ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

虹の女神 Rainbow Song

2006-10-25 00:19:30 | 映画2006
 「あおいが死んだ」・・・などと予告編からネタバレしているこの映画。蒼井優が死んじゃうの?それとも宮崎あおいが・・・まさか、あおい輝彦が・・・・

 予備知識は市原隼人、上野樹里主演、熊澤尚人監督、そして「あおいが死んだ」という台詞だけだった。8章立てのストーリー。その第1章で悲惨な結末で始まるのでネタバレは避けて通れないところ。次章から過去の大学時代へと移り、人間関係が明かされていく展開となっています。その過去の映像がスクリーンに映し出されると、まさに岩井俊二ワールド全開となっていて、監督の名前を忘れてしまいそうになりました。

 予告編のキスシーンからは想像もつかないような純情さ、不器用な恋愛。デジタルな世界とは無縁であるかのように8mmでの映画にこだわり、夢を抱き続ける上野樹里と、恋愛には鈍感な市原隼人。どちらかというと、今風の大学生ではない印象もあり、素直な言葉で表現できない様子には、つい「バカだな、女心に気づけよ」などと渇を入れたくなってしまうほどでした。特に市原くんは「あの子もいいな、この子もいいな」と移り気な性格のために、放っておくと本命の女の子を取り逃がしてしまうタイプ。大きな夢も持っていないし、企業に就職することに対しても疑問を感じてる様子でした。しかし、なぜか彼の恋愛に対する気持ちが自分の昔の性格にオーバーラップしてしまい、応援したくなってくるのです。

 水たまりに映った虹や紙幣の指輪などの小技を効かせ、上野樹里が職場を辞める穴埋めに市原隼人が入るという伏線が面白かったし、佐々木蔵之介と尾上寛之のカメラオタクぶりや相田翔子の存在もコミカルな演出が見事な隠し味となっていました。そして、屋上でのやりとりは二人の表情が秀逸。「バカ!そこだ。気づけ!この野郎!」と市原に対して叫びたくなる気持ちは、『男はつらいよ』において寅さんが告白されてるのに気付かない様子と一緒だからなのでしょうか、とにかくバカです・・・蒼井優もそう言ってましたから間違いないです。

 この秋、切ない系の映画が数多く公開されますが、今のところ切ない系では1番かもしれません。岩井俊二が好きな人におすすめ。嫌いな人には無理です・・・

★★★★★
蒼井優が出演すると必ず5点にしてないかい?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本以外全部沈没 | トップ | 父親たちの星条旗 »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今週のメイン映画です (PGM21)
2006-10-25 00:37:41
何時もお世話になっております。

え~とこの映画今週の当メインに考えております。

ただ君を愛してるが珍しく当地方で舞台挨拶あるのには驚きましたが、丁度その時間サッカーの試合と重なって観れません。

岩井監督は私の好きな監督の1人なので映像の良さには定評あるので・・・

今週と来週で6本も予定があるのでちと大変なんですよね。
懐かしい思い (更紗)
2006-10-25 17:53:02
失くさないと大事なモノに気づかないのが人間なのかな?

なんとも切なく哀しい話でしたね。

メイン (kossy)
2006-10-25 21:52:24
>PGM21様

岩井俊二がお好きであれば問題なしです!

彼のかつての撮影監督がお亡くなりになって、今後はどうなることかと思ってましたが、独特の雰囲気は健在でした。熊澤監督ともタッグを組めば、今後ともいい映画が生まれそうです。

「ただ、君を・」ももちろん観る予定ですが、この映画と比較してしまいそうですね~



>更紗様

気づいてやれなかった・・・そんな切なさが最後にじわりと。といいつつ、最初から泣いてしまったkossyです。

もう一回観てもいい!
あおいが死んだ (はる)
2006-10-26 12:50:41
いい映画でしたね。この映画の上野樹里はすばらしいです。



僕も予告を観たときには「死んだ」がネタバレではないのかと思いましたが、死んだところから話が始まるのでネタバレとは言えないんでしょうね。

上野樹里 (kossy)
2006-10-26 22:35:53
上野樹里といえば、どちらかといえばコメディが向いているのに、この映画では違う面を見せてくれました。



一緒に観た男性Aくんは、全くつまらないと言ってました。どうもストーリーがわかってしまったらしいのですが、第2章に引き込まれるかどうかが勝負のような気がします。俺も最初はネタバレが心配だったんですけど、問題なかったです(汗)
んとね・・・ (しんちゃん)
2006-10-28 18:20:21
 章立てが気に入らなくって(笑)



あと、主演二人の熱演を蒼井優が全部持ってちゃったような映画でした(笑)



 しかし・・・男ってあんなにバカかな?

