ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ミリオンダラー・ベイビー

2005-05-29 08:21:12 | 映画2005
!けいを逆のとこいたりや。だんいなゃじ屈理はグンシクボ

 この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、アカデミー賞の結果は嘘じゃなかったと座骨神経にフックを食らってしまった気分です。ラスト30分に自然と涙が流れるというコピーも嘘じゃありませんでした。観る前にはボクシングを題材にした普通のスポコンドラマだと信じきっていましたから、衝撃は強かったのです。しかし、終わってみると、重いテーマだけど、どことなく心が洗われるような感覚にもなりました。

 最も印象に残ったのはヒラリー・スワンクの演技でしょう。映画の中で、彼女は13歳からダイナーのウェートレスで稼ぐのですが、彼女本人が幼い頃はトレーラーハウスで暮らすほど貧しかったらしく、客の食べ残しを隠すシーンなどはリアルに演じてました。もちろん鼻が折れる等の痛いシーンもすごかったです。

 クリント・イーストウッドとモーガン・フリーマンもおじいさんコンビとしていい味を出していました。過去の贖罪と娘との確執を背負い、必ず送り返される手紙と毎日通う教会。静かな演技であってもボクサーを守るという信念。どれをとってもイーストウッドらしい演技でした。彼が贖罪を感ずる本人であるモーガン・フリーマンの語りも渋く、23年間ずっと一緒に働いてボスに罪の意識を感じさせないよう生きている姿も、何発もジョブを食らうかのようにじわりと感動を与えてくれました。脇役ではあるけど、デンジャーやウィリーもインパクトあったし、世界チャンピオンの青い熊もボクサーだけあって睨みつける目は強烈でした。

 伏線である「モ・クシュレ」というゲール語の言葉。真の意味を知ってからは、アイルランド人の観衆が歓喜した理由もわかり、カウンターパンチを食らってしまいました。それよりも、ラスト30分の意外な展開そのものが、ビリー・ザ・ブルーベアの放つ反則技くらいインパクトがあるもののだったかも・・・「父親が犬にやったこと」と言葉を発したときには、もう涙が・・・

★★★★★
ミリオンダラー・ベイビー@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (139)   トラックバック (279)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クローサー | トップ | ホステージ »
最近の画像もっと見る

139 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
彼、死と共に去る (godzilla_t)
2005-05-29 09:09:47
ある意味、ボクシング版「ペイルライダー」でしょうか。

死と共に現れ、去っていく。ということを見ると、紛れも無くイーストウッド映画ですね。

ただ、今までは正義や復讐どったのが、この映画では「愛」でしょうか。

新米女性をプロが鍛えるというのは「ダーティー・ハリー3」ですね。
Unknown (naha)
2005-05-29 09:26:04
イーストウッッドの作品は強く終わらせ方を意識しているように感じます

それは、話のラストであり、人生の末路あったり

僕も、前半と後半の展開の差に驚きました

「何発もジョブを食らうかのようにじわりと感動」 たしかにそんな感じですね^^

やっぱね・・・ (しんちゃん)
2005-05-29 09:36:48
 私はこんな話の展開は嫌い(笑)

アクシデントのシーンまででも充分評価できるのになぁ・・・あんなにワクワクしたことはなかなかないことでした。



 そこからじわりじわりと関節技を決められた感じで(^^;



 ヒラリー・スワンク

彼女は「勝負どころ」を知ってるよね

「コア」「インソムニア」での自分のポジションとこの映画とは、まるで別人のよう(^^;
Unknown (kayo)
2005-05-29 10:40:38
 トラバありがとうございます。



予想外の結末の映画でした。

ヒラリー・スワンクの演技のリアルさには

心動かされるものがあったと思います。
「海を飛ぶ夢」を (沢木耕三郎(仮名))
2005-05-29 11:05:22
TBありがとうございます。

正直、後半の展開には

若干戸惑います。

家族の描き方とか、どう思われますか。

この映画を観たすべての人に

まずは「海を飛ぶ夢」を観ることを

お勧めします。

Unknown ()
2005-05-29 11:17:01
同感
TBありがとうございました。 (愛)
2005-05-29 11:59:23
私も「海を飛ぶ夢」を観ていたので

最後はすこしオーバーラップしてしまいました。

どちらも忘れられない作品になりそうです。



モーガン・フリーマンの語り、本当によかったですね。

名シーンの数々。 (えい)
2005-05-29 12:19:52
こんにちは。



トラックバックありがとうございました。

ネット見ていると、この映画がすごい反響を引き起こしているのが伺えます。

私がもっとも強烈に印象に残っているのは

母親の「サイン」ですが、

こちらを見て、「食べ残し」のシーンや、

犬のエピソードなど、まだまだいろいろあったことが、

じわりじわり思い出されてきました。



痛かったですよね・・・。 (Carolita)
2005-05-29 14:04:22
顔が痛かった。鼻が痛かった。心が痛かった一本です。「モ・シュクレ」号泣でした。T/Bよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました。 (しーな)
2005-05-29 14:41:44
お返しにお邪魔しました。

スワンクの演技本当にすごかったですよね。

痛いわ、生きるのに必死だわ。

見終わってから、じわじわ感動が深まってます。

こんにちは! (こまったちゃん)
2005-05-29 15:07:23
TBありがとうございますm(__)m

試写会で観たものの、もう一度ゆっくり観たいので映画館でもう一回観る予定です。

今日予定している買物がスムーズに行けば、今日観るかも。

また泣くかな、私・・・。(T_T)
こんにちは。 (小夏)
2005-05-29 15:49:57
TBありがとうございました。

試写会で観てから既に10日以上経ちますが、この映画ほど後からじわじわ迫るものはありません。鑑賞した夜は何故か夢にまでヒラリー・スワンクが登場したものです(^^;

自分でも気づかないところで、心に衝撃を受けていたということかもしれませんね。改めてもう一度観たいと思っておりますw

モエ (ハーレムを作るカリスマナンパ師)
2005-05-29 16:15:05
ああ!!

これはおもしろそうですね!!
TBありがとうございました (そうしん)
2005-05-29 16:54:39
お邪魔します。



昨日、そして今日と早くも2回この映画を見ました。あと何回見に行く事になるか・・・とにかくこの映画の全てが好き。この映画に「モ・クシュレ」と言いたくなる気分です。
こんにちわ (ななな)
2005-05-29 17:35:55
重い映画でしたが見てよかったと本当に思える映画でした。

前半のスワンクの輝く笑顔と後半の現実を目の前に突きつけられたような痛さがすごく印象的でした。
あ痛たたたっ!! (メビウス)
2005-05-29 18:40:33
お邪魔しまっす♪

マギーの鼻が折れてフランキーが強引に応急処置してる所、凄い痛々しかったですよね~。思い切り顔顰めてしまいましたし、青い熊は素直にムカつきました(笑



モ・クシュレの意味を最後まで出し惜しみ(?)してたフランキーに『早く教えてくれ!』と心で言ってた自分です・・・
TBどうもです! (キッカ)
2005-05-29 20:59:15
kossyさんこんにちは。

ヒラリーの演技、とても良かったですよね。だんだん筋肉がついていくのも凄かったし…

イーストウッドの作品はどれも素晴しくてこの人こそが映画人だ、と思えてなりません。



ちなみにkossyさんと同じ石川県人です。同じ映画館だったかも知れませんね(^^)

TBありがとうございます (ichiko)
2005-05-29 21:17:32
はじめまして。TBありがとうございます。

私も他の作品にTBさせてもらいました。

今後ともよろしくです。
TBありがとうございました^^ (choco)
2005-05-29 21:44:06
ヒラリー・スワンクの鼻が折れたシーン、彼女の最期のシーン、痛々しくて目を背けたくなるほどでした。



スポ根モノとしてだけじゃない感動は、一見の価値ありですね!
毎度どうも! (メルブロ)
2005-05-29 23:01:44
「父親が犬にやったこと」と言葉。

私もここできました。
トラックバックありがとうございます (ゆう)
2005-05-29 23:02:43
今日からブログ始めました。今後ともよろしくお願いします!



映画は重い作品でしたが出会えてよかったです。ヒラリー・スワンクの色々な表情が今も心に残ってます。
Unknown (GO)
2005-05-30 00:12:03
TB有難うございました。私も本日鑑賞して参りました。原作をとてもうまく消化して良い出来でした。アカデミー4部門は伊達ではありません。結末を知っていたので、”泣き”はしませんでしたが、小説の読後と同様の感慨にふけっております。

鑑賞後の感想を自ブログへ追記致しております。

良かったらまたお越し下さい。
K.O (any)
2005-05-30 00:26:04
主要キャスト3人の演技+重厚なストーリーにすっかりノックアウトされてしまいました。

予想外の展開にビックリしながら、ラスト30分は、チラシの裏の言葉どおり、涙が止まりませんでした。

静かに心震えるそんな作品でしたね。

TBありがとうございました (新しい夜明け)
2005-05-30 02:07:17
映画の中で、デンジャー君が目指していたのは、ハーンズでしたっけ?
重い (はっち)
2005-05-30 06:25:22
CMなんかで、オチは予想してたとはいえ、

重い映画でした。

でも、あまりに残酷でスクリーンを直視

できないシーンがあったなぁ(ーー;)

アソコまでリアルに描かなくても!って

思ってしまった~♪
一括返信でごめんなさい。 (kossy)
2005-05-30 09:24:02
>godzilla_t様

godzilla_t様はイーストウッド映画をかなり観てるのでしょうね。

俺はまだ半分にも到達してなさそうです。

正義と悪や復讐とかいうテーマを撮り続けた映画人生の到達点が「愛」だったわけですね・・・あと何本撮るのかわかりませんが、あとしばらく「愛」を描くイーストウッドを見てみたいものです。

『ダーティハリー3』はラストの方では女性刑事の影が薄くなっていたような・・・



>naha様

この落差はすごかったですね~

リハビリしてまたボクシングの練習をするのかな・・・などとも考えちゃいましたから。

サスペンス映画じゃないのにネタバレ禁止だなんてところもすごいです。



>しんちゃん様

そうですか~

しんちゃんはどちらかというと直球勝負の方が好きそうですもんね。

そういや、『インソムニア』にも出てましたっけ?

普通のこわもて女性刑事というのが素で演技できてピッタリなんですよね~



>kayo様

コメントありがとうございます。

演技はすごかったです!

アカデミー主演女優賞も納得でした。

震えがくるほど素晴らしかった・・・・



>沢木耕三郎様

家族の描き方ですか・・・

信じていたのに裏切られて・・・「でも、自分にも悪いところがあったはずだ」、とそれぞれが思い、家族の再生を試みるがかなわなかった・・・俺は前向きに捕らえてます。

石川県では『海を飛ぶ夢』は来週からです。楽しみ。



>た様

コメントありがとうござます。



>愛さま

『海を飛ぶ夢』を思い起こす方は多いですね~

来週から上映が始まるので楽しみにしたいと思います。

モーガン・フリーマンの語りがなければ、1点減っていたかもしれません・・・



>えい様

ネタバレ禁止というお触れに従うのも大変ですよね。お疲れ様です。

後半部分を取り去ってしまってもちゃんと成り立つ映画ってすごいです。

家族の絆に関しても、イーストウッドがスワンクの家族をずっと観察している様子なんていい描写してると感じたのですが、何しろラストのインパクトが強くて忘れてしまいそう・・・



>Carolita様

痛いシーンはほんとに顔をそむけたくなりました。

ボクシングの効果もあって号泣度が高まりましたよね~



>しーな様

俺なんていつも感想を書きながら泣いています!

こみ上げてくるんですよね・・・押さえていたものが・・・

生きることの意味まで考えさせられました。



>こまったちゃん様

2回目の感想も楽しみにしています!

俺もリピートする予定です(今回はもらった券があるので確実)。

何度観ても泣ける映画っていいですよね。



>小夏さま

夢にスワンクが!

俺の夢なんて、モーガン・フリーマンの語りになりそうです・・・もちろん勝手に日本語になって・・・

「心に衝撃」っていい表現ですね。

俺は「心臓にアッパーカットを食らった」感じ・・・



>そうしん様

おお~~!

もう2回目ですかぁ~

クチコミでどんどん広めていけば、ロングランになって・・・5回くらいは楽しめるでしょうかね・・・



>ななな様

重かったんですけど、鬱になるような重さじゃない。

観終わってから、前向きに生きられるような不思議な映画でしたよね。



>メビウス様

鼻の折れるシーン・・・きつかった。

なんだか本当に折れてるような気がして・・・

あのシーンでオーウェン・ウィルソンを思い出したのは俺だけでしょうか・・・

「モ・クシュレ」の意味・・・途中にヒントが出てるんじゃないかとずっと考えてしまいました。



>キッカ様

あ、同じでしたか。

俺は初日のスーパーレイトショーで観ました。

眠くなるはずの時間帯だったのに、

目が冴えてしまいました!

クリント・イーストウッドは映画の神様になりそうです・・・



>ichiko様

コメントありがとうございました!

これからもよろしくお願いします。



>choco様

生涯記憶に残りそうな映画でしたよね。

痛さ、温かさ、色々考えさせられました。



>メルブロ様

「父親が犬にやったこと」

一瞬映画館内がシーンとなってしまい・・・

空気が変わってしまいました。

反則です・・・・



>ゆう様

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

人生観も若干変わってしまうような、心をえぐられるような映画でした。

多分一生心に残る映画になりそうです。



>GO様

原作を読んでいても感動できる映画なんですね!

やはりいい映画だったんだぁ~

タフなだけじゃだめ。

それを超えた何かを感じ取れればもっと感動的ですね。

もう一回観たくなってきました。



>any様

まさしくノックアウト!

重いけど清々しい気分。

俺も「静かに心震える」体験しましたです。



>新しい夜明け様

デンジャーは何を目指してたっけなぁ・・・

まさかペットボトルの謎じゃなさそうだし・・・

次回は脇役にも注目したいと思います。



>はっち様

残酷だったけど、あれがボクシング生活の裏側ですもんね。

あの痛さがあったからこそ、ラストでも感慨深いものになったのだと思います。

この映画を観てボクサーを目指す女性が減るのか、増えるのか・・・・どうなんでしょうね(笑)
TBありがとうございました (banben3)
2005-05-30 15:46:27
はじめまして。なんだか最近こういった感じの終った後にスカーっと出来ない映画が続いています。でもこれは本当に良い作品ですね。ジャブやボディにくると言った表現がピッタリ合う
TBありがとうございます (Master)
2005-05-30 17:13:34
 僕が本作を見ていて思い出したのは「海を飛ぶ夢」よりもケン・ローチの作品群でした。

夢に溺れてもいいはずの映画という虚構の中にこれでもかと「不幸な現実」を突きつけてくる

というタイプの作品がアメリカから出てきた事にはとても驚いております。



 全部知った上でもう一度見てみるとより違った趣を感じられるのではないかと

思ってます。これからしばらく注目作の公開が続きますが、これほど力のある作品が

どれほどあるか、そういう意味でも楽しみになってきました。
鼻…痛かったです~ (アイシャ)
2005-05-30 17:37:13
TBありがとうございました。

この映画の複線になっている ヒラリーやイーストウッド それぞれの家族との確執がありましたが、説明的でないところが良かったと思います。

行間を読ませる映画…って良いですね。
トラックバックありがとうございました (daisenhougen)
2005-05-30 19:24:55
はじめまして。

そんなに映画の本数見てるわけでは無いでおこがましいのですが、今のところ今年公開された作品ではベスト3に入る作品だと思います。

勝手な意見書き込んでスイマセン。

TBどもです☆彡 (bluepoint)
2005-05-30 20:56:10
お初です^-^

何か感想書こうと思ったけど皆さん書かれてるので・・・

ちょこちょこ映画見るのでタイミングあったらTBしますね

ではノシ
TBありがとうございました。 (おこい)
2005-05-30 21:43:06
初めまして。

トラックバックありがとうございました。

実を言うと私の嫁のブログにもTB頂いてまして、夫婦共々喜んでます。



それにしてもこの映画の反響は凄いようですね。

好きになった一人としては素直に嬉しいですね。



TBどうもありがとうございます。 (16mm)
2005-05-30 22:05:08
こんばんは。16mmと申します。

TBありがとうございます。

この映画については色々語りたいところはあるのですが、語りたい部分を語ってしまった瞬間にネタバレになってしまうというジレンマ(笑)

「とても良い映画です」としか言い様がないのですな。



しっかし、イーストウッド。あんなオジイがこんなハードな映画を撮れるなんてw

今更ながら非常に優秀な映画監督なんだと再認識したしだいです。
Unknown (ゆらめき)
2005-05-30 23:28:19
TBありがトン。

返信したつもりで居たので、遅れました



ラストは悲劇ではあるが

こういう映画も観ないといけないのかもね

涙を流しても恥ずかしくない。
Unknown ()
2005-05-31 01:40:36
tbどうも。

モーガン、瞬間強かったですね。
一括返信でごめんなさい2 (kossy)
2005-05-31 09:24:29
>banben3様

本当によかったですね。

重いのに、前向きになれる。

もやもやしたものが残らないような気がします。



>Master様

確かにハリウッドらしくない映画かも。

どちらかと言うとインディペンデント系の雰囲気ですもんね。

俺ももう1回観て、衝撃を受けずに冷静に見てみたいと思ってます。



>アイシャ様

行間を読ませる映画。

それもわかりやすく、ほとんど3人だけの映画にしたことで集中することができました。

唯一わからないと言われるボクシングの動機ですけど、

ボクシング好きってのは、理屈がないですもんね・・・



>daisenhougen様

はじめまして。

今年観た映画の中では・・・むずかしい。

俺の中では10位以内は確実ですけど、これから注目作がどんどん公開されるので、今は何とも・・・



>bluepoint様

わざわざコメントありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。



>おこい様

え~~奥さんのブログにまで俺がTB!!

どなたのブログなのかと気になってきました(笑)

ご夫婦で観ることができるなんてうらやましい限りです。



>16mm様

みなさん「いかにネタバレしないで書くか」と苦労なさっている様子です。俺の文なんて、かなりいい加減な感想になってしまい申し訳ないと思ってるくらいっす。

イーストウッドは自分自身も引退が近いと考え始めたのでしょうかね・・・

元気なうちにこの手の映画を撮っておきたかった。

そんな気がしてなりません。



>ゆらめき様

コメントありがとうございます!

「涙を流しても恥ずかしくない」

涙をこらえた人も結構多かったのだと思います。

いい映画に出会えたことで、映画ファンとしての幸せも感じました・・・



>智さま

モーガンの役は渋い!

