ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

コーヒー&シガレッツ

2005-06-19 21:22:03 | 映画2005
 アルフレッド・モリナ・・・ますます好きになってしまった。

 作られた年代も様々。登場人物も色々楽しめましたけど、「いとこ同士?」の二人(アルフレッド・モリナとスティーヴ・クーガン)が最高でした。何故だかこのショート・ストーリーだけコーヒーじゃなく紅茶なんですよね。“Are you gay?”の一言で会場は爆笑の渦につつまれましたし、映画だから“スパイク”といえば、スパイク・リーですもんね。ここでも笑っちゃいました。

 そして「カリフォルニアのどこかで」のトム・ウェイツとイギー・ポップとのミュージシャン対決。ジュークボックスが置いてあるカフェに羨望の眼差しで見ていましたが、ミュージシャンにとってはつらいところかもしれませんよね。

 ビル・マーレイのコーヒー一気飲みもケイト・ブランシェットの一人二役も素敵でしたよ。そして、ラストには各々のショートストーリーのネタが繋がってくる面白さもありましたし、コーヒーとタバコ以外でもチェス盤をイメージしたチェッカーがあちこちに配置されたり、真上からの映像がいい味出してました。
 コーヒーとタバコはなくてはならないものだ。今では喫煙率の低下によって、居場所がなくなりつつある愛煙家。小さなスペースで無駄話をして、全く会話が噛み合わないというばかばかしい時間を楽しむことが至福のときなのです。

★★★★・
コーヒー&シガレッツ@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バットマン ビギンズ | トップ | ザ・リング2 »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちなみに私は愛煙家 (しん)
2005-06-20 00:01:19
噛み合ない無駄な時間を過ごしつつ、体を蝕んでいく・・・

しかし、ラストのエピソードで、死んだ様に眠りながら、世界の平和を祈るところが美しかったです。



映画の会話同様、何でも無い無駄映画なのに・・・まったりとした落ち着きを与えてくれました。ジャームッシュ、なめてかかれない。
私は嫌煙家(笑) (sachi)
2005-06-20 00:19:40
こんばんは。

すごーくありそうななんでもない風景ながら、なかなか面白く観ることができました。

なんとなくリラックスできる感じがよかったです。

隣の席の女性はいびきをかいて眠ってましたが(^-^;;

シガレッツ (broadway05)
2005-06-21 01:01:11
>kossyさん、こんばんは。

トム&イギーは、実際はタバコでしょうけど、まるでマリファナって感じでしたね(笑)。

仰るとおり、「猿は人間のカズンである」って例文があるくらいですから、人間同士の親戚関係でも幅が広そうですね。

そうですか、禁煙が中断しましたか。

また、始めればいいですよ(笑)。



禁煙 (kossy)
2005-06-21 09:24:56
>しん様

ラストのシーンはよかったですよね〜

俺も禁煙が途切れているので、

立場は愛煙家と同じ・・・トム・ウェイツとも同じ(笑)



ジャームッシュのこの企画自体がすごいことなのでしょうね。

喫茶店なんかで、絶えずこの映画を流してくれると嬉しいですよね。



>sachi様

観客の中には嫌煙家の方もかなりいたのではないでしょうか。

嫌煙家の方は彼らの行動を遠目で見ながら、クスクス笑うという姿勢がいいのかもしれませんね(笑)

ムーミンに出てくるジャコウネズミ(?)のように喫煙者を「無駄じゃ無駄じゃ」と思って見てやってください。



>broadway05様

そうでしたか・・・猿と人間までいとこ・・・

するとモリナが猿で、クーガンが人間・・・(笑)

トム・ウェイツはともかく、イギー・ポップはジャンキーの雰囲気もありますもんね。

この2人はほんとに楽しませてくれました。
マニア受けジャームッシュ監督 (KIM)
2005-06-21 11:37:27
 ジャームッシュ監督の作品は、初期の、世界の若い映画マニアにとってはたまらない傑作の「ストレンジャー・ザン・パラダイス」など、独特な雰囲気があります。

