笑)。
Unknown (FREE TIME)
2007-11-06 00:40:23
TBありがとうございます。
賛否両論が大きく分かれそうな映画ですが、不良役を演じた若手俳優達がカッコ良く見えました。
しかし、他の方もコメントされているように乱闘シーンに途中で黒木メイサが歌っているシーンを流したのは興ざめさせられましたね。
それと、この映画が先週の興行成績で1位になったそうですが、そこまでの映画ではないんじゃないかと思います(ーー;)
黒木メイサ (kossy)
2007-11-06 08:27:01
>にら様
なるほど・・・ケンカみたいなスポーツは逆に許せないかもしれませんよね(笑)
あれだけバッシングを受けながらも、毎日テレビで話題になってるところを見ると、日本人の野次馬根性もたいしたものだと思います。

手続き不備だったのか!
いや、もしかしたらまだ受理されてなく、正式に転校してないのかもしれませんよね。
原作は知らないけど、頂点を取ったことが伝説となってるのかなぁ・・・でも三日天下?

>かのん様
さすがに中学生の鑑賞に耐えれるようにしなければならないので、むごたらしさはありませんでしたよね。ただ、人間ボーリングのシーンはイジメ問題ともつながりそうだしなぁ。

『ストリート・オブ・ファイアー』でしたか!
それは全く思いもよらなかった。
俺はあまり印象に残ってないかも・・・

>FREE TIME様
若手イケメン俳優はなかなかいい演技をしてましたね。あの兄弟は除く・・・
出演したこと自体は問題ないけど、黒木メイサの歌はほんとうに邪魔でした。それまでのポイントが高かったので惜しい!
1位になるというのは、高校生が多かったからでしょうね~まぁ、気軽に見れるってことなんでしょうけど。
好きでした (hito)
2007-11-13 09:41:48
こんなに熱くなれる映画とは知らず見に行ったのですが、これはハマリました!すごくツボ~面白かったです。

ライブシーンはちょっと長すぎましたね~ラストのは本当にいらない・・
つぼ (kossy)
2007-11-13 21:35:24
>hito様
俺はつぼれなかった・・・やはり年寄りなんだろうか。三池監督作品は好きなんですけど、たまに乗り切れなかったりするかも・・・
赤組と白組 (ノルウェーまだ~む)
2008-04-24 15:09:40
こんにちは~
今頃になってようやくDVD観ました。
劇場で観なかったこと、もんのすごく後悔しています。
とにっかく格好良かったです~
最後の喧嘩シーンは、本当に学ラン入り乱れで、自分のチームと殴り合ってたりして…なんて思ってましたが、紅白戦もいいアイデア(?)ですね。
劇場向き (kossy)
2008-04-24 20:41:46
>ノルウェーまだ~む様
劇場向きの映画でした~
なぜだか学生時代を思い出して・・・とは言っても暴力的な生徒ではなかったんですけど・・・
ちょうど『ジャンゴ』の後だったし、同じ三池監督だし、赤と白!う~む、それだけでギャグになってしまって、しらけちゃうのかな~(笑)
伝説の?原作は未読です。 (Aki)
2008-05-28 03:01:16
興業成績一位とは、小栗旬サン効果?『花より男子』効果?はスゴイですね。
DVD特典はメイキングちらみせでした。
メイキングやインタビューだけのスペシャルエディションを発売するらしい・・(汗)
さて、小栗さんも山田さんも、ジャニーズやジュノンボーイ主演作品の、同世代の脇役として、コツコツ真面目な演技をしてきた方なので、どう弾けてくれるか、それだけを楽しみに観ました。
役ヅクリ・演技・アクションも期待通りでしたが、期待以上でも、以下でもなく、創造は越えず。
人の上に立つ・仲間の信頼・期待・責任・命・後悔を語るには、根本的に、正しくない設定に、ムリがある。
別作品で二人の対決が観たいです。
小栗旬 (kossy)
2008-05-29 00:29:10
>Aki様
交際報道もあったせいでメジャーな俳優になってきた感がありますね~
以前から注目はしてましたけど、今後の活躍にも期待しています。
映画としては三池監督らしさが出ていたので標準的な評価はできるけど、それ以上のものはなかったですよね。まぁ、ヤクザの世界があるし・・・
原作 (ひろみ)
2008-05-30 16:48:42
原作ファンより。

映画は、まあまあって感想かな。俺が思うクローズ、ワーストともに共通してる面白さは、見てて気持ちの良い悪ガキが筋の通った生き方をしてるって事なんだよね。
ただ単に暴れてる訳じゃなくって、喧嘩する相手も選べば、喧嘩する理由もある。