110回目のパンチにも愛がこもってました(そんな気がするだけ・・・)
TBありがとうございました (おやじ)
2005-05-31 21:33:03
>アカデミー賞の結果は嘘じゃなかった

まさに同感です。

期待をはるかに上回ってくれて、クリントおじさんに「ありがとう」って言いたい気分です。

クリント (kossy)
2005-05-31 22:08:38
>おやじ様

一昔前のアカデミー賞は「あれれ」と思うことがしばしばありましたけど、今回は納得ですよね。

将来、「名作」と呼ばれることを期待して
はじめまして! (ムク)
2005-06-01 00:11:25
TBありがとうございました☆

自分も「父親が犬にやったこと」って時に涙が止まらなくなりました。

イーストウッドとモーガンフリーマンの熟年コンビがイイ味だしててよかったですね☆
こんにちは (ミチ)
2005-06-01 19:16:09
本日レディースデイに見てきました~。

情報なしで見に行って良かったです。

久しぶりに文句無しの感動作でした。



それにしてもレディースデイと一日(映画の日)が重なると、なんとなく損したような気がします(笑)
坐骨神経痛(笑) (ぷちてん)
2005-06-01 19:57:11
TBいただきに来ました。



まさに坐骨を痛めつけられたような・・パンチを食らった気持ちにさせる映画ですね。

鼻の骨折シーンは痛かったですね~。

ラストの痛みもまさに!!で、胸が痛くなりました。



ヒラリー・スワンクの演技も見事でしたね~。



ノックダウン (たましょく)
2005-06-01 22:06:14
 自分もボクシング映画だと思って観に行った

口なのですが…こんなにも重厚な人間ドラマだ

ったとはΣ(゜口゜!!)



 老練なイーストウッドとフリーマンの演技も

凄いですが、ヒラリーの骨太な演技にもぐいぐ

い魅せられてしまいました。



 中盤以降の展開が、まったく予想してなかっ

ただけに、すっごい衝撃と哀しさがスクリーン

から伝わってきました。
ダメ!痛すぎる!この映画! (チャ子)
2005-06-02 00:45:25
さすがに楽しめなかった・・・。

正直、いやです!あんな結末!

分かってます!とてもいい作品です!

けど、けど!悲しい――ぃぃぃ!

痛くて悲しくて辛すぎる――ぅ!(絶叫!)

ラストのそれぞれの想いに、余りにも納得できて

更に哀しいです!それ以外もう何も言えません!

「モ・クシュレ」の意味を告げてキスした場面が

一番泣いた・・・。



イーストウッドは"ダーティ"や"マディソン郡"の

あたり頃は好きになれなかったけど、

ショーンコネリーと同じく、年取ったらグ―ンと

男の味が出て印象が良くなりました。



 
痛い・・・ (kossy)
2005-06-02 11:32:29
>ムク様

はじめまして。

あの言葉はほんとに切れ味のすごい言葉。

かなり響いてきますよね。

じいちゃん2人の言葉はすべてにおいて、重みがありました。

靴下の件は別として・・・



>ぷちてん様

観てるあいだ、あちこちにパンチを食らってしまって・・・

体中が痛くなってきましたね。

このときのパンチの後遺症が・・・



>たましょく様

いつもコメントを残していただきありがとうございます。

ベテラン3人の演技のおかげ。

最初はヒラリー・スワンクの予定ではなく、サンドラ・ブロックに話が来ていた!という噂があるのですけど、どうなっていたのでしょうか・・・ちょっとこわいです。



>チャ子さま

確かにショーン・コネリーはじいちゃんになってからの方がいいですよね。

この映画、痛くて、痛くて悲しすぎるんです。

だけど、観客は鬱になるんじゃなくて、むしろ前向きになることができる。

と思っているのですけど、

どうかなぁ。

kossyさま (チャ子)
2005-06-02 22:12:00
あ、いいえ、私も前向きに捉えてます!大丈夫!

ただ、余にリアルで映画観て受けたショックが、

これまでにないほどだったので・・・。

昨日は一人で観ましたが、もう一度、大切な人を

連れて観に行ってきます。生きる強さを学びに。
ミリオンダラーな人生。。。 (拾稔堂店長)
2005-06-03 06:36:05
はじめまして。



わたし的には、ラストで「ダン」が自首するか自殺してくれると納得できたのですが。。。あれでは、「年寄りの身勝手」のような印象しか残りませんでした。



作品自体は、いい作品です。おすすめの映画ですけどね。

(^^;
おひさしぶりです。 (アスカパパ)
2005-06-03 07:07:12
TBありがとうございます。

hp時代にお会いしてから幾歳月(笑)経ったでしょうか。

お懐かしいkossyさんの精力的なblogには圧倒されます。

私は相変わらず細々とやっております。

変わらぬ友情に感謝します。

TBありがとうございました (wakana)
2005-06-03 08:06:27
もちろんこちらを読んでから記事を書いたのですが

TBいただけて光栄です。

私もスポ根だと思っててやられちゃった人です。

スポコン (kossy)
2005-06-03 09:09:44
>チャ子様

ブログで男女カップルで観にいくべきじゃないと書かれているところが数件ありました。

そういや、一人客が多い映画だったなぁ・・・



>拾稔堂店長さま

自殺か、自首か・・・まぁ、逃走した形になっているので、ある意味自殺に近いのかな・・・多分車であてのない旅に・・・



>アスカパパ様

どうもお久しぶりです。

ブログを拝見しましたけど、いい雰囲気のブログですね~

これからもよろしくお願いいたします。



>wakana様

いつも来ていただき、ありがとうございます。

ネタバレ厳禁だったという映画ですから、

俺の感想もチグハグでした・・・・(汗)

スポコンだと思わせるところがにくかったですよね~
初めまして (masu)
2005-06-03 09:25:32
TBありがとうございました。こちらからもさせて頂きました。私もヒラリーの演技には感動しました。色んな表情がマギーの素直さ、意志の強さを表わしていたと思います。

またお邪魔させて下さい♪
kossyさま (チャ子)
2005-06-03 12:00:16
大丈夫、連れて行くのは大の親友の女性です!!

大切な人は男性だけではありません!(笑)

しかし、私が一人で観に行った時は、

カップル多しで、席の両隣りカップルさんでした☆

確かにカップル向けの楽しい映画ではないかもしれないけど、パートナーを持ってるという意味で、

かえってカップルで観たら、お互いの大切さを学べるのでは・・・?(違うかな・・・)

ただし精神性の高いカップルが望ましいかも・・・。

TB&commentありがとうございます。 (あかん隊)
2005-06-03 12:58:50
ありがとうございました。映像だけなら、まだ我慢できたのに…。あのピアノの音が流れた時に、「ノックアウト」でした。眼が腫れちゃいました>泣きすぎ。。。
つらいですね~。 (ルナ)
2005-06-03 19:05:51
ここは、いつも反響がすごくて・・・

いつもくだらない感想を書いてる私には、敷き居が高いなぁ~(笑)

全てをボクシングにかけて、一生を送れたマギーは、

幸せだったと思うけど、残されたフランキーやスクラップを

思うとつらいです。

せめていつか娘さんと和解できればいいなぁ~。
感動 (kei)
2005-06-03 20:42:52
TBありがとです。



人間が持ついろんな感情をうまく表現してましたよね~。やられました。モ・クシュラに1Rで得意のKOされちゃいましたー。



ミリオン最高っす! (優みゃ☆)
2005-06-03 21:32:02
私もこれはかなりの名作になると思われます。アカデミとっただけありますよね^^!!

ヒラリー・スワンクがかっこよすぎです(おすぎです。笑)。

おじいちゃん2人も素晴らしかったです!

涙なくして観れませんでしたぁ~。うぅっ
ラスト30分。 (ミヤ)
2005-06-03 22:49:36
こんばんわ、トラバ有難うございました。

こちらからもさせていただきますね。



ラスト30分、涙と震えが止まりませんでした。

本当に嘘じゃなかったですね(笑)

イーストウッドの台詞ではなく、佇まいや表情、目だけで語りかける演技の

素晴らしさは映画史に残るものではないかなと思ってしまいました。

今のところ、今年見た中でナンバー1です。
ラスト30分 (kossy)
2005-06-03 23:51:31
>masu様

はじめまして。

ヒラリー・スワンクの演技は最高でしたね~

ボクシングをやり通す意志の強さが、あのベッドでの言葉の重みを増したのでしょうね。ほんの思いつきで言ってるんじゃないと・・・ううう。



>チャ子様

そうでしたか、それはよかった・・・

カップルがこの映画を観たあとでの会話は、「私がもしこのような状態になったらどうする?」といった内容になるんじゃないでしょうか・・・それはそれでいいのかも(笑)



>あかん隊様

最初から流れるアコースティックギターも素敵でした。

俺も完全にノックアウトでしたよ。

明るくなっても立ちあがれないほど・・・



>ルナ様

そんなことないですよ!

敷居は低くしてあるつもりです(笑)

娘さんとはどうなるのでしょうか・・・多分、マギーが最愛の娘と感じたおかげで、実の娘のことはあきらめるのかなぁ。



>kei様

モ・クシュラの意味・・・ぁぁ、俺もあのシーンを思い出しただけで、自然にうるうるしてきます。

みなさんの感想を読むたびに泣いてたら、そろそろ涙も枯れそうなものなのに・・・



>優みゃ☆様

俺も名作になると信じています。

賛否両論になってるところもいいですね~これは名作の条件だと思うんです。

皆が満点つけてたら、そのうち飽きられるというか、なんというか・・・



>ミヤ様

俺は「ラスト30分」というコピーを知らないで観ました。

目で語る演技、素敵でしたね。

モーガン・フリーマンも目で演技してましたね。

ちょっと失明した目も気になりましたけど・・・

今年の1番ですか~

俺もその可能性があります・・・
TB、ありがとうございました (キラキラ)
2005-06-04 00:55:07
アカデミー賞の主要4部門を獲得するのも納得、という映画でした。

後半のヒラリー・スワンクの演技は涙なしでは見れませんでした。
TBありがとうございました (7_7seven)
2005-06-04 02:25:40
見た後どーんと心に残る映画でした。

役者の演技重視で抑制の効いた演出も素晴らしかったです。

ゲール語の意味とかレモンパイとか伏線がきいてて泣かされました。
ヒラリー (kossy)
2005-06-04 10:29:03
>キラキラ様

見る前までは納得しなかったんですよねぇ~俺もそうだけど・・・

『アビエイター』はともかく、『RAY』に勝てるのか?と思ってましたから(笑)

やはり納得!



>7_7seven様

よかったですよね~伏線がピリリときいていて。

最後には座席から立てないくらいにボディブローを浴びていたんですよね。

Unknown (タカノ)
2005-06-04 18:39:51
初めまして。

TBありがとうございます。



予備知識が全然無いまま「女性版ロッキー」だと思って観に行った為に、後半の展開に本当に衝撃でした。

でもすごくいい映画で、ぼろぼろ泣いてしまいました。
TBどうもです。 (あつ)
2005-06-04 18:53:18
良い映画だと思いました。アカデミー賞を取るのも納得できる映画です。

でも、ああいったラストはちょっと苦手です。やるせない気持ちになります。

あのときイスをだしてなければ、こんな結果にはならなかったのに、と映画終わってからしばらく考えていました。

思い出すと、痛くなります。
『 あしたのジョー 』 (Ixion)
2005-06-04 19:12:17
いつもお邪魔させていただいております。



とても深いテーマの作品でしたが、今回私は、スポ根の域を脱することができませんでした(苦笑)



でもこの作品を観て、 矢吹丈 を思い出してしまい、家にある『 あしたのジョー 』 を読み返してしまいました。



またお邪魔しますね!
スポコン (kossy)
2005-06-05 00:23:26
>タカノ様

みなさん同じようにスポコンと思って観にいってると思いますよ~

観る前にブログなんかでチェックすると、逆に感動が薄れてしまうかもしれませんね。

ほんとに衝撃的でした。



>あつ様

あのとき椅子を・・・

モーガン・フリーマンの時と同じように悔やんでしまいましたよね。過去の贖罪と新たな贖罪の対比も感慨深いものがありました。

痛かったです・・・



>Ixion様

「あしたのジョー」ですかぁ~

力石徹とヒラリー・スワンクをだぶらせてしまったという人もかなりいましたね。

俺は、スポコンもので終わったらつまんないなぁ~と思っていたので、感動も大きかったです。

ボクシングって、映画や漫画にはいい素材なんでしょうね。
はじめまして (hartneko21)
2005-06-05 03:01:44
トラックバック有難うございました。(TBの返信初めてなので上手く出来るか、かなり心配です…。)



【ネタバレ結構してます。不適切でしたら削除して下さい】

みなさん…結構、感想を書かれてますんで、ダブってしまいそうですが…、私はラストの展開は残念でしたね…。

複数の方が書かれてましたが『海を飛ぶ夢』の死が浮かんだという理由が大きいかもしれません。

『ミリオンダラー・ベイビー』としての死はあれしかなかったのかなぁ~と思う反面、もっと違うラストはなかったのかとも・・・でも、それも払拭出来るくらい、心は揺れて震えて泣けましたけど…。



この作品は名作になるでしょうね。

有難うございました。
TB有難うございます! (pandakopanda115)
2005-06-05 10:52:19
初めまして!

ラストはホント反則技と思いました。

でもあのラストに向けてヒラリースワンクの

生命そのものみたいな前半の輝きがあったのかなと思うと、つらい~
反則 (kossy)
2005-06-05 11:02:26
>hartneko21様

ラストは賛否両論になっていますね~

俺は『海を飛ぶ夢』をまだ見てないので、肯定的になってるだけかもしれません・・・今週中に鑑賞する予定です。



>pandakopanda115様

確かに反則技です・・・

それが許されるくらいにイーストウッド監督の作り方が素晴らしかったのかもしれませんね。

輝いていたスワンクの姿を思い出すと涙が止まらなく・・・ううう
いい映画でしたね (みみこ)
2005-06-05 17:49:38
こんにちは。TBありがとうございました。

脇のデンジャーのキャラ・・なかなかいい味

だしていましたね。

前半、後半のギャップは相当のものでしたが、

自分の生き方を考えてしまうようないい映画でした。
デンジャー (kossy)
2005-06-05 18:50:32
>みみこ様

そうですよね~

彼の存在がなければ淡々と進んでしまって、味気ないものになりそうです。

人生の目標を持って生きていける、そんな勇気を与えてくれるような・・・そんな気がします。
さすがに反響がものすごいですね~ (ルーシー)
2005-06-05 23:25:50
>ビリー・ザ・ブルーベアの放つ反則技くらいインパクトがあるものだったかも・・・



いや、ほんとにその通りでした。

そしてビリーのことをにくむより、自分がフランキーの言った事を守らなかったことを後悔していたマギーに、涙がとまりませんでした。

スクラップの、見守る温かい目も忘れられません。
肘打ち (kossy)
2005-06-06 00:55:23
>ルーシー様

こたえるんですよ・・・ひじ打ちが・・・

映画を観ている間、ビシバシと殴られてしまって・・・

マギーの素直な性格にも惚れそうでしたよ。

それも静かなパンチを浴びるような感じで、フランキーも痛かったでしょうね・・・
『ミリオンダラー・ベイビー』 (mimia)
2005-06-06 08:55:51
はじめまして、TBありがとうございました。

実を言うと時々お邪魔していた隠れファン(≧∇≦)♪

あまりの人気サイトに臆していました。

実を言うとkossyさんらしき方お見かけしたかも…

シネモンドで朝から3本はしごされてたお方では?



ブログ始めたばかりで慣れないのですが

金沢人(石川人?)としてよろしくお願いします。

ところでこちらからTBする時ってどうしたらいいんでしょう?(汗;)

TBありがとうございました。 (おんじぃ)
2005-06-06 11:25:58
こんにちは。TBありがとうございました。当ブログはただの日記なので、TBいただくのが恥ずかしいのですが…。



「ミリオン~」を観て感じる所は色々ありますが、人間常に大なり小なり選択をし続けて生きているのだ、ということを考えさせられてしまいました。レビューは書けませんが、今後とも自分なりに映画から感じ続けていきたいと思っています。またブログを覗かせて下さいね。失礼しました。

Unknown (Katsuo)
2005-06-06 15:04:05
重い内容と色々考えさせられる要素も含み

私には大感動の作品でした。



内容について議論&意見が多いのは

やはりそれだけ人の心に何かを残したからであると

評価しています。



「海を飛ぶ夢」私もまだ見ていません。

果たして観賞後、ミリオン~の感想は変わるのかしら?

ありがとうございます。 (たろォ)
2005-06-06 18:17:24
もっと爽快で、スカッとする感じのヒューマンドラマのつもりで観に行ってしまいました。

この時点で完敗です。



いい意味で裏切られて、心にズシッとくるものがありました。

ストーリーの根底にあるテーマに深く考えさせられるものもあるし、

クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ヒラリー・スワンクの

人間関係というか、それぞれの心境が微妙で絶妙な感じがしました。
ずしり (kossy)
2005-06-06 20:20:44
>mimia様

わ~~、隠れファンだなんて、嬉しいです。

見かけたこともあるだなんて・・・(汗)

シネモンドで3本はしごだなんて、何回もあります(笑)

まぁ、この前のソンフレール、ベルリンフィル、知華のときは笑われちゃいましたが、まさかそのときの・・・(恥)

トラックバックはブログサイトによって違うと思うのですが、こちらのTrackback Ping-URL というところのURLをコピペすればOKかと思います。

どぞ、恥ずかしながらよろしくお願いします。



>おんじぃ様

すみません。

カテゴリーに「映画」がありましたので、

勝手にTBさせていただきました。

映画のレビューなどは、そのままの感想を書けばいいのですから、全く問題ないですよね~気になる映画がございましたら、また遊びに来てくださいませ。



>katsuo様

今日、『海を飛ぶ夢』を観てきました。

鑑賞順も影響しているのでしょうけど、『ミリオンダラー』の方が直接心に訴えてくる映画だったと思います。

賛否両論になる映画は優れた映画だと信じています・・・



>たろォ様

予備知識を入れないで鑑賞するのがベストですよね。

ずしりと重いけど、自分なりに消化してしまえば、心の糧となるような、そのくらい残る映画でした。心臓をわしづかみにされたような感覚です。。。
TBありがとうございました。 (ふるや)
2005-06-06 22:29:46
遅れてしまってすみません^^;

予告でなんとなく最後が読めてしまってたとはいえ

後半からの展開はおどろいた

父親が犬にやった…のくだりは本当に切ないです(泣)

有難うございました (lavender)
2005-06-06 23:42:06
TBとコメント有難うございました。

遅くなりまして恐縮です(>_<)



この作品は自分の中で消化するのに久々に時間の掛かった映画でした。

ラスト付近の神父とフランキーの会話って、そのままフランキーとマギーとの関係にもなぞらえているんですよね。

なんだかそう思ったら、フランキーも迷える子供のように感じられてしまいました。
あれれ (lavender)
2005-06-06 23:48:51
上のコメント、途中で切れてしまいました。重ね重ね「失礼いたしました。



この作品は、久々に自分の中で整理をつけるのに時間がかかった映画だったかもしれません。

コメントありがとうございます。 (kossy)
2005-06-07 00:39:52
>ふるや様

そうでしたか~

俺は予告をほとんど観てなかったから、とにかくサクセスストーリーかと・・・(汗)

父親が犬にやったこと・・・このフレーズってかなり記憶に残りますね。



>lavender様

そうですよね。

すぐには感想を書けなかった。

俺も書いたのが次の日になってしまうほど、考えがまとまりませんでした。
こちらもTBしました (ももママ)
2005-06-07 09:24:33
最後の30分は意見の分かれるところだと思います。かならずしも尊厳死を肯定している訳ではないと思います。マギーとフランクの結論の出し方を、「あなたはどう思いますか?」とイーストウッドに問われているのでは?