 NYで見たときは、最初から最後まで観客たちがそれこそ大笑いで、楽しかった。日本と違って笑いが連続して起きるとは思っていたが、――それなりに、想像はしていたのですが――くすくす笑いくらいかなと思っていました。ただ、マニア(自分のファン)だけのために映画を作り得るジャームッシュの環境と才能をうらやましく思ったりします。

 



マニア (kossy)
2005-06-21 21:30:15
>KIM様

コメントありがとうございます。

ジャームッシュ監督はあくまでもインディペンデント映画にこだわりを持ってるみたいですね。

こういう映画はみんなで一緒に笑いたいです。

今回のカンヌに出品した映画も早く見たくなりました。
TBさせていただきました (ミチ)
2005-06-22 10:37:20
こんな映画は大好きです!

もっとくすくす笑いたかったのに、お客さんも少なくて遠慮してしまいました。

でも若い男の子とかが見に来ていて、ジム・ジャームッシュの人気を実感しましたよ。
ジャームッシュ (kossy)
2005-06-22 13:04:10
>ミチ様

俺が観た回は30人くらい(もっとかな)でしたけど、お客さんはかなり笑っていました。

一発目にベニーニをもってきたのが大正解、つかみはOKでしたね〜

ほかのジャームッシュ作品も見たくなりました。
こんばんは (カヌ)
2005-06-22 21:21:15
私が映画を頻繁に見るようになってなかったら、この作品はあんまり面白くなかったかもしれないです。ケイト・ブランシェットの2役も気付かなかっただろうし、ビル・マーレイやスティーヴ・ブシェミはただの変なおっさんでしかないんですもんね。そういった意味では本当に楽しめた映画でした。
俳優 (kossy)
2005-06-23 08:56:14
>カヌ様

俺もそうだと思います。

ブシェミなんて特に、脇役好きにならないとわからない俳優ですもんね。

名のある俳優をふんだんに使っていることが良かったのだと思います・・・知らない俳優ばかりだったら、多分3点くらいかも・・・
アルフレッドモリーナ (kazupon)
2005-06-23 10:09:01
kossyさんこんにちわ

映画沢山観てる割に、俳優の顔と名前を覚えられない自分なんですが、アルフレッド・モリーナってスパイダーマン

2の博士&敵役だったんですよね。スッカリ忘れてました

スティーヴ・クーガンが「ブギーナイツ」しか見たこと

ないカンジが面白かったです。僕もその程度の認識だったので、、、コレ撮影した時ってスパイダーマンより

前だったんでしょうかね?でも今思えばどれも面白い

内容で、また観たくなってきましたよ!

モリーナ (kossy)
2005-06-23 11:59:42
>kazupon様

俺もさっぱり覚えられないです(汗)

スパイダーマン2で大ブレーク(?)した彼ですが、『レイダース』の冒頭に出てきます!(多分デビュー当時)

最初っから悪役が多かったんだな〜と、しみじみ観てしまいました。

クーガンは去年『80デイズ』で見たのですが、とんでもない吹替えのせいで彼のイメージまで悪くなってしまいました。なかなか愛嬌のある声なので、80デイズも見直さないと・・・



スパイダーマン2よりも先かなぁ・・・

コーヒー党 (マダム・クニコ)
2005-06-23 12:34:46
コーヒーなしでは1日もいられない私。

コーヒーを飲む習慣のない国や、田舎へ出かけるときは必ず持参します。



だから、この映画も必見!

何度でも観たい!



私も「いとこ同士?」がいちばん面白かったです。

「ウイスキー」の監督も、ジム・ジャームッシュが好きみたい。
コーヒーもタバコも・・・ (kossy)
2005-06-23 15:20:58
>マダム・クニコ様

「国」までとなると、海外旅行ですよね・・・行けるだけでちょっと羨ましかったりします(笑)

大人になってから、コーヒーを飲まなかったのなんて、風邪をひいて寝込んでる日くらいかもしれません。しかも、「オエッ」となるくらいまで飲み続けます。

昔はインスタントはダメだったのに、今では貧乏症のおかげでインスタントばかり・・・(泣)



ウィスキーもそんな雰囲気なのでしょうか?

