ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

椿山課長の七日間

2006-11-16 23:49:48 | 映画2006
 がに股歩きの伊東美咲。はたして『転校生』のように体を触りまくるのか?!

 “死”を軽く扱ってるのかと危惧していたのですが、“重大なこと”を知らずに死んでしまうことを考えると、とても死ぬのが怖くなる。基本的にはハートフルコメディなので、重要なメッセージなどはないのかもしれない。しかし、死んだ者よりも残された人々の悲しみや、報復の連鎖を断ち切りたいという願いが、軽々しく自ら命を絶つこども達へ勇気を与えてくれる映画になっているような気もしました。“死”を軽く扱っている作品に出ている藤村俊二が出ているところも興味深いところだ?

 組んだばかりの住宅ローン、息子のこと、痴呆症になってしまった父親のことなど未練が残りすぎの主人公椿山和昭(西田敏行)は“中陰役所”において現世に戻ることを許される。他に許されたのは子分が報復するのを止めたいヤクザの親分と、生き別れになった両親に会う目的の少年雄一だった。3人とも姿を変えて現世に戻り、3日間の猶予でそれぞれ目的を果たさなくてはならない。しかも、人に本人であるとバレてはならない。復讐をしてはならないという制限付きだったのだ・・・

 重大な事。それが何なのか、誰から教えられるのか全くわからないまま、とりあえず自宅へと向かう伊東美咲=西田敏行。「妻が部下と浮気していた!」といきなりの先制パンチを浴びるが、これだけで終わるはずがない。次から次へと重大なことを知らされるのです。それぞれが目的に近づくのですが、人間関係が見事に繋がってゆき、ひとつひとつのエピソードに涙を流すばかり・・・そろそろ涙を乾かさねばと帰り支度をしようとすると再度涙腺決壊のエピソードが訪れるといった波状攻撃を喰らってしまいました。

 椿山の息子には最近出番の多い須賀健太くん。そして彼が仲良くなる雄一の化身は志田未来ちゃん。2人は『雨鱒の川』でも将来を誓った仲だったのですが、この2人の演技がとてもよかった。伊東美咲は今まで下手な演技力でがっかりさせられることが多かったのですが、常に「これは西田敏行なんだ」と思いながら見ていると演技のことなど忘れてしまうくらい面白かったです。それにしても序盤に西田敏行が倒れるシーンは真に迫っていました。

★★★★・
終盤、鼻をつまんでいる人が多かった。『涙そうそう』を思い出していたのでしょうか?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トム・ダウド いとしのレイ... | トップ | トゥモロー・ワールド »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (平賀太一)
2006-11-16 23:57:45
西田敏行さんの演義には脱帽です。
役毎にぴったりの表情があり、
人間関係の中での立ち位置がはっきりしていて
オドロキです。すばらしい。
西田敏行 (kossy)
2006-11-17 20:36:57
>平賀太一様
ご本人も心臓疾患で大手術を経験しているくらいですから、演技は迫真。ドキッとしました。
この映画に関しては伊東美咲もまぁまぁ良かったです。やっぱり子役の2人と、市毛良枝が一番だったかなぁ~
Unknown (dai)
2006-11-17 23:12:18
こんばんは♪TBさせていただきました!!
私も、蓮子と竹内が消滅するシーンは涙腺は完全に崩壊してしまいました(汗
消滅 (kossy)
2006-11-18 21:32:19
>dai様
子分が「親分・・・」と気づいた瞬間。そして市毛良枝が気づいた瞬間。この“間”がすごく泣かせるんですよね。やっぱり血を分けた親子・・・ウルウル。
泣けたなぁ (しんちゃん)
2006-11-19 17:29:49
 原作読んでたので心構えはできてたんですが(笑)

しかし・・・和久井映見は「悪魔」だよね(笑)

 
Unknown (あんぱんち)
2006-11-19 19:57:53
(^-^)/ドモ
あっ・・・「涙そうそう」と同じポーズだ(爆)
でも、出来は雲泥の差w

伊東美咲の演技にはやられましたねぇ。
泣いた自分が「負けた」って感じです(爆)

あ~年間1位どれにしよう。。。

TBダブりました。すいません。
泣ける (kossy)
2006-11-19 21:46:24
>しんちゃん様
まさか鼻をつまむことになるとは・・・終わってからでしたが、つまんでしまいました。
これから原作は読む気にならないのですが、市毛良枝がわが子だと気づくシーンはどんな感じで書かれているんだろうな~と気になります。

