ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

亀も空を飛ぶ

2005-11-14 00:33:35 | 映画2005
 嘘つきと予言者。観ている者はすべて予言者となる・・・

 サダムの圧政に苦しめられてきたクルド人の村。大人たちはアメリカに期待をよせている。戦争によって独裁者サダムを倒し、クルド人を開放してくれることを夢見ているのだ。所詮、それははかない夢か妄想か、米軍という独裁者に取って代わるだけのことだということなど思いもよらなかった。だから情報が欲しい。外国のテレビ番組を見る事ができれば、情報を仕入れることもできるだろうと“嘘つき”サテライト少年に一縷の望みを託す・・・

 だけど、やっぱり茶目ッ気たっぷりのウソをつくサテライト。ハリウッド風の翻訳ギャグでも大活躍。そんな彼にも特技がある。村の少年に対する統率力と地雷売却の交渉術だ。もう村は彼の存在無しではやっていけないくらいの存在にも思えるのです。そして彼は恋をする。難民の少女アグリンだ。彼女には地雷によって両手のない兄と目の不自由な子供がいるので、周囲の方からも彼女の気を引こうと努力するのです。

 両手のない兄と亀との共通点。意外な伏線、赤い金魚。弟だと思っていた子どもが実は・・・といったストーリーにも重く切ない戦争の犠牲を描写していました。そして地雷とともに生きていかねばならないイラクの子どもたちのリアリティには胸がしめつけられる思いになりました。

★★★★・
金沢コミュニティ映画祭にて
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SAW2 ソウ2 | トップ | ブリスフリー・ユアーズ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご覧になりましたか… (あかん隊)
2005-11-14 01:47:52
衝撃度が並大抵ではなくて、どうしたらいいのかわからなくなってしまった映画でした。

彼の地では、こうした現実が、今も進行形なのでしょう? 両腕のない少年が、妹の「予想された死」を思いつつ、泣きじゃくりながら歩く、そのそばを何事もないように米軍…いったい、この世界では、何が起きているんでしょう。何もできないのか…と泣けて泣けて仕方ありません。
衝撃 (kossy)
2005-11-14 02:21:09
>あかん隊様

俺はこの監督の他の作品も観てるので、衝撃といえば、実際に障害をもった子どもを使っていることでした。

しかも皆生き生きと演技している。

嘘をつくことと予言すること。

イラク以外の人たちがこの悲惨な現状を変えなければいけないなぁ~とつくづく感じましたです。
地雷のバカヤロウ (かえる)
2005-11-15 09:35:37
ずっしりと衝撃的な作品でしたね。

ゴバディ作品監督としては、前2作よりも好きです。

見ているのがしんどい光景ではありましたが、

子どもたちは常に活き活きとしていたのが印象的。
地雷 (kossy)
2005-11-15 15:20:32
>かえる様

衝撃的でしたね~

前2作では、まだアメリカの虚構を描いてなかったので、「そんなものか~」くらいにしか感じませんでしたけど、さすがに今回の戦争が始まると、視点が違っていましたね。

強烈だったのは、実際に障害者となってしまった子役を使っていたこと。当たり前の光景のように描いていたので、途中から全く意識せずに見れました。明るかったですよね~子供たちの純粋な心。
こんにちは♪ (ミチ)
2005-11-18 15:04:20
最終日にやっと見ることが出来ました。

重かったです・・・。

でもたくさんの観客が入っていて、みなそれぞれに思う所があっただろうと考えると見ておかなくてはいけない映画だと思いました。

あの難民の兄妹の瞳の暗さはどうでしょう。

そして目の不自由な赤ん坊、あの子に演技をつけたんでしょうか?自然だとしても演技だとしてもすごいことです!
赤ん坊 (kossy)
2005-11-18 15:38:54
>ミチ様

間に合ってよかったですね~

是非とも観ておくべき映画の一つでしたね。

身障者の子役ばかり選んできて大正解といったところでしょう。

サダムの野郎~!といった大人たちの声によって、「イラクはアメリカ軍を望んでいる」ようにとられてしまいがち。このあたりだけが引っかかってしまいます。
皆に観てほしい (祐)
2005-11-20 07:53:47
金沢映画祭では沢山の映画が用意されてており、観たい映画が山積みでした。でも、一般的名認知度は低かったように感じました。金沢には、スクリーンが30近くあるのですから、全映画館バックアップで上映してほしいと思いました。普段は見る機会もないような映画ばかりだったのでもったいないなぁと思いました。



私も、二つしか見れずに、すごく残念でした。



俺も (kossy)
2005-11-20 08:49:31
>祐さま

期間中には土日が1回だけでしたから、全て観ることもできませんよね~

俺も今回は7本だけでした・・・多い?

亀と粒だけははずせないな~とは思っていたのですが、『アワーミュージック』を見逃したのが残念。

この『亀も空を飛ぶ』はもう一度上映してもらいたいものですね。
こんばんは (朱雀門)
2005-12-10 23:09:18
(テレビ番組を見る場面に関して)

米軍侵攻後のイラクを知ってしまっている我々から見れば何ともやりきれないですが、米軍侵攻を「過去に起こったこと」として見てしまう我々観客の視線と、「未来に起こるべきこと」として予知するヘンゴウの視線を対比してみるのも面白いかと思います。



予言 (kossy)
2005-12-11 02:26:36
>朱雀門さま

そういえば、戦争が起こる前の舞台を開戦直後に撮り始めたんでしたっけ。予言というテーマだけ捉えても、かなり色んな想像ができますよね。

俺にはサテライトも予言者の一種だということを暗示していたような気もします。
Unknown (purple in sato)
2006-01-29 22:11:56
kossyさん



TBありがとうございました。

戦争の爪痕って様々な形で現れるものです…が、

本作では地雷の恐怖でしたね。

いつの日か平穏が訪れるのでしょうか?



では、またおじゃまいたします♪
TB (kossy)
2006-01-30 00:33:05
>purple in sato様

珍しくTBできたみたいですね。

ホッとしてます(笑)



地雷の恐怖が絶えない地域はいっぱいありますよね~

もう国同士の戦争という次元を超えています。

どうして地雷なんて兵器を作るんでしょうね・・・
やっと (sakurai)
2006-02-08 15:12:22
上映かない、見ることができたのですが、こんな映画が作られてはならない。こんね映画を作らなければならない世の中は間違ってます。でも、作られた限りは見なければならない。そんな思いでした。

途中で、私の予想通りになっていること自体が哀しくて哀しくてしようがありませんでした。

翌日に見た「ジャーヘッド」の向こう側にある世界なのでしょうか。

とにかくつらかった・・。
ジャーヘッド (kossy)
2006-02-08 17:55:16
>sakurai様

この『ジャーヘッド』も早く観たいものです。

多分、向こう側に存在してます。

亀のほうはたしか山奥だったので、イラン寄りの地方だったと思うのですが、もっと酷い現実もあるはずです。

『LITTLE BIRDS』なんかはその中心地。

今後も現実をみつめていきたいものです・・・
男の子 (mugi)
2006-04-27 20:56:25
こんばんは。

口八丁手八丁の主人公サテライト少年が、好きになった少女の前では格好付けようとぎこちなくなるのが笑えました。男の子はどこの国も同じですね。



初恋相手の少女と赤ん坊の運命は痛ましい。いかに戦争でも言葉もありません。
少女 (kossy)
2006-04-28 01:28:05
>mugi様

サテライト君がほんとに芸達者でよかったです。

たくましく育つ子供、自殺しか考えられなくなる子供、とにかく人生を悪い方向に狂わす戦争が・・・

5点満点にならなかったのは、少女をレイプしたのが自国の兵士だったってところかなぁ・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
観るべきイラクの状況 「亀も空を飛ぶ」 (平気の平左)
評価:75点 亀も空を飛ぶ タイトルを聞いたとき、意外と早く泳いだり、空を飛んだり、今年の亀は忙しいなぁ、と思っていたのですが、そんな軽い気持ちでこの映画を観ることはできません。 この映画を観るにはある程度現実を直視するだけの覚悟が必要です。 舞台は、200
亀も空を飛ぶ <岩波ホール> (cococo)
最後に残ったのは、果たしてパンドラの箱…「希望」なのでしょうか。静かな、けれども
『Turtles can fly 』(原題) (viva minor)
 痛いです。言葉を失うくらい  ゴバディ監督の作品は『酔っぱらった馬の時間』しかみていなくて『わが故郷の歌』は見ていないのですけれど、登場する人物は子供とお年寄りが主流で中間層の大人の存在がすっぽり消
『亀も空を飛ぶ』 (ラムの大通り)
------この映画の監督、バフマン・ゴバディって、 近年、とみに注目されてるよね。 「世界最大の少数民族クルドにスポットを当てた 『酔っぱらった馬の時間』が彼の長編監督デビュー作。 まず、これがカンヌで高い評価を受けた。 カメラドール新人監督賞と国際批評家連盟賞の
亀も空を飛ぶ (I LOVE CINEMA +)
Turtles can fly 2004年 イラン=イラク 97分 監督 バフマン・ゴバディ 出演 ソラン・エブラヒム ヒラシュ・ファシル・ラーマン アワズ・ラティフ アブドルラーマン・キャリム サダムホセイン・ファイサル アジル・ジバリ イラク北部のクルド人の子供たちが
『亀も空を飛ぶ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ぜひ観てください。考えましょう。 同じ時代に同じ地球に同じ人間として生まれて来たのに、 どうして彼らばかりがこんなに辛い思いをしなくちゃならないの。 それが運命なんだから仕方ないと簡単に思うことはできない。 割り切れずにどうすることもできずにただやるせ
[ 亀も空を飛ぶ ]不可能なことはない (アロハ坊主の日がな一日)
[ 亀も空を飛ぶ ]@神保町で鑑賞。 ドキュメンタリー映画を見ているようだった。 2003年アメリカ軍によるイラク侵攻の直前、イラク北部 (クルド自治区)のクルディスタン村が舞台。
亀も空を飛ぶ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 10月29日土曜日 鑑賞した劇場 : シネマスコーレ(12:40~)   信じられないほど疲れました。この疲れは長編のつまらない作品を観た時の疲れとは違います。呆然となり自分のおかれている状況が分からなくなりました。凄い作品を観てしまった…。.
映画/亀も空を飛ぶ (Color of Words)
2004年 イラク・イラン パフマン・ゴバディ監督 金沢コミュニティ映画祭上演作
映画「亀も空を飛ぶ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「亀も空を飛ぶ」★★★★☆ クルド人監督によるイラク映画。 イラク戦争前夜のイラク北部の村。 地球のどこかで今も行われている戦争。 戦争で最初に犠牲になるのは子供たち。 出演はすべて現地の子供たちであり、腕のない子、脚のない子、目の見えない赤ん坊す
「亀も空を飛ぶ」(クルド映画) (カフェ バグダッド Cafe Baghdad)
デビュー作「酔っぱらった馬の時間」に続く、イラン映画監督バフマン・ゴバディの日本公開第2作目。これをイラク映画と紹介しているものもあるが、舞台やロケ現場はイラク領内クルド自治区。監督はイラン国籍クルド人。したがって「クルド映画」と本来言うべきだろう。さも
「亀も空を飛ぶ」  Lakposhtha ham parvaz mikonand (俺の明日はどっちだ)
サテライトというあだ名で呼ばれる戦争孤児で利発な少年ソラン。その子分で片足は失くしているけれど、それを感じさせないくらい早く走る男の子や、ソランにまとわりつくように付いてきていろんな言葉の意味を訊く男の子、そしてそんな彼らと行動を共にする大勢の子供たち。
亀も空を飛ぶ (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
イラク戦争って、地雷って、子供って、クルドって・・・一面的な見方しかできていなかったことを認識させられる映画。子供たちのたくましくも明るい姿が愛しく、それが故に悲劇的な結末を迎えることでクルドの子供たちへの同情を喚起させられる映画。政治的メッセージを叫ぶ
亀も空を飛ぶ:見慣れぬ故のわからなさ・やるせなさ (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★監督:バフマン・ゴバディ(2004年 イラン・イラク作品)京都シネマにて鑑賞。10ポイントたまったので無料で見ることができました。初めて見る中近東の映画です。でも客席が2割くらいしか埋まっていなくて寂しいというか悲しい。★あらすじ(livedoorムービー.
「亀も空を飛ぶ」 (tapestry ~こんな糸が なんになるの~)
去る金曜夕方、京王線都営新宿線で神田神保町に行った。 古本を買うためではない。それなら何も昨日行く必要はない。 昨日でなければいけなかった。 ある映画が東京での上映を終えよ
映画「亀も空を飛ぶ」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
映画「亀も空を飛ぶ」開映14:30@岩波ホール 「亀も空を飛ぶ」 TURTLES CAN FLY 2004年 イラン・イラク 配給:オフィスサンマルサン 監督:Bahman Ghobadi 製作:Babak Amini、Hamid Karim Batin Ghobadi、Hamid Ghavami、    Bahman Ghobadi 製作総指揮:Ab
いま世界の片隅で「亀も空を飛ぶ」 (再出発日記)
「亀も空を飛ぶ」製作・監督・脚本バフコマン・ゴバディ2003年3月イラク・クルディスタン、トルコ国境の小さなクルド族の村の約一ヶ月の寸描。乾いた土地、凍った山、抜けるような青空、埃と雨の村、難民たちを抱えて村の人口は膨れていた。そこへ両親を殺されたクル...
FUN×3 1/2 … 『亀も空を飛ぶ』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
『Saturday in refresh』 「275日後には青い空が見えるのか?」
亀も空を飛ぶ (迷宮映画館)
2003年のアメリカを中心とする多国籍軍のイラク侵攻前夜を舞台に、イラクの中にいて、イラク人ではない流浪の人々、クルド人を描いた。 世界には、我々日本人には想像もつかないような生活を送っている人々が溢れている。生活を送るというよりも、今日この日を何とか生
亀も空を飛ぶ (still searching Style...)
神戸に引っ越して早1ヶ月経ちましたが(ホント早い)、仕事のある日は職場と家の往復って感じなので、休みを利用して街を探索してみようと思ってたのですが、別に遅く起きたわけでもないのにダラダラとしてしまって結局ちょとしかできませんでした。もー、バカバカっ ...
亀も空を飛ぶ 2004年【イラク=イラン】バフマン・ゴバディ監督 (トーキング・マイノリティ)
 ゴバディ監督はクルド系イラン人であり、撮った映画にクルド人が登場するのは当然だろう。国を持たない最大の少数民族と言われるクルドは中東世界でもっとも翻弄されて来た人々でもある。  2003年春、イラク戦争直前のトルコ国境に近いイラク北部クルディス ...
亀も空を飛ぶ (いつか深夜特急に乗って)
「亀も空を飛ぶ」★★★★ (盛岡フォーラム3) 2004年イ
亀も空を飛ぶ (銀の森のゴブリン)
2004年 イラン・イラク 2005年9月公開 評価:★★★★★ 監督、脚本、製
DVD寸評◆亀も空を飛ぶ (好きな映画だけ見ていたい)
       「亀も空を飛ぶ」 (2004年・イラク/イラン) なんだろう、この重苦しい余韻は・・・・・・。ハリウッド映画の映像マジックならさんざん見てきたはずなのに、出演者の少年たちの手足が欠けていることに胸が痛み、盲目の幼子が水中に投げ込まれるシーンにシ...
亀も空を飛ぶ (えいがの感想文)
2004年/イラク 監督:バフマン・ゴバディ トルコ国境に近いイラクの小さな村。 2003年米軍のイラク侵攻を背景にした子供達のリアルな姿。 軽く衝撃をくらいました。 自分たちが危機だというのに、情報が全く入ってこない。 衛星放送を辛うじて受...