近くにいると気付かないこと多いですからね (PGM21)
2006-10-28 20:40:22
何時もお世話になっております。

観てきました。

なかなか良い映画でしたね。

秋の恋愛映画3部作の1作目と釘打っているだけにこの後2作目ではまた違った見方をするんだろうと思います。

近くにいるほど気付かない事って多いですからね。

あの気持ちはわからなくはないですね。

上野樹里ね・・・ドンくさい役ははまり役ですよね。

来週のメイン映画も上野樹里出演なのでまだドンくさい役を観る事になると思います。
見ました~ (ミチ)
2006-10-29 00:37:59
こんばんは♪

「男性の気持ちに鈍感な女性」と「女性の気持ちに鈍感な男性」ではどちらの方が映画や漫画の題材になっているのでしょうか。

久しぶりにこんな鈍感な男の子を見ました。

どちらが胸がきゅんとするかと考えたのですが、男の子の切ない顔を見ているほうが好きかなぁ(笑)

秋の恋愛 (kossy)
2006-10-29 10:39:14
>しんちゃん様

最初、岩井俊二プロデュースだということを知らなくて、章立ては「花とアリス」をリスペクトしたものだと思ってました。

蒼井優って存在感がありますからね~普通にしていても全部持っていっちゃうんだから、盲目という設定も要らなかったかもしれません・・・



>PGM21様

秋の恋愛三部作だったのですかぁ・・・知らなかった(汗)

近くにいるのに、愛に気づかない。

昔を思い出して切なくなるような。

ただ、自分に置き換えるんじゃなくて、つい応援したくなっちゃうような映画でした。

どんくさい演技ははまり役なのかもしれませんね(笑)



>ミチ様

男のほうが純情!このほうが映画の題材としては多いのかもしれません。「男はつらいよ」だけでも48作あるんですから(笑)

胸キュンなシーンもあったのかもしれませんけど、なぜだか彼らの外側から見てしまったような・・・ちょうど佐々木蔵之介の立場あたりから・・・
期待通りでした。 (さとりん)
2006-10-29 22:11:40
TBありがとうございます。

結構前から気になっていて、種ともこのCDも事前に買って聴き込んでから観た形です。

章立ては良くも悪くもですね。

区切らないと現在、過去の区切りが分かり難いとか感想に書いちゃってかもしれないし。

そして思ったのが、男は女性からのアプローチに気付き難いって事ですね。

やんわりだけど、おそらく女性からしたらかなり頑張って言っているはず。でもそれじゃ気付かない。

ありそうだなぁ、あったかもなぁなんて思って観てました。

最後の手紙も狙って書いた訳じゃなくメモ書きのように本心が書いてあるから良かったですね。

自分的にはDVDが出たら手元に置いておきたいです。
ニャるほど (フォーン)
2006-10-30 00:50:03
あっ、そうだったか。



これは寅さんだったのニャ。
TBども!! (てれすどん2号)
2006-10-30 01:10:57
あおい輝彦に思わず(笑)まさに岩井さん色出てましたねでもそれがよかったりするのですが。やはり蒼井優ちゃんには映画を映画らしくするパワーがあるのか!?
岩井俊二 (kossy)
2006-10-30 02:15:28
>さとりん様

章立てというのは時間の切れ目がちょうどフィルム1本あたりになってるのかもしれませんよね。

分け方の問題があったのかもしれませんが、進行上わかりやすくなっていたので俺も助かりました(汗)



女性からのアプローチ。

やっぱり男は気づかなくちゃだめですよね。

でも、これを機会に反省して、彼の将来が明るいものであることを予感させてくれる映画でした。

メモ書きではもちろん涙がタラ~っと流れてしまいましたです。



>フォーン様

毎週土曜日には欠かさず寅さんを観ています。

邦画のドラマでは少なからず影響があるんじゃないかと思うのですが、未だに釣りバカでのオマージュがどこにあったのか解らずに悶々としています(泣)



>てれすどん2号様

俺は岩井俊二色がこれほどまで出ているとは思っていませんでした・・・というより、岩井俊二プロデュースであることも知らずに鑑賞しましたです(汗)

蒼井優の存在感はすごいものがありましたけど、上手いこと物語を引き締めてくれるんですよね~~
こんばんは! (八ちゃん)
2006-10-31 00:23:40
たった今観おわりました!(いや、0:00終了で、電車の中です)

どんな樹里ちゃんを見せてもらえるんだろうと期待しましたが、大満足です。どんどん巧くなってるんじゃない?と拍手を送りました(心の中で)



今秋の青春映画ではナンバーワンかもです。

優ちゃんもどんどんよくなってるようで。

「二人ともバカだよ~」で涙しました。
青春映画 (kossy)
2006-10-31 22:56:44
>八ちゃん様
お疲れ様でした!
俺も期待度を低めに設定しての鑑賞でしたから、満足度とのギャップが大きくて・・・・ほんと良かった。