楽しみにしています(でも禁酒中の俺)

コーヒー嫌いの愛煙家 (rabiovsky)
2005-06-26 19:12:29
こんばんわ!

コーヒーはダメだけど愛煙家な私ですが、見終わってコーヒー

を飲んだ気にさせる麻薬的な映画でした。これを見ている時間が

至福な時だったのかもしれません。

居心地の悪そうでそうでもなさそうなで、全く噛み合わないコミュニケーションがまたいい感じです。

ケイト・ブランシェットカワイイです!

麻薬的 (kossy)
2005-06-27 00:05:31
>rabiovsky様

確かに麻薬的でしたよね。

俺も至福のときを味わいました。

禁煙中の人が観たらどんな感じになるんでしょうか(笑)



噛み合わないコミュニケーションって、シナリオではどう書いてあるんでしょうね。

英語で、理解できたらなぁ。 (ちぇぶっこ)
2005-06-28 20:19:03
自分の思いついたことを、そのまま話す、

人の話聞いてる?なんて、いわずね。



日常にありふれた会話なんだけど、

その切りとり方で、心にぐっと残るんだね。



もう一回見たいなァ。
そういう人 (kossy)
2005-06-28 21:19:47
>ちぇぶっこ様

職場にそういうおばさまが一人。

全く会話が噛み合いません。

いちいち反論するのが面倒なので、

負けじとばかり、

こちらも相手の話に合わせない。

すると、やはり噛み合わない答えが返ってきます。



傍からみると面白いんだろうけど、

当の本人は必死です(笑)
面白かったです。 (Black Pepper)
2005-07-02 01:05:46
1篇1篇が短いのも良かったし。

いろいろと想像をかきたてられる部分もあり。



「コーヒーやタバコがとりもつ微妙な時間」を

大事にしたいな〜なんて思いました。

もっと観ていたい (kossy)
2005-07-02 04:23:09
>Black Pepper様

もっと観たいですよね。

もしかして、まだまだ秘蔵短編があるような気もしています。

11篇もあるのに、時間が短く感じられたということは、微妙な時間の本質かもしれませんね。やはり大事にしなくては・・・
観てすぐ・・・ (RIN)
2005-08-13 21:07:23
観てすぐに、コーヒー飲んで一服しました♪

わたしも「いとこ同士」シリーズ2本が

一番のお気に入りです。
この記事を (kossy)
2005-08-14 10:21:33
>RIN様

この記事を読み直すだけでコーヒーを飲みたくなります。

みんなコーヒーが大好き。

というかアメリカ人がコーヒーが生活の一部だからなんでしょうね。

いとこ同士最高です(笑)
いいかげんやめたいです (とらねこ)
2006-08-04 07:25:14
タバコやめよう、と思うと、どうしてこう、急にタバコのある時間が贅沢に感じられてしまうんでしょう。

また禁煙したいモードになっているのですが、PCのやり過ぎで、とてもじゃないが止められません。はふー。
また思い出して (kossy)
2006-08-04 15:07:14
>とらねこ様