>あんぱんち様
涙そうそうにも4点を与えてしまったのですが、失敗したかもしれません。泣きの度合いが全く違いました。
伊東美咲は初めて良かったと思えた映画となりましたが、これからも心配です(笑)頑張ってほしいものです。
この映画も年間ベスト10の候補になるかもしれませんね。
伊藤美咲 (祐。)
2006-11-20 20:19:02
kossyさんと同じく伊藤美咲の演技べたを感じない設定が驚きでした。
お譲さんぽい役より、おやじくさい演技のほうが、似合っているのかも。。
ハリウッドがリメークしたがりそうな脚本だったので、その後が楽しみです。
がに股 (kossy)
2006-11-21 00:12:55
>祐。様
お嬢様ががに股!
これだけで充分満足でした(笑)
途中も台詞がたどたどしい場面があったのですが、そんなときに西田敏行の影の声がカバーしてくれたりして、上手い演出があったかと思います。
ハリウッドリメイクですか~
そうなったらなんだか嬉しいですよね。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-11-23 00:28:20
TBが承認制になっていますね~。
やっぱりスパム攻撃のせいですか?

伊東美咲って台詞回しがどうしても受け付けない所があるのですが、西田さんの天の声で助かりました。
それにしても椿山課長の“重大な事実”があまりにすごすぎてビックリ!
これじゃ何度も死んじゃいそうなほどのショック度でしたよね。

今日は「楽日」を見に行く予定だったのですが、kossyさんは★3つの評価だったので、こちらにしました~。
スパム (kossy)
2006-11-23 14:19:39
>ミチ様
昨日は大変でした。
英語HPからの集中的TBが100件以上!
同じ記事へのTBならば削除も楽なのに、全部違う記事へのTBなんですよぉ。てなことで、TBとコメントありがとうございます。

伊東美咲の演技は台詞だけでなく表情までもがぎこちないんですよね。裏から聞えてくる西田敏行のおかげで無理なく見ることができました。

「楽日」に関しては、評価の高い人は多いはず。映画館への愛がどれだけあるかにかかってます。イオンができたからといってホイホイと楽しんでしまう俺なんかには愛情が足りないのかもしれません・・・
TBとコメントありがとうございました (aiai)
2006-11-23 16:56:01
須賀健太くんが、アノ人の子どもには思えずちょっと意外・・・。
登場人物同士の絡みは原作とかなり違った気がしますが、なかなか上手いまとめ方だったと思います(^^)
Unknown (ケント)
2006-11-23 20:28:57
ケントです。TBお邪魔します。
久し振りに面白い邦画を観ました。伊藤美咲は、「海猫」のときのよりもずっと良かったですね。彼女は以外とコメディアン向けなのかもしれませんよ。
とにかく僕も良く泣きました。
須賀健太 (kossy)
2006-11-24 00:53:55
>aiai様
そうでした。
たしかにあのお父さんとは。
それよりも小金治さんと西田敏行親子ってのはピッタリきてましたよね。
原作と変えてる部分もあったんですか~
まぁ、感動的なのは市川夫妻のあたりでしたから問題ないのかな・・・