上野樹里は当たり外れがあるんですよ。
今回は良かったけど、はずすと痛いんですよねぇ・・・やっぱりコミカルな役柄がいいのかも。
こんばんは (ノラネコ)
2006-11-01 01:01:36
この映画、正直びっくりです。
熊澤監督の映画には今まで失望しか感じた事がなかったんですが、掌を返させていただきます。
すばらしい。
特に元自主映画少年としてはたまらん映画でした。
リアルすぎて自分のアルバムのページをめくようなこそばゆい不思議な時間。
逆に「こんなマニアックな映画、拡大公開して大丈夫なのか?」といらん心配をしてしまいました。
蒼井優 (kazupon)
2006-11-01 14:00:47
kossyさん、確かに同じ市原君でも「卵」
とは大違いの作品でした。
上野樹里もよかったけど、蒼井優は最近
ほんとスゴイなぁと思ってます^^
今の大学生もこんな古風な恋愛してる人
いるんじゃないかと思いますよ!
目立つ人はどの世代でも一部の人なんですよね。
市原 (kossy)
2006-11-01 19:23:17
>ノラネコ様
8mmカメラを持ったことのある人にとっては宝物のような映画となるんでしょうね~
今の時代、みんなデジタルばかりになっているので、アナログ時代の回顧というか・・・暖かさが違いますよね。
やっぱりマニアックなのかなぁ。

>kazupon様
そうなんですよね。
卵では彼の良さが発揮できてない!というかミスキャストだったのかもしれません。
蒼井優はいっぱい映画賞を取っちゃう予感もしますね~
涙もん (あさこ)
2006-11-02 15:30:09
kossyさん、こんにちは。
何もかもすごいよかったです。
市原隼人くんのファンになりそうです。
盲目の美人の妹、というとウソくさいのですが
蒼井優ちゃんのフェアリーキャラなら納得です!
やっぱり星5つの原因は蒼井優ちゃん? (Ageha)
2006-11-02 16:32:54
そういえば、「亀は意外と速く泳ぐ」でも
共演してましたね、
樹里ちゃんと優ちゃん。
すっかりファンになってしまいました。
器用だわ~。

はぐちゃんからコレですか・・・
ちょこっとしか出なくってもしっかり
おいしいとこもってっちゃうキーパーソンでしたね。

市原くんはわりと自由に発想して
役のイメージを広げていくタイプで
樹里ちゃんというのは
徹底的に話しあって
こういうふうにやってもいいですかって
もうきちんきちんと決めないと次にいけないタイプなんだそうです。
その役づくりの違いによる化学反応が
面白かったんだそうですよ、現場では。
あおい (たいむ)
2006-11-03 10:53:06
kossyさん、こんにちは。
私も「あおい」が氾濫してて混乱しそうでした(笑)
さらに、「マコト」なんかも出てきたりしてねw

タイムスリップものがひととおり過ぎたら、今度は死んじゃう切ない系の嵐。どーしてなのでしょうね?
涙の出具合なら、「ただ、君を愛してる」に軍配かな?この作品では涙がほとんどでなかったので。
あおい (kossy)
2006-11-03 14:06:43
>あさこ様
こんにちは。
良かったですよね~
岩井さんは何度も味わってほしいなどと仰ってましたが、なかなかリピートできません・・・
DVDが出たら愛蔵版にしたい感じの映画かもしれませんよね。

>Ageha様
美味しいトコ取りのあおいちゃん。
彼女自身はそんなつもりはないのでしょうけど、
そんな風に映っちゃうんでしょうね~
演技派とかいう言葉は違うと思うし、
素直な心がそのまま表れてしまう子なのかもしれません。

監督と主演2人の出ている特番を見ました。
映画研究会で議論している雰囲気そのものといった感じで、そのままワンシーンに使えそうでした。
役作りの違いも面白いですけど、
そのまま2人のすれ違いが映像化されたのかもしれませんね~
化学反応かぁ・・・

>たいむ様
あおいとマコト。
たしかこちらの映画にもマコトくんがいましたよね。誰だったか記憶にありませんけど・・・

季節によって傾向の似た映画が登場するのも面白いですよね。出演者も微妙にクロスオーバーしてるし。
何かと比較してしまいがちですが、涙度では、俺はたいむ様と逆だったです。。
マコト (たいむ)
2006-11-03 16:17:37
補足でず。
マコト君は、[THE END OF THE WORLD]の彼の名前ですヨ♪
わたしも★5! (pretty_kitten)
2006-11-03 18:03:42
いい作品でしたね。

鈍感なプロポーズ。
屋上での告白。
手紙の裏の本心。
一万円の指輪。
携帯画面の不思議な虹。泣いた。
市原くんに★もういっこあげたい。。
純愛 (kossy)
2006-11-03 20:25:32
>たいむ様
そっかぁ・・わざわざありがとうございました!こりゃもう1度観なきゃだめだなぁ~(汗)