俺だっていつも禁煙中。

だけどすぐに休憩入れちゃうの・・・

これじゃ喫煙中と禁煙中の区別がつかなくなってしまって、わけわかりません。
Unknown (ひめ)
2007-04-08 17:22:50
こんにちは。
“Are you gay?”はおもしろかったですね。
身の危険を感じてそうな表情と間がおもしろかった!
上の方のコメントでNYでは大笑いと書いてありましたが
やっぱり英語がわかるともっと楽しめるんでしょうね〜。
最初は、あれ?かみあってないな〜と不思議に思いながら見てましたがだんだんニヤニヤしてきちゃいました。
gay (kossy)
2007-04-09 01:06:41
>ひめ様
最近、“Are you gay?”という会話にやたらと耳が反応してしまいます。多くなってるのかなぁ・・・
英語がわかるとアメリカ映画の楽しさも倍増。だけど俺はまだまだ字幕に頼ってます・・・(汗)
この映画のつぼは会話が噛みあってないところですよね。無駄な会話、無駄な表情、無駄な演技、全て脱力感いっぱいで楽しかったです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「コーヒー&シガレッツ」  Coffee and Cigarettes (俺の明日はどっちだ)
きっかけは1986年「ダウン・バイ・ロー」の撮影を終えたジム・ジャームッシュが、ロベルト・ベニーニの素晴らしさに感激して即興的にニューヨークで撮影した ---- コーヒーを飲み、煙草を吸う2人の男(ベニーニとスティーヴン・ライト)のコミカルなやりとりを描いた ----
コーヒー&シガレッツ (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ニコラ・テスラ:交流電気を作った天才発明家。直流電気のエジソンとは犬猿のライバルで、エジソンはテスラを陥れる為だけに死刑に電気イスを導入させ、交流を使用させた。 カフェで、コーヒーとタバコ片手に会話する人々、そこにはそれぞれの人生の断片が
コーヒー&シガレッツ 【まったりいい気分な映画・・・どんな台詞がお気に入り?】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
スティーブ・クーガン「おい、スパイクって誰だ? スパイク・リーか?」 アルフレッド・モリーナ「いやスパイク・ジョーンズだよ」 別に映画史に残る傑作とか言う気はないが、微妙に病み付きになりそうな、それこそカフェインのように中毒でもないけど摂らずにいられないよう
37-コーヒー&シガレッツ (徒然日誌)
この日2本目はジム・ジャームッシュ監督の「コーヒー&シガレッツ」。名古屋シネマテークにて。 ここの映画館、結構マニアックな作品を多く上映してくれるところで、単館系でめぼしいやつを結構拾ってきてくれる。名古屋じゃ要チェックな映画館なのだ。 しかしながら、ビルの
〜コーヒー&シガレッツ〜はチェーホフ的味わい (ようこそ劇場へ!)
つい最近、『コミュニケーションズ』というコント集(演劇)を観たが、ジム・ジャームッシュ監督の本作こそ、まさに人生のひとコマから切り取られたユーモアとペーソスが絶妙な配合でミックスした、コーヒー&シガレッツを小道具にしたコミュニケーション論と言える。しかも1
コーヒー&シガレッツ (arudenteな米)
自分は凄く気に入ったんだけど誰におすすめしたらいいんだろう? コーヒー&シガレッツ(Coffee and Cigarettes) http://coffee-c.com/ 困った… 凄く困った。 自分にはこの映画の凄いところは「全然面白くないのに凄く楽しい」としか言いようがない。 なんというか… 
映画「コーヒー&シガレッツ」 (ミチの雑記帳)
映画「コーヒー&シガレッツ」 ★★★★★ なんてお洒落で楽しい映画なんだろう! オダギリジョーがリスペクトするジム・ジャームッシュ監督作品ということを除外しても、とても良い作品に巡り会えたような気がする。 コーヒーとタバコにまつわる11のストーリー。 ほと
「コーヒー&シガレッツ」 (the borderland)
コーヒー飲まない、タバコも吸わない私には縁のない映画かと思っていたけど、有名人がたくさんでるらしいと聞いたので見に行ってきました、メンズディ1000円というのもあったけど(^^; 思わぬ人が本人役で出てきましたよ。 11本の短編からなるこの映画、どの作