観客を「頭の悪い金づる」ではなく「映画の好きなちゃんと生きている個人」として扱ってくれるところが、イーストウッド映画の好きなところです。

なるほど (kossy)
2005-06-07 11:14:43
>ももママ様

>観客を「頭の悪い金づる」ではなく「映画の好きなちゃんと生きている個人」として扱って・・・

これってすごく言い得てますね~

監督自身も観客の反応、意見を見たいのでしょうね。



尊厳死に関しては、家族でもないし、法的に認められないけど、気持ちだけは肯定的なんだと思うけどなぁ~

キリスト教に対して批判的な面もあるので、自殺については肯定しているような・・・
TBありがとうございました (Aquarius)
2005-06-08 23:51:24
TBありがとうございました。



個人的な話ですが、ある親しい人が死に瀕した時

安楽死という言葉の意味をようやく理解しました。

この映画を見て、それを思い出しました。

生きると言うこと、死ぬと言うこと。

決められるのは本人だけなんだと思います。



こちらのブログを覗かせていただいて

とってもすてきなページなことに感激しました!

自分のブログを見直しつつ、

こちらにもまた遊びに来ますね。
コメントありがとうございます。 (kossy)
2005-06-09 00:59:46
>Aquarius様

安楽死は、俺にとって「ブラックジャック」のドクター・キリコ以来のテーマです・・・

自殺しようにも出来ないもどかしさは本人しかわからないでしょうから、いつも見守る立場ですもんね。

難しいテーマです。



とってもすてきなページだなんて・・・あまり褒めると努力しなくなりますので・・・ただ映画記事の更新が早いだけですから(笑)

でも、また来てください♪
こんばんは (lin)
2005-06-09 01:34:26
この作品カナリはまりましたw。

演出、展開面の光と陰、静と動のコントラストも素晴らしかったと思いますが、それ以上に満足できる人生とは一体何なのかということを考えさせられました。

尊厳死の部分で「海を飛ぶ夢」とつい比較してしまいますが、別の視点からの明確なアプローチがある意味説得力があったと思います。

TBさせて頂きました、またヨロシクw。
光と陰 (kossy)
2005-06-09 09:07:22
>lin様

「光と陰」というテーマはクリント・イーストウッド映画の評によく出てきますよね。

今、そのコントラストを思い出そうとしてみると、自分の頭の中でモノトーン化してしまっています。やはりボクシング映画は白黒の方がインパクトあるのでしょうか・・・

もう一回観にいけば、自分の感想がどう変わるか楽しみです。
自分に置き換えて考える (chishi)
2005-06-09 22:03:48
この作品は久し振りに二人で観賞したので

帰る道すがら、お互いならどうするか語り合ったです。

そういう余韻を味わえる作品でしたね。
有り難う御座いました (suguru)
2005-06-09 23:07:13
TB有り難う御座いました。なんだか、レビューを書くたびにTBしたり、TBしてもらったりとお世話になっています。
余韻 (kossy)
2005-06-10 09:56:09
>chishi様

余韻にどっぷり浸れる映画でしたね。

感想もすぐに書けないほど考えてしまいました。

俺も語り合える相方がほしいです・・・



>suguru様

毎度どうもです。

お互い、こうやって映画ブログを盛り上げていきましょう。

そして映画文化再興のために・・・
TBありがとうございました (ひまわり)
2005-06-11 18:53:46
連絡が遅くなりましたが、TBありがとうございました。

クリントイーストウッドが、めちゃめちゃ

かっこよかったですね~。

ハリウッドも、捨てたもんじゃないですね。
Unknown (さばきち)
2005-06-11 20:34:22
青い熊すごい迫力でしたね。

ほんとに悪そーな顔してましたよね。

今年のオスカーノミネート作品これで5本全部観ましたが、やっぱこれだよなあと思いました。アカデミー受けする内容だったのもありますが、作品の持つ重厚感がまるで違いますもん。
遅くなりましたが (savabigi)
2005-06-12 00:42:54
トラックバックありがとうございました。
オスカー (kossy)
2005-06-12 10:18:03
>ひまわり様

いやぁ~あんな渋くていい男になってるとは・・・

ちょっと前は普通のじいちゃんで、

その前はアウトローだったし・・・

ハリウッド映画の底力を改めて思い知らされました。



>さばきち様

青い熊の目つき

ミシェル・ロドリゲスが演じてもいいかなぁ~くらいに考えてたのですが、まさか本物のボクサーとは・・・

オスカー会員の目は節穴じゃないぞ!ってことを改めて思いました。男優賞はジェイミーになりましたが、これはこれでしょうがないですよね。



>savabigi様

トラックバックについての記事も読ませていただきました。

俺は、初めてTBするサイト様に関しては、名刺代わりのようなものと思っておりますので、ご了承ください。
実は・・・ (Hitomi)
2005-06-12 20:25:01
最初ただのサクセスストーリー的映画だと思ってましたがしかしこんな悲劇的な話が描かれてるなんて。

しかも生きがいとはとか人生とはとかテーマもとっても重たかったです。

そしてさいごの30分に涙した一人です。
ラスト30分 (kossy)
2005-06-12 20:36:03
>Hitomi様

会場がシ~ンと静まりかえる一瞬がなんともいえない雰囲気でしたね。

あのときの自分がどんな表情だったのか・・・見てみたいような気もします。
ボスのバックの中身ですが… (めい)
2005-06-16 00:14:45
初めて書込みします。

※ネタバレだと判断なさった場合は、お手数ですが、削除をお願い致します。



えっと、私の見間違いかもしれないのですが…。



最後の方で、ボスが決心を固めて病院に向う場面、ジムのロッカー室で、鞄に荷物を詰めている時ですが。

彼の鞄の中が一瞬映し出されるた時に、注射器が2本、入っていたように思うんです。



後で思うに、映画の中で使われなかった1本は、自分が使う為のものだったのかなぁ…と思ったのですが……。

そう思ったのって、私だけでしょうか…?

おお! (kossy)
2005-06-16 01:02:55
>めい様

はじめまして。

すごいですね!

そんなところまでわからなかったです。

注射器を入れたことさえわからなかった・・・(汗)



確かに、逃げ出すにしては、荷物も少ないし、

覚悟のうえだったのかもしれませんね・・・
いつもコメントをありがとうございます。 (みのり)
2005-06-16 10:19:56
おはようございます~。

クリント・イースドウッドがジムから注射器を持って出て、病院に着いた所で、真っ暗になりました。(上のめいさんのコメントと同じ場面ですね)

モ・クシュラの意味もわからないままなので、やはりもう一度観るのがいいのかもしれませんが・・・。

そうでしたか・・・ (kossy)
2005-06-16 11:32:46
>みのり様

『モ・クシュラ』の意味を知るだけでも重要かもしれませんもんね。

もう1度観るときは、初めてガウンを着たときから涙がでてくるのです・・・(実は2回目観ました!)

アイルランド人の観客があれほど歓喜するほどの意味、親しみがこもってましたよね~



残り10分といったところだったのかぁ・・・う~む
ありがとうございます ()
2005-06-18 15:20:31
トラックバックありがとうございます。

先日やっとやり方が分かったので、

本日伺いました。



ミリオンダラーベイビー



痛い



って感想でした



イタイ・・・



色々な意味で・・・





そして考えました

不謹慎かも知れませんが、興味深い

面白い映画でした。



ありがとうございました!!

またよろしくお願い致します。
TBありがとうございます。 (kossy)
2005-06-18 21:10:22
>流さま

TBお疲れ様でした。



鼻が折れるシーンで、最初のパンチでしたよね。

あれは痛いです・・・見てるほうが。

私も見てきました♪ (ななこ)
2005-06-19 00:48:46
こんばんは~。お久しぶりです♪

いつも楽しく映画のお話読ませていただいています。

私も見てきました。目を覆いたくなる場面ありすぎましたが深い・・ほんとうに深い映画でしたね。「モ・クシュレ」という言葉の意味がわかった瞬間・・涙が溢れてたいへんでした。TBさせていただきました。
モ・クシュレ (kossy)
2005-06-19 08:47:19
>ななこ様

いつもありがとうございます。

重くて悲しい結末にもかかわらず、希望もあたえてくれる深い映画でした。

俺は2回見ましたよ~

2回目では中盤あたりから涙が・・・

やっと見た (祐)
2005-07-01 22:04:33
忙しくて、なかなか見れなかったのですが、やっと見てきました。



尊厳死がテーマになっていたんですね。

ずーっと ボクシングの試合で殴られて死んでしまった彼女に ボクシングを教えた おじさんたちの懺悔の話だと 勘違いしていました。



映画をみて 初めて勘違いに気がつきました。(笑)



尊厳死については実体験が無くて 感情的になれませんでしたが、家族に見放された 二人の境遇がつらかったです。



最後は、安楽死をさせ、自分も自殺したんだろうと思っています。



心に残ったセリフ いろいろ有りますが

「人間一度は負ける」かな。

負けたときの悔しさをバネに前に進むか、立ち止まるかは その人の行き方でしょうね。

坂本竜馬のように生きたいなぁ。。
フリーマン☆ (Chewbacca)
2005-07-02 01:03:20
この人が監督する映画は、各俳優の演技が光りますね。

良い映画でした。スワンクの(表情の割に)純粋な人柄に胸キュンでした。フリーマンとイーストウッドの甘んじない思いやり(?)な関係が良かったです。

ラスト30分でテーマが全く変わったように感じましたが、どっちが本当のテーマなんでしょうか?

このテーマの変化が映画からスムーズ性を消してしまったので、変化はこの映画の核なんでしょうけど、そこだけ落ち目と感じました。



それより周りの鑑賞態度の悪さに腹立ちました。15分ほど遅れて3人ぐらいの集団が入ってくるわ、携帯鳴らすわ、横の2人組みも後ろの2人組みも上映中喋るわ、前の人の頭で字幕見えんわ(これは態度の悪さではないですね。)で、最悪な環境でした。
尊厳死 (kossy)
2005-07-02 04:17:05
>祐さま

鑑賞お疲れ様。

重い映画が連続してませんか?

たまには明るく笑える映画も観ておかないと・・・(笑)



ヒラリー・スワンクが死ぬということは事前に知っていたのですか?

ま、予告編でやばい気はしていましたけど・・・



俺が一番印象に残る台詞は「逆をやれ」という、記事の冒頭の言葉。もしかすると、単にあまのじゃくなだけかもしれませんが・・・



>Chewbacca様

『ミスティックリバー』でもそうでしたもんね。俳優の個々の良さを引き出すのが上手いです。

がらりと映画の内容が変わるというのも、最近の脚本不足を象徴してるのでしょうか、意外な展開というものを求めすぎるのでしょうか、多くなっていますね~



映画人口が増えつつあります。

その弊害が鑑賞マナーの悪い人が増えてくることですよね。

かつての映画ファンも携帯マナーを知らないようです。

平気でタバコを吸ってたという時代の人もいるでしょうしね・・・
おもい映画 (祐)
2005-07-09 08:35:07
「サマリア」「復讐者に憐れみを」「マラソン」と「ミリオンダラー」と 社会派系が続いています。「海を飛ぶ夢」「トニー滝沢」「50回目のファーストキス」は見落としていますから、まだまだ 精神的には 大丈夫です。(笑)



R指定がないのが、「マラソン」だけかな。

でも、心に残る映画は好きですよ。 後味がとても悪くても。。



ビールを飲むたびに 「日の出ビール」、酢豚を見るたびに「東京タワー」を思い出します。(笑)
もう夏です (kossy)
2005-07-09 13:53:37
>祐さま

サマーシーズンというと、娯楽映画が目白押し。スカーっとする映画が多くなります。

あ、『50回目のファーストキス』は重くはないですよ(笑)ぜひDVDで!



ビールで映画を思い出しますかぁ・・・

最近、酒を断っているので、飲んだら何を思い出すんだろ。
「モ・クシュレ」 (SILVER侍)
2005-08-02 18:38:35
僕には忘れられない言葉になりました。思い出すほどに涙が出そうです。
アイルランドの誇り (kossy)
2005-08-02 19:49:43
>SILVER侍様

コメントありがとうございました。

こんなに短い言葉なのに、深いですよね。

グダグダと説明するよりは、確実に心に残ります。

生涯残りそうです・・・
Unknown (りお)
2005-10-27 02:06:41
こんばんは。TBさせていただきました。

同じように、がっつんがっつんきましたよ…。「モ・クシュラ」は号泣でした。

いい映画だと思うけど、二度観るのは辛いかも。結末もわかっちゃってるしね…(また泣きそうだし)
2度 (kossy)
2005-10-27 10:03:38
>りお様

がつ~んとした感覚を味わいたいために映画館で2度観てしまいました。

死を選択するのは辛いところだけれど、生と死の選択の境界線上にあるような、そんな世界だったのかなぁ。今年はそういう映画が多いですね。
素晴らしかった!! (eri)
2005-10-31 10:28:29
kossyさま>こんにちは~

遅れてコメントお許しを。

映画を見る時期は大事ですね?

いかに傑作でも、すでに話題からは遠のいてる、

しかし、いいものは心に残っていくのですよね?

アカデミーを取った作品だから、として観なかっただけに意外でした、感動しました。

ヒラリー・スワンクはどうして「マリーアントワネットの首飾り」に出たのか?(苦笑)こんなに素晴らしい女優なのに・・

後半、思い切り胸が熱くなりました、久しぶりに感涙というものをしてしまいましたね。



TBさせていただきました!!

名作 (kossy)
2005-10-31 12:56:41
>eri様

こういう名作はいつご覧になっても名作には違いありません。多分、キネ旬年間ベスト10の1位になることでしょう。日本アカデミー賞外国映画賞も取ることでしょう。日本人にも合ってるんですよね~

『マリーアントワネットの首飾り』って未見なのですが、つまらなかったのですか?

アカデミー賞をとってしまうと、ギャラがはね上がり、出演する映画を決めるのも大変のようです。難しいんですよね、良作ばかりに出演するのって・・・

俺も心に残る一作となりましたです。
TBありがとうございました。 (cherry)
2005-11-05 16:48:08
鼻が折れて顔中血まみれになったヒラリー・スワンク(汗)

観てるだけで痛かったですが、でも綺麗でした(*^▽^*)
言葉だけで (kossy)
2005-11-05 18:08:33
>cherry様

その言葉だけで思い出してしまいます。

かなり残ってるなぁ・・・鼻折れシーン。

思わず目を閉じてしまいました。
ホントにねぇ・・・ (boss)
2005-11-11 18:57:24
>「父親が犬にやったこと」と言葉を発したときには、もう涙が・・・



私も同じです。

ラスト30分は自然と涙が流れました。

犬・・・ (kossy)
2005-11-11 23:01:27
>boss様

最近、映画の中で犬の扱いが可哀想なものが多いです。

でもやはり人間が中心。

問題提起もあり、心に訴えてくる映画でしたね~
ようやく観ることできました~ (ふくちゃん)
2005-11-14 08:42:21
とても重厚な作品ですね。この作品にはいろいろとメッセージが込められているようですが理解するのは難しかったです。ラストシーンもとても考えさせらるものの目頭が熱くなりました。
重厚 (kossy)
2005-11-14 08:49:14
>ふくちゃん様

ラストに映ってるのはイーストウッドなのかどうなのか、背中しか見せないところにも色々想像させていただきました。

尊厳死と貧困問題、アイルランド移民の問題など、色々と学べる映画でしたね~
こんにちは (kimion20002000)
2005-11-27 13:11:46
TBありがとう。



僕も観終わった後、いろいろ、考えさせられる映画でした。
色々 (kossy)
2005-11-27 19:48:13
>kimion様

年末になったら、また思い出しそうです。

『ブラックジャック劇場版』でも思い出すかも・・・
Unknown (exp#21)
2005-12-07 14:47:08
ようやく見る事が出来ました。ホント反則級のパンチを食らってしまいました。やられた。
ひじうち (kossy)
2005-12-07 15:42:19
>exp#21様

ボクシングの反則技って、必ず映画に出てくるのかなぁ~これが現実にもあるのかと思うと・・・・ううう
TBしました (pretty_kitten)
2006-01-17 15:18:55
鼻が折れるのは見てらんなかったです。

痛いシーンはボクシングものには不可欠でしょうかね。

にしても、思ったより全然深い作品でした。
いい映画 (kossy)
2006-01-17 16:10:54
>pretty_kitten様

鼻が折れるところ・・・思い出しただけで、いたたた・・

映画館で2回観たんですけどね、

2回目は完全に目をそらしましたよ・・・

ほんとにいい映画でした。
半端じゃない (coccim)
2006-03-06 00:32:12
映画の内容のことじゃなくて、こちらのコメント数とトラックバック数です。観た映画は、kossyさんの所だけにコメント&TBをさせていただいている私ですが、この数に全部目を通すのは、キ、キツイ。。。
TB数 (kossy)
2006-03-06 01:42:27
>coccim様

この映画に限り、コチラからもかなりTBさせていただきました。おかげでブログ内2位のTB数・・・よくわかりませんけど。

wowowでも観ようかと思ったのですけど、次回にしときます。
ボクサー映画二本立て (師走)
2006-08-06 18:56:00
今日ボクサー映画二つも観ましたよ~。

ミリオンダラー・ベイビーとシンデレラマン

シンデレラマンはまだ途中だけど^^;