>pretty_kitten様
どうもありがとうございます。
良かったですよね~
一番印象に残るのが屋上の告白シーンでしたけど、
「日本なんだ・・・」の言葉がどうしてもこだましてしまいました。

市原くんの今後の成長も楽しみですね。
(^-^)/ドモ (あんぱんち)
2006-11-04 18:30:29
まさに「志村、後ろ!」級に鈍感でしたね(爆)

上野樹里が観おわった客に「楽しんでください」って言った、ボケっぷりにも笑いましたけど。。。

天然 (kossy)
2006-11-04 19:03:16
>あんぱんち様
樹里ちゃんってそんなに天然・・・
鈍感ぶりは市原くんの方が上のような気もするのですが、実際の彼らはどうなんでしょうね~
Unknown (michi)
2006-11-04 23:25:33
こんばんわ。 
TBありがとうございました。
アメブロで「★試写会中毒★」を書いてますmichiと申します。
只今、gooサンへ一切のTBができなくなってしまい、
更に、URLを載せてもエラーとなってしまうため(コメント覧へのURL表示もエラーになってしまいます 泣)、URLナシでこちらへコメントさせていただきました。
申し訳ありません。。。。

本作品で描かれてた切ない恋愛に、
思いっきり感情移入してしまい、スクリーンに釘付けでした。
照れと意地で智也に接してきたあおいが、
代筆ラブレターの裏に書いた本音が、切なかったです。
また、妹のかなが、空港で智也に
「お姉ちゃんに会ってあげて」と懇願したのは
あおいの気持を知っていたからだと後からわかり、
ラストでは号泣でした。。。。
今でも余韻が残っている映画です。

また遊びにきますね★
今後ともよろしくお願いいたします。
手紙 (kossy)
2006-11-05 02:11:08
>michi様
コメントありがとうございます。
俺も試写会だったのですが、
涙がいつのまにか溢れ出てしまって・・・

盲目である妹の存在がほんとにすごいですよね。
手紙の裏の文字なんて読めないのに、お姉ちゃんの気持ち、智也の気持ちが全て見えていたんですから。

俺的年間邦画ベスト10に入れてしまいそうです。
不思議な虹 (apple)
2006-11-07 02:27:57
この秋、切な系の映画が沢山ある中、こちらの★5つにひかれて、観てきました。
釜山映画祭でも上映されたそうですね。
純愛、ドロドロの愛、号泣ものの愛のドラマの本場で、こんな気付きそうで気付かない愛の物語はどううけとめられたんでしょう?
でも、「ラブレター」は最もよく知られた日本映画で、“おげんきですかー”は最もよく知られている日本語のひとつですから、すんなり受け入れられたでしょうね。

「のだめ」のぶっとびキャラもいいけど、この映画の上野樹里はとっても愛おしいです。
スキという気持ちを伝えたいけど、いい友達という関係まで失ってしまうのがこわい・・・。「気付いてくれー。」と思うけど、「鈍感なとこがスキ。」と書く切なさ・・・。
蒼井優は、独特の雰囲気を身にまとって、いるだけでその場の空気をかえてしまうようです。
目が見えないのに、何もかも見通しているようでした。
智也みたいな優柔不断なへたれ男、けっこういるかもー。
そばにいて、「今日さー、ヘンな虹をみたんだよ。」と話すような、さりげなくて、飾らない関係の愛もありだったのに・・・。
中途半端で、はかなくて、でも、輝いている水平な虹のように、若い日のひとときを印象的に描いて、切なさたっぷりでした。
Unknown (サマンサ)
2006-11-07 18:03:01
ZC1000(8mmカメラ)懐かしさのあまり、涙です。私もいわゆる映画研究会で、学生映画やってました。チープな撮影現場のシーンとかも、最高。お葬式でみんなで見た「the end of the world」は、8mmをブローアップしたのかな? 映画の感想は、「ニューシネマパラダイス」の岩井プロデュース版という印象です。何度も「ジュピター」がBGMに使われてましたが、あれも「ニューシネマパラダイス」のモリコーネの曲に聞こえてきそうです。全体的には、ストーリーも映画の雰囲気も大好きでした。上野樹里の履いていたコンバースのスニーカーに、何故か心のツボでした。いや、面白かった。
切ない (kossy)
2006-11-07 22:04:44
>apple様
よかったぁ~
へたれなkossyが5点つけたってことで、「騙された~」という感想じゃなくて・・・
わざとらしい号泣映画よりも、しみじみ泣けるといった映画だったでしょうか。
鈍感がわざわいして切なくなる経験は誰でもありそうな。と思うのは俺が鈍感だからかもしれません。