>ケント様
邦画のコメディははずすことが多いのですけど、これだけ心温まる作品に仕上げると涙腺もやられちゃいますよね。
伊東美咲は西田敏行とも「釣りバカ」で共演してましたが、それがよかったのかもしれませんね。
TBさせていただきまいした。 (タウム)
2007-11-10 14:57:51
作品全体としては、イマイチという感想ですが後半は泣きまくりでした。
イマイチ感 (kossy)
2007-11-10 20:16:55
>タウム様
たしかにそれほどの作品ではなかったのかもしれませんね。俺も号泣しちゃうと点を上げてしまう性格なので、こうなっちゃったのかもしれません・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
椿山課長の七日間 (sigh.)
劇場公開は来週からなんですが、Yahoo!のオンライン試写会に当りました☆
椿山課長の七日間 (Memoirs_of_dai)
おっさん同士バージョン 【Story】 幸せな家庭生活を送る椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は、あの世の“中陰役所”に頼み込み
映画「椿山課長の七日間」 (いもロックフェスティバル)
映画『椿山課長の七日間』を試写会で観た。
椿山課長の七日間 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
よくある生と死を扱った作品。 コミカルなのに泣かせてきて、なんかあったかい。 未練なく死ぬ人なんていないよ。。
「椿山課長の七日間」 (てんびんthe LIFE)
「椿山課長の七日間」有楽町朝日ホールで鑑賞 予想外に涙が流れました。号泣とは行きませんが、会場内全体的に結構きてました。こういう作品だと思っていなかったのです。浅田次郎原作ということは知っていましたが、西田敏行の浜ちゃんのイメージがどうしても ...
映画【椿山課長の七日間】試写会 (Chateau de perle)
【椿山課長の七日間】 公式サイト 11月18日公開 監督 河野圭太 出演 西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、須賀健太、志田未来、他 先に鑑賞した【地下鉄に乗って】と同じ原作者、 浅田次郎さんの同名小説を映画化した 【椿山課長の七日間】の ...
椿山課長の七日間 試写感想 (D.D.のたわごと)
今回も「かってに配役」が重要キャラでズバリ! 公開1週間前に行われたネット試写を観ましたが,よかったですよ~。
椿山課長の七日間 (そーれりぽーと)
西田敏行が伊藤美咲に生まれ変わる予告編が面白そうだったので、『椿山課長の七日間』を観てきました。 ★★★★ もし突然死んでしまったら、この世に残された人達はどうなってしまうんだろう。 誰にでも有り得る事だけに、のっけから感情移入して観ました。 元 ...
『椿山課長の七日間』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
脳溢血のため突然死した椿山課長。やり残した仕事や家族、家のローン…未練がありすぎて死んでも死にきれない!天国と地獄の中間地点にある“中陰役所”で、3日間だけ現世に戻ることを許された椿山は、正体がバレないように生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女 ...
『椿山課長の七日間』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『椿山課長の七日間』鑑賞レビュー! 浅田次朗による 笑いと涙の感動作がついに映画化! 朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ 浅田次郎による笑いと涙満載の感動作 『椿山課長の七日間』待望の映画化! 『子ぎっねヘレン』で日本中に 感動 ...
『椿山課長の七日間』 (Cinema雑感)
『椿山課長の七日間』 ★★★☆ (2006年 日本 118分) 監督:河野圭太 キャスト:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、桂子金治、須賀健太、志田未来、余貴美子、市毛良枝、沢村一樹、渡辺典子、綿引勝彦 ほんわか
椿山課長の七日間 (エリ好み★)
朝日新聞での原作連載中は「死ぬのが怖くなくなりました」という感想が沢山寄せられたそうです。確かに「ナイロビの蜂」以上にスピリチュアルな内容。作家さんの想像力ってすごいな~と思わせられます。再び江原啓之さんが宣伝しなきゃ(笑)!?
椿山課長の七日間 (2006) 118分 (極私的映画論+α)
 浅田次郎原作のこの映画、私にとっては浅田作品で初めて原作を読んだ上での映画鑑賞となりました。原作とは多少違いますが噂どおりオススメの逸品です。
『椿山課長の七日間』舞台挨拶@東劇 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回の舞台挨拶は、浅田次郎原作、「古畑任三郎」や「子ぎつねヘレン」でおなじみの河野圭太監督作品『椿山課長の七日間』舞台挨拶以外で映画を見るのは、ほとんど1000円の時だけ(爆)生・西田敏行は、「THE有頂天ホテル」のエキストラに参加した時(ココ)と初日 ...
『椿山課長の七日間』舞台挨拶@東劇 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回の舞台挨拶は、浅田次郎原作、「古畑任三郎」や「子ぎつねヘレン」でおなじみの河野圭太監督作品『椿山課長の七日間』舞台挨拶以外で映画を見るのは、ほとんど1000円の時だけ(爆)生・西田敏行は、「THE有頂天ホテル」のエキストラに参加した時(ココ)と初日 ...
「椿山課長の七日間」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「椿山課長の七日間」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、國村隼、余貴美子、志田未来、須賀健太、桂小金治、市毛良枝、渡辺典子、沢村一樹、綿引勝彦、伊藤大翔、松田悟志、青木崇高、西尾 ...