もう悲しいですね。悲しいけどアレで良かったんですよね。でも悲しすぎる(T-T)久しぶりに涙流してしまいました。では僕はシンデレラマンの途中を見ようとしよう。
ボクシング (kossy)
2006-08-07 17:31:11
>師走さま

とうとう禁断のボクシング映画を見ちゃいましたか~

数あるボクシング映画の中でも一番泣けた・・・『チャンプ』『ロッキー』も泣いたけど、涙の質が違うような。

シンデレラマンもよかったけど、王道のボクシング映画ってところでしょうか・・・
こんばんは♪ (miyukichi)
2006-09-28 23:18:17
 TBさせていただきました。

 よろしくお願いします◎



 ヒラリー・スワンクは、熱演でしたね。

 彼女の熱演なくしては、

 この作品が成立しなかったと思うくらいでした。



 いろいろと考えさせられるところがありました。

 単なるボクシング映画ではなく

 なかなか深い映画でしたね。
ヒラリー (kossy)
2006-09-28 23:35:42
>miyukichi様

ヒラリー・スワンクの演技は思い出すだけでウルウルしてくるほどです。ボクシングへの情熱、家族への想い、そしてクリント・イーストウッドへの尊敬の念が表情だけで伝わってきました。



尊厳死の問題はグサッときますよね・・・
Unknown (師走)
2006-11-03 10:37:33
受験で忙しくて最近は映画見てません。
受験終わったら映画見まくったる!!!!
そしたらまたココで映画の感想書きたいと思います。
ぁ、そうそう!!今度テレビで早くも「ミリオンダラー・ベイビー」を放映するらしいですよ!木曜洋画劇場で
日曜洋画劇場で放映してほしかったな~
日曜洋画劇場では「デイ・アフター・トゥモロー」
「ラストサムライ」「北の零年」など超大作をやるらしいです
地上波 (kossy)
2006-11-03 13:54:34
>師走さま
勉強ご苦労様です。
まぁ、息抜きだったら観ても平気だと思うのですが、癖になっちゃうとやばいし・・・(笑)

木曜洋画劇場ですか!
こちらでは見れない局のようです。
超大作とか、臨場感を楽しむ映画は地上波ではもったいないですよね~
いい映画なんだけど・・・。 (Ageha)
2006-12-11 09:51:15
地上波で見るまで放置しててどうも~~~。

ボクシング映画でこれだけの反響と
アカデミー賞4部門っていったいどんなんやねんって
・・その答えはまあ見てわかったわけなんですが。

それにしても痛い。
いや、怪我も半端じゃないんだけど
あの結末はあまりにもイタイ。

家族でもあそこまでしてあげられるかなという
献身的な看病をして、それだけでもすごいと
思ってたのに、

それでもまだなんとかならんかったのかと
どこかで思ってしまう自分がいます・・・。
地上波 (kossy)
2006-12-11 18:58:09
>Ageha様
あら、地上波でやってたんですかぁ・・・
ボクシング映画なんだけど、後半は違ってましたもんね。
予備知識なかったらビックリしますよね~

鼻を折られたところも痛かったけど、
やっぱりベッドの上が一番痛い・・・

最先端の医療をもってしてもだめだったし、
あそこまでなると・・・ううう。
思わず (ひめ)
2007-01-06 18:27:31
「父親が犬に・・」のとこは思わず
「あっ!・・・」と声に出してしまいました。
そのあとは、私の中でも葛藤でいっぱいでした。
 (kossy)
2007-01-06 19:08:10
>ひめ様
戌年に観なくてよかった~と思える映画でしたね(違うか・・・)。
あのシーンは心臓を掴まれたような、そのくらい息が詰まる感じさえしましたです。
新春早々重い映画鑑賞、お疲れ様でした。
ss (sw)
2016-08-01 15:59:55
http://xbl.bz/010
http://xbl.bz/0100
http://xbl.bz/0154
http://xbl.bz/01aw
http://xbl.bz/01ng
http://xbl.bz/01set
http://xbl.bz/0254
http://xbl.bz/101
http://tinyurl.com/jjnhkop
http://tinyurl.com/hrmcna4
http://tinyurl.com/h6vtw9n
http://tinyurl.com/h5h5bq2
http://xbl.bz/100
http://xbl.bz/12t
http://xbl.bz/13
http://xbl.bz/21
http://xbl.bz/l1
http://xbl.bz/l2
http://xbl.bz/oadm
http://xbl.bz/adpw
http://xbl.bz/olog
http://xbl.bz/otp
http://xbl.bz/801
http://xbl.bz/811
http://tinyurl.com/routerset
http://tinyurl.com/bestcov
http://xbl.bz/b1
http://xbl.bz/b2
http://xbl.bz/b3
http://xbl.bz/b4
http://xbl.bz/b5
http://xbl.bz/b6
http://xbl.bz/b7
http://xbl.bz/b8
http://xbl.bz/b9
http://xbl.bz/b10
http://xbl.bz/b11
http://xbl.bz/b12
http://xbl.bz/b13
http://xbl.bz/b14
http://xbl.bz/b15
http://xbl.bz/b16
http://xbl.bz/b17
http://xbl.bz/b18
http://xbl.bz/b19
http://xbl.bz/b20
http://xbl.bz/b21
http://xbl.bz/b22
http://xbl.bz/b23
http://xbl.bz/b24
http://xbl.bz/b25
http://xbl.bz/b26
http://xbl.bz/b27
http://xbl.bz/b28
http://xbl.bz/b29
http://xbl.bz/b30
http://xbl.bz/b31
http://xbl.bz/b32
http://xbl.bz/b33
http://xbl.bz/b34
http://xbl.bz/b35
http://xbl.bz/b36
http://xbl.bz/b37
http://xbl.bz/b38
http://xbl.bz/b39
http://xbl.bz/b40
http://xbl.bz/b41
http://xbl.bz/b42
http://xbl.bz/b43
http://xbl.bz/b44
http://xbl.bz/b45
http://xbl.bz/b46
http://xbl.bz/b47
http://xbl.bz/b48
http://xbl.bz/b49
http://xbl.bz/b50
http://xbl.bz/b51
http://xbl.bz/b52
http://xbl.bz/b53
http://xbl.bz/b54
http://xbl.bz/b55
http://xbl.bz/b56
http://xbl.bz/b57
http://tinyurl.com/zz2ou8f
http://tinyurl.com/jcqx4sq
http://tinyurl.com/j3wwnas
http://tinyurl.com/hzadxcd
http://tinyurl.com/hvp8ewk
http://tinyurl.com/h669ta6
http://tinyurl.com/jgcuk6c
http://tinyurl.com/gufyqha
http://tinyurl.com/z7x4oge
http://tinyurl.com/jjrwjm9
http://tinyurl.com/j276brb
http://tinyurl.com/j5hwueu
http://tinyurl.com/guu8axl
http://tinyurl.com/hnyke62
http://tinyurl.com/zd24fs3
http://tinyurl.com/hhzbtrs
http://tinyurl.com/jhrrn7r
http://tinyurl.com/jauys3o
http://tinyurl.com/gvwrnuk
http://tinyurl.com/z7vfoz2
http://tinyurl.com/hgrncqq
http://tinyurl.com/zpk559y
http://tinyurl.com/z3fqwlx
http://tinyurl.com/hzkgoaa
http://tinyurl.com/hhz4k43
http://tinyurl.com/gpcx46k
http://tinyurl.com/hkjuudz
http://tinyurl.com/hp7xznp
http://tinyurl.com/jxsuklt
http://tinyurl.com/z2sy9vq
http://tinyurl.com/gmln4bz
http://tinyurl.com/j4tt9n2
http://tinyurl.com/h2vjep7
http://tinyurl.com/j9f6j87
http://tinyurl.com/jse6o2m
http://tinyurl.com/hu6qley
http://tinyurl.com/j5ffy5n
http://tinyurl.com/j5dmmdl
http://tinyurl.com/juqtjcc
http://tinyurl.com/zu6mzps
http://tinyurl.com/gmzuvbj
http://tinyurl.com/zahmq2k
http://tinyurl.com/hps46fk
http://tinyurl.com/z4utz79
http://tinyurl.com/hcop29q
http://tinyurl.com/zd4f2dz
http://tinyurl.com/z7pkefg
http://tinyurl.com/z5a9yhn
http://tinyurl.com/go9ayup
http://tinyurl.com/jdcgtdd
http://tinyurl.com/zaad2ak
http://tinyurl.com/gtmuykt
http://tinyurl.com/zbqxsn9
http://tinyurl.com/zzvwkfd
http://tinyurl.com/z3u2g2c
http://tinyurl.com/hyszedo
http://tinyurl.com/gqw5fba