岩井さんは何度でも見ると違った良さが見えてくるなんてことをおっしゃってるらしいので、2度目にチャレンジしたいんですけど、なかなかチャンスがありません・・・

今日、変な雲を見てさ~~と友人に話すと、地震雲だって言われたことがあります。

>サマンサ様
映画研究会でしたかぁ~
大学にあれば、俺もやりたかったなぁ。
アパートの階下の先輩は独自に作ってたらしいけど、結局手伝うこともできませんでした・・・
やっぱり『ニューシネマパラダイス』ですか。
最近では中国映画にそうしたコピーが多いんですけど、日本はまだまだなんでしょうか・・・
二人の距離感と虹の橋。 (TATSUYA)
2006-11-26 15:34:42
達也です。
やっぱり岩井さん、亡き篠田撮影監督への
オマージュとしてこの映画を作ったんでしょうね。
辛いです。でも、後進へのエールを送る彼の姿勢に
感動しました。
熊澤監督も「ニナイカライ」の時よりも更にシャープな演出でグッド!
映画もカメラワークと言葉のバランスが良く、
上野樹里を始めとする若手俳優たちが、キラキラと
輝いています。
レンタルが出たら、またじっくりと観てみたい映画です。

+トラバさせてくださいね。
篠田さん (kossy)
2006-11-27 09:23:19
>TATSUYA様
篠田撮影監督への想いは十分に感じられました。
岩井さん、熊澤さんともにそうしたリスペクトを込めたことでしょう。
保存版として残しておきたい映画となりました。