コーヒー&シガレッツ (It\'s a Wonderful Life)
ジム・ジャームッシュが、カフェのテーブルでコーヒーを飲みながら会話を する同じシチュエーションの短編を11編まとめて映画にしたもの。 映画、というよりCD聴いてるような感じ。 会話しているだけで、特に何も起こらないので退屈と 思う人もいると思いま...
コーヒー&シガレッツ/宙吊りの自覚 (マダム・クニコの映画解体新書)
冴えないカフェで、コーヒーとタバコをネタに、2人または3人の客が、取り留めの無い会話をする。11話の短編集。  ただそれだけなのに、モノクロの映像とあいまって妙に心に残るのは、コミュニケーションの本質を突いているからだろう。定点観測のような画面の、会話の
映画:コーヒー&シガレッツ (Pocket Warmer)
邦題:コーヒー&シガレッツ 原題:COFFEE AND CIGARETTES 監
「コーヒー&シガレッツ」 (あげまきBLOG)
Coffee and Cigarettes 監督・脚本/ジム・ジャームッシュ 出演/ロベルト・ベニーニ/ケイト・ブランシェット/ビル・マーレイ/イギー・ポップ/トム・ウェイツほか 2003年/アメリカ/97分  インディペンデントのジム・ジャームッシュ監督作品  コーヒーを一杯
コーヒー&シガレッツ (一本釣り BOOK&CINEMA )
見てきました。 テーブルとコーヒー(時に紅茶もあり)とタバコだけの画面だから、もしかしたら退屈かもなんて思ったが、イギー・ポップが出ているし、「ゴースト・ワールド」に出ていたスティーヴ・ブシェミが出てるというので見に行った。土曜日で6割の入り。 映画ならで
『コーヒー&シガレッツ』 (Rabiovsky計画)
『コーヒー&シガレッツ』公式サイト 監督:ジム・ジャームッシュ 出演: ロベルト・ベニーニ、スティーブン・ライト、ジョイ・リー    サンキ・リー、スティーブ・ブシェミ、イギー・ポップ    トム・ウェイツ、ジョー・リガーノ 2003年/アメリカ/97
『コーヒー&シガレッツ』 (Such One Day)
ジム・ジャームッシュ監督 『Coffee and Cigarettes』 昨日観てきますた。 大好きなジム・ジャームッシュ作品。待ちに待ってやっ〜と先週の土曜から上映が始まり観る事が出来た! タイトル通り、コーヒーを飲み煙草を吸いながら各々のテーブルで他愛もない会話が繰り広
コーヒー&シガレッツ (映画のない人生なんて)
やっとこさ、行って来ました。 「コーヒー&シガレッツを見に行こうとして、 シベリア超特急5を見たあの日」以来、 約二ヶ月ごしです ちょっとビターな大人の映画。 コーヒーとシガレッツは大人の趣向品なのです。 そこから生まれるのは、11の日常であり、会話...
コーヒー&シガレッツ (Black Pepper\'s Blog)
「ジム・ジャームッシュの映画がやってるよ」 それだけの情報で行ってみました。 観
コーヒー&シガレッツ (いつか深夜特急に乗って)
「コーヒー&シガレッツ」★★★★(シネセゾン渋谷) 2003
コーヒー&シガレッツ (Cinema-Absolutism)
コーヒー&シガレッツ  2005/アメリカ  ★★★★★ 監督 ジム・ジャームッシュ 出演 ロベルト・ベニーニ / スティーブン・ライト (STRANGE TO MEET)     ジョイ・リー / サンキ・リー / スティーブ・ブシェミ (TWINS)     イギー・ポップ / トム
この組み合わせってどう?〜「バッドエデュケーション」&「コーヒー&シガレッツ」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
滋賀会館シネマホールで「コーヒー&シガレッツ」が上映されるようなので、 その感想を書こうと思ったんですが・・・     わすれた!! いやねー、観たのは5月ですしね・・・。なんか最近、頭の中に消しゴムの 存在をヒシヒシ感じる今日この頃ですしねえ・・・。 それ
コーヒー&シガレッツ (ひとりごと)
あんまりにもまったりしてたんで、途中眠ってしまいました。 コーヒーを飲みタバコを吸いながら、2〜3人のキャストが、ぎこちなく気まずい会話を交わす11本のショートストーリー。 ストーリーはなし。会話のみ。 影の主役は、もちろんコーヒー(1話だけ紅茶ってのが粋