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

279 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ラスト30分がすげえ!! 「ミリオンダラーベイビー」 (平気の平左 Blogの巻)
ミリオンダラーベイビー 評価:85点{/fuki_love/} 舐めてた。 かなりの衝撃を受けました、この映画。 予備知識ゼロで観に行ってもらいたいですね。 下手にネタバレして欲しくない映画です。 さぁ、いますぐ映画館にGO!! さて、今回はネタばれに気をつけて感想
ミリオンダラー・ベイビー (まったりでいこう~)
格闘技は好きですがボクシングだけは苦手でした...。でもこれは映画なのだし、なによりストーリーがおもしろそうということもあって初日に行ってきました。 ボクシングだけではない、とても重い内容のヒューマンドラマでしたね。静かな音楽とともに流れていくストーリーは淡
「ミリオンダラー・ベイビー」 (花太郎♀の日常)
観てきました。(2004年 アメリカ) (ネタバレしてないつもりですが、難しい・・・) アカデミー賞4部門受賞ということで、かなり期待していた作品でした。 いや~、重くて地味だけどいい映画でした。 なんといってもヒラリー・スワンクの熱演が光ってましたね。 マ
ミリオンダラー・ベイビー ★★★★☆ (えいがんだむ)
娘を求めるトレーナー 家族の愛に恵まれない女子選手 一生のうち1度もチャンスを貰えずに人生を終えるものもいる 譲れない物がある ボクシングだけは譲れない これだけが生きがいだから、これを失くしたら何も残らない 後半ストーリーは想像もしなかった展開を迎え
ミリオンダラー・ベイビー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:MILLION DOLLAR BABY) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演男優賞・監督賞の計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。 ロサンゼルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジム。そこを経営する老いたトレー
ミリオンダラーベイビー (M\'s Bar)
今年度アカデミー賞受賞作(?) ミリオンダラーベイビーを見た。 これはこの間銀座で前売り券を安く買ったので 1250円で見られた。 ボクシングのシーンとか ボクシングで怪我して止血するシーンとか いろいろと目を閉じてしまうところがあったけど (どうもそうい
ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 130分 (極私的映画論+α)
 ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーたちはみんな彼のもとを去ってしまうのだった。そんなある日、31歳になる女性マギーが
ミリオンダラー・ベイビー (Saturday In The Park)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド     ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン 同じ境遇にありボクシングという世界に身を置くマギーとフランキーがお互いに思い焦がれるものを相手に重ね合わせながら栄光へと歩んで
『ミリオンダラー・ベイビー』 (コウの鑑賞人blog)
この前のアカデミー賞で主要部門4冠も獲得した 『ミリオンダラー・ベイビー』です。 「そんなぁ。。」 って感じです。見たあ
ミリオンダラー・ベイビー (Akira\'s VOICE)
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。 (0120 Blog)
テレビで流れる予告編が軽いネタバレにはなってはいたものの、『尊厳死』まで話が及んで行くとは思っていなかった・・・。 アホくさい程金をかけ作った映画よりも、よっぽど観た後に心に残る良い作品。 人間、生きている間に何か残せるものが有ると思うが、人それぞれに生
ミリオンダラー・ベイビー (It\'s a Wonderful Life)
地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。 この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らして アカデミー賞の主要部門を独占。アカデミーなんて全然アテにならな いと思ってる方なんですが、その時はあぁ、スコセッシ可哀相! ...
ミリオンダラー・ベイビー ( 露 思 案 青 )
今日(28日)から封切りの「ミリオンダラー・ベイビー」 、早速観て来ました。   アカデミー賞授賞式の模様を、BSで見た時(Mar.12)から観たかった映画。 さすがアカデミー賞主要4部門受賞作品!  「アビエイター」も、これじゃとうてい敵わないよね(^_
『ミリオンダラー・ベイビー』 (ラムの大通り)
------あれっ、今日は別の映画について喋るはずでは? 『ミリオンダラー・ベイビー』のようなビッグタイトルは いつものように\"週末にゆっくり\"のパターンかと思ってた。 「うん。初めはそのつもりだったんだけど、 これは一言、早く言わなくてはと思って」 -----なに、そ
「 ミリオンダラー・ベイビー 」 (MoonDreamWorks)
監督 : クリント・イーストウッド主演 : クリント・イーストウッド / ヒラリー・スワンク /      / モーガン・フリーマン / 公式HP:http://www.md-baby.jp ミリオンダラーベイビー   最近の映画通は単なる絆の物語やサクセスストーリーじゃ感動でき...
試写会感想 ミリオンダラー・ベイビー 編 ★★★★+2/3★ (ボタン連打)
”夢みる30女(is me)”には、いろんな意味でキツイハナシだったため、途中からなるべく感情移入しないよう、頭の中の”共感スイッチ”を切ってニュートラルに鑑賞したにもかかわらず、観終わった後、じわじわ効いてくるボディーブロー(これを書いている今でも)。 さすが
「ミリオンダラー・ベイビー」 (Caroli-ta Cafe)
昨日「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。公開初日の3回目の上映。混んでるかと思ったらそうでもなく、まぁまぁの入り。下の階で上映中の「コンスタンティン」に比べると、なんとまぁ年齢層が高いこと!やはり74歳の監督作品だけに、観客も“人生のベテラン”な
ミリオンダラー・ベイビー (かなり週刊:にっき)
「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 今年の
ミリオンダラー・ベイビー。 (だらだら感想日記の日々)
18日に『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました。 TVブロスさんありがとうー、実は試写会って初めてです。 アカデミー賞主要4部門受賞の話題作ということで、ほぼ満員。 孤独な老トレーナーとハングリーな女性ボクサーの物語。 前半はボクシン
ミリオンダラー・ベイビー (【96粒の涙】)
道徳心と戦い、家族に失望し、自分の行動を後悔している人生の大半を終えた老人。 彼の前に現れた女性ボクサーに面くらい拒絶するも、結局は自分の下で育てあげる。 原作『ロープ・バーンズ』を読み、その男を演じたいと思った。 そんなクリンント・イーストウッドが映画
ミリオンダラー・ベイビー。 (だらだら感想日記の日々)
18日に『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました。 TVブロスさんありがとうー、実は試写会って初めてです。 アカデミー賞主要4部門受賞の話題作ということで、ほぼ満員。 孤独な老トレーナーとハングリーな女性ボクサーの物語。 前半はボクシン
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」開映18:30@サイエンスホール 「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 2004年 アメリカ 配給:ムービーアイ、松竹 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、ポール・ハギス、トム・ローゼ
「ミリオンダラー・ベイビー」に見る絆 (エモーショナル★ライフ)
先日知り合いになったeiga.comからいただいた試写状で アカデミー4部門受賞の「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。 クリントイーストウッド演じるフランキー・ダンの指導を仰ぐために ジムを訪れた女性ボクサーマギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)
ミリオンダラー・ベイビー☆サスガだね (***minorgang*blog***)
第77回アカデミー賞・作品賞他を獲得した話題作。『ミリオンダラー・ベイビー』見てきました。とても真面目な作品でした。でも、痛いです。ボクシングシーン。いくら、スポーツだからってそんなに殴っちゃイヤだ。みたいな?で、この作品、宣伝されている以上に深く、また...
「ミリオンダラー・ベイビー」 (てんびんthe LIFE)
「ミリオンダラー・ベイビー」 イイノホールで鑑賞 泣こう!と思っていきましたが今日も空振りでした。会場はすすり泣き声、鼻水すする音…。 今日は全部ネタバレです。ジムを経営するフランクは強いボクサーを育てているがチャンピオンを目前にして皆彼の元を去ってゆ
ミリオンダラーベイビー「自分を守れ」と痛切なドラマの中に描く感動の作品 (話題のナレッジベース)
ミリオンダラーベイビーは、アカデミー賞で作品賞など主要4部門を制した話題の作品ですが、その内容は気力の充実したクリント・イーストウッド監督渾身の最新作。ミリオンダラーベイビーのアカデミー賞4部門受賞は伊達じゃない。話題だけで興味を持って観ても、助演男優賞
ミリオンダラー・ベイビー(試写会) (七月のうさぎ)
MILLION DOLLAR BABY 2004年、アメリカ 監督 : クリント・イーストウッド 出演 : クリント・イーストウッド      ヒラリー・スワンク      モーガン・フリーマン この物語は、 「人と人」とのラブストーリーだ... ――クリント・イーストウッド
ミリオンダラーベイビー (Master\'s Lounge)
 問答無用のアカデミー賞主要4部門制覇。もう、納得です。訴えかけてくるものが まるで違います。(もちろん色眼鏡ってのもあるでしょうけど)  全編に漂う「イギリス映画」的な臭い。アメリカの映画ってそうじゃないでしょ? 勧善懲悪で主人公たちはハッピーってのが普
(劇場)『ミリオンダラー・ベイビー』感想 ((映画)新作DVD発売日情報)
5/28~公開『ミリオンダラー・ベイビー』アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)受賞の話題作。iloffreの満足度=★★★★☆(78、9点)感想ないなあ。。戸田なっち、もっとわかりやすく意訳せえよって感じたぐらいか。あ、デンジャーとかいう...
Million Dollar Baby (Timeless Fascination Diary)
\"You\'re gonna leave me again?\" \"Never.\" クリント・イーストウッドの最新作『ミリオンダラー・ベイビー』を見てきた。演出は感情の迸りを見事に抑制しつつも感動的。Million Dollarなハートを持つ傑作だ。 冒頭で掲げた台詞は、私がこの映画で一番感動した台詞。と
ミリオンダラー・ベイビー (映画を観たよ)
ネタバレにはなってないと思いますよ。多分・・・ 試写会でした。 今年度のアカデミー賞を獲りましたね。 この作品侮っちゃだめ!! イーストウッドは音楽もやっててびっくりしました。 才能が豊かですね~。 それで映画なんだけど・・・何を書いてもネタバレになってしまい
悔いのない人生 (soramove)
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★ ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド主演 鋭いパンチが炸裂し のけぞると、こちらも 同じような痛みを感じる そんな映画だった。 人は何を求めて 生きているのか。 「やりたいこと」がしたい。 よく耳にす...
ミリオンダラー・ベイビー (future world)
その人にとっての幸せって何だろう・・・最近観た映画、「海を飛ぶ夢」「バタフライ・エフェクト」に続き本作も‘人生’‘道を選ぶこと’について考えさせられる内容だ。 特に最後の方は・・重い・・涙流れっぱなしの状態だった。。 133分という時間、長くは感じなかっ
ミリオンダラー・ベイビー (きよっちの発見)
 公開初日に見に行ってきました。混んでいるかなって思ってたんだけど、場内は以外に空いていてビックリ。  そして何よりこの映画を見てビックリ!、単なるボクシング映画じゃぁなかったのですね!ネタバレになってしまいますが『尊厳死』とは何かと言う事を真正面から見
ミリオンダラー・ベイビー(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド【出演】クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン【公開日】2005/5.28【製作】アメリカ【ストーリー】ジムを経営するトレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)。彼の育てた若いボクサーは、実
ミリオンダラー・ベイビー (みかんのかんづめ)
ルールは守らないといけない (ネタバレの部分は反転で隠しています。未見の方気をつけて読んで下さい) ~ストーリー~ 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、 23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(モー
「ミリオンダラー・ベイビー」 (merci館**)
本年度アカデミー賞で主要4部門を受賞した話題作。クリント・イーストウッド、この映画では監督、俳優としてはもちろん、音楽も担当してるんですね。尊敬。さて、公開初日に張り切って観に行ってきました。あぁ…もうクリント・イーストウッドが登場した瞬間に目頭が熱くな
「ミリオンダラー・ベイビー」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は久しぶりに誘ってもらっての試写会です。あーちゃんはよく試写会に行くけど、自分から誘う事がホトンドで誘ってもらったのは夏絵ちゃんに誘ってもらった「ニライカナイからの手紙」以来。てか、まぁ・・・せっかく誘ってもらったのにその時は行けなかったんだけどねぇ
ミリオンダラー・ベイビー (~~映画見ちゃいました~~)
監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン ほか 製作国:アメリカ2004年 日本公開 2005/5/28~ ううむ。 ボクシングの師匠と女ボクサーのサクセスものかなぁと、勝手に思っていたら ラストはこうく
『ミリオンダラー・ベイビー』 (It\'s my life !!)
先日試写会で観て来ました。   <ストーリー> 貧しい家に生まれた女性がプロボクサーを目指す。 そのために優秀なトレーナーを探すが、見つけた人物は女性だからと申し入れを拒否。諦めない彼女は、彼の経営するジムに通いつめ、オーケーさせる。 彼と共に
ミリオンダラー・ベイビー (impression)
<ストーリー>ボクサーとしての成功を夢み、ウェイトレスをしながら自己流のトレーニングに励むマギーは、ベテラン・トレーナーであるフランクの門を叩く。昔気質のフランクは女性を拒むが、熱意に負け、二人三脚で頂点を目指すことにする。意外な素質を見せ、連勝街道を突
ミリオンダラー・ベイビー (メルブロ(更新不定期))
ミリオンダラー・ベイビー 上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン   特集ページ  ジャパンプレミア  フリーマンは31日までずっと日本にいるみたいだねー。スワン
絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評 (I N T R O+blog)
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの
ミリオンダラー・ベイビー (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
ご存知のように、本年度アカデミー賞作品賞を受賞した作品であり、待ちに待った一作です。 これは重く心に響く作品でした。色々と考えされられます。後半の展開は少し意外でしたね。映像(撮り方)がとても印象的でした。イーストウッド、モーガン・フリーマンはもちろんです
ミリオンダラー・ベイビー (外部デバイスへの記録)
公開:アメリカ 公開:2005年5月28日 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本当は昨日観ようと思ってたけど、ガンダム事件(?)で予定が狂ったため、本日八王子シネマにて鑑賞。 ストーリーは
「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました (Column\'s BLOG !!)
突然ですが、アメリカ合衆国第35代大統領と言えば、初めてWASP以外から大統領になったジョン・F・ケネディ。 彼のミドルネームの“F”を略さない読み方をご存じでしょうか。 フィッツジェラルド(Fitzgerald)。 典型的なアイルランド系の名前ですね。 なんでJFKの話を
ミリオンダラー・ベイビー(5/29 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『エンドロールが流れる間、涙が止まらなかった、重いテーマを投げかけるイーストウッド渾身の作』  今年のアカデミー賞で、ディカプリオ&スコセッシ組の『アビエイター』を抑えて主要部門を制覇した注目作。といっても、私はイーストウッドファンではないので、アカデミ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (京の昼寝~♪)
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ-ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   
ミリオンダラー・ベイビー (any\'s cinediary)
愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 ストーリー
Million Dollar Baby (nahoritaのBrooklyn★Brooklyn)
思った。 この人は映画がほんとに好きなんだ。きっと大好きなんだ。 イーストウッド。 自分で監督して自分で演じて自分で音楽を作る。 贅沢だ。でもこの人はできるんだ。 思った。 イーストウッド。 年とったなぁ。最初の30分、ほんとにこの人はイーストウ
ミリオンダラー・ベイビー (新しい夜明け)
アカデミー賞4部門受賞作品 『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY) <作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・ 主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・ 助演男優賞(モーガン・フリーマン)> を観にいってきました。 あらすじ ボクシング・ジムの経営者
「ミリオンダラー・ベイビー」 Million Dollar Baby (俺の明日はどっちだ)
いったいどんな映画なのか、ほとんど予備知識なしで観たので、後半の展開には驚いて、戸惑いさえ覚えてしまった。 せっかく有望な選手を育てながら次の一歩に躊躇するため去られてしまうしがないボクシングジムの経営者でありトレーナーでもあるフランキー(クリント・イー
ミリオンダラー・ベイビー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アカデミー賞取った映画で、女性ボクサーとトレーナーの話で・・・ んじゃ スポ根ぽいのかな?って思いつつ 彼女の病床シーンが予告にかぶってたよねぇ・・・ ほとんど前情報なく・・・でもチェックしなきゃと思っていた『ミリオンダラー・ベイビー』 こんなにじー...
ミリオンダラー・ベイビー (私を月まで連れてって~)
このところ、立て続けに(う~~ん…)…って感じの映画が続いたので食傷気味だった私も、久しぶりに映画の中に引き込まれました。だけど…だけど…重苦しいんだよね。ヒラリー演じるヒロインが トップに上り詰めるところまでは軽快なテンポで進んでいくんだけど…(あ~~
ミリオンダラー・ベイビー (Laughing Place!!)
今日から公開の『ミリオンダラー・ベイビー』を早速観てきました。 ネタバレ満載になりそうなので、追記で色々書きますが、観るかどうか考えている人は、是非観ると良いと思いました。
ミリオンダラー・ベイビー (レインボゥメモリーズ)
2004/アメリカ(133分)監督 クリント・イーストウッド原作 F・X・トゥール出演 クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン/■アカデミ-賞作品賞受賞評価:★★★★★/ 05.5.28 劇場この映画の感想ネタバレはしたく無いので何と書いて良い物か
『ミリオンダラー・ベイビー』(\'04/米国) (傍流点景)
 今年のオスカー4部門制覇作品、というのはとりあえず私にとってはどうでもよく。この作品が観たかったのは、女版・明日のジョー、のその後を描いたものらしい、という理由からだった。  真っ白な灰になれなかった矢吹丈(あるいは、丈と闘っては消えたボクサー達)と丹下
ミリオンダラー・ベイビー (ぶははのこっそりブログ♪)
ミリオンダラー・ベイビー観てきた ●夫評価:★★★★☆ ●私評価:★★★★☆ 前もって情報何も入れないようにするのが大変だった。 イーストウッド達が来日してたから、情報番組あっちこっちコメントが放映される度に「やばっ!」とチャンネル変えてたよぉ~。 で、泣.
ミリオンダラー・ベイビー (鬼ディランド)
昨日観て来ました。 「ミリオンダラー・ベイビー」です。 こないだのオスカーで4部門(作品・監督・主演女優・助演男優)を獲った話題の作品ですね。 テレビCMとか見る限りでは「バード」(’88)の様な暗い話なんだろーなぁ・・と予想はしてましたが・・・ ホントにそ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
ボクシングを題材にした小説やら漫画やらルポルタージュやら映画やらは沢山ある。沢山あるという事はそれを読み解く事に魅力があるからだ。 なぜ魅力があるかと言えば、それは\"不自由\"なものだからだと思う。 サッカーにしてもそうだろうが通常ならかなり難しいだろう脚
『ミリオンダラー・ベイビー』 (『世の中みじん斬りblog』)
『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。     イントロダクション 全米中にわき上がる絶賛の声。アカデミー賞2部門に輝く『ミスティック・リバー』から1年、ハリウッドの頂点を極めたクリント・イー
『ミリオンダラー・ベイビー』、観ました。 (肯定的映画評論室Blog支店)
勝負の世界は、僅か一握りの勝者と、その他圧倒的多数の敗者によって成り立っている。そして残酷にも勝負のアヤは、あと少しの運と不運がその両者を分けるのだ。ここに描かれるのは、紛れもなく“その敗者たち”の物語‥‥、彼らは互いに夢破れ、孤独に耐え、傷を胸にしまっ
「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました (Column\'s BLOG !!)
突然ですが、アメリカ合衆国第35代大統領と言えば、初めてWASP以外から大統領になったジョン・F・ケネディ。 彼のミドルネームの“F”を略さない読み方をご存じでしょうか。 フィッツジェラルド(Fitzgerald)。 典型的なアイルランド系の名前ですね。 なんでJFKの話を
ミリオンダラー・ベイビー (ふわふわり)
「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました。 ★★★☆ この手のヒューマンドラマは私には難しい。ハードなイメージがちょっと肌に合わなかったかも。フランキーとマギーの親子のような関係、お互いになくしたものを補いあってる優しい感じはいいんだけれど、あのラスト
ミリオンダラー・ベイビー (Butterfly Stroke)
ようやく「ミリオンダラー・ベイビー」を観た。 予想していた内容とは、かなり違う\"ドラマ\"で、「ロッキー」的な内容を期待している方には全くお薦めできません。 ヒラリー・スワンクは大熱演で、2003年の「モンスター」のシャーリーズ・セロン同様、体を張ったと言うか
ミリオンダラー・ベイビー MILLION DOLLAR BABY (Movie Book Oracle)
ストーリー: 愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 それは、深い絆の\"ミリオンダラー・ラブストーリー\" 主な出演者: クリント・イーストウッド Clint Eastwood
ミリオンダラー・ベイビー (たにぐちまさひろWEBLOG)