ニライカナイは一回見ておけばいい映画なのかもしれないけど・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画 「虹の女神」 (ようこそMr.G)
映画 「虹の女神」 を観ました。
虹の女神 主演 市原 隼人  上野 樹里 (のんびり平和な1日)
ちょっと! ちょっとちょっと!! はい、こんにちは! 皆様の期待を裏切らないアルのお通りです♪ 行って来ましたよ? 試写会!! 真実はいつも1つ!! じっちゃんの名にかけて!! ↓ FC2 Blog Ranking
虹の女神 RainbowSong @試写会 (cinema village)
コメント無きTBは承認いたしません。 虹の女神 Rainbow Song Navigation市原隼人 上野樹里 アミューズソフトエンタテインメント 2006-09-22売り上げランキング : 5092Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★☆ 更紗評/哀しい物語なのに、どこか暖かくなってくる ...
虹の女神 Rainbow Song (Movie Library)
公開:2006年10月28日 監督:熊澤尚人 出演:市原隼人,上野樹里,蒼井優,酒井若菜,鈴木亜美,相田翔子,佐々木蔵之介,田中圭 大学の映画研究会に所属する佐藤あおいは、岸田智也の失恋という出来事から智也を映画研究会へ招きいれ、自身の監督作品に主演として出 ...
虹の女神 Rainbow Song (2006)118分 (極私的映画論+α)
 小さな映像制作会社で忙しい毎日を送る岸田智也は、ある日、大学時代の親友・佐藤あおいが飛行機事故に遭いアメリカの地で亡くなったことを知る。2人の出会いは、智也が片思いの女の子に近づきたいがために、その友達のあおいに声を掛けたのがきっかけだった。 ...
「虹の女神~Rainbow Song~」近くにいるとわからない事でも失ってわかる本当の気持ちと思い (オールマイティにコメンテート)
「虹の女神~Rainbow Song~」は飛行機事故で亡くなった女性が生前に残した映画フィルムを元にある1人の男性に対する思いを残した作品である。近くにいるとわからないものでも本当に失って気付く事があるのでそういう事を思い出したい時がある。
映画「虹の女神」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「虹の女神」 岩井俊二が自身の作品以外で初めてプロデューサーを務めた青春ストーリー。 監督は『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人なのだけど、テイストは岩井俊二に似ている。 全部で8章からなるストーリーは、最初から「あおいが死んだ」という ...
感想/虹の女神 Rainbow Song(試写×2) (APRIL FOOLS)
昨日に引き続きお届けする10.28邦画決戦! エントリー#2『虹の女神 Rainbow Song』10月28日公開!! 市原隼人×上野樹里。 映画『虹の女神』公式ページ 待望の岩井俊二!と思いきや今作はプロデューサーとしての参加。監督はお弟子の熊沢尚人。映像制作会社のA ...
映画「虹の女神 Rainbow Song」を観て (RUN & GUTS)
【10月28日(土)曇り】 今日も早速、本日公開の「虹の女神 Rainbow S
「虹の女神」試写会レビュー  やっぱり好きだった。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
HP観て、また人死んで悲しくなる映画か、けっ!とか思ってたけど、やっぱり岩井俊二やなぁ~、ええわ~、とやっぱり高評してしまう映画だ。
『虹の女神 Rainbow Song』 (ラムの大通り)
----これって岩井俊二が初プロデュース。 しかも小説家の桜井亜美が脚本に参加しているんだよね。 「うん。 申しわけないけど 実のところ、この映画に対しては ぼくは全く期待していなかった。 監督の熊澤尚人にしても『ニライカナイからの手紙』だの 『親指さがし ...
「虹の女神 Rainbow Song」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
久しく映画のレビューをサボっておりました。
虹の女神/Rainbow Song (Akira's VOICE)
人間は,思い出があるからこそ生きていける。 悔いがあるから前に進める!
虹の女神 Rainbow Song  (花ごよみ)
  岩井俊二プロデュース。 『天使の卵』に続いての市原隼人と  『出口のない海』の上野樹里が主演 。 監督は熊澤尚人。   「不思議な虹を見た…」  章ごとにタイトルが付いているので 内容が理解しやすいです。  佐藤あおい(上野樹里)の切なさ、  可 ...
虹の女神 Rainbow Song (八ちゃんの日常空間)
この映画は「死」について言っているわけでも「恋愛」について言っているわけでもない。「青春」そのものを言っている映画なのではないだろうか。 「死」を最初に描く事で悲しさや切なさが前面に押し出して来ず、「温かさ」がにじみ出ている、そんな映画だ。
虹の女神 Rainbow Song (とにかく、映画好きなもので。)
 映像製作会社で働く岸田智也(市原隼人)は日々、多忙の日々を送っていた。そこに一本の電話が舞い込む。かつての大学時代の友人、あおい(上野樹里)が飛行機事故で亡くなったというのだ。  智也は、かつての友人の死に戸惑い、自分の立ち位置を ...
虹の女神 Rainbow Song (そーれりぽーと)
この秋、市原隼人が主演でダブルブッキングしている事に個人的に大注目。内容よりも何か意図があるのか気になったので、その片方『虹の女神』を先に観てきました。 ★★★ 同時期に公開されている同じ市原隼人が主演の『天使の卵』と、何か関係の有りそうなタイト ...
虹の女神 Rainbow Song (欧風)
先週も映画ハシゴ観したんですが、28日から公開の映画も結構観たいのが多いんですよね~。そんなに立て続けに公開しなくてもいいじゃんって思う訳ですけれども。私は邦画の方が好きなので、それだけ最近は邦画が多いって事か。今回は一番近いイオン下田TOHOシネ ...
虹の女神 (Kinetic Vision)
いっしょに缶ジュースを飲んだり、たわいもない話をしながら一緒に歩いたり、なにげなく空を一緒に見上げたり、そんな日常のなんでもない時間を共有してくれる人は、僕らにとってかけがえのない人になる。そんな人はめったに
「虹の女神 Rainbow Song」 (てんびんthe LIFE)
「虹の女神 Rainbow Song」新宿シアターアプルで鑑賞 久しぶりに上映後にさわやかな気分になりました。嫌味がない、そんな作品。 熊澤尚人監督の作品はみたことが無いけれど、はじまってしまえばこれは岩井ワールド炸裂でした。今回岩井監督はプロデューサー ...
