ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2017-08-10 18:05:36 | 映画2017
 関東のマックか?関西のマクドか?金にモノ言わせるなら“アクド”だな・・・

 天才であっても失敗はする。“根気”と“信念”、これがあれば必ずビジネスは成功する。冒頭のレイ・クロック(マイケル・キートン)の独白により、映画ではなく、新人研修か自己啓発セミナーに参加したかのような錯覚に陥る。営業マンであれば尚のこと、こまめに得意先に出向き、誠実に売り込みをかけることに共感できる序盤のレイの姿なのである。

 1954年、一度にミルクシェイク・マシンの注文が1店舗で8台もあったことに驚き、カリフォルニアの片田舎でマクドナルド兄弟が経営する店を訪れたレイ。その革新的なスピード・サービス・システムに勝機を見出した52歳のレイは壮大なフランチャイズ・ビジネスを思いつき、兄弟と契約を結ぶ。次々とフランチャイズ化を成功させたレイは、やがて自らのハンバーガー帝国を築くために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

 1号店は自宅を抵当に入れて資金作り。徐々に資金繰りに困ることになったとき、自分で土地を買ってリースさせるという方法を伝授され、実行に移す。また、アイスクリームを保存する冷凍庫の電気代がかかり過ぎるということで、粉末のシェイクを使うことをアドバイスされる。ここでマクドナルド兄弟と対立。真面目な兄弟はあくまでも品質にこだわり、利益追求のレイには不信感を抱くだけとなっていったのだ。1959年には270万ドルで兄弟から商権を買い取るにまで至る。

 人のいい、大人しいマクドナルド兄弟。兄のマック(ジョン・キャロル・リンチ)なんて糖尿病持ちで、レイとの確執を持った時には倒れて入院してしまうほどだ。自らの成功のためには鬼にでもなる商魂あふれる男とは対照的。レイのアメリカン・ドリームを具現化したサクセス・ストーリーとして見るもよし、マクドナルド兄弟の盛衰を味わうのもよし、資本主義経済の歪みがと評論するのもよし、といった作品。

 『スーパーサイズ・ミー』を観た後にはしばらくハンバーガーを食べなかったものですが、マクドナルド兄弟を想いながらしみじみと味わってみたくなりました。30秒で出さなくてもいいから。


★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスフォーマー 最後の... | トップ | スパイダーマン:ホームカミング »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クマネズミ)
2017-08-11 09:36:30
お早うございます。
確かに、マクドナルド兄弟側から見れば、レイは、“アクド”でしょうし、「自らの成功のためには鬼にでもなる商魂あふれる男」でしょうが、レイは、どこまでもモノを売りたくてしょうがない天性のセールスマンだったように思えます。自らのフランチャイズへ参加を皆に求めるときの言い方は、マルチミキサーを売り込むときの言い方と類似している感じです。そして、もっともっと沢山フランチャイズを拡大でき、ハンバーガーを販売できるにもかかわらず、自分の殻に閉じ込もってしまおうとするマクドナルド兄弟のことを、酷く歯がゆく思ったのではないでしょうか?
トランプ (kossy)
2017-08-11 17:09:49
>クマネズミさま
コメントありがとうございます。
あくまでもレイの目線で見ていけば、
天性のセールスマンであり成功者でしたよね。
中盤まではその成功物語を楽しむ映画で、
徐々にマクドナルド兄弟側からの目線になるというか、
色々考えさせる作品でしたね。

レイにはそんなアクドさを感じませんでした・・・
アクドはあくまでもジョークの範囲なので・・・(汗)
おはようございます! (wangchai)
2017-08-12 07:27:05
トラックバックありがとうございます。現在自分のコメント欄を閉鎖しているので、こちらにて失礼します。

「ファウンダー」は自分にとっては面白い映画でした。本質的には、こういう行動力にあふれている男が好きなのでしょう。レイクロックの本は改めて再読し、彼を尊敬する孫正義、柳井正の対談を楽しく読みました。同時に日本マクドナルドの社長だった藤田田の初期の本も再読した次第です。50代過ぎてからマクドナルドのFC展開をパワフルにやったいうことが凄いですね。

> 『スーパーサイズ・ミー』を観た後にはしばらくハンバーガーを食べなかったものですが、マクドナルド兄弟を想いながらしみじみと味わってみたくなりました。30秒で出さなくてもいいから。

この気持ち両方よくわかります。マイケルムーアの映画は衝撃的ですよね。日に日にマクドしか食べない男の身体がおかしくなっていく。確かに食べる気にならなくなります。

でもこの映画を見ている最中から、マクドナルドのハンバーガーが食べたくて仕方なくなりました。自宅のある駅の小さなマックに寄り食べました。いつもよりおいしく感じてしまいました。

ブログを拝見すると、久々戻ってこられたようですね。私は逆に2008年からで、最近は仕事の忙しさにかまけて怠慢になっています。またよろしくお願いします。

マクド (kossy)
2017-08-12 09:21:54
>wangchaiさま
コメントありがとうございます。

自分は営業職を離れてしがないタクシー運転手となっていますが、
50過ぎてバイタリティ溢れるレイ・クロックには感動しました。
自分の信念さえあれば営業で成功できる!
と、改めて過去を振り返ってみました。