貧しい小さな村で生まれたマギー。13歳のときからウェイトレスとして働いていた彼女の夢は女子ボクシングのチャンプになること。31歳になったとき、老舗のボクシングジムの老トレーナー、フランキーの教えを請うため、ジムに出入りするようになるが、フランキーは女性ボ
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞 (Cafeアリス)
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。 今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。 ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」 でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。 「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選ん...
ミリオンダラー・ベイビー (まつさんの映画伝道師)
第108回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ)  元アイドルと呼ばれる女性達。  下克上激しい芸能界、生き残れるのはほんの僅か。  旬を過ぎたアイドルは人気の低迷とともに、その人生も失墜してゆく。なぜかはわからないが、
■ミリオンダラー・ベイビー (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■MILLION DOLLAR BABY ●「ミリオンダラー・ベイビー」、既にオスカーで主演女優賞、助演男優賞、作品賞、監督賞という主要部門を受賞した注目の作品。この作品、やっとGW明け、それも5月末という遅さで公開になる。 映画は始まりと同時に、一瞬にしてクリント・イ
ミリオンダラー・ベイビー (週間ダイジェスト+)
オススメ度 ☆☆☆★(3.5) ミドコロ KOシーンの連発は最高。 本当のボクシングの試合みたいな興奮を味わうことがきました。ストーリー自体は単純で王道を走ってます。とりあえずはボクシングもののストーリーを頭で想像してください・・・まったくその通りのストーリーで
ミリオンダラー・ベイビー(新映画日記転用) (新×3 もろもろ日記)
クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。 アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが 見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ! (って私が言わなくても皆知ってるちゅうの) ヒラリー・スワンクもタフで野心家なのに
ミリオンダラー・ベイビー(新映画日記転用) (新×3 もろもろ日記)
クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。 アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが 見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ! (って私が言わなくても皆知ってるちゅうの) ヒラリー・スワンクもタフで野心家なのに
【ミリオンダラー・ベイビー】 (ただの映画好き日記)
名トレーナーと言われたフランキーのもとへ、女性ボクサー・マギーが「トレーナーになって下さい」とやってに来た。最初は断っていたフランキーだったが、マギーの熱意と垣間見せるセンスの良さに、トレーナーを引き受ける事に。 2人で目指してきた頂点に手が届いたその時・
「ミリオンダラー・ベイビー」 モ・クシュラ (映画の話をしませんか?)
ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい
ミリオンダラー・ベイビー (ようこそ劇場へ!)
人と人とは、心の虚ろな部分を補い合うかのように求め合うものである。 それによって見失われていた魂が救済されれば幸いである。 ヒラー・スワンクが演じるマギーは、愛を獲得した者と棄てられた者との違いはあるが、フェリーニの『道』でのジュリエッタ・マシーナのように
ミリオンダラー・ベイビー (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 一人シネマラソン、2作品目は数々の賞に輝いた「ミリオンダラー・ベイビー」です。  ボクサーの身体を気遣うあまりに冒険をさせられない老トレーナーと、無垢だけども決して弱音を吐かない女性ボクサーの絆と悲愴な人生を描いたドラマです。    ジムを経営する老トレ
ミリオンダラー・ベイビー 2004アメリカ (独身おやじの日々雑感)
クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンにアカデミー賞作品となれば 観ないわけにいかないでしょう。 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン あらすじは、こちらご参照ください。 ア
『ミリオンダラー・ベイビー 』 (Rabiovsky計画)
『ミリオンダラー・ベイビー 』公式サイト 製作・監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン  2004年/アメリカ/133分 第77回アカデミー賞主要7部門にノミネートされ、作
「ミリオンダラー・ベイビー」 を見ました (映画日記★diary★Blog版)
「ミリオンダラー・ベイビー」予想通り、私好みの、とても好きなタイプの映画でした。「私はこれが好きなの。。。。歳だなんていわないで。。。。」ウーン。とてもよく分かりますね。 30歳を過ぎた女性、マギー。ボクシングで夢をかなえようと必死に立ち向かう。最初に
ミリオンダラー・ベイビー (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ゲール語:ケルト語派に属する言語。アイルランド、スコットランド、イギリスのマン島でそれぞれ異なるゲール語が存在。本作のはアイルランド語。 F・X・トゥールの短編集「Rope Burns」の一編を映画化した、御大クリント・イーストウッド25本目(!)の監
「ミリオン・ダラー・ベイビー」とイーストウッド映画 (HEART-BOILD)
「ミリオン・ダラー・ベイビー」については後日、感想を書くが、その前にガイド・ラインとして。 当初、アメリカで公開されたときは、まったく気にも止めなかった。 前作「ミスティック・リバー」が秀作ではあったが、クリント・イーストウッドの老いは言わずもながだし、内
『ミリオンダラー・ベイビー』を観た~!#81 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
ミリオンダラー・ベイビー  (原題:Million Dollar Baby) 【愛に、打たれる】 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン アンソニー・マッキー/ジェイ・バルチェル マイク・コルター/ブライアン
ミリオンダラー・ベイビー 【すごいよクリント】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
クリント・イーストウッド(のようなじーさん)になりたい!! 心からそう思った。 アカデミー賞をとった俳優二人は、それはもちろん素晴らしい演技だったのだけど、僕には俳優クリントの方がはるかに輝いて見えた。 彼は自分が歳をとったことに気付いていないのではないだろう
ミリオンダラー・ベイビー (Black Pepper\'s Blog)
不思議なほど大人受けのいい作品、「ミリオンダラー・ベイビー」。 アカデミー賞で主
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (ミチの雑記帳)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★ 久しぶりにずしっと来る映画を見たように思う。 アカデミー賞を取った映画=自分の好きな映画にならないことも多いのだけれど、この作品は素晴しかった! 予告編などを見る限りボクシングを題材にした師弟愛の話とばかり思って
ミリオンダラー・ベイビー・・・・ヒラリー・スワンク (ぷち てんてん)
本日映画の日ですね~。アカデミー賞を取ったこの映画、やっぱり見てこなくちゃと、出かけてきました。☆ミリオンダラー・ベイビー☆(2004)クリント・イーストウッド監督クリント・イーストウッド・・・・・フランキーヒラリー・スワンク・・・・・・・・マギーモーガン・...
ミリオンダラー・ベイビー (何を書くんだろー)
「ミリオンダラー・ベイビー」 評価 ★★★★☆  正直、たましょくはこの手の(スポーツモノ?)映画はあまり観ない方なのですが、せっかくの 映画の日なので観賞してきました。  街の小さなボクシングジムを経営するフランキー(クリント・イーストウッ...
ミリオンダラー・ベイビー (I LOVE CINEMA +)
ミリオンダラー・ベイビー F.X.トゥール, 東 理夫 Million Dollar Baby [Original Motion Picture Soundtrack] Clint Eastwood, Kyle / Stevens, Michael Eastwood, Lennie Niehaus, Hollywood Studio Symphony Million Dollar Baby 監督:クリント・イーストウ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (なんでもreview)
女子ボクシングの映画だと思っていました。 こんなに重いテーマの映画だったなんて。 『戦場のピアニスト』がオスカーを取れなかったときに「アカデミー賞の選考メンバーってなんだか信用できないわ」と思いましたが、今回はよかった。選考メンバー変わったのかしらね?(知
ミリオンダラー・ベイビー (物欲エントロピー)
映画の日、アカデミー賞主要4部門受賞のミリオンダラー・ベイビーを鑑賞。さらに時間
カウンターパンチ一発! (聴いて観ておくんなまし)
映画の日2本目の映画は「ミリオンダラーベイビイ」であります。 この映画はアカデミー賞の話題を独占した映画だけあり、もの凄く骨太でイイ作品でした やっぱりこういったCGなんかに頼らない丁寧に作り込んだ作品が注目されなければダメですよねぇ・・・ この映画ネタ...
『ミリオンダラー・ベイビー』~届かない手紙~ (Swing des Spoutniks)
『ミリオンダラー・ベイビー』   公式サイト    監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン     この作品の前情報と言えば、アカデミー賞4部門受賞、クリント・イーストウッド
ミリオンダラー・ベイビー (ヲイラのだいあり?)
■ ミリオンダラー・ベイビー 原題:MILLION DOLLAR BABY     本年度アカデミー賞で作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の主要4部門を受賞した作品。「許されざる者」「ミスティック・リバー」の映画の伝道師クリント・イーストウッドが監督、主演など
ミリオンダラー・ベイビー (利用価値のない日々の雑学)
「ミリオンダラー・ベイビー」が漸く公開され、今年のオスカー総決算という形での鑑賞になった。当初より、単なるボクシング映画では無いという評判(では、「単にボクシング映画」って例えばどういう映画?「ロッキー」にしても、「レイジング・ブル」も「チャンプ」も、どれ
ミリオンダラー・ベイビー(2004/アメリカ) (+propernoun+)
:::stuff:::監督: クリント・イーストウッド製作: クリント・イース...
「ミリオンダラー・ベイビー」 (わたしの見た(モノ))
「ミリオンダラー・ベイビー」   クリント・イーストウッドが主演・監督、 アカデミー賞で、主要4部門を制覇、 老トレーナーと女性ボクサーのストーリー。 予備知識はここまで。 いざ劇場へ。    米国の保証書付だが、そんなことは関係ない。 本当に良い作品なの
ミリオンダラー・ベイビー (優みゃの辛口映画感想)
監督:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク     クリント・イーストウッド     モーガン・フリーマン、他 あらすじ{/book/} 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒッ
ミリオンダラー・ベイビー (CINEMA正直れびゅ)
イーストウッドの映画なら、アカデミー賞を取ろうが取るまいが関係ない。キャストもしぶいし、期待しない理由が皆無。レイトで観てきた。
「ミリオンダラー・ベイビー」 TOUGH AIN\'T ENOUGH (BLOG IN PREPARATION)
今日は映画の日。渋谷でクリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」を鑑賞。観終わった後、しばらく立ち上がることができなかった。そんな作品。公開直後なので、ネタバレをしないように雑感を書き留めてみる。 この「ミリオンダラー・ベイビー」は、イー.
映画「ミリオンダラー・ベイビー」観ました。 (拾稔堂店長のこうかい?日誌)
 。。。率直な感想「後味ワル!」。  さすがに本年度(第77回)アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)を受賞しただけあって、脚本、演出、俳優の演技等ピカイチでした。   「ダーティーハリー」シリーズや「許されざる者」等の印象が深い「ク
ミリオンダラー・ベイビーを観る (I\'m TK)
ミリオンダラー・ベイビー 今日は映画の日。というわけで、出かけてきました。 はっきり言えることは、これは映画史上に残る名作、ということ。 決してボクシングのお話ではないこと。 号泣するわけではないけれど、ずっと心に残る映画です。
ミリオンダラー・ベイビー (2004/米) (虫干し映画MEMO)
MILLION DOLLAR BABY 監督: クリント・イーストウッド  出演: クリント・イーストウッド  フランキー・ダン    ヒラリー・スワンク   マギー・フィッツジェラルド    モーガン・フリーマン    エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリス  ボロ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (INOの映画日記)
『ミリオンダラー・ベイビー』(アメリカ映画)133分  監督  :クリント・イーストウッド  キャスト:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン(あらすじ)ボクシングの名トレーナー・フランキーを一人の女が尋ねる。彼女マギーはフラ...
ミリオンダラーベイビー (毎週水曜日にMOVIE!)
更新が遅れちゃったのは、木曜日になっちゃったのは、どういう風に書いたら良いんだろうと考えていたからです。何よりもかなり期待していたこの映画。 期待以上の作品でした。 アカデミー主要賞をほとんど獲ったのはしょうがないでしょう。 人間の魂を揺さぶる作品だと
ミリオンダラーベイビー (N’s Talk)
待ちに待った映画です。昨日遂いに観ることができました。アカデミー作品賞候補の「レイ」「アビエイター」「サイドウェイ」。そして作品、監督、主演女優、助演男優の受賞作がこの「ミリオンダラーベイビー」です。すべて観ました。30歳を過ぎた女性がプロボクサーを目指し
ミリオンダラー・ベイビー (アスカ・スタジアム)
私は拳闘はあまり好かぬ。その残忍性が嫌だから。或いは私が菜食人間だからか。肉食主体の欧米では女性のボクシングも盛んらしい。前半はその拳闘場面が多い。が、後半は「これが同じ映画か」と思う程ガラリと変わる。そしてぐいぐいと画面に引き込ませる。 感じたことは、
ミリオンダラー・ベイビー (元気の出る映画特集weblog版)
鑑賞してきました「ミリオンダラー・ベイビー」。さすがイーストウッド!と叫びたくなるような傑作ではないでしょうか?自分だけでなく様々な人々の人生をもよく観察し、昇華して集大成しなければ描けそうにない重みを感じるストーリー。このあたり、「許されざる者」「マデ
ミリオンダラーベイビー MILLION DOLLAR BABY (自然に生きる 映画に生きる)
今日が公開日初日。初日に見に行った作品はこれが初めてかもしれません クリント イーストウッド監督作品、ヒラリー スワンク主演作品(2004年) 辛かったですね。何回も泣いてしまいました。 ヒラリー演じるマギー、クリント演じるフランキー、モーガン演じる
Million Dollar Baby (wayside plum)
映画「ミリオンダラーベイビー」を観てきました。 全体的に見て、よく出来た良い映画です。脚本、演出、映像、何よりも役者の好演、申し分ありません。あとは、話の内容に対する評価、観る人の感性の問題かと。 多
ミリオンダラー・ベイビー (cococo)
とてもよかった。“モ・クシュラ”の意味をずーっと考えていた。答えは、ある。 音楽
ミリオンダラー・ベイビー (秋日和のカロリー軒)
ハッピーバースデイ ミスター イーストウッド!  どんなミュージシャンでも風変わりなアルバムがディスコグラフィーに一枚くらい紛れ込んでいるものです。イーストウッドを見続けてきた者ならば『許されざる者』で、いわゆるイーストウッド的なものの集大成=ベストア
ミリオンダラーベイビー (ё俺のブログё)
これはまあまあよかった。 最後の方結構話が、重くなってくるのだが、それまでは淡々とした展開。 いい俳優演じる、いいキャラしとる爺さんのやり取りがよかったかな? 俺的に、イーストウッドの最後の判断はあれでよかったと思う。 しかし現実的に考えたら、俺はできないね
『ミリオンダラー・ベイビー』  ☆☆☆☆★ (映画VS氣志團&タイガー)
「ガールファイト」じゃないよ! アカデミー賞主要4部門制覇!ってこの上ない肩書きを持つ映画。 松竹もこの映画とZガンダムのとんでもないヒットでうはうはなことでしょう。 うはうはなんはわかるけど、本編フイルムの先付けにあの予告はないわ~。 なんで「ミリオンダラ
『ミリオンダラー・ベイビー』(2005年・53本目) (Bardus Scriptor)
 本年度アカデミー賞で大本命とされていた『アビエイター』を退け,監督賞,作品賞,主演女優賞,助演男優賞の主要4部門を独占した話題作.ボクシングの世界で生きていくことを夢見る女性と彼女をボクサーとして育てる老トレーナーの,心温まる交流と,そして絶望的な悲劇を
ミリオンダラーベイビー (No Cinema,No Life)
見終わった後にズシリと重いものが残りました。つらい絶望的な悲しさ、どうしようもない悲惨な結末、「ダンサーインザダーク」「パッション」を見終った時と同じ感覚でした。 前半部分はどん底から這い上がる女性ボクサーのサクセスストーリーですが、後半は・・・ ネタ
『ミリオンダラー・ベイビー』とトム・スターン (Days of Books, Films)
『ミリオンダラー・ベイビー』は、133分の上映時間のおそらく半分近くが、ロサンゼ
ミリオンダラー・ベイビー (おいしいものがすきっっ。)
ルールは「自分を守る」こと。 多くの人は守り方を間違えて生きてゆく。 傷つかないように、痛まないように生きてゆく。 傷だらけになって、痛くて痛くてつぶされそうになって、 それでも心のずーっとずーっと奥深くにある根っこだけを信じて、 やっと自分を守ることが出来
ミリオンダラー・ベイビーを観た (TV視聴室)
今回はネタバレは書きませんが、情報を一切シャットアウトしている方は読まない方がいいです。(書いておいてなんですが、これからご覧になる方は読まないことをお勧めします)
ミリオンダラー・ベイビー (ルナのシネマ缶)
痛いなぁ~!! 痛くて、深くて、渋くて、 せつない映画でした。 イーストウッドとモーガン・フリーマンの 静かで押さえた演技が 余計に心を突き刺しました。 (今回も、かなりのネタばればれです。ご注意!!) ヒラリー・スワンクは、美人女優ってわけではないけ
アカデミー賞主要4部門独占「ミリオンダラー・ベイビー」観ました (ダメに生きるBlog★)
5/31の記事”切ないハッピーエンド~「バタフライ・エフェクト」鑑賞”で予告した通り、一昨日「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきた。 愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 それは、深い絆の、”ミリオンダラー・ラブストーリー .
ミリオンダラー・ベイビー (枯れないように水をやろう)
クリント・イーストウッドによる、親愛のヒューマンドラマであり、 白熱のボクサーストーリー。 脇役にモーガン・フリーマンがいるのもうれしい。 実は僕、モーガン・フリーマン大好きなんですよ。 2人の初老の老人に囲まれながら、主人公のマギーはひたすら進む。 ボク.
『ミリオンダラー・ベイビー』 (女子高生の映画評論)
『ミリオンダラー・ベイビー』 公式サイト http://www.md-baby.jp/ クリント・イーストウッドの監督としてそして何よりも役者としての実力に、ただただ震えるしかない。 本当にいい映画を見せてもらった、彼は本当にひと癖もふた癖もある味のある映画を作りますね。
『ミリオンダラー・ベイビー』 (お気楽雑記ノート)
アカデミー主要4部門(作品、監督、主演女優、助演男優)を獲得した映画です。 ストーリーについてはあちこちのブログで触れているので、詳細については省略ということで。ちょっと手抜き?(苦笑) 「ボクサーの光と陰」といった感じを扱っています。(ネタバレですが、こ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (++しあわせのクローバー++)
 クリント・イーストウッドが好きなので、早速観てきました。     原作は、F・X・トゥール。彼は50歳を過ぎてからボクサーを目指し、その後トレーナーに転じた人物。96年に心臓発作を起こしたのを機に筆を執り、70歳にして発表。 これは、短編集『Rope Burns』に収
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (seven.blog)
「アビエイター」を破ってオスカー獲得した「ミリオンダラー・ベイビー」 重い重いと評判の「ミスティック・リバー」を借りて来たのに見ないうちに鑑賞。 ヒラリー・スワンクがボクサーの身体になっていくとこはすごすぎ 宣伝等の「衝撃の結末」より前半~中盤のシー
ミリオンダラーベイビー観ました (こぱんだのHop,Step~♪)
昨日は映画の日♪ とても珍しくお休みだったので、 一人で観て来ました。 私はレオナルドディカプリオくんが好きなので{/heart_pink/} 本当はアビエイターが受賞するのを願ってました。 観るのもアビエイターが見たかったんだけど、 すでに終わっちゃってたので、 「レオ君か
ミリオンダラー・ベイビー (がちゃのダンジョン)
『ミリオンダラー・ベイビー』 (2004)MILLIONDOLLARBABY上映時間133分製作国アメリカジャンルドラマ/スポーツ公式サイト◇ eiga/com ◇ シネコミボクシングに夢を賭ける女性マギー(ヒラリー・スワンク)は、31歳。ボクシングジムを経営するトレーナー、フランキー(...
私はこう観る!「ミリオンダラー・ベイビー」(byきのこヅマ) (肯定的映画評論室ココログ支店)
夫・きのこスパの「ミリオンダラー・ベイビー」レビューを受けて その妻・きのこヅマが違
ミリオンダラー・ベイビー (シカゴ発 映画の精神医学)
 これは、ほとんど70年代の映画である。画面の雰囲気。全体の雰囲気が。最近はちっとも流行らないボクシング映画というのも、70年代である。    ファースト・シーン。年老いたクリント・イーストウッドが選手のセコンドとして出て来る。何か、それだけで、目に涙がにじ
ミリオンダラーベイビー見ました (タヘログ)
ミリオンダラーベイビー。いい映画でした。クリント=イーストウッド、ヒラリー=スワンク、モーガン=フリーマン。 三人とも演技が完璧。貧しく、家族はいても愛情には恵まれないマギーのリングにかける思いはあしたのジョー並み。自己実現と自己表現の手段がボクシング、と
ミリオンダラー・ベイビー (トゥビ・オア・ナトゥビ)
Hilary Swank、どっかで聞いた名前だと思ったら、『ボーイズ・ドン
ミリオンダラー・ベイビー (Cinema Review)
MILLION DOLLAR BABY ・・・・・ 公式ホームページ (監督:クリント・イーストウッド) ☆☆☆☆☆ NO PLINT ・カテゴリー: 人間>愛>ボクシング ・上映時間:133 分 ・制作:アメリカ(2004) (日本での公開日/2005・5・28) ・ストーリー:
【感想】ミリオンダラー・ベイビー ~MILLION DOLLAR BABY (映画☆試写会plus  ~ブログ)
■映画鑑賞日記■    ミリオンダラー・ベイビー @新宿ジョイシネマ 05/6/1WED アカデミー賞受賞作品なのに、試写会は見事に全滅でしたので、映画館に見に行ってきました。 封切後最初の水曜日のレディースデー さらに映画の日だったので結構混んでいました。
[ミリオンダラー・ベイビー][劇場] (一年で365本ひたすら映画を見まくる日記)
この映画、なんだか異常に評判が良く(宣伝が入っているとはいえ)、あちこちで絶賛賞賛の嵐が吹き荒れている。おまけにアカデミー賞やゴールデングローブ賞まで取っているとなれば、「さぞかし素晴らしい映画に違いない」とミーハー根性丸出しで観に行きました。その結果は
★「ミリオンダラー・ベイビー」 (ひらりん的映画ブログ)