【劇場鑑賞118】虹の女神 Rainbow Song (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『彼女の死は、突然訪れた。』 あんなに近くにいたのに。 君が僕に伝えたかったこと──。
虹の女神 Rainbow Song・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本年度のビックリ大賞。 だって監督は熊澤尚人。 評価額300円、「金を取って良いレベルに達していない」とまで酷評した「親指さがし」の監督だ。 正直言って、とてもじゃないけど同一人物による作品とは思えない。 勿論
虹の女神 Rainbow Song (It's a Wonderful Life)
アンハッピーエンドから始まる映画は珍しくないんですが、 「切ない系映画」に弱い自分としては、かなりツボの作品。 特に中盤までは「これめちゃくちゃいい!」と思ってました。 主人公二人は大学の映画研究会で8ミリ映画を作っていきますが、 映画じゃ ...
虹の女神 Rainbow Song (UkiUkiれいんぼーデイ)
虹なんて、もう何年も見てないなぁ~。。。 久しぶりの岩井ワールドでした! 今作は、岩井俊二が主宰する企画開発プロジェクト「プレイワークス」の第1弾映画。 全国からシナリオを募集する企画「しな丼」から発展させた作品だそうです。 岩井氏は、 ...
虹の女神 Rainbow Song (とっさの絵日記)
レディースデイと映画の日が重なるともったいないと思うのは私だけでしょうか?映画
地球最後の日。~「虹の女神ーRainbow Song-」~ (ペパーミントの魔術師)
”のだめ対決”とまで言われてる、 「ただ、君を愛してる」と「虹の女神 Rainbow Song」。 だ~~もう。 どうして男ってのはこうも鈍感でへタレなのよっ。 どっちもどっちだっちゅうの。 でもカッコイイからいいか。 (ノ*゜▽゜)ノ(ノ*゜▽゜)ノ(ノ*゜▽゜)ノ(ノ* ...
虹の女神 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 「映画の日」なのに、お客さんは5割程度でした。 あんなに近くにいたのに何も見えていなかった。      あいつのことも。自分のことも。 プロデュース:岩井俊二 原案:桜井亜美 脚本:桜井亜美・斎藤美如・網野酸(岩井俊二) 監督: ...
青春は、過ぎてから気付く宝物。『虹の女神』 (水曜日のシネマ日記)
社会に出た一人の青年の目から見た、大学時代の青春を描いた物語です。
「虹の女神」みた。 (たいむのひとりごと)
やっぱり”千秋さま”だけではなんなので、”のだめちゃん”もってね。巷では”ハタチ女優”が頭角をあらわし云々・・などと注目を集めているようだ。姉:上野樹里&妹:蒼井優。等身大で演技じゃない演技がなんだかスゴイな~。(以下ネタバレあり)うわ~
映画鑑賞記「虹の女神(Rainbow song)」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.11.2 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  恋愛に不器用な二人の男女、お互いの存在を強く意識したとき、時計の針はもう先へ進んでしまった。二度と逢うことができないことの切なさ。 青春のほろ苦い一ページを、普段着のシーンの中から情 ...
いつまでも見ていたい2人。 (アジアンリミックス)
『虹の女神』(★★★☆☆) 2006年/日本 監督/熊澤尚人 プロデュース/岩井俊二 出演/市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、小日向文世、佐々木蔵之介 他 岩井俊二がプロデュースした『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人
虹の女神 Rainbow Song (えいがの感想文)
監督:熊澤尚人 出演:市原隼人    上野樹里    蒼井 優 ほか またひとつ、素晴らしい作品に出会えてしまった。 この作品、最大の魅力は「リアル」なところなのではないでしょうか。 人物像がとってもリアル。 お話も、誰もが心当たりが ...
A:虹の女神 (~勝手に映画評価~)
まっすぐな虹を見つけた智也は携帯のヴォイス・メールを外国で映画を勉強している大学時代の友人あおいに送る。しかし、彼女からの返信はなかった。その日の午後、智也は仕事先であおいの死を知ることになる。告別式に行った智也は、そんな素振を一度も見せなかっ ...
虹の女神 = 日本 (a day on the planet)
  近くにいたのに。 監督よりも、岩井俊二色が強い作品だったように思う。 どこか不思議で、可愛くて、ほんわかしたところが。
虹の女神 Rainbow Song (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「行くなって言ったら、きっと、行くのやめると思う。ずっとそばにいてくれって言われたら、なにもかも捨てて、ずっとそばにいると思う」。「ニライカナイからの手紙」を撮った熊澤尚人監督、岩井俊二監督プロデュー
『虹の女神 Rainbow song』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回は『虹の女神 Rainbow song』の舞台挨拶。生・市原隼人は、先週の『天使の卵』(ココ)に続いて、2週連続2度目。生・上野樹里は、去年の『サマータイムマシン・ブルース』(ココ)以来こちらも2度目。それと岩井俊二プロデューサーと熊澤尚人監督に加え、予 ...
【劇場映画】 虹の女神 Rainbow Song (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられている岸田智也に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおいがアメリカで事故死したと知らせが届く。大学時代、智也の失恋騒ぎをきっかけに親しくなったあおいは、映画研究会に智 ...
虹の女神 (Schicksal)
岩井俊二プロデュースということで興味があり、「虹の女神」を見てきた。 『切ない。』僕の感想。これ以上は上手く感想を表現できないかな… 智也(市原隼人)とあおい(上野
『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞レビュー! 大切な人の存在を もう一度確かめたくなる 愛の物語 人は大切な誰かを失った時、何を考え 何を思うのだろう…… そして、その後の時間に 何を見出して生きてゆくのだろう…… この作品は ...
虹の女神☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あんな虹が出るときがあるんだ・・・たまたま二人で見た虹を、今になってもう一度見上げる岸田昔、あの虹を一緒に観たなぁ・・・写メールを送り留守電にメッセージを残す。仕事中・・・駆け出しADで怒られまくり、でも、がんばってる岸田の元に突然の彼女・・・ ...