15セントという安さがずっと引っかかって、
日本でいえば平日100円と同じくらいなのでしょうか。

映画は死ぬまで見続けたいと思ってますので、
今後ともよろしくお願いいたします。
こんばんは (ノラネコ)
2017-08-12 23:41:30
マクドナルド兄弟にもレイにも違う角度から感情移入出来る、白黒つけられない多面性が本作の魅力ですね。
60年前は革新的だったマクドナルドのシステムが、当たり前となった現在では陳腐化してしまって、世界的にライバルにボコられているのはビジネスモデルの栄枯盛衰を感じます。
私もマクドナルドには年に1、2回しか行かなくなってしまいました。
マクドナルド (kossy)
2017-08-13 00:03:37
>ノラネコ様
どちら側からも感情移入できる作り方は巧いですよね。
成功物語が最高潮に達したときに、ふとマクドナルド目線になるとか。

日本マクドナルドは牛丼屋とともに値段に変更があるだけでニュースになるけど、
アメリカではどうんでしょうね?
こんにちは (Kei)
2017-08-13 12:17:30
お久しぶりです。8年ぶりに戻って来られたのですね。

>レイのアメリカン・ドリームを具現化したサクセス・ストーリーとして見るもよし、マクドナルド兄弟の盛衰を味わうのもよし…
どちらの立場になって見るかによって印象がガラリ変わりますね。
私は、終盤のマック兄弟が設立した1号店の「マクドナルド」の看板が取り外される光景を悲しそうに見つめる兄弟の姿を印象的に描いている点で、映画製作者たちは兄弟に同情しているなと思いました。

日本に、これをピッタリ表現することわざがありましたね。
「軒を貸して母屋を取られる」
日本にも、昔からそういう事あったんでしょうね。
母屋 (kossy)
2017-08-13 14:08:04
>Keiさま
お久しぶりです。
色んな方の評論読むのが楽しいくらいですよね。
映画の構成を考えると、
前半はレイ・クロック目線で後半がマクドナルド目線かな?
巧い作り方でした。

軒を貸して母屋を取られる・・・
こうやって言葉にして考えると、
他にも似たようなストーリーがありそうですね。
Unknown (セレンディピティ)
2017-08-14 01:30:07
kassyさん、こんばんは。
facebookの誕生物語を描いた「ソーシャルネットワーク」でも
マーク・ザッカーバーグが双子兄弟のアイデアを横取りした...
ということになっていました。
マークにしても、レイ・クロックにしても
ワールドワイドに成功するような人は、”よい人”ではありえないのかもしれませんね。

マクドナルド兄弟は気の毒でしたが
知られざるサクセスストーリーはスリリングでおもしろかったです♪
IT関連 (kossy)
2017-08-14 09:22:12
>セレンディピティ様
コメントありがとうございます。

IT関連の盗作やら横取りって、
もっと多そうですよね。
地道に成功する人もいれば、
どこかで悪いことをする人もいる。
その悪さの程度によって、
映画に共感できるかどうか・・・ですよね~

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎の......
ファウンダー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実に基づ......
『ファウンダー』を角川シネマ有楽町で観て、勧善懲悪が好きなんだよ★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲「爆誕!」っぽいポーズ。 五つ星評価で【★★★スカっとしない】 ちゃんと最後まで息をも付かせぬ展開があるのは立派。 でも、最初の頃からラストまで、主人公を好きにな......
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/フィルムネーション=ワインスタイン・カンパニー、他 配給:KADOKAWA 原題:The Founder監督:ジョン・リー・ハンコック脚本:ロバート・シーゲル製作:ドン・ハンドフ
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ / The Founder (勝手に映画評)
実話に基づく作品。世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を、レイ・クロックがどの様にして作り上げていったのかを描いている。 事前にある程度知ってはいたけど、レ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (映画と本の『たんぽぽ館』)
本家VS元祖??? * * * * * * * * * * マクドナルド創業者レイ・クロックの実話を元にしたストーリー。 1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (だらだら無気力ブログ!)
ビジネスの世界は厳しいなぁ。
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER (銅版画制作の日々)
 英雄か。怪物か。 MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックと......
ショートレビュー「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ彼は、1個15セントのハンバーガーで帝国を築くことが出来たのか? 異色のアメリカンドリームの展開に、目が離せない。 「マクドナルド」という店名が創業者兄弟の名前なのは......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (セレンディピティ ダイアリー)
アメリカで生まれた世界最大のハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業物語を、マイケル・キートン主演で描きます。監督は「幸せの隠れ場所」(The Blind Side・2009)のジョン・リー・......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  監督/ジョン・リー・ハンコック (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  ニック・オファーマン  ジョン・キャロル・リンチ  ローラ・ダーン 【ストーリー】 1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52......
映画:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder きれいごとだけでは済まない、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログにとり今、マックの何に関心があるかと即答で、オリンピック・スポンサー。 つい2ヶ月前、41年という長期にわたったスポンサードを中止。 ひとつの時代が終わっ......
映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (エンターテイメント日誌 )
評価:A 原題はThe Founder、創立者のことである。ファストフード「マク
[映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・作品としては面白かった。 角川シネマは満席で、私、最前列に滑り込み、帰りには、次回上映の「SOLD OUT」が告知されているほどだった。 マクドナルドの誕生にまつわる「......
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:ゲスの極み男 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドを真の意味で創業し
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 マクドナルドのセールスポイント (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『ウォルト・ディズニーの約束』などのジョン・リー・ハンコック。  マクドナルドのファウンダー(創業者)についての実話をもとにした物語。  『バードマン』『スポ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 英語学習の教材にもオススメ (マチルダベイビー!)
8月1日の映画の日に見たもう1本の作品は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』でした。 (新宿角川シネマにて)
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」The Founder (2016 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
もう30年以上も前の話。 マクドナルド千歳船橋店のバイトに採用されたわたしは、あれはどこだったかなあ、小田急線沿いのどこかで(ひょっとしたら西新宿だったかもしれない)、......