いよいよ公開になりました・・・今年度アカデミー賞主要4部門受賞作品。 ひらりんお得意のレイト・ショウで見ようと思ったけど・・・ ずるいチネチッタ・・平日はレイト設定無し、土曜はヘンな時間設定。 どうしても1800円取りたい作品らしいです。 まっ133分ものだ
「ミリオンダラー・ベイビー」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。 云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。 ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(クリン
ミリオンダラー・ベイビー (映画の花道)
ボクサーとトレイナーを繋ぐもの それは”絆” 絆が愛に変わる時、彼は”最愛の”決断に迫られる ●特にこんな人にお薦め -プロのボクサーを志している人 -夢を叶えたい人 人気blogランキング←みなさんのおかげで人気急上昇中!今日の順位は?! (
ミリオンダラー・ベイビー(映画館) (ひるめし。)
愛を、教えて。 アカデミー賞受賞作品だから公開2週目にもかかわらず、まずまずの人の入り。久しぶりに両隣に人がいて、ちょっと窮屈だわと思いながら鑑賞~。 まるでマギーのフックをもろ脇腹にくらったような重い、重い映画でやんした。人の栄光と脱落を淡々と描いてた。
ミリオンダラー・ベイビー・・・・・・ややネタバレあり・・ (ちょっとお話)
ミリオンダラー・ベイビー未見の人はごめんなさい・・・。(2004  アメリカ)監督  クリント・イーストウッド出   クリント・イーストウッド(フランキー)    ヒラリー・スワンク(マギー)    モーガン・フリーマン(スクラップ)ジムを経営する孤独なト
ミリオンダラー・ベイビー (日々徒然ゆ~だけ)
 アカデミー賞と言う最大の売り文句と,巧い役者勢揃いで,ハズレは無いと予想されつつ,既に巨匠の域なクリントおじの作品である。  これは尊厳の物語である。師匠と弟子以上の,そして腐れ縁の親友以上の,馴れ合い家族よりお互い知り合った,身体と心のぶつかり合いに
ミリオンダラー・ベイビー (My will)
悲しくて、ものすごく胸が痛くなる。とてもつらい映画でした。 鑑賞中じわじわとでて
ミリオンダラー・ベイビー ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
ある程度内容の予測できるスポーツ物語だと思っていたので、 衝撃のラスト30分でした。 これはもう、アカデミー賞を取ったことが充分納得のいく作品、 見に行ってよかった。みなさまにもお勧めしたい!! 見に行っていただきたいので、内容には触れません。 フランキー(
映画感想:『ミリオンダラー・ベイビー』 (徒然三十路日記♪)
ロサンゼルスの寂れたボクシングジムの門を叩いた田舎育ちのマギー。ジムのオーナー兼トレーナーのフランキーは彼女を拒んでいたが、彼女の真剣さに打たれ彼女のトレーナーとなる。互いに実の父娘の関係をなくしている2人は、激しいトレーニングの中で人間的に歩み寄っていく
ミリオンダラー・ベイビー (KINOKANAL)
監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,モーガン・フリーマン 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成
ミリオン・ダラー・ベイビー (あたまでっかちのひとりごと)
<B>ラスト30分のために作られた映画。</B> いい意味で。 序盤は静かで、大人な映画の雰囲気。 徐々にボクシングの試合の盛り上がり。 終盤はもう、<B>グッとキました。グッと</B>。 今まで観てきた映画のどれとも異質で、強力な衝撃を受けました。 もう、心の中で叫んでまし
ミリオンダラー・ベイビー (映画短歌・せんかいへき blog)
 同じ血が宿る 父ではない父と 娘ではない娘のハート ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ★★★★ 2004 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド                           
ミリオンダラー・ベイビー (mimiaエーガ日記)
★★★★★ ジムを経営するフランキー(クリント・イーストウッド)の元へマギー(
ミリオンダラー・ベイビー (みちくさのカノン)
ミリオンダラー・ベイビーを観てきた。 ロスでボクシングのジムを営むトレーナー、フ
映画「ミリオンダラー・ベイビー」を観て・・・ (テレビ局員の独り言・・・)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきた。 アカデミー作品賞・主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞の4部門を取った作品だ。クリント・イーストウッド監督・主演・音楽である。話の内容は書かない。2時間15分、全く退屈せずに、見れた。CGなど一切使わずに、脚本の凄さ・
★鑑賞予定なら読まないで下さい★ (The Isono Journal)
号泣作品「ミリオンダラー・ベイビー」の感想です。 鑑賞前の方は-----以下は読まないようご注意下さい(ネタばれ含む)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」感想 (HEART-BOILD)
「ミリオンダラー・ベイビー」\'04米 (原題:MILLION DOLLAR BABY) 監督:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド  出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 出来れば下のクリント・イーストウッド映画と合わせ
ミリオンダラー・ベイビー (ももママの心のblog)
アカデミー賞4部門受賞(作品賞、監督、主演女優、助演男優)に恥じない。ボクシングを通じで描かれた切ない人生と愛の感動ドラマ。泣きました。{/face_naki/} 2004年アメリカ ヒューマンドラマ 2005年6月1日 川崎チネチッタ 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリン
ミリオンダラー・ベイビー (Reds Sound)
 最近観た映画はどうも近代的過ぎる感じがしていた、この映画はそう言う意味では好きなタイプの映画だ。女ボクサーとトレーナーの古臭い人間関係、ボクシングでの成功を望む訳だがタイトルが掛かった試合中の反則によって体の自由を奪われてしまう、入院してからの最後はな
「ミリオンダラー・ベイビー」クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク (Cinema,British Actors)
「アビエイター」を押しのけてアカデミー賞に輝いた「ミリオンダラー・ベイビー」 
「ミリオンダラー・ベイビー」 (the borderland)
予告編を見た限り、ラストは想像ついたのですが、そこまでの過程は「愛に打たれる」と言ってもホセ・メンドーサのコークスクリューパンチぐらい(判る人だけ判ってください。)の破壊力がありましたね。 これで今年のアカデミー作品賞ノミネート全作品見ました。 個人的
「ミリオンダラー・ベイビー」 (こだわりの館blog版)
6/4 Tジョイ大泉 にて クリント・イーストウッドがいぶし銀の演出と演技で描く人間ドラマ …見せます…魅せます! 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、
ミリオンダラー・ベイビー:ネタバレあり注意(^_^;) (nemoのリセットライフing+αアフィリエイト)
  やっと見れました・・・。 あの胸がキュンとひねりあげられるようなBGMにのせて、年を聞かれ、「31歳よ」と答えるヒラリー・スワンクは、不遇な境遇を背負い、 喫茶店でウェイトレスをしながら、ボクサーになるのだけを願い続ける、おそろしく情熱だけはあるけど
ミリオンダラーベイビー (心も身体も健康ライフ♪)
午前中、映画館へ。レデイースデイだし♪ 「ミリオンダラーベイビー」を観ました。 全くストーリーを知らないで観るのがベスト。 かなり良い映画★ 終わった後しばらく放心状態だった。隣に座っていた人は号泣してました。 エンディングテーマが終わり、会場が明る
ミリオン・ダラー・ベイビー (三十路女のひとりごと)
今日は作品賞獲得ってことで期待度大の本作を試写会で見てきました。 雑誌ELLEの
勝手に映画批評4 (sons and daughters -blog-)
【ミリオンダラー・ベイビー】 6点まあ、それなりにおもしろかった。この映画はアカデミー賞の4部門で賞をとったらしいんですが、正直そんな騒ぐほどの作品ではないと思います。ストーリー展開やクライマックスなど、映画としての流れはさすが。気持ちが入っていけるところ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (NUMB)
 ミリオンダラー・ベイビー 「ミリオンダラー・ベイビー」  ★★★★☆ (2004年アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド キャスト:ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、ジェイ・バルチェル、マイク・
短くても太く生きた女性の話◆『ミリオンダラー・ベイビー』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。 彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで\"ヒーロー\"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分が
Million Dollar Baby (2004)ミリオンダラー・ベイビー (jajaの映画日記)
最後の対戦相手、娼婦上がりで汚い手を使うチャンピオンの「青い熊」を演じたLucia Rijkerは実際にボクサーですね(オランダ系でタイのキックボクシングの経験もありとか)。クレジット見ると彼女がヒラリー・スワンクへのボクシング指導もしてたような…。 あとクレジット
ミリオンダラーベイビー (OrdinaryDay*)
アカデミー賞・主要4部門受賞。そうでなければ見なかったと思う。だって私はスポコン物より、恋愛ドラマが好きだから・笑感動しました!!!実際にはスポコン物ではなくて、人間ドラマでした。トレーナーのフランキーと、ボクサーのマギーの師弟愛といった感じ。最初フラン
ミリオンダラー・ベイビー (M’s Jumble-grumble~GGJCパーソナリ...)
今週、ご紹介する作品は、アカデミー賞で、主演女優、助演男優、監督、作品賞の主要4部門を制覇した、クリント・イーストウッド監督の最新作。「ミリオンダラー・ベイビー」です。 ボクシングに希望を見い出そうとする女性と、そのトレーナーの心の葛藤(かっとう)を丹念に
映画『ミリオンダラー・ベイビー』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦す
映画『ミリオンダラー・ベイビー』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦す
ミリオンダラー・ベイビー (In my opinion・・・)
ちょっと久しぶりの更新f(^ー^; それも、たまたま思い立った時間から一番近い上映時間っていうだけで鑑賞した 「ミリオンダラー・ベイビー」です。特に、予告編も気にしたことがなかったのでどんな映画かも知らなかった。そんなわけで観たのですが最初はこれって、ただの女
『ミリオンダラー・ベイビー』 (ぺぺのつぶやき)
2004年 アメリカ 133分 監督 クリント・イーストウッド 脚本 ポール・ハギス 原作 F・X・トゥール 出演 クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン  「ミリオンダラー・ベイビー」公式サイト→ココ ストーリー チ...
ミリオンダラー・ベイビー (Aloha Days)
2本目は「ミリオンダラー・ベイビー」 言わずと知れた今年度アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞に輝いた作品。 も~アカデミーでもなんでもあげちゃってください!参りましたっ!{/dogeza/} ヒラリー・スワンク、なんなんですかっ!この人は! 初めて
ミリオンダラー・ベイビー (Imagination From The Other Side)
年老いたトレーナーと孤独な女性ボクサーの深い絆を描いたヒューマン・ドラマ。 今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞。 ボクシングに全てを賭けるマギーに「ボーイズ・ドント・クライ」でもアカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・ス...
「ミリオンダラー・ベイビー」 (It\'s a wonderful cinema)
 2004年/アメリカ  監督/クリント・イーストウッド  出演/クリント・イーストウッド       ヒラリー・スワンク       モーガン・フリーマン  オスカーも納得。これしかないでしょう。見終わってそう思った。  「アビエイター」のスコセッシに獲
ミリオンダラー・ベイビー (ひとりごと)
※ネタバレに対する配慮は一切しておりません。 正直、この映画がこういった展開を迎えるなんてこれっぽっちも予想してなかった。前半と後半でこれだけ印象が違う映画もなかなかありません。 予想外だったぶん、頭に一発ガツーンとくらったような気分です。 しかし、考え
映画「ミリオンダラー・ベイビー」を観て・・・ (テレビ局員の独り言・・・)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきた。 アカデミー作品賞・主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞の4部門を取った作品だ。クリント・イーストウッド監督・主演・音楽である。話の内容は書かない。2時間15分、全く退屈せずに、見れた。CGなど一切使わずに、脚本の凄さ・
「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ◆ ミリオンダラー・ベイビー 2004年 アメリカ       ┃   監督:クリント・イーストウッド   脚本:ポール・ハギス   出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,      モー
「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ◆ ミリオンダラー・ベイビー 2004年 アメリカ       ┃   監督:クリント・イーストウッド   脚本:ポール・ハギス   出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,      モー
「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい
「ミリオンダラー・ベイビー」 ルシア・ライカやったんか! (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
イーストウッドにとっては、「ダーティー・ファイター 燃えよ鉄拳」以来の拳闘映画。 あの頃の相棒、オラウータンのクライドは1/4世紀をかけて、人間になった! 猿顔のヒラリー・スワンクに!! な~んて、冗談はこの映画に似合わないので、止めておこう。 ボク
ミリオンダラー・ベイビー (Diarydiary!)
《ミリオンダラー・ベイビー》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - MILL
ミリオンダラー・ベイビー (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「泣けなかった。ものすごく話に入り込むと、こうなるときがある。派手さはなく、静かに深くゆっくりと胸をえぐっていく。こういう“感じる”ことのできる映画は好きだなあ。」 久々に地元シネコンのワーナー・マイカル・シネマズ県央にやってきました。最近は新潟市まで遠征
「ミリオンダラー・ベイビー」観ました (Infocierge(インフォシェルジュ))
「ミリオンダラー・ベイビー」の記事を書きましたのでTBさせて頂きます。 よろしければ、ご訪問ください!
「信仰」と「教義」~「ミリオンダラー・ベイビー」 (シカゴ発 映画の精神医学)
ミニブック「『ミリオンダラー・ベイビー』を7倍楽しむ方法」無料配布中 「ミリオンダラー・ベイビー」も公開されて2週間以上がたちました。少し内容を掘り下げた考察をしたいと思います。やや、ネタバレ的な記述もありますので、映画を見ると決めている人は、見て
ミリオンダラー・ベイビー (ゆめのある場所)
{/kaeru_fine/} 裸電球一つか?と思われるような薄暗い廊下、かなり古い作りの重たいグレーの扉の映画館。しかも貸切状態。しばらくすると老夫婦がお見えになったのでほっとしましたが、1人で「フォーガットン」をみるよりもきっと怖い気がした私。 やっと、見に行ってきま
絆と命と・・・ (HamaHama)
久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個人的
ミリオンダラーベイビー (PARTY!!)
~ミリオンダラーベイビ~ 私が劇場に入るのは予告がちょうど終わってFeature Presentationが始まるほんの1分前。 要するに予告編が見たくないのである。 現に、予告を見たから映画の面白さが半減した、なんて映画は結構ある。 ・・・この映画についても予告は見なかった。
ミリオンダラー・ベイビー (日々好々)
ミリオンダラー・ベイビー見ました。重い映画でしたが見てよかったと思いました。なかなかお勧めです(^^痛々しくて目を背けたくなるシーンもありますが・・・ヒラリー・スワンクがみせた様様な表情が印象的でした。後半の展開は少し予想外でした。ネタバレはあえてしませ...
2005/06/15 (m\'s box)
映画『ミリオンダラー・ベイビー』を観に行った。 平日とはいえ、レディースデイだったから、おばさんたちも多かった。(私もこの中に含まれるのか??) 上映されてから入ってきたおばさんが、こともあろうに私の左横に座りやがった。 こんなに席が空いているのに、わ...
名作?はたまた?「ミリオンダラー・ベイビー」 (KIMクリエイト・パレット)
 最近、私の周りでも、「ミリオンダラー・ベイビー」の評価が二つに分かれています。いい映画、またはイマイチか。私の解釈では、確かにいい映画だけど、見た人の「生涯ベストテン」に入るかどうかは、おおむね望み薄だと思う。  それは、永遠に名作といわれたりする、その
『ミリオンダラー・ベイビー』 (step after step goes far)
号泣しすぎて 疲れた…… エンディングを迎え タイトルロールが過ぎ去り 劇場が明るくなっても 動けない 目が痛い 鼻が痛い 頭が痛い …… 動けない…… ****************** 辛口で有名な映画評などで軒並み絶賛 日ごろから「超演技派」「ハ
5月14日 ミリオンダラー・ベイビー (My favorite thing)
{/hiyoko_cloud/}やっと念願のミリオンダラー・ベイビー観てきました{/face_en/} {/wakaba/}トレーラー育ちの不遇な人生の中で、自分がひとつだけ誇れるのは、ボクシングの才能だけ。その思いを胸に、ロサンゼルスへやって来た31歳のマギー。 はじめはあまりよくわからない
『ミリオンダラー・ベイビー』は、耳で見ろ (夢と希望と笑いと涙の英語塾)
クリント、あなたの監督としての才能に疑いは持っておりません。そんなあなたに尋ねたいことがあります。 あなたはイーストウッドという俳優にアカデミー最優秀主演男優賞を与えるべきだと思いませんか?ゴウ先生は、あげてしかるべきだと思うのですが・・・。 『許されざ
ミリオンダラー・ベイビー (気ままな自問自答)
アカデミー賞、主要4部門を獲得した作品。 クリント・イーストウッド演じる、ジムのオーナー、フランキー。 モーガンフリーマン演じる、トレーナーのスクラップ。 ヒラリー・スワンク演じる、女性ボクサーのマギー 主要のこの3人が、完璧な演技をする内容の濃い作品。
ミリオンダラー・ベイビー (シネクリシェ)
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、\"枯淡の境地\"という言葉があ
ありがとうございました! (~○流~)
トラックバックありがとうございます。先日やっとやり方が分かったので、本日伺いました。ミリオンダラーベイビー痛いって感想でしたイタイ・・・色々な意味で・・・そして考えました不謹慎かも知れませんが、興味深い面白い映画でした。ありがとうございました!!またよろ
ミリオンダラーベイビー (~○流~)
を、見てきました。なんたって、今日は(昨日?)1日、1000円DAY!朝ついでに行ったら混みすぎてて無理だったけど、なんとか2回目のチャレンジではOKでした!で。とっても余韻のある映画でした。途中で「あ~~もしや、○○な展開?」と勝手に想像していたら、見事にその予想
ミリオンダラー・ベイビー (風の色)
毎度おなじみの映画好きの友人と3人で映画「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。皆さんの感想を読むのをぐっと我慢し、極力予備知識ゼロの状態で観ました。女性版「ロッキー」のようなサクセスストーリーの映画なのかなぁと思いきや全然違っていて・・・・。う~...
ミリオンダラー・ベイビー (僕の中の世界)
 『ミリオンダラー・ベイビー』を観た。  観る前の印象はアカデミー賞で4部門もかっさらっていったトレーナーと女性のボクシング映画くらいにしか思ってなかった。こういう映画を観ると、実際に映画を観なくてはわからないものだなあというのを思い知らされる。  ..
ミリオン・ダラー・ベイビー (ザクとは違うのよね)
 久々に映画鑑賞。アカデミー賞受賞作「ミリオン・ダラー・ベイビー」。  感動作らしいとの前評判と、アカデミー賞作品賞ということで、そこそこの期待感を胸に観にいったわけだが、結末は予想していたのとまったく違っていた。  序盤から中盤にかけては「動」、一転して
ミリオンダラー・ベイビー by クリント・イーストウッド (東京右往左往)
最初は痛いのですが、だんだん苦しくなって、しまいにはモウロウとされました。 クリ
ミリオンダラー・ベイビー/ クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン (カノンな日々)
特に観るつもりはなかったのだけど、劇場へ行く用事があったのでせっかくだから何か観ていこうと思って、特に観たいものがなかったので「電車男」リピーターしようかとも思ったのだけど「ミリオンダラー・ベイビー」ならさすがにハズレってことはないかなと思ってチョイスし.
ミリオンダラー・ベイビー (逃源郷)
 本年度アカデミー賞作品賞他主要4部門を受賞した、クリント・イーストウッド監督最新作。 かなり期待していたが、多少的外れされた感じだった。ただ、主役3人の人物描写はかなり緻密で深く掘り下げられているし、ストーリーにも矛盾がなく、丁寧に作られているところは
ミリオンダラー・ベイビー (愛すべき映画たち)
MILLION DOLLAR BABY(2004/米)【監督】クリント・イーストウッド【出演】クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン『ペイルライダー』『恐怖のメロディ』『センチメンタル・アドベンチャー』に続いて、クリント・イーストウッド監督作品第4弾、
百万$赤ちゃん (使用上の戯言・本店)
はいどうも、 何か文句ある? 使用上の注意です。ハイすいません。更新の遅れを開き直ってみました。いや、まぁ特に意味はありません。強いて言うなら、冒頭の一言に困っただけです。意欲減退に悩んでます。力が欲しいか?ならくれてやる(某少年漫画)。 ...
ミリオンダラーベイビー (Marさんは○○好き)
戦い続ける女 凄いテーマだな。生き甲斐、生命力、命の重さ、そして、尊厳死。 こん
痛々しすぎ (どくいちご)
■ミリオンダラー・ベイビー■ アカデミー賞をたくたんとったとかで有名でつわょぬ。 号泣するてウワサなので、泣く気マンマンで観に行きますたわょ。 テレビのCMとかで、ベッドに寝てるシィンがあったので、 ボクサーが怪我して挫折して復活するとかな内容なの...
ミリオンダラー・ベイビー (感想.blog)
●メインスタッフ 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 原作:F・X・トゥール 公式サイト:http://www.md-baby.jp/ 【ストーリー】 フランキー(クリント・イーストウッド)は、ロスのダウンタウンにある小さなボクシングジムのオーナ
ミリオンダラー・ベイビー(1) (Drinking Again)
バタフライ・エフェクトのときも書きましたが、イム・ヴォンテク監督の高濃度の映画を観た後では、アカデミー賞を総なめしたミリオンダラー・ベイビーといえども少々影が薄い。まるでミドル級の試合の後で、フライ級の試合を観ているみたいです。 この映画の評価についても
ミリオンダラー・ベイビー (気分刊日記-B)
CMを見ればストーリーは全てわかってしまう程シンプルな作品を、実力派の役者で深く丁寧に描いているので、役者たちが心を開き触れ合う過程がストーリーにきちんとリンクした正に適材適所なキャスティング。裏を返せばはまり役で固めた代わり映えのない予定調和なんだけど、
ミリオンダラー・ベイビー (lip)
アカデミー賞4部門受賞だけれど、クリント・イーストウッドは貫禄不足? ベストキッド4やギフト、そしてバフィに出演していたヒラリー・スワンクはいいとして、クリント・イーストウッドとモーガン・フリーマンという大御所二人が出演している訳だけれど、熟年の貫禄(笑