虹の女神 Rainbow Song (星のカケラ)
先週『虹の女神』を観にいく。 アメリカでの墜落事故。映像制作会社で働く岸田智也(市原隼人)は、その事故で大学時代の親友である佐藤あおい(上野樹里)を亡くしてしまう。その二人が出会ってから、事故後までをつづった青春な作品。 主演、市原隼人 、上野樹里。 ...
虹の女神 (頑張る!独身女!!)
この映画の感想をどのように表現したらいいのかなぁ。
真・映画日記『虹の女神』 (CHEAP THRILL)
11月9日(木) この日も昼間はごく普通。 仕事量、やや少なめ。 終わりなき日常、 というやつにちょっくら頭をかかえる。 脱出したいけど、 現実にいきなりの突風なんていうのもあるわけだから、 変わらない日常を有り難く思う。 さらには毎日映画を見 ...
虹の女神 Rainbow Song(映画館) (ひるめし。)
近くにいたのに。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:熊澤尚人 出演者:市原隼人/上野樹里/蒼井優 時 間:118分 [感想] 市原隼人、上野樹里、蒼井優って最近よく見る俳優さんたち。 市原くんはこの前観た「天使の卵」で主演。 樹里ちゃんは月9ドラマ『 ...
『虹の女神 Rainbow Song』 (京の昼寝~♪)
虹のように儚い、愛の物語     ■監督 熊澤尚人■原案・脚本 桜井亜美■脚本 斎藤美如、■キャスト 市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、鈴木亜美、相田翔子、小日向文世、佐々木蔵之介 □オフィシャルサイト  『虹の女神 Rainbow Song』  ...
虹の女神 (ダラックマ日記)
虹の女神 を観て来ました。 上野樹里ちゃんが大好きなので、あまり予備知識もなく期待もせず(失礼ですね)、観ました。 期待をしなかったのが良かったのかどうなのかはわかりませんが、ここ最近観た中ではヒットでした!! 主人公あおい(上野樹里)が死ぬ ...
虹の女神(*^_^*)Rainbow Song (銅版画制作の日々)
今週で上映終了となるようなので、観に行ってきました。上野樹里さんは、最近結構ブレイクしている若手の女優さん確かNHKの朝ドラでデビューした人ですよね。特に個性の強い人ではないし、いたって普通ぽい・・・・。 お話映像制作会社に働く智也(市原隼人)はあ ...
虹の女神 Rainbow Song [監督 : 熊澤尚人] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
今年のマイベストかもしれない・・・というくらい思い入れたっぷりで観る事ができた。 しかし、最初にことわっておくが、優れた映画ではないと思う。単なる私の偏愛である。8mmで映画撮ってた大学の映研の時の思い出がオーバーラップし、あのころ夢に見た様な死ぬ ...
「虹の女神 RainbowSong」:渋谷二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}このビルは? {/kaeru_en4/}シアター・イメージ・フォーラム。 {/hiyo_en2/}ああ、アート系専門の映画館ね。 {/kaeru_en4/}佐藤あおいもあんな形で死ななければこういうところで上映される映画を撮っていたんじゃないかと思うと、つい涙が出てきて感 ...
『虹の女神 Rainbow Song』は、8mmの距離感。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
水平の虹は、二人の架け橋。 淡く消えたけど、何かを残したのかな。 虹の女神 Rainbow Song Navigation (2006/09/22)アミューズソフトエンタテインメント この商品の詳細を見る 予定通りに、土曜日の午後ナビオT
[ 虹の女神 Rainbow Song ]2人を見守る蒼井優 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 虹の女神 Rainbow Song ]@渋谷で鑑賞 監督は[ ニラカナイからの手紙 ]の熊澤尚人で、脚本は 作家の桜井亜美。二人とも本作プロデューサー岩井俊二を 通じて参加することになったようだ。熊澤尚人監督は岩井 俊二監督の[ スワロウテイル ]でプロデュ ...
虹の女神 Rainbow Song ~ 人の心の微妙な部分を突いてくる反則技 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 人の心の微妙な部分を突いてくる反則技 ~ 『虹の女神 Rainbow Song』(2006年/日本:青春)。これまで『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など、数々の名作を残してきた岩井俊二が、初のプロデュース作品として送り出した作品です。 ...
虹の女神 Rainbow Song (to Heart)
  いつも近くにいた― 製作年度 2006年 製作国・地域 日本 上映時間 118分 監督 熊澤尚人 脚本 桜井亜美/齊藤美如/網野酸 音楽 山下宏明 出演 市原隼人/上野樹里/蒼井優/酒井若菜/相田翔子/小日向文世/佐々木蔵之介/尾上寛之/田中圭/田島令子 映像制作会社...
DVD『虹の女神 Rainbow Song』 (みかんのReading Diary♪)
虹の女神 Rainbow Song (2006/日本) 映像制作会社に入社したての岸田智也は、ドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおいが、アメリカで命を落としてしまう。智也はあおいの家族を空港まで送るが...
『虹の女神 RainbowSong』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ映像制作会社に入社したての岸田智也(市原隼人)はドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおい(上野樹里)が、アメリカで命を落としてしまう・・・。感想『花とアリス』等の岩井俊二プロデュース...
虹の女神 Rainbow Song (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
無難な「岩井ワールド」= 素晴らしい! 虹の女神 Rainbow Songposted with amazlet on 08.03.07アミューズソフトエンタテインメント (2007/04/27)売り上げラン...
虹の女神 Rainbow Song (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いちばん近くにいた人が いちばん遠くに行ってしまった 失って、はじめて気づいた―大切なひと』  コチラの「虹の女神 Rainbow Song」は、「花とアリス」の岩井俊二監督が、自身の作品以外ではじめてプロデュースした、美しくせつない感動の物語です。監督は、...