「コーヒー&シガレッツ」 (るるる的雑記帳)
「コーヒー&シガレッツ」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 コーヒー一杯分のリラックス、これが実に心地良かったりします。実母の影響もあって昔っから大のコーヒー党(不思議と飲むことを止められなかったんだよなぁ)、私の
『コーヒー&シガレッツ』〜会話は煙る〜 (Swing des Spoutniks)
『コーヒー&シガレッツ』 公式サイト  DVD 監督:ジム・ジャームッシュ出演:ロベルト・ベニーニ ビル・マーレイほか ついついスクリーンで見逃してしまった『コーヒー&シガレッツ』がレンタル開始となったのでさっそくDVDを見てみました……というか、これか.
映画「コーヒー&シガレッツ」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■邦題:コーヒー&シガレッツ■原題:COFFEE AND CIGARETTES■上映時間:97分■ジャンル:コメディ・ドラマ■製作国:アメリカ■配給:アスミック・エース■公開:2005/04/02 ■監督:ジム・ジャームッシュ■製作:ジェイソン・クリオット、ジョアナ・ヴィセンテ■脚本:ジ
コーヒー&シガレッツ (生きてるだけで儲けもの☆)
ジム・ジャームッシュ監督が、1986年から18年に渡って 撮り貯めた11本のモノクロ短編集。 どの作品も、登場人物がコーヒーを飲みながら、 あるいはタバコをくゆらせながらの会話劇だ。 セリフの大部分は、だらだらと続くとりとめのないもの。 しかし、ジャームッ...
コーヒー&シガレッツ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
この雰囲気、会話、間。こいつは最高にクールな作品だ! 9月24日にシルバー劇場のオールナイトで観れたのですが、時間が合わない&深夜2:10からの回はちょっと辛そうだったのでやめておきました。 しかしこれは観るべきでした。 劇場でこの雰囲気を味わいたかったです。も
コーヒーの入れ方をどうするか (コーヒー・ラブ)
いまだに、自分で決まったスタイルが無いので 他の人のやり方を検証したりしています。 :「茶こし布ドリップ法」  必要なものは「茶こし」と「布」・・・だけ。 一人分でも美味しくコーヒーをいれることができて、布は何度も使えます。 ペーパー独特の紙の臭いが付かない
コーヒー&シガレッツ(DVD) (ひるめし。)
ゆっくりと時間が流れる CAST:ロベルト・ベニーニ/スティーヴン・ライト/サンキ・リー/スティーヴ・ブシェミ/ケイト・ブランシェット/ビル・マーレイ 他 ■アメリカ産 97分 う〜ん、モノクロ映像がたまらないね〜。白黒の柄のテーブルが印象的。 ひるめしの代わり
コーヒー&シガレッツ (My Color)
               ジム・ジャームッシュ監督作品。 彼はジョニー・デップ主演のデッドマンなどの監督でもあります。 この作品は、ジム・ジャームッシュ監督が1986年から18年に渡って撮り貯めた11本のモノクロ短編集。 11本の作品すべてにコーヒー(紅茶)
FUN×4 (FUN×5 〜五つの楽(fun)を探して〜)
「禁断の相性♪」
コーヒー&シガレッツ (悠雅的生活)
コーヒーと煙草のある風景
コーヒー&シガレッツ(2003)アメリカ (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
「コーヒー&シガレッツ」公式HP「至福の時間」☆5 『ミステリー・トレイン』『デッドマン』のジム・ジャームッシュ監督が18年に渡って撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした短編映画集。11本のショート・フィルムに登場するのは、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレ
コーヒー&シガレッツ (cinema note+)
COFFEE AND CIGARETTES 2003年 アメリカ 別名「カフェイン&ニコチン」 モノクロなのでてっきり昔の映画をDVDにしたのかと思っていたら、途中でケイト・ブランシェットが出てきたのを見
映画「コーヒー&シガレッツ」(2003・米) (どうせ誰も見てませんからっ☆★)