最後の愛情。『椿山課長の七日間』 (水曜日のシネマ日記)
突然亡くなってしまったサラリーマンが、初七日までの間、人間界に戻り、別人の姿で過ごす物語です。
映画:椿山課長の七日間 試写会 (駒吉の日記)
椿山課長の七日間 試写会@有楽町朝日ホール 「こわいことになりますよ」 原作 は想像以上にハートウォーミングな作品。映画は設定がちょーっと変わってて、ストーリーからはややはしょってました。中陰役所(あの世)がお役所仕事なところをちょっと見た ...
椿山課長の七日間 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年11月18日 配給:松竹 監督:河野圭太 出演:西田敏行,伊東美咲,成宮寛貴 鑑賞日:2006年11月11日(Yahoo!BBオンライン試写会) 自宅PC(座席数1) 【ストーリー】 脳溢血のため突然死した椿山課長。やり ...
【劇場鑑賞128】椿山課長の七日間 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
突然死した中年男が、 絶世の美女になって 三日間だけ この世によみがえった。 ひとめあなたに、 会いに生きたい。
【劇場鑑賞128】椿山課長の七日間 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
突然死した中年男が、 絶世の美女になって 三日間だけ この世によみがえった。 ひとめあなたに、 会いに生きたい。
椿山課長の七日間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
笑いと涙満載!、やさしい幸福感で満たされる珠玉のファンタジー。幸せな家庭生活を送る椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、やり残した仕事や家族・・・あまりに現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は、 ...
映画「椿山課長の七日間」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「椿山課長の七日間」 浅田次郎の同名小説の映画化。 椿山課長(西田敏行)は勤務先のデパートで脳溢血のため突然死してしまう。現世に未練のある椿山は三日間だけ現世に戻ることを許してもらうのだが、生前の姿とは似ても似つかない美女(伊東美咲) ...
椿山課長の七日間 (いいかげん社長の日記)
レイトショーを観るには、こっと寒くなってきましたね^^; 昨日の「UCとしまえん 」は、いつもどおりの空き具合。 選んだ「椿山課長の7日間 」は公開2週目ということもあってか、小さめのスクリーンでも3~4割の入り。 やっぱり、テレビ東京だから宣伝 ...
椿山課長の七日間 (吾輩はナマケモノである。)
釣りバカの浜ちゃんが、椿山課長になって、椿さん(伊東美咲)になって・・・・? “中陰役所”で「お手もとのボタンを押してください。はいど~ぞ。」と涼しげに言う天使?の和久井映見。販売員のオバちゃんと、胡散臭い宗教とクイズ番組の司会者を合わせ、容姿 ...
椿山課長の七日間(映画館) (ひるめし。)
ひとめあなたに、会いに生きたい。
椿山課長の七日間 (勝弘ブログ)
http://www.tsubakiyama.jp/ここは、殺人や事故で不慮の死をとげた魂が訪れる、『怨みの門』。わたしは、門番のイズコ。あなたは死んで、魂だけの存在になりました。あなたはここで、三つのうち一つの行き先を選んで、この門
「 椿山課長の七日間(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 河野圭太 出演 : 西田敏行  /伊東美咲  /成宮寛貴 / 
「椿山課長の七日間」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・松竹/監督:河野 圭太) 浅田次郎の原作ものだが、この間観た同じ原作者の「地下鉄に乗って」がしょーもない駄作だったので、あまり観る気は起きなかった。 たまたま友人か
椿山課長の7日間 (CinemA*s Cafe)
公式サイト 海猫の映画を観たときに、私を驚愕させた演技の持ち主、伊東美咲主演ということでかなりの不安を抱えての鑑賞となったのだけど、西田敏行という名俳優がいるのでどうにかなった。 しかも、伊東美咲演じる
椿山課長の七日間(ネタバレあり) (色即是空)
まず、最初にあり得ない程、滑稽な天国と地獄の境界のシーンから始まります。そして、そこにこれまた、滑稽な程子供染みた設定の境界の担当者(和久井映見)。そう物語は、主人公、椿山が死んだところから始まります。境界の担当者は厳正な審査に合格した者のみ、初七日ま...
7日間だけのこの世  映画 「椿山課長の七日間」 (本読め 東雲(しののめ) 読書の日々)
映画 「椿山課長の七日間」 突然死んだ中年男が、天国への途中で、あまりに突然の死がかわいそうだからって、七日間だけ、この世に戻ることを許される。 しかし、この世に戻った...
『椿山課長の七日間』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は3日間だけ現世に戻ることを許してもらう。あの世からこの世に舞い戻った椿山は、生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女(伊東...
椿山課長の七日間 (Blossom Blog)
椿山課長の七日間 監督 河野圭太 出演 西田敏行 伊東美咲 成宮寛貴     和久井映見 須賀健太 志田未来 日本 2006
椿山課長の七日間 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとめあなたに、 会いに生きたい。』  コチラの「椿山課長の七日間」は、浅田次郎さんの同名小説の映画化で、11/18公開なんですが、オンライン試写会で観ちゃいましたぁ~♪  「子ぎつねヘレン」で映画デビューした河野圭太監督の映画2作目となります。  笑...