作中にはそうじゃないキャラも出てはくるが、そこにいたる屈折なんかも納得させられるだけの理由があって・・・そいつらも、気持ちの良いやつにぶっとばされて、ある種の更生を迎えるみたいな。

喧嘩ってのも、子供の社会では、立派なひとつのコミニケーション。ストレートでいいんじゃないの?
お金で解決してたら、気持ち悪いし(笑)

何にせよ、この二点は原作ファンとして嫌だったね。
1、女さらう→力の弱い第三者を巻き込むのは漫画が違う。
2、人間ボーリング→芹沢の立ち居地おかしなった。

ぐらいかな。後、林田マン喋りすぎ(笑)はまり役だったからいいけど。
共感 (kossy)
2008-05-31 00:28:53
>ひろみ様
映画にしろ小説にしろ、共感できる部分があってこそ楽しめるものですよね。暴力だらけでも理由や正当性が認められると感情移入してしまいます。
ただ単に暴力で天下を取りたいという現代社会の縮図のような暗喩も面白いですよね。

女や子供には手を出さない!やっぱり大事な要素ですよね。まぁ、本当に悪い奴と根はいい奴ってのはハッキリ描かないと客も嫌気がさすんだろうし・・・

最近の漫画は読んでないけど、たまには読みたいものです・・・じじくさっ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
クローズ・ZERO (sigh.)
面白かったっっ!!!
「クローズZERO」井の中の蛙が覇権を争うワルガキ肯定賞賛ムービー (オールマイティにコメンテート)
「クローズZERO」(PG-12指定)は高橋ヒロシ原作の「クローズ」の映画オリジナル版で不良ばかり集まる鈴蘭高校でケンカによる鈴蘭制覇の争いを繰り広げるストーリーである。ワルガキばかり最近やたらと注目されるが、ワルガキ肯定映画として観てしまうと違和感ありありな映...
クローズ ZERO (Akira's VOICE)
勉強をしましょう。
クローズ ZERO (C'est Joli)
クローズ ZERO’07:日本 ◆ 監督: 三池崇史「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「龍が如く 劇場版」◆出演:  小栗旬、やべきょうすけ 、黒木メイサ、山田孝之、岸谷五朗、桐谷健太、高橋努 ◆STORY◆ 最強にして最凶の鈴蘭男子高校。その学内では...
クローズ ZERO(映画館) (ひるめし。)
誰も知らない、始まりの物語が始まる。
【2007-155】クローズ ZERO (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 『テッペン目指して  跳んでやるよ!』 今に生きるお前ぇら バカなままでいい 熱く生きろ。
クローズ ZERO (UkiUkiれいんぼーデイ)
「悪ぃなぁ、おめぇ倒さねぇと、鈴蘭の頂上(てっぺん)取れねぇ~んだ」 どはぁーっ!!!!! もぉ~、ごっついええやんかいさぁ~♪ d(((^◇^*))((*^◇^)))b 小栗旬クン めぇ~っさ かっくいい~ ヾ(〃▽〃)ツ あのガクランがぁぁぁ、欲しいぃぃ...
見てきました「クローズ ZERO」 感想 追記 (ice-coffee)
「クローズ ZERO」  スッカとします~!!何故か 後味いいんですよ~~~この映画。ケンカで テッペンめざしているだけなんだけど  この清清しさはなんなんだろうね~~ 小栗旬君の ワルメンぶりが ゾクゾクします。
「クローズZERO」みた~!! (★Shaberiba ★)
拳ひとつで、自分がドンだけのもんなのかを知る!!
映画 【クローズ ZERO】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クローズ ZERO」 高橋ヒロシの大人気コミック「クローズ」の実写映画化。原作では語られなかった完全オリジナルドラマ。監督は『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の三池崇史。 おはなし:偏差値最低、品性最悪の不良学生が集まる鈴蘭高校では、多数の派閥...
クローズZERO 【称号:良作】 (映画細胞~CinemaCell)
不良学生ばかりが集まる鈴蘭男子高校。そこでは3年生の芹沢率いる“芹沢軍団”が最大
黒翼の花火●クローズZERO (Prism Viewpoints)
ゲンジー!飛べー! テッペン取ってやるよ! 『Crows Zero』 クローズ ZERO - goo 映画 不良たちが集まり、最強・最凶の高校として知られる鈴蘭男子高校。 芹沢多摩雄が率いる“芹沢軍団”を筆頭に、 いくつもの不良グル
クローズZERO (ダイターンクラッシュ!!)
11月3日(土) 18:35~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:売り切れ 『クローズZERO』公式サイト 漫画が原作なんだが、完全なオリジナル・ストーリー。原作者の映画化を認める条件だったらしい。 普段の役柄からは、とても強く思...
映画「クローズ ZERO」 (FREE TIME)