予告編で見て「ぜひ見たい」と思ってたんですが、ようやくDVDで見ました。 監督/脚本:ジム・ジャームッシュ 【キャスト】 ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト、ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミ、イギー・ポップ、トム・ウェイツ、ジョー・リ.
「コーヒー&シガレッツ」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年1本目のDVD鑑賞作品。 ちなみに、ひらりんはプチ・コーヒーマニアなのですよ。 知らない産地のコーヒー豆を買って来ては、チョビチョビ飲んでます。
コーヒー&シガレッツ (Aloha Days)
原題「Coffee and Cigarettes」(2003年/アメリカ) コーヒーの話題が続くけど、そもそも昨日、この映画を見て無性にコーヒーが飲みたくなっちゃったのよ 胃が悪いのにコーヒー? だけどコーヒーはもともとは消化を助ける胃薬だったからね〜(笑) この作品はコーヒー片手
コーヒー&シガレッツ/COFFEE AND CIGARETTES (我想一個人映画美的女人blog)
ジムジャームッシュ監督作品が苦手とは、こないだ書いたばかりですが、、、、 新作の「ブロークンフラワーズ」が思いがけず良かったので 去年劇場公開したこの作品を観てみることに。 これは元来のジムジャームッシュらしい作品かな。 「ブロークン〜」はもうちょっと一般に
コーヒー&シガレッツ(03・米) (no movie no life)
大きな感動やメッセージ性、社会問題の提起の映画ばかりではなく、何気ない日常的なことを淡々と描く映画もある。前者は結構「感動した」「許せない問題と思った」「切なかった」とか言えるのだが、後者はなかなか感想を書くには難しい。ジム・ジャームッシュ監督の作品は昔
WEB漂流記 海産物・コーヒー (WEB漂流記 海産物・コーヒー)
色々ある中でも、コーヒーのこともちょっと気になっているところです。話題性の高いグ
18.コーヒー&シガレッツ (レザボアCATs)
 チェス柄(→日本で言えば市松模様・笑)のテーブルクロスに、陶器の白、とコーヒーの茶色。モノクロ映像で映した上からのショットが楽しい、オムニバス作品。「ブルー・イン・ザ・フェイス」も「スモーク」も見てない、非喫煙者の友達が、映画館で見よう、 ...
コーヒー&シガレッツ (ひめの映画おぼえがき)
コーヒー&シガレッツ 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト、ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミ、イギー・ポップ、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ...
コーヒー&シガレッツ 〜My Collection〜 (利用価値のない日々の雑学)
kossyさんの人気ブログ「ネタバレ映画館」の 「人生は、奇跡の詩」のコメントでトム・ウェイツの事を書いたら、この表題作のことを触れられていて、そういえば、筆者のブログにはこの作品のレビューを書いていないことに気が着いた。と、いうか、この作品って東京周辺でも...
真・映画日記『コーヒー&シガレッツ』 (CHEAP THRILL)
通勤時、いつものように日記を書いていたら猛烈な眠気におそわれる。 映画を観に行くくだりまでは書けるも、 以降はうつらうつらなっているのでなかなかすすまない。 一度は完成したけど眠気で手違いを起こしUPができなかった。 日中は普通にこなす。 特にこれとい...
コーヒー&シガレッツ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『コーヒーを一杯 タバコを一服 会話を楽しむ 人生を楽しむ』  コチラの「コーヒー&シガレッツ」は、「ブロークン・フラワーズ」のジム・ジャームッシュ監督が10年以上にわたって抽出したドリップ短編集です。  全部で11編のエピソードからなるのですが、いず...
「コーヒー&シガレッツ」 無駄な時間、その快楽 (はらやんの映画徒然草)
僕はタバコは吸わないけれど、コーヒーは飲む。 それもかなり多く。 一日に5〜6杯