ミリオンダラー・ベイビー (クリント・イーストウッド&ヒラリー・スワンク主演) (Tomi-Log)
ミリオンダラー・ベイビー「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年...
『ミリオンダラー・ベイビー』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『ミリオンダラー・ベイビー』を観てきた。 本当にアカデミー賞のほとんどをさらっていった名作なのだろうか?アカデミー賞は時々わけのわからない結果になることがあるからなぁ。。。と思いつつ観てきた。 全体にゆっくりと進む感じの作品。時々入るピアノのメロディ
ミリオンダラー・ベイビー (映画の休日。)
本年度アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)に輝いた作品はいかに。それは期待ではなく、興味から。
ミリオンダラーベイビー (我想一個人映画女美的人blog)
6/1 TOHOシネマズにてクローサーと立て続けに鑑賞。 今年のアカデミー作品賞他総なめにしたので イヤでも期待がかかってしまった。 初め、”ボクサーを志す女の葛藤とか成功までの話” だと勝手に思ってたので良い意味で裏切られた。 さすがはクリントイーストウッド作品、
ミリオンダラー・ベイビー (きまぐれ Live☆Like☆This)
(ネタばれ注意) なんとも 衝撃的 だった やりきれない想いが胸に重くのしかかる しかしそこには静かな感動がある 「アカデミー賞のわけは映画をごらんください」 CMの言葉のイミがようやくわかった マギー は下層出身の白人女性 敏腕トレーナー ・ フランキー
○ミリオンダラー・ベイビー/孤独な2人 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
ミリオンダラー・ベイビー ロサンゼルスのダウンタウンでボクシング・ジムを経営するフランキー・ダン(クリント・イーストウッドの前に一人の女性があらわれる。マギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)はフランキーに私はボクサーになりたいトレナーになってく
『ミリオンダラー・ベイビー』田舎娘のボクサー成功物語☆師弟の夢の行方は。。。 (映画のBLOG@今日のいいこと。)
ミリオンダラー・ベイビーMillion Dollar Baby クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)監督、本年度アカデミー賞☆作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞4部門で受賞を成し遂げた話題作。見ごたえのある作品です。クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワン
ミリオンダラー・ベイビー (映画バカ一代)
完璧といっていいほどの非常に高い完成度を誇る本作。それゆえに後半において主人公達を待ち受ける非情な展開が一部の隙もなく演出されており、その展開に嫌悪感を覚える人も少なくないだろう。しかし、作品に対してこうした好き嫌いが生じることを加味したとしても鑑賞する
『ミリオンダラー・ベイビー』続き(ネタバレ) (KKS Blog)
公式サイト すごくわかり易い映画なのだけど、この映画について語るのは難しいと思...
クリント・イーストウッド Clint Eastwood 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),31 May 1930,St. Francis Hospital, San Francisco, California, USA本名 Clinton Eastwood Jr.ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004) ブラッド・ワーク Blood Work (2002) スペース カウボーイ Space Cowboys (2000) トゥル
ヒラリー・スワンク Hilary Swank 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),30 July 1974,Lincoln, Nebraska, USA 本名 Hilary Ann SwankThe Reaping (2006) The Black Dahlia (2005) ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004) Red Dust(2004) Iron Jawed Angels (2004) (TV) 11:14 (2003) ザ・コア
ミリオンダラーベイビー (CinemA*s Cafe)
http://www.md-baby.jp/ いやぁ・・・なんかもうこの映画を観るまではイーストウッド監督だと無条件でアカデミー賞なわけ~?なんて若干斜に構えた見方をしてしまいましたが、実際に観た今は当然作品的にもアカデミー賞だし、ヒラリースワンクだって主演女優賞とるし、モ.
ミリオンダラー・ベイビー (『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!)
究極の選択、極限の悲しみにいたったときに宗教は何ができるのか?
ミリオンダラー・ベイビー(2004)アメリカ (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
「上半期ナンバー1」 ☆5 ミリオン・ダラーベイビー公式HP ロサンゼルスで古いボクシングジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)は、タイトルマッチに挑戦寸前で、唯一の金のたまごでもある選手によそのジムに移籍され意気消沈していた。 監督・製作 :
「ミリオンダラー・ベイビー」(試写会) (なつきの日記風(ぽいもの))
夜の闇は夢を見せてくれるのに、 昼の明かりは全ての現実を隠してくれない。 原題:「Million Dollar Baby」 監督・主演・音楽:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本編:133分 Story 「自分を守れ」が信条の老トレーナー
ミリオンダラー・ベイビー (Vacant days)
評価:★★★★  最近はめっきり見なくなったボクシングという題材で作品・監督・主演女優・助演男優と多くの部門でアカデミー賞を獲得した作品です。原作はF・X・トゥールによる『Rope Burns』。  ヒラリー・スワンクは『ボーイズ・ドント・クライ』で見せた演.
ミリオンダラー・ベイビー (Addicted to the movie and reading!)
ミリオンダラー・ベイビー/MILLION DOLLAR BABY 2004年/アメリカ/133分 監督: クリント・イーストウッド 出演: クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン 公式サイト DVD情報はコチラ ロサンゼルスでボクシング・ジムを営んでいる
ミリオンダラー・ベイビー★★★★★ (シネびん)
ミリオンダラー・ベイビーポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る   衝撃の映画でしたーーーーこれほど素晴らしいとは・・予想外で、観終わった後、しばらく固まりましたー。アカデミー賞4部門(作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞)を制覇した
ミリオンダラー・ベイビー (Cinemermaid)
マッチョな男性よりもマッチョな女性って美しい~ ヒラリー・スワンクのあの筋肉!あの強い眼差し!惚れ惚れしてしまった (´∇`*)
ミリオンダラー・ベイビー 今年の222本目 (猫姫じゃ)
ミリオンダラー・ベイビー ハッピーエンド、スポ根ものだとばかり思っていました。申し訳ございません。第77回アカデミー作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、ですね。 途中まで快調に見ていたんだケド、この映画のメインストーリーが始まってからは、見るのがつら.
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
DVDで観ました。アカデミー賞で、作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の計4部門を受賞した作品。とにかく演技はいいです。ヒラリー・スワンクの体当たりの演技や、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンの渋い演技が見ものです。ストーリーはセオリー通りに進みま
ミリオンダラー・ベイビー (Extremelife)
「許されざる者」「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた衝撃のヒューマン・ドラマ。厳しいボクシングの世界を題材に、そこに生きる名もなき男女の悲愴な人生模様を綴る。アカデミー賞で作品賞をはじめ主演女優、助演男優、監督賞の計4...
「ミリオンダラー・ベイビー」 (白百合姉妹)
ミリオンダラー・ベイビー 今日はいつも以上に激しくネタばれデスヨ。 深い余韻を残す映画だ。 この先、「命」や「人生」について考えることがあるたびにこの映画のことが脳裏をよぎると思う。 物語自体はそんな凝った話しじゃない。 名カットマンとしてなら.
「ミリオンダラー・ベイビー」 (白百合姉妹)
ミリオンダラー・ベイビー 今日はいつも以上に激しくネタばれデスヨ。 深い余韻を残す映画だ。 この先、「命」や「人生」について考えることがあるたびにこの映画のことが脳裏をよぎると思う。 物語自体はそんな凝った話しじゃない。 名カットマンとしてなら.
ミリオンダラー・ベイビー (cinema note+)
Million Dollar Baby 200
「ミリオンダラー・ベイビー」 (雑板屋)
?Thank you! Boss!?と言いながら、汗ばむ顔でちょっと嬉しそうに微笑むマギー。 ボクシングを愛し打ち込むその姿は、ボスに従順で素直で前向きでそしてやっぱりかなりの努力家で・・・。 そんな彼女を同じ女性としても応援せずにはいられません! ただの安っぽいサク...
ミリオンダラー・ベイビー (琴線~心のメロディ)
【2005年5月28日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 心にしんみりと響いてくる作品でした。 師弟愛、家族愛、尊厳死、プライド、
ミリオンダラー・ベイビー (いつか深夜特急に乗って)
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★(名劇2) 2004年
ふくちゃんの映画日記 その21 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ミリオンダラー・ベイビー」 {/star/}{/star/}{/star/}   DVD鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2004年  出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 他 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イース
ミリオンダラー・ベイビー (On Any Sunday)
「揺るぎなき信念は、僕の心を震わせ、揺さぶる。」 ポニーキャニオン ミリオンダラー・ベイビー 3-Disc アワード・エディション  
ミリオンダラー・ベイビー (銀の森のゴブリン)
2004年 アメリカ 原題:Million Dollar Baby 原作:F・X
NO.113「ミリオンダラー・ベイビー」(アメリカ/クリント・イーストウッド監督) (サーカスな日々)
「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。 イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、この初
ミリオンダラー・ベイビー ・・・・・ (サクっと)
ミリオンダラー・ベイビー アカデミー賞ではいっぱい賞を取った(詳しくは知りません・・・・) 話題の映画 「ミリオンダラー・ベイビー」 なんか前評判が良すぎてどうかとは思ったんだけど やっぱり見たくなって・・・・・
ミリオンダラー・ベイビー ・・・・・ (サクっと)
ミリオンダラー・ベイビー アカデミー賞ではいっぱい賞を取った(詳しくは知りません・・・・) 話題の映画 「ミリオンダラー・ベイビー」 なんか前評判が良すぎてどうかとは思ったんだけど やっぱり見たくなって・・・・・
ミリオンダラー・ベイビー (あざやかな瞬間)
第77回アカデミー賞で主要4部門を受賞した話題の映画なので、どんなのか気になって観ました。 なんだろうこれは・・感動、ではないよね。どうしてクリント・イーストウッドは底抜けに暗い作品を作るんだろう。「ミスティック・リバー」も救いのない話だった。押し付けが..
 (monologue)
 先日、今年のアカデミー賞を獲った映画「ミリオンダラー・ベイビー」を見て ある日の記憶が甦った。 その日のことを「炎で書いた物語」に書いたことがあるので以下に再録しておこう。 *******************  1988年9月14日午後9時過ぎ、 窓から
ミリオンダラー・ベイビー (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
ミリオンダラー・ベイビークリント・イーストウッド F・X・トゥール ヒラリー・スワンク ポニーキャニオン 2005-10-28売り上げランキング : 268Amazonで詳しく見る by G-Tools テーマ的には『海を飛ぶ夢』と似通ったところがあるのですが、あちらはやや情熱的に、こちら.
ミリオンダラー・ベイビー (cinema capsule)
昨年度のアカデミー賞で「アビエイター」を蹴散らして見事!主要4部門を受賞したのが「ミリオンダラー・ベイビー」。観た人の感想が賛否両論だったから、予告編を観ただけで敢えて何の予備知識も仕入れずに鑑賞してみたけど、これがとってもよかった!! ひょっとしてお
ミリオンダラー・ベイビー (ぶっちゃけ…独り言?)
8.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) アカデミー賞主要4部門受賞は伊達じゃなかった。 クリント・イーストウッド監督作品では『マディソン群の橋』と並んで ワタクシの中で最高傑作にランキングされました。 先ず、映画全体の雰囲気が凄く良いです
CINEMA●STARR 「ミリオンダラー・ベイビー」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 クリントン・イーストウッド 出演 クリントン・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、他  貧しい家庭に育った女子プロボクサーは老トレーナーの指導の元、世界チャンプを狙う、しかし、待っていたものわ・・。    女子ボクシング.
映画『ミリオンダラー・ベイビー』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、昨年度のアカデミー賞主要部門をほぼ独占した『ミリオンダラー・ベイビー』です…重い映画でしたね。いろいろ考えさせられましたよね。いただいたコメントもそうい
映画館「ミリオンダラー・ベイビー」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
アカデミー賞で、主演女優、助演男優、監督、作品賞の4部門を取得したこの作品。アカデミー賞を取ったからといっても私の好きな映画じゃない場合もあるのであまり期待しすぎないようにして観ました。 モーガン・フリーマン、ヒラリー・スワンクの演技は、なんとも言え...
ミリオンダラー・ベイビー (坂部千尋のsparrow diary)
 やっと{/apple_up/}します{/hiyo_en2/}まず言い訳から入りますが(笑)本当は昨日の夜書いたんだけど投稿直前にエラーで消えちゃったのよ{/kaeru_cry/}その後書き直す気力が無く、サクっと寝ました{/hiyo_z/}  ではでは日記予告してからかなり遅れましたが{/kirakira/}
DVD/ミリオンダラー・ベイビー (IP-Network - Road to IPv6 -)
クリント・イーストウッド監督の最新DVDを見ました。 ミリオンダラー・ベイビーク...
ミリオンダラー・ベイビー (もとい、おぢさんって映画ダ~イスキ (^▽^ケケケ)
今年、最後のDVDは「ミリオンダラー・ベイビー」 おぢさん、観る前は「ミリオンダラー」をボクシングで稼ぐ女性ボクサーの話かと・・・ 途中から、「ミリオンダラー」を治療で使う話かと思ったよ _(‥)フーン でも、ボクシングのタイトルマッチのファイトマネーが「ミリ
『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年/アメリカ) (あなたの心を揺さぶる映画、教えます!!)
まさか、あんな結末を迎えるなんて・・・ オススメ度:★★★★★  監督・出演:クリント・イーストウッド  出演:ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン     アンソニー・マッキー     ジェイ・バルチェル <あらすじ> ロサンゼルスで古.
ミリオンダラー・ベイビー (WILD ROAD)
『ミリオンダラー・ベイビー』 2004年アメリカ(133分) 監督:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン    アンソニー・マッキー    ジ.
ミリオンダラー ベイビー (和日和)
満足度★★★★★ ラストは途中から想像出来ていたがそれでも心苦しかった。 色んな意見があるだろうが個人的にフランキーの決断は尊敬する あらすじ 13歳から働きづめのマギー・
ミリオンダラー・ベイビー:「生きる」ことの尊厳と「死」 (ビールを飲みながら考えてみた…)
こういう映画がアカデミー賞をとるところにアメリカの良心を感じる一方、このような結末の映画を大衆か許容できるほど、やはり時代というのが変わってきたのかとも思う。親子とは、家族とは何か、あるいは生きるということはどういうことか、人を愛するとはどういうことか、
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004年/アメリカ) (cube1555.com)
私の知識。 予告編と、クリント・イーストウッド。(名前だけで、どうにかなる。) 思うに、ていうか、思ったに、 ボクサー目指してる三十路過ぎた女が、夢見て頑張る話でしょ? やってらんないよ。 的要素も含めつつ、そこはイーストウッドの出番なんでしょ?
ミリオンダラー・ベイビー (えいがの感想文)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン 「ミリオンダラー・ベイビー」 数々の映画賞を受賞している言わずと知れた作品。 にもかかわらず、いつもながら予備知識なしで観たら…、 う
ミリオンダラーベイビー (ミュージックファクトリーの音楽・映画情報)
以前、このブロブを読んでくださっている方から、この映画をオススメ作品として紹介していただきました↓ タイトル:ミリオンダラー・ベイビー 3-Disc アワード・エディション 主演:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン 監督:クリント・イ
ミリオンダラー・ベイビー (DVD映画人ブログ)
 アカデミー賞のノミネートが出揃ったところで、昨年の第77回で見事作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の4冠を飾った『ミリオンダラー・ベイビー』を今日は紹介します。  この作品は『クラッシュ』で今年度の監督賞にもノミネートされているポール・ハギスの見
ミリオンダラー・ベイビー (映画鑑賞★日記・・・)
監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン    アンソニー・マッキー    ジェイ・バルチェル... ロサンジェルスの
ミリオンダラー・ベイビー (シェイクで乾杯!)
『イーストウッド監督』、『アカデミー賞』とくれば、きっと重たい作品なのだろうと想像できるので、ずっと観るのをためらっていました。 観てみてやっぱり、私には重たすぎて駄目でした…。_| ̄|○
ミリオンダラー・ベイビー (人生は1度きり 後悔しているヒマはない?)
『モ・クシュラ』。愛する者よ、お前は私の血
ミリオンダラー・ベイビー(04・米) (no movie no life)
「えっまだ見てなかったの?!」と言わないで・・・(汗)昨年のアカデミー賞作品賞受賞作。この作品に限らず、しばーらく映画を見ない時期というのがありまして。映画と言うのは、やはり見ようという意欲やエネルギーがないとDVDですら見ませんから、そんな意味でテレビ
映画 vol.6 『ミリオンダラー・ベイビー 』 試写会 (Cold in Summer)
 『ミリオンダラー・ベイビー』  出演:クリント・イーストウッド モーガン・フリーマン ヒラリー・スワンク 公式サイト  昨日(4/18)『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました! ◇ストーリー 期待の男性ボクサー「.
ミリオンダラーベイビー☆ネタばれあり感想 (パンダ園)
DVD日記☆ミリオンダラーベイビーミリオンダラー・ベイビーを見ました。どんなストーリーなのか予習をせずに挑みました。っていうか、ただのスポコン(ボクシング)感動ストーリーだと思ってたらやられました!まず、女性がボクシング。それも真剣に。しかもその彼 ...
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (make myself just as hard)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」(Million Dollar Baby, 2004・米国) モーガン・フリーマン扮するスクラップがこの映画のナレーションを務めるのは、彼には語らねばならない物語があるからである。物語とは、人を生かすものであるし、自分の生を確認するもの ...
映画 『ミリオンダラー・ベイビー』 (Death & Live)
去年の6月に観ました。 話題作でしたよね。 『ミリオンダラー・ベイビー』  2004年 原題 : MILLION DOLLAR BABY 監督 : Clint Eastwood 思った通りのストーリー。 自分はアカデミー賞とはあまり相性が良くなく、 作品賞をとったものを "イイ" ...
『ミリオンダラー・ベイビー』とマイタイ (映画とお酒と・・・エトセトラ)
クリント・イーストウッドが出ています。 モーガン・フリーマンも出ています。 しかもクリント・イーストウッドが監督までしています。 これだけでもうどんなストーリーかわかっちゃいますね。。。 う~ん・・・ 何かと賞をとったりなど、 評価の高い ...
ミリオンダラー・ベイビー (miyukichin' mu*me*mo*)
 映画(DVD)「ミリオンダラー・ベイビー」         (クリント・イーストウッド:監督)    2005年のアカデミー賞で、  作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の  主要4部門を制覇して、話題になった作品です。  公開当時に見逃したままになっ ...
『ミリオンダラー・ベイビー』’04・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじロサンゼルスで古いボクシングジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)は実力はあるが育てた若者は欲を求め彼の元を去っていく。あるとき、そんなジムへ31歳のボクサー志望のマギー(ヒラリー・スワンク)が入ってくる。フランキーにとってマギ ...
たった一つの願い。~「ミリオンダラー・ベイビー」~ (ペパーミントの魔術師)
私がお邪魔してる映画ブログの方が 口をそろえていい映画やと言うてた意味がようわかりました。 テレビ放映での鑑賞なのでいくらかカットされてるでしょうが。 最後は涙、涙。 ミリオンダラー・ベイビーF・X・トゥール ポール・ハギス クリント・イーストウッド ...
ミリオンダラー・ベイビー (ひめの映画おぼえがき)
ミリオンダラー・ベイビー 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、ジェイ・バルチェル、マイク・コルター... 「愛に
ミリオンダラーベイビー (LIFE ‘O’ THE PARTY)
         アカデミー賞作品賞・監督賞・主演女優賞・
ミリオンダラー・ベイビー (Le Petit Royaume)
ミリオンダラー・ベイビー 前半と後半のギャップがあるので、少し違和感を覚えたり、ボクシングでそんな反則はないことなど現実離れしたところが少し納得感がなかったりしましたが、全体としては感動的な良い映画だったと思います。逆にギャップがあったのが、意外性が....
ミリオンダラー・ベイビー (Blossom Blog)
ミリオンダラー・ベイビー MILLION DOLLAR BABY 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン アメリカ 2004