映画「クローズ ZERO」を鑑賞して来ました。
クローズ ZERO/小栗旬 (カノンな日々)
シネコンではショートバージョンの予告編ばかりでしたけど、シネマート六本木ではロングバージョンが使われていて、これがなかなかカッチョイイ。ここ最近の劇場でかかっていた予告編の中では一番目を惹いて観たいなって思わせる作品でした。もちろん、小栗旬くん、山田孝...
#158.クローズ ZERO (レザボアCATs)
エンドロールで浅井健一の曲のタイトルを見て「なるほど」の一言。
「クローズ ZERO」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。10月27日公開「クローズZERO」公式サイト原作の漫画 まるで知らないで観にいきました。要はヤンキーの覇権争いで ケンカ映画なんだけど。思ったより 話しっかりしてて。群雄割拠ってな感じと 個性的なキャラで2時間あっという間でした!...
第二十八幕 クローズZERO (日刊 Anthony's CAFE( β 版))
青春映画の王道  映画「クローズZERO」  原作者が嫌ったため、コミックのストーリーをそのままなぞった映画化とはならなかったことが結果幸いしました。  コミックの舞台設定上で、コミック登場人物をいくぶん
クローズ ZERO (そーれりぽーと)
人気コミック“クローズ”を基に、前日談を描いた(らしい)『クローズ ZERO』。 原作は絵のタッチが嫌いなので全く読んだ事がありませんが、映画版はひたすらカッコいいと聞いたので、とりあえず観てきました。 ★★★ ガッコーでテッペン取ったる!(※劇中、関西弁は使...
「クローズZERO」 カリスマの源泉 (はらやんの映画徒然草)
男が男に惚れこむということがある。 惚れたほうは損か得かというのを度外視して、入
【クローズ ZERO】 (+++ Candy Cinema +++)
監督 三池崇史   脚本 武藤将吾 原作  高橋ヒロシ(少年チャンピオンコミックス刊)  製作年度 2007年  公開 2007/10/27  上映時間 130分  配給 東宝   CAST 小栗旬/やべきょうすけ/黒木メイサ/ 桐
映画「クローズZERO」 (日々のつぶやき)
監督:三池崇史 出演:小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ、黒木メイサ、岸谷五朗、高岡蒼甫、桐谷健太 「鈴蘭高校は嫌われ者の不良、通称カラスの集まりだった。偏差値最低、素行最悪の彼らの間にはたくさんの派閥が存在し今までに統一されたことはなった。現在の最大
クローズZERO (C note)
日本のマンガ文化において、今や伝統と言ってもさしつかえないヤンキー漫画。マンガ
クローズ ZERO ~ そこには社会の縮図が形成されている ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ そこには社会の縮図が形成されている ~ 累計発行部数3,200万部を誇る高橋ヒロシの大ヒットマンガ「クローズ」を実写映画化したこの作品、『クローズ ZERO』(2007年/日本:アクション)。学園のトップを取るために、今や懐かしい(?)不良たちがケンカ三昧を繰り...
クローズ ZERO (星のカケラ)
『クローズ ZERO』を先日キャナルで観た。 公開3週目の火曜日のレイトショーにもかかわらずめずらしくお客さんでいっぱい。 「何にも考えなくていい、ただ"熱く生きろ"」そんな作品。 前半は特に笑えるシーンもあることだしね。 『ワルボロ』に続き、ヤンキー系喧嘩マン...
「クローズ ZERO」DVD とにかくカッコイイ! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
最近どういうわけか、学園不良ものがブームだ。 ‘ごくせん‘ と‘ROOKIES‘が同じ曜日にやっているのも、どうかと思うが・・・ 試写会に行って、「良かったよかった。」を連発のねえねに薦められて、ようやく「クローズ ZERO」をDVD鑑賞した。
映画評「クローズZERO」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり
『クローズ ZERO』 (『映画な日々』 cinema-days)
クローズZERO 高橋ヒロシの原作をベースにしたオリジナル作品 転校生・滝谷源治が鈴蘭男子高校の頂点を目指す... 個人評価 ★★ (自宅鑑...
『クローズ ZERO』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ不良たちが集まり、最強・最凶の高校として知られる鈴蘭男子高校。芹沢多摩雄が率いる“芹沢軍団”を筆頭にいくつもの不良グループが抗争を繰り広げるこの学校に1人の転校生がやって来た。その名は滝谷源治。不可能と言われる鈴蘭制覇を本気で狙う彼は、ふとした...
クローズZERO (Addict allcinema 映画レビュー)
誰も知らない、始まりの物